cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_1t06m9ny6dge_D2Cブランド「アニュアンス」が初日売り上げ9200万円、「エイミー」のドットワンが運営 1t06m9ny6dge 1t06m9ny6dge D2Cブランド「アニュアンス」が初日売り上げ9200万円、「エイミー」のドットワンが運営 oa-wwdjapan 0

D2Cブランド「アニュアンス」が初日売り上げ9200万円、「エイミー」のドットワンが運営

2021年1月21日 12:15 WWDジャパン

 中村麻美がクリエイティブディレクターを務めるD2Cブランド「アニュアンス(ANUANS)」の初日売り上げが9200万円になった。1ブランドの立ち上がりとしては記録的な数字だが、運営会社は先駆的なD2Cブランド「エイミーイストワール(EIMY ISTOIRE)」、「クレドナ(CREDONA)」を展開するドットワンで、いずれのブランドも「エイミー」が6000万円、「クレドナ」が4000万円と、立ち上げ時に記録的な売り上げを立てている。


 「アニュアンス」のクリエイティブディレクターを務める中村麻美は、インスタグラムを中心に活動していたインフルエンサーで、ジャパンイマジネーションが19年9月にスタートした初のEC専業ブランド「カシェック(CACHEC)」のクリエイティブディレクターだった。ジャパンイマジネーションは昨年末でブランドを休止、中村も昨年8月でディレクターを退任していた。現在のインスタは約20万フォロワーを抱えている。


 「アニュアンス」は20日正午の販売直後からアクセスが集中し、わずか1時間で6000万円を売り上げたという。売り上げのほとんどはあらかじめ積み込んでいた在庫で、2月中旬以降から発送していく。初月で2億円、年間で15億円の売り上げを計画している。


 同ブランドは夏までに、東京と大阪で4店舗のリアル店舗のオープンを計画しており、いずれも有力なファッションビルになると見られる。同社は「現在も全国の商業施設からオファーをもらっており、秋冬でも主要都市への出店を検討している」という。

 ドットワンは、3ミニッツ社で「エイミーイストワール」を立ち上げた藤井亮輔氏が昨年8月に同ブランドをスピンアウトする形で設立。現在は「エイミーイストワール」「クレドナ」「アニュアンス」の3つのD2Cブランドを運営。21年7月期で44億円、22年7月期には売上高70億円を計画している。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_jtteu12mhs2l_“なりたいバストNo.1”の田中みな実が「ピーチ・ジョン」の新ブランドミューズに jtteu12mhs2l jtteu12mhs2l “なりたいバストNo.1”の田中みな実が「ピーチ・ジョン」の新ブランドミューズに oa-wwdjapan 0

“なりたいバストNo.1”の田中みな実が「ピーチ・ジョン」の新ブランドミューズに

2021年1月21日 11:05 WWDジャパン

 ピーチ・ジョン(PEACH JOHN以下、PJ)」のブランドの新ミューズにタレント兼女優の田中みな実が就任した。1月20日に東京アメリカンクラブで行われたイベントで、田中は「ミューズに選ばれてうれしい」とコメント。キャンペーンビジュアルの撮影エピソードやメリハリボディーを保つ秘訣などを語った。


 “なりたいバストNo.1”に選ばれた田中だが、新人のころは自分のバストにコンプレックスを持っていたという。「とにかくバストを小さく見せたくて『PJ』 の”さらしブラ“を愛用していた」と話した。キャンペーンビジュアルの撮影に臨むにあたり田中は、「水分が多い食事を取って丸みのあるバストとヒップ作りに励んだ」という。「私は35歳で、今までのミューズよりも年齢が上なので、みずみずしく見えるように肌の質感もこだわった」と田中。昨年末行われた撮影に関しては、「花に囲まれて、まるで白雪姫の気分だった。撮影終了後は、ほっとして涙が出そうになった」と語った。撮影時のオフショットは「PJ」の公式インスタグラムアカウントで公開される。


 田中のバストケアやメリハリボディーの秘訣は、「バストも顔の延長。だから、顔と同じようにすみずみまで保湿していたわっている。ボディーに関しては、週2回ジャイロトニックという体幹を鍛えるトレーニングをしている。ヒップアップのために、キックボクシングをすることもある」と述べた。また、PCなどにより前屈姿勢になりやすい現代人にとって、「代謝アップのために肩甲骨を動かすのがいい」と続けた。「P J」のブランドコンセプトである“元気”“ハッピー”“セクシー”については、「心も体も健康が第一。その結果がブランドコンセプトに結びつくはずだ」とコメント。

 イベントの終盤では、元アナウンサーということもあり、新商品“ミラクルブラ”の紹介を名前の“みな実”にちなみ37秒間以内に373文字で紹介するという早口チャレンジに挑んだ。見事31秒間で紹介した田中は、「お風呂で原稿がシワシワになるまで練習した」と語った。

 20日発売の“ミラクルブラ”は16年に誕生し、累計139万枚を販売した“ミラクル ヌーディーブラ”が進化したもので、しなやかなグミワイヤーを使用し、ふんわり丸みのあるバストラインを実現するというもの。また、ネットに入れず洗濯機で洗えるという実用性もある。カラーはローズピンク、ネイビー、ブラック、オフホワイト、ライトピンクの5色。価格はブラジャーが3280円、おそろいのショーツとソングが各1480円。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_8xlpkn592717_「メゾン マルジェラ」が「リーボック」コラボ第2弾 “タビ”と“クラシック レザー”を融合 8xlpkn592717 8xlpkn592717 「メゾン マルジェラ」が「リーボック」コラボ第2弾 “タビ”と“クラシック レザー”を融合 oa-wwdjapan 0

「メゾン マルジェラ」が「リーボック」コラボ第2弾 “タビ”と“クラシック レザー”を融合

2021年1月20日 22:00 WWDジャパン

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は1月30日、「リーボック(REEBOK)」とのコラボレーション第2弾のスニーカーを発売する。

 つま先が2つに分かれた「メゾン マルジェラ」のアイコンシューズの“タビ(TABI)”と、「リーボック」の定番ランニングシューズ“クラシック レザー(CLASSIC LEATHER)”を融合。ナッパレザーとEVAソールには「メゾン マルジェラ」で多用されるビアンケット加工を施し、黒いレザーの上に塗られた白いハンドペイントが履くたびに剥がれていく仕様になっている。これは「経年変化によってピースが進化する」というメゾンの概念を反映しているもの。

 カラーは白と黒のほか、異なるカラーパレットでの販売も予定している。価格は3万7000円。30日から「メゾン マルジェラ」と「リーボック」のオンラインサイトで取り扱う。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_54gz3qs700p9_バルコスが新会社を設立、社長に「センケントレンドニュース」の村重達也編集長 54gz3qs700p9 54gz3qs700p9 バルコスが新会社を設立、社長に「センケントレンドニュース」の村重達也編集長 oa-wwdjapan 0

バルコスが新会社を設立、社長に「センケントレンドニュース」の村重達也編集長

2021年1月20日 21:00 WWDジャパン

 バッグメーカーのバルコスは1月18日付で、新会社ファッションニュース通信社(東京・目黒区)を設立した。社長には、繊研新聞が発行していたトレンド情報「センケントレンドニュース(SENKEN TREND NEWS)」の編集長だった村重達也氏が就任した。資本金は1000万円で、バルコスの100%子会社になる。

 「センケントレンドニュース」は、ファッション専門紙の繊研新聞社が一般ユーザー向けにファッション情報を取り扱うメディアで、同名のウェブサイトと約76万人の配信先を抱えるLINEアカウントで週4回、旬なファッション情報の配信していた。現在はすでに「ファッショントレンドニュース」に名前を変え、引き続きファッション情報を発信している。「センケントレンドニュース」のLINE配信は1月15日で休止しているが、今後はファッションニュース通信社の運営で再開する計画。

 ファッションニュース通信社は、今後「ファッショントレンドニュース」に加え、新たなファッション情報媒体の立ち上げやファッションEC支援事業なども行っていく。村重社長は繊研新聞のメンズ担当の記者や繊研新聞の発行する「センケンアッシュ(SENKEN H)」編集長などを経て、「センケントレンドニュース」の編集長を務めていたが、繊研新聞社を1月15日付で退社していた。村重達也社長は「今後も引き続き、ファッションの楽しさやすばらしさを伝えたい」という。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_5iyeoukn8gso_“リーバイス レッド”が7年ぶりに本格始動 キャンペーンではパフュームが着用 5iyeoukn8gso 5iyeoukn8gso “リーバイス レッド”が7年ぶりに本格始動 キャンペーンではパフュームが着用 oa-wwdjapan 0

“リーバイス レッド”が7年ぶりに本格始動 キャンペーンではパフュームが着用

2021年1月20日 20:00 WWDジャパン

 「リーバイス(LEVI'S)」は、プレミアムラインと位置付ける“リーバイス レッド(LEVI'S RED)”を7年ぶりに本格復活させ、中国や韓国など東アジア圏で発売する。ラインアップはウィメンズ27 型、メンズ39 型、小物3型で、日本では公式オンラインストアで1月25日から予約を受け付け、29日から全国のリーバイス ストアなどで店頭販売する。プレス担当者は「全デニムアイテムには、コットナイズドヘンプやテンセルなどサステナブルな生地を採用する」と説明する。

 キャンペーンにはパフューム(Perfume)を起用し、20日に動画を公開した。ロックバンドのボアダムス(BOREDOMS)やオー・オー・アイ・オー・オー(OOIOO)のメンバーでもあるヨシミ(YoshimiO)の楽曲に合わせて、新作の“リーバイス レッド”を着用したパフュームが踊る様子が収められている。

 “リーバイス レッド”は1999年に登場。「リーバイス」のアイコンである5ポケットジーンズを“再解釈して未来のデニムを創造する”というコンセプトの下、当時プレミアムカテゴリーのヘッドデザイナーだったリッキー・コフ(Rikke Korff)がチームを率いて製作にあたった。立体裁断を採用したジーンズは一大ブームとなった。


外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_sgt60t6zwx3o_敏感肌向けマスクも用意し「サボリーノ」がリニューアル 山之内すずをアンバサダーに起用 sgt60t6zwx3o sgt60t6zwx3o 敏感肌向けマスクも用意し「サボリーノ」がリニューアル 山之内すずをアンバサダーに起用 oa-wwdjapan 0

敏感肌向けマスクも用意し「サボリーノ」がリニューアル 山之内すずをアンバサダーに起用

2021年1月20日 19:30 WWDジャパン

 スタイリングライフ・ホールディングスBCLカンパニーが展開するブランド「サボリーノ」はブランドメッセージおよび定番商品のパッケージを刷新する。2月8日には夜用フェイスマスクの新製品“すぐに眠れマスク とろける果実のマイルドタイプ”を全国のバラエティーショップ、ドラッグストア約1万店で発売する。一部バラエティーショップとECは1月20日先行発売。

 「サボリーノ」の人気フェイスマスク“目ざまシート”は2015年4月の発売以降、「わずか60秒でケア完了」「メイクノリが良くなり乾燥しない機能性の高さ」「肌質や香りで選べる種類の多さ」などが支持され、数々のベストコスメ賞を獲得。昨年12月に100冠を突破し、メーカー累計出荷枚数も5億枚を突破した。20日に行われた新製品発表会で大村和重カンパニーエグゼクティブは、「『サボリーノ』は時短・朝用・働く女性をキーワードにスタートし、世界27カ国で展開するグローバルブランドに成長した。そしてこの1年はインバウンド需要がほぼ消滅し、“すごもり美容”という新しいライフスタイルが確立された。そこで『サボリーノ』も第2章として新ブランドメッセージを打ち出す」とコメント。

 新ブランドメッセージは「ラクしよ、これからのワタシ。 サボる、広がる、ワタシ時間。」。一人一人の時間の使い方も変わっていく時代に、美容時間も楽しながらスキンケアし、余った時間で自分の趣味などにあててほしいという思いを込めた。新商品の“すぐに眠れマスク とろける果実のマイルドタイプ”は、拡大を続ける敏感肌市場に向けた揺らぎ肌向け夜用フェイスマスク。アロエや桃の葉エキスを配合して肌をしっとり滑らかに整える上、シートマスク自体に刺激を感じやすい人に向けて刺激緩和成分を初配合している。

 発表会には “ティーンのカリスマ”であるモデルの山之内すずもブランドアンバサダーとして登場。「朝用マスクは高校生のときから愛用していました。夜用は今回初めて使ったが、ながらで使えるので家での時間も余裕ができました。新メッセージは時間がないからサボるのではなく“自分の時間のためにサボる”というのが今っぽい。“今どき女子”の味方だと思いましたね。洗面台に置くならパッケージのかわいいものがいい。そこも含めて『サボリーノ』はおすすめです」とアピールした。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_m3bo5dmzcibj_ドリス・ヴァン・ノッテンが語るクリエイション 「私たちは立ち止まってはいられない」 m3bo5dmzcibj m3bo5dmzcibj ドリス・ヴァン・ノッテンが語るクリエイション 「私たちは立ち止まってはいられない」 oa-wwdjapan 0

ドリス・ヴァン・ノッテンが語るクリエイション 「私たちは立ち止まってはいられない」

2021年1月20日 19:00 WWDジャパン


 30年以上コレクションをデザインしているドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)は、自身のコンフォートゾーンの外にあるアイデアや美学に挑戦し続けている。そこには最初のうちは反発しうるものも含まれ、初めてオリーブを食べるようなものだと表現する。「初めて食べてみたときには『あまりおいしくない』と言うかもしれない。しかし、だんだんとオリーブの味が分かるようになり、料理に混ぜて使えるといったような可能性が見えてくる」。そして、それはファッションも同じだとし、次のように語る。


 「私の周りにいる人々は、自分たちが面白いと思っている私の知らないことを教えてくれたり、見せてくれたりする。それを必ずしも好きになる必要はなく、『このアーティストは好きじゃない』や『このミュージシャンは自分には合わない』などと言うかもしれない。でも耳を傾け始めると、良さが分かるようになってくる。それが私にとって最も興味深いことであり、すなわち常に進化していく必要があるということだ。私たちは立ち止まってはいられない。常に驚きや新しさを加えなければならないし、それこそがファッションのエキサイティングなところだと思う」。


 さらに「私は自分のチームやクライアント、バイヤーを驚かさないといけないし、自分自身さえも驚かさないといけない。私が一番望まないのは、私のクリエイティブなプロセスがある種のごまかしやシステムになってしまうことだ。私たちが常に口にしていることではあるが、『ドリス ヴァン ノッテン』には"ごまかしを知ったら、魔法を失ってしまう"という黄金律がある」と続ける。

新型コロナのパンデミックがもたらしたもの

 20年5月にドリスが中心メンバーの一人となり立ち上げた、実際の季節に合ったスケジュールで商品を販売することなどを提言するウェブサイト「ファッション業界への公開書簡(Open Letter to the Fashion Industry)」は、ファッションサイクルのスローダウンに取り組む高級小売店の経営者やデザイナー数百人の署名を集めた。もともとドリスは長年、デザイナーを疲弊させるようなプレ・コレクションに反対し、(メンズ・ウィメンズそれぞれ)年2回のみコレクションを発表してきた。それでもなお、新型コロナウイルスのパンデミックによる強制的なスローダウンによって、シーズン提案を30〜35%縮小できたという。


 さらにパンデミックの影響により、広告キャンペーンを制作しない同ブランドにとって主なコミュニケーションツールであるランウエイショーも中止した。彼は当初、ショーなしで21年春夏コレクションを発表することにかなり困惑し、慣れていない新たな形式でどうやって感情を伝えるか心配したと打ち明けた。しかし、最終的にはそんな挑戦を受け入れ、ヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen)と共に生み出したイメージと短編映像に対して好意的なフィードバックを得たという。


 21-22年秋冬に関してもおそらくショーを行わないことを明かし、「私たちは別の発表方法を見つけなければならない。制限があるとき、人はそれを問題視することもできるし、とてもポジティブに捉えて受け入れることもできる。それこそ、今の私たちが取り組んでいることだ」と話す。実際、ドリスは昨秋のファッション・ウイークで他のデザイナーたちが披露したクリエイティブな解決策の数々を称賛。「誰もが今、学んでいるところだ。そして自分のブランドに合うものを見極めて、それぞれの真実を見つけなければならない。来シーズンは、本当の意味でコレクション発表のための新たな機会を発見できるだろう。それは素晴らしい状況だと思う」と述べる。

 また、ドリスはパンデミックによってもたらされた変化を受け入れる必要があり、それは最終的にはファッションにとって良いものになるべきだと主張。ファッションにおける大きな変化に期待を寄せる。その解決策の一つは、ファッションの“本質”に立ち返って廃棄を減らすこと、そして「最終的な顧客にいかにファッションは美しいものであるかや、そこに注ぎ込まれた技術、そしてハイストリートブランド(大量生産型のブランド)との違いを説明することだ」という。

 ロイヤリティーの高い顧客基盤について聞かれたドリスは、そのことに感謝する一方で、常に新しい顧客を引きつける必要があることを強調する。そして、「コレクションと共に年齢を重ねるということを考えたことは一度もない」とし、「クリエイティブなプロセスの初期段階で、特に自分のためにデザインしていたこともあったメンズ・コレクションからは距離を置くようにしてきた」と説明する。一方、彼のクラフトへの情熱は少しも衰えておらず、独特な装飾は彼の美学のベースになっている。「画家が自分の絵の具を持っているように、私には自分の色や生地、プリントがある。ファッションはとても重要なコミュニケーションの手段であり、私たちの文化の一部だ。だから、私にとってはあらゆる文化的なものが大切だ」。

 尊敬しているデザイナーについては具体的な名前を挙げなかったが、「私はファッションの世界で起こっていることを追いかけている」とコメント。「私にとって、皆がいかに異なる方法で服にアプローチしているかを見るのは、とても刺激的で興味深いことだ」と語る。

プーチグループ傘下に入った理由とその後

 長年、ファッション業界を代表する独立ブランドの一つとして知られてきた「ドリス ヴァン ノッテン」は18年、スペインのフレグランス&ファッション企業プーチ(PUIG)に過半数の株式を売却し、業界を驚かせた。ドリスはこの決断の背景を「いろいろなことの組み合わせ」と表現したが、主な理由として60代に突入した彼の会社の将来を確かなものにしたいという思いがあったという。

 そして契約を結んだとき、「(ドリスも)他のデザイナーと同じようになってしまい、ロゴのようなものを多用し始めるかもしれない」とたくさんの人が考えたということを明かした。しかし、何も変わったことはなく、今でもリスク覚悟でコレクションに取り組んでいると強調した。その例の一つが、クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)とコラボレーションした20年春夏コレクションだ。そして、昨年10月にオープンしたロサンゼルスのブティックでは過去のコレクションのアイテムも取り扱い、企画展示用スペースやミュージックルーム、トロピカルガーデンを備えている。「私は今でもとても自立していると感じているし、彼ら(プーチ)は私たちに自由を与えてくれている」とし、「プーチは大規模なインターナショナルビジネスでありながら、とても人間的なアプローチがあるファミリービジネスだ」と称賛した。


 最後に、ラクロワと取り組んだような大きなコラボレーションを考える可能性はあるかと尋ねられると、「絶対ないとは言えない。(先のことは)分からないから」と回答。「それこそがファッションの楽しさだろう。そこには常に次のステップがあり、それが感覚を研ぎ澄まし続けてくれる」と締めくくった。


JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。20年2月からWWDジャパン欧州通信員

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_heshzkef00u4_「M・A・C」の表参道ヒルズ店が閉店 プロアイテムはルミネエスト新宿で期間限定販売 heshzkef00u4 heshzkef00u4 「M・A・C」の表参道ヒルズ店が閉店 プロアイテムはルミネエスト新宿で期間限定販売 oa-wwdjapan 0

「M・A・C」の表参道ヒルズ店が閉店 プロアイテムはルミネエスト新宿で期間限定販売

2021年1月20日 17:30 WWDジャパン

 「M・A・C」の表参道ヒルズ店が1月25日、クローズする。同店は国内唯一のフラッグシップストアおよびアジア初のプロストアとして表参道ヒルズ開業の2006年にオープンした。ピグメントやグリッター、ペイントなどのプロ用製品「M・A・C プロ」を前面に打ち出し、プロフェッショナルから美容初心者までが楽しめるコンセプトを発信していた。

 今後ルミネエスト新宿店に顧客情報に移管するほか、プロ製品も期間限定で販売する。プロ製品は20年7月に大阪・心斎橋にオープンしたプロストアでも購入が可能だ。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_2qrsj5hjcylc_大坂なおみが時計パートナーをシチズンから「タグ・ホイヤー」へ 2qrsj5hjcylc 2qrsj5hjcylc 大坂なおみが時計パートナーをシチズンから「タグ・ホイヤー」へ oa-wwdjapan 0

大坂なおみが時計パートナーをシチズンから「タグ・ホイヤー」へ

2021年1月20日 17:00 WWDジャパン

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下のスイスの時計ブランド「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」は、プロテニスプレーヤーの大坂なおみをアンバサダーに指名した。LVMH傘下では「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が大坂をアンバサダーに指名したばかり。

 起用の理由についてプレス担当者は、「大坂選手は、自身が『テニスの次に熱中している』と話すファッションを通じても自己表現しており、彼女のスタイルやセンスはテニスの試合同様に大胆で目を引き付ける。彼女が身に着ける新たな『タグ・ホイヤー』の時計はファッションをいっそう際立たせ、ブランドのレディス商品への注目度を高めるだろう」と話す。

 またフレデリック・アルノー(Frederic Arnault)タグ・ホイヤー最高経営責任者は、「アスリートとして上を目指す姿勢はもちろん、なおみが素晴らしいのは情熱的に社会活動に取り組み、多くの人に刺激を与えている点だ。オリンピックに向けて準備するなおみをサポートできることを楽しみにしてる」と述べ、大坂も「『タグ・ホイヤー』の“Don’t Crack Under Pressure(プレッシャーに負けるな)”のスローガンは私の生き方と重なる」と答えた。

 大坂は2018年から20年までシチズン時計のアンバサダーを務めており、グランドスラム(国際テニス連盟が定めた4大大会)初制覇となった18年の全米オープンテニス優勝時には、“エコ・ドライブ Bluetooth W410 BZ4006-01E”を着用していた。

外部リンク

cat_2_issue_oa-wwdjapan oa-wwdjapan_0_xwtxsdah2i2l_東コレ21-22年秋冬に「サルバム」「フミト ガンリュウ」など 「ハイク」や「リトゥン」も復帰 xwtxsdah2i2l xwtxsdah2i2l 東コレ21-22年秋冬に「サルバム」「フミト ガンリュウ」など 「ハイク」や「リトゥン」も復帰 oa-wwdjapan 0

東コレ21-22年秋冬に「サルバム」「フミト ガンリュウ」など 「ハイク」や「リトゥン」も復帰

2021年1月20日 16:50 WWDジャパン

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)は、3月15〜20日に開催する2021-22年秋冬シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」の参加ブランドを発表した。全45ブランドが参加し、うち14ブランドが初参加となる。


 パリ・メンズで発表していた「フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)」が初参加し、同じくパリ・メンズで発表を続ける「サルバム(SULVAM)」が数シーズンぶりに東コレに戻ってくる。ミラノ・メンズに参加した「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス(CHILDREN OF THE DISCORDANCE)」のほか、「東京ファッションアワード 2020(TOKYO FASHION AWARD 2020)」受賞ブランドの「シュープ(SHOOP)」「ミーンズワイル(MEANSWHILE)」「リコール(REQUAL≡)」も登場する。「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」「サポートサーフェス(SUPPORT SURFACE)」「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」「ザ・リラクス(THE RERACS)」などの常連も名を連ね、「ハイク(HYKE)」「リトゥンアフターワーズ(WRITTENAFTERWARS)」など東コレを数シーズン離れていた実力派ブランドも復帰する。

 コレクション形式の発表や実施スケジュールは2月中旬に発表予定。

【2021-22年秋冬RFWT 参加ブランド】
※アルファベット順。★は初参加ブランド
「ナインエム(9M)」★
「アデリー(ADELLY)」★
「バルムング(BALMUNG)」
「ベースマーク(BASE MARK)」
「チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス プラス フェイス エージェー(CHILDREN OF THE DISCORDANCE + FACE A-J)」
「チョノ(CHONO)」★
「ディ_カフェイン オム(DE_CAFFEINE HOMME)」
「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」
「コンダクター(EL CONDUCTORH)」★
「フォーサムワン(FORSOMEONE)」
「フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)」★
「ジョイア パン(GIOIA PAN)」★
「ハレ(HARE)」
「ヒロココシノ(HIROKO KOSHINO)」
「エイチシー タカシイトウ(HXCX TAKASHI ITO)」★
「ハイク(HYKE)」
「イン(IHNN)」
「ジョウタロウ サイトウ(JOTARO SAITO)」
「カワキィ(KA WA KEY)」★
「カイキ(KAIKI)」
「ケイスケヨシダ(KEISUKE YOSHIDA)」
「コーティー(KOH T)」
「メアグラーティア(MEGARATIA)」
「ミーンズワイル(MEANSWHILE)
「ミカゲシン(MIKAGE SHIN)」★
「ミントデザインズ(MINTDESIGNS)」
「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」
「ナオキトミヅカ(NAOKITOMIZUKA)」★
「ネグレクトアダルトペイシェンツ(NEGLECT ADULT PATIENTS)」
「ニサイ(NISAI)」★
「ペイデフェ(PAYS DES FEES)」★
「レインメーカー(RAINMAKER)」
「リコール(REQUAL≡)」
「リト(RITO)」
「リンシュウ(RYNSHU)」
「セヴシグ(SEVESKIG)」★
「シンヤコヅカ(SHINYAKOZUKA)」
「シュープ(SHOOP)」
「ソワハ(SOWAHA)」★
「サルバム(SULVAM)」
「サポートサーフェス(SUPPORT SURFACE)」
「タクタク(TAC:TAC)」
「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」
「ザ・リラクス(THE RERACS)」
「リトゥンアフターワーズ(WRITTENAFTERWARS)」

外部リンク