ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

cat_10493_issue_04f5cae7aa12 @linenews_04f5cae7aa12_050b8cbd1677_元ウルトラマン・つるの剛士 息子に正体見破られ20万いいね! 050b8cbd1677 050b8cbd1677 元ウルトラマン・つるの剛士 息子に正体見破られ20万いいね! @linenews

元ウルトラマン・つるの剛士 息子に正体見破られ20万いいね!

2019年12月7日 22:59 女性自身

タレントのつるの剛士(44)が12月7日にTwitterを更新。つるのが「ウルトラマン」だったことを、息子に見破られたと明かした。

 

つるのは、《朝起きたらリビングで早起きした息子が、 ウルトラマンサーガの映画を観ながら 画面に向かって不思議そうに「ぱぱ…」と。 遂にこの日が来てしまったか》と投稿。20万件以上の「いいね」を記録し、反響を呼んでいる。

 

《憧れてたヒーローがパパとかカッコよすぎです》
《ウルトラマンシリーズの中で、主人公が自分の正体を明かす場面がリアルでも起こってしまったんですね。かっこいいの一言に尽きます。変身してあげてください》

 

つるのは続けて《…からの「ぱぱぁこの怪獣描いて」とせがまれたので》とし、息子に怪獣を描く動画を投稿した。

 

「育児熱心なつるのさんは子供が生まれたときに、『いつかはウルトラマンだったと明かしたい』と公言していました。しかし子供の物心がつく前に出演作を見せても、無反応だったようです。それだけに、喜びもひとしおでしょう」(テレビ局関係者)

 

つるのといえば、97年に放送された『ウルトラマンダイナ』(毎日放送)でウルトラマンダイナに変身するアスカ・シン隊員を熱演。その後に出演した『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)では、珍回答を連発するなど“おバカタレント”として注目を集めた。

 

つるのが演じたアスカ隊員は、無鉄砲でお調子者。だが、「絶対に諦めない」を信条とするキャラクター。その真っ直ぐで心優しいアスカ隊員は本作で多くの人を元気づけている。また、つるの自身もアスカ隊員のイメージと重なる部分が多い。

 

「つるのさんは育児の大変さを理解するため、自ら育休という“家庭訓練期間”を設けました。実際に家事や育児を実践し、その様子やアドバイスをSNSで発信。多くのフォロワーから励みになったという声が届きました。また12年から就任しているふじさわ観光親善大使も、8年目となった今でも頻繁にSNSで情報発信やイベント参加をし続けています。さらに5月に発生した園児死亡事故の記者会見に対する保育士を慮った発言などは、多くの賛同を呼びました」(前出・テレビ局関係者)

 

現実でもウルトラマンのように正義感溢れる、つるの。堂々と正体を明かしてほしい――。

外部リンク

cat_10493_issue_04f5cae7aa12 @linenews_04f5cae7aa12_7e2449b6fda3_「積雪前にお力をお貸しください!」被災地の”切実”な訴え、Twitterで反響 7e2449b6fda3 7e2449b6fda3 「積雪前にお力をお貸しください!」被災地の”切実”な訴え、Twitterで反響 @linenews

「積雪前にお力をお貸しください!」被災地の”切実”な訴え、Twitterで反響

2019年12月7日 17:11 バズフィード

「積雪前にお力をお貸しください!」。そんな、長野県の切実な訴えがTwitter上で話題を呼んでいる。

2ヶ月前の台風19号で、甚大な被害を受けた長野。「家屋の床下の泥出しがようやく始まったばかりという地域」もあるのが現状だ。

11月15日までに4万人を超えるボランティアが集まったが、報道の少なさや寒さから、その人数も減少傾向にあるという。

県の公式アカウントは12月6日、そうした窮状の「緊急性」を訴える以下の内容をTwitterに投稿した。


《ボランティア募集について、再度のお願いです。報道の少なさだったり、寒さもあり、少しずつボランティアにご参加頂く人数が減少しております。義援金や別の形で多くの支援を頂いていますが、床下の泥出しや軽トラで助力頂ける方の不足が、本格的な冬を前にした被災地で深刻なのが現状です》

《ボランティアの募集に関し、善意だけに頼らずに…という意見も頂いております。ただ、ボランティアさんの活動が、今すぐ被災者の生活を助ける事にも繋がり、沢山の支援をもらっておりますが、再度、緊急性を感じ、お願いをさせて頂きます。是非、積雪前にお力をお貸しください!よろしくお願いします》

ツイートは2000以上リツイートされ、拡散。「何かできる事はありますか?」という声のほか、「感謝してもしきれません」という被災者の声も寄せられている。

動画でのアピールも

「ひとりじゃだめでも、ふたりだとがんばれる」「現場では、まだまだ皆さんの力が必要なんです」

動画を使ったアピールにも力を入れている、公式アカウント。同じ日には、中の人がこんな心情を吐露している。

《被災した方の話を聞く度、何故公務員を志望したのか、あの時の思いを再認識させられました。
どんな時も変わらぬ生活を幸福と感じ、何事もなく日々を安心して過ごして欲しい…
今こそ、頼られる存在として、現状に満足せず、皆様に寄り添います。決して、我々は、誰の事も忘れません。
おやすみなさい》

現在の作業は、たとえば長野市では「泥出しや搬出作業」が中心という。

ボランティア向けには、高速道路などの無料措置や新幹線、バスの割引、給油所のサービスや入浴・宿泊施設の支援なども展開されている。

詳細は長野県のホームページから。

外部リンク