cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_5x5ko54azywa_眞子さま結婚前に皇籍離脱か それでも支払われる1億4千万円 5x5ko54azywa 5x5ko54azywa 眞子さま結婚前に皇籍離脱か それでも支払われる1億4千万円 oa-jisin 0

眞子さま結婚前に皇籍離脱か それでも支払われる1億4千万円

2021年4月21日 11:00 女性自身

「円満」を強調するかのような秋篠宮家の家族写真だが…(写真提供:宮内庁)


「眞子さまの意向が大きかった」

4月9日、秋篠宮家の側近である加治隆治皇嗣職大夫は記者会見で、金銭トラブルについて「報道が出たときから眞子さまが小室さんの相談に乗ってきた」と明かした。さらに小室さんの対応方針は「眞子さまの意向」が大きかったと話したのだ。

金銭トラブル交渉“泥沼化”の背景には、眞子さまの関与があった――。この新事実が、大きな波紋を呼んでいる。

「これまでは小室さんの対応に批判が集まってきましたが、その背景に眞子さまのご意向があったとなれば、話は変わってきます。このまま二人の結婚を進めれば、秋篠宮家、さらには皇室にも不信感が広がりかねません」(皇室担当記者)

だが、これ以上眞子さまのご結婚を阻止し続けることは難しい。秋篠宮さまも昨年11月の会見で「やはり両性の合意のみに基づくということがある以上、そうでないというふうには私はやはりできない」と発言されている。

「婚姻の自由は憲法で保証された権利です。秋篠宮さまが結婚に反対し続けることは、憲法の精神に反する行いになってしまいます。さらに、複雑な経緯を理解していない海外メディアから“人権侵害”との批判を浴びる可能性も否めません」(前出・皇室担当記者)


眞子さまと小室さんの結婚を止めることはできない、しかし、皇室への不信感を広げるわけにはいかない――。この難題を解決する策はあるのか。

「眞子さまには皇室と“無関係”になっていただくほかありません。すでに皇室全体として、その方向に動き始めているようです。皇嗣職大夫が眞子さまの“関与”を公にしたのも、そうした動きの一つでしょう」

そう語るのは宮内庁関係者。なんと前代未聞の“内親王外し”ともいえる事態が進行中だというのだ。いったいどういうことなのか。

小室さんの文書が発表された翌日、宮内庁長官は会見で「非常に丁寧」と、文書を評価した。また、皇嗣職大夫によれば秋篠宮ご夫妻も「いろいろな対応が見える形になるように努力したもの」と受け取めているという。

国民からの強い反発に対し、あまりに温度差のある宮内庁長官と秋篠宮ご夫妻の反応――。しかし、この不自然すぎる“高評価”の裏には、水面下の動きがあるというのだ。


「すでに宮内庁と秋篠宮ご夫妻、そして眞子さまは、結婚までの段取りを決めていらっしゃるのでしょう。小室さんへの苦言が出されなくなったのも、そのためです。結婚容認と引き換えに、眞子さまはある“条件”を受け入れなければならなかったのです。それはずばり、結婚前の“皇籍離脱”です」(前出・宮内庁関係者)

■約1億4千万円の一時金は眞子さまの手に

秋篠宮さまは昨年11月の会見で「結婚と婚約は違いますから」と述べられていた。

「眞子さまが皇族として結婚されるなら『納采の儀』をはじめとする皇室行事を行う必要があります。ただ、そうすると眞子さまと小室さんの対応を皇室が認めたことになりかねません。

この事態を回避するには、眞子さまがまず“一般人”になるしかないのです。女性皇族は結婚に伴って皇籍を離脱することになっていますが、実は独身のまま、ご自身の意思で皇室を離れることも認められています」(前出・宮内庁関係者)

昭和の時代にも、皇籍を離脱しようと試みた皇族がいらっしゃった。“ヒゲの殿下”として親しまれた故・寬仁親王殿下だ。このときは皇族方が集まって説得され、皇籍離脱が実現することはなかった。皇籍離脱にあたっては皇室会議の議を経ることになっているが、


「眞子さまはそもそも、結婚されれば皇室を離れるお立場。皇籍を離脱するのが数カ月早くなるだけのことですから、反対意見は出ないでしょう。眞子さまの願いをかなえるには、これこそが唯一の方法といっても過言ではありません。30歳を迎える今年10月までに結婚したいという強いご希望をお持ちの眞子さまは、その選択肢を受け入れられたのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

ただ、それでも約1億4千万円の一時金は、眞子さまに支払われる可能性が高いという。

「一時金は、皇室を離れた元皇族が“品位を保つため”に支払われるものであって、結婚のお祝い金ではないのです。そのため、独身のまま皇籍を離脱されたとしても原則的に支払われます」(前出・宮内庁関係者)

小室さんがこの一時金目当てで眞子さまを選んだのでは、といった臆測も飛び交っている。

小室さんの代理人は「“一時金目当て”のような声に圭さんは心を痛めています。(小室さんは一時金に)関与もしないし、その必要もありません。そもそも(一時金を)当てにしているというような見方は的外れです」と、本誌の取材に明言。小室さんは今後、金銭トラブルだけでなく、弁護士資格取得後の将来設計などについても説明を求められることになるだろう。

昨年11月、秋篠宮さまの誕生日に合わせて宮内庁から公開されたのは、秋篠宮家の5人全員による、笑顔の家族写真だった。この写真は、結婚を待たずに皇室を去ることになる眞子さまへの、せめてもの餞別だったのだろうか――。

「女性自身」2021年5月4日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_nh7ifctv0c7c_海老蔵 麻央さんと暮らした豪邸売却へ…すでに内装解体も開始 nh7ifctv0c7c nh7ifctv0c7c 海老蔵 麻央さんと暮らした豪邸売却へ…すでに内装解体も開始 oa-jisin 0

海老蔵 麻央さんと暮らした豪邸売却へ…すでに内装解体も開始

2021年4月21日 06:00 女性自身

かつて“ヨーロッパのかわいらしいお城風”とも評された、その一軒家は東京都内の一等地に立っている。淡いピンクの外壁は、亡き小林麻央さん(享年34)が気に入っていたという。

芸能関係者は言う。

「市川海老蔵さん(43)が麻央さんとの新婚生活に備えてこの物件を購入したのは'09年12月でした。地下1階地上2階建てで、延べ床面積は約230平方メートル。中古物件でしたが、海老蔵さんは2億円で購入したと報じられています。ちなみに1億8千万円ものローンが組まれていますが、まだ完済はされていません」

海老蔵と麻央さんがこの一軒家で生活したのは7年ほど。

「大きなバスルームがあり、2人で仲よく入浴しているという報道もありました。そんな仲むつまじさもあってか、'11年に長女・麗禾ちゃん(9)、'13年には長男・勸玄くん(8)が誕生しています」

美しい母と幼い子供たちの笑い声が聞こえてくる家だったが、幸せな思い出だけで満たされていたわけではない。

「'10年には海老蔵さんが半グレ集団に暴行を受けました。また'14年にはガレージに車が突っ込むという事故も起こりました。そうしたニュースが流れるたびに、自宅には報道陣が詰めかけ、いつしか近所の住民からも“観光名所”のように見られるようになったのです」

一家にもっとも打撃を与えたのは麻央さんの、がん発症だった。

「豪華ならせん階段もありましたが、闘病に適した家とはいえなかったようです。そこで海老蔵さん一家は'17年にバリアフリーのマンションに転居したのです。麻央さんも、がんが寛解したら“わが家”に戻ろうという思いもあったでしょう。しかし転居後数カ月で、麻央さんは帰らぬ人となってしまいました……」

主たちが住まなくなって4年間、ずっと厚い鉄の扉とシャッターが閉ざされていた一軒家で“異変”が目撃されるようになったのは今年に入ってからだった。

「1月下旬、家の前に黒のワンボックスカーが止まっていたのです。海老蔵さんが帰ってきたのかな? と、思って見ていると、3人ほどのスーツ姿の男性たちが書類を持って、家の中に入っていきました。外壁や玄関の状態なども丹念にチェックしていました。ずっと人の出入りがなかったので、印象に残っています」(近所に住む女性)


■麻央さん思い出の豪邸からは内装解体業者が…

さらに2カ月後、本誌が目撃したのは自宅前に止まる内装解体会社のトラックと、家の中で作業をするスタッフたちだった。

「内装解体工事とは、一般的には建物の原状回復のために、内装部分の解体と撤去作業をする工事のことです」(不動産関係者)

衝撃に備えるためか、窓ガラスにはテープが貼られ、剥がされた壁の断熱材がどんどんトラックに積まれていった。

その後、取材を進めると、ある梨園関係者からこんな証言を得ることができた。

「海老蔵さんは、麻央さんと暮らしていた一軒家をついに売却することを決めたそうです」

実は、亡き妻との思い出の家売却については、3年前の'18年にも複数の週刊誌で報じられた。

「麻央さんが逝去して約1年たったころです。海老蔵さんが“不動産会社勤務の知人に価格などを相談している”などと報じられました。しかし結果的に海老蔵さんは売却を断念したのです」(前出・梨園関係者)

当時、本誌は歌舞伎関係者のこんなコメントを掲載している。

「海老蔵さんは『子供たちがもう少し大きくなるまでは、あの家をそのままに』と、考えているのかもしれませんね」

だがそれから3年、麗禾ちゃんは舞踊家、勸玄くんは歌舞伎俳優としての道を歩み始めている。

前出の梨園関係者が続ける。

「経済的な事情もあるでしょう。海老蔵さんの個人事務所のスタッフは10人弱もおり、運営費は最低でも毎月500万円以上かかります。それにもかかわらず、特に昨年はコロナ禍のために公演のキャンセルが相次ぎ、スタッフへの給料を支払うのも大変だったそうです。

また一軒家から離れてすでに数年たちます。お子さんたちも成長していますから、もう手放してもいいころではないかと判断したのだと思います。売却すればおそらくローンは完済できるでしょう」

4年越しで悩み続けた父・海老蔵の苦渋の決断を、子供たちも受け入れてくれるに違いない。

「女性自身」2021年5月4日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_0l6mhn25rv8o_羽生結弦が卒論に綴った採点制度への不満「曖昧な部分多い」 0l6mhn25rv8o 0l6mhn25rv8o 羽生結弦が卒論に綴った採点制度への不満「曖昧な部分多い」 oa-jisin 0

羽生結弦が卒論に綴った採点制度への不満「曖昧な部分多い」

2021年4月20日 11:00 女性自身

19年の全日本選手権で宇野昌磨に敗れうなだれる羽生(写真:アフロ)


《現在フィギュアスケート界ではジャッジング(採点法)についての議論が盛んに行われている。近年フィギュアスケートは高難度化が著しく進んでおり、そのために審判員がわずか1秒以内に行われるジャンプを正確に判断することは至難となってきている。また、ジャンプの評価基準は明記されているものの曖昧な部分が多く、その試合の審判員の裁量に委ねられている部分が大きい》

フィギュアスケート界の現状の採点制度について疑義を綴ったのは羽生結弦(26)。昨年、早稲田大学の人間科学部通信教育課程を卒業した羽生だが、この文章は卒業論文として執筆したものを、同学部発行の学術誌へ特別寄稿するにあたり加筆・修正したものだ。

今回、本誌はその学術誌を独占入手。そこには約8千字にわたって羽生の赤裸々な“悲痛の叫び”が綴られていた――。

羽生にとってかつてない激動のシーズンが終幕した。3月下旬の世界選手権ではショートプログラム(SP)で首位に立つが、フリープログラム(FP)ではミスが続きまさかの3位という結末。

4月15日から大阪で行われた国別対抗選手権では、FPで今シーズン自己ベストである193.76点を記録するも、宿敵ネイサン・チェン(21)にまたしても敗れ、男子個人では2位に。国別の順位でも3位という結果で今シーズン最終戦を終えた。16日のFP後、羽生は今シーズンをこう振り返った。

「悔しい気持ちはあるが世界選手権を終えてから隔離期間もあって普通の生活ではなかった中で“よくやった”と言ってあげたいような内容だったと思う」

コロナ禍による無観客試合や、拠点であるカナダを離れ日本で練習するなど、異例ずくめとなった今シーズン。選手としてだけでなく、“研究者”としても羽生は一つの節目を迎えていた。

’13年に早稲田大学へ入学した羽生。選手として活動するかたわら、在学中に取り組んだ研究が、“フィギュアとデジタル”の融合だ。

「羽生さんは体や指先に多数のセンサーを装着し、動きを3Dで記録・分析するモーションキャプチャと呼ばれる技術を活用。自ら体にセンサーをつけ、ジャンプなどの動きをデジタルデータ化したそうです」(大学関係者)

羽生が所属したゼミの指導教員で卒論も見守った同大学人間科学部人間情報科学科の西村昭治教授は、羽生の尋常ならざる研究への熱意について本誌にこう語っていた。

《これはなかなか1人で設定するのは大変で。でも、『仙台まで行って手伝おうか?』と私が言っても、『いやいや、なんとか自分でやります』と。彼はすぐに機械の使い方を理解して、使いこなせるようになっていましたね》(’20年12月1日・8日号)

■羽生が綴った採点への怒り「審判員の裁量に完全に委ねられている」

そして7年にわたる研究生活の集大成として書き上げられたものが、「無線・慣性センサー式モーションキャプチャシステムのフィギュアスケートでの利活用に関するフィージビリティスタディ」と題された冒頭の論文だ。

羽生は研究で目指す“最終目標”について同大学の広報誌ではこう語っている。

《将来的には、選手の技術向上やAIによる自動採点など、フィギュアスケート界の発展に役立てたいです》(『CAMPUS NOW』’20年10月号)

デジタルによる採点制度の改革を志向する羽生。この動機には“秘めた真意”があった。冒頭に続く形で羽生はこう綴っている。

《全ての選手の全ての要素に対して、ガイドラインに沿った評価ができるのだろうか。(中略)特にジャンプの離氷時の評価は非常に曖昧で、審判員の裁量に完全に委ねられているように感じる。実際に、インタビュー等で審判員の判断に苦言を呈している選手もいる》

公の場でめったに不満を漏らすことのない羽生が論文で露わにした採点制度への不信感――。フィギュアスケート評論家の佐野稔さんはその現状をこう語る。

「試合をテレビで見る際、画面上部に緑や赤色で点滅するものがありますが、あれはテクニカルパネルと呼ばれる技術審判の3人が回転が足りているかなどを入念にチェックして出しています。とはいえ、ただの人間の目です。

疑わしいものは、後から技術審判がビデオで確認して、審判員に伝えて最終的な点数がつけられていきます。ビデオは何度でも繰り返し見られるのですが、カメラの方向によっては判断できない部分もあります」

’84年のサラエボ冬季五輪に出場し、現在は日本スケート連盟のナショナル審判員も務める元フィギュアスケート選手の小川勝さんも言う。

「審判員も一定のルール、基準があって選ばれていますが、個々で採点基準が違います。日本人だから不利ということではなく、どの国でも自国の審判は多少なりともいい点を出したりするものです」

実際、3月の世界選手権での“疑惑の判定”を指摘する声も。

「SPの羽生選手の4回転サルコウの出来栄え点が低いという指摘が海外の識者からは相次ぎました。女子の紀平梨花選手(18)や坂本花織選手(21)への判定が厳しすぎるという声もありました」(スポーツ紙記者)

「女性自身」2021年5月4日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_q3gxuehsk2ag_稚拙と7回指摘 羽生結弦が卒論で見せた判定悪用選手への怒り q3gxuehsk2ag q3gxuehsk2ag 稚拙と7回指摘 羽生結弦が卒論で見せた判定悪用選手への怒り oa-jisin 0

稚拙と7回指摘 羽生結弦が卒論で見せた判定悪用選手への怒り

2021年4月20日 11:00 女性自身

(写真:アフロ)


「北京五輪のことは僕はまだ考えられません。願わくばまずは東京五輪が開催できる現実のものになれば。まずはそれを願っています」

16日に行われた国別対抗選手権のフリープログラム後にこう語ったのは羽生結弦(26)。羽生は3連覇が期待される22年の北京五輪については言及を避け、目前に迫る東京五輪の成功を願っていた。

そんななか、羽生には“フィギュア界への願い”もあった。それは採点制度の改善だ。

昨年、早稲田大学人間科学部通信教育課程を約7年かけて卒業した羽生。在学中、研究者として打ち込んだのが、モーションキャプチャを活用し、フィギュアの動きをデジタルデータ化すること。

ゼミの担当教員で、卒業論文も指導した早稲田大学人間科学部人間情報科学科の西村昭治教授は、羽生が研究によって目指す“目標”について本誌でこう語っている。

《曖昧な部分もあるフィギュアの採点をAIを使ってクリアにする。この研究を続けていけば大がかりな装置も必要なく、普通のテレビカメラでもなんとかなるという可能性を示してくれました。これは本当にフィギュアスケートの歴史を変えるような研究になるのではないかと思います》(’20年12月1日・8日号)

そして本誌は今回、羽生が同学部の学術誌に特別寄稿するにあたり加筆・修正した卒論を独自で入手。論文で羽生は現状のフィギュア界の採点制度への疑念をこう綴っている。

《全ての選手の全ての要素に対して、ガイドラインに沿った評価ができるのだろうか。(中略)特にジャンプの離氷時の評価は非常に曖昧で、審判員の裁量に完全に委ねられているように感じる。実際に、インタビュー等で審判員の判断に苦言を呈している選手もいる》

羽生の怒りはそんな判定制度を“悪用”する選手やコーチにも向けられていた。

■「これは正しい技術ではなく、稚拙なジャンプ」

「論文でモーションキャプチャの精度を検証するため、羽生さんは自らを実験台に、アイスリンクで1回転ループや3回転半など6種類のジャンプを跳び、そのデータを測定。検証は見事成功し、論文でも『これは極めて優良なデータになったのではないかと感じる』と結果に自信をかせていたそうです」(大学関係者)

しかし、ループジャンプの検証ではこう綴っている。

《ループジャンプは右足で遠心力を利用しながらジャンプするが、飛び上がるまでに遅い、つまり、離氷せずに回転数を稼いでから離氷するようなジャンプを行うスケーターらがいる。これは正しい技術ではなく、稚拙なジャンプであるが、これを現ジャッジングシステムでは減点対象であると明記してあるのにもかかわらず、離氷を判定する基準がないため、これの適用がうまくできずにいた》

また、こうも綴っている。

《現審判員は1方向からしか見ることができないという物理的な制限があり、プログラムの振付師やスケーターのコーチによっては審判員の死角になるようにフリップジャンプ、ルッツジャンプを配置している》

採点制度の穴を利用した選手やコーチを「稚拙」と一刀両断した羽生。この言葉は論文中、7回も繰り返されていることからも、羽生の怒りの強さがうかがい知れる。

フィギュアスケート評論家の佐野稔さんは羽生が指摘する“稚拙なジャンプ”をこう解説する。

「いちばんわかりやすいのがアクセル。氷上で前向きにある程度回転してから跳ぶのですが、羽生選手は16分の1ほど。しかし、ひどい人は氷上で4分の1回転してから跳んでいます。跳ぶ前の回転においては明確な減点のルールがないのです」

■「技術的な判定は完全にできる」

’84年のサラエボ冬季五輪に出場し、現在は日本スケート連盟のナショナル審判員も務める元フィギュアスケート選手の小川勝さんも羽生の“告発”に理解を示す。

「羽生選手の演技は回転も完璧ですが、そうじゃない選手が大勢いるということ。回転不足の判定問題は、厳格なルールがなく、それを見抜けていない審判も多すぎます。グレーゾーンのジャンプをしている選手が多いのも事実です」

最大の目標である4回転半ジャンプ成功に向けて、試行錯誤を続けている羽生。今回の国別対抗選手権では挑戦しなかったが、その理由については「僕の気持ち優先よりも、みんなの力になれる演技をしたい」と語っていた。

しかし、あるフィギュア関係者はそこにも採点への懸念が影響している、と推測する。

「4回転半はまだ試合で誰も成功したことのない大技。仮に成功しても、“現状の採点制度ではきちんと評価されないのでは”という思いもあるのだと思います」

果たして、羽生が目指す採点改革が実現する日は来るのか。佐野さんは芸術性の評価などの難しさを指摘しつつもこう語る。

「今のテクニカルの部分をAIで正確にフェアに判定し、それをもとに人間が出来栄え点と構成点をジャッジすれば伝統も残ります」

羽生は論文終盤で改革の実現に向けて、こう訴えている。

《一人のジャンプだけではできないかもしれないが、ISUなどの機関が有力な国の連盟に強化選手を使って、少しずつデータをとることを義務付けしてAIを作ったらジャンプに関してだけではなく、ステップやスピンなどの技術的な判定は完全にできるように感じた。(中略)フィギュアスケートにおいてこのモーションキャプチャーは極めて有用であると考える》

羽生の“悲痛の叫び”がフィギュア界の公正な採点につながる日が来ることを願うばかりだ――。

「女性自身」2021年5月4日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_04d7rsj491wq_【独占】大野智に新恋人!おっとり系美女とお忍び京都旅行へ 04d7rsj491wq 04d7rsj491wq 【独占】大野智に新恋人!おっとり系美女とお忍び京都旅行へ oa-jisin 0

【独占】大野智に新恋人!おっとり系美女とお忍び京都旅行へ

2021年4月20日 06:00 女性自身

平安の昔から「花洛」とも称されてきた京都。“花の都”を意味するその名にふさわしく、4月に入ったばかりのその時季、満開の桜が美しく咲き乱れていた――。

3月21日で全国の緊急事態宣言がすべて解除されたとあって、古都もそれまでの閑古鳥の日々を終え、春たけなわを愛でる人々で少しずつにぎわいが見られるようになっていた。この後、再び全国で感染者が増え始め、4月12日からは京都府内でもいわゆる“まん防”が適用されることになるのだが、ちょうど自粛ムードが始まる前のはざ間の時期のことだった。

京都駅からさほど遠くない通りを、グレーのマスクに黒いキャップをかぶり、Gジャン姿で悠然と歩く男性がいた。嵐の大野智(40)だ。

彼と歩調を合わせ、ピッタリ寄り添っているのは、小柄でかわいらしい雰囲気をもった、30歳前後とおぼしき女性だ。ピンクのマスクが桜とよく調和している。

通りに面したある旅館の前に着くと、彼女は携帯電話を取り出し、外観の撮影をし始めた。初めて訪れたのだろう、この訪問を心待ちにしていたように、熱心に撮り続ける。そんな様子を大野は後ろで優しく見守っている。

彼女が撮影し終わると、2人は旅館の玄関へと入って行った――。


■せっかくの“休暇”も外出するのは犬の散歩だけ

「僕は明日から自分のことをちょっと考えて、自分の時間を大切に生きてみようと思います。何するかは決まっていませんが。またいつか、人のためになれるように」

昨年大みそかのコンサートでこう挨拶をし、芸能活動休止に入った大野。嵐が昨年いっぱいで活動を休止する結論を出したのも、大野の「自由な生活がしてみたい」という要望がきっかけだった。

願いどおりの“自由”を手に入れてから3カ月あまり。どんな生活を送っているのだろうか。

「仕事関係者との連絡は、極力避けていますね」 

そう明かすのは、ある芸能関係者。

「2月ごろのことですが、大野さんが仕事の業務連絡のためにこれまで参加していたグループLINEを退会した、と聞きました。仕事のことをできる限り頭から追い出したいのだと思います」

そんな“リセットモード”でも、嵐の絆は大切にしているようだ。

「メンバーだけのグループLINEがあって、そこでは、5人でやりとりをしているようです。メンバーの誰かがテレビに出ていたりすると、『頑張って』とか『見てるよ』とか励ましの連絡をし合って盛り上がっているようですね」(前出・芸能関係者)

メンバー4人のソロ活動にエールを送る一方で、自身の新生活は思いどおりのスタートが切れていないという。知人男性によると、


「活動休止に入ったらすぐに東京を出る、というのが大野さんが強く願っていたことでした。当面は、自然に囲まれた田舎で伸び伸びと暮らしたいと考えていましたから。でも今年に入ってから、新型コロナの状況がさらにひどくなっていきました。

緊急事態宣言下の2カ月は東京の自宅に籠るしかない日々が続いたんです。ここ最近も感染者が再び増え始めたので、外出はなるべく控えているようですね。1日のうちで外に出るのは犬の散歩だけ、という日がほとんどのようです」

4月中旬、本誌は東京都内で、大野の姿をキャッチしているが、やはり愛犬の散歩中だった。

「本人は公言はしていませんが、黒いパグ犬を飼っているようです。趣味の絵のモチーフとして、よくこの犬を描いており、個展にも出展されていたので、ファンの間でも有名です」(スポーツ紙記者)

散歩中の大野は、国民的スターのオーラを消していた。通り過ぎる人々は大野に気がつかず、本人も人目を気にする様子はない。犬の歩調に合わせてゆっくり歩き、時折立ち止まったり、犬のほうを向いて「大丈夫?」と声をかけたりする様子はほほ笑ましかった。

愛犬に癒されながら自粛生活をやり過ごしていたようだが、ずっと東京にいたわけではない。


■文春報道のシンママ恋人とは完全に破局

「緊急事態宣言が解除された時期には、地方の知人のもとを訪れたりしたこともあったそうですよ」(前出・知人男性)

沖縄の離島を訪れ、休息の時を過ごしていたこともあったという。

「その地は、大野さんがかねて趣味の釣りを楽しむために訪れていた場所であり、土地を仲間と共同購入しているエリアです。コロナ禍が一段落したらしばらく滞在することを検討しているようです」(前出・知人男性)

東京を脱出し、やっと本人が望む休暇らしい休暇が始まった――。本誌が目撃した冒頭の女性と2人の京都旅行も、そんな“休暇”のワンシーンだった。

「女性は大野さんを支える新しい恋人。一般人だと聞いています」

別の大野の知人がそう話す。大野は昨秋に『週刊文春』で、数年交際を続けて結婚まで意識したシングルマザーの恋人がいたこと、そして’19年初めには破局したことが報じられている。この知人によると、そのシングルマザーとの仲は完全に切れているという。


「この2年ほどは、大野さんに恋人はいなかったと思います。新しい彼女とはまだ交際を始めてから日が浅いようですよ。大野さんに、自身の“思い出の地”である京都を久々に訪れたいという思いがあり、彼女を連れて泊まりがけの旅行に行ったのです」

大野は嵐としてデビューする前のジャニーズJr.時代、舞台出演のために2年ほど京都で生活していたことがある。2人が冒頭で入っていった旅館は、当時16歳ほどだった大野が数カ月寝泊まりし、今でも女将と連絡をとり合っているという場所だった。

しばらくして旅館から外に出てきた大野と新恋人。終始、2人の距離はとても近い。旅館の従業員と道路で話しているときには、近づいてくる車に気づいた大野が、すかさず彼女の腰に手を回し、道路の端へ誘導する。女性を守るその様子はとても自然だ。大野の行動の端々から恋人女性のことを、とても大切にしている様子が伝わってくる。

大切な彼女に大切な人や場所を紹介したい――。旅館の付近には行きつけだった飲食店やコンビニもある。旅館までの道のりを2人で歩きながら、大野は自分の青春時代を過ごした思い出の場所を案内したのだろう。

■交際を始めたばかりの女性は“いつもと違うタイプ”

前出の知人男性の話によると、新恋人は大野が過去に付き合ってきた女性と少しタイプが違う。

「僕が見たことがある大野くんの今までの彼女は、ちょっとギャルっぽいコばかり。細身でお化粧をしっかりしていて天真爛漫で。たまには違うタイプのコとも付き合ってみればいいのにね、と共通の知人と話していたくらいです」


新恋人は、おっとりとした雰囲気の女性。服装も“ギャル”というには遠い、どちらかというと女性アナウンサーの私服のような落ち着いた着こなしだ。これまでとタイプの違う女性を選んだというところに、大野の心境の変化を感じてしまうが――。

9年前に大野はテレビで、何歳で結婚したいか聞かれ、「40歳だな!」と答えていた。大野は現在40歳。それに嵐のメンバーでは、ひと足先に二宮和也(37)が結婚している――。

ともあれ、大切な女性と出会い、充電の日々を送る大野。

「活動休止直後は創作意欲がわかず大好きな絵も描いていなかったんですが、最近再び描き始めていますよ」(前出・知人男性)

満を持して、嵐に戻ってくる日をファンは気長に待っている――。

「女性自身」2021年5月4日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_kifcpfssm6sa_大野智 恩人に新恋人を紹介…京都旅で同伴した“特別な場所” kifcpfssm6sa kifcpfssm6sa 大野智 恩人に新恋人を紹介…京都旅で同伴した“特別な場所” oa-jisin 0

大野智 恩人に新恋人を紹介…京都旅で同伴した“特別な場所”

2021年4月20日 06:00 女性自身

穏やかな陽気に包まれた4月初旬の昼下がり。京都駅からほど近くにある通りを歩く男女。黒いキャップを目深に被り、程よく色落ちしたGジャンを羽織る男は嵐の大野智(40)。

そして、大野に寄り添うように隣を歩くのは落ち着いた服装の小柄な30歳前後とおぼしき女性。おおらかな雰囲気を漂わせており、私服は女性アナウンサーを思わせる清楚な印象だ。

通り沿いにある旅館の前で足を止めた大野と女性。目的地だったのだろうか、女性は携帯電話を取り出し、熱心に外観を撮影し始める。その様子から、女性は初めて訪れたことが伺い知れる。

いっぽうの大野はそんな女性の様子をほほえまし気に見守っている。彼女が撮影を終えると、2人は旅館の中へと吸い込まれていった――。

「女性は大野さんを支える新しい恋人。一般人だと聞いています」

大野の知人がそう話す。

「大野さんに、自身の“思い出の地”である京都を久々に訪れたいという思いがあり、彼女を連れて泊まりがけの旅行に行ったのです」


大野は、嵐としてデビューする前のジャニーズJr.時代、舞台出演のために、2年ほど京都で生活していたことがある。13歳でジャニーズ事務所に入った大野は、TOKIOやSMAPのコンサートのバックで踊っていたが、目立つ存在ではなかった。

「彼は高校に通う意味を見いだせなかったようで3日でやめています。でもそのころ、ダンスには夢中で一生懸命練習していたんです」(アイドル誌ライター)

そんなときに舞い込んだのが、京都での舞台出演の話。’97年の夏、大野はわずか16歳だった。そのときの心境を本人がのちのインタビューで話している。

《京都には半年以上行きっぱなしになるのがわかってて、自分から「行きたい」っていったんだ。とにかく、そのときの状況から抜け出したかったの。後輩が次々入ってきて、人気のあるヤツがどんどん前に行くでしょ。ボクはずーっとそのバック。「なんでだ? ボクのほうがうまいぞ!」って、ずっと思ってた。京都に行けばメインでやれる。迷わなかったよ》(『セブンティーン』’03年4月15日号)


■芸能生活の“原点”に彼女を同伴で…

意気込んで京都に行ったものの、現実はかなり苦労をしたようだ。 

「毎日5公演ある舞台だったので、連日クタクタだったそう。観客が千人入る劇場で50人しか入っていない日もあったりして、むなしさも感じたようで……。そのころJr.ブームが起きていて、テレビに出ているコも多かったんです。相葉くんや松本くん、二宮くんは当時からすごく人気でしたからね。舞台班の大野くんは、彼らとの差も感じたみたいです。それにまだ10代の少年。“ホームシックで東京に帰りたいと思ったこともあった”と振り返っていました」(前出・ライター)

ただ、この京都時代にダンスと歌のスキルを磨いた大野は、故・ジャニー喜多川さんにその実力を認められて、’99年に嵐としてデビューすることになる。いわば大野にとって京都は“修業時代”を過ごした地なのだ。 

活動休止に入った今、その地を訪れたのは、原点に立ち返り二十数年の芸能生活を振り返ってみたかったのかもしれない――。そして、京都のなかでも最も訪れたかったであろう場所が、2人で入っていった冒頭の旅館だ。

「大野くんの聖地として一部のファンの間では有名な旅館ですよ」


宿泊をしたこともあるという、大野ファンが熱っぽくそう語る。

「京都時代の最初の数カ月、ほかのJr.たちと一緒にこの旅館に寝泊まりしていたんです。修学旅行生が集団で泊まるような、ふつうの旅館なんですけどね。昔、テレビで本人が紹介していたこともあったんですが、女将さんのことを“おかあちゃん”と呼んでいました。かなりお世話になったんだと思います。宿泊するファンは多くて、従業員の方から、大野くんがデビュー後も数回泊まりに来ていると教えてもらったファン仲間もいますよ。大野くんは女将さんと今も連絡を取り合っているとも聞きました」

この旅館の女将は、つらい時代を励まし支えてくれた存在。その恩人に、恋人を紹介すべく、久しぶりに挨拶に訪れたのだ。

旅館に入って30分ほどたつと、大野と恋人女性が外に出てきた。2人は従業員に案内されながら、向かいに立つ別館に入っていく。実はこの別館にこそ、Jr.時代に長期逗留した部屋がある。恋人に部屋を見せたかったのだろうか。

10分ほどして再び外に出てきたとき、大野と話しながら女性はうれしそうな笑顔を見せていた――。

「女性自身」2021年5月4日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_8lcschqowss1_「おかえり」動画に出演…佐藤健が続ける震災5年目の熊本支援 8lcschqowss1 8lcschqowss1 「おかえり」動画に出演…佐藤健が続ける震災5年目の熊本支援 oa-jisin 0

「おかえり」動画に出演…佐藤健が続ける震災5年目の熊本支援

2021年4月19日 22:56 女性自身

16年4月に発生した熊本地震から5年目を迎える今春、熊本城の天守閣が完全復旧。そこで今月19日、熊本城へ「おかえりなさい」とメッセージを贈るWEB動画が「熊本市観光」のYouTubeチャンネルにアップされた。

復旧にちなんで“29組”が、「おかえり」と熊本城に伝えるこの動画。そこに参加しているのが、俳優の佐藤健(32)だ。

自身が主演を務める映画「るろうに剣心」シリーズの撮影で、何度も熊本県に訪れている佐藤。17年4月、熊本の魅力を紹介する本『るろうにほん 熊本へ』を上梓している。同作を制作するキッカケとなったのは熊本地震だった。

「佐藤さんは震災後、被災地へ炊き出しに行きました。その際、地元の人たちから『観光客が激減して困っている』と耳にしたそうです。そこで『自分にできることはないか』と思い、自ら企画したのが『るろうにほん』。佐藤さんは『熊本は第二の故郷』ともいい、『この本を手に取って、熊本に足を運んでもらえたら』との気持ちで制作したといいます」(全国紙記者)

震災直後の熊本城の様子も収められている『るろうにほん』。そのため資料として貴重なものとなっている。

「佐藤さんは本を制作するうちに、熊本城が県民にとって大きな存在であると知ったといいます。そのため、彼自身も熊本城の復旧を待ち望んでいました。震災から3年半目で大天守外観が復旧した際、佐藤さんは記念式典にサプライズで登場。そこで『お会いする方々の表情が晴れやかで僕も嬉しい』と自分のことのように喜んでいました」(前出・全国紙記者)

■「くまモンはマブダチ」

また『るろうにほん』の利益は全額、熊本の地元自治体に寄付されている。

「同作は反響を呼び続け昨年6月、4刷の重版となりました。県外の人に向けて作ったものでしたが、『住んでいても知らない魅力があった』との感想があったそうで佐藤さんは大喜び。くまモンとの交流も重ねており、『くまモンはマブダチ』とも。いまやSNSなどを通して、お互いの誕生日を祝う仲となりました」(前出・全国紙記者)

佐藤は、19年10月から放映されている熊本市のCMでナレーションを担当。そして今回の“おかえり”ムービー。これからも佐藤と熊本の縁は深まっていくことだろう。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_xw7wsgxded97_『ガリレオ』新作の相棒は新木優子!来秋に映画とSPドラマも xw7wsgxded97 xw7wsgxded97 『ガリレオ』新作の相棒は新木優子!来秋に映画とSPドラマも oa-jisin 0

『ガリレオ』新作の相棒は新木優子!来秋に映画とSPドラマも

2021年4月19日 16:00 女性自身

4月中旬の午後2時過ぎ、横浜市内の繁華街。フェースシールドをつけた福山雅治(52)と新木優子(27)が突如現れた。監督の説明に熱心に耳を傾ける福山。スタッフが手にしている台本には「ガリレオ」の文字が――。

福山の代表作『ガリレオ』(フジテレビ系)の新作撮影が8年ぶりに始まったのだ。

「ドラマは’07年のシーズン1の平均視聴率が21.9%、’13年のシーズン2が19.9%。映画『容疑者Xの献身』と『真夏の方程式』の興行収入もそれぞれ49.2億円、33.1億円と大ヒットを記録しました。8年ぶりの撮影となる今回も、映画とドラマを同時並行して進めています。映画は来秋公開を目指し、同時期にスペシャルドラマを放送予定です」(テレビ局関係者)

本番の声がかかり、フェースシールドを取った福山の眼光鋭い表情は、あの天才物理学者・湯川学そのものだった。


「ただし、福山さんは基本的に同じ役柄を続けて演じることを“イメージが固定される”と良しとしません。シーズン2も、制作サイドの熱心なオファーにもかかわらず、説得に6年を要しましたから……」(前出・テレビ局関係者)

撮影合間も、ときおり目を閉じ、演技に集中する福山。雑談はいっさいなかった。今回、『ガリレオ』再始動を了承した背景には何があったのか。

■福山が8年ぶり再始動を了承した“意外な理由”

「福山さんは’15年に吹石一恵さんと結婚して、翌年末にパパとなりました。50代を迎え、今ならまた違った“湯川学”を見せられると考えたからのようです。3年ほど前から保護猫も2匹飼い始めました」(音楽関係者)


4月10日放送の『福のラジオ』(TOKYO FM)で、福山は知人から相談を受け、右腕がない「オレちゃん」、そして「トラちゃん」という2匹の雄猫を引き取って育てていると語っていた。

「“保護動物に対して、まだまだ自分が勉強中”という理由で、いままで公にしなかったそうです。彼の楽曲『いってらっしゃい』の間奏に入っている猫の鳴き声はオレちゃんの鳴き声なんですよ。

また、福山さんは地元・長崎で今も生き続ける『被爆樹木』を平和発信に活用するプロジェクトにも総合プロデューサーとして参加しています。戦争の記憶、命のたくましさを次世代へつなぐことを目的としているそうです。“50代の父親”となり、福山さんの世界はますます広がっています。それが湯川の演技にも生きると確信しているそうです」(前出・テレビ局関係者)

今回も“実に面白い”新たな湯川教授を見せてくれそうだ。

「女性自身」2021年5月4日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_kls0kjzm5w30_田原俊彦 明菜に復帰要請!俺なら口説けると豪語も電話繋がらず kls0kjzm5w30 kls0kjzm5w30 田原俊彦 明菜に復帰要請!俺なら口説けると豪語も電話繋がらず oa-jisin 0

田原俊彦 明菜に復帰要請!俺なら口説けると豪語も電話繋がらず

2021年4月19日 14:41 女性自身

「同世代のスターの中でも、明菜ちゃんは別格中の別格。彼女が今、表舞台で活躍していないことが残念で仕方ないよ!」

食事の席で田原俊彦(60)は熱く語り続けた――。

田原と仕事関係者たちが食事をともにしたのは2月下旬だったという。田原をよく知る芸能関係者はこう語る。

「その席で中森明菜さん(55)のことが話題になったのですが、それでトシちゃんにスイッチが入ってしまって……。ついには『俺がこれから明菜ちゃんに電話をかけるよ!』と言いだしたそうです」

明菜と田原は同じアイドル全盛の時代を生きてきた“戦友同士”だ。


「`80年代は『ザ・ベストテン』『夜のヒットスタジオ』など大人気の歌番組が多数あり、トップアイドルたちは毎日のように収録で顔を合わせていました」('80年代に詳しいライター)

トップアイドルとして'80年代を駆け抜けた2人はお互いにシンパシーを感じていたのだろう。その交流は途切れ途切れながらもずっと続いていたようだ。

'17年2月には田原が『爆報!THEフライデー』(TBS系)で、明菜から『トシ、元気? いつも見ているから』という内容の留守電が入っていたことを明かした。

そんな2人の現在の活動状況は対照的といえる。


「田原は今年2月に還暦を迎えましたが、4月25日には60歳アニバーサリーライブを開催予定。いまなお精力的に活動中です。しかし、明菜は今年5月からデビュー40年目に入りますが、'17年以降、表舞台から退いたままです」(音楽関係者)

前出の芸能関係者は、

「体調が悪いとはいえ、トシちゃんとしては明菜さんが不遇の日々を送っていることが許しがたい気持ちもあったのでしょう。食事の席での会話がきっかけとなり、明菜さんへの思いがあふれ出したようで、トシちゃんが『明菜ちゃんに電話をかけて復帰するように言うよ』と……。突然の宣言に同席者たちが驚くなか『俺なら口説けるから!』と自信を持っていたそうです」

仕事関係者たちが見守るなか発信ボタンを押す田原。だが30秒後、

「あれ、出ないね」

と、バツが悪そうにポツリ……。同席者らは押し黙るしかなかった。


「結局その食事が終わるまで、明菜さんから返信はなかったそうです」(前出・芸能関係者)

明菜がまさかのガン無視!? だが、その後に折り返しがあった可能性もある。本誌が田原の所属事務所に問い合わせてみると、明菜に電話をかけたことは認めたものの、

「(明菜さんからの)電話はありませんでした」

そう答えた。

古い友人からの電話にも応答しないとは、明菜の体調はそれほど悪いのか? 田原の思いが通じ、歌姫が表舞台に舞い戻る日は来るのか――。 

「女性自身」2021年5月4日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_3t91g926l11i_皇后3年目へ!雅子さま歴代ドレス写真と着こなしポイント 3t91g926l11i 3t91g926l11i 皇后3年目へ!雅子さま歴代ドレス写真と着こなしポイント oa-jisin 0

皇后3年目へ!雅子さま歴代ドレス写真と着こなしポイント

2021年4月19日 11:00 女性自身

(写真:本社写真部/雑誌協会代表取材/宮内庁提供/時事通信)


雅子さま皇后3年目へ――豪華な装いを総ざらい! 「和ごころ光るドレスコレクション」と題して、ロイヤルファッションの中でも特に注目される華やかなドレスの“和の心”が麗しい装いのポイントを解説。解説してくれたのは、皇室をはじめ、セレブの装いにも幅広い知識を持つ石原裕子さん。

■ティアラを際立たせる「ローブ・デコルテ」

ローブ・デコルテは豪華なティアラやネックレスを際立たせるためのドレス。胸元や腕など肌の露出も多くシンプルに作られている。

【'93年】ご成婚

布地は金糸、銀糸を織り込んだ明暉瑞鳥錦(めいきずいちょうにしき)。ノースリーブと、ダイヤモンド形にカットされた胸元に新妻の若々しさが感じられる。

【'19年】即位後朝見の儀

半袖にハート型のVネックと皇后らしい落ち着きのあるドレスに、第一ティアラとネックレスを。 

■細部に気品が宿る「ローブ・モンタント」

フォーマルな海外王室の式典では、ハイネックに長袖、ロングスカートで肌の露出を抑えたスタイルに。細かくあしらわれた刺繍やビーズで気品をプラス。

【'13年】オランダ王国即位式

シルクジャガードの光沢が印象的な布地。とても軽い素材で、歩くとスカートの揺れが優雅。共布のトーク帽で統一感を。

【'15年】トンガ国王戴冠式

ペイズリーをイメージさせるレースのドレス。花びらのようなデザインの襟、胸元の金糸、銀糸を使った刺繍でゴージャスに。


■宝石のような「海外ご訪問ドレス」

【'94年】カタール・ハマド宮殿

ルビーのような色合いのシルクに、胸元から腰、袖に鮮やかな金糸とベビーパールで立体的に入れられた刺繍が豪華。

【'94年】カタール・ラヤーン宮殿

雅子さまの誕生石、ターコイズの色合い。胸元と袖口に天から差し込む光のような飾りを。

【'94年】サウジアラビア・ヤマーマ宮殿

肩を膨らませた袖、裾にフリルを重ねたスカート、エレガントなブルーサファイアの装い。

【'95年】アラブ首長国連邦・ムシュリフ宮迎賓館

裾へ滝のように流れる左腰の大きなリボンが、ベビーピンクと相まって、女性らしさを演出。

【'95年】クウェート・バヤーン宮殿

和服の裏地に使われる紅絹色のドレス。白いショールを羽織られ、日の丸をイメージ。

【'95年】ヨルダン・ナドワ宮殿

金糸で花模様を刺繍した厚みのあるレース素材の左上半身。右肩から裾にかけてはサリーのようにサテンのシルクを重ねて。

■賓客をもてなす「晩餐会ドレス」

【'93年】東京サミット各国首脳

ご成婚の翌月、初の皇室外交の場でお召しになったアップルグリーンのシルクドレス。レースの花が飾られた繊細な作りで新妻らしく。

【'14年】オランダ国王

アール・デコ調のティアラ、ネックレスに優しい印象のドレスを。

【'15年】フィリピン大統領

レースの持つ繊細さを上手に演出。華美になりすぎない装い。

【'19年】アメリカ大統領

ニューヨークの州花・バラをあしらったジャケットで、令和初の国賓・トランプ大統領をおもてなし。


■雅子さま流、着こなしポイント5

ご成婚以来、雅子さまはカラフルな色のお召し物でよくお出ましになっていました。それが強く感じられたのが、ご成婚の翌年から天皇陛下(当時は皇太子)と2度訪問された中東諸国でのドレス姿。

このときの色鮮やかなドレスを、ご訪問先で見事に着こなしていらした雅子さまはとても素敵でした。それからお年を重ねられ、平成から令和への御代替わりとなる前、そして皇后となられてからの雅子さまは、優しい淡い色合いのドレスが多くなりました。

特に賓客のおもてなしなどでは、決して華美な装いはされません。けれどもその装いは一見すると無地に見える布地にも金糸、銀糸が織り込まれていたり、繊細な刺繍で装飾されていたりと、ミセスらしい落ち着きに優雅な風格をたたえているのです。

雅子さまのドレスには、よく見られる5つのポイントがあります。1つ目は、ハイネックやタキシードを思わせるウイングカラー。2つ目は、ふっくらとした肩から袖口に向かって細くなるレッグ・オブ・マトン・スリーブ。3つ目は、アシンメトリーに左腰に寄せたドレープ。4つ目は、左腰にボウで結んだリボンや飾り。5つ目は、滝のように流れ落ちるカスケードライン。

この5つの特徴がよく表れているのが、ご成婚後の饗宴の儀でお召しになっていた淡いオレンジのドレスでした。さらに、ドレスのスカートを着物のように重ねるデザインや地紋のある絹地からは、和のテイストが感じられます。

これは、日本のさまざまな伝統美を上手に取り入れていらした美智子さまの装いから引き継がれたものです。その和のこころを、雅子さまは独自のデザインで継承されています。

これからは華美になさらなくても格調の高い、皇后らしい装いが増えてくると思います。コロナ禍で賓客の接遇や外国へのご訪問がなく、新しいドレスを拝見できないのが残念ですが、今後が楽しみです。(石原さん)

「女性自身」2021年4月27日号 掲載

外部リンク