cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_5a26b628a1ab_「Google ドライブ」を使いこなすために、知っておくべき6つのポイント 5a26b628a1ab 0

「Google ドライブ」を使いこなすために、知っておくべき6つのポイント

2019年11月4日 10:00 WIRED

グーグルのオンラインストレージサーヴィス「Google ドライブ」は、2018年にユーザー数が10億人を突破した。利用者数が10億人を超えたグーグルのプロダクトは、これで8つ目となる。

しかし、これだけのユーザーがいるなかには、休日に撮りためて順不同にアップした写真の山に紛れ込んだ1件のファイルを必死で探した経験が一度もない──と言い切れる人が、はたして何人いるだろうか。

今回は、この人気ストレージサーヴィスを最大限に活用するヒントを紹介する。これでもう二度と名称未設定ドキュメントが並ぶ画面をスクロールし続けて貴重な時間を無駄にしたり、月々の料金を余計に支払ったりせずに済むはずだ。

1)ファイルはどこにどうやって保存されるのか

Google ドライブは、ファイルを保存してくれるサーヴィスだ。「ファイルって、どんな?」という質問には、ほぼすべてのファイルだ、と答えよう。

肝心なのは、どのように保存されるのかを知っておくことだ。例えば、グーグルの「バックアップと同期」ツールをインストールしておくと、PCにあるファイルすべてがGoogle ドライブ上へと自動的にバックアップされる。ファイルに変更が加えられた場合も、そのつどバックアップされる。

ウェブブラウザーでChrome拡張機能「Googleドライブに保存」を探してダウンロードしてもいい。これはネット上で見つけたものや興味を覚えたものを、何でもGoogle ドライブのフォルダに保存できる機能だ。Gmailの添付ファイルをわざわざダウンロードせずに直接Google ドライブにアップロードすれば、時間を節約できることも覚えておいてほしい。

Google ドライブはファイルを手早く送信する手段としても使える。メールに添付するファイルが、Gmailの添付上限サイズである25MBを超えそうなときにも便利だ。メール作成画面の下部にあるGoogle ドライブのアイコンをクリックすると、最大10GBまでの写真やドキュメントを挿入できる。

ほかに、公開可能なドキュメントであれば「ウェブに公開」をクリックしてリンクを取得し、ウェブ上で共有することもできる。作成者の名前でファイルが公開され、検索エンジンからのアクセスが可能になる。

2)面倒な作業はGoogle ドライブに任せる

いいこと教えよう。グーグルは、時間のかかる作業の一部を忙しいあなたに代わって引き受けてくれるのだ。写真やPDFファイルをアップロードするだけで、テキスト部分を画像と分けて抽出し、文字認識機能で検索可能なテキスト形式に変換してくれるという離れ業も、そのひとつだ。

画面上部にある「ツール」メニューのなかにドキュメントを他言語に翻訳してくれる機能があることも、覚えておいて損はない。Google Chromeブラウザーのユーザーであれば、音声入力に切り替え、タイプする指先を休めて文章を口述することも可能だ。音声入力中であってもタイピングで編集作業を行える。

3)オフラインでも「ドキュメント」を使える

Google ドライブ上のファイルにアクセスしたり変更を加えたりするには、ネット接続が必要だと思い込んでいたりするかもしれない。地下鉄を利用する人にとっては困った問題だ。そんなときはChromeブラウザー上でのみ使える拡張機能の「Google オフライン ドキュメント」をダウンロードすればいい。オフラインでアクセスしたいドキュメントを、あらかじめGoogle ドライブの設定メニューで選んでおける機能だ。

ネット接続が切れたときに閲覧・修正できるのは、ここで指定したファイルに限られる。開く必要がありそうなファイルを残らず選んでおくことが重要だ。ファイルに変更を加えた場合、オンライン状態に戻った時点で自動的にGoogle ドライブに同期される。

4)ショートカットを覚える

タスク管理アプリ「Trello」をうまく使いこなしているような読者なら、ショートカットが“新たなマウス”と呼べるほど便利なものであることはすでにご存知のはずだ。さまざまな技を正しく覚えておけば、Google ドライブは多くのデジタルプラットフォームと同様に、キーボードからの指令によって実にスピーディーに動いてくれる。

なかでも秀逸なのは、Google ドライブのキーボードショートカット一覧を表示するショートカットだろう。「Ctrl」キーと「/(スラッシュ)」キーの同時押しで、キーボード上で使えるショートカットがすべて表示される。

まだまだある。Google ドライブのメインページを経由せずとも、ブラウザー上で目的のショートカット名を入力するだけで新規ファイルを作成できるのだ。例えば「doc.new」と打ち込むとGoogle ドキュメントの新規ファイルがすぐに開く。同様に「form.new」「sheet.new」「site.new」「slides.new」でファイルを作成できる。

5)ストレージを管理する

基本的にGoogle ドライブでは、1アカウント当たり15GBの無料ストレージが付与されており、容量を増やす場合に料金が発生する。しかし、無料の空き容量の減りが異常に早いと感じるなら、何が大きなスペースを占めているのかを簡単にチェックすることができる。

Google ドライブのトップページ左の「保存容量」タブからサイズの大きい順に表示されるファイルを確認して、不要なものを削除していけばよい。ここで覚えておいてほしいのは、Google ドライブ上で作成したいわゆる「ネイティヴファイル」は、どれもデヴァイスからインポートした場合とは違ってスペースをとらないということだ。つまり、スプレッドシートは直接Google ドライブから作成したほうがよいということになる。

あまり知られていないが、Google ドライブには「ゴミ箱」フォルダがある。これを空にして容量を確保することも可能だ。このフォルダの存在を知っておくと、削除してしまったファイルを復元したいときにも役に立つ。

6)アドオンをフル活用する

外から見ると、恐ろしいジャングルを思わせる「アドオン」の世界だが、のぞき込んでみる価値があることは間違いない。締め切りに追われる人たちが、Google ドライブを最大限に効率よく使えるようになるはずだからだ。

あり余るほどの選択肢から、いくつか紹介しよう。「Easybib」は仕事に必要な参考文献リストをさまざまな形式で自動作成してくれる。「Pandadoc」を使うと、ドキュメントへの電子署名がわずか数秒で済んでしまう。ドキュメントをプリントアウトしてから署名し、それをまたスキャンするよりはるかに速い。

ただしくれぐれも、心誘われるままに実用性に疑問のあるアドオンをGoogle ドライブに詰め込んで、不本意な結果を招いたりしないように気をつけていただきたい。


TEXT BY DAPHNE LEPRINCE-RINGUET

TRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

外部リンク

cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_33723a1205fc_縮みゆく木星の大赤斑から、太陽を取り巻くコロナの美しさまで:今週の宇宙ギャラリー 33723a1205fc 0

縮みゆく木星の大赤斑から、太陽を取り巻くコロナの美しさまで:今週の宇宙ギャラリー

2019年11月3日 19:00 WIRED

今回のギャラリーでは、まず最初に太陽系最大の惑星である木星の最新ポートレートを紹介しよう。ハッブル宇宙望遠鏡から届いた画像だ。木星の大気で起きていること、とりわけ木星の象徴とも言える大赤班について、科学者たちがたくさんのことを学ぶうえで役立っている。

大赤班は300年前から続く嵐で、かつては地球がほぼ4個も収まるほど巨大だった。過去数十年で大赤班は縮んでいるが、その理由は誰にもわからない。最近では、地球1個半ほどの大きさになっている。偉大なものも、ついには倒れるのだ。

木星の大気を揺るがしているのは、この有名な嵐だけではない。木星の活発な大気では、いくつもの嵐がパステルカラーの帯を描きながら、最高時速400マイル(同約640km)で、この巨大惑星を旋回している。ハッブルの画像では、そうした帯の周囲で形成されるミニ嵐も見ることができる。これらの画像により、天文学者たちは木星の気候に関する科学的知見を深めている。


太陽天文学にとって完璧なショー

次は、太陽を安全に直視してみよう。2019年7月はじめ、南米の各地で皆既日食が観測された。この種の日食は頻繁に起きるわけではない。そのため皆既日食が見られるときには、科学者たちはそのチャンスに飛びつき、コロナと呼ばれる太陽の外層を観測する。

太陽を取り巻くコロナの細かな形状は、太陽のほかの部分が月に覆い隠されているときにしか見えない。太陽と地球と月が一直線上に並ぶ皆既日食は、壮大なショーとしてだけでなく、太陽天文学にとっても完璧な配置なのだ。

太陽系の壮大なシーンは、なんとも素敵だ。こちらから、『WIRED』の宇宙写真をくまなくチェックしよう。


TEXT BY SHANNON STIRONE

TRANSLATION BY CHISEI UMEDA/GALILEO

外部リンク

cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_5c8c8b984395_ドローン宅配の実用化に向け、「ドラッグストア」との連携が鍵になる 5c8c8b984395 0

ドローン宅配の実用化に向け、「ドラッグストア」との連携が鍵になる

2019年11月3日 18:00 WIRED

ドローンは、何枚ものピザをあなたの庭先へと配達する準備はまだ整ってないかもしれない。しかし、ピザを食べた結果生じる胸焼けを解消する胃腸薬を届けるという、もしかするとピザの宅配よりも役立つサーヴィスを実現する準備を進めている。

米国のドラッグストア大手であるCVSと、物流大手UPSの子会社が、このほどUPSのドローンでドラッグストアの商品を輸送する方法を模索していると発表した。このニュースに先立つ10月18日、アルファベット傘下のドローンスタートアップであるWingと大手薬局チェーンのウォルグリーンが、ヴァージニア州クリスチャンズバーグで市販薬やティッシュペーパー、おむつなどの商品を宅配する試験プログラムを開始した。

これらのニュースが立て続けに発表されたことで、ドローンによる配達が大きな転換期を迎え、本格的に始動したことがうかがえる。企業側は技術や物流の面で進歩を遂げ、商品を空輸する仕組みの実現に向けた解決策を見出しているのだ。

一方で規制当局は、米国の複雑で混雑した空域を混乱させることなくドローンを離陸させる方法に妥協点を見出した。米連邦航空局(FAA)は今年、商用目的でドローンによる配送を実施できる航空運送業者として企業を公式に認める「Part 135」という認証を、各企業に与えている。

この6カ月にわたってUPSのドローンは、ノースカロライナ州ローリーの病院敷地内で医療サンプルと医薬品を運んできた。UPSは10月21日、ユタ大学でも同様のサーヴィスを提供すると発表している。

今回のCVSとの提携は、UPSにとって最初の消費者向けサーヴィスの取り組みとなるが、やることにはそれほど変わりはない。ドローンはスピード最優先の配達の際に最も役に立つ。血液サンプルを研究室に運ぶ場合も、足りなくなったおむつを新米の親に宅配する場合も、スピード重視なことには変わりはないからだ。

UPSでドローン事業を担当する先進テクノロジーグループの責任者であるバラ・ガネシュは、「(ドローンでの輸送に)ぴったりな分野は、緊急性が高く必要不可欠な物の配送です」と語る。

ドラッグストアならではの緊急性

UPSとCVSが具体的な計画の立案に動き始めた一方で、Wingは実際に商品を運んでいる。Wingのアプリを利用すれば、クリスチャンズバーグ周辺の配達エリアに住む18歳以上の人なら、ベビーワイプ、おむつ、鎮痛剤、ティッシュペーパー、風邪薬など、100品目以上の商品を購入できる。

アプリから注文すると、同社によると「数分以内」にカタマラン(双胴船)のようなWingの空飛ぶ配達機が玄関前か庭先の上空に到着し、ホヴァリングしているはずだ。2020年10月まで続けられる予定のヴァージニア州での試験プログラムは、アルファベット社が4月からオーストラリアで実施している同様の試験プログラムをもとにしている。


事業化を模索するなか、両社ともにドラッグストアに行き着いたことは驚きではない。まず、そこには緊急性がある。おむつや下痢止めを補充したい場合、すぐに手に入れたいことが多い。

それに店に駆け込むことなく家にいられるなら、そのほうがありがたい。こうした場合、即座に配達してくれるなら喜んで割増料金を支払うことだろうと、ジョシュア・ジーリングは指摘する。彼は15年に短期間でサーヴィスを終えたドラッグストアのドローン配送サーヴィス「QuiQui」を運営していた。のちにドローン物流企業のKittyhawk.ioを設立したジーリングは、QuiQuiを立ち上げたのは規制が追いついてくる前だったので、数年早かったと語っている。

なお、Wingはヴァージニア州でのサーヴィスを、追加料金なしで消費者に提供している。UPSのガネシュは料金について議論するには時期尚早だと言う。

FAAに安全性を実証できるか

ドラッグストアの宅配サーヴィスが、ここ数年で広まっているのは、こうした背景がある。CVSとウォルグリーンには、すでにトラックによる従来型の宅配サーヴィスがある。アマゾンは18年にオンライン薬局のPillPackを買収し、医薬品の宅配に参入している。同じようにNimbleやMedly Pharmacyなどのスタートアップも、宅配サーヴィスを提供している。

ドローンによるサーヴィスを引きつけるだけの、さらなる魅力的なポイントもある。商品そのものは小さくて軽量なものが多く、積載量が限られている機体に向いている。それにほとんどの顧客は店舗から1.5〜3km以内に住んでいるので、航続距離に関する問題も少なくて済む。

「市販薬の宅配というビジネスの仕組みには、素晴らしい要素が揃っているのです」と、ジーリングは言う。WingもUPSも、まだ処方薬の宅配には参入していない。定期的な医薬品の補充はサーヴィスの確立に役立つが、一般的に処方薬は緊急性が低いので、素早い宅配がそこまで求められているわけではない。

Wing、UPS、またはその他の事業者がドローン宅配を本格展開できるようになるには、安全性や、既存の航空交通を妨害したり、プロペラ音で地上の住民に迷惑をかけたりしないことを、FAAに理解してもらう努力を続けなければならない。このプロセスにはおそらく何年もかかるだろう。それまで、下痢止めはまとめ買いしておいたほうがいい。


TEXT BY ALEX DAVIES

外部リンク

cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_f297c78d87fb_デスクトップPCも目指した「Raspberry Pi 4」は、得意分野でこそ本領を発揮する:製品レヴュー f297c78d87fb 0

デスクトップPCも目指した「Raspberry Pi 4」は、得意分野でこそ本領を発揮する:製品レヴュー

2019年11月3日 13:00 WIRED

「Raspberry Pi」は、DIY好きなユーザーをターゲットにしたクレジットカードサイズのコンピューターである。小さいうえに低価格(55ドル=約6,000円)で、サンフランシスコで何杯か飲むよりも安い。簡単なコンピューティング機能やインターネット接続をさまざまな機器に自力で追加したい人たちにヒットするのは、すでにわかっている。

しかし、最新モデル「Raspberry Pi 4」はそれだけではない。性能が向上したことで、デスクトップ機を置き換えられる可能性もあるのだ。

Raspberry Pi 4は、従来のようにひとつのモデルですべてに対応するやり方をやめた。今回はRAMが1GB、2GB、4GBから選べるようになっている(メモリーが1GBを超えるRaspberry Piは初めてだ)。RAM容量の増加が、デスクトップPC用のソフトを実行するような新たな世界を切り開く一方で、小さなDIYマシンとしての素晴らしさも変わらない。

機械好きのおもちゃから成長

むき出しの回路基板として出荷され、低価格で低消費電力で、しかも拡張性が高い。そんなハッキング可能なパーソナルコンピューターという「ハッカーの夢」を具現化する製品として、Raspberry Piは誕生した。ときには教育用デヴァイスや機械いじりのツールとして使われるこの超小型PCは、火星探査車の小型版から世界中の学校で実施される科学実験、ハッカソンまで多くに採用され、ひとつの現象のようにまでなった。

これまでに数え切れないほどの模倣品も登場しているので、いまとなっては機械いじりを楽しみたい人たちには多くの選択肢がある。とはいえ、人気と知名度はやはりRaspberry Piがいちばんだ。ユーザーのコミュニティも、Raspberry Piが最も大きい。小さなPCの世界に新たに入る人にとっては特に、このコミュニティーがRaspberry Piの魅力になっている。

今回テストしたのは、「Raspberry Pi 4 Desktop Kit」というセットだ。4GBのマザーボード、赤と白のプラスティックケース、キーボード、マウス、マイクロHDMIとスタンダードHDMIのケーブル、USB-Cの電源、「Raspbian Linux」がインストールされた16GBのMicroSDカードなどが付属する。その名が示すように機械好き向けではなく、デスクトップPCを目指したセットとなる。

これまでのような基板むき出しの基本モデルは、RAMが1GBのもので35ドル(約3,800円)。意外にも値段は据え置かれた。さらに10ドルを出して45ドルだとRAMが2GBに、55ドルだとRAMが最大4GBになる(4GBがお薦めだ)。


2012年ころの性能

必要な性能が2012年ころのパソコンの処理速度なら、Raspberry Pi 4 Desktop Kitはデスクトップ機の代わりになりうるかもかもしれない。ここで言う「12年」は適当に想像した話ではない。「OpenBenchmarking.org」でほかのPCのテスト結果と比較すると、得られるベンチマーク結果がそのあたりなのだ。x86系で最も近いのは、12年ごろのIntel Coreチップという結論になった。

12年ならそれほど昔ではないと思うかもしれない。だが、実際にウェブブラウザー「Chromium」の起動やカメラから入力された動画の圧縮処理の時間を測ってみれば、12年というのはずいぶん昔だと感じられるだろう。というのは冗談で、動画圧縮などの処理はできない。ベンチマークを走らせることさえできなかった。

いずれにしても多くの『WIRED』の読者にとって、Raspberry Pi 4は普段使いのマシンにはならないだろう。最近使っているほかのあらゆるものと比べて遅すぎるはずだ。

Ethernetは高速化、消費電力は増加

一方でRaspberry Pi 4は、メディアサーヴァー、ネットワーク全体の広告ブロッカー、全自動コーヒーマシン、家庭でビールをつくるマイクロブルワリーの管理など、従来の用途の多くについては必要以上の性能を備えている。これは「Raspberry Pi 3」を酷使していた人にとっては朗報だろう。最新モデルが搭載する1.5GHzで4コアのARMチップは、Raspberry Pi 3と比べて3倍以上も高速化している。

“本物”のギガビット・イーサネットに対応したのも大ニュースだ。従来のモデルはUSB 2.0のブリッジによってEthernetに対応しており、ネットワークスピードが阻害されていた。Raspberry Pi 4では専用接続になっており、開発元のラズベリーパイ財団は「フルスループット」を提供すると説明している。つまり、Ethernet接続は大幅に速くなる。

ポート類はあまり変わっていない。Ethernet、USB 2.0が2個、USB 3.0が2個、そしてストレージ用の普通のMicroSDカードスロット。基板だけなら変わらず35ドルで販売されることを考えると、素晴らしいパッケージだ。

性能が上がったことで消費電力は増えている。Raspberry Pi 4は電源にUSB-C端子を採用しており、前モデルの「5V、2.5A」から、「5V、3A」になった。大きな増加ではないが、常時稼働で有名になったマシンであることを考えれば、押さえておきたいポイントだろう。

Raspberry Piとして使うには素晴らしい

今回は実際にデスクトップ機として1週間ほど使ってみたあと、モニターやキーボードなどをすべて外してルーターに直接つないだ。ターミナルからSSH経由で接続する方法に戻したわけだ。Raspberry Piユーザーとしては保守的すぎるかもしれないが、個人的にはこの使い方のほうがずっと好きだし、Raspberry Pi 4にとっても得意なのはこちらだろう。

ネットワークにつながると電力をあまり消費せず、必要になるまで邪魔をしない。これがRaspberry Pi 4のいちばん便利な使い方だと思う。

ここで4GBモデルのケースと基板について、言っておかねばならないことがある。負荷の大きいベンチマークの実行中、ケースがかなり熱くなって不快なプラスティックの臭いが部屋に充満した。Raspberry Pi 4を買うなら、基盤のみのモデルを購入し、ケースはサードパーティーのものを手に入れよう。例えば、オーヴァーヒートを防ぐヒートシンクを兼ねている「Flirc Raspberry Pi 4 Case」はおすすめだ。

Desktop Kitに付属する初心者向けガイドは、ハードウェアに付いてくる説明書としては極めて親切にできている。知る限りでは、これまででいちばんかもしれない。ステープラーでとじた薄い小冊子のようなものではない。きちんととじられた250ページの入門書で、イラストをふんだんに使ったフルカラーなのだ。


内容はRaspberry Piの設定方法、Linuxの「Debian」がベースのOS「Raspbian」の使い方、プログラムのつくり方などだ。お試し用のプロジェクトもいくつも載っている。Desktop Kitを選ばなくても、このガイドだけ別に買うこともできる。

Raspberry Pi 4は、Raspberry Piの世界に飛び込む十分な理由になる。Raspberry Piのコミュニティーはさっそく、チップの高速化とRAM増量のオプションが切り開いた新しい可能性の世界を楽しみ始めている。

Raspberry Pi 4にとって目下の最大の課題は、見つからないことだ。4GBのDesktop Kitは19年の発売以降、「PiShop」などのストアで売り切れが続いている。この記事の執筆時点でDesktop Kitの在庫があるのはCanaKit(119.95ドル)くらいだ。持ち帰りなら一部の店舗にもある。

RAMが4GBもいらずDesktop Kitも不要という人は、2GBの基板とUSB-C充電器がある。このセットはおすすめだ。

◎「WIRED」な点
低価格で簡単に使えるDIYパソコンの最新版。プロセッサーが高速化して、さらに強力になった。本物のEternetでネットワーク性能が向上。RAMが最大4GMになり、新たな可能性が広がる。素晴らしい説明書兼初心者向けガイドが付属する「Desktop Kit」なら、低負荷作業向けのデスクトップ機になる。

△「TIRED」な点
かなりライトなPCユーザーでないかぎり、デスクトップ機の代替として使うには性能不足。重い作業だとDesktop Kitのケースが熱くなりすぎる恐れがある。


TEXT BY SCOTT GILBERTSON

TRANSLATION BY RYO OGATA/GALILEO

外部リンク

cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_a28b5f9c8260_テスラの新しい「ソーラールーフ」は、エネルギー事業を“復活”させられるか a28b5f9c8260 0

テスラの新しい「ソーラールーフ」は、エネルギー事業を“復活”させられるか

2019年11月3日 12:00 WIRED

太陽光パネルと屋根用タイルが一体化された「Solar Roof(ソーラールーフ)」の最新モデルの詳細を、このほどテスラが公表した。設置はすでに始まっており、これから増産が見込まれているという。

この発電可能な屋根材は第3世代であり、従来モデルと比べて低価格で、設置が容易でスピーディーになると、イーロン・マスクは公開のQ&Aセッションで語っている。これにより、数カ月後にはマスクが想定した通りに週に数千の住宅への導入が可能になるだろう。

「まるでステロイドを与えた昆布のように成長しますよ」と、マスクは言う。これまで自動車メーカーであると同時にエネルギー企業でもあろうとしているテスラの挑戦はつまづいていたが、実際に大きく成長すれば息を吹き返すことになるかもしれない。

伸び悩んできた販売

この製品は屋根に後付けのソーラーパネルを設置するのではなく、ソーラーパネルでありながら「屋根そのもの」でもある(ちなみにテスラは後付けタイプのソーラーパネルの設置サーヴィスも提供している)。光子を電気に変えるグラスタイルでできているのだ。

地上から見ると、くすんだスレートと見分けがつかないようにつくられている。これにより、ソーラーパネルならではの見た目と環境がトレードオフになるという懸念を和らげている。

ソーラールーフの最初の製品は2016年に発表されており、第2世代モデルの存在はこれまで明らかにされていなかった。最新モデルは25年保証つきで、風速が時速110マイル(秒速49m)の風や直径およそ2インチ(5cm)の雹にも耐えるという。

クリーンエネルギーの導入を加速させようとしているテスラにとって、ソーラールーフと家庭用バッテリー「Powerwall」(太陽光で発電した電力を送電網に送らず蓄電する大型バッテリー)が重要となる。実際にマスクも長年にわたって、そう繰り返し言い続けてきた。

しかし、ソーラールーフを投入してからの3年間、テスラは製品に課題を抱えてきた。出荷は遅れ、設置契約数は想定よりも伸び悩んだ。今回の発表時にマスクは、第2世代モデルの生産と設置のコストがあまりに高額だったことに触れ、テスラは「基本的に赤字にならないよう努力している」と語っている。

とりわけソーラールーフのタイルが雨樋に接する部分の施工は「職人技」で、多くの場合は現場での加工が必要になる。このため設置工事は複雑で時間を要するという。今年の第二四半期にテスラが設置したソーラーパネルは、わずか29メガワット相当だった。これは四半期ベースで過去最高だった200メガワットには遠く及ばない。

問題続きだったソーラールーフ

マスクによると、第3世代のソーラールーフはタイルを大型化しており、材質が変更されている(詳細は明らかにされていない)。さらに、部品点数や組み立てが必要な部品の数を半分以下に減らしたという。

テスラが電気自動車(EV)の「モデル3」の生産にリソースを集中させたことで取り組みは遅れたものの、いまは生産が順調に進んで利益を上げているという。テスラにとって注力すべき製品が、ここにきて再びソーラールーフになったのである。

太陽光発電を巡るテスラの野望の妨げになってきたのは、遅れだけではない。そもそもソーラールーフ事業は、テスラが16年に26億ドルで買収したソーラーシティとの提携に端を発している。それ以来、事業は市場シェアを失って資金難に陥り、テスラの株主は買収が会社に損害を与えたとして訴訟を起こしている。

また、契約違反および重大な過失があったとして、ウォルマートからの訴訟にも直面している。テスラが設置したソーラーパネルが、ウォルマートの7つの店舗で発火したとされているからだ。

事業の活気を取り戻せるか

今回の発表の際にマスクは、いつものように過去と現在の課題を、未来に向けた大きな“約束”とすり替えている。設置工事の時間として8時間を目指しており、これは従来の屋根の施工にかかる時間と同等なのだという。一般的な屋根と同等の価格にすることも約束している。

「普通の屋根に追いつきますよ」と、マスクは言う。テスラは設置工事を担当する社員の訓練を手始めに、工程を明確にしたうえで他の企業と協業していく計画だ。ソーラールーフのタイルは、ニューヨーク州バッファローにあるテスラの工場「ギガファクトリー2」で生産される。

少なくともテスラのホームタウンでもあるカリフォルニア州は、ソーラールーフの第3世代を歓迎するかもしれない。山火事の季節になり、地元の電力会社であるパシフィック・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニー(PG&E)は、損傷した送電線からの発火を防ごうと何十万もの利用者への電力供給を繰り返し停止している(それでもソノマ郡に広がっている通称「キンケイド・ファイア」を防ぐことはできなかった)。

マスクによるとテスラへの注文は増加しており、これは停電による影響の可能性があるという。また、Powerwallの注文も増えているのだと、マスクは語っている。

太陽光を家庭に貯めておけるエネルギーに変換する屋根という発想は奇妙かもしれないが、「これはあるべき姿です」と、マスクは言う。「ただそこにあるだけの“死んだ”屋根の代わりに、“生きている”屋根を手に入れることができるのですから」

こうしてテスラのエネルギー事業も同じように“死の淵”から蘇り、活気を取り戻していくことになるのかもしれない。


TEXT BY ALEX DAVIES

外部リンク

cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_cd0347b6bc05_グーグルのFitbit買収は、ウェアラブルを制する野望の大きな一歩になる cd0347b6bc05 0

グーグルのFitbit買収は、ウェアラブルを制する野望の大きな一歩になる

2019年11月2日 20:00 WIRED

グーグルはフィットネストラッカーなどのウェアラブル機器を手がけるフィットビットを、21億ドル(約2,272億円)で買収することに合意したと発表した。噂がたってからちょうど1週間が経った11月1日(米国時間)のことだ。広告分野の巨大企業にとっては、ハードウェア事業を大幅に拡大していくという意思表示になる。

しかし、たとえフィットビットを買収したところで、グーグルは当面は「Apple Watch」が独占しているウェアラブル市場で苦戦を強いられるだろう。いつでもどこでもサーヴィスを受けられるようにするというグーグルの明確なヴィジョンを実現したいのであれば、ウェアラブル市場での存在感をさらに高めていく必要がある。「Fitbit」のユーザー2,800万人が生み出す大量のヘルスケアデータを手に入れるにこしたことはない。

グーグルのデヴァイス部門担当シニアヴァイスプレジデントのリック・オスターローは、買収発表時の声明で次のように述べている。「フィットビットの専門家チームと緊密に連携し、最高水準の人工知能、ソフトウェアおよびハードウェアを統合することによってウェアラブル製品の革新に拍車をかけ、世界中のもっと多くの人々に恩恵をもたらす製品をつくり出すことができるだろう」

アンビエントコンピューティングという未来

グーグルのスマートウォッチ市場での存在感は、現時点ではアップルに続く“第2集団”の製品に搭載されている「Wear OS」にとどまっている。グーグルが今年初めに詳細が不明のスマートウォッチ関連技術を4,000万ドルで買収したフォッシルもそのひとつだ。

これはグーグルのパターンとも言えるもので、2018年には11億ドルでHTCのスマートフォンチームの大部分を買収し、独自のスマートフォン「Pixel」を開発している。既存の企業に投資することによって、社内で最初から開発するよりずっとスピーディーに遅れを取り戻すことができるのだ。

Apple Watchの競合製品を発表することができれば、「アンビエントコンピューティング」を目指すというグーグルのヴィジョンに華を添えることになるだろう。アンビエントコンピューティングとは、例えばウェブ検索しなければならないときなどに、いつでもグーグルのサーヴィスを使える状態にしておくというものである。

10月に開かれたグーグルのハードウェア製品のイヴェントでオスターローは、「必要ないとき、グーグルの技術はただ背景に溶け込みます。このシステムの中心にあるのはデヴァイスではなく、あなたこそが中心なのです」と説明している。人々が同社のサービスに常に取り囲まれている未来をグーグルが思い描いているのだとすれば、人々の腕に装着できるコンピューターの開発によって、その夢の実現に一歩近づくことができる。

アップルの後塵を拝してきたグーグル

しかし、そのような未来の到来は確実というにはほど遠い。グーグルがウェアラブル機器の分野にさらに攻め込んでいくには、ハードウェア、ソフトウェアともに大量の課題が残されている。14年にアップルのティム・クックが最初のApple Watchを発表する前、グーグルは「Android Wear」を搭載した初のスマートウォッチを発表していたが、以後はアップルの二番手に甘んじてきた。

例えばアップルの「watchOS」と比較した場合、グーグルのWear OSには見直すべき点が多数残されていた。独自のチップまで製造するアップルとは異なり、グーグルは依然として見劣りのするクアルコム製チップに頼らざるを得ない状態にある。それに調査会社Canalysのデータによると、アップルはすでに北米のウェアラブル市場の約38パーセントを手にしている。

ウェアラブル機器についてはさておき、フィットビットが蓄積する豊富なフットネスデータは、グーグルがヘルスケア市場で競っていくうえで追い風になる可能性がある。グーグルの親会社アルファベット傘下の人工知能(AI)開発企業のDeepMind(ディープマインド)は、Aiを使って急性腎障害を検知するプロジェクトや糖尿病患者の失明を予防するプロジェクトなど、数々のヘルスケア事業に投資してきた。アルファベットはこのほか、PTSDなどの障害の研究実績がある生命科学企業ヴェリリーも傘下に置いている。

規制当局の判断はどうなるか

フィットビットはプレスリリースで、「今後も引き続きユーザーが自身のデータを管理できるようにし、当社が収集したデータと収集した経緯に関しては透明性を保ちます。個人情報を売ることは決してありませんし、当社の保有するヘルスケアデータがグーグルの広告に使用されることはありません」と明言している。

しかし、これがフィットビットの情報がグーグルのヘルスケア事業の“立入禁止区域”であることを指しているのかどうかは確かではない。グーグルはフィットビットのデータをヘルスケアの事業戦略に利用するつもりなのかという問いに対して、回答していない。

グーグルのフィットビット買収は、このほか独占禁止法に絡んで欧米の規制当局の関心を引く可能性がある。すでにグーグルの市場独占率、とりわけ検索およびオンライン広告市場について詳しい調査を実施中だ。

『ワシントン・ポスト』によると、グーグルはフィットビット買収案を最終決定するには、規制当局の承認を得る必要がある可能性が高いことを明らかにしている。規制当局によって買収が中止された場合、グーグルはフィットビットに2億5000万ドルを支払うことで合意している。

買収が実行されるとなれば、フィットビットはグーグルにウェアラブル技術を譲渡するにとどまらない。よかれ悪かれ、グーグルがあなたの生活に欠かせないものになる可能性に道をひらくことになるのだ。


TEXT BY LOUISE MATSAKIS

外部リンク

cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_d2a7f2f403cc_【ネタバレあり】『ジョーカー』を鑑賞する行為は、感覚が麻痺するような“空虚さ”の体験でもある d2a7f2f403cc 0

【ネタバレあり】『ジョーカー』を鑑賞する行為は、感覚が麻痺するような“空虚さ”の体験でもある

2019年11月2日 19:00 WIRED

※映画やドラマのレヴュー記事にはネタバレにつながる描写が含まれていることがあります。十分にご注意ください

1970年代と80年代のニューヨークを舞台にした2本の映画『タクシードライバー』と『キング・オブ・コメディ』。それらの名作へのオマージュであるという以前に、映画『ジョーカー』はゴッサム・シティという架空の都市に設定を依拠している。そしてコミックが原作であるストーリーを口実として、非常に狭量で否定的な側面から現実世界の犯罪を想起させてくるのだ。

それは意図的にではなく、どちらかといえば結果としてそうなった、ということなのだろう。こうして生まれたのが、あまりに漠然と広がるシニシズムの世界である。それが軽薄さを感じさせる美的センス以上に、鑑賞体験をより空虚なものにしている。

実際に起きた事件を暗示させるシーン

『ジョーカー』の舞台は、薄汚れていて不穏な空気が漂うニューヨ──でなくゴッサム・シティだ。時代設定は、おそらく(小道具や衣装などから推察するに)1980年ころと思われる。ピエロに扮したアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は、“ミッドタウン”の雑踏で音楽ショップの人間広告塔として働いている。

ここで最初のドラマティックな場面が訪れる。有色人種のティーンエイジャーの集団がアーサーにちょっかいを出し、彼が持っていた看板を奪ってしまう。アーサーはゴミだらけの路地(街ではゴミ収集業者による最悪なストライキが起きている最中だ)まで彼らを追いかけていくが、少年のひとりが奪った看板で彼を殴り倒す。そして少年たちは集団で彼に殴る蹴るの暴行を加える。薄汚れた路地にひとり残されたアーサーは、あざだらけで血を流しながらすすり泣く。

これは実際に1989年にニューヨークで起きた「セントラルパーク・ジョガー事件」を暗示している。「有色人種の若者グループが孤立した傷つきやすい白人を襲った」という思い込みから、5人の若者たちが有罪判決を受けたが、冤罪だったという事件だ(彼らは「セントラルパーク・ファイヴ」と呼ばれている)。

劇中ではこうした史実からは離れ、あの5人は犯人ではなかったかもしれないが、あの惨事を引き起こした集団は別にいたのだと語りかけてくる。彼らは扇動家が生み出した憎悪に満ちた想像の産物ではない──その後に続く凄惨な行為の火種となるのだ。

ホワイトウォッシュされた過去の事件

ほどなく、次の残忍な場面が訪れる。アーサーは自分が所属するピエロ派遣業者のオフィスのロッカールームに戻る。同僚たちがアーサーに対する暴行事件を話のネタにするなか、威圧的な同僚のランドル(グレン・フレシュラー)が彼に銃を手渡してきたのだ。

その後、地下鉄で若い男の3人組(スーツを着た白人)に襲われたアーサーは、銃を取り出して発砲する。そのうちひとりにいたっては、わざわざ駅のプラットフォームまで追いかけて撃ち殺すのだ。このシーンも1984年に実際に起きた事件を想起させる。バーナード・ゲッツという男が地下鉄で4人のティーンエイジャーを銃撃した事件だ。

ゲッツは当時、若者たちが強盗ではないかと思ったと語っていた。彼が銃撃した4人の若者たちは黒人で、ゲッツは逮捕後に人種差別発言を行っている。『ジョーカー』の劇中では、監督のトッド・フィリップス(スコット・シルヴァーとの共同脚本)が、ゲッツの事件をホワイトウォッシュ(白人化)して人種的な動機を取り去ることで、自己防衛に歯止めがかからなくなった末の事件に転化している。

他人とのかかわりの不在

これらのふたつの事件の間に、アーサーが乗客で混み合うバスに乗っている場面がある。自分の前に座っていた子どもが振り返ると、アーサーは楽しそうに顔芸を披露して笑わせようとする。ところが子どもの母親は、息子に構わないでくれと厳しい口調でアーサーに注意する。この親子は黒人だ。

その翌日、帰宅するアーサー(彼は病院で子どもたちを相手にピエロの仕事をしている最中にポケットから銃を落としてしまい、クビになっている)は、ソフィー(ザジー・ビーツ)という隣人の女性に出会う。彼女にも小さな子どもがいる。ソフィーとその子どもも黒人だ。

ソフィーと短い会話を交わしたアーサーは彼女に執着心を抱き、彼女とのロマンティックな関係を妄想する。こうした他人とのかかわりの不在が、ほかのさまざまな苦難とともに彼を苦しめることになる。

さらにもうひとつある。アーサーは治安の悪い地区の一角にある寂れたアパートの一室で、母親のペニー(フランセス・コンロイ)と暮らしている。ペニーには障害があり、アーサーは彼女を介護している。母親が寝静まったあと、アーサーは深夜にテレビで古典映画の名作を観ている。流れているのはフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが主演の『踊らん哉』だ。

流れてくる曲は、ジョージとアイラのガーシュウィン姉弟による「スラップ・ザット・ベース」で、遠洋定期船の機関室(かなり様式化されている)で働く黒人男性たちが作業しながら歌い、音楽を奏で始める。そこにはジャズバンドがいて、ひとりの男(ダッドリー・ディッカーソン)が、同僚たちのコーラスのリフに合わせて歌いだす。そこにアステアが加わり、彼らの歌と演奏に合わせて踊り始める──。この場面をアーサーは銃を手に持ったまま観ながら居間で踊りだすが、踊りに夢中になっているうちに不注意で引き金を引いてしまう。

無化された事件の本質

『ジョーカー』は強烈に人種問題を意識させるようにつくられた映画であり、人種のお約束にまみれたドラマがそこかしこに散りばめられている。それらは非常に挑発的で、困惑させられるほど精査されていない。

作品が語ろうとしていることには、まったくもって一貫性がない。精神を病んでいるアーサーが有色人種の集団に襲われて暴力性に目覚めたことや、黒人女性には冷淡な態度をとられ、他人から無視されていると信じ込み、陽気な黒人労働者の脇役たちに囲まれる魅力的な白人スターになるというアイデアに歓喜している、といったことを示唆している程度だ。

しかし、セントラルパーク・ファイヴについて公に語られていることやバーナード・ゲッツの事件、そしてこの現実世界とは異なり、『ジョーカー』における言説やアーサー・フレックの思考プロセスからは、人種や社会的特異性といった発想が完全に欠落している。

確かに『ジョーカー』は架空の都市を舞台にしたコミックの世界のファンタジーだが、そこで起きる事件やその影響については、現実世界に寄生するかのように実際の出来事から“拝借”している。そこで参照されているさまざまな事件は、人種差別的な言説や態度の原因かつ産物である。そして長きにわたって歴史的とも言えるほどの重みをもった「現実の人種差別」を生み出してきたのだ。

『ジョーカー』の核となる事件(ネタバレを避けるためにはっきりと言及はしない)も、現実世界の事件を示唆するものだが、ここでも監督のフィリップスはその言説や本質を無化している。その結果、共鳴し合う事件や魅力的なディテールを伴ったストーリーを創り上げようという試み以上に、『ジョーカー』にはひとりの映画監督、あるいは映画スタジオの政治的な臆病さが反映されており、この街の現代史や現在の米国政治といった具体性が欠落している。その理由は、映画が政治的文脈で語られることに対して不満を募らせている観客(つまり共和党員)に向けて、単なるエンターテインメントとして提供するためなのだ。

隠された政治的なレトリック

『ジョーカー』では、アーサーが精神を病んでいることはすぐに分かり、彼もそれを自覚している。彼は7種類の薬を服用しており、もっと薬がほしいと思っている(彼が抱える問題の原因は映画の後半で明らかになる)。

しかし、ゴッサム・シティは明らかに財政難に陥っている(思い出してほしい。1975年にニューヨークは財政破綻寸前の状況にあった)。社会福祉の予算は削減され、アーサーも薬をもらうことができなくなった。その結果、アーサーの妄想はさらに深刻化していく。すでに暴力的な傾向はあったものの、その暴力性はより計算された標的を絞ったものになっていくのだ。

ここでも本作は、現在の政治のレトリックを提示する。これは主に銃規制に関して共和党員が強調することだが、すべての人を対象にした規制ではなく、精神的に問題を抱えた人のみを規制の対象にすべきだというレトリックだ。

アーサーが連続殺人に目覚めるなか、ひとりの有名人がアーサーのような殺人者たちを「ピエロ」と呼ぶ。その人物はトーマス・ウェイン(ブレット・カレン)。裕福な銀行家であり、数十年前にアーサーの母ペニーも彼の下で働いていた。そしてもちろん、彼の息子の名はブルースという。

この発言をきっかけに、活動家たちによる大規模な運動が突如として起こる。彼らはピエロに扮し、富裕層や権力者たちを標的にする。これはヒラリー・クリントンがドナルド・トランプの支持者の大多数を「哀れな人々」と呼んだ“事件”に類似している。一部の人々は、この「哀れな人々」という言葉を名誉の証として使うようになったからだ。『ジョーカー』において「ピエロ」という形容は、脅威として迫りくる左翼の急進派に向けられている。

コメディアンとしての夢

アーサーはスタンダップコメディアンとしての成功を夢見ており、セラピー目的で日記をつけるためのノートに、彼が言うところのジョークを書きためている。彼は大量の文字を震える手で熱心にノートに書き込んでいる。劇中でもノートの内容を(雑誌のポルノ写真の切り抜きを含めて)垣間見ることができるものの、画面に映る文章は個人的な内容に限られている(「俺の死は俺の人生よりもまともであることを願う」「メンタルヘルスに問題を抱えていて最悪なのは、自分はまともに振る舞っているつもりでも他人はそれを理解してくれないことだ」など)。

アーサーが何を考えているにせよ、わたしたちは彼について多くを知ることができない。彼が自分の生きている世界について何を考えているにせよ、その内容が明かされることはないのだ。彼のノートは実質や目標を欠いたマニフェストである。

彼の努力の大半は思索的なものであり、唯一実態があるものといえば、コメディクラブで開催されたオープンマイクナイトで披露した悲惨なステージぐらいだ。それでもコメディアンになりたいというアーサーの夢に付随するかたちで、彼はマレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)という深夜のトークショーの司会者に執着心を抱く。

ちなみに『キング・オブ・コメディ』で、デ・ニーロはフラストレーションを抱えた売れないコメディアンのルパート・パプキンを演じている。パプキンもまた架空のトークショーの司会者でジェリー・ルイスが演じるジェリー・ラングフォードに執着していた。この司会者の人選もひとつのリファレンスで、ニューヨークのローカルな低予算トークショーの司会者だったジョー・フランクリンがモデルになっている。

歴史的なリファレンスは徹底しているが……

このように、『ジョーカー』はこの時代のさまざまなディテールの上に構築されている。冒頭のラジオニュースレポートを放送しているのは「1080 WGCR」というラジオ局で、アナウンサーの名前はスタン・L・ブルックスである。これは実在する「1010 WINS」と同局のアナウンサーだったスタン・Z・バーンズのパロディとなっている。

劇中の小道具も具体性を帯びている。押しボタン式の電話や電動タイプライター「IBM Selectric」、斜め窓の市バス、グラフィティだらけの地下鉄車両、ネオンサイン、そして70年代や80年代のファッションなどが特徴的だ。そこにはまばゆいばかりのアナクロニズム(ウェス・アンダーソンの映画や『ジョン・ウィック』シリーズなどに見られる)は提示されないが、ある時期のニューヨークを想起させるように焦点が絞られている。

しかし、これらの点において『ジョーカー』は歴史的なリファレンスを徹底しているものの、最も本質的な歴史的要素についてはあからさまに歪曲し、見て見ぬ振りをしている。『ジョーカー』はつくり話のために歴史をねじ曲げた、コミック版『グリーンブック』なのである。

“なりたがり”の映画

『ジョーカー』の主題の矛盾は、美的な空虚さと不可分である。躁鬱を繰り返すフェニックスは、下着や派手なコスチュームを身にまとい、派手なダンスを披露したり、怒りに駆られて熱狂したり、恐怖に身をゆだねたり、なまりのある言葉で突飛な行動をとったりする。それは精神的に不安定というよりも、意欲なく、あてどなく漂っている感じだ。

そこでフェニックスが見せるものは、役者としてのトリックの数々というよりもパフォーマンスにすぎない。それらはとても素晴らしいものではあるが、空虚な骨組みであるキャラクターを装飾すると同時に、どう見てもターゲットとなる観客を遠ざけることを恐れるあまりに計画的に空虚にされている。

この映画が『タクシードライバー』と『キング・オブ・コメディ』の物まねであることは明らかだろう。デザインや時代設定も、これらを模倣している。しかし、『ジョーカー』がパロディであり真似ごととして無神経にも商業利用した極めて重要なものは、『ブラックパンサー』だ。コミックをベースに入念につくられた世界観とともに、緻密に計算された大胆かつ明らかな政治的ヴィジョンをフレームワークに注入した作品である。

『ジョーカー』は、あらゆるものをすべての視聴者に届ける存在になりたいという、“なりたがり”の映画である。実質性をもたせるという観念だけを模倣していて、実際のところは中身が抜け落ちている。『ジョーカー』を観るという行為は、感覚が麻痺するような稀少な“空虚さ”を体験するということでもあるのだ。

リチャード・ブロディ|RICHARD BRODY

映画批評家。1999年から『ニューヨーカー』に映画のレヴューなどを寄稿。特にフランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、ウェス・アンダーソンに詳しい。著書に『Everything Is Cinema: The Working Life of Jean-Luc Godard』など。


TEXT BY RICHARD BRODY

外部リンク

cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_23c3f974e78e_中世の鎧と武器で戦士たちがバトル! 白熱の国際大会「バトル・オブ・ザ・ネイションズ」の世界 23c3f974e78e 0

中世の鎧と武器で戦士たちがバトル! 白熱の国際大会「バトル・オブ・ザ・ネイションズ」の世界

2019年11月2日 15:30 WIRED

戦場カメラマンは普通、戦闘地帯では防弾チョッキを着用する。写真家のアレッサンドロ・ディアンジェロが着用したのは中世風のチュニックと帽子だったが、鎖帷子と兜のほうがよかったかもしれない。

ディアンジェロは、2019年5月にセルビアで開催されたアーマードバトルの国際大会「バトル・オブ・ザ・ネイションズ2019」を撮影するため、現地を訪れていた。「カメラのレンズをのぞき込んでいると、宙を舞ってくる斧や、激しい音を立てる剣に注意が行かなくなるんです」とディアンジェロは話す。

戦いの舞台は、15世紀にドナウ川の岸に建てられた石の砦、スメデレヴォ要塞。ディアンジェロの話では、40カ国から600人を超す勇敢な戦士たちが、4日間にわたるフルコンタクトの戦いに身を投じたという。それはまるで、鎧と武器を使った総合格闘技のようだったと、彼は語る。

大会は5月2日、さまざまな国旗と紋章に彩られた厳粛かつ華やかなパレードで幕を開けた。騎士たちは正々堂々と戦うことを誓い、自身の本気度を示すためにパン1斤をむさぼり食った(そんなことをしなくても、疑う者は誰もいなかっただろうが)。なかには、ブラジルやメキシコ、中国など、遠方からの参加者たちもいた。彼らの手荷物は、13~17世紀の本物を忠実に模した鋼鉄の兜や板金鎧、重い盾で、ずっしりとしていた。

砂だらけのアリーナを囲むスタンドには観客が詰めかけ、一対一の決闘や、「ブフルト」と呼ばれる小部隊同士の戦いなど、さまざまなバトルを目の当たりにした。戦士たちは敵を、剣やメイス(棍棒)、スレッジハンマーなどの武器で殴り倒した(大会のルールブックに従って、刃先などは丸くしてある)。


勢いを増す戦い

騎士道に反する行為に及んだ者(例えば、敵の股間や首などの急所を攻撃した者)には、レフェリーがペナルティカードを提示した。会場には、救急車と医療スタッフが待機。撮影クルーは戦いの様子を、自宅観戦するファンに向けて、カメラとドローンを駆使してライヴ配信した。

次第に勢いを増す、300人の戦士たちによる壮大な戦いのフィナーレ。ディアンジェロの写真は、その激しさを見事にとらえている。誰が味方で誰が敵なのかを見分けるのに四苦八苦する戦士たち。金属と金属のぶつかる音が、歓喜する大勢の観客の叫び声と混ざり合った。「このような戦いでは、自分の味方を攻撃しないようにするのは、とても難しいのです」とディアンジェロは語る。

いちばんの戦果を挙げたのはロシアで、24個のメダルを獲得した。それに続いたのは、ウクライナとモルドヴァだった。

授章式の直後、不吉な雷雲が現れて、激しい祝いの雨を戦士たちにプレゼントした。全員がずぶ濡れになった。

「空港で、靴と下着を乾かしました」とディアンジェロは語る。「でも戦士たちのように、武器や鎧がサビてきしむことがないよう何とかしなくてもよかったのが、せめてもの救いでした」



TEXT BY LAURA MALLONEE

TRANSLATION BY GALILEO

外部リンク

cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_a5dcbebbb517_“道なき道”を走破するミニマルな電気SUV、米スタートアップが開発 a5dcbebbb517 0

“道なき道”を走破するミニマルな電気SUV、米スタートアップが開発

2019年11月2日 10:00 WIRED

電気自動車(EV)の時代になって10年以上が経過し、自動車業界はほぼあらゆる種類のクルマにバッテリーを導入するようになった。

街を走るための小型モデルから目を見張るようなスポーツカー、豪華なSUV、ピックアップトラックまで、ドライヴァーは好みや予算に合わせてさまざまなEVを選んで購入し、排気ガスをまき散らすことなく帰宅できる。さらに、ジャガーの「I-PACE」のようなオフロードモードを選べる四輪駆動のEVなら、未舗装の道を進んでいくこともできる。

だが、岩場を進んで川を渡るようなオフロードを本気で走りたいなら、いまだに頼りになるのは内燃機関で動くクルマだ。

こうした状況を踏まえ、ロバート・ボリンジャーはオフロード走行が可能なEVの開発に取り組んでいる。彼の名を冠した自動車メーカーのボリンジャー・モーターズ(Bollinger Motors)は、バッテリーで荒野を走破する計画を打ち立て、9月末に電気SUVとして発表した。4ドアのSUVと4ドアのピックアップトラックで、いずれも完全なEVだ。「B1」「B2」という名のそのクルマは、外見が非常にいかつい感じで、同社が2017年に発表した2ドアSUVのコンセプトを踏襲している。

「EVを開発したいと思っていましたが、テスラ・ロードスターの小型版をつくる気はありませんでした」と、連続起業家でもあるボリンジャーは言う。彼は最高経営責任者(CEO)だったヘア製品メーカーの売却益をもとに、EV開発の資金を調達した。

「道具がほしかったんです。自分の農場で使えるものがね。つまり、合板やツーバイフォー材を積めるようなトラックです。そういったトラックでオフロードを走れるタイプのEVは、わたしたちの非常に熱心な支援者も望んでいるものです」

直線的で飾り気のない仕上がり

2015年にニューヨーク州北部で創業し、昨年になってデトロイトに拠点を移したボリンジャー・モーターズは、EVに重点を置く多数の新たな自動車メーカーのひとつである。

この種のスタートアップは、大手自動車メーカー数社が長らく独占していた業界の利益にあずかろうとしている。例えば、リヴィアン(Rivian)は、アマゾンから10万台の配送用EVヴァンの注文を受けたところだ。ダイソンはかなり興味深い特許を出願した[編註:のちにEVの開発を断念している]。Virya Mobility 5.0という企業は、インドで電気オートリキシャを製造している。

こうした競合他社のEVに比べると、ボリンジャーの2種類の新たなプロトタイプは、直線的で飾り気のないミニマルな仕上げだ。未来のクルマというより、ゼネラルモーターズ(GM)の往年のミリタリーグレードの「ハマー」のような外見である。


水深91cmの川も渡る

そんないかつい外見に味があるのは、「B1」も「B2」も未舗装の道を走行するクルマが最も重視する特徴をもっているからだ。2種類のクルマの巨大なオフロード用タイヤは、ホイールトラヴェルが10インチ(約25cm)もある。最低地上高は15インチ(約38cm)で、「ジープ・ラングラー」の11インチ(約28cm)をしのぐ。水深3フィート(約91cm)の川をザブザブと音を立てて進んでいける。

2基の電気モーターは最高出力614hpで、最大トルク906Nmを発揮して岩場を走破する。「B1」「B2」ともに5,000ポンド(約2.3トン)の荷物を積載できる。くつろげるとはいえない車内が外から見通せるようにドアと窓を取り外せるが、車体は頑丈で、走り終えたらホースで水をかけて簡単に洗える仕様だ。

どちらのトラックも、現在流通しているなかでは最大の120kWhのバッテリーを搭載している。ボリンジャーの試算によると航続距離は200マイル超(約322km)で、2種類のトラックのパワーや空力とは無縁のような造形からすれば、悪くない距離だ。

ボリンジャーのトラックは巧みな工学技術も搭載している。最低地上高を高くするため、ポータルアクスル(ハブリダクション)という構造を用いているのだ。この構造はセパレートギアボックスを採用しているので、車台から車軸が上がり、クルマと地面の間が広がる。

独自の2速トランスミッションを搭載

ボリンジャーは各モーター用に独自の2速トランスミッションの開発も行った。EVのほとんどは固定ギアの1速トランスミッションを採用しているが、多速トランスミッションも徐々に採用され始めている。

ポルシェは「タイカン」に2速トランスミッションを導入した。トランスミッションのメーカーZFは独自の2速トランスミッションを開発中である。どちらの2速トランスミッションにも、最高速度と加速力を上げ、効率をよくする利点がある。

2速トランスミッションは、オフロードでも役立つことがわかっている。「重い荷物を運びながら急勾配の道をのぼっていかなければならない。そんなオフロードの状況に遭遇したら、ひとつのギアですべてをこなすのはとても無理です」と、ボリンジャーのドライヴトレイン担当エンジニアのC・J・ウィネガーは説明する。「B1」と「B2」は急勾配の道で重い荷物を運ぶ状況に対応しなければならないが、幹線道路ではある程度の効率を発揮しなければならない。

レトロフューチャーなデザイン

そのほかボリンジャーが目指しているのは、課題を単純化して、できれば低コストにすることである。同社は自動車部品サプライヤーからバッテリーやモーターを入手する予定だ。クルマの生産も外注する予定で、同社の仕事に興味を示したメーカー4社について検討中である。このような契約は比較的小口で、ボリンジャーは2021年に1,000台の生産から開始し、その後も少量生産をずっと維持したいと考えている。

定評あるメーカーに生産を依頼すれば、複雑かつ高コストの工場は必ずしも必要ではなくなり、クルマの設計と工学に集中できると、ロバート・ボリンジャーは話す。

この点でEVメーカーのボリンジャーは現状把握に関して競合他社よりすでにかなり先んじている。トランスミッションとポータルアクスルにおける技術革新に加えて、オフロードカーの世界に設計上の巧みな仕かけをもたらしているからだ。

「B1」も「B2」もエンジンがない構造のおかげで、クルマの前からうしろへと長尺物を積める構造になっている。やはり前方から後方にわたってガラス張りのルーフ、屋根と窓で覆われた運転台も、ボリンジャーならではの特徴だ。

また、昔風の操作レヴァーがついたギア変速装置のほか、ダッシュボードにはローレット加工が施されたつまみが備わる。外装のパネルはリベットで留められている(キャンピングトレーラーのエアストリーム風だ)など、レトロフューチャーなデザインが随所に見られる。

実用性を重視する消費者のために

自動車業界で新たなメーカーを立ち上げるのは、過去数十年間ほどではないにせよ、依然として難しい。ボリンジャーは豊富な資金力によって、商業市場と軍事市場の両方で潜在顧客を獲得しようとしている。CEOのボリンジャーは競合他社が強気なスケジュールを示していたとしても慎重な構えを崩しておらず、「B1」と「B2」を市場に出すのは2021年モデルからになるという。

だがボリンジャーには、自らがつくるようなクルマをほかの自動車メーカーが世に出せるはずはないという自信がある。

リヴィアンもオフロード用のSUVとピックアップトラックを開発中だが、いずれも最低地上高やサスペンショントラヴェル、ばね下重量で「B1」や「B2」には及ばない。ボリンジャーのクルマは、これまでオフロードカーでは使われていなかったハブモーター(インホイールモーター)を採用しているからだ。

合板など大荷重の物資の運搬をクルマに求めて実用性を重視する消費者とともに、オフロードカー市場はしばらくは舗装された道を外れ、ある場所へと向かうだろう。向かう先は、きっとボリンジャーだ。


TEXT BY ERIC ADAMS

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

外部リンク

cat_7_issue_oa-wired oa-wired_0_ed4ea3ed5c78_事故を起こしたEVの感電リスクを、電源カットで制する:新手の安全装置をメーカーが次々に投入 ed4ea3ed5c78 0

事故を起こしたEVの感電リスクを、電源カットで制する:新手の安全装置をメーカーが次々に投入

2019年11月1日 17:00 WIRED

自動車のエンジンは、入念に制御された小さな爆発を毎分数百回も起こすようにつくられている。そのエンジンによって、これまで1世紀以上にわたってクルマに動力を与えてきた自動車産業は、いまバッテリーで動く電気自動車(EV)の未来へと向かっている。

しかし、EVの時代においても役に立つ爆発がまったくないわけではない。自動車部品サプライヤーのボッシュは、EVのための新たな安全装置であるパイロヒューズと呼ばれる部品の詳細を、このほど公開した。

パイロヒューズのシステムは、EVの衝突を検知すると同時に小さな爆発を起こし、バッテリーと電気系統とをつなぐ高電圧ケーブルにくさびを打ち込む。このシステムの目的は、衝突事故における初期対応者の感電の危険を減らすことにある。

高電圧化するバッテリーへの対策

パイロヒューズがEVに必要な理由は、従来のクルマは約12Vで走るが、EVの多くは400Vのバッテリーを搭載しているからだ。ポルシェの新型EV「タイカン」のバッテリーにいたっては、その2倍の800Vである。

このようなバッテリーの高電圧化を受けて、自動車業界はすべての人の安全を確保する新たな方法を編み出してきた。自動車メーカーや自動車部品サプライヤーは、バッテリーパックと高電圧の部品を慎重に絶縁するだけでなく、衝突時に作動するさまざまなパイロテクニック・セーフティースイッチ(PSS)を開発している。

例えば、スウェーデンの自動車安全システムサプライヤーであるオートリブの「パイロスイッチ」は、回路基板の電源を遮断するスイッチだ。テスラは「アーク放電を消滅させるガスを放出して電源を遮断する起爆装置」の特許を得ており、これもPSSと同じように作動するらしい。

ボッシュのパイロヒューズはさらに踏み込んだシステムで、実際にケーブルを切断する。「安全に電源を遮断する装置です」と、ボッシュの半導体部門のプロダクトマネジャーのトルステン・ケプケは言う。「物理的に配線を切断するのです」

ケプケのチームは、クルマの減速などの多様なデータを駆使して、衝突を検知するチップをつくった。もともとそのチップはエアバッグを作動させるために開発されたが、バッテリーの遮断の際にも同様に機能する。このシステムが具体的にどう働くかは自動車メーカーによって起爆の条件などが異なるものの、チップが小さな爆発を起こすという概念は共通しており、エアバッグを膨らませる際と同様の化学反応を起こす。

ケプケによると、クルマの各車輪にモーターがひとつずつついている場合、パイロヒューズでくさびを打ち込むケーブルは8本になる。ボッシュは顧客の社名を明かさないが、ケプケいわく、パイロヒューズは公道を走る数種のクルマにすでに取りつけられているという。

初期対応者のセーフティーネットに

ミシガン州フリントにあるケタリング大学の教授で電気工学者のフセイン・ヒジログルによると、一般にPSS、すなわちパイロスイッチは比較的ありふれたシステムだが、ボッシュのパイロヒューズの仕組みは画期的だという。「小さなギロチンのようなものです」。パイロヒューズはギロチンとは違って人命を奪うことではなく守ることを目指しているが、ギロチンと同じ類の普遍性がある装置だ。

安全を重視するこのシステムの欠点は、衝突したEVの修理のために多数の新たなケーブルをつながなければならなくなることだ。それはすなわち、ほぼ間違いなく大金を費やすことを意味する。「きっとかなり高額になるでしょうね」と、ヒジログルは語る。

ミシガン大学の科学研究員でリチウムイオン電池が専門のジェイソン・シーゲルは、パイロヒューズが「初期対応者にとって待望のセーフティーネットになりえます」と語る。とはいえ、ケーブルの切断という措置の追加によって、救急医療技術者らの対応が変わるかどうかは定かではない。救急救命にあたる人々は、この小さなギロチンが作動したことを知りえないからだ。

「事故車両に誰かが閉じ込められているとき、初期対応者がケーブルを切断する前に、そのケーブルに電流が流れているか否かを確認する目的で(電圧計測用の)フルークメーターを使おうとするかどうかはわかりません」と、シーゲルは言う。


最重要かつ単純な助言

米国の路上には100万台超のEVが走っているが、これまでのところ高電圧バッテリーを搭載したEVの衝突事故への懸念は表面化していない。

全米防火協会(NFPA)でEVなどに関する新たな課題に取り組んでいるアンドリュー・クロックは、初期対応者が感電した例を知らないという。非営利団体のNFPAはこの十年で、救急医療技術者、消防士、警官その他、EVの事故に対応する22万5,000人に訓練を実施してきた。事故現場では比較的単純な助言が功を奏している。「切れたケーブルには絶対に近づかないことです」と、クロックは言う。

大破したクルマの中にいる人を救助しなければならない初期対応者は、NFPAの『事故車両対応マニュアル』を確認して、感電死を引き起こしかねないケーブルや部品には決して近寄らないようにすればいい。このガイドブックは市販のあらゆるEVの重要な情報を収集し、その共通点を示している。ケーブル類から離れているようにと、クロックは言う。「そうすれば大丈夫です」

EVは2030年には1,800万台を超えるという試算もある。そうなれば、いまより多くのEVが道路脇で立ち往生することになるだろう。それを考えれば、EVの衝突事故に対応する役割を担う人々にとって、小さな爆発がもたらすちょっとした備えは悪くないアイデアかもしれない。


TEXT BY ALEX DAVIES

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

外部リンク