cat_529704_issue_7b2xqjiukm4t oa-natalie-music_7b2xqjiukm4t_6z7f4844hqi8_Spotifyが今年の再生回数ランキングを発表、Eveが出演するCMのオンエアも決定 6z7f4844hqi8 6z7f4844hqi8 Spotifyが今年の再生回数ランキングを発表、Eveが出演するCMのオンエアも決定 oa-natalie-music 0

Spotifyが今年の再生回数ランキングを発表、Eveが出演するCMのオンエアも決定

2021年12月2日 10:00 音楽ナタリー

Spotifyが2021年の音楽を振り返る年間ランキングを発表した。

これは3億8100万人以上のSpotifyユーザーによる今年のリスニンングデータをもとに制作されたもの。このランキングにおいて、国内でもっとも再生されたアーティストはBTS、もっとも聴かれた楽曲は優里の「ドライフラワー」、国内でもっとも再生されたアルバムはYOASOBIの「THE BOOK」だった。BTSは世界でもっとも再生されたアーティストの3位にもランクインしている。

またSpotifyではユーザーが自身の聴取履歴から2021年を振り返ることができる「Spotify まとめ 2021」を公開。これに合わせて、Eveの新曲「藍才」をCMソングとしたSpotifyのCMが12月3日(金)より放映されることも決定した。このCMにはEve本人が出演。ナレーションも担当している。さらにEveとSpotifyによるコラボキャンペーンも行われる予定。こちらの詳細はEveやSpotifyのSNSアカウントで確認しよう。

2021年 Spotifyグローバルランキング

世界で最も再生されたアーティスト

  1. バッド・バニー
  2. テイラー・スウィフト
  3. BTS
  4. ドレイク
  5. ジャスティン・ビーバー

世界で最も再生された楽曲

  1. drivers license / オリヴィア・ロドリゴ
  2. MONTERO (Call Me By Your Name) / リル・ナズ・X
  3. STAY (with Justin Bieber) / ザ・キッド・ラロイ, ジャスティン・ビーバー
  4. good 4 u / Olivia Rodrigo
  5. Levitating (feat. DaBaby) / デュア・リパ, ダベイビー

世界で最も再生されたアルバム

  1. SOUR / オリヴィア・ロドリゴ
  2. Future Nostalgia / デュア・リパ
  3. Justice / ジャスティン・ビーバー
  4. = / エド・シーラン
  5. Planet Her / ドージャ・キャット

2021年 Spotifyジャパンランキング

国内で最も再生されたアーティスト

  1. BTS
  2. YOASOBI
  3. Official髭男dism
  4. 平井大
  5. back number
  6. TWICE
  7. 優里
  8. 米津玄師
  9. あいみょん

国内で最も再生された楽曲

  1. ドライフラワー / 優里
  2. Dynamite / BTS
  3. 夜に駆ける / YOASOBI
  4. 怪物 / YOASOBI
  5. 群青 / YOASOBI
  6. 勿忘 / Awesome City Club
  7. Butter / BTS
  8. うっせぇわ / Ado
  9. Stand by me, Stand by you. / 平井大
  10. 炎 / LiSA

国内で最も再生されたアルバム

  1. THE BOOK / YOASOBI
  2. BE / BTS
  3. strobo / Vaundy
  4. Life Goes On / 平井大
  5. Love Yourself 結 'Answer' / BTS
  6. STRAY SHEEP / 米津玄師
  7. MAP OF THE SOUL : 7 / BTS
  8. Traveler / Official髭男dism
  9. アンコール / back number
  10. hope / マカロニえんぴつ

国内バイラルチャート 年間トップ10

  1. ミライチズ / 夜のひと笑い
  2. Bluma to Lunch / BLOOM VASE
  3. ヨワネハキ / MAISONdes, 和ぬか, asmi
  4. うっせぇわ / Ado
  5. グッバイ宣言 / Chinozo
  6. あかるいみらい / Mom
  7. O.O.O (Over&Over&Over) / Girls Planet 999
  8. Traveler / Official髭男dism
  9. STAY (with Justin Bieber) / ザ・キッド・ラロイ, ジャスティン・ビーバー
  10. ドライフラワー / 優里

外部リンク

cat_529704_issue_7b2xqjiukm4t oa-natalie-music_7b2xqjiukm4t_evu9f4kongrn_SixTONES松村北斗が憧れの蜷川実花作品に初参加「ホリック xxxHOLiC」で巧みな弓の使い手 evu9f4kongrn evu9f4kongrn SixTONES松村北斗が憧れの蜷川実花作品に初参加「ホリック xxxHOLiC」で巧みな弓の使い手 oa-natalie-music 0

SixTONES松村北斗が憧れの蜷川実花作品に初参加「ホリック xxxHOLiC」で巧みな弓の使い手

2021年12月2日 12:00 音楽ナタリー

4月29日に公開される神木隆之介と柴咲コウの主演映画「ホリック xxxHOLiC」の追加キャストとして松村北斗(SixTONES)、玉城ティナの出演が決定した。

「ホリック xxxHOLiC」は創作集団・CLAMPの大ヒットコミックを蜷川実花監督が実写化する作品。人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が見える孤独な高校生・四月一日君尋(わたぬききみひろ)が“ミセ”にたどり着き、対価の代わりにどんな願いも叶えるという女主人・壱原侑子と出会う。神木は四月一日、柴咲は侑子に扮する。

松村が演じるのはクールでミステリアスな四月一日の同級生・百目鬼静(どうめきしずか)。寺の息子で、巧みな弓の使い手という役どころのため、松村は弓道の特訓を重ねて撮影に挑んだ。蜷川監督の作品に初めて参加する松村は「蜷川監督の作品は以前から好きで、そこにある世界観に憧れを抱いていました」「刺激的な映像に繊細なメッセージが込められた作品の一部になれたことを本当に嬉しく思います」とコメントしている。一方、玉城は四月一日と百目鬼の同級生・九軒ひまわり(くのぎひまわり)を演じる。

追加キャストの発表に伴い、蜷川監督撮り下ろしのビジュアルも公開され、松村は濡れ髪の袴姿見せている。

松村北斗(SixTONES) コメント

蜷川監督の作品は以前から好きで、そこにある世界観に憧れを抱いていました。
現場では蜷川ワールドに飲み込まれたような感覚になりながら日々を過ごしていました。

神木さんや柴咲さんがお芝居によって提示する説得力に引っ張って頂き、必死について行きました。
刺激的な映像に繊細なメッセージが込められた作品の一部になれたことを本当に嬉しく思います。

玉城ティナ コメント

今回九軒ひまわり役を演じさせてもらっています。高めツインテールで、ぱっと見元気でかわいらしい。
そんな女の子を蜷川組で!?と一瞬驚きましたが、もちろんひまわりにも秘密があります。笑
現場では、神木さん、松村さんと同じシーンが多くて、どんなにシリアスなシーンでもカットがかかれば、本当の同級生のようにお喋りしたり、と思えば散らばったり、自由な三人でとても楽しく撮影を終える事ができました。
柴咲さんと同じシーンの時は、佇まいが侑子さんにしか見えなくて、こっそりドキドキしながら監督の演出に耳を傾けていました。
「xxxHOLiC」実写化? どうやるの?の声に、そうきたか~!と応える蜷川監督、今回もかっこよかったです。

(c)2022映画「ホリック」製作委員会 (c)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD. / 講談社

外部リンク

cat_529704_issue_7b2xqjiukm4t oa-natalie-music_7b2xqjiukm4t_xc21hhvqarbp_鬼束ちひろが救急車を蹴った件について反省 xc21hhvqarbp xc21hhvqarbp 鬼束ちひろが救急車を蹴った件について反省 oa-natalie-music 0

鬼束ちひろが救急車を蹴った件について反省

2021年12月2日 19:10 音楽ナタリー

鬼束ちひろが11月28日に救急車を蹴り、逮捕された件について、鬼束が所属する株式会社NAPOLEON RECORDSから謝罪のコメントが公開された。

株式会社NAPOLEON RECORDSは、本件について「弁明の余地もない行為であり、本人自身も深く反省をしているところでございます。今後二度とこのようなことが起きないように、鬼束ちひろ自身、今回の件に関し、更なる反省と自覚を持つよう、弊社といたしましてもそのための対応をしていく所存です」とコメント。会社からの発表と合わせて「この度は、私の不適切な行動により、多くの皆様にご迷惑をおかけしました事を、心よりおわび申し上げます。深く反省しております」という鬼束の自筆コメントも公開されている。

外部リンク

cat_529704_issue_7b2xqjiukm4t oa-natalie-music_7b2xqjiukm4t_yzpud3zqt2h0_森進一とマイファスHiroがビールで乾杯、親子で広告初共演 yzpud3zqt2h0 yzpud3zqt2h0 森進一とマイファスHiroがビールで乾杯、親子で広告初共演 oa-natalie-music 0

森進一とマイファスHiroがビールで乾杯、親子で広告初共演

2021年12月2日 00:00 音楽ナタリー

森進一とHiro(MY FIRST STORY)が親子共演するキリンビール株式会社「キリン一番搾り 糖質ゼロ」のWebムービー「これが私のおいしいビール 森進一 & Hiro(MY FIRST STORY)」編が、本日12月2日にYouTubeで公開された。

森進一とHiroが広告で共演するのは、これが初めて。ムービーでは、“大好きなおいしいビール”として父に「キリン一番搾り 糖質ゼロ」をオススメしに来たHiroと森が乾杯し、会話を弾ませる様子が映し出される。ムービーは本編とロングバージョンの2種類が公開されており、ロングバージョンでは2人のやりとりが余すところなく記録されている。

外部リンク

cat_529704_issue_7b2xqjiukm4t oa-natalie-music_7b2xqjiukm4t_538a0li7tmyl_ももクロの年末恒例歌合戦にウマ娘やサンリオキャラ初出場、今年も「ヒプマイ」メンバー参加 538a0li7tmyl 538a0li7tmyl ももクロの年末恒例歌合戦にウマ娘やサンリオキャラ初出場、今年も「ヒプマイ」メンバー参加 oa-natalie-music 0

ももクロの年末恒例歌合戦にウマ娘やサンリオキャラ初出場、今年も「ヒプマイ」メンバー参加

2021年12月2日 18:27 音楽ナタリー

ももいろクローバーZが12月31日に東京・日本武道館で開催する年越しカウントダウンイベント「第5回 ももいろ歌合戦」の出演者第1弾が発表された。

「第5回 ももいろ歌合戦」では、“届け!希望の彼方へ”をテーマに、玉井詩織と佐々木彩夏が「紅組」、百田夏菜子と高城れにが「白組」に分かれて対決。本日12月2日にABEMAで配信された番組「第5回『ももいろ歌合戦』出陣式」にて、2年連続出演となる舘ひろしが応援団長を務めることが発表された。

また番組にサプライズ出演した五木ひろしをはじめ、高橋ジョージ、華原朋美、上坂すみれ、声優ユニット・ウマ娘 プリティーダービー、Saucy Dog、サンリオキャラクターズ、Da-iCE 、鈴木鈴木、もーりーしゅーと、まなまる、村方乃々佳らの初出場が決定。音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」より山田三郎、毒島メイソン理鶯、有栖川帝統、観音坂独歩、天谷奴零、天国獄が応援ラップで参加し、木梨憲武は遠藤章造(ココリコ)、堀内健(ネプチューン)とのユニット「ももクロちゃんと木梨とココリコ遠藤とホリケンとだれか」として駆け付ける。

また本公演の模様は、12月31日(金)17:00から8時間にわたってABEMAで全編生中継され、BS日テレでは19:00、ニッポン放送では22:00、テレ玉では22:00、三重テレビでは22:45、チバテレ(チバテレミライチャンネル)では23:00から放送される。イープラスでは12月8日23:59まで入場チケットの一般抽選予約を受け付けている。

第5回 ももいろ歌合戦

2021年12月31日(金)東京都 日本武道館
<出演者>(カッコ内は出場回数)
総合司会:東京03(5)
応援団長:舘ひろし(2)

あたらよ(初)/ アップアップガールズ(仮)(4)/ 彩羽真矢(初)/ Anna(初)/ いぎなり東北産(初)/ 石川柊太(3)/ 泉谷しげる(3)/ 五木ひろし(初)/ 上坂すみれ(初)/ ウマ娘 プリティーダービー(初)/ 遠藤章造(ココリコ)(初)/ オーイシマサヨシ(2)/ 大友康平(3)/ 岡田将生(3)/ 尾崎裕哉(初)/ 角田晃広(東京03)(5)/ 華原朋美(初)/ 氣志團(5)/ 木梨憲武 (2)/ サイプレス上野とロベルト吉野(5)/ Saucy Dog(初)/ さだまさし(5)/ サンリオキャラクターズ(初)/ CZ'21(初)/ 塩乃華織(5) / 笑福亭鶴瓶(5)/ 私立恵比寿中学(3)/ 水前寺清子(5)/ SUPER★DRAGON(3)/ 鈴木鈴木(初)/ Da-iCE(初)/ 高木ブー(2)/ 高橋ジョージ(初)/ 田中将大(5)/ 超ときめき♡宣伝部(2)/ 東京女子流(4)/ 戸田恵子(2)/ 703号室(2)/ 西川貴教(3)/ NOKKO(3)/ ののちゃん(村方乃々佳)(初)/ HYDE(2)/ 妃海風(3)/ ヒプノシスマイク(山田三郎、毒島メイソン理鶯、有栖川帝統、観音坂独歩、天谷奴零、天国獄)(4)/ ファーストサマーウイカ(2)/ BOYS AND MEN(3)/ 堀内健(ネプチューン)(初)/ mao(初)/ 松崎しげる(4)/ 松本明子(5)/ まなまる(初)/ もーりーしゅーと(初)/ 森口博子(5)/ MORISAKI WIN(初)/ 山野さと子(初)/ and more

AbemaSPECIAL2チャンネル「第5回 ももいろ歌合戦~届け!希望の彼方へ~50組超え出場!年越し8時間無料生放送」

放送日程:2021年12月31日(金)17:00~

外部リンク

cat_529704_issue_7b2xqjiukm4t oa-natalie-music_7b2xqjiukm4t_p8etfw7wmxsp_INI「沼ハマ」に出演、「Brighter」をフルコーラスで披露 p8etfw7wmxsp p8etfw7wmxsp INI「沼ハマ」に出演、「Brighter」をフルコーラスで披露 oa-natalie-music 0

INI「沼ハマ」に出演、「Brighter」をフルコーラスで披露

2021年12月2日 17:04 音楽ナタリー

INIが12月7日(火)18:55よりNHK Eテレで放送される「沼にハマってきいてみた」に出演する。

人気オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」によって選出され、11月にシングル「A」でデビューを果たしたINI。番組は彼らにハマったファミリー2組を取材し、INIのファンだという伊東健人はグループの魅力を熱く語る。スタジオではINIがオーディションの名場面やダンスレッスンの現場を振り返るほか、メンバーそれぞれが特技を見せる。さらにINIはデビューシングル「A」の収録曲「Brighter」をフルコーラスでパフォーマンスする。

NHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」

2021年12月7日(火)18:55~19:25

外部リンク

cat_529704_issue_7b2xqjiukm4t oa-natalie-music_7b2xqjiukm4t_mo5c0ruly5ck_KREVA、文房具コンテストの審査員に就任 mo5c0ruly5ck mo5c0ruly5ck KREVA、文房具コンテストの審査員に就任 oa-natalie-music 0

KREVA、文房具コンテストの審査員に就任

2021年12月2日 10:11 音楽ナタリー

KREVAがサンスター文具による「第27回 文房具アイデアコンテスト」の審査員を務める。

このコンテンストでサンスター文具は「くすっ」をテーマに文房具のアイデアを1月31日まで募集。文房具好きで知られるKREVA、プロダクトデザイナーの安次富隆、マルチクリエイティブ会社ザリガニワークスが専門家として応募作品を審査し、入賞者には賞金などが贈られる。

審査員を務めるにあたってKREVAは「自分の創作意欲を刺激してくれるような、楽しい作品に出会えたら嬉しいです」とコメントしている。

外部リンク

cat_529704_issue_7b2xqjiukm4t oa-natalie-music_7b2xqjiukm4t_rlkqkkgjnbui_令和のアーティストとファンベース 第5回 Gaudiy石川裕也に聞く、NFTがエンタメ業界に起こす革命的変化 rlkqkkgjnbui rlkqkkgjnbui 令和のアーティストとファンベース 第5回 Gaudiy石川裕也に聞く、NFTがエンタメ業界に起こす革命的変化 oa-natalie-music 0

令和のアーティストとファンベース 第5回 Gaudiy石川裕也に聞く、NFTがエンタメ業界に起こす革命的変化

2021年12月2日 17:00 音楽ナタリー

SNSが日常生活に根付いた今の時代において、アーティストがファンとどのように関係を築いていくべきかを探る本連載。第5回では、株式会社Gaudiyの石川裕也CEOへのインタビューをお届けする。NFT(※Non-Fungible Token:非代替性トークン。ブロックチェーン上で発行・流通するデジタルデータの一種で、デジタルコンテンツの固有性や所有権を証明できる)への関心が音楽業界でも高まる中(参照:まふまふ、NFTマーケットプレイスに出品意欲「画期的なシステムを伝えたい」)、NFTを使った新たなサービスを提供しているのがGaudiyだ。今年10月には「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」にて「TIFコミュニティ」を提供したことでも話題になったが、具体的にどんなことをしているのか。ファンエコノミーを形成したいと語る石川氏の発言から、エンタメ業界のこれからを探る。

取材 / 宮本浩志、丸澤嘉明 文 / 丸澤嘉明 撮影 / KOBA

Gaudiyが提供するのはコミュニティを中心としたソリューション

──まずは2018年にGaudiyを設立した経緯を教えてください。

もともと自分は周囲からちょっと浮いている人間だったんですけど、コミュニティに救われてきた自覚があって。コミュニティが自分の居場所になったり、エンパワーメントしてくれたりしていたので、そういうものを作りたいとずっと考えていたんです。それで2017年にDApps(※Decentralized Applications / 分散型アプリケーション。中央管理者が存在せず、オープンソースで提供され、利用者の合意によって仕様変更や改良が行われるアプリケーション)というブロックチェーン(※取引履歴[ブロック]が暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつながる形で記録され、多数の参加者に同一データを分散保持させる仕組み。データの破壊や改ざんが困難で、障害によって停止する可能性が低い特徴を持つ)を用いた概念が出てきたときに「これだ」と思ったんですね。そのDAppsはエンタメと相性がいいと思いました。今のエンタメ企業の課題を解決できるので事業として成り立ちやすいし、自分の目指していた世界観を作るのにも合ってると思ったのでベットしている感じです。

──そのエンタメ企業の課題というのは具体的に言うと?

一番の課題はプラットフォーム依存なところですね。プラットフォーム側にデータもお金も取られてしまってクリエイターに還元されない状況を打開できるなと。GAFA(※Google、Amazon、Facebook、Apple)がいらなくなるなっていう。それに加えて、エンタメ業界はいい意味でも悪い意味でもみんな自分の城を作りたがるんですよ。ミュージシャンも自分たちのレーベルを立ち上げますよね? こだわりがあるのはいいことでもあるんですけど、運用まで自分たちだけでやろうとするので、例えばECサイトや分析ツールなど同じようなシステムがいっぱい出てくるわけです。横のつながりがなくて、同じ会社でほかのチームに流用できるシステムがあるのにIDがいっぱいある状態ってエンタメ企業でよくある話なんですけど、そういう複数あるIDをうまくつなげることもブロックチェーンはできます。ブロックチェーンは網目状につながっている複雑な構造を統合するのではなくて、そのまま共存させる仕組みなので。

──シナプスみたいなイメージですか?

そうですね。よく「統合」ではなく「ブリッジ」と言われますけど、そういう技術なので今のエンタメ界の構造の中にも入りやすいなっていう。

──GaudiyはFPaaS(エフパース)というサービスを提供していますが、これはどういったものでしょうか?

Fan Platform as a Serviceの略なんですけど、コアユーザーが集まるファンプラットフォームのことで、コミュニティを中心としたソリューションを提供しています。

──FPaaSは、どういうところが同業だったりライバルになってくるんでしょうか?

FPaaSの同業はいないですね。そもそもIP(※Intellectual Property / 知的財産)を有する企業はそういう概念でやってると思いますけど。あるブランドに対して映画というソリューションに書き出したり、ゲームというソリューションに書き出したりしていますよね。そういったものをシステムに置き換えた感じ。要は、人と人が話すという構造に対して対面でなくても会話ができる電話という解決策ができたとか、手紙という伝達手段に代わるものとしてEメールができたように、既存の構造に対してFPaaSというソリューションを提供しています。エンタメ業界の構造はまだソリューションができてない。それぞれが持っているサービスをうまくつなげて掛け算で戦っていくという意味ではMicrosoftやAdobeは近いかもしれないですね。

──AdobeはPhotoshopやIllustrator、Premiere Proなどのクリエイターツールを提供していますね。

それらのサービスの互換性で戦いにいく感じ。Microsoftもサービスとしては最低限のポジションを取ってるわけですよね。オンラインミーティングをするならZoomのほうが使いやすいし、コミュニケーションツールとしてはSlackのほうがいいけど、「これさえできていればいいよ」という最低限のサービスを提供して、それを掛け算することで価値を拡張している。

「TOKYO IDOL FESTIVAL」で提供した初めての体験

──10月に開催されたアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」では「TIFコミュニティ」を提供しましたが、具体的にどういうものだったか説明していただけますか?

TIFのオンライン周りを全部ひっくるめたサービスを提供させていただきました。背景としては、去年初めてTIFがオンラインで開催されたんですけど、そのシステムが非常に使いづらかったんですよ。フェスだから何会場もあるのにプラットフォームに配信周りをお願いしていたので、画面の切り替えがスムーズにできなかったり、IDもいっぱいあったり。ユーザー体験があまりよくなかった。それで今回うちに話が来て、Gaudiyがやったことは、プラットフォームに依存していた状態をやめて「TIFコミュニティ」というTIF単体のサービスを提供することからスタートしました。

──プラットフォームというのは、配信サービス業者だったりチケット販売業者だったり?

はい。お客さんの入り口になっているところですね。今回我々が提供した「TIFコミュニティ」で何ができたかというと、まずはチケッティングですね。NFTチケットで配信が視聴できるということを最初にやりました。NFTチケットはソニーとGaudiyが共同で特許を取っていて、これまでのチケットと違って転売されたとしてもちゃんと収益が運営に返ってくるようなシステムを入れています。ほかにも「オンラインで参加したんだけどオフラインでも観たい」と思ったときに、同じNFTチケットで切り替えることができるシステムを導入しました。それと「NFTサイン会」という取り組みもやりました。(「TIFコミュニティ」のアプリを立ち上げて画面を見せながら)アイドルが会場でサインを書いてくれて、そのサインが視聴者のアプリに飛んできて受け取ることができるという。

──そのサインがリアルタイムに「TIFコミュニティ」のアプリに格納されるわけですね。

そうです。プラットフォームの仕様から逆算すると、こういう体験って作れないんですよ。例えばYouTubeだったらYouTubeの仕様に依存せざるを得ないわけです。エンタメ界の人って面白いことを考えるのが得意なのに、何かの枠にはめられて表現させられていることが多くて、そのことでユーザー体験が狭められてしまっている。コンテンツと僕たちが提供するソリューションを掛け合わせることによって、ファンの人たちに「こんな体験初めてだ!」と思ってもらえることを実現しました。

NFTが可能にした2つの利点

──NFTチケットという言葉が出てきましたが、NFTを言葉の字面としてはわかっていても体感的に理解できていない人も多いと思います。

NFTが可能にしたのは“所有”という概念と、“移転のプログラミング”です。今までデジタルコンテンツは閲覧しかできなかったわけです。例えば僕が友人に写真画像をLINEで送ったら、自分のデータベースの画像をコピーして送っている状態。だから僕のデータベースにも写真は残っています。だけど所有という概念は、写真を送ったら自分の手元にはなくなります。この概念をデジタル上に作ることができたのがNFTですね。

──なるほど。

これが起こると何がいいかと言うと、シンプルに金額が上がります。基本的にレンタルと所有って値段が違うんですね。住居にしても賃貸だったら毎月10万円とかだけど分譲マンションを購入しようとしたら数千万円するし、DVDもレンタルだったら300円程度だけど買うなら数千円します。所有の概念があるデジタルコンテンツと所有の概念がないデジタルコンテンツだと前者のほうが高くなるのはわかりますよね。そういう話なので、デジタルというものの価値が一段階上がったのがまず1ついいところ。2つ目の移転のプログラミングができるという話は……例えばテーブルの上に置いてあるペットボトルを左から右に移動したとします。これって物理として動いているのは理解できると思いますけど、ここに関してのルールメイクってできないんですよ。もっとわかりやすい例で言うと、読み終わった本を古本屋に売っても、別の誰かにお金が入るというルールメイクはされてないじゃないですか。

──著者に印税は入らないですね。

契約をすればいけるかもしれないですけど、現実的には厳しい。友人同士の移転だったら追いかけられないし。でもNFTを使えば移転にプログラミングができるようになるので、例えばプロダクトが別の場所に移動するときに10円入ってくるというルールメイクができるようになります。そうするとクリエイターへ還元できるようになるし、移転可能な場所を制限することもできる。コンテンツを作っている人は、これまで最初に売った金額、プライマリーセールのみが収入でセカンダリーは入ってこない。ゴッホはまったく儲かってないわけですよ。だけどNFTによって移転が行われるたびに作者に報酬が返ってくるようにできるので、エンタメコンテンツを作っている人により還元される社会を作れるのが移転をプログラミングできる利点ですね。

──今の話を伺うと、デジタルコンテンツは今後どんどんNFTに移管されそうですね。

そう思います。あとはちょっと難しい話になってしまうんですけど、トークングラフという概念があります。トークングラフというのは、先ほど所有の概念の話をしましたが、この所有の絶対量を示したものになります。お金のようにどれくらい発行されているかがわかる。運転免許証って本来は車を運転できる権利を証明するものですが、身分証明としても機能しますよね。NFTでもそういう役割を担うことができるわけです。例えば「このNFTの価値が世の中の市場としては100万円だから、このNFTを担保にお金を借りる」というような。NFTfiというサービスがあってそういうことができるので、例えばゲームのアイテムなどのデジタルコンテンツを資産として計上できます。今までは土地とか高額なものだったら担保にできたと思うんですけど、小額のものは担保として認められなかったですよね。計算するのがめんどくさいので。でもデジタルなのでその計算も一瞬でやってくれる。ソシャゲで破産したという話もありますけど、逆にソシャゲで持っているアイテムを担保に家を建てることもできる。ゲームアイテムが資産になるわけですね。

──その価格は需要と供給のバランスで変動するんですよね?

基本的には物理的な物と一緒ですね。

──アーティストの場合、ファンには知ってもらいたいけどファン以外の人も見るオープンプラットフォームでは発表したくないセンシティブな話題もあると思うんですが、ファンだけ見ることができて外に出ることを防ぐこともNFTを使ってできるんですか?

「この権利を持っている人しか見られない」という制御の仕方もできるので、例えば「ファンクラブ会員証のNFTと閲覧のNFTの2つを持ってないと閲覧できない」といったルールメイクはできます。


Gaudiyが目指すのはファンエコノミーの形成

──アーティストがNFTを活用するときに想定されうることと、Gaudiyが今やろうとしていることの連携はどのようなところになってきますか?

アーティストが何をやろうとしているかに関してはわからないですけど、僕たちがやろうとしていることはエコノミーを作ることです。ファン国家とかファンエコノミーと言っているんですけど、例えば「Axie Infinity」というベトナム発のゲームがあって、それで儲けて家を建ててるユーザーがいるんですよ。これってすごくいいことで、ゲーム会社が儲かるだけじゃなくてファンの人たちが儲かっている。でも実際その人たちが「Axie Infinity」を引っ張ってきたわけです。こういう事例を僕たちは作りたいと思っています。例えばジャニオタ、ドルオタといった言葉がありますけど、これがファンの通称ではなくて職業になってほしいんですよね。YouTubeに対してYouTuberという職があるのと同義。ファンの人たちが消費者になるのではなくて、NFTを使って一緒にそのコンテンツを作り上げる共創者になり、その人たちに還元される社会を作りたい。

──それを実現するためにはアーティストの肖像権や著作権をどこまで認めるかが大事になってくると思いますが、ある程度委ねたうえで活性化させる?

そうです。だからこそコミュニティがすごく重要になってきます。コミュニティでありバーティカルであるというのが重要なこと。いまだにCtoC(※Consumer to Consumer:個人間取引)って普通にありますよね。例えばアイドルのグッズを作って友達同士で取引するとか。それを商売にしてはダメで、そこで出てくるのがFPaaSです。あるコミュニティの中でやってもらって、例えば手数料として20%が返ってくるなら運営はおそらくどんどんやってほしいですよね。自分たちがコンテンツを作らずに収入があるわけですから。だけどちゃんと制御することもできます。例えば20万円以上はダメとか、こういうアイテムは自分たちで作ろうと思っているので作っちゃいけないというガバナンスも効かせられるわけです。

──NFTの技術があれば、そういった管理ができるということですね。

そうです。Twitterで公式マークがありますけど、ああいう感じの管理になるはずです。「これは公式マークが付いていてちゃんと運営に還元されるからOKだよね」という認識がファンの間で広まり、それ以外のアイテムは消費しないという。

外部タッチポイントの重要性

──バーティカル、つまり縦軸の視点という意味で、コミュニティ外部との連携も重要になってくると思いますが、そのあたりはどうお考えですか?

これまで話したのはIPを軸としたコミュニティでできる横の幅をどんどん増やしていこうということでしたが、バーティカルな軸での拡張もどんどんやっていくべきだと思います。エンタメ消費は可処分所得の5%程度と言われていて、今まではそこを取り合っているだけだった。でも家賃とか保険代とか、残りの95%からでもエンタメの人たちは取れると思うんですよ。これはソリューションではなくてロイヤルティ(忠誠心)があるからです。

──自分が使える100%のお金のうち、エンタメ消費以外の95%の中からなんらかの手数料が入るように。

そうです。IP側に入るような切り替えをする感じですね。例えばYOSHIKIさんデザインのクレジットカードがあるんですけど、これはすごいです。消費に応じてポイントがもらえて、そのポイントを使ってグッズと交換できたり、ライブの先行予約に申し込めたりするんですよ。クレジットカードとYOSHIKIさんって本来なんの関係もないけど、YOSHIKIさんのファンはそのカードを使って消費をしますよね。そういう感じでサービスの連結部分をうまくやれば、TIFクレカ、TIF不動産、TIF保険といったものもできると思います。

──「楽天証券」とか「楽天生命」とかいろいろありますけど、“楽天”の部分がIPの名前に変わるイメージですね。アーティストのファンクラブはこれまで、ライブのチケットが買いやすくなる、会報が届くといった決まったフォーマットの中でのビジネスでしたが、新しい形のファンエコノミーとしては生活のすべてのタッチポイントに入り込んだうえでアーティストを応援できるようにする感じでしょうか?

「YOSHIKIカード」がまさにそんな感じですよね。既存のファンクラブはIPがあってそれを応援する人たちが消費する感じですけど、自分たちの考えるコミュニティはファンの人たちが主役なんですよ。ひろゆきの切り抜き動画をイメージするとわかりやすいと思いますが、ファンの人たちがちゃんと稼ぐ余地をコミュニティの中で持たせることが大事だと思います。よく投資の世界で「お金に働かせろ」と言いますよね。言い方は悪いですけど、ユーザーに働いてもらうんですよ。実は今回の「TIF」は広告宣伝費がゼロなんです。トータルで20万UU(※Unique User / サイトにアクセスした訪問者数)近い数字が出てますけど、そのうち約80%がリファラル(※SNSなどでの紹介による流入)なんですよ。

──それはなかなか聞いたことがないですね。

「SNSでシェアしてくれたらNFTをあげる」という施策をやったんです。今まで広告代理店にお金を払っていたけど、ユーザーにインセンティブを渡しました。そうするとみんなシェアしてくれて人が集まるんですよ。広告会社にお金を払うよりユーザーが口コミでシェアしてくれるほうがどっちもウィンウィンじゃないですか。「TIF」というコンテンツの価値が上がれば自分の持っているトークンの価値も上がるし。

──「TIF」は歴史があってIPとしてすでに認知がありますが、ローンチしたばかりのIPは広がりを作りづらいところもあると思います。今回「TIF」でやったような取り組みが向いてるのは大きいところなのか、もしくは小さいところでもやり方次第でどんどんグロースさせていくことができるのか、どちらでしょうか?

規模がマスであるかそうでないかではあまり関係なくて、熱量がどれくらいあるかだと思います。その中で1000 True Fansという有名な理論がありますけど、1000人の熱狂的なファンがいることがボトムで、それだけいれば成り立つと思います。これが10万、100万となるとこれはもはや都市なのでその規模をやる。僕たちはファン国家を目指しているので、国レべルの大きいことをやっていきたいと思っています。

クリエイターを応援する人たちを儲けられる世の中に

──ファンエコノミーで言うとBTSが最勢力でしょうか?

BTSについて僕もnoteで書きましたけど、本当に面白いですね。お金がないファンの人たちに楽曲を購入するお金を貸してあげるファンドとかがあって。そういうことをコミュニティの中でちゃんとできる状態を作ってあげれば、BTSに限らず、同じアーティストのファンというだけでCDを買うお金がない人たちを支えてあげる人たちが出てくると思うんですよ。

──これまでいわゆるトップオタと呼ばれる人たちは崇められるなど精神的な充足感を得るだけだったけど、彼ら、彼女らの行為に対してリアルにお返しができるような世界になっていく?

そうです。これまで還元できていなかったのは、構造をシステムにできなかったからです。でもYouTubeはちゃんとシステムを構築したのでトップYouTuberは稼いでいますよね。トップYouTuberのおかげでYouTubeはどんどん大きくなってるわけです。この構造をエンタメの中にもちゃんと入れていくことが大事だと思います。ただ、今のクリエイターエコノミーは能力のある人がよりお金をもらいやすい設計になっています。それは実際に文献があって上位1、2%の人しかできない。それはそうで、僕が歌ったって誰も投げ銭してくれないわけですよ(笑)。でもオリジナルソングは聴いてもらえないけどカラオケだったら聴いてくれる。オリジナルの絵を描いても見向きもされないけど、「ONE PIECE」のキャラクターの絵を描いたら「うまいね」と言ってもらえる。これは自分の創作物をもともとのコンテンツがエンパワーメントしてくれるからです。こういう経済圏をでかくすることが自分たちの考えるクリエイターエコノミーです。一部の人たちはすでに十分生活できているので、そうではない人たちが誰かの力を借りながらクリエイティブを回すことによってより大きな経済圏を作りたい。クリエイターが儲かる仕組みを作りたいわけじゃなく、クリエイターを応援する人たちを儲けさせたい。僕は全人類がクリエイターだと思っているので。

──それは結果的にクリエイターにも還元されて経済がより回っていくという。

そうですね。トップYouTuberのおかげでYouTubeが儲かってるのと同じですね。すごくシンプルだと思っています。そもそもカラオケとかコスプレとか、IPを使って二次創作によりエンパワーメントしていく文化ってめちゃくちゃ日本っぽいんですよ。だからこそ日本からやる意味があると思っています。

──コミケもそうですよね。

そうですね。バイデン米大統領が大統領選の際に「あつまれ どうぶつの森」の中に選挙本部を開設し、「ポケモンGO」がアメリカで社会現象になり、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は世界45カ国以上で上映され興行収入が500億を突破する。この前もテスラCEOのイーロン・マスクに対して「おすすめのアニメはなんですか?」と質問している人がいて、全部日本のアニメを答えてましたね。

──それは面白いですね。

7個答えてましたけど、全部日本の作品でした。やっぱり文化はすごく大事。この日本の文化はたとえ1兆円注ぎ込んでもGoogleには作れない。この文化で競争優位に立つのが大事で、そのための勝ち筋を見つけてくれたのがブロックチェーンだと思います。

石川裕也

2018年にブロックチェーン・スタートアップGaudiy(ガウディ)を創業。2020年に3億円の資金調達。現在、Sony Music、集英社、アニプレックスなどエンタメ企業とブロックチェーン事業を展開している。LINE Payや毎日新聞などで技術顧問も兼任している。

外部リンク