cat_173100_issue_ee5c025363b6 oa-suntvnews_ee5c025363b6_1d14a2789b77_尼崎生まれのキングオブ「水虫治療薬」親子2代開発秘話 1d14a2789b77 0

尼崎生まれのキングオブ「水虫治療薬」親子2代開発秘話

2019年6月27日 11:07 サンテレビニュース

尼崎市の工場地帯に事務所を構える大源(だいげん)製薬。こちらの看板商品であり、43年間作り続けているのが、水虫治療薬「エフゲン」です。症状にもよりますが、およそ1週間使える10mlで、756円から。年間販売本数は、累計6万本!


インターネット通販大手「楽天市場」の水虫薬部門で、2004年から1位に君臨し続けているこれぞ、キングオブ「水虫治療薬」なのです。

なぜ、そんなに売れているのか?秘密を探るため、建物2階の工場へ。大源製薬の従業員は、社長の武史さんと奥さんの峰子さんを含めてわずか9人という少数精鋭。時代とともに機械化が進み、作業に変化はありましたが、「薬の成分は、43年間変わっていない」と、社長は胸を張ります。

「新しい薬というのは耐性菌といって、薬も強くなるけど、菌も強くなりますので、どっちかというと、今まで一回で治っていたものが2回3回塗らないとダメだと。エフゲンの場合は中にいる菌をどんどん中に入っていって、悪く侵された皮膚をどんどんどんどん剥離していく」(大源製薬 腰山武史 社長)

菌に侵された皮膚を根こそぎ剥がすことで水虫を治す」。ほかの薬とは、まったく違ったアプローチこそがエフゲン人気の理由であり、創業者から続くこだわりでもあるのです。

「父は元々60年以上前なんですけど、車屋で、車屋のメカニックって、ほぼ全員安全靴、通気性の悪い、鉄板で覆われた安全靴を履くんですね。これを履くと、ほぼ100%みんな水虫になる。ある日板金の塗装を剥がしてたんですね。水虫に侵された角質もこんな風に板金の塗装を剥がすみたいに薬を塗ってボロボロ剥がれたらきっと治るだろうなと」(腰山峰子さん)

薬学の知識も経験もなかった峰子さんの父・今里源(いまざと・げん)太郎(たろう)氏が周囲の助けもありながら、10年かけて完成させたエフゲン。「支える家族は大変だった」と 峰子さんは笑いますが、どこか誇らしげです。

日本人の4人に1人が感染しているといわれる水虫。現在、エフゲンの売り上げを支えている人の多くは、なんと女性だというのです。「水虫であることを知られずに治したい」。そんな需要とマッチしたのか、およそ15年前からインターネットを使ってエフゲンを注文する人が急増。中身がわからないように配送したり、会社名ではなく、個人名で送ったりする売る側の気づかいも受け、人気商品に。

さらに最近では、女性向けのかわいらしいパッケージのエフゲンが従来の商品の売り上げを抜くという現象まで起きています。これからやってくるジメジメ蒸し蒸しとした季節。親子二代にわたる「こだわりの治療薬」があなたの足のお悩みを解決してくれるかもしれません。

外部リンク

cat_173100_issue_ee5c025363b6 oa-suntvnews_ee5c025363b6_9f348f55c220_夜しか咲かない「幻の花」 国内唯一の紅花山玉蘭が開花 9f348f55c220 0

夜しか咲かない「幻の花」 国内唯一の紅花山玉蘭が開花

2019年6月27日 11:18 サンテレビニュース

国内では唯一淡路市の植物園だけが栽培する中国原産の幻の花が、昨夜3年ぶりに開花しました。

中国雲南省原産の「紅花山玉蘭(べにばなさんぎょくらん)」です。

モクレンの一種で、夜にしか咲かず、開花からわずか2時間で色落ちし始める「幻の花」とされていて、25日の朝の時点で、6枚の花びらのうち半分が開いていました。

2000年の淡路花博を記念して寄贈されたもので、国内ではここ県立夢舞台温室「奇跡の星の植物館」だけで見られるということですが、栽培は難しく、これまでに2度咲いただけです。

来園者が見守る中、25日の夜に満開を迎えました。

次の開花は、栽培がうまくいっても10年後くらいになるということです。

外部リンク

cat_173100_issue_ee5c025363b6 oa-suntvnews_ee5c025363b6_4e922e5accf1_南あわじ市の新観光資源 青く輝くウミホタルをPR 4e922e5accf1 0

南あわじ市の新観光資源 青く輝くウミホタルをPR

2019年6月28日 10:36 サンテレビニュース

南あわじ市の観光資源となりつつあるウミホタルについて広く知ってもらおうと、南あわじ市議会でプレゼンテーションが行われました。

このグラスの中で動く体長3ミリほどの小さな生物がいま南あわじ市の観光資源となりつつあるウミホタル。 南あわじ市議会で27日、市内でウミホタルを研究する関口功さんが、出席した全議員18人を前にプレゼンテーションを行いました。

関口さんがウミホタルに微弱な電気を加えるとウミホタルが青く光りました。 ウミホタルは、東北地方から南の太平洋沿岸の砂地に生息する日本固有の生物で、エビやカニと同じ仲間です。

体内に蓄えた発光物質が水中の酸素に反応すると青い光を放ち幻想的な景色を演出します。 海のごみを食べてきれいにすることでも知られ、南あわじ市では阿万海岸や伊毘海岸などでよく見られるそうです。 南あわじ市では今後、このウミホタルを集客に繋げていきたいとしています。

外部リンク

cat_173100_issue_ee5c025363b6 oa-suntvnews_ee5c025363b6_2271cf3f0fd2_養父市の特産品 明延鉱山の坑道で日本酒の仕込み 2271cf3f0fd2 0

養父市の特産品 明延鉱山の坑道で日本酒の仕込み

2019年6月27日 10:41 サンテレビニュース

養父市の明延坑山では、坑道で熟成させて作る特産品の日本酒の仕込みが行われました。

日本一のスズの鉱山として知られる養父市の明延鉱山で26日、地元の酒造会社山陽盃酒造が坑道内で日本酒を熟成させて作るための蔵入れ式を行い、関係者が出席しました。

明延鉱山の坑道は年間を通して気温が12度ほどに保たれ、日本酒を醸造するのに適した環境とされ、明寿蔵と呼ばれています。

ここで純米吟醸酒「仙櫻」は半年間、純米酒「明延」は1年間じっくりと寝かされ、人気の高い銘酒へと熟成されます。

26日は、半年前と1年前に仕込まれた仙櫻と明延の蔵出し式も行われ、出席者たちは味の違いを確かめる試飲会を楽しみました。

製造した山陽盃酒造は去年11月の火災で酒蔵が消失し、製造が危ぶまれましたが、蔵入れ式を迎えたことで、関係者たちは胸をなでおろしていました。

明延はこれから1年、仙櫻は半年間坑道内で熟成され、養父市内の酒店などで販売されるということです。

外部リンク

cat_173100_issue_ee5c025363b6 oa-suntvnews_ee5c025363b6_7b62508bdadc_インスタント防災キャッチ~我が家の防災対策 7b62508bdadc 0

インスタント防災キャッチ~我が家の防災対策

2019年6月27日 10:17 サンテレビニュース

もし停電したら…。
通電後の火災や家電の故障を防ぐためにもブレーカーを切り、プラグを抜いておきましょう。 懐中電灯があれば、ペットボトルやビニール袋を使うとランタンのように明るさが増します。

台所のツナ缶が簡易ろうそくに!?
懐中電灯が使えない場合、こんな裏技も!油漬けのツナ缶、そしてこのティッシュで簡易のろうそくをつくります。まずはティッシュを二つに裂き、くるくる巻いて芯をつくります。缶切りなどで缶詰めの真ん中にティッシュが入るほどの穴をあけ、油がしみこむまでしばらくつけておきます。

おっー!つきましたね。結構火力ありますね。しばらくすると、黒いすすが!この煙は…この煙やばいぞ~(カメラマン)思った以上の火力ですね。ちょっと黒いすすが出ますので火災警報器の近くではやらない方がいいですね。黒いすすは最初だけで、しばらく燃え続けました。70グラムのツナ缶で大体24分くらいです。うまくいけば、1時間は持つそうですが、停電直後は ガス漏れの危険があるので火を使わないでください。

停電についてこんな便利なグッズが!まずは、重さ86グラム。とても軽いソーラー充電式のランタンです。非常にコンパクト、薄い形状でポーチとかハンドバッグにもしまえます。こちらは、一般的なLEDの懐中電灯ですがこの裏側はランタンのように使うこともできれば、誘導灯としても使うことができます。

ライトがつく手回し式の防災ラジオやLEDのアウトドア用ランタン。どちらも、携帯を充電できる機能がついています。また、家電に電気を供給できる蓄電器も役に立ちますが、最新のものだと、ガスボンベ2本で!使い方はボンベをセットし運転の位置にします。スロットルを引けば電気が発電できます。

次回のインスタント防災キャッチは 防災アプリ!4時!キャッチのHPからも動画をご覧いただけます!

外部リンク

cat_173100_issue_ee5c025363b6 oa-suntvnews_ee5c025363b6_9b26d8bf1a14_家族以外で、子育てをサポートしてくれる人を探そう! 9b26d8bf1a14 0

家族以外で、子育てをサポートしてくれる人を探そう!

2019年6月28日 10:49 サンテレビニュース

ぜんぶ、みっつ。三つ子の子育て①

三つ子の子育てに必要なものは、ぜんぶ3つ。洋服も、パジャマも、おむつも。おもちゃだって、ぜんぶ3つ必要です。おなかがへるのも、眠くなるのも、泣きたくなるのも、ぜんぶ3つ。ほぼ同時にやってきます。

大変だけど、愛おしさも3つぶん。現在高校生の三つ子の母が、当時の子育ての様子や、いまの三つ子ちゃんをとりまく環境などをいろいろとご紹介します。

赤ちゃんを授かったとき、私はたぶん人生で一番忙しく働いていたころでした。夫と一緒にはじめた小さな会社がようやく軌道に乗りかけて、一緒に働いてくれる仲間たちもいました。仕事をすることがとても楽しいと感じていたので、仕事と育児のバランスをどうするのか、いろいろ悩みました。

どっちかを選ぶなんてできない。そんな私が考えた解決策は、子育てをサポートしてくれるベビーシッターさんを見つけることでした。仕事では妊娠中から動くことを制限されていたため、ふだんの半分程度しか働くことはできません。あとは仕事場のみんなに助けてもらいながら、自分にできるところを担当させてもらって、なんとか仕事をこなしてきました。子育ても、私の足らない部分をサポートしてくれる人がいれば、なんとかなるのでは、と考えたのです。

 知り合いや、行政などいろんな所に声をかけ、双子ちゃんのお宅でベビーシッターをされていたSさんを紹介してもらい、子どもたちが退院後すぐからベビーシッターをお願いしました。

 双子ちゃんの育児経験があるSさんはとても頼もしく、「もうダメだぁ〜」と私が崩れ落ちそうなときも、軽やかな声で笑いながら効率よく家事と育児をこなしてくれました。なにより、頼りにできる人が家に来て育児をサポートくれるという状況に、ずいぶん気持ちが救われていました。

 Sさんがお休みのときには近所のママにもサポートをお願いしました。地元に密着したニュースにも詳しく、児童館の使い方や幼稚園バザーの参戦方法など役立つ情報をいろいろと教えてもらいました。

 子どもを他の人に預かってもらうことに抵抗がなかったわけではありません。泣きながらしがみついてくる3人を振り切って家を出たあと「子どもたちをこんなに泣かしてまで、私が今この仕事をする必要があるのか?この仕事は他の人でもできるけど、母親は私だけなのに、これでほんとうに良かったのか?」と何度も自問自答しました。

 どっちが正しかったのか、今でもよくわかりません。だけど、三つ子がいるけど仕事に行きたいという私をサポートしてくれて、一緒に子育てを手伝ってくれたSさんや先輩ママたちには、感謝の気持ちでいっぱいです。

三つ子の場合、赤ちゃんの間は母親ひとりだと子どもたちと出かけることができず、どうしても家の中で孤立しがちです。私は、家族以外の人が家に来て一緒に子育てを手伝ってくれたことで、子育てについての心配事などを聞いてもらうこともできたし、何より気分が晴れました。

もしも今、子育てで疲れたなぁと感じているママがいたら、まわりを見渡してみて。親身になってアドバイスしてくれる先輩ママやサポートしてくれるボランティアさんが近くで見つかるといいですね。(文:山本美和)

外部リンク

cat_173100_issue_ee5c025363b6 oa-suntvnews_ee5c025363b6_4e89e217cad3_明石市の良さを体感 一風変わった若手職員研修 4e89e217cad3 0

明石市の良さを体感 一風変わった若手職員研修

2019年6月27日 10:39 サンテレビニュース

ことし入庁した若手職員に明石市の良さを体感し、愛着を深めてもらおうと、一風変わった研修が行われました。

三角巾とエプロン姿で集められた新入職員の目の前には「明石だこ」。

明石市では採用1年目の職員を対象に地元漁師などから明石の漁業について学んでもらおうと毎年、地元の海産物を体感する研修が行われています。

26日は明石だこを使った調理実習です。生きたタコを素早く処理する講師の姿を見て顔が引きつる若手職員。そしていざ、実践です。

悪戦苦闘しながらも下処理から調理を進めタコをお湯の中に入れます。足が丸まって赤くなったら完成です。

ゆでダコの刺身にタコ飯と、まさにタコ三昧。 若手職員たちは地元の名産を堪能していました。

若手職員らは研修での学びを生かし、来年、明石だこを使ったオリジナルレシピを考案し、市の魅力発信につなげます。

外部リンク

cat_173100_issue_ee5c025363b6 oa-suntvnews_ee5c025363b6_79239458d6ac_日米首脳会談 安倍首相がサミット成功へ協力要請 79239458d6ac 0

日米首脳会談 安倍首相がサミット成功へ協力要請

2019年6月28日 12:26 サンテレビニュース

安倍総理大臣は28日午前、アメリカのトランプ大統領と大阪市で会談し、G20大阪サミット成功への協力を求めました。

安倍総理大臣は28日午前8時半すぎから、アメリカのトランプ大統領と会談し、冒頭、年号が令和に変わって初めて国賓として来日したトランプ大統領に感謝の気持ちを述べるとともに、G20大阪サミット成功への協力を求めました。

一方、トランプ大統領は「貿易、軍事、防衛装備品の購入について協議したい」と述べました。

会談では軍事的な緊張が高まるイランや北朝鮮の情勢のほか、日米貿易交渉について協議されたとみられます。

トランプ大統領との会談は国賓として来日した先月以来で、4月に安倍総理がアメリカを訪問した時を含めると3カ月連続となります。


外部リンク