cat_191764_issue_25b9ba610d84 oa-shujoprime_25b9ba610d84_aed2abb1569c_山下智久、ウィル・スミス事務所との“二重契約”のウラに aed2abb1569c aed2abb1569c 山下智久、ウィル・スミス事務所との“二重契約”のウラに oa-shujoprime 0

山下智久、ウィル・スミス事務所との“二重契約”のウラに

2019年10月2日 20:24 週刊女性PRIME

ジャニーさん死去、事務所に駆けつけた山下智久(2019年7月)

 いま、海外発の報道に山下智久のファンが揺れている。

9月20日に、アメリカのエンターテイメント業界誌『Variety』のウェブサイトが山下さんの記事をアップ。海外で活動の幅を広げるために、エンタメ企業『Overbrook Entertainment(オーバーブック・エンターテインメント)』との契約にサインしたという内容でした。ジャニーズに在籍しながら、海外の芸能事務所と契約するのは異例ですよ」(スポーツ紙記者)

 彼が契約した事務所の代表を務めるのが、アメリカの人気俳優のウィル・スミスだ。

'98年に設立され、主に映画製作を手がけている事務所です。山下さんは、ウィルさんと彼の息子のジェイデン・スミスさんと親交があるので、自然な流れといえるでしょう」(同・スポーツ紙記者)

「後輩のために道を切り開いていきたい」


 渦中の山下は現在、日本を離れ、海外に滞在している。

「来年の春に放送予定の日欧共同制作ドラマ『THE HEAD』の撮影のため、今年7月からスペインにいます。ヨーロッパの主要放送局や中南米など23の国と地域での放送、各国の配信プラットフォームでの公開も決定しています。日本からマネージャーも通訳も同行せず、ひとりでロケに取り組んでいますよ」(同・スポーツ紙記者)

 ジャニーズでは異例のことだが、芸能界で仕事のために海外の事務所と契約するケースはある。

ローラさんや木村拓哉さんの娘のKoki,さんも、現地での活動を円滑に行うためにエージェントと契約しています」(同・スポーツ紙記者)

『弁護士法人・響』の坂口香澄弁護士は、日本と海外の芸能事務所には違いがあると指摘する。

海外の芸能事務所というと、エージェントのことをいいます。日本の芸能事務所のようにタレントのマネージメントはせず、仕事の獲得や出演交渉だけを行います。アメリカではタレント個人がエージェントのほか、必要に応じてマネージャーや広報を雇い、自分中心のチームを作るようなイメージですね

 日本では、タレントが事務所に所属しているという考えだが、海外では真逆だ。

エージェントにとってタレントはクライアントの1人で、タレントにとってエージェントは仕事を獲得してくる業者という対等な取引関係です。日本では事務所に仕事のギャラが入って、事務所からタレントに給料を払うのが一般的ですが、海外ではギャラはタレント本人に支払われ、タレントからエージェントに対して、そのうちの何%かを報酬として支払う形になります」(坂口弁護士)

 海外のメディアでは、山下が契約を交わしたのは最近のことだと報じられているが、実は1年ほど前から水面下で話が進んでいた。

昨年3月に、山下さんはジェイデンさんと一緒に『東京ガールズコレクション』に出演しました。そのころから契約に関する話をしていたそうです。山下さんが“ジャニーズで初めてのことに挑戦して、後輩のために道を切り開いていきたい”と話していたことにウィルさんが共感し、自分が代表を務める会社で、彼をサポートしようと考えたといいます」(山下の知人)

 ただ、その後はお互いの仕事が忙しかったのか、具体的に契約が決まったのは、今年の夏ごろだったという。

5月16日に、ウィルさんが映画『アラジン』の舞台挨拶のために来日。何日か日本に滞在している間に、山下さんと会って本格的に話し合ったそうです。当時、彼はTBS系で放送されたドラマ『インハンド』の撮影中でしたが、忙しい合間を縫って着々と準備を進めていたみたいですよ」(同・山下の知人)

ふたつの事務所を使い分け


 海外で、山下のバックアップをするのはウィルだけではない。昨年11月に週刊女性で報じた、彼のアルバム『UNLEASED』の作詞にも関わった音楽プロデューサーのJ氏だ。

Jさんは元KAT-TUNの赤西仁さんを中心とした“赤西軍団”の一員で、一時期は彼のマネージャーとしても働いていました。今回の契約にもJさんが関わっているそうです。彼はウィルさんとも親交が深いので、山下さんの海外の仕事をサポートしたいと考えたのでは」(同・山下の知人)

 異例の“二重契約”にいたった背景には、山下の海外志向の強さがある。

「ジャニーズJr.時代から足しげく海外に行っていましたからね。当初は英語を話せませんでしたが、今では通訳なしで現地のメディアの取材に対応するほど成長しました」(芸能プロ関係者)

 日本でドラマや映画に出演しながら、海外での活動も徐々に増やしていった。

 気になるのは、今後の彼の方向性だ。日本と海外の活動は両立できるのだろうか。

「ここ数年、海外の映画に多く出演していることから、現地での活動が中心になっていくのは間違いないでしょう。ただ、彼は日本での人気も高いので、国内の仕事はジャニーズ事務所、海外ではウィルさんの事務所というふうに使い分けていくのではないでしょうか」(同・芸能プロ関係者)

 7月に恩師であるジャニー喜多川社長が亡くなって以来、たびたび山下がジャニーズを退所するという噂がささやかれているが……。

「5月13日にNHKのBSプレミアムで放送された『ザ少年倶楽部 20周年蔵出しセレクション』で、20周年を記念してジャニーズJr.のプロデュースをすることを発表しました。最近は、Jr.の『美 少年』の楽曲プロデュースに取り組んでいます。大役を任されているので、それを放り出して退所する可能性は低いと思いますよ」(ワイドショー関係者)

 ジャニーズには残るものの、山下は“独立”に向けた青写真を描いている。

最近、周囲に“アイドルという枠にとらわれずに仕事をしたい”と熱っぽく話しているそうです。34歳になり、単に事務所から与えられた仕事をこなすのではなく、自分がやりたい仕事を積極的に取りにいきたいのでしょう。ひとりの役者としてさまざまなことに挑戦したいという気持ちなのではないでしょうか」(同・ワイドショー関係者)

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏は、今回のエージェント契約によって、新たな可能性が広がると話す。

「ジャニーズ事務所ではこれまで海外の事務所と契約して、俳優活動をするケースはありませんでした。ただ、亡くなったジャニー社長はタレントの海外進出も考えていました。今後、山下さんが海外で活躍すれば、その夢に近づくための第一歩になるのでは」

 山下の“二重契約”の件について、ジャニーズ事務所に問い合わせたところ、

当社は、ご質問にございました『Overbrook Entertainment』ではなく『Westbrook Entertainment』(ウィル・スミスさんご家族のマネージメント会社)という会社とアメリカやカナダなどにおける山下智久に関するマネージメントの一部業務委託を行っております

 とのことだった。つまり、現地メディアで報じられていたウィルの事務所ではなく、彼の事務所の関連会社と業務提携したということらしい。

 “世界の山P”になる日もそう遠くない!?

外部リンク

cat_191764_issue_25b9ba610d84 oa-shujoprime_25b9ba610d84_b858cb3bb863_渡部建&佐々木希が秋祭りに参加、完全防備の “慎重参拝” と謎の私生活 b858cb3bb863 b858cb3bb863 渡部建&佐々木希が秋祭りに参加、完全防備の “慎重参拝” と謎の私生活 oa-shujoprime 0

渡部建&佐々木希が秋祭りに参加、完全防備の “慎重参拝” と謎の私生活

2019年10月2日 20:24 週刊女性PRIME

'19年、都内の秋祭りに参加した渡部建・佐々木希夫妻

 運気急上昇のパワースポットとして名高い、都内のとある神社。ここで9月下旬の2日間、毎年恒例の秋祭りが開催されており、今年もご利益を求めて多くの有名芸能人たちが訪れていた。  

 初日の午後に、子ども2人と夫と訪れていたのは土屋アンナだ。

「この周辺は広い公園もあって子育てしやすい環境ですからね。芸能人も多く住んでいるんです」(近所の住民)

 取材を続けると、青木崇高と優香夫妻、勝村政信とその妻子など芸能人ファミリーに次々と遭遇。なお、独身ではあるがお酒に酔って上機嫌の荒川良々の姿も。2日目に目撃したのは、帽子とマスクで完全防備するアンジャッシュの渡部建と佐々木希夫妻だ。

謎に包まれた結婚生活


 渡部はベビーカーを押しながら、佐々木は子どもを抱えて境内へ。周囲に気づかれないよう慎重に参拝へ向かっていたが、境内の長い行列に並ぶのを諦めたのか、列の脇から出て、社に向かって遠巻きに手を合わせていた。

「ふたりの結婚生活は謎に包まれていて、お互い趣味の写真ばかりSNSに投稿しています」(同・スポーツ紙記者)

 夫婦で同じ写真を投稿しないかわりに渡部が積極的にアップするのは、食事にまつわる写真だ。

「渡部さんは食にまつわる本の出版や、会員制グルメコミュニティーサロンを運営するなど大の食通で知られています。日々の食べ歩きを綴ったブログは月間250万アクセスを超えるそうですよ」(芸能プロ関係者)

 '09年には、ウェブのインタビューでこんな発言を。

僕は自炊をまったくしないんですが、食べることは大好きなんです。おいしいお店を人から聞いたり、人に教えたりするのも大好きで、旨かった店は自分のブログにのせて楽しんでいます

 料理の味にはうるさい渡部。さぞかし佐々木は日々の料理作りに苦労しているだろうと思いきや、

佐々木さんは渡部さんと出会ってすぐ料理教室に通い始めました。胃にやさしい和食や実家の秋田から送られた食材を使って料理をふるまい、渡部さんを喜ばせたそうですよ」(ファッション誌関係者)

 自炊には無頓着だった渡部だが、子育てで忙しい佐々木のために自分の食事は自分で作るようになったんだとか。

「渡部さんが自炊に目覚めたきっかけは、自身がプロデュースしているミールキット『O』のおかげだそうです。献立のための食材が一式そろっていたり、旬の厳選素材などが定期的に1つの段ボールで届くサービスなので、材料を買う手間がかからないんですよ。料理へのハードルが下がったことで興味を持てるようになったんです」(前出・芸能プロ関係者)

 これを機に、男性向けレシピ本や子どもの食育本を作ることになったりして。

外部リンク

cat_191764_issue_25b9ba610d84 oa-shujoprime_25b9ba610d84_4ddda776fccf_皇室ご一家の“スポーツの秋”秘話 4ddda776fccf 4ddda776fccf 皇室ご一家の“スポーツの秋”秘話 oa-shujoprime 0

皇室ご一家の“スポーツの秋”秘話

2019年10月2日 20:24 週刊女性PRIME

ご結婚の年の’90年8月、ご静養先の軽井沢でテニスを楽しまれる紀子さま(当時23歳)

 “スポーツの秋”は皇室の方々にとっても大切な季節。テニスやスキー、山登りなどを通じて国民と交流されることで、皇室がより身近な存在になるからだ。

 毎年恒例の「国体」も始まる中、各皇族方のスポーツに関するマル秘エピソードを掘り起こしてみると―。

令和初の『国民体育大会』


「天皇・皇后両陛下は、9月28日から1泊2日の日程で、令和初の『国民体育大会』の開会式などに出席するため、茨城県を訪問されました。

 28日の開会式では、陛下がおことばを述べられ、29日には卓球の試合をご覧に。今回の移動では、菊の紋がついた皇室用の特別車両である『お召し列車』が使われました」(皇室担当記者)

『国体』は、両陛下が特に大切にされている公務“四大行幸啓”のひとつ。

 毎年、国体には各皇族方がご臨席していて、今回も10月には秋篠宮家の長女・眞子さまもフェンシングの試合をご覧になるほか、各宮家の女王殿下らも茨城に足を運ばれる予定。

 多くの皇族方が『国体』に出席される理由を、宮内庁ОBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんに聞いた。

健康的な身体づくり


「『国体』は戦後、スポーツ振興などを目的に始まった行事ですが、『植樹祭』とともに昭和時代の二大地方行幸啓のひとつでした。

 戦後の御巡幸という特別な地方ご訪問もありましたが、国体と植樹祭はその後の地方行幸啓の“原点”といってもいいでしょう。そういった経緯もあり、皇室では国体を重要な公務と位置づけていると思います」

 国体の観戦もさることながら、皇室ご一家は普段からスポーツをたしなまれている方が多い。

 とりわけ、天皇ご一家は、スポーツが大好きなご家族。

「ご一家でテニスやスキー、登山などを定期的に行われています。


 陛下はジョギングを日課とされているのですが、上皇さまの退位が決定してからは、海外の要人が来日した際に行われる晩餐会以外での飲酒をいっさいやめて、健康的な身体づくりに励まれているんですよ」(宮内庁関係者)

 雅子さまもスポーツ万能で、中学と高校時代にはソフトボールで大活躍されていた。

「田園調布雙葉学園中学には、ソフトボール部がなかったのですが、雅子さまが中心となってソフトボール部を作ってしまったんです

 夏休みには、雅子さまの提案で、お金をかけないように学校に泊まりこんで合宿したこともありましたね

 クリーンナップを任されながら、強肩を生かしてサードを守られるなど攻守の要。バッターボックスに立たれると“絶対に打ってくれる!”という信頼感がありました。

 当時、巨人ファンで高田繁選手に憧れていらっしゃったので、同じ“8番”の背番号をつけていらっしゃいましたよ」(中学時代のソフトボール部のチームメート)

 雅子さまがチームを引っ張り、世田谷区大会で優勝まで果たしたそう。さらに、高校でアメリカの『ベルモントハイスクール』に進学した際も、ソフトボール部で4番を任されていたそうだ。

 そんなおふたりがご両親である愛子さまも、負けず劣らず、運動神経に秀でているエピソードをお持ち

バスケをやってみませんか?


「元プロテニス選手からアドバイスを受けられた際、飲み込みが早く、すぐにパワフルなフォアハンドを打てるようになったそうです

 身体も柔らかく、スポーツも得意で、御所内では職員を交えてバドミントンやソフトボールを楽しまれているそうです

 ただ、愛子さまのいちばん好きなスポーツは“バスケットボール”なのでは


 そう侍従職関係者が話す理由は、愛子さまの学習院初等科時代に原点があるそうで。

「一時期、学校を休みがちになっていた愛子さまに、学習院のとある先生が“バスケをやってみませんか?”と声をかけたのです。

 その誘いもあって入部した愛子さまは、どんどんバスケにのめり込まれたそう。自然とコミュニケーションをとるスポーツなので、いつの間にか友達も増え、学校に通うのが楽しくなったそうです

 初等科を卒業する際に、部活のみんなで先生に感謝のメッセージを送ったところ、先生がとても感動してしまうほど、素晴らしい内容だったそうですよ」(同・侍従職関係者)

 9月28日に、学習院女子中・高等科で行われた運動会でも、愛子さまは大活躍だったそうだ。

テニスコートで運命の出会いを


 一方で、上皇ご夫妻も、お若いころからテニスを愛され続けておられる。

 現在はご高齢のため、プレーされることはほとんどないようだが、思い出深い都内のテニスコートには、たびたびお忍びで足を運ばれている


「天皇家の方々は、みなさんテニスをおやりになります。上皇ご夫妻も軽井沢でのテニストーナメントで運命の出会いを果たされましたし、秋篠宮ご夫妻もやはり、お若いころからテニスをプレーされているイメージは強いですね

 秋篠宮さまは学生時代からお強く、紀子さまは帰国子女だったので、現地でテニスをプレーされていたそうです。

 ご結婚当初から、軽井沢でのご静養中に仲睦まじく、おふたりでテニスをされているお姿が思い出されますね

 そう話すのは、皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさん。

 特に、学生時代の美智子さまの実力は“折り紙つき”。

「美智子さまは学生時代に、テニス部に所属されていましたが、当時、関東でのランキングでダブルスが2位、シングルスでは4位という優秀な成績を収められたのです。 


 その裏には部活動以外にも、東京・自由が丘にある『加茂コート』で元デビス杯選手による個人レッスンも受けておられていて、とてもお上手だったんですよ」(渡邉さん)

 上皇ご夫妻と同じく「秋篠宮ご夫妻もテニスが達者でいらっしゃる」と話すのは、宮内庁OBのひとり。

「秋篠宮さまが中学生のとき、東京都テニス大会に出場されたのですが、ベスト8に進出するほどの腕前でいらっしゃいました。どちらかというと、クセ球で相手を翻弄する戦術でしたね

 スマッシュを決められても、対戦相手には称賛の言葉を送られるなど、紳士的な姿勢で感心したことを覚えています

 紀子さまは、高校1年生からテニスを始められ、ご結婚後は静養先などで殿下とプレーされていました。攻撃型というより、美智子さまと同じように、何度打っても必ず打ち返される“粘り”のプレースタイルでしたよ

眞子さま、スキー検定1級を取得


 秋篠宮ご夫妻だけではなく、お子さま方もスポーツに精通されている。

 眞子さまは、高校と大学時代にスキーに熱中されていた。高校時代、同じスキー部に所属していた同級生の女性が、眞子さまの腕前を語る。

「当時のスキー部は、春夏にランニングやドッジボールなどを行って基礎体力をつけ、クリスマスの時期に群馬県にある『丸沼高原』で、合宿をしていました。

 合宿では能力別にクラスが分けられ、眞子さまは最初は普通クラスだったのが、高校3年生のころにはとても上達されて『全日本スキー連盟(SAJ)』のスキー検定1級を取得されていました

 1級は、高校生で取得できる中でいちばん難しいもので、この上になると準指導員の資格になるんですよ」

 別の同級生女性も、眞子さまの運動神経のよさが印象強く残っているという。

「休み時間になると、中庭でバレーボールをおやりになっていたり、全校生徒が闘志を燃やす“運動会”では、フラフープを縄跳びのようにして走る『わっかでポン』という競技で、先頭走者やアンカーを任されるなど、運動神経が抜群でいらっしゃいました」

佳子さまはセクシーなダンスを披露


 次女の佳子さまは、小学2年生からフィギュアスケートを始められ、小学5年生時と中学校に進学する直前に出場された大会では、優勝されるほどの実力をお持ちだった

当時の佳子さまは、大会に向けて一生懸命に練習に取り組まれ、早朝の練習に紀子さまが同行されていたこともあり、優勝された際にはおふたりとも、大きな喜びに包まれていましたね

 しかし、中学3年生のころから徐々にフィギュアの練習時間が減ってしまったそうで、その後は“ダンス”に夢中になられていきました」(秋篠宮家関係者) 


 高校1年生と2年生のときの学習院女子高等科の学園祭『八重桜祭』では『KYS』というダンスグループを結成し、セクシーなダンスを披露され会場を沸かせていた

「学習院大学に進学された際に、『N』というダンスサークルに体験入部されるも、皇族というお立場上“迷惑がかかるかもしれない”ということを心配されて、入部を断念されました。

 その後に編入された国際基督教大学(ICU)のダンスサークル『S』に、1度は入会されましたが、同じ理由で退会されてしまったのです。

 ただ、佳子さまのダンスへの思いはお強く、一時期、東京・町田市内のダンススクールに通われ、身分を明かさずに大会に出場し、ヒップホップダンスを披露されたこともありましたね」(同・秋篠宮家関係者)

 '17年9月から英・リーズ大学に留学された際は『パフォーマンス文化産業学科』で、主に舞台芸術や舞台運営を学ばれるなど、パフォーマンスへの熱い思いを人一倍、お持ちなのだ。

 令和初の“スポーツの秋”で、皇室ご一家がより一層、躍動されることを期待したい。

外部リンク

cat_191764_issue_25b9ba610d84 oa-shujoprime_25b9ba610d84_1ce26c483f3e_錦戸亮、スマートすぎるソロデビューを成功させた「渋谷すばるの失敗例」 1ce26c483f3e 1ce26c483f3e 錦戸亮、スマートすぎるソロデビューを成功させた「渋谷すばるの失敗例」 oa-shujoprime 0

錦戸亮、スマートすぎるソロデビューを成功させた「渋谷すばるの失敗例」

2019年10月2日 20:24 週刊女性PRIME

バイク教習中の錦戸亮

 関ジャニ∞の錦戸亮がジャニーズ事務所を退所する9月30日。ツイッター上はファンからのコメントで溢れかえっていた。

「不器用すぎる亮ちゃん、さみしいけど行ってらっしゃい!」

「一生分の恋をありがとう」

「門出の日 これからの未来に幸あれ」

 涙のツイートでタイムラインは大洪水。そのムーブメントは《「錦戸亮に感謝の気持ちを伝えたい」みなさん》というかたちでトレンド入りし、一時は世界ランキング入りするにまでの盛り上がりをみせた。感謝と惜別の念が日本中を席巻したわけだ。

 しかしである。その翌日の10月1日にネットニュースの記事に衝撃的タイトルが踊った。

《錦戸亮、突如YouTubeアカウントを公開!RYO NISHIKIDO公式ホームページ&SNSもスタート》(『Qetic』)

 ……いやいやいやいや、切り替え早くない? あまりにジェットコースターな活動ぶりに関ジャニファンの情緒がどうにかなってしまわないか心配だ。“亮ちゃん”との涙のお別れをした翌朝、起きてみたらRYO NISHIKIDOがいきなりデビューしているんだもの。なんて日だ! だろう。

心の準備ができたから……


 突如として公式HP、ツイッター・インスタグラム・YouTubeアカウントを開設(動画が公開されたのはなんと日付が変わった瞬間)したかと思えば、1日の午後にはアルバムリリース、全国ツアーの開催、ファンクラブオープンなどの情報も解禁。

 あまりに情報がてんこ盛りすぎて消化しきれない。カツカレーにハンバーグ、唐揚げ、カキフライをトッピングしたみたいな“全部乗せ”状態である。

 インスタ初投稿の写真では、

《この日の為に色々準備しなきゃなって考えてました。出来る限りの事はしたつもりです。予想外のことも沢山あるでしょうが、楽しく笑って超えていきたいと思います》

 との文言とともに、とびっきりの笑顔をみせていた。

 さぞファンは動揺しているのだろう……と思いきや、インスタのコメント欄は歓喜のエールで埋め尽くされていた。YouTubeアカウントも登録者数をめきめきと伸ばし、アップした動画は急上昇アクセスランキング1位を獲得。ロケットスタートにもほどがある。なぜファンの怒りを買わずに済んだのか。

 そのウラには、かねてから週刊誌等に“脱退を決意”したことを報じられ続けてきた背景がある。

時代にマッチしたスピード感


《激震スクープ 錦戸亮“脱退”で関ジャニ崩壊危機 錦戸退社へ「もうアイツとはやれない」グループ内孤立》(『週刊文春』3月14日号)

《関ジャニ∞・錦戸亮 メンバーに語った「脱退」本当の理由 “最後のドームツアー”前に決意》(『女性セブン』4月4日号)

 これらの記事がネットニュース化するたびに、ファンは少しづつ“その日”を迎え入れる諦念にも似た心構えと、耐性がついていったのではないか。そして、実際に9月5日に正式にジャニーズ退所が発表されてからは、“毎日がカウントダウン”だったわけだ。

 だからこそ、ジャニーズ最後の日にツイッターで《錦戸亮に感謝を伝えたい》というムーブメントが起こったのかもしれない。日が昇るのさえ待ちきれずに発表されたHP開設も、気持ちを整理するゆとりがあったからこそ、切り替えることができたと考えられはしないだろうか。

 それに比べて、同じくソロになった渋谷すばるの引退劇はあまりに唐突だった。

 '18年4月に『FRIDAY』に脱退間近とスクープされた2日後、急遽、記者会見を開いての脱退宣言。ほかの週刊誌も当時は大慌てだったのだろう、そろって“後追い記事”の取材にてんやわんやだったし、何よりファンが受けた衝撃は計り知れないものだったはずだ──。

 その点、錦戸は“2人目”ということで多少免疫もついているし、事前に「脱退か?」の報道が出まくっていたため、いざ退所となっても「やっぱりか……」あたりでダメージを食い止めることができた。変に記者会見も開いたりもしない。

 なにより退所で世間を騒がせた(バズった)その翌日に、ネットやSNSを一斉に開設するという“今の時代にマッチしたスピード感”にも舌を巻いてしまう。インスタで《この日の為に色々準備しなきゃなって考えてました。出来る限りの事はしたつもりです》と言い放つだけのことはある。

 かたや、錦戸ソロデビューのウラでもうひとつのソロデビュー劇が幕をあけていた。1月に初となるアルバム発売を自身のラジオ番組で公にしたジャニーズの大先輩・木村拓哉である。

 B’zの稲葉浩志、槙原敬之、森山直太朗が楽曲提供するという超ド派手なアルバムなのだが、こと“宣伝力”という点において、SNSをこれでもかと活かし倒した錦戸に差をつけられた感が否めない。

 世間の人がどれだけ知っているかわからないが、キムタクは『微博(ウェイボー)』という中国版ツイッターのアカウントを開設し、日本人には馴染みのない中国語を使ってファンにメッセージを発信している。ある週刊誌よれば“中国進出を視野に入れて”のことだそう。

 そんな彼がソロデビュー発表の2日前に投稿していたのが、『泉ピン子から差し入れられたメンチカツバーガー』の写真と、《謝謝!》という感謝の言葉──。

 彼は中国のファンに対し、いったい何を発信しようとしているのか。

〈皿乃まる美・コラムニスト〉

外部リンク

cat_191764_issue_25b9ba610d84 oa-shujoprime_25b9ba610d84_d0dad7f32521_木村拓哉、俳優でなく「歌手デビュー」だからこそ露呈してしまう“本当の実力” d0dad7f32521 d0dad7f32521 木村拓哉、俳優でなく「歌手デビュー」だからこそ露呈してしまう“本当の実力” oa-shujoprime 0

木村拓哉、俳優でなく「歌手デビュー」だからこそ露呈してしまう“本当の実力”

2019年10月2日 20:24 週刊女性PRIME

木村拓哉

 木村拓哉が“ソロ歌手”デビューするという。

 9月29日に自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で、'20年1月にオリジナルアルバム『Go with the Flow』がリリースされると発表された。

 同アルバムは、B'z・稲葉浩志、森山直太朗、槇原敬之、いきものがかり・水野良樹という、錚々(そうそう)たる顔ぶれのアーティストたちが楽曲を提供する超豪華盤だ。

 すでに楽曲は完成しており、現在はプロモーションビデオの撮影が進んでいるという。

 意外なことに木村はこれまでソロで歌手デビューしたことは1度もなかった。だが、マスコミの中ではSMAPが解散した後から、俳優1本だけでなく、歌手としても活動するのではないかという噂が出ていたのは確かだ。

 SMAP解散直後は“裏切り者”と呼ばれるなどして大バッシングを浴びた木村。イメージダウンを避けることはできず、離れていったファンもいたというが、解散騒動も完全に沈静化したかに見える今、徐々に人気も回復しているようだ。

歌手デビューは一種の“賭け”である


 今期の月9『グランドメゾン東京』(TBS系)が間もなくスタートするし、'20年の新春にはフジテレビ開局60周年特別企画として2夜連続のスペシャルドラマ『教場』が放送される。さらに'18年に放送された『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の続編も予定されているというから、“俳優業”の方は順調と言っていいだろう。

 ならば、この先俳優業1本で行けばいいと思われるのだが──。

 今回のアルバムは木村がパーソナリティーを務めるラジオ番組にゲスト出演したアーティストの後押しや、リスナー、ファンの強い希望があって実現したところがあったという。SMAP時代はもちろん主軸は音楽だったわけだから、彼自身も歌うことに関してはやぶさかではないはずだ。

それでいうと今回のアルバムは楽しみですね。名だたる腕利きのアーティストたちが全力投球で楽曲制作に取り組んでいると聞きました。木村さん本人とも緊密に打ち合わせを繰り返しているみたいです。なにせ“あの木村拓哉”のデビュー作ですからね」(音楽誌ライター)

 だが、それは同時に、彼にとって大きなプレッシャーともなる。これまで「主演ドラマ(映画)が大コケ」なんて批判を食らったこともあったが、ドラマや映画の場合は「脚本」「上映規模」「作品テーマ」「題材選び」など、さまざまな要素が絡み合っているので、一概に“キムタクの責任”とは言えない部分があった。

 しかし、アーティストの成功はまた違った基準で測られる。

音楽の最大のヒット要因といえば、やはり曲と歌い手、このふたつ。今回、曲作りを手がけるのは超一流のヒットメーカーたちなので、あとは“歌い手”にかかっている部分が非常に大きい。なので、今回は稲葉さんの声がけやファンたっての希望で実現したかたちですが、木村さんにかかるプレッシャーは想像以上に大きいのではないでしょうか。

 アルバムの売り上げの数字が、それが木村さんの人気を如実にあらわしてしまうわけですから。今さら危険を冒す必要もないだろうと言う声があるのも事実です」(芸能プロ関係者)

 ソロ活動の開始は木村の今後を占う“試金石”だと報じている雑誌もあったが、これは“試金石”以上に大きな“賭け”だろう。

 46歳の初挑戦は吉と出るか、それとも――。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>

◎元フライデー記者。現在も週刊誌などで取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

外部リンク

cat_191764_issue_25b9ba610d84 oa-shujoprime_25b9ba610d84_8d62db6217db_水川あさみと窪田正孝の結婚を後押しした“新婚芸能人” 8d62db6217db 8d62db6217db 水川あさみと窪田正孝の結婚を後押しした“新婚芸能人” oa-shujoprime 0

水川あさみと窪田正孝の結婚を後押しした“新婚芸能人”

2019年10月2日 20:24 週刊女性PRIME

水川あさみ

《互いに人としても役者としても尊敬する気持ちが強くなり共に手をとり生きていきたいと約2年の交際期間を経て結婚に至りました》

 9月22日、水川あさみ(36)と窪田正孝(31)は、連名で結婚を発表。冒頭にあるように結婚の決め手となった道のりを明かしたが、実は水川の背中を押した人物がいるという。

「もともと結婚願望が強くなかった水川さんが窪田さんとのゴールインに踏み切れたのは、彼女の親友の結婚が大きく影響しているようです」(芸能プロ関係者)

 ふたりは'17年放送のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)での共演をきっかけに交際がスタート。水川は彼のことを隠すことはなかったという。

「仲のいい森矢カンナさんや吉高由里子さん、山田孝之さんとの飲み会の場に、窪田さんを連れてきて紹介していたようです。お付き合いが始まったころから、“友人公認”のオープンなカップルでした」(同・芸能プロ関係者)

 一部の週刊誌で交際が報道されると、その関係はより大っぴらになっていき、さまざまな場所でツーショットが目撃されるように──。

今年1月に結婚した親友


 昨年5月には、都内の大型商業施設内にある高級セレクトショップで、こんな姿がキャッチされていた。

「店に現れた水川さんが、なぜか終始、不機嫌でした。窪田さんが機嫌をとるためにちょっかいを出すと、“触らないで!”と怒られていましたね(笑)」(目撃した女性)

 昨年8月には、“ジムデート”を重ねるふたりの姿も目撃された。

「身体を鍛えることが好きな窪田さんが、先にキックボクシングのジムに通い始めたのがきっかけで、水川さんも入会したようです。すると彼女のほうがハマってしまい、自分専用のグローブを持つようになったとか。ふたりで一緒にエクササイズもしていましたよ」(ジムに通う女性)

 そんな中、今年1月、水川の親友がゴールインした。

ベッキーさんがかねてより交際していたプロ野球・巨人の片岡治大2軍コーチと結婚したんです。彼女は信用できる知人から順番に結婚報告をしていったそうですが、当然、親友である水川さんにも伝えられたそうです」(前出・芸能プロ関係者)

 すると、水川の心境に変化が表れた。

結婚を羨ましがるような発言が多くなっていきました。親しい友人には“私も結婚したいな……”と漏らすように」(水川の知人)

 窪田との交際中、周囲からは“エール”を送られていたという水川。ベッキーの結婚が思わぬファインプレーとなったようだ。

外部リンク

cat_191764_issue_25b9ba610d84 oa-shujoprime_25b9ba610d84_a9797d2b954f_SNSで動画3000万回再生超えの「末吉9太郎」に迫る a9797d2b954f a9797d2b954f SNSで動画3000万回再生超えの「末吉9太郎」に迫る oa-shujoprime 0

SNSで動画3000万回再生超えの「末吉9太郎」に迫る

2019年10月2日 20:24 週刊女性PRIME

末吉9太郎(CUBERS) 撮影/齋藤周造

「アイドルオタクアイドル」として、アイドルのオタクのモノマネをSNSにアップするたび、“いいね”の数が1万超え。オタク用語である「マウント」「病んだ」「沸いた」などを多用した動画の再生回数は3000万回を突破し、ネット上では大きな話題に。そんな末吉9太郎さん(26)に、不思議な名前の由来から動画が生まれたきっかけを聞いてみた。

――いま、Twitterを中心にSNSでは9太郎さんの「オタクあるある動画」がとても話題です。“末吉9太郎”というお名前の由来から教えてください

 所属しているグループが『CUBERS』っていうんですが、ステージデビューが1週間後に控えているタイミングで名前が決まっていないのは僕だけだったんですね。そんな中、事務所のエラい人に「お前は末吉9太郎だ。“きゅう”は数字の“9”だ!」って言われたんです。正直、“マジか、この人頭おかしいんか”って思ったんですけど、そのときは言い返すことができず……。

 だってほかのメンバーは名字もついていないし、自分なんか名前に数字が入ってるんですよ。これはヤバすぎ。誰も止めなかったのなら、ここはヤバい大人しかいない、って思いました。偉い人たちがいないところで、メンバーに「9太郎って何? ヤバくない?」って言ったら、みんな自分のことじゃないから面白がってて。

――特別な意味が込められているんでしょうか……

 まあ、本名に近いところはあります(笑)。最初こそ本当にヤバいとしか思ってなかったんですけど、マネージャーさんが偉い人に何回も何回も名前案を送って、やっと決まった名前ってのをあとで知りました。

 今は“9ちゃん”って呼んでもらえるし、僕、構ってちゃんだから、自己紹介すると「この名前何〜?」って聞いてもらえるからうれしくて! “9太郎”って調べたら僕しか出てこないから、エゴサ(エゴサーチ)もしやすいですし!

――9太郎さんがTwitterにあげている動画、数十万回再生は当たり前になっていますが、ネットでの反響をどう受け止めていますか?

 オタクの人たちが見て、広めてくれているのってすごくうれしいです。

――そもそも、動画をあげはじめた理由は?

 もともと、いろんな動画を毎日あげていたんです。今の「オタクあるある」とはまったく関係ないものだったんですけど、ある日ネタに困っちゃって、“あっ、ファンの人のまねしよう!”って思って何となくあげたら、めちゃくちゃ反響があったのでそこから続けて今に至ります(笑)

――『公式からの突然の「大切なお知らせ」に取り乱すオタク』や、『前日の夜に誘われて遠征するオタク』など、動画のネタが細かく、観察眼が鋭いですね

 僕自身がアイドルオタクっていうところも大きいと思います。人によっては、バカにしてるとか感じたり、意見は賛否両論あると思うんです。でも僕は言いたい! とっても愛を持ってやっています! 好きなアイドルのためにマウントをとっちゃったり、我の強さが出ちゃったり、オタクって可愛いなって本当に思ってるんです!

 僕、エゴサをめちゃくちゃするので、動画の反響もリアルタイムで見てるんですよね。“今回のいいね数、過去最強じゃない?”とかガッツポーズしながら(笑)。普通、アイドルはこんなことしないですよね。

8年間で受けたオーディションは100社以上


――9太郎さんは「アイドルオタクアイドル」とのことですが、アイドルを好きになったきっかけは?

 小さいころからモーニング娘。さんが大好きで、モーニング娘。になりたいって本気で思ってたんですけど、中学生のときに、モーニング娘。の募集要項が「女性のみ」って気づいちゃって。“え、僕モーニング娘。になれないじゃんヤバ!”って。でも、モーニング娘。になれないとしても、アイドルにならなきゃと思い、中2からオーディションを受けはじめました。


――それから8年間、オーディションを受け続けたと

 そうなんです! 8年間ずっとオーディションに落ち続けました。むちゃくちゃ受けたんですよっ、同じところでも何回も! そのときに見てくれる審査員が違えば可能性あるかもって思って(笑)。何でこんなに可愛いのに落とすの? 僕、こんなに原石だけど? って思ってたから、オーディションに落ち続けても落ち込みはしなかったですね。

――その根気強さが今につながっているんですね

 いま思えば、モーニング娘。が好きなんだから、オーディションでの歌唱審査でも『LOVEマシーン』とか歌えばよかったのに、普通ぶって流行りの曲とか歌ってました。モーニング娘。の曲を歌ってればもっと目立てたのに! あ、ちなみに当時歌ってたのはflumpoolさんの『君に届け』とか(笑)。

――アイドル以外の道に進もうと考えたことは?

 本当にないです! アイドルになる自分しか想像していなかったし、アイドルにならないと幸せになれないとまで思ってましたから。僕、幼稚園のころからずっと友だちがいなくて、カバンとか蹴られたり、めっちゃいじめられてたんですよね。でも、メジャーデビューが決まったときに「おめでとう」とか「すごいね!」とか連絡きましたね〜……。ふざけんなよって思って、既読もつけないまま削除しちゃいましたけど!!

――9太郎さん、いろんな意味で強い!

 ふふふ。僕、かなりひねくれてるんでっ!!

――アイドルとしてのポリシーや、座右の銘は?

 ステージにいるときは絶対に隙を見せないこと。オタクの人って、ステージからハケる本当に最後の瞬間までちゃんと見てるじゃないですか。僕も絶対そうだし。だから、気は抜かないです。

 座右の銘は「下には下がいる」かな! 上には上がいるって言いますけど、下もいる。そう思ったら安心できません? これって性格悪すぎるかな(笑)


末吉9太郎◎1993年7月28日生まれ。2019年5月にメジャーデビューした5人組ユニットCUBERSのメンバー。自身もアイドルとして活動しながら、現在でも休日はアイドルの現場に足を運び握手会などにも参加。TwitterやTikTokなどのSNSに投稿する「オタクあるある動画」は3000万回再生を突破。10月9日にはCUBERSのセカンドシングル『妄想ロマンス』が発売。

■Twitter(@cubers_9taro)


<取材・文/たかはしもも子>

外部リンク

cat_191764_issue_25b9ba610d84 oa-shujoprime_25b9ba610d84_e4fbd4a8062d_母2人の家族が「大丈夫?」「かわいそう」の声に思うこと e4fbd4a8062d e4fbd4a8062d 母2人の家族が「大丈夫?」「かわいそう」の声に思うこと oa-shujoprime 0

母2人の家族が「大丈夫?」「かわいそう」の声に思うこと

2019年10月2日 20:24 週刊女性PRIME

中村キヨさん

 レズビアンの家庭と聞いたら、どんな様子を思い浮かべますか? 答えを先に書いてしまいますが、ふつうです

 (ちなみに私の“ふつう”は「みんなと同じ」とか「多数派」とか「LGBTは全員こう」という意味ではなく「あなたと違う部分もたくさんあるだろうけど、当たり前に存在しているもの」ぐらいの感覚です)

世界を侵略!   ……は、しません


 私は『LGBT』という分類で言うならL=Lesbian、女性同性愛者で、G・B・Tとして生きた経験はありません

 私が同性の家庭づくりについてしゃべる目的は、男女の伝統的な夫婦の形をブッ壊してLGBTを増やして権利を乱用して世界を侵略だ! くくく……みたいな陰謀ではないのでご安心ください。

 願うのは“人とちょっと違うかもしれない形で幸せな人生を送ろうとしたときに、誰かの感情によって阻止されないこと”です。

「哀れな人生だった」?


 1人目の妻は、結婚には積極的な反面、子どもは欲しがらない人でした。老後はひとりになるだろうからと施設へ払うお金を学生時代から貯蓄していたほどです。私たちは伴侶同然の生活になったころに「妻」と呼び合うようになりましたが役所や法律に裏づけられた関係ではありませんから、書類上は他人です。 


 おまけに妻は同性愛者であることを隠していましたから、私たちの関係を把握しているのも妻の親友たちだけ。妻の両親には認められていません

 妻が30代を過ぎたころに血管障害で亡くなったとき、友達のフリをしてお線香をあげに行くと、本物の親族とおぼしき人に「お嫁にも行けなかったし子どもも産めなくて哀れな人生だった」と、人生を評されていました

 後年、子持ちの女性と再婚した私は「同性愛は少子化に拍車をかける・生産性がない」という攻撃を受け流せる強い立場にありますが、わが家とは別のところに同性愛者を狙撃したはずの流れ弾で胸が張り裂けたご夫婦もいたはずです。選択的に子どもを持たない夫婦や、不妊治療に耐えている夫婦も

 私は「子どもを育てて一人前」という裁きが嫌いです。育児は大変で、いたわられるべきことです。でも、子どもは誰かの上に立つための勲章ではありません。

 今でも「妻は哀れではありません、子を産まない人生に納得していました」と言い返したくなりますが、それでも「産めばわかる」という無敵の論法で切り返されたらどっちみち話は強制終了です。

 妻の矜持(きょうじ)は静かにそばに置いて、子がある人にはある人の、ない人にはない人の、お互いに勝つことも負けることもしない、くらべられない尊厳があることは語り続けたいと思います

産んでも産まずとも何か言われる


 2人目の妻には妻の産んだ子が3人いて(本人が性別に違和を感じたら改めますが、いま把握している限りでは)全員、男の子です


「産めなくて哀れ」と評された妻とは真逆で、こちらの妻は「夫もいないのに産んじゃってどうする気か」と後ろ指をさされました。息子たちが大きく育ってからは「家族でちゃんと血がつながっていないなんて子どもがかわいそう」の方向で問われます。

 シングルペアレントの方々が受けるのと同種の言葉も聞きます。例えば「父親のいない家庭って大丈夫?」とか「父親と母親がそろっていなくてかわいそう」とか。

 さて、では、父親のいない家庭って本当に大丈夫なのか、家族で血がつながっていないのは本当にかわいそうじゃないのか。

 ……ナント! 正直、わかりません


 男女で育児する人たちでさえ、子どもにとってよい親になれるか? 何が子どもの幸せ? と迷いながら育てるのですから、男女そろって育てれば幸福! という単純な話ではないでしょう。

 子どもが「この家に生まれたのを恨む」と言えばそれが答え。「幸せ」と言えばそれが答え。子どもの真意を無視して妻や私や世間が「大丈夫」と答えていいことではありません。子どもが育児の採点結果をくれるのは、ずっとずっと先ですから、今はわかりません。

 私にできることは妻子が人生を悔やまない家庭をつくる努力をすること。それは、今は、妻子と私のためです。これを私が「世のため人のため」とのたまうならきれい事の盛りすぎ、という感じですが、でも、今LGBTに批判的な大人が“普通の家庭”で育てた子が、実はLGBTのいずれかかもしれません

「幸せな家庭をつくっていい」という肯定感を



うちの子がLGBTじゃなくてよかった

 という親の言葉に顔色ひとつ変えず耐える当事者もいます。夫婦仲よしの家庭で育てた子が将来、シングルペアレントになるかもしれません。親になれない・ならないかもしれません

 それがたとえ「マイノリティーを認めない!」と主張する人のもとに生まれた子だとしても、等しく「幸せな家庭をつくっていいんだ」という肯定感を持って育ってほしいと思うのです

 幸せになったマイノリティーの家庭はたくさんあるという小さな史実の数々は、次の世代のためにも残しておきたいし、みなさんの近くに今は“変わった人”がいなくても、子どもや孫の世代にはいるかもしれません。そのころには、

どんな生き方を選ぶ子どもが生まれてきても歓迎だよ

 という声があふれていることを願って、照れくさいことですが、自分の家庭の話をしています

(文・イラスト/中村キヨ)

中村キヨ・ライター(マンガ執筆の名義は中村珍)●33歳。大阪・東京を拠点に活動。主な作品に『羣青(ぐんじょう)』『レズと七人の彼女たち』など。女性同士の家庭と育児を描いた『お母さん二人いてもいいかな!?』も話題に

外部リンク