cat_387853_issue_drj0pgbb5rf4 oa-shukanbunshun_drj0pgbb5rf4_f82kzoobp0ix_橋本聖子セクハラ常習犯 髙橋大輔にキス強要写真 f82kzoobp0ix f82kzoobp0ix 橋本聖子セクハラ常習犯 髙橋大輔にキス強要写真 oa-shukanbunshun 0

橋本聖子セクハラ常習犯 髙橋大輔にキス強要写真

2021年2月17日 16:00 週刊文春

森喜朗氏の辞任、川淵三郎氏の辞退で混迷極まる五輪組織委員会の会長人事。女性、アスリート出身などの条件から“本命”とされてきたのが、橋本聖子五輪相だ。だが彼女は、自らが取り沙汰されると「荷が重い」と漏らすようになった。背景にはある“事件”が関係しているという――。

7年前のソチ五輪、閉会式後の打ち上げの席だった。日本選手団を率いる団長だった橋本氏は、当時フィギュアスケート日本代表だった髙橋大輔を抱き寄せてキス。しかもそのキスは1回や2回ではなく、執拗に繰り返されたという。髙橋に対する“キス強要”はセクハラと指摘され、騒動となった。

しかし「セクハラ行為」はこれだけではないことが「週刊文春」の取材によって明らかに。男性に限らず女子会でも“キス魔”となり、男性を相手にした“露出癖”もあるというのだ。橋本氏は、男女平等やハラスメント防止を掲げる五輪の舵取りに相応しいのか。組織委員会会長人事の内幕含む全文(6949字)は購入することで読むことができる。

詳細はスマートフォンから