cat_3_issue_ln-premium @linenews_0_archive_「LINE NEWSプレミアム」企画一覧 archive 0

「LINE NEWSプレミアム」企画一覧

2019年8月9日 15:57 LINE NEWS編集部

「LINE NEWSプレミアム」とは、様々なジャンルのプロフェッショナルやアスリートなどにフォーカスを当て、普段は見られない姿や舞台裏・ストーリーを、写真・映像などの豊富なビジュアルとともにお伝えするドキュメンタリー企画です。

前畑秀子から、上白石萌歌へ。100年の時を越え、受け継がれた「バトン」とは

渋谷区・NHK放送センターの撮影スタジオ。上白石萌歌は、大河ドラマ「いだてん」のスタッフから、次のシーンについての説明を受けていた。…
続きはこちら

エヴァ8号機"エッフェル塔攻撃"も再現!乃木坂46松村沙友理のJAPAN EXPO訪問記

フランス時間7月6日午後1時、パリ郊外の大規模展示会場。その一角に設けられた大型ステージには、収容人数いっぱいの約5000人が詰め掛けていた。…
続きはこちら

「一匹狼」だった女子高生がアイドル眉村ちあきになって見据える未来と、ファンとの距離感

5月中旬、半袖1枚でも心地いい春の陽気。指定された場所へ向かうと、遠くにダンボールで作られた"家"が見えてきた。…
続きはこちら

震災で。戦火で。壊れ続ける東京の再起に寄与する"スポーツの力"とは 演出家・井上剛

東京都渋谷区、代々木公園一帯が見渡せるNHK広報局の応接室。大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の撮影の合間を縫って、チーフ演出・井上剛が現れた。…
続きはこちら

命を絶つことも考えた選手に届いた"ミサワの遺言"とは 没後10年、三沢光晴が遺した物

プロレスラー齋藤彰俊にとって、それは経験のない感触だった。バックドロップは、相手を担ぎ上げる瞬間、初動で一番パワーを使う。…
続きはこちら

「絶望的な倦怠期」を経て、より深まった絆 LUNA SEA30周年インタビュー後編

2007年12月24日。7年前に終幕した場所、東京ドーム。そこに5人が再びそろい、LUNA SEAとしてステージに立っていた。…
続きはこちら

「終幕の瞬間、大切なものを失った…」LUNA SEA30周年インタビュー前編

ラストの曲が演奏される。銀テープが宙に舞い、客席は夢中になってステージへ手を伸ばす。…
続きはこちら

「自分を受け止められたら褒めてあげて」須田亜香里×青山裕企が語るコンプレックス

こんにちは。写真家の青山裕企です。皆さんは、自分の外見にコンプレックスをお持ちですか?…
続きはこちら

記者は遺族に寄り添う。学生は語り部を続ける。芋生悠、熊本のために私達ができること

2016年4月16日未明。非常に強い揺れが、熊本を襲った。わずか28時間前に、最大震度7という激震が爪痕を残したばかり。…
続きはこちら

もし私があの時、被災地に戻っていたら。女優・芋生悠、ふるさと熊本に同世代を訪ねる

役者として身を立てる。そう誓って上京してから、まだ数日のことだった。…
続きはこちら

「神写真」が生まれる瞬間。スポニチカメラマン小海途良幹が注ぐ情熱のカタチ

羽生結弦が124日ぶりに銀盤の戦いに戻ってきた日。ちょうど、東京に桜の開花が告げられた。…
続きはこちら

「みんなの思いは本当に届く」成瀬瑛美、プリキュアになれたことで見えた景色

テレビアニメ「スター☆トゥインクルプリキュア」の主人公・キュアスター(星奈ひかる)を演じる、でんぱ組.incの成瀬瑛美。…
続きはこちら

HYDE「アニメのおかげで、あのステージに立てた」森川智之&石川界人と特別鼎談

3月7日。都内のクラブで行われたゲーム「デビル メイ クライ 5」発売前夜イベント。同作の日本語声優を担当する2人が壇上に現れると、ひときわ大きな歓声が送られる。…
続きはこちら

「好きだからこそ言わなきゃいけない」永野芽郁が大切にする"直接伝える"こと

カメラを向けられると、ゆっくりとポーズを変える。まるでバレエダンサーの舞台をスローモーションで見ているかのように、その動きはしなやかで、美しい。…
続きはこちら

「好きなだけで生きるのが楽しくなる」大森靖子が"最愛"の道重さゆみと共演するまで

モーニング娘。のリーダーとして活躍していた道重さゆみへの思いを、深く丁寧に詰め込んだ楽曲がある。2013年、当時まだ世間的には無名だった女性歌手が発表した曲だ。…
続きはこちら

"復興に比べたら、Jリーグは遠くない"女川のクラブが挑み続ける理由

身を切るように寒い真冬の雨の中、ピッチに掛け声が響く。「足速い!」「ナイスキープ!」東北社会人1部リーグのサッカークラブ・コバルトーレ女川の選手たちが、ボールを追って駆け抜ける。…
続きはこちら

「僕らは絶対に解散しない」flumpoolが語る、Vo山村の"発声障害"発症から復活まで

1月13日、大阪・天王寺公園。冬のよく晴れた真っ青な空に、透き通るような歌声が響く。「きょうこの日から、flumpoolは活動再開したいと思います!」…
続きはこちら

白血病を乗り越え、再びピッチへ。J2新潟・早川史哉の「えがおのヒミツ」

Instagramを通じて、1通のメッセージが届く。「息子はまた元気にサッカーができますか?」通知に気づいたサッカーJ2・アルビレックス新潟の早川史哉(25)は、自室の天井を眺めながら、しばらく考え込む。…
続きはこちら

「ちっぽけなことで悩む必要はない」24歳の映画監督・枝優花のメッセージ

1月中旬、東京・港区。ポニーキャニオン本社のエレベーターから降り立った彼女は、一見するとどこにでもいるようなかわいらしい女性だ。枝優花ーー1994年生まれの24歳。職業、映画監督。…
続きはこちら

金メダルからどん底へ。レスリング登坂絵莉、それでも五輪連覇を目指す理由

残り20秒足らず。覚悟を決めるのが遅すぎた。相手の右足にようやくタックルが決まり、背後をとり加点。4-4の同点。ほどなく終了のブザーを聞いた。…
続きはこちら

「"いつか"は消えることがあるかもしれない」 廣田あいかが描き始めた「今」

2018年1月。超満員となった日本武道館公演を最後に、廣田あいかはアイドルグループ「私立恵比寿中学」を転校(脱退)し、新たな道を歩み始めた。…
続きはこちら

「俺も大谷みたいに」と思うこともあった。菊池雄星が語る、自分だけの"役割"

「バーベルをバーベルとしか思わないから、そんなザマなんだ…!」トレーニングジムに、静かな怒声が響く。1月中旬、石垣島での自主トレ合宿…
続きはこちら

中学生世代の台頭。苦しむ女王。カメラマンが見たロシアフィギュア界の地殻変動

12月17日。日本人カメラマン、岸本勉はロシアの地方都市サランスクに降り立った。ロシアフィギュアスケート選手権を撮影するためだった…
続きはこちら

電気グルーヴ結成30周年「やりたくないことはやらない」大切さ

石野卓球さんと…ウルトラの瀧さん? 石野卓球:はい。いろんなところで発表しているから、もう知っている方もいると思うんですけど、2019年は電気グルーヴを結成して30周年なので…
続きはこちら

首の骨折から日本代表へ。ウィルチェアーラグビー倉橋香衣、笑顔の中に見せた闘志

車いす同士が激突する。体に響くような低い音がコート中に轟く。ヒヤリとする瞬間だが、車いす同士は互いによけることもない。…
続きはこちら

「放牧はすごく勇気と覚悟のいることだった」いきものがかり独占インタビュー

「お久しぶりです!いきものがかりですー!」2018年12月31日、NHK紅白歌合戦。はつらつとしたあいさつのあと、聴き慣れた歌声がお茶の間に響く。…
続きはこちら

「スターはみんなの中にいるの」レディー・ガガ、無名の日本人歌手に愛のエール

コンコースからシアターに入る、重いドアを開く。ステージの照明がまぶしい。逆光を手でさえぎりながら、何とか通路を進む。突然、目の前に黒い影が立ちふさがった。…
続きはこちら

西武・秋山翔吾、"未開の地"カンボジアで野球を教えてみた

授業終わりのチャイムが鳴った。プノンペン市内の小学校。開け放たれた教室の窓からは、児童が一斉に席を立つ音が漏れ聞こえてくる。…
続きはこちら

「歌うことで人とつながれる」吉岡聖恵×越智志帆が語った"歌"への思い

12月5日、東京・代々木にある制作会社。ボヘミアンテイストのドレスをまとった女性が、控え室から小走りで現れると、スッと花束を差し出す。「活動再開おめでとう!」…
続きはこちら

"福岡一かわいい女の子"が女優・今田美桜として活躍するまで

11月7日、都内で行われたゲームの発表会。登壇していたのは、ゲームの主役を演じる女優の今田美桜。ステージ上でアフレコを披露することになると、瞬時に真剣な表情へと変わる。…
続きはこちら

日本代表MF柴崎岳が"すべて"を語る 岩政大樹とのスペシャル対談

その日は、風が強く、冷たかった。わずかにのぞく青空を、新たな雲が駆け足で埋めていく。日が差したり、かげったりがめまぐるしく繰り返される。…
続きはこちら

競技を変えてでも五輪に。オムニアム梶原悠未、笑顔の裏にあった"涙の決断"

楕円形に敷かれた周長250メートルの走路を、次々と自転車が駆け抜けていく。10月17日、静岡県伊豆市にある自転車トラック競技施設「伊豆ベロドローム」。…
続きはこちら

結婚とは、雨の中を共に歩く「あいあい傘」 竹内まりや×宅間孝行

「あの口笛って、もしかして『小さな願い』でした?」「はい!せっかく作っていただいた曲なんで」「あ、やっぱり!」10月25日、ワーナーミュージック・ジャパン本社。…
続きはこちら

「好き」を仕事にする方法、オレが教えます。木梨憲武の"ライフワーク"とは

「LINE NEWSみたいなところが、ジジイに一体何の用ですか?」初手で聞き手を困らせて、ニヤリと笑う。港区、ポニーキャニオン本社。会議室の中央で、木梨憲武が相好を崩す。…
続きはこちら

"技術"をあえて封印した。佐藤健、映画「億男」公開記念インタビュー

東京都内のスタジオ。佐藤健はインタビュースペースに、ふらりとひとりで入ってきた。柔和な笑顔で「佐藤です」と会釈をする。…
続きはこちら

宮城・石巻の遊び場"ONEPARK"存続へ、アーティストたちが広げる輪

車輪の摩擦音がとどろく。スケートボードに乗った子どもたちが駆け抜ける。宮城県石巻市、工場や倉庫が立ち並ぶ一帯。…
続きはこちら

「すごく幸せなアイドル人生でした」夢眠ねむが語った、でんぱ組.inc卒業と引退

「2019年1月7日で、でんぱ組.incを卒業します。そして3月末で芸能界も引退します」10月13日、でんぱ組.incの夢眠ねむがグループ卒業と芸能界引退を発表した。…
続きはこちら

一時は引退すら覚悟した。西武・中村剛也、優勝引き寄せる復活劇

9月24日午後7時。仙台市の繁華街、国分町の路地裏。西武の中村剛也は、タクシーの運転手に丁寧に礼を言うと、焼肉店ののれんをくぐった。…
続きはこちら

ラグビーの町にやってくるW杯、復興へ向かう釜石の"船出"

2018年8月19日、岩手県釜石市鵜住居。6530人の大観衆、そして無数の大漁旗が、スタンドを埋めている。…
続きはこちら

飯島寛騎が銀座のすし屋に行ってみた。一流役者の系譜継ぐ"ライダー俳優"の初体験

東京・銀座6丁目。観光客でにぎわう中央通りから少しそれると、さっきまでのにぎやかさがうそのように、あたりは急に静まり返る。…
続きはこちら

真の「勝利」を望むなら、代表監督だって受ける。ロベルト・カルロスが日本を語る

「自分はずっと体育館でフットサルをやっていたんだ。7歳から13歳まではずっと」スペイン・マドリード市内のホテル。…
続きはこちら

「伝説になっちゃダメなんだ」死去から5年、愛すべき吉村秀樹という男(後編)

「伝説になっちゃダメなんだよ。生きていかなきゃ、いつ死ぬか分からないんだから」5年前に急性心不全で他界したbloodthirsty butchersの吉村秀樹が、生前に語った言葉だ。…
続きはこちら

「わがままに生きてわがままに死んだ」死去から5年、愛すべき吉村秀樹という男(前編)

2013年5月27日、ひとりのアーティストがこの世を去った。bloodthirsty butchers 吉村秀樹。急性心不全で、46歳という早すぎる死だった。…
続きはこちら

「eスポーツ後進国」日本代表として戦う新世代のアスリートたち

8月9日、東京・内幸町の日本記者クラブ。かつて大谷翔平投手が米大リーグ挑戦を正式に表明した壇上に、やや緊張した様子の若者たちが上がった。…
続きはこちら

演じることが、マンガへの恩返し。松岡茉優が全ての現場で全力を尽くす理由

都内のスタジオ。CM撮影のセットに入ると、女優・松岡茉優の表情が変わる。…
続きはこちら

娘たちが原爆のことを理解するまで。湘南MFミキッチ、日本でプレーを続ける理由

3日、神奈川県平塚市・馬入ふれあい公園。気温35度を超える暑さの中、練習を終えた湘南ベルマーレMFミハエル・ミキッチは「フウ、アツイネ」と笑ってみせた。…
続きはこちら

被災したこの街で…愛媛FCが戦った30回目の"四国ダービー"

耳を澄ませば瀬戸内海の波音が聞こえてくる愛媛県松山市・梅津寺(ばいしんじ)駅。そこから歩いてすぐの場所に、練習場「愛フィールド梅津寺」はある。…
続きはこちら

謙虚さと配慮と、揺るがぬ決意と。日本代表の新監督、森保一の素顔とは

「記者会見の案内は今日されたということで、急きょ、集まっていただきありがとうございます」7月26日、森保一が日本代表の監督に就任することが発表された。…
続きはこちら

「未来のミライ」公開記念 山下達郎×細田守監督スペシャル対談

細田守監督の最新作「未来のミライ」が今月20日、公開となった。すでに96の国と地域での配給が決定。…
続きはこちら

「私を先頭に音楽業界が変われば」"起業するアイドル"という新世代の出現

アイドルやアーティストの事務所移籍や脱退についての話題が、時折大きく報道される。エンタメ業界において「事務所」は、やはり大きなファクターとして存在している。…
続きはこちら

なぜ、ここまで予定を詰め込むのか。槙野智章の濃密過ぎる24時間

小さな街灯が照らす駐車場の入り口に、黒いSUVが滑り込む。周囲は田園地帯。エンジンを切ると、虫の音が聞こえてくる。…
続きはこちら

「東京じゃなきゃ引退していた」開幕まで2年、内村航平が五輪にはせる夢

11日、体操日本代表の練習公開日。約100人の報道陣が詰め掛ける中、選手たちはいそいそと練習を始める。…
続きはこちら

奥田民生×シャムキャッツ夏目 スペシャル対談 "変わりゆくフェス文化"

「僕、初めて買ったCDが奥田民生さんなんですよね」初夏の日差しが窓から差し込む木曜日。…
続きはこちら

「誰も僕を超えることはできていない」葛西紀明はいつ引退するのか

目を閉じる。するとすぐに、あの景色が浮かんでくる。平昌五輪、ラージヒルのスターティングゲート。…
続きはこちら

警察犬の襲撃、松葉づえでの登場。それでも中邑真輔が観客を魅了する理由

6月29日、WWE東京公演初日。第3試合終了後、中邑真輔の登場曲が流れ出すと、会場はどよめきとため息がまじったような複雑な反応に包まれた。…
続きはこちら

BACK DROP BOMB・Jinは、なぜアイドルをプロデュースするのか?

5月24日夜、新宿の地下にある老舗ライブハウス・ANTIKNOCKのPA席に、真剣な表情でステージを見つめる男の姿があった…
続きはこちら

岡田結実が神コメ!岩政大樹は号泣?「W杯の楽しみ方」講座

サッカーW杯は今日19日、日本代表がついに初戦コロンビア戦に臨みます。日本でもいよいよW杯熱が高まってきました。…
続きはこちら

開幕したけどまだ間に合う!岡田結実×岩政大樹「W杯の楽しみ方」講座

4年に一度のビッグイベント、サッカーW杯が14日に開幕しました。ニュースもこの大会一色になりますが、「正直、付いていけない」と思っていらっしゃる方も少なくないのでは?…
続きはこちら

久保竜彦、ジーコ元監督に会う。12年ぶりの邂逅

5月14日、グランドプリンスホテル新高輪。Jリーグ25周年を記念したイベントの控室に、"神様"は現れた。…
続きはこちら

久保竜彦、巻誠一郎に会う。12年ぶりの再会

サッカーW杯の代表選考には、ドラマが付き物だ。日本でもかつて、話題をさらったメンバー発表があった。…
続きはこちら

「遊び場も渋谷だった」野宮真貴とカジヒデキが語る"90年代の渋谷系"

4月12日午前10時、渋谷駅。春らしい爽やかなファッションに身を包んだ2人が現れる。…
続きはこちら

熊本地震から2年、サッカー選手・巻誠一郎と熊本の今

初夏を思わせる強い日差しに、高く舞い上がった背中が重なった。4月初旬。熊本県益城(ましき)町の児童養護施設、広安愛児園。青々と芝が生い茂った中庭には、いつにも増して歓声が満ちていた。…
続きはこちら

「可能性にかけるのが勝負師」八重樫東、"激闘"を続ける理由

1月29日午前、東京駅八重洲口。澄んだ冬の日差しに、まぶしそうに目を細めながら、小柄な男は待ち合わせの場所にやってきた。…
続きはこちら

松田宣浩が「熱男」ポーズを続ける理由

2月21日正午、宮崎・生目の杜運動公園。雲間から、青空がのぞき出したメイン野球場に、背番号3がさっそうと現れた。…
続きはこちら

3.11特別企画「のん、三陸鉄道沿線を巡る」~つながる、未来へ~

前日の大雨がうそのように、透き通るような冬の青空が広がっていた。3月10日、岩手県大槌(おおつち)町。…
続きはこちら

「また優勝したくなった」中村憲剛、J制覇で解き放たれたジレンマ

1月11日。"川崎大師"として知られる川崎市・平間寺。大本堂前の階段を取り囲むように、何重もの人の輪ができていた。…
続きはこちら

阿部勇樹、イビチャ・オシムに会いに行く。(後編)

「それで、君はいつ、監督になるんだ」12月23日、サラエボ市内のホテル。10年ぶりの再会を懐かしむ阿部勇樹に、イビチャ・オシムさんはこう投げかけた。かたわらのアシマ夫人が、遠い目をして言った。…
続きはこちら

阿部勇樹、イビチャ・オシムに会いに行く。(前編)

12月21日。成田空港第2ターミナル。人もまばらな午後9時の出発ロビーに、浦和MF阿部勇樹が現れた。…
続きはこちら

松山英樹、人目をはばからずに流した涙の「理由」とは

苦笑いをしてみせようとして、うまくいかなかった。こらえながら、何とか絞り出す。「悔しいです」自らの言葉でせきを切ったように、涙が頬を伝った。…
続きはこちら

「あのケガあっての自分」小野伸二、波乱のサッカー人生を語る

国内外のサッカー選手が、「真の天才」と口をそろえる。札幌MF小野伸二。欧州で活躍する日本人選手が増えた今も、中村俊輔らが「史上最もうまいのは彼」と言ってはばからない。…
続きはこちら

「今でもソチの夢を見ます」高梨沙羅が歩む"変革"への道のり

声にならない叫びを上げ、彼女は跳ね起きる。また、いつもの夢だった。カンテを蹴って、宙に飛び出す。向かい風が浮力となり、重力から解き放たれる。…
続きはこちら

菊池雄星、"2段モーション問題"乗り越えたどり着いた境地

10月14日、クライマックスシリーズのファーストステージ、楽天戦。埼玉西武ライオンズのエース菊池雄星は、最後の打者・島内をサードライナーに打ち取ると、握りしめたグラブを天に突き上げた。…
続きはこちら

「一番太いじん帯、そこが骨化していく」内田篤人が語った苦闘の2年

9月26日午前11時、ベルリン市内。小さな森に抱かれた、ドイツ2部ウニオン・ベルリンの練習ピッチに、内田篤人が現れた。…
続きはこちら

続きはアプリで、快適に LINENEWS