cat_13235_issue_cbc42a271676 @linenews_cbc42a271676_a90dbf440c96_太りにくい「ラーメンの食べ方」8つのポイント|管理栄養士が教えるストレスをためないダイエット a90dbf440c96 a90dbf440c96 太りにくい「ラーメンの食べ方」8つのポイント|管理栄養士が教えるストレスをためないダイエット oa-yogajournaljapan

太りにくい「ラーメンの食べ方」8つのポイント|管理栄養士が教えるストレスをためないダイエット

寒い寒い季節、あったかいラーメンが食べたくなりますよね。
今、お取り寄せで美味しいラーメンを楽しむ人が増えていますね。体を内側から温める汁物は、風邪などから体を守るための免疫アップに適したメニュー。ダイエット中だって、ラーメンが食べたい時は食べましょう! その方が、結果的にダイエットはうまくいきます。ダイエットの成功の秘訣は、いかに楽して、食事を楽しむか。とにかく、ストレスを溜めないこと。ダイエット中だって美味しいラーメンを楽しむ方法があります。おうちラーメンでも外食でもできる簡単なコツをご紹介!

 極端なダイエットの「冷え」でラーメンが食べたくなる!?


食事量を減らすダイエットを続けるとどうしても代謝が落ち、手足が冷えやすくなります。

ダイエット中はむしろ、ラーメンを食べたくなるのかもしれません。冷えは強いストレスとなって疲労感や免疫低下を引き起こします。実は、ラーメンスープの脂肪と塩分は交感神経を高めるので、酷い疲れや倦怠感がある時は、やる気や元気を出してくれます。麺は熱量になりやすい炭水化物ですから、スムーズに活力になってくれます。寒い季節に温かい1杯はたまりませんよね。


「好きなラーメン」をおいしく楽しく食べる!


大切なのはメニュー選びです。本当に好きなラーメンを食べましょう。


本当は背脂たっぷりのとんこつラーメンが好きで食べたいのに、太りそうだからあっさりしたラーメンに「抑えておこう」「我慢しよう」というのはやめましょう。「インスタントラーメンが大好きだ!」という人は週1回くらいインスタントラーメンを食べたって構いません。

いくら健康に優れたものを食べたところで、それがストレスになって食べる楽しみを奪っていたら、何の意味もありません。


ダイエットは「7割できれば上出来!」くらいがちょうど良いと思います。ラーメンだって、食べたい時は食べましょう!


「ラーメンが太りやすい」理由は「糖質・塩分・脂肪」の偏り


麺類はどうしても炭水化物の糖質、スープの塩分、脂質の量が多く、野菜やタンパク質が少なく偏りがちです。


糖質、塩分、脂質は、内臓に負担がかかるので、年齢とともに代謝が難しく、太りやすくなってくるのです。アラフォー過ぎたし、メタボも気になる……でもラーメンが食べたい!そんな方に、簡単にできる「太りにくくする食べかたのコツ8」をご紹介します。おうちラーメンでも外食でもできるので参考にしてみてくださいね。


 ラーメンを太りにくくする食べかたのコツ8


1.具なしラーメンより「チャーシュー」か「卵」でバリアを!



食物繊維と同様に、タンパク質や脂質は、先に食べておくと麺の血糖値の急上昇を抑えるというデータがあります。しかも、比較的食べやすい少量で効果が得られます。さらに野菜と合わせると最強です。

大きめチャーシュー2~3枚、煮卵は半分~1個くらい食べても問題ないでしょう。どうせラーメンを食べるなら、いつもよりちょっと贅沢に、チャーシューや煮卵をトッピングしてみてはいかがでしょうか。


焼き豚や煮卵のようなタンパク質は腹持ちがよく、卵には満腹ホルモンの分泌を促す効果もあり、ラーメン一杯の「満足感」を高めてくれます。おうちラーメンなら場合は、ゆで卵や生卵のトッピングでもOK。




2.野菜はマシマシで!わかめ・海苔など海藻類トッピングもオススメ



麺と同量の程度、野菜をたっぷり食べることで血糖値の急上昇を抑えるとともに塩分をカット。

注目すべきは、「余分な塩分を体外に排出する」という野菜特有の働き。これは野菜全般に含まれる「カリウム」の働き。もやし、白菜、キャベツ、人参、青梗菜、にら、ネギなどなんでもOK。野菜の量の目標は、生野菜の状態で両手に1杯程度。


簡単便利な「ふえるわかめ」「海苔」など海藻類もオススメ。水溶性食物繊維が豊富で少量で血糖値の急上昇を抑えます。麺を効率的に燃やしてくれるビタミンCもしっかりとれます。


3.「ネギ」「ニラ」「ニンニク」「ごま」はヤセる薬味



ラーメンに欠かせない薬味たち。これらは、素晴らしいヤセ薬味。特有の「苦味辛味」成分は硫化アリルと呼ばれ、焼き豚のビタミンB群と一緒になると、麺類の炭水化物を効率的に燃やす効果が持続します。ラーメンだって、食べたら早く燃やして使ってしまえばいいのです! たっぷりといただきましょう。


4・ダイエットに必須の「酢」を!腸内環境を整える働きも



血糖値の急上昇を抑制、代謝促進、血圧抑制、腸内環境を整える効果もある酢はラーメンと好相性。仕事のストレスなど交感神経が高まってイライラしている時は、「酸っぱいもの」で頭スッキリ!内臓の排泄機能を活発にしてくれるので、疲労を回復してくれます。特に黒酢はポリフェノールが豊富、代謝促進や老化予防効果パワーが高いのでオススメ。




5.温かい「お茶」を一緒に



ラーメンのスープは塩分が高く血管に負担をかけます。塩分が高いと喉が乾くので、どんどんスープを飲んでしまうことがあります。そんな飲み過ぎを防ぐようにホットのお茶を飲みましょう。緑茶のカテキンはリフレッシュ&リラックス効果があるのでオススメ。氷の入った冷たい飲み物は、せっかく温まった体を冷やすので注意!


6.スープは絡ませて食べる程度に




スープもラーメンの一部ですから、味わいながら食べるのは問題ないですが、最後の一滴まで全部飲み干すのはやっぱり量が多いでしょう。控えめに。

7.おうちラーメンなら麺7割。外食ならシェアするのも手。

外食の場合、1人前の麺が160~180gあり、糖質は50g前後です。最近提唱されている「ロカボ」では1食の糖質は30~40gが目安とされているので、1食分食べるとややオーバーです。

外食ラーメンなら、シェアをする、また最初から麺を少なめにオーダするのもスマートに楽しむひとつです。食べられない量を無理して食べることも残すこともなく、地球に優しいのではないでしょうか。

8.太らない時間帯は「ランチ」夕食なら20時までに!


タイミングは、ランチやブランチとして食べるのがおすすめです。

ラーメンは疲れた体を温めて素早く熱量になるので、のんびりとした休日のスタートとなるブランチに最適。買い物やレジャー、外出など活動する予定の前に食べれば、ラーメンのエネルギーを有効に消費できます。週に1回、ごほうびラーメンを楽しむのはいかがでしょうか?

どうしても夕食に食べたい!という場合は20時までに食べ終わり、ゆっくり湯船に浸かりましょう。寝る4時間前までに食べ終えるのがベスト。その場合は、必ず湯船に浸かって代謝をあげましょう。


ライター/松田真紀


1972年兵庫県生まれ。管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。アスリートフードマイスター3級。女子栄養大学卒。自ら18才から15年以上20kgの体重増減、摂食障害に。苦しいダイエット生活の末辿り着いた、外食、コンビニOK!ラクして楽しむダイエットを提案。年間1000人以上のダイエットカウンセリング、企業や施設団体の講演など多方面で活躍中。著書『居酒屋ダイエット』(三笠書房)。趣味はトライアスロン、100kmウルトラマラソン、フルマラソン、全米ヨガアライアンス200習得中。

外部リンク

cat_13235_issue_cbc42a271676 @linenews_cbc42a271676_86bd7dfe5bf1_風邪予防やリラックス効果も!カイロを貼るのに適した場所ランキング 86bd7dfe5bf1 86bd7dfe5bf1 風邪予防やリラックス効果も!カイロを貼るのに適した場所ランキング oa-weathernews

風邪予防やリラックス効果も!カイロを貼るのに適した場所ランキング

2020年12月16日 14:21

この季節、必須のカイロ。体のどこに貼るのがいいのか悩んでいませんか?源保堂鍼灸院の瀬戸郁保先生に、冬を乗り切るのに効果が高いカイロの貼付箇所をランキング形式で教えてもらいました。

貼る場所によっては寒さ対策だけではなく、風邪予防やリラックスなどの効果もあるので、用途に合わせて貼る場所を選んでみてください。また、低温やけどを引き起こす恐れもあるので、カイロが直接肌にふれないよう必ず衣服の上に貼り、貼ったまま眠らないように注意しましょう。

第1位:大椎(だいつい)

寒さ対策で1番のオススメは首の後ろにあるツボの大椎。風邪を予防し、悪寒、風邪、頭痛などの症状をやわらげる効果があります。

「風邪の引き始めなどに背筋がゾクッとした悪寒を感じるところ、と大椎を覚えてください。大椎は体の温もりを作り出すところとされているので、ここを温めることによって身体全体を温めることができます。

マフラーも大椎が隠れるように使うと保温効果が高まり、カイロをここに貼れば効果は絶大です。首が開いたインナー着用時など、大椎の上に貼ることができない場合はなるべく大椎に近いシャツの上部に貼るようにしてください」(瀬戸先生)

第2位:神闕(しんけつ)

新年会でビールや冷たいものでお腹を冷やしてしまった、などお腹の調子が悪いとき、手足が冷えるとき、入学試験など緊張やストレスを感じるときにオススメの貼付箇所が神闕、つまりおヘソです。

「『お母さんと繋がっていたおヘソには神が宿る』とされ名付けられたツボ。最近はレンジで温め使うことができる『ヘソ灸グッズ』が流行っていますが、おヘソを温めると冷えによって起きた下痢や消化不良が改善される上、リラックス効果もあります。

入学試験など緊張するときや、気が張って眠れないときなどもおヘソを温めるといいでしょう。後述の丹田と位置が近いので、大きめカイロ1枚で両方のツボをカバーするのもオススメです」(瀬戸先生)

第3位:丹田(たんでん)

疲れ気味で元気が出ない時、免疫力が下がったと感じた時、冷えで腰痛になりやすい時や大病予防に貼りたいのがヘソ下5〜9cm程度のところにある丹田です。

「東洋医学や日本の武術などでエネルギーが集まる場所として重要視される丹田ですが、ここが弱ると免疫力も低下し、病気にもなりやすくなるとされています。もし丹田を触ってみて、冷えた感じがするとか、くぼんだ感じがする場合は要注意。自分の身を削って生命力を消耗しています。

丹田は程よく弾力があり、温かみがあるのが理想的。カイロなどで温めたり、しっかり栄養と休息をとって体をいたわってあげてください。疲労から免疫力が落ちて風邪を引いたときは、大椎とダブルで貼るといいでしょう」(瀬戸先生)

頭や睾丸は避ける、寝る時には外して低温やけどに気をつける、など基本的なことを守っていればカイロは毎日使うことができます。ご自身の体調に合わせてぜひ有効活用してください。



参考資料など

取材先:源保堂鍼灸院(http://genpoudou.com/)、瀬戸郁保氏、瀬戸佳子氏

外部リンク

cat_13235_issue_cbc42a271676 @linenews_cbc42a271676_ea2ec797f784_肩コリを撃退!お昼休みに試したい、ちょこっとエクササイズ ea2ec797f784 ea2ec797f784 肩コリを撃退!お昼休みに試したい、ちょこっとエクササイズ oa-yolostyle

肩コリを撃退!お昼休みに試したい、ちょこっとエクササイズ

2020年12月21日 13:10

その肩こり放っておいたら大病につながるかも!?

デスクワークが多いと、気がついたら肩も背中もバキバキ! それが原因で頭痛がしたり、ひどいと四十肩五十肩の原因になってしまうかも!?

ちなみにその肩コリは、肩甲骨と密接な関係があります。

コリを感じる筋肉は、肩や首を支えている筋肉(僧帽筋〈そうぼうきん〉など)なのですが、その深い位置にある菱形筋〈りょうけいきん〉というところがコリかたまると、肩甲骨の可動域が狭まり、腰痛や呼吸器系の病気も発症する恐れもでてくるのです。

また、女性らしい体作りにも肩甲骨は大切なポイント。肩まわりの筋肉を軟らかくしておかないと、正しい姿勢も身につかないし、肩甲骨の可動域が狭まるとトレーニング効果も激減してしまいます。

手遅れになる前に、日々ちょっとずつコリをほぐしたほうがベター!

ベルトやタオルを使ったパパッと運動を実践


1:ストラップやタオル、ヒモなどを両手に持ちます。両腕を頭上に伸ばし、ストラップをピンと張った状態のまま左右に体を倒します。肋骨と肋骨の間を広げワキが伸びていることをイメージ!

2:1と同じくストラップなどを両手に持ち、両腕を頭上に伸ばしてスタンバイ。この時、ワキや肩に違和感がないように持つヒモの長さを調整。そのままヒモが緩まないようにゆっくり背中側に下ろしていく。途中で止めてキープ!

3:ストラップや紐を肩幅の長さにして結び輪にする。手首にかけて頭上に伸ばす。ヒザを曲げて右に重心を移動しつつ、体を右に倒していく。そのまま重心を移動しながら体をぐるりと回旋させる。

1と2は座席に座ったままでもできます。立っていても座っていても、背筋を伸ばした正しい姿勢を心がけてください。

【道具を買ってみるとモチベーションも上がります】

ヒモやタオルでもできますが、ヨガストラップ、ヨガベルトと呼ばれる道具などを用いてもOK。エクササイズに使うだけでなく、苦手なポーズの練習時に役立ちます。ヨガマットのキャリーストラップになったりするものもあるので、興味があればチェックしてみてください。

ライター:北川彩

出展『Yogini』vol.44「新・用具通信」

監修:原田優子/フィジカルナビゲーター、アロマセラピスト

ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

cat_13235_issue_cbc42a271676 @linenews_cbc42a271676_a7073181e0df_冬に足が臭う原因は? 5つのNG項目と対策 a7073181e0df a7073181e0df 冬に足が臭う原因は? 5つのNG項目と対策 oa-weathernews

冬に足が臭う原因は? 5つのNG項目と対策

2020年12月22日 12:14

冬に革靴やブーツなどを脱いだとき、イヤな臭いがした経験はありませんか?
実は、冬の足は臭いやすいのです。
臭いに繋がる原因と対策を五味クリニック院長の五味常明先生に教えていただきます。

足の臭いのNG

足の臭いというと夏のイメージが強いのですが、実は冬も足の臭いにつながる原因が多いのです。そうした行動を自分がしていないか、チェックしてみましょう。

(1)革靴にストッキング・タイツを履く

「足裏は体のなかでも汗腺の多い部位で、1日にコップ1杯分の汗をかいているといわれています。ナイロン製のストッキングやタイツ、靴下などは、靴のなかで結露したようになりやすく、ムレた靴のなかは、雑菌が繁殖しやすい環境になり、臭いが発生してしまうのです」(五味先生)

確かに、冬でもブーツや革靴のなかはムレています。

「ウールなど天然繊維は、吸湿性が高く適しています。難しければ、足裏だけ吸湿性に優れた素材で作られた製品を選んだり、吸湿性、消臭性のある中敷きを使うのもよいでしょう。足指の間などに制汗剤を利用するのも効果的です」(五味先生)

(2)お気に入りの靴ばかり履く

履きやすいからと、同じ靴ばかり履いてはいないでしょうか。「1日履いた靴は、湿気を含んでいます。1度履いた靴は、風通しのよい場所で2日は休ませましょう。靴は3足をローテーションで使うのが望ましいのです」(五味先生)

(3)運動不足

運動不足や靴のしめつけなどから、足がむくみがちということはないでしょうか。これも、臭いの原因になります。

「疲労物質のアンモニアが溜まっていると、汗になって臭います。改善には、血行をよくすることです。足の付け根のあたりをトントンたたいてリンパを刺激したり、入浴時にマッサージするとよいでしょう」(五味先生)

(4)足のケアをさぼりがち

サンダルなど素足を表に出す機会の多い夏と違い、冬は足の手入れをさぼりがちではないでしょうか。

「余分な角質などが溜まると、それをエサに雑菌が繁殖しやすくなります。スムーザーなど使って、適度に角質を落としましょう。ただし、削りすぎるとその刺激でかえって角質が厚くなるので、やりすぎには注意しましょう」(五味先生)

(5)ストレスを溜める

何かと忙しい年末年始は、ストレスが溜まりがちで、それも足の臭いの元になります。

「冬はブーツなどを履くうえに、足の精神的発汗が多くなります。真面目で優しい人は、ストレスから汗をかきやすいです。臭いを心配しすぎないこと、対策したから大丈夫と楽観的になるのも案外役立ちます。

また、足に汗をかくと、蒸発するときに『汗冷え』を起こしてしまいます。夏にエアコンのなかで寝て、寝冷えするのと同じ原理です。汗冷え予防の意味でも、制汗剤を積極的に使用するといいでしょう。ウールの靴下も汗冷え予防にもよいですね」(五味先生)


足の臭い対策は、足の環境を整えることでもあるようです。きちんと対策をして、心地よく過ごしましょう。

外部リンク

cat_13235_issue_cbc42a271676 @linenews_cbc42a271676_d8a7625099ca_コロナ禍で今すぐやるべき「免疫力が上がる10の習慣」 d8a7625099ca d8a7625099ca コロナ禍で今すぐやるべき「免疫力が上がる10の習慣」 oa-shujoprime

コロナ禍で今すぐやるべき「免疫力が上がる10の習慣」

2020年12月20日 16:00

 全国の新規感染者数が1日あたり3000人に迫る。いつ、どこでコロナに感染してもおかしくない今、ウイルスに対抗できる免疫力を身につけておくのは必須! そこで今日からすぐできる10の方法を免疫学の権威に聞いた。

※写真はイメージです

「誰もが感染している可能性があります」

 12月9日の会見で、日本医師会の中川俊男会長が警鐘を鳴らした。毎日数千人単位で新型コロナウイルスの新規感染者が増加している。北海道や大阪府、愛知県などでは病床数が逼迫(ひっぱく)。医療従事者は心身の疲労がピークに達しており、医療崩壊の危機が迫る。

「新型コロナに“かからない”“かかっても発症させない”“重症化させない”。そのためには免疫力を高めることが必須です」

 そう話すのは免疫学の権威、順天堂大学医学部の奥村康特任教授だ。

「免疫力は、私たちの身体の中にある免疫細胞の働きによる防衛システム。免疫細胞は体内にウイルスや病原体が入り込まないようにパトロールしたり、侵入を許したらそれを攻撃する働きがあるんです」(奥村教授、以下同)

 免疫力が下がると、病原菌を攻撃する細胞の力が弱まる。攻撃できなければ、病気にかかりやすくなる。

「風邪や普通の病気でも免疫力が下がれば、重症化のリスクが高まります。免疫は20歳をピークに下がり続け、高齢になればさらに低下します。免疫が高い人は下げないこと、低ければ上げることが大事」

 コロナ禍を生き残るためにはマスク着用や手洗いなどはもちろんのこと、自己免疫を上げて対抗するしかない。

 そこでお金も時間もかけずに、毎日の習慣に組み込むだけで免疫力がアップする方法をレクチャーしてもらった。

 まず、最も肝心なのが体温を上げることだ。

「免疫力は身体の中心部の体内温度が37度以上のときに最も活発に活動し、36度以下で弱くなります。皮膚体温で考えると、免疫力強化には36・5度をキープすることです」

 身体を温めるためには、少し早めの速度で歩くウォーキングがおすすめだという。息が上がるほどの激しい運動では免疫が上がりすぎて、逆に下げようと細胞が働くため逆効果。スポーツ選手らが体調を崩しやすいのはそのためだ、と奥村教授。

 癒し効果のある森林浴も免疫アップには欠かせない。森の中なら密も避けられ、気分転換にもなるだろう。

ストレスと不安が免疫力を下げる


「太陽の光に当たることで自律神経が整い、免疫力がアップするので1日15分ほど日光浴もしましょう」

 身体を動かすだけでなく、毎回の食事も大切だ。

「特にしっかり噛むこと。ひと口あたり30回以上は噛みましょう」

 噛めば噛むほど身体が熱を作り出す量が増え、体温が上昇。免疫細胞の活性化につながるのだ。

 もっとも重要なのが睡眠だ。

「“何時間寝るか”よりも“寝るべき時間帯にしっかり寝ること”が大切です。午後10時~午前2時までの間は1日の中で免疫細胞の働きが最も低下します。この時間はしっかりと眠りましょう」

 この時間帯にストレスを受けたり、疲れをためたりすると病気になるリスクが高まる。不規則な生活や徹夜を繰り返せば、若者でも免疫力が低下するおそれがある。

 しっかり眠るためにはまず、入浴して身体を温めよう。

「湯船につかることで体温が上がり、血行の改善につながります。身体の内部を温めるためには40度ほどのお湯に半身浴で20分ほどじっくりと入ることです。肩が冷えると風邪をひいてしまうので、肩に熱いタオルをかけたり、浴室暖房をつけるなどして、お湯につかっていない部分も温めておきましょう」

 ストレッチやマッサージも血行の改善には効果的。

免疫細胞はリンパ液の中に多く含まれています。しかし、リンパの流れが悪くなると、免疫細胞の流れも悪くなり、必要な栄養素や酸素が身体中にいき渡らなくなります。結果、ウイルスや細菌が侵入したときに戦えず、病気になるのです」

 そこで鎖骨、首、胸の上、わきの下、脚の付け根、ひざの後ろ、足首などにある「リンパ節」をマッサージしよう。流れがよくなれば、免疫細胞は体内でスムーズに流れる。

「手軽な方法は爪もみです」

 爪の生え際にある「井穴(せいけつ)」というツボには神経線維が集中している。ここを刺激すると、自律神経のバランスが整えられ免疫アップに。

「爪の生え際を反対の手の親指と人さし指で挟んで10~20秒ずつ強く押します。1日2、3回を目安に行うこと。ただし薬指の爪には自律神経に強く作用する神経が集中しているため、逆に免疫が下がるおそれがある。避けたほうがいいでしょう」

 免疫を上げる方法を習慣化しても油断は禁物。奥村教授いわく、いちばんの敵は不安や心労なのだという。

「収束が見えないコロナ禍、感染や生活の不安、長引く自粛で気持ちが滅入ることも多いでしょう。不安やストレスを蓄積することでも免疫は下がるんです。趣味に没頭したり、音楽を聴いたり、歌ったりして余計なことを考えないこと。とにかく頭を空っぽにしてぼーっとしましょう」

 悪口を言って嫌なことは吐き出して、スッキリすることも重要だ。

「そして笑いましょう。笑えば笑うほど免疫力は上がります。お笑いのDVDを見たり、笑うふりをするだけでもいい。毎日、鏡の前でにっこりとする習慣を作りましょう。笑うだけで確実に免疫力は上がります」

 食品に頼る方法もある。

「腸内環境を整えてくれるヨーグルトは免疫アップには最適な食べ物。それに身を温めてくれるトウガラシやショウガは身体にもいいでしょう」

 奥村教授は訴える。

「大切なのは新型コロナのことばかりを気にしないこと。家族や友人を大切にし、直接会えずとも電話などで交流を深めていくこともコロナ禍を乗り切る術になります」

 いつ終わるかもわからないコロナの流行。過ぎ去ることを希望に、免疫アップにはげみたい。

免疫力が上がる10の習慣


【1】早歩きでウォーキング

【2】公園などで森林浴をする

【3】1日15分、日光を浴びる

【4】ひと口30回ほどよく噛む

【5】質の高い睡眠をとる

【6】40度のお湯で20分半身浴

【7】1日2~3回、爪もみをする

【8】ぼーっとする時間を持つ

【9】悪口を言うようにする

【10】よく笑うようにする 

外部リンク

cat_13235_issue_cbc42a271676 @linenews_cbc42a271676_7ff75770b113_女医が指南!「冷え性」の本当の原因と、根本から改善するための正しい温活法6選 7ff75770b113 7ff75770b113 女医が指南!「冷え性」の本当の原因と、根本から改善するための正しい温活法6選 oa-preciousnews

女医が指南!「冷え性」の本当の原因と、根本から改善するための正しい温活法6選

冬場だけでなく、1年を通して冷え性と闘っている人は多いといわれています。そんなつらい万年冷え性と一刻も早くおさらばしたいと思っている人、必見!

産婦人科医で女医ボクサーとしても活躍する高橋怜奈先生に、冷え性の本当の原因や、その具体的な対策を教えていただきました。自宅や職場でできる、簡単セルフケア法も併せてご紹介します。お見逃しなく!

高橋怜奈先生

産婦人科医

(たかはし れいな)女医プラス所属。東邦大学医療センター大橋病院・婦人科在籍。2016年6月にボクシングのプロテストに合格。現在は世界初の女医ボクサーとしても活動中。医師として、またアスリートとしての豊富な経験や知識を活かし、ダイエットや食事療法、運動療法のアドバイスも行う。テレビや雑誌などメディアにも多数出演するなど、活躍の場を広げている。

冷え性を根本から改善するための方法とは?


「人は緊張したり、冬の時期に寒いところに長い時間いると手や足、体が冷たくなったりしますが、健康であれば恒常性が働いているので、冷えたからといって、ずっと冷えたままではなく、しばらくすれば元に戻ります。

また、冷えたものを食べるのは、冷えを助長するため良くないといわれますが、基本的に内臓の温度は一定に保たれているので、冷たいものを少々食べたところで、冷えにつながることもありません。

それでは、冷えはなぜ起こるのか?というと、血流の悪さが原因で起こります。『冷えている=血流が悪くなっている』ということ。通常、手足など末端部分が温められるような血流の循環がある状態が正常なのですが、手足が冷たいということは、そこに血液が回っていないので、すでに正常な状態ではありません。

その原因は人によって様々で、筋肉量の不足であったり、水分代謝が悪いことによるむくみ、毛細血管の衰え、ストレスによる自律神経の乱れ、筋肉のコリなどが挙げられます。

もちろん、寒い時に衣服などで体を温めることは大切ですが、冷え性を抱えている人の場合、外から温めるケアだけでは限界があります。一時しのぎでなく、冷え性を根本から解消するためには、冷えの原因に正しくアプローチして、巡りの良い身体を手に入れることが大切です」(高橋先生)

以下で、具体的な改善策やケア法をご紹介します。

冷え性を改善するための6つのポイント


■1:筋肉量を増やそう。特に下半身の筋肉が大切に!

「冷えを根本から改善するためには、何よりも筋肉をつけることが大切です。男性に冷え性が少ないのは、女性よりも筋肉量があるから。筋肉を鍛えると、熱量も上がり、血行も良くなるので、末端冷え性の改善や予防に効果てきめんです。

特に、女性の場合、ふくらはぎや太ももなど下半身を重視して筋肉をつけるのがおすすめ。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、血液や水分などを上へと押し戻す筋ポンプ作用があるので、下半身に筋肉をしっかりつけることで、体全体の血流が良くなります。スクワットは下半身を強化するには最適なエクササイズなので、ぜひ取り入れてみてください」(高橋先生)

\これもおすすめ!/

「仕事中、足元に冷えを感じた時は、デスクで座ったままできる『足の上げ下げ運動』を行ってみてください。座った状態で足を上にあげて伸ばし、つま先を上げ下げするだけ。やっている内に、体がポカポカと温まってきます。また、立った状態でかかとを上げ下げする運動も、通勤時間を利用しながら簡単に行えるのでおすすめです」(高橋先生)

■2:「むくみ」は、その日のうちに解消しよう


「むくみとは水分代謝が悪く、水の排出が停滞している状態のこと。むくみによる余分な水分が血管やリンパ管を圧迫し、血行を悪くするため、冷えを加速させてしまいます。特に、下半身の筋肉量が少ない人は、血液や水分などを上へと押し出す力が弱いため、血液や水分が滞って、むくみやすくなります。

むくみと冷えのスパイラルを引き起こさないためにも、マッサージなどでその日のうちにしっかりむくみをとるように心がけましょう。普段から脚がむくみやすい人は、着圧ストッキングを活用してみてください。むくみを予防できます。また、塩分の摂りすぎはむくみの原因になるので控えめにしましょう」(高橋先生)

■3:ストレッチでコリをほぐし、巡りのいい体に!


「筋肉が緊張して硬くなると、血管が圧迫されて血流が悪くなり、疲労物質や老廃物が筋肉に溜まってコリが発生します。巡りのいい体をキープするためにも、普段からストレッチを取り入れて、冷えを撃退しましょう」(高橋先生)

■4:ストレスを溜めこまないようにしよう

「緊張したり、ストレスがたまっている状態は、常にアドレナリンが出ていて、心拍数も上がっているため、末端の血流が悪くなり、手足が冷えやすくなります。そんな時は好きな音楽を聴いたり、アロマを焚いたりするなど自分なりのリラックス法を取り入れてください。副交換神経が優位になり、手足も温かくなります」(高橋先生)

■5:毎日の入浴で全身の血流をアップさせよう


「入浴は冷えの解消に効果抜群。毛細血管力が高まり、末梢の血流もアップするので、全身ポカポカになります。シャワーだけで済ませずに、できれば毎日お風呂に浸かるようにしましょう。長時間入る必要はなく、41~42度くらいのお湯に10分程度、浸かるだけでOK。

リラックス効果のあるアロマの香りの入浴剤や、発汗を促すバスソルト、炭酸入浴剤を利用すれば、ストレスで凝り固まった体も柔らかくなり、全身の巡りもアップします」(高橋先生)

■6:寒いと感じたら、しっかりと温めよう


「寒さも血流を悪くする要因です。冬場でも暑いと思えば無理して温める必要はありませんが、寒いと感じるなら、手袋やマフラー、暖かいソックスを履いて温めるようにしましょう。全身を素早く温めたい時は、首の後ろや脇の下を、末端が冷えている時は、ダイレクトに足湯をしたり、手浴をするとすぐに温かくなります」(高橋先生)

いかがでしたでしょうか? 冷え性を改善するためには、外側から温めるだけでなく、筋トレやストレッチ、ストレスケアなどトータルで行うことが大切。ここで紹介した方法を取り入れて、冷え性を解消してくださいね。

外部リンク