cat_178111_issue_fa5190e5c7b3 oa-chibanippo_fa5190e5c7b3_641f7870c081_カジノ巡り賛否噴出 賛成派「もっとアクセルを」 反対派「住民不幸にする」 千葉市のIR構想 641f7870c081 0

カジノ巡り賛否噴出 賛成派「もっとアクセルを」 反対派「住民不幸にする」 千葉市のIR構想

2019年7月24日 09:42 ちばとぴ&千葉日報

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致で、千葉市の検討レベルが1段階上がることになった。熊谷俊人市長はIR受け入れの判断を示していないが、同市は23日、民間事業者に情報提供を求めると発表。IR整備の賛成派は「アクセルを床まで踏んでほしい」と促進を期待する一方、反対派は「IRは住民を不幸にする」「ギャンブルでのまちづくりはあり得ない」と厳しい。

 幕張新都心の企業でつくる任意団体「幕張新都心MICE・IR推進を考える会」は県や千葉市に整備を求める要望書を提出。勉強会なども開いている。同会共同代表で総合デザイン会社「フォルム」の松本有社長は「幕張メッセ周辺の今後の発展には民間の資金を活用できるIRが必要」と強調。「千葉市の動きはゆっくりしている。もっとアクセルを踏んで」と要求した。

 松本社長もメンバーの一般財団法人「ちばの未来」はIRの独自構想を公表。東京湾のメガフロートに大型客船用桟橋などを整備するとしており、松本社長は「成田、羽田両空港にも近い」と幕張新都心の地理的な優位性を説明した。

 市議会は2013年12月、IR整備を推進する決議を賛成多数で可決。IR議員連盟会長の森茂樹市議(自民)は「東京五輪後の地域活性化が課題。IRは税収や雇用などで地域への貢献が期待できる。マイナス面もあるので反発もあるだろう。議連として市民への情報提供などに努めたい」とコメントした。

 IR整備反対の福永洋市議(共産)は「IRは住民を不幸にする。ギャンブルで都市の再生なんてあり得ないし、幕張に似合わない。キャンブルの依存症対策が必要というが、それならIR自体をやらなければいい」と明快だ。

 松井佳代子市議(市民ネット)も反対を明言。「市の発表は何を事業者に求めているのかよく分からず、詳しく確かめたい」としつつ「幕張新都心は住宅街や文教地区もある。経済活性化だけを名目に地元住民の合意もなく、社会的に問題がある施設の整備を進めるべきではない」と述べた。

 約90店が加盟する幕張ベイタウン商店街振興組合の山根治仁理事長(81)は「商店街としてはIRが活性化につながるのであれば賛成だが、ギャンブル依存症への懸念から反対の住民も多い。今のところどんなメリットがあるのかはっきりしないので、どういう利点があるのか見ていきたい」と提案内容を見定める考えを示した。

外部リンク

cat_178111_issue_fa5190e5c7b3 oa-chibanippo_fa5190e5c7b3_8d0a9d0d2f66_紀平梨花さんが体験 新アトラクション「ソアリン」始動 東京ディズニーシー 8d0a9d0d2f66 0

紀平梨花さんが体験 新アトラクション「ソアリン」始動 東京ディズニーシー

2019年7月24日 09:38 ちばとぴ&千葉日報

 千葉県浦安市の東京ディズニーシーで23日、新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」がグランドオープンした。開園から1時間で350分待ちの行列となり、注目を集めた。

 オープニングイベントには、ひと足先にアトラクションを体験したフィギュアスケーターの紀平梨花さんが登場。「本当に空を飛んでいる感覚。匂いや風がリアル。爽快感があり、心が解放される印象を受けた」と声を弾ませた。

 「ソアリン」は、空の旅を体験することができるシミュレータータイプのアトラクション。風や匂いを感じながら、世界中の名所や大自然をめぐる壮大な冒険を楽しむことができる。

外部リンク

cat_178111_issue_fa5190e5c7b3 oa-chibanippo_fa5190e5c7b3_557a59f15de3_<東京五輪・パラ>開幕まで1年、準備大詰め 機運醸成へ取り組み加速 557a59f15de3 0

<東京五輪・パラ>開幕まで1年、準備大詰め 機運醸成へ取り組み加速

2019年7月24日 09:32 ちばとぴ&千葉日報

 2020年東京五輪の開幕まで、きょう24日でちょうど1年。レスリングやサーフィンなど4競技が開催される千葉県内でも準備が大詰めを迎える。

 ただ、ちばぎん総合研究所が実施した県民意識調査によると開催競技の認知度はまだ低く、機運の醸成が大きな課題だ。世界各地から訪れる選手・観客のおもてなしや大会の円滑な運営には、地元のサポートが欠かせない。

 意識調査は今年3月、県内在住の15歳以上の男女千人を対象に、インターネット上で実施。

 競技が県内で開催されることを「知っている」と回答した割合は、サーフィンが約7割に上った一方、ほかの五輪競技のフェンシング、レスリング、テコンドーは2割以下にとどまった。パラ競技の車いすフェンシング、ゴールボール、シッティングバレー、パラテコンドーはいずれも1割以下だった。

 競技を「観戦したい」と答えた人の割合は、五輪競技が4割弱、パラ競技は3割弱。各競技の認知度アップとともに、県民の観戦意欲を高める取り組みも求められている現状が明らかになった。

 こうした現状を受け、県内の企業・団体・自治体などが機運醸成の取り組みをさまざまに進めている。

外部リンク

cat_178111_issue_fa5190e5c7b3 oa-chibanippo_fa5190e5c7b3_fd8437151077_<野田小4虐待死>事件から半年 動機解明、父の発言注目 母、口閉ざしたまま刑確定 fd8437151077 0

<野田小4虐待死>事件から半年 動機解明、父の発言注目 母、口閉ざしたまま刑確定

2019年7月24日 09:46 ちばとぴ&千葉日報

 千葉県野田市立小4の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=の虐待死事件は24日で発覚から半年。父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=に先立ち、傷害ほう助罪に問われた母親(32)の裁判は終わり、千葉地裁の懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年の判決が確定した。公判では、虐待の詳細な経緯や必死に救いを求めた心愛さんの様子が明らかになった一方、わが子を死に至らしめた動機は不明のままとなった。今後、初公判を迎える勇一郎被告は法廷で何を語るのか。真相解明に向け、発言内容に注目が集まる。(報道部・渡邊翔太)

 心愛さんは1月24日に浴室で死亡して倒れた状態で見つかった。母親の判決によると、亡くなるまでの3日間、食事を与えられず、真冬の寒さの中で肌着のみの格好で立たされ続けた。十分な睡眠も取れないまま冷水シャワーを浴びせられてもいた。

 裁判で検察側が提示した母親の供述調書からは、心愛さんが休む間もなく虐待を受けた様子が明らかになった。

 2日前の夜、勇一郎被告は心愛さんを居間の壁に向かって立たせ、ソファに座って監視した。心愛さんは勇一郎被告が寝た隙に寝室に逃れたが、翌朝、勇一郎被告は目を覚ますと連れ戻した。その後も「風呂場で駆け足をしていろ」などと強要。「ここで立っています」と言わせてもいた。

 死亡当日も暴力は続いていた。勇一郎被告は昼すぎに浴室で「5秒以内に服を脱げ」と指示。体力も無くなり脱げずにいた心愛さんに「5、4、3、2、1」と秒読みしながらボウルの冷水をかける行為を数回繰り返した。両足をつかんで背中を反らす「プロレス技」もかけた。

 その後、午後9時ごろ、寒さに震えていた心愛さんに母親は「寝室に入ろうか」と声を掛けた。しかし、勇一郎被告が「だめ」と遮り、再び浴室へ。壁をたたく音が2回鳴り、勇一郎被告の「心愛が動かない」との声が響いた。母親が向かうと、顔が青ざめ動かなくなった心愛さんがいた。

 虐待を受ける間、心愛さんは家庭で唯一のより所となる母親に助けを求めていた。22日には「ずっと立たされていた」と苦しみを訴え。ただ、母親は「夫の虐待に慣れていた。数回暴力も受け、好きなこともあり容認していた」という。

 「なぜ、あなたも勇一郎被告もそこまでのことをした。当時、どういう心境だったのか」。母親は被告人質問で何度も問われたが口を開くことはなかった。心愛さんに抱く気持ちも答えられず、虐待が始まった動機は判然としないまま刑が確定した。

 虐待を「しつけだった」と供述したが、後に「覚えていない」と繰り返すようになったとされる勇一郎被告。初公判での罪状認否や被告人質問で何を語るのか。注目の裁判員裁判に向け、千葉地裁ではきょう24日、第2回公判前整理手続きが非公開で行われる。

外部リンク

cat_178111_issue_fa5190e5c7b3 oa-chibanippo_fa5190e5c7b3_e9044102eed0_<小湊鉄道>朝食付きトロッコ列車運行 「朝の爽やかな空気楽しんで」 e9044102eed0 0

<小湊鉄道>朝食付きトロッコ列車運行 「朝の爽やかな空気楽しんで」

2019年7月24日 09:55 ちばとぴ&千葉日報

 小湊鉄道(千葉県市原市、石川晋平社長)は、朝食を取りながら房総里山トロッコの旅が楽しめる「朝トロ号」の運行を始めた。

 朝トロ号は、普段はトロッコ列車の回送区間の五井駅-上総牛久駅間で運行され、午前7時16分五井駅発、8時8分上総牛久駅着の朝食(モーニングボックス)付き。ブーランジェリー・ル・ポール(千葉市)と石井食品(船橋市)が協力する。同鉄道は「朝の爽やかな空気を楽しんでほしい」とPRしている。

 今後は7月27、28、8月3、4、24、25日の各日下り1本運行で定員30人。五井-上総牛久間の運賃と朝トロ料金千円が必要。申し込みは乗車予定日の2日前まで、トロッコ専用ダイヤル(電話)0436(23)5584。

外部リンク

cat_178111_issue_fa5190e5c7b3 oa-chibanippo_fa5190e5c7b3_8d9db0745b84_「還付金詐欺」未遂で大学生逮捕 偶然訪問の知人「おかしい」問いただす/松戸署 8d9db0745b84 0

「還付金詐欺」未遂で大学生逮捕 偶然訪問の知人「おかしい」問いただす/松戸署

2019年7月24日 10:31 ちばとぴ&千葉日報

 千葉県警松戸署は23日までに、詐欺未遂の疑いで自称埼玉県朝霞市の私立大学生の男(21)を逮捕した。電話de詐欺の受け子とみられる。

 逮捕容疑は仲間と共謀し22日、松戸市の無職の女性(89)方に市役所職員などをかたり「保険料の還付手続きをするためにキャッシュカードを郵便局員に渡す必要がある」などとうその電話をかけ、カードをだまし取ろうとした疑い。

 同署によると、男は郵便局員になりすまし女性宅でカードを受け取ろうとしたが、たまたま訪れた女性の知人でクリーニング業の男性(59)に「おかしい」と問いただされ、所持していたバッグを置いて逃走。男性の110番通報で警戒していた署員が付近を歩いていた容疑者を見つけた。

 男は「お金がほしくてやってしまった」と容疑を認めている。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

外部リンク

cat_178111_issue_fa5190e5c7b3 oa-chibanippo_fa5190e5c7b3_42fd0baed27d_人魚や新幹線の砂像お目見え 「砂の彫刻美術展」始まる/旭 42fd0baed27d 0

人魚や新幹線の砂像お目見え 「砂の彫刻美術展」始まる/旭

2019年7月24日 09:52 ちばとぴ&千葉日報

 千葉県旭市の飯岡海岸に、砂を固めて作った大小の砂像16基がお目見えした。人魚や赤ん坊、新幹線といったさまざまなモチーフを扱った作品が並び、訪れた人々の目を楽しませている。

 作品は夏の恒例イベント「あさひ砂の彫刻美術展」に合わせて制作された。2017年の世界大会で優勝した保坂俊彦さんによる巨大な作品をはじめ、各地のアーティスト、地元の子どもたちといったさまざまな作り手が手掛けた砂像が並んでいる。

 保坂さんは今年、道の駅「季楽里あさひ」(同市)でも作品を制作。26日まで展示されている。

 美術展は28日まで。同海岸周辺では27・28日、夏の祭典「旭市いいおかYOU・遊フェスティバル」が開催予定。27日には花火大会も行われる。

 美術展は入場無料。問い合わせは同市観光物産協会(電話)0479(62)7537。

外部リンク

cat_178111_issue_fa5190e5c7b3 oa-chibanippo_fa5190e5c7b3_289bbd7df670_拳銃所持容疑で米軍消防士逮捕 「荷物に詰めた記憶ない」/成田空港署 289bbd7df670 0

拳銃所持容疑で米軍消防士逮捕 「荷物に詰めた記憶ない」/成田空港署

2019年7月24日 10:07 ちばとぴ&千葉日報

 千葉県警成田空港署は23日、銃刀法違反(加重所持)の疑いで、米国籍の男で米軍所属消防士(43)を現行犯逮捕したと発表した。逮捕は22日。

 逮捕容疑は22日午後5時50分ごろ、成田空港第1ターミナルの乗り継ぎ検査場で、拳銃1丁と実弾28個を所持した疑い。

 同署によると、男は沖縄県の米海軍の施設「ホワイト・ビーチ」に赴任するため、シアトルから22日午後1時20分着の旅客便で到着。乗り継ぎ時に手荷物のエックス線検査などで発覚した。男は「拳銃は自分のものだが、荷物に詰め込んだ記憶がない」と供述しているという。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

外部リンク