cat_185359_issue_c6729029f0e8 oa-bloomberg_c6729029f0e8_f130804af4ed_世界で最も安全な都市は東京、大阪も3位-香港20位に転落 f130804af4ed 0

世界で最も安全な都市は東京、大阪も3位-香港20位に転落

2019年8月30日 15:30 ブルームバーグ

世界で最も安全な都市トップ10に、意外なメンバーが加わった。米国の首都ワシントンが初めてトップ10入りした。一方、香港は順位を下げ上位10都市から姿を消した。

  エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)の安全な都市ランキングで東京は3回連続1位。シンガポールと大阪はそれぞれ2位と3位を維持した。香港は前回2017年の9位から20位に転落した。

  シドニー、ソウル、メルボルンもトップ10に入り、アジア太平洋地域から6都市が入った。その他の上位10都市はアムステルダム、コペンハーゲン、トロント。ロンドンとニューヨークはいずれも6つ順位を上げ、14位と15位。

  指数はデジタル化、健康、インフラストラクチャー、安全について5大陸の60都市を比較した。

外部リンク

cat_185359_issue_c6729029f0e8 oa-bloomberg_c6729029f0e8_cb7f614ec184_未来の地球憂う米中2人の起業家-AIと人類の関係では意見分かれる cb7f614ec184 0

未来の地球憂う米中2人の起業家-AIと人類の関係では意見分かれる

2019年8月30日 15:31 ブルームバーグ

イーロン・マスク氏と馬雲(ジャック・マー)氏という米中を代表する起業家2人が29日、初めてそろって公の場で議論を交わした。上海で人工知能(AI)サミットに参加した両氏は、宇宙人の存在から人間の意識保存など多岐にわたる意見を述べ、聴衆があっけにとられる場面もあった。

  この日開幕したのは、上海市が国務院の国家発展改革委員会などと共催する「2019年世界人工知能大会」。電気自動車(EV)メーカー、米テスラの最高経営責任者(CEO)を務めるマスク氏とアリババ・グループ・ホールディングの共同創業者で中国一の富豪、馬氏は壇上で握手した。
  
  スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)も率いるマスク氏は、近いうちにAIが人類を超えると予想。文明は終焉(しゅうえん)を迎え、人類は特に火星など宇宙の探査に乗り出す必要があると述べ、人間は本質的に遺伝子に束縛された利口でない生き物だとの見方を示した。ただ米国から太平洋横断フライトで上海入りしたばかりのマスク氏は、まだ時差ぼけが抜けきっていないようにも見えた。

  一方、地球上の生活に焦点を絞る馬氏は、機械はその作り手を超えることは決してないだろうと論じた。人類が将来も生き残るためには知能指数(IQ)に加え、「愛情指数」ともいうべき「ラブQ=LQ」が必要だと訴えた。議論がかみ合わない場面もあったが、全般的に話が飛びがちなマスク氏と比べ、地に足の着いた話し方をする馬氏の方が理性的な印象を与えた。

  2人の意見が一致したほぼ唯一の点は、世界の人口問題だ。現在の出生率を踏まえると、世界が人口破綻の瀬戸際にあるとの見方を共有しているようだ。マスク氏が「地球にはあまりに多くの人々が住んでいると大半の人は信じているが、これは時代遅れの考え方だ」と指摘すると、馬氏はうなずいた。「20年後に世界が直面する最大の問題は人口爆発ではなく、人口崩壊だ」とマスク氏は語った。
関連記事AIの恩恵受ければ週12時間労働も可能に-アリババの馬会長
上海のAIサミット、テスラのマスク氏が参加-29日開幕

外部リンク

cat_185359_issue_c6729029f0e8 oa-bloomberg_c6729029f0e8_6d6f94efb0d5_長期金利マイナス0.3%割れで日銀どうする?、レンジ拡大、下限設定 6d6f94efb0d5 0

長期金利マイナス0.3%割れで日銀どうする?、レンジ拡大、下限設定

2019年8月30日 15:37 ブルームバーグ

長期金利が過去最低水準のマイナス0.3%を下回った場合、日本銀行はどう対応するか-。市場では、国債買い入れオペの減額でイールドカーブコントロール(YCC)政策を維持する姿勢を示しつつも、緩やかな金利低下を許容し、9月の金融政策決定会合で目標レンジの拡大など政策を修正するとの見方が出ている。一方、国債買い入れオペに金利の下限を設定するといった一段の金利低下を食い止める積極策を予想する向きもある。

当面オペ減額、9月に政策修正
野村証券の中島武信シニア金利ストラテジスト

  • 日銀は買い入れオペ減額で金利低下を止められるとは思っていないだろうが、現状の金融調節方針との関係からゼロ回答はしづらい
  • 9月の決定会合まで待って、そこで金融調節方針を変更するだろう。金利の下振れ容認はハードルが高く、目標レンジの拡大の方がYCCのロジックとしてやりやすい


SMBC日興証券の森田長太郎チーフ金利ストラテジスト

  • 日銀は買い入れオペの減額が効かないから実施しないというほど単純な判断にもならないはず
  • 常識的な感覚で弾力運用の範囲を完全に超えているとみなされる水準に達すれば、金融政策決定会合でゼロ%目標の引き下げ議論を誘発する可能性がある


下限金利設定かYCC枠組み変更
  日銀は16日に今月2回目となる国債買い入れオペの減額に踏み切ったが、長期金利は上昇しなかった。世界的な金利低下の流れを背景にした内外投資家の日本国債への買い圧力が強く、少額のオペ減額程度では金利低下を止めるのは難しい状況だ。

みずほ証券の丹治倫敦チーフ債券ストラテジスト

  • 下限金利設定オペを用いてでも金利低下を止めようとするか、もしくはYCCレンジの下限撤廃など枠組み変更するか二つに一つ
  • 下限維持を事実上放棄する姿勢を示すなら、9月会合でキャップ制への移行(下限撤廃)が正式にアナウンスされる可能性も高まる


低下容認
  日銀は3年前に導入した長短金利操作で長期金利をゼロ%程度で推移するように誘導している。ただ、具体的な誘導幅については、昨年7月からプラスマイナス0.1%の倍程度に拡大し、今年6月には黒田東彦総裁が柔軟に運用する姿勢を示唆しており、明確となっていない。

大和証券の岩下真理チーフマーケットエコノミスト


  • 曖昧にしている長期金利の変動幅について、声明文で長期金利の低下容認と明記するのも一案だ

外部リンク

cat_185359_issue_c6729029f0e8 oa-bloomberg_c6729029f0e8_ee08d05d54e8_ドバイの巨大空港プロジェクトが中断、湾岸経済の失速響く ee08d05d54e8 0

ドバイの巨大空港プロジェクトが中断、湾岸経済の失速響く

2019年8月30日 15:52 ブルームバーグ

ペルシャ湾岸アラブ諸国の経済が勢いを失う中で、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国のマクトム国際空港の建設が中断された状態だと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。完成すれば年間利用旅客数2億5000万人余りの世界最大級の空港になるはずだ。

  デリケートな問題であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、建設作業は止まり、拡張のための資金も追って通知があるまで凍結されている。

  同空港の第1フェーズ完成は昨年10月時点で既に5年延期され、2030年を予定する。完成後はドバイに本社を置くエミレーツ航空の巨大ハブ空港となる見込み。現在はドバイ国際空港がハブ空港だ。

  ドバイ空港公社はブルームバーグに宛てた書面で、長期基本計画の見直しを進めており、「次の段階の詳細や正確なスケジュールはまだ確定していない」と説明した。

  地政学的緊張と原油安が響き、昨年のドバイ成長率は10年以来のペースに鈍化した。観光業は17年以降停滞している。ドバイ・ワールド・セントラルとして知られる新空港のウェブサイトによると、同空港は13年にオープンしたが、航空会社の就航は11社にとどまっている。

外部リンク

cat_185359_issue_c6729029f0e8 oa-bloomberg_c6729029f0e8_2b3d572a299a_空前の「タピオカドリンク」ブーム、原材料の輸入急増で人気裏付け 2b3d572a299a 0

空前の「タピオカドリンク」ブーム、原材料の輸入急増で人気裏付け

2019年8月30日 15:54 ブルームバーグ

若者を中心に空前のブームに沸いている「タピオカドリンク」。街角では黒い大きなゼリー状の粒が入ったドリンクを片手に歩く姿があちこちでみられる。その人気が原材料であるタピオカの輸入急増につながっている。

  財務省が29日発表した7月の貿易統計(国別品目別)によると、「タピオカ」と「タピオカ代用物」の輸入量は1799トンと、前年の同じ月の5.2倍に拡大。金額ベースでは同5.9倍の5億7800万円に膨らんだ。

  タピオカは熱帯低木のキャッサバの根茎から製造されたでん粉。地域別ではドリンク発祥の台湾からの輸入が最も多く、前年同月の8倍超の1597トンで、輸入量全体の89%を占めた。タイ、マレーシアがこれに続いた。

  今年1-7月の累計輸入量は6270トン(輸入額21億2200万円)で、年間の過去最高を記録した昨年の2928トン(同8億5800万円)の倍を既に超えている。   

外部リンク

cat_185359_issue_c6729029f0e8 oa-bloomberg_c6729029f0e8_f5a8596474cc_米の「宇宙軍」、統合軍として発足ーロシアや中国の脅威に対抗 f5a8596474cc 0

米の「宇宙軍」、統合軍として発足ーロシアや中国の脅威に対抗

2019年8月30日 15:55 ブルームバーグ

トランプ米大統領は29日、ミサイル追跡や宇宙での軍事作戦の支援を目的とする「宇宙軍」の発足を記念する式典に臨んだ。ロシアや中国からの脅威の高まりに対抗する動き。

  トランプ大統領はホワイトハウスでの式典で「宇宙軍は次の戦闘分野である宇宙で米国の極めて重要な利益を守ることになる」と語った。

  宇宙軍はインド太平洋軍やサイバー軍などに続いて11番目の統合軍となる。ホワイトハウスによると、宇宙における紛争阻止や米国およびその同盟国の防衛が任務となる。宇宙軍の司令官にはレイモンド空軍大将が就任した。

  トランプ大統領は式典で、宇宙に特化した組織や訓練、装備を伴う独立軍としての宇宙軍の創設案にも言及した。

  大統領は昨年12月、軍の宇宙戦略見直しの一環として統合軍としての宇宙軍創設を命じる大統領令を出した。その際に独立軍としての宇宙軍について米議会承認も求めていたが、議会ではなお意見が分かれている。

外部リンク

cat_185359_issue_c6729029f0e8 oa-bloomberg_c6729029f0e8_c5b1b642a2cd_ファーウェイの次期モデル、グーグルアプリ抜きで苦戦必至か c5b1b642a2cd 0

ファーウェイの次期モデル、グーグルアプリ抜きで苦戦必至か

2019年8月30日 15:55 ブルームバーグ

中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)は9月に新たな旗艦モデル「Mate 30 Pro」を発表する見通しだが、この最新機種に米グーグルのアプリが搭載されない方針をグーグルが確認した。ファーウェイには米中貿易戦争激化からこれまでにない規模の影響が及びそうだ。

  Mate 30 Proは、米国がファーウェイをエンティティーリストに追加し米企業との取引を事実上禁止して以降、初の旗艦モデルとなる。トランプ政権はファーウェイに対する禁輸措置を緩和する可能性を何度も示唆。半導体やソフトウエアの米サプライヤーとの取引継続が可能か不透明だが、グーグルはライセンスが必要とされる同社のアプリがファーウェイの最新機種に搭載されないとの見通しを示した。

  これは中国以外の市場でのMate 30 Pro販売に逆風となりそうだ。ブルームバーグ・ニュースは米エンティティーリスト入りで同社の海外販売が40-60%減少する可能性があると6月に報じた。

  ファーウェイ幹部は今月、米国による輸出制限で同社の消費者部門の売上高が100億ドル(約1兆600億円)前後減ると予想。創業者である任正非氏の当初見通しよりも「やや少ない」との認識を示していた。

  ユーチューブやクローム、Gメール、グーグルマップを搭載した端末を出荷できなければファーウェイのハードウエア販売は苦戦が見込まれる。

外部リンク

cat_185359_issue_c6729029f0e8 oa-bloomberg_c6729029f0e8_4d159760d564_アップル、9月10日にイベント開催-最新iPhoneなどを発表へ 4d159760d564 0

アップル、9月10日にイベント開催-最新iPhoneなどを発表へ

2019年8月30日 15:58 ブルームバーグ

米アップルは29日、新型「iPhone(アイフォーン)」を披露するイベントを9月10日に開催すると明らかにした。アイフォーンだけでなく一連の新製品も発表されるとみられる。

  アップルが送付した招待状によると、イベントはカリフォルニア州クパチーノにある本社のスティーブ・ジョブズ・シアターで開催される。招待状には「イノベーションに限った」イベントだと、一言添えられている。発表内容はライブストリーミングでも見ることができるという。同社ウェブサイトによると、イベントは現地時間午前10時(日本時間11日午前2時)に開始する。

  ブルームバーグが今月報じたところによると、昨年発売したアイフォーンの「XS」と「XS MAX」それぞれの後継機として「Pro(プロ)」モデルが発表されるほか、「XR」の後継機種も披露される見通しだ。

  • 備考:アップル 、9月にiPhone新モデル3機種発表へ-iPadカメラ向上 (1)

外部リンク