cat_1_issue_premium-oomori-michishige @linenews_0_82727d81fdaa_「好きなだけで生きるのが楽しくなる」大森靖子が"最愛"の道重さゆみと共演するまで 82727d81fdaa 0

「好きなだけで生きるのが楽しくなる」大森靖子が"最愛"の道重さゆみと共演するまで

2019年3月17日 11:00 LINE NEWS編集部

アンダーグラウンドから
君の指まで
遠くはないのさ

モーニング娘。のリーダーとして活躍していた道重さゆみへの思いを、深く丁寧に詰め込んだ楽曲がある。
2013年、当時まだ世間的には無名だった女性歌手が発表した曲だ。

それから約5年たった2018年。
二人は同じステージに立ち、抱き合っていた。

そして、その曲「ミッドナイト清純異性交遊」を一緒に歌った。

この瞬間を、道重は満面の笑みでこう振り返る。

「こんな真横で自分への愛の歌を歌ってもらえるなんて、すっごい幸せ者だな」

曲に込めた精いっぱいの愛情は、しっかりと伝わっていた。


切り開いていくのが、道重さんの好きなところ


超歌手・大森靖子。
彼女が道重を好きになったのは、2008年。

地元・愛媛から上京し、武蔵野美術大学に通いながら、音楽活動を始めた頃だ。

大森靖子

「リゾナント ブルー」(モーニング娘。)を聴いて、かっこいいなと思って。セリフだけで爪痕を残している道重さんが、すごいなと思ったんです。その頃に、道重さんが結構テレビに出ていらっしゃってて。

道重さゆみ

その頃、曲ではほぼセリフしかソロパートがなくて、自分の見せどころがなかなか見つけられなかったんです。それでバラエティーの仕事が来た時に、ここで頑張らなくちゃと思って、すごく頑張りました。

大森靖子

その後に道重さんが、ハロプロ(ハロー!プロジェクト)で最初の頃にブログを始めたんです。

道重さゆみ

とにかく今の自分の気持ちをリアルタイムでファンの人に聞いてほしかった。それで会社の人を頑張って説得して、ブログを始めることができました。

大森靖子

切り開いていくのが、道重さんの好きなところなんです。でもそれは別に、時代を先取りたいと思ってやっているわけじゃなくて、自分の気持ちを優先してやっている。自分が自分であることに真面目なんです。そこがすごい「ロックや!」って思っちゃったんですよね。


初対面の大森に「目から熱い思いを感じました」


大森は地道に音楽活動を続ける中、当時たびたび共演していたシンガーソングライター・三輪二郎の紹介により、イラストレーター・本秀康と知り合う。
ハロプロの公式ムック本「ハロー!チャンネル」でイラストを描いていた人物だ。

この出会いをきっかけに、事務所のスタッフ経由で、大森の名前が道重に伝わることとなる。
「ミッドナイト清純異性交遊」は、この頃に作られた。

大森靖子

最初から、道重さんへのラブソングを書こうと思って作りました。道重さんへの思いを残したかったし、好きなものに対するラブソングが書けないなんて、ミュージシャンでいる意味がないなって思ったんです。

ある日のモーニング娘。のコンサート。
その終演後に、同曲が収録されたCDを道重に手渡す機会を設けてもらった。

これが歌手としての大森と、道重の初対面となった。

道重さゆみ

大森さん、すごい真っすぐ目を見て話す方だなって思いました。目線が全然ずれないんですよ。それがすごく印象的で、目から熱い思いを感じました。

大森靖子

コンサートの後、ステージ裏みたいなところでしたね。

道重さゆみ

おうちに帰って「ミッドナイト清純異性交遊」を聴いたら、本当に私のことをよく知ってて、よく見てくれているからこその歌詞だなと思って、愛を感じました。

道重さゆみ

今でも、しょっちゅう聴いています。自分に自信がない日とか、緊張するお仕事の前とかに聴くと、すごく応援してもらえている気持ちになって安心するんです。


テレビ初共演では「気持ちがバグった」


2014年4月、道重は同年11月26日にモーニング娘。’14を卒業することを発表。
卒業が2カ月前に迫った9月に、大森はavexからメジャーデビューした。

そして10月12日深夜放送のNHK「MUSIC JAPAN」で、二人はついにテレビ初共演を果たす。
大森は道重への手紙を読み、歌唱後に握手を交わした。

この時、大森は涙ながらに、こう伝えた。

「9月がメジャーデビューだったんですけど、間に合って…共演できて、すごくうれしいです」

道重さゆみ

舞台裏で待っていたら大森さんがステージからはけてきて、わーって泣いてて。「チケットいっぱい持ってるので、卒業までにたくさんコンサートに行きます」って言われて(笑)。

道重さゆみ

さっきまでステージでめっちゃかっこよかったのに、急変したので、かわいいなって思いました。

大森靖子

気持ちの切り替えが大変でしたね。ステージにいるときは大森靖子をやらないといけないじゃないですか。道重さんの歌を聴いた後に自分の出番があって、その後に道重さんに会ったら「うわわわー!」って、気持ちがバグっちゃいました(苦笑)。

道重さゆみ

同じ人とは思えなかったです(笑)。

大森靖子

リハも見られたんですけど、そもそも他に見ようとしている人なんていないから、客席に私だけなんですよ。好きな席に座って、私のためのコンサートかなってくらいの気持ちで見ていました(笑)。


道重"再生"のステージに大森が曲提供


道重はグループを卒業。
それから約2年4カ月間、芸能活動を休止した。

大森は彼女の復帰を誰よりも待ち望む一方で、歌手として着実に活動の幅を広げていった。
その間、道重のために「アルバムを作れるくらい」の曲を書きためていた。

そして念願かない、道重の活動再開のステージ「SAYUMINGLANDOLL~再生~」で歌われる曲を書き下ろすこととなった。

いつになるか知らない再会を
大好きのまま待ってくれたから
伝説なんてあと100万個
一緒ならつくれそうよ
「true love true real love (とぅるらとぅるりら)」より

大森靖子

歌が好きだからまたステージに立ちたいって言ってくださったのが、めちゃくちゃうれしくて。今まではモーニング娘。が好きだからやってるとおっしゃっていたのが、音楽が好きで戻ってきてくれた。

道重さゆみ

約2年半のブランクがあって不安だったし、すごくドタバタしていました。でも大森さんから頂いた曲を聴いたら、めちゃくちゃ安心したんですよ。大森さんや曲に味方してもらってる気持ちになりました。すごく愛を感じて、心が落ち着きましたね。

大森靖子

ちゃんと音楽で気持ちを伝えられるような、道重さんの思いを音に乗せられるようなものにしなきゃって。 もっと音楽に詳しい人はたくさんいると思うけど、私にできるのはいいメロディーにして、そこに愛情を乗せることだと思うんです。それを一番大切にしているし、道重さんのことはずっと追いかけてきたわけだから。

もともと道重は、歌が得意な方ではなかった。
グループ時代、ソロパートを与えられることは少なく、セリフだけのこともあった。

しかし大森が作った曲には、アカペラのパートがある。

道重さゆみ

初めて聴いたときはびっくりしました。歌とダンスが大好きで、またそれがやりたいと思って復帰したんですけど、歌に関してはやっぱり苦手意識があったので。

大森靖子

それを拭いたかったんです。絶対に下手じゃないし、リズムとかもすごくいい。こんなに自分の世界観を声に乗せられる人はいないから。

大森靖子

道重さんの歌が最高だって、ファンはみんな知ってる。なのでアカペラをやってほしいですって、むちゃなお願いをしました。

道重さゆみ

難しそうだし、事故ると思ったんですけど(笑)。私のことをよく知ってる大森さんが大丈夫だと思ってこの曲を私に書いてくださったので、その期待に応えたいし、それをしっかり超えられるように頑張ろうと思って、歌いましたね。


道重さんと歌ったことで、プラマイゼロに戻せた


2018年5月6日、さいたまスーパーアリーナで、大森がプレゼンターを務める音楽フェス「ビバラポップ!」が開催された。
道重が2003年にステージデビューを飾った場所だ。

必然的に道重の出演が決まり、二人はステージ上で共演。
「マジックミラー」「I&YOU&I&YOU&I」の2曲を一緒に歌った。

道重さゆみ

2曲とも大森さんと歌いたいなと思って選びました。「マジックミラー」は大森さんの曲の中で、とにかく一番好きなんですよ。

大森靖子

「マジックミラー」が好きとか、泣けますよね。

道重さゆみ

でも私がリハーサルで歌の入り口が分からなくなっちゃったところがあって、大森さんが「歌い出しの前に私がカウントして、分かりやすくしますね」って言ってくださったんですよ。

道重さゆみ

そのカウントが、まさかの「さゆみん」だったんです。すっごいうれしかったし、それがまた超優しい声なんですよ。

大森靖子

入りやすいように(笑)。

道重さゆみ

その「さゆみん」が好き過ぎて、元気がないときはその時の音源や映像を見たり聴いたりしています。

大森靖子

きっと、ファンのコールに似てるから好きなんですね(笑)。

ビバラポップ!映像提供:フジテレビNEXT

この日の最後には、他の出演者も含めて「ミッドナイト清純異性交遊」を歌った。
そのステージの中央に、大森と道重は並んで立っていた。

道重さゆみ

リハーサルでも、二人で一緒に歌ったんですよ。こんな真横で、自分への愛の歌を歌ってもらえるなんて、すっごい幸せ者だなと思いました。

大森靖子

この曲は道重さんへのラブソングとして作ったのに、その後にいろんなフェスで、どれだけ派手なパフォーマンスをするかっていう"出囃子"みたいに使っちゃったんですよね。

大森靖子

その時にファンとキスしたり、炎上したりとかいろいろあって、曲を汚してしまったような気持ちがあったんです。道重さんと歌ったことで、それをプラマイゼロに戻せたなって(笑)。

道重さゆみ

(笑)。

大森靖子

曲に対して「ごめん」みたいな気持ちがずっとあったから。でも、この曲にここまで運んでもらった気持ちも、すごくあったんですよ。自分を大きくしてくれた曲でもあるし、自分のファンの人たちとのつながりも一番大きい曲なんです。

出典: Instagram


常に今が一番かわいい


3月13日に発売された大森のシングル「絶対彼女 feat. 道重さゆみ」では、音源でのコラボが実現した。

以前、雑誌「ユリイカ」に、道重が大森に宛てた手書きメッセージが掲載されたことがある。
そこには「いつの日か…じゃなくて、近い将来、一緒に何かできたらなぁ〜なんて思っています」と書かれていた。

道重さゆみ

復帰した時から、もっと一緒に何かできたらなと思っていたので、夢がかなって本当にうれしいです。「絶対彼女」はすごくかわいい曲なので、歌っていてとても楽しいですね。「女の子に生まれてきて良かった!」って思います。

大森靖子

私は道重さんのミュージックビデオを作りたいって気持ちが、すごくあったんですよね。道重さんって常に今が一番かわいくて、もう16年くらい「昨日より今日がかわいい」をずっと続けてるんです。そんな今の道重さんを映像に収めて、みんなに知ってもらいたかった。

道重さゆみ

MVのメイキングで、撮影中に息を止めてたっておっしゃっていたじゃないですか。

大森靖子

道重さんの顔がすごく近かったので(笑)。でも、息を止めていたことにより、ガクってなって、余計に近づくという。

道重さゆみ

実は私も、ドキドキしちゃって息ができなかったです。苦しくなっちゃって、どっかに飛んでいきそうでした(笑)。


"変同士"がいられる環境は幸せ


大森が道重のために曲を作ったり、共演したりすることの根底には、彼女の魅力をより多くの人に伝えたいという思いがある。

大森靖子

道重さんを好きで、道重さんのことを考えてるときの自分がすっごい幸せなので、そういう人が増えたら世界が平和になるのになって思っちゃうんですよ。

道重さゆみ

規模が大きい!!

大森靖子

道重さんを好きなだけでこんなに生きてるのが楽しくなるんだから、みんなも好きになればいいのにって思っちゃう。だから、それをみんなにも知ってほしいなって、単純にそれだけの気持ちです。

大森をはじめとする道重ファンの愛の大きさは、それを受け止める道重の度量の広さでもある。
両者の関係性は、大森と彼女のファンの間にも受け継がれている。

大森のファンは、おのおのの方法で彼女に精いっぱいの愛をぶつける。
大森はその一つ一つを「美しい」と、いつも全力で肯定する。

大森靖子

道重さんは、愛に対する責任感がすごいあって。ずっと続けていたら慣れていくことってあるじゃないですか。でも、いつもファン一人一人の愛情表現を喜んでくれて、それをブログとかインスタで表現してくれる。

大森靖子

だから信頼関係が生まれるんだと思います。私に関わらず、道重さんの周りにいる人たちみんなと。

道重さゆみ

いつもファンの人から、すごく愛の深さを感じます。みんなに会うと、とにかく安心するんです。そんなみんなとずっと一緒にいたい、大好きって素直にそう思うんですよ。

大森靖子

私のファンもそうなんですけど、愛情表現が必ずしも普通じゃないと思うんですよ。誰かに気持ち悪いと思われたり、嫌がられたりしてもおかしくないと思うんです。全身ピンク色の服を着たりとか。

大森靖子

それを返してもらえるっていうより、ぶつけていいよって言ってもらえるだけで救われるんです。「変な人たち、サンキュー」って言ってくれるから「変な人でいいんだ」って思える。道重さんもちょっと変な人だし(笑)。変同士がいられる環境って、幸せだなと思います。


ずっと、大好きでいてほしい


対談も終わりの時間が近づく。
道重はいたずらっぽい笑顔で、大森に"お願い"する。

道重さゆみ

大森さんには、ずーっと好きでいてほしいです。ずっと、大好きでいてほしい(笑)。

大森靖子

怖くないですか(笑)?こんなに好きなのに「もっと好きになってもらえるように頑張ります」ってLINEとかが来るんですよ。もっと好きになっていいんですか?足りなかったか…って(笑)。

道重さゆみ

いざこうやって一緒にお仕事した時に、「今日はそんなかわいくなかったな」って思われたくないじゃないですか。だからもっともっとかわいくなって、もっと好きって思ってくれるように頑張りたいなって思います。


【取材・文 : 前田将博(LINE NEWS編集部)、写真 : Masayo、動画 : 二宮ユーキ、ビバラポップ!映像提供 : フジテレビNEXT】

大森靖子お知らせ

メジャーデビュー5周年を迎え「超歌手5周年ハンドメイドミラクル5」と題し、この節目の1年を活動中!様々な企画が繰り広げられるこの1年。続報を期待していてほしい。詳細はHPまで。
https://oomoriseiko.info/

詳細はスマートフォンから

続きはアプリで、快適に LINENEWS