cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_9hi910sts2td_経済産業省がファッション商品の需要振興を検討 「GO TOキャンペーン」内で 9hi910sts2td 9hi910sts2td 経済産業省がファッション商品の需要振興を検討 「GO TOキャンペーン」内で oa-wwdjapan 0

経済産業省がファッション商品の需要振興を検討 「GO TOキャンペーン」内で

2020年5月20日 18:05 WWDジャパン

 経済産業省は、4月末に成立した補正予算に組み込まれた「GO TOキャンペーン」内で、ファッション関連商品の需要振興を行っていく考えがあると明かした。同キャンペーンは新型コロナウイルス感染症拡大を受けた緊急経済対策の一環で、観光業、飲食業、イベント等に対する支援として1兆6794億円が計上されている。具体的には、旅行や飲食店を予約する際に使えるクーポンを配布すると発表されていたが、「その中でファッション商品購入の際に使用できるクーポンも構想している」(経済産業省商務・サービスグループの三牧純一郎クールジャパン政策課長)という。

 クーポン使用の対象は、企業規模やブランドの大小を問わず、ファッション商品全般で検討しているという。こうした考えは、「ユナイテッド ヌード(UNITED NUDE)」青田行社長とイーストランド島田昌彦社長が、5月18日に牧原秀樹経済産業副大臣や自民党の福田達夫衆議院議員、経産省の担当者などと面会した際に明かされたもの。青田社長、島田社長らは、ファッション小売業支援のためのオンライン署名活動を8日にスタートし、「GO TOキャンペーン」を例にあげつつ「ファッション小売業が政府の支援の枠組みから漏れている」(青田社長)現状や、「業種を限らない経済活性化策が必要」と訴えていた。そうした声を受けて、ファッションの需要振興が盛り込まれる見込みとなった。

 青田社長らは18日に先立ち、11日に福田議員や同じく自民党の山田美樹衆議院議員、経産省の担当者らと面会。「18日に牧原副大臣にお会いできることになり、再度われわれの業界の現状や要望を伝えようと思っていたが、11日からのたった1週間で要望に対する回答をもらうことができた」(青田社長)。「業種を限らない経済活性化策」に加え、「貸付支援の速やかな審査や支給」「雇用調整助成金の速やかな支給や上限額アップ」「物件家賃の一部負担」を要望として掲げてきたが、雇用調整助成金は上限額が1万5000円となり、家賃補助については今まさに国会で審議中。各要望に一定の手応えを感じているという。

 18日に牧原副大臣に提出した書面には、そうした当初からの要望に加えて、ファッション業界特有の悩みといえる「在庫の負担軽減に対する補助案の検討」も追加した。「在庫の負担軽減策に関しては、今後どのような可能性があるかをこれから検討をする。また、コロナショック以前からある枠組みとして、10社以上まとまった形での展示会、販売会、実店舗やEC構築などの販路開拓事業に対し、上限5000万円で予算の3分の2を負担する、中小企業庁の『共同・協業販路開拓支援補助金』もある。こうした制度を活用していただくのもいいかもしれない」と三牧課長は話す。同補助金は、「若手デザイナー支援コンソーシアム」として、これまでもファッション業界で活用実績がある。年2回公募しており、今年度の第一期公募の締め切りは5月22日、第二期公募は9月末から10月末の予定。

 ファッション小売業は緊急事態宣言下で休業要請対象に指定されず、補償のない自主的な休業を続けてきた。そうした状況を不安視する声は業界内では非常に強まっているが、「今後は経済状況を見ながら、ファッションなど単価の高い小売業やレストランなどの支援もしっかり行っていきたいと考えている。業界が置かれた現状に対する声や要望などがあれば、われわれに伝えてほしい」と三牧課長は話す。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_p609q3m4sclc_営業再開から1週間のフランス 客足や売り上げは戻った? p609q3m4sclc p609q3m4sclc 営業再開から1週間のフランス 客足や売り上げは戻った? oa-wwdjapan 0

営業再開から1週間のフランス 客足や売り上げは戻った?

2020年5月20日 18:00 WWDジャパン

 フランスでは全土で行われていた都市封鎖が5月11日から緩和され、生活必需品以外を取り扱う店舗もおよそ2カ月ぶりに営業を再開している。それから約1週間が経ったが、売り上げなどは回復しているのだろうか?

 百貨店のギャラリー・ラファイエット(GALERIES LAFAYETTE)、「ザラ(ZARA)」などを運営するインディテックス(INDITEX)、H&Mヘネス・アンド・マウリッツ(H&M HENNES & MAURITZ)など、およそ6万店が加盟するフランスの専門店連盟プロコス(PROCOS)のエマニュエル・ル・ロシュ(Emmanuel Le Roch)=ジェネラル・マネジャーは、「客足は前年の同時期と比べて30〜40%少なく、パリのほうが地方よりも状況が悪い。パリにはショッピングセンターが多く、それらがまだ休業中のためだ。一方で、来店した客の購買意欲は高い」と語る。

 各店舗では、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、店内の消毒などの安全対策を講じての営業再開となったが、消費者もこれらを前向きに受け入れたという。高級百貨店のボン・マルシェ(LE BON MARCHE)では、入店可能な人数を10平方メートル当たり1人に制限した。また「ロエベ(LOEWE)」では、来店した顧客に販売員がトングでうやうやしくマスクを渡す光景が見られた。

 ギャラリー・ラファイエットは、シャンゼリゼ通り店と地方にある店舗の営業を再開したが、オスマン通り店は引き続き休業している。傘下の百貨店BHVマレ(LE BHV MARAIS)も営業を再開した。同社によれば、休業する前と比べて客足は20〜30%少ないが、客単価はむしろ高くなったという。売れ筋は生活雑貨、子ども服、メンズのスニーカーなどで、アパレルの売り上げはそれほど回復していない。なお、同社のECでは最大50%引きのセールを開催中だ。

 「グッチ(GUCCI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」などを擁するケリング(KERING)では、地元の顧客を中心に予想以上の客足になっているという。フランソワ・アンリ・ピノー(Francois Henri Pinault)会長兼最高経営責任者(CEO)は、「パリの店舗では国外からの観光客が売り上げのおよそ半分を占めている。少なくとも1年程度はそれが戻らないことを覚悟しているが、雇用は維持するつもりだ」と現地メディアに語った。同氏はまた、「グッチ」のモンテーニュ通り店を訪問した際に、「営業を再開した店舗では予想以上の客足があり、日によっては前年の同時期より売り上げが増加している店もある。こうした現象がいつまで続くかは分からないものの、当社の傘下ブランドが地元の顧客にいかに愛されているかが証明されたと思う」と述べた。同社の販売員は、休業している間も顧客に電話をかけてコミュニケーションを取ったり、リモートでの新たな販売方法を検討したりしていたという。

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「ディオール(DIOR)」などを擁するLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は、営業再開に関してコメントを差し控えるとした。しかし情報筋によれば、同社が擁するビューティ専門店チェーンのセフォラ(SEPHORA)ではオンラインで購入した商品を店頭で受け取るサービスを開始したことが奏功し、高いコンバージョン率になっているという。また「ルイ・ヴィトン」のシャンゼリゼ通り旗艦店では入店を待つ顧客の列が見られたほか、5月16日にはベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH会長兼CEOがマスクを着用した姿で同ブランドのヴァンドーム広場店を訪れ、店内を見回る様子が目撃された。

 多数のフレンチブランドを取りそろえる小売店のレクセプション(L’EXCEPTION)は、「客足は休業前の半分程度だが、来店した顧客の購買意欲は高い。とはいえ、営業を再開したほかの店からは売り上げが50〜60%減少したという話も聞く。それでは店を維持できないので、これから数週間でいろいろ回復しない限り、フランスの小売業界は悲惨なことになる」とコメントした。

 プロコスのル・ロシュ=ジェネラル・マネジャーは、「フランスではロックダウン中に貯蓄額が大幅に増加した。外出規制が緩和されたとはいえ、レストランや映画館はまだ閉まっているので、その分ぜいたくな買い物をしたいと思う消費者も多いはずだ。しかし『買い物をしたい』という欲求が営業再開後の1週間で発散されてしまい、その後は売り上げが落ちた国もあるので、今後の推移を見守りたい」と話した。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_tlpdbgcuepfw_巣ごもり名人に聞く 「インテリアのプロならではの“ヒュッゲ”な空間作りと楽しむ工夫」  tlpdbgcuepfw tlpdbgcuepfw 巣ごもり名人に聞く 「インテリアのプロならではの“ヒュッゲ”な空間作りと楽しむ工夫」  oa-wwdjapan 0

巣ごもり名人に聞く 「インテリアのプロならではの“ヒュッゲ”な空間作りと楽しむ工夫」 

2020年5月20日 17:00 WWDジャパン

 新型コロナウイルス感染拡大で4月7日に緊急事態宣言が発令され、在宅勤務や外出自粛で巣ごもりを余儀なくされている人が多い。行楽シーズンのゴールデンウイークでさえ、どこにも行かず自宅で過ごさざるを得ないという未曾有の状況だ。「人に会えない」「外出できない」こんなときに、どうすれば巣ごもりライフをエンジョイできるかを業界関係者に聞いてみた。

 デンマーク発インテリアブランド「フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN)」でアジア地区ブランドマネジャーを務める相澤真諭子さんは、11歳の娘、6歳の息子、母と4人で暮らしている。「フリッツ・ハンセン」の家具がおかれた自宅は、まさに“ヒュッゲ(デンマーク語で、温かな心地よい雰囲気)”そのもの。巣ごもりで仕事や勉強に集中するために配置換えをするなど、インテリアのプロならではの工夫が見られる。室内でも親子で楽しめる運動やゲームなどのアイデアが盛りだくさんだ。

WWD:巣ごもり生活で心がけていることは?

相澤真諭子フリッツ・ハンセン アジア地区ブランドマネジャー(以下、相澤):生活のリズムが崩れないように毎日の時間割を週ごとに作り、その通りに起床、食事、仕事をし、そして、遊ぶようにしている。

WWD:巣ごもり生活を送るにあたり工夫したことは?

相澤:仕事と勉強部屋のデスクの配置を変えた。向かい合わない配置にすることで、仕事や勉強に集中できるようになった。1日3度の食事を自宅でするので、できる限り子どものリクエストに応えるようにしている。食卓で子どもが仕上げられるタコスや手巻き寿司など、一緒に作って食べる楽しみを分かち合ったり、金曜日はビュッフェと称してダイニングテーブルにおかずを置き、それぞれが食べたいものをお皿に盛ってリビングで食べたり、変化をつけている。タコ焼きも子どもに人気。

WWD:おすすめのツールやアプリ、サービスは?

相澤:ピアノがあるのに誰も弾かなかったが、巣ごもりを機にユーチューブの「かんたんピアノ」で子どもと連弾してゲーム感覚で楽しんでいる。デジタルに頼りすぎないように、日本らしい遊び、そして脳のトレーニングのために将棋を始めた。運動不足やイライラを解消するにはトランポリンがおすすめ。通りすがりに手軽に跳べるし、テレビを見ながら跳ぶこともできる。アクロバティックに跳ぶこともできて、大人も子どもも楽しく運動ができる。

WWD:今はまっているものは?

相澤:飲んだ翌日に体が楽なのでナチュラルワインにはまっている。ナチュラルワインは同じラベルでもボトルによって差があったり、ブドウが育った土地によってミネラルの味に個性があったりして味わい深い。

WWD:巣ごもりで重宝しているものは?

相澤:キャスパー・サルト(Kasper Salto)がデザインした多用途テーブルの“リトルフレンド”。軽量で持ち運びでき、高さも調整できるのでリビングやベッドルームではサイドテーブルとして、ダイニングやキッチンでは作業台として使える。また、これさえあれば、即席の仕事場ができる。

WWD:家の中のお気に入りの場所は?

相澤:家族みんなのお気に入りは“アルファベットソファ”のあるリビングルーム。いつもみんなで集まって会話が弾む。日中は子どもたちとにぎやかに過ごしているので、子どもたちが寝静まったら“エッグチェア”でゆったりと一人の時間を楽しんでいる。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_x2tmdeygw73b_オールユアーズが考える「ZOOM接客がポストコロナに秘める可能性」 x2tmdeygw73b x2tmdeygw73b オールユアーズが考える「ZOOM接客がポストコロナに秘める可能性」 oa-wwdjapan 0

オールユアーズが考える「ZOOM接客がポストコロナに秘める可能性」

2020年5月20日 16:00 WWDジャパン

 オンライン接客が、コロナ禍での店舗休業中の対応策として普及している。中でもZOOMを用いた接客手法の可能性を追求しているのが、アパレルメーカーの「オールユアーズ(ALLYOURS)」だ。同社は3月26日に東京・池尻大橋に構える店舗を休業し、4月の半ばには木村昌史代表による「プライベートZOOM接客」(1人当たり40分~)をスタート。同時期に始めた「かんたん!質問箱」や昨年から実施している「自宅試着サービス」などと組み合わせ、オンライン上での接客を推進している。ZOOMをはじめとする、ビデオ会議・通話サービスによる接客にはどのような可能性があるのか。木村代表に話を聞いた。

WWD:「プライベートZOOM接客」と「かんたん!質問箱」を始めた経緯は?

木村昌史オールユアーズ代表(以下、木村):店舗を休業にして「これからどんなサービスを始めればいいんだろう?」と考えた時にまず、僕たちのお客さんのタイプを3パターンに洗い出してみました。1パターン目が商品を買うことはほぼ決まっているけれど、店舗で接客を受けて納得してから買いたい人。2パターン目はSNSなどで積極的にコミュニケーションを取りながら、オンラインストアで買える人。そして3パターン目が店舗には来るけれど、コミュニケーションはあまりしたがらない人。2パターン目の方は今までも質問やメッセージを随時受け付けていたので、その手法を継続しつつ、SNSで「いつでも聞いてください」と定期的に発信して対応しています。


問題は残りの2パターンで、ZOOM接客は1パターン目の方に向けて、質問箱は3パターン目の方に向けて始めました。質問箱に関しては、ある種チャットボット的な形式ですが、本格的なシステムを導入する資金がない点と、人員的な理由から、24時間以内に質問を返すような形にしています。


WWD:「自宅試着サービス」はどのように活用している?
木村:試着と購買の意思決定の場として考えています。先ほど話したオンライン接客の手法は、「自宅試着サービス」があるからこそできるんです。店舗での購入プロセスを考えると、最初にスタッフとのコミュニケーションがあり、そして商品を選定し、商品の説明を受けて試着に進む。後は試着をしながら購買の意思決定をしていく。一方で、オンライン接客は試着の手前までしかできず、なかなか購買の意思決定にまでつながらない。試着を気軽にできる制度を整えることで、オンライン接客でも気軽に最後の決済ができるようになると考えています。


WWD:ZOOM接客を受けているのは、普段は店舗に来られないような、遠方のユーザーが多いのか?
木村:都内や関東近郊の方と遠方の方、それぞれ半々くらいですね。都内の方は「『オールユアーズ』のことはメディアやイベントなどを通じて知っていて、製品のことをもう少し知りたい」という新規のお客さんが多いです。一方で遠方の方は既に商品をオンラインで何回か購入していて、店舗に行ってみたかったけど、都合がなかなか合わない人です。一番遠い所でサウジアラビアから、といった人もいました(笑)。ただ、ほとんどのお客さんが、ある程度オンラインストアの情報を読み込んでくれています。そのため接客の際、商品の説明は最低限にするか、オンラインストアには載っていない情報を伝える程度で、後はライフスタイルや趣味嗜好など、お互いのパーソナルなことを話すようにしています。僕らとしても商品を長く着続けてもらいたいという思いがあるので、接客の中である程度信頼してもらいつつ、お客さんの個性に合った商品を提案したいと考えています。

WWD:現在、ZOOM接客は木村代表が1人で担当しているが、その理由は?

木村:まずは間口を僕1人に絞り、お客さんにどういったことを聞かれやすいかや、どういう質問をするとベストなサイズを提案できるのかといった傾向を調べるためです。予約状況的にも、現状は1日に多くて5件程度なので1人で対応できます。ただ、ゆくゆくは販売スタッフにも任せていきたいと考えています。

オンライン接客は 「お客さんの家にお邪魔する感覚」



WWD:オンライン上での接客だからこそできるポイントは?

木村:僕がお客さんの家にお邪魔している感覚になれることは大きいですね。店舗だと、自分以外のお客さんが入ってくる可能性があるので体型の話やサイズの話がしづらかったり、ほかのお客さんに遠慮して満足のいく接客が受けられなかったりする。オンライン接客は自分のプライベートゾーンで話せるので、お客さんも最初からけっこう自己開示をしてくれ、深いところまで会話ができます。僕らはあまり意識していないのですが、お客さん的には特別扱いをしてもらっているような感覚になれるみたいです。後は接客を受けてすぐに購買の意思決定をする必要がなく、冷静に商品を試着・購入できたり、画面共有で商品のオーダーの仕方などを一緒に確認しながら案内できたりといった点もオンライン接客ならではかな、と。

WWD:ZOOMをはじめとするビデオ会議・通話サービスを用いた接客は、ほかのアパレル企業・ブランドも取り組むべきか?

木村:規模によって異なりますが、僕らを含め中小規模の企業・ブランドにはこのスタイルが合っていると思います。特に店舗が開けられない状況下での販売員のリソース活用という面では有効です。また、販売員が話したいセールスポイントは、お客さんが知りたいことでもあり、そういった内容がオンラインストアに載っていない状態を改善できるという側面もあります。ただ一方で、ある程度の規模も認知もあるような企業・ブランドでは、チャット接客などの方が効率がいい場合もあります。オンライン接客は美容室のような商売形態で接客人数が限られ、運用効率という観点では良くないので。

WWD:ZOOM接客は、新型コロナウイルスの収束後も続けていくつもりか?

木村:「オールユアーズ」としては今のところ、緊急事態宣言が解除されても、しばらくは店舗を開けないつもりです。オンライン接客の可能性をもっと追求していきたいですね。地方のお客さんのニーズがあることを考えると、コロナ収束後もリアル店舗と併用にするのが効果的だとも考えています。店舗を予約制でオープンするのもいいかもしれません。オンライン接客は、リアル店舗に来ることの価値をさらに上げる側面もあると思っていて。わざわざ移動コストをかけて来てもらったお客さんに「来てよかったな」と思ってもらえるような店舗にするためには、どのような設計にすれば良いのかを最近は考えています。

WWD:コロナ禍の下で、接客方法を含めさまざまな分野でデジタル化が進んでいるが、この状況をどのように見ている?

木村:変化に対応することも重要ですが、そもそもお客さんが何を求めているかを考える必要があると思います。オンライン接客も、方法だけ見ると新しく感じるかもしれませんが、接客におけるお客さんの「背中を押して欲しい」というニーズは変わらない。自分たちのお客さんの中に元からあるニーズをオンラインで60%でも70%でも満たすにはどうしたらいいのかを考えると、新しい方法が生まれてくるんだと思います。例えば、ファストファッション的なブランドは、時間をかけてオンライン接客をするよりも、時間をかけずにお客さんの疑問を解決し、商品を迅速に届ける方が良いはず。重要なのは「自分たちのお客さんがちゃんと見えているのか」だと思います。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_hz08cfkht05w_マツキヨPB「レチノタイム」刷新 シワ改善で市場初の日焼け止め乳液発売へ hz08cfkht05w hz08cfkht05w マツキヨPB「レチノタイム」刷新 シワ改善で市場初の日焼け止め乳液発売へ oa-wwdjapan 0

マツキヨPB「レチノタイム」刷新 シワ改善で市場初の日焼け止め乳液発売へ

2020年5月20日 15:15 WWDジャパン

 マツモトキヨシは、プライベートブランド「レチノタイム(RETINOTIME)」の名称を「ザ・レチノタイム(THE RETINOTIME)」に変更し、今秋リニューアルする。それに先立ち、シワ改善の効果効能の厚労省認可を取得した医薬部外のUV乳液「ザ・レチノタイム リンクルデイミルク UV」(30mL、2700円)を発売。「ポーラ(POLA)」が2017年1月に日本初のシワ改善美容液を発売して以降拡大を続けるシワ改善市場だが、日焼け止め製品は初めて。自社オンラインでは5月20日から、店頭では6月1日から順次販売する。

新製品のシワ改善日焼け止めは、SPF50、PA++++のUVカット力を持ちつつ、高い保湿力とシワ改善の効果を持つ点が特徴。シワ改善の有効成分はナイアシンアミドで、そのほかに保湿成分をバランス良く配合し、これまで届きにくかった角層の奥にも成分を届けるブランドの独自技術を採用した。日焼け止め機能に加えて乳液、化粧下地の機能も兼ね、朝のスキンケア&メイクを簡便にする。

 同ブランドはナリス化粧品との共同開発で07年に誕生。レチノールをキー成分に、エイジングケアブランドとして化粧水や乳液、美容液、唇用美容液、クレンジング、洗顔料などさまざまな製品を展開してきた。ブランドリニューアルはこれまで10年、15年と行っているが、3回目の今回はエイジングケアのトレンドであるシワ改善医薬部外品を投入し、本格エイジングケアブランドとしてのイメージ確立を狙う。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_h37q8w1cejeh_見慣れた白Tシャツを新鮮に着こなしたい! “異物ミックス”で脱ありきたりコーデ h37q8w1cejeh h37q8w1cejeh 見慣れた白Tシャツを新鮮に着こなしたい! “異物ミックス”で脱ありきたりコーデ oa-wwdjapan 0

見慣れた白Tシャツを新鮮に着こなしたい! “異物ミックス”で脱ありきたりコーデ

2020年5月20日 13:00 WWDジャパン

 夏の訪れが年々早まるような感じがあり、早くもTシャツが街中での出番を迎えました。夏ルックの主役的存在で、見慣れた白Tシャツについても、このニューノーマル(新常態)の時代にふさわしい着方が登場。最大の見どころは、イメージの異なるアイテムとの“異物ミックス”。マンネリ感を避けつつ、白Tならではの清潔感やミニマルさを生かした新コーディネートはTシャツの常識を打ち破る快感まで呼び覚ましてくれそうです。

 ロンドン・ファッション・ウイーク中に開催された「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」のショー会場に訪れたファッショニスタは、白Tシャツをノンシャランに着こなしました。決め手はTシャツの上に乗せたネックレス。普段着イメージを帯びやすい白Tシャツを一気に格上げしており、イヤリングとのハーモニーにもリュクス感が漂います。パンツ、スカート、ライトアウターと、それぞれのコーデ相手ごとに一工夫を加えるだけで、ありきたりな白Tコーデから脱出が可能。今回は国内ブランドの今春夏ルックから、そのポイントを探っていきましょう。

◆センタープレスのきれいめパンツで、凛としたTシャツ姿

 Tシャツにはイージーな印象があるので、きちんと感を備えたボトムスを選ぶのは、上手にバランスを取る近道。たとえば、正面にセンタープレス(クリース)があるパンツなら、文字通り折り目正しい見え具合に整います。

 写真1枚目の「ポステレガント(POSTELEGANT)」は涼しそうな素材のワイドパンツで合わせて、夏向きのTシャツ姿に。きれいめに見えているのは、くっきりしたセンタープレスのおかげ。Tシャツは袖を軽くロールアップして、軽快な印象に。長め丈のパンツを生かして、性別にとらわれない“ジェンダーフリュイド(流動的)”な着映えにまとめています。

 写真2枚目の「アーセンス(ARESENSE)」は落ち感のあるパンツスーツに、白Tを組み込みました。トレンドピースに復活したパンツスーツは、少し崩しめに着るのがこの春夏らしいスタイリング。だから、Tシャツは格好の相方に。裾を無造作にウエストインして、気取らない雰囲気に整えました。リゾート風のヌーディーサンダルをパンツスーツに合わせるのもニューノーマル流です。

◆“ムードあり”の女っぽスカートで合わせて、白Tを味付け

 飾り気の少ない、割とプレーンな見栄えの白Tシャツは、ムードを醸し出すスカートが好パートナーになります。ロマンティックやレディーライクなど、スカートの持ち味次第で使い分けるのが、着回しパターンを増やすコツです。

 黒レースのロングスカートを白Tに引き合わせたのは、30代以上の大人女性に大人気の「エブール(EBURE)」。裾が透けて、ニュアンスを帯びたレーススカートも、白Tシャツによってフェミニン度がダウンして、逆に抜け感が漂います。フラットサンダルで足元も伸びやかに整えて。

 白で統一すると、Tシャツルックもノーブルな印象に様変わり。写真2枚目の「ア ピューピル(A PUPIL)」は、白のプリーツスカートとのワントーンコーデです。節度を感じさせるプリーツに加え、透かしレースもあしらってあるので、Tシャツ姿が繊細なムードに。オーバーサイズのTシャツでも、ストリートっぽく見えず、むしろ愛らしいたたずまいにまとまっています。

◆ライトアウターを重ねて、ふんわりリラックス&のどかな落ち感

 Tシャツ1枚では気後れしそうな場面でも、薄手の羽織り物を重ねれば、味わい深いルックに仕上がります。汗ばむ季節になっても、初夏や梅雨時は温度変化が大きいので、ライトアウターは重宝するはず。

 「アングリッド(UNGRID)」は白Tシャツの上から、スポーティーな薄手アウターをパサッと羽織って、普段着イメージを払拭しました。軽い羽織り物ならではのエアリー感を演出。着丈が長めの分、縦長イメージがアップ。ダークカラーの柄スカートとのコントラストを利かせつつ、スニーカーの色と絡めました。

 温度が上がってきたら、アウターを“半分オフ”するのも、着方の選択肢に加えてみては。蒸し暑さを避けつつ、程よくくつろいだ風情を醸し出せます。写真2枚目の「グラフペーパー(GRAPHPAPER)」は白Tシャツの上にジャンパードレスをオン。ライトアウターを肩からずり落ちさせて、レイヤードに飾らないムードと自然な落ち感をまとわせました。

 一時のブームを超えて人気の続く白Tシャツだけに、着こなしのレパートリーを増やして損はありません。マンネリ化させないためには、きれいめアイテムとのマッチングやライトアウターとのレイヤードなど、さまざまな“異物”との相性を試すのが一番。シンプルだからこそ、ひねりがいがある白Tシャツを使って、自分好みのニューノーマルを発見してみませんか。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_na9zjbzqc6tb_日本ロレアルが新型コロナで困窮する一人親世帯を支援 na9zjbzqc6tb na9zjbzqc6tb 日本ロレアルが新型コロナで困窮する一人親世帯を支援 oa-wwdjapan 0

日本ロレアルが新型コロナで困窮する一人親世帯を支援

2020年5月20日 12:00 WWDジャパン

 日本ロレアルは新型コロナウイルスの蔓延により、多大な影響を受けているコミュニティーを支援するための連帯プログラムを発足する。同社のスキンケアやヘアケア製品、ハンドクリームなどの保湿製品をはじめとする製品を万単位で、順次寄贈していく予定だ。

 第一弾として子育て支援や待機児童問題などの解決を目指す認定NPO法人「フローレンス」とシングルマザーの就労支援などを行うNPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」を通して、経済的に困窮している一人親世帯に日本ロレアルのヘアケア製品約2,400本を寄付した。同社はこれまで、シングルマザーの就労支援プログラム「未来への扉」を「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」と共に発足し、継続的に一人親世帯への支援を行っている。

 仏・ロレアルグループも、新型コロナ感染拡大により地元フランス当局およびコミュニティ支援のため、3月に連帯プログラムを立ち上げ、手指消毒剤の製造や寄付をはじめ、さまざまな施策を展開してきた。加えて、5月12日には、新型コロナにより、社会的に脆弱な立場にいる女性および環境保護への支援を目的とした新たな連帯基金「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」を創設した。困窮する女性を支援するため、ロレアルは、5000万ユーロ(約61億円)の慈善寄付基金を立ち上げ、女性を緊急支援、サポートする。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_1q518e4drlp7_パンツ専業「ニート」がイタリア製高級モデルを発売 1q518e4drlp7 1q518e4drlp7 パンツ専業「ニート」がイタリア製高級モデルを発売 oa-wwdjapan 0

パンツ専業「ニート」がイタリア製高級モデルを発売

2020年5月20日 10:00 WWDジャパン

 西野大士氏が手掛けるパンツ専業ブランド「ニート(NEAT)」は、イタリアのファクトリーブランド「カルーゾ(CARUSO)」と協業した同国製の限定モデルをベイクルーズのEC「ベイクルーズストア(BAYCREWS STORE)」で5月23日11時に発売する。

 「ニート」は、西野氏が好む米国製トラウザーズのシルエットを日本人に合わせて改良したパンツ4型を定番とし、国内外から調達したユニークな素材を乗せて展開してきた。だが今回は「リーバイス(LEVI‘S)」のイタリア製2タックジーンズを着想源に、ドレッシーなパターンを一から構築。しなやかでツヤのあるコットンリネンの生地を使い、高い技術を持つ「カルーゾ」の工場で仕上げた。価格は4万6000円で、インラインの商品よりも2~3割ほど高価格。男女兼用のサイズで展開する。

 ニートは昨夏にも米国製モデルをベイクルーズの「レショップ(L‘ECHOPPE)」限定で発売し、100人以上の行列ができて即完売するなど人気を博した。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_6zcve59740c4_ビームスが「応援村」「コロナと闘う応援村」と連携 富士山のシルエットを採用したロゴマークを制作 6zcve59740c4 6zcve59740c4 ビームスが「応援村」「コロナと闘う応援村」と連携 富士山のシルエットを採用したロゴマークを制作 oa-wwdjapan 0

ビームスが「応援村」「コロナと闘う応援村」と連携 富士山のシルエットを採用したロゴマークを制作

2020年5月19日 22:00 WWDジャパン

 ビームスは5月18日に、地方自治体が中心となり、公民連携で地域の活性化を目指すプロジェクト「応援村」「コロナと闘う応援村」と連携していくことを発表した。

 「応援村(OUEN-MURA)」は2019年8月に発足したプロジェクトで、自治体や企業・団体の公民連携により、各種の社会課題への支援や対応、世界的なスポーツイベントにおける地域コミュニティーの活性化を行うプラットフォームになることを目的としている。今回発表した連携に基づく活動として、ビームスの吉田敦デザイナーが「応援村」のロゴマークを制作したほか、新型コロナウイルス禍における地域活性化やコミュニティーの再生を目的として新たに発足した「コロナと闘う応援村」のオフィシャルTシャツやポロシャツなどもプロデュースした。

 「応援村」のロゴマークは、ビームスの吉田デザイナーが手掛けたデザイン(全12作品)の中から音楽プロデューサーの松任谷正隆、写真家のハービー・山口、放送作家の小山薫堂らが審査を行い決定したもの。なお審査の様子は、5月16日のBSフジ「小山薫堂 東京会議」で放映された(23日に同番組で再放送予定)。応援を通して人々が団結して助け合い、太陽のように輝く未来へ進んでいく道をイメージし、日本全体が災害やさまざまな社会問題にも負けない強さを維持していくことを願い、日本を象徴する富士山のシルエットをモチーフにした。そのほか、人がメガホンで応援をしているシルエットに見えるセカンダリーロゴも制作し、「応援村」のさまざまな活動を連想させるロゴマークに仕上げた。

 全国応援村実行委員会事務局は2020年6月以降に、ビームスが製作したオフィシャルTシャツやポロシャツをユニホームに採用し、※「応援村」参画自治体1県1区17市の職員へ販売するようだ。ユニフォームを通して、「コロナと闘う応援村」の認知向上に向けて、「応援村」と連携するFacebook Japanとも協働していくという。

※三重県、渋谷区、浜松市、福岡市、熊本市、山形市、南陽市、三条市、南砺市、金沢市、須坂市、大東市、下関市、東かがわ市、久留米市、古賀市、武雄市、別府市、石垣市。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_ngqodo1ms5de_「ユニクロ」「無印良品」店舗も順次営業を再開中 ngqodo1ms5de ngqodo1ms5de 「ユニクロ」「無印良品」店舗も順次営業を再開中 oa-wwdjapan 0

「ユニクロ」「無印良品」店舗も順次営業を再開中

2020年5月19日 19:40 WWDジャパン

 新型コロナウイルス感染症拡大を受け、臨時休業していた店舗が徐々に営業を再開しつつある。都心商業施設に出店しているテナント店舗などはまだほぼ休業状態だが、今後は感染を予防しながら、いかに商売を回していくかに注目が集まっている。

 「ユニクロ(UNIQLO)」は国内全811店(2月末時点)のうち、4月に最大で311店を休業、299店で時間短縮営業していたが、5月19日時点で休業が137店、時短営業が251店にまで縮小した。5月7日に「ビックロ新宿東口店」、同11日にグローバル旗艦店の「ユニクロ銀座店」などを再開。「お客さまが入店する際には検温や手指の消毒を実施。レジをビニルシートで区切り、定期的な店内消毒なども行って感染防止に努めている」(広報担当者)。

 「無印良品」は国内全477店(2月末時店)中、4月を通じて営業を継続(時短営業、曜日限定営業含む)したのが86店。「無印良品 銀座」など、「(デベロッパー内への出店ではない)独立店舗では数日の休業などは挟みつつ基本的に営業を継続してきた」(広報担当者)。5月19日時点では、時短や催事売り場での販売なども含めて317店が営業。「14日に39県で緊急事態宣言が解除されたことを契機の一つに、日に日に営業再開店舗は増えている。消毒やマスク着用のお願いと共に、混んできたタイミングでは入場制限なども行っている」。

外部リンク