cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_mxe2l8zuzlmj_4月26日は「よい風呂の日」。お風呂の3つの健康効果とは? mxe2l8zuzlmj mxe2l8zuzlmj 4月26日は「よい風呂の日」。お風呂の3つの健康効果とは? oa-weathernews 0

4月26日は「よい風呂の日」。お風呂の3つの健康効果とは?

2020年4月25日 14:17 ウェザーニュース

4月26日は「よい風呂の日」でもあります。「4(よい)26(風呂)」という語呂合わせです。お風呂に関しては、ほかに「お風呂の日~2月6日」「夏風呂の日~7月26日」「いい風呂の日~11月26日」などがあります。お風呂に関する記念日が多いのは、それだけ日本人が風呂好きであることの表れでしょう。

入浴が体によい3つの理由

お風呂が好きな人が多いのはよいことです。というのも、入浴は私たちの健康を維持・増進するためにも大いに役立つからです。入浴の健康効果はたくさんあります。以下で主なものを見てみましょう。

(1)疲れをとることができる

適温のお湯に一定の時間つかると、全身の血流がスムーズに流れて、新陳代謝が活発になります。その結果、全身の疲れをとる効果を期待できます。

では「適温」や「一定の時間」とは、どれくらいでしょうか。

体調などによりますが、40℃くらいのお湯に10分程度つかるとよいでしょう。40℃は、人によっては「少しぬるいかな」と感じる温度ですが、熱すぎる温度は危険を伴うことがあるので、一般的にはぬるめのお湯のほうがおすすめです。

(2)免疫力を高めることができる

人は、体温が下がると、ウイルスなどに対する免疫力も下がるといわれます。しかし、お風呂に入ると、体温を上げることができます。入浴することで体温が上がると、体の免疫力が高まると考えられます。

シャワーでも体を温めることができますが、シャワーだけでは、体の深部まではなかなか温めることができません。

また、鼻やのどの粘膜が乾燥すると、免疫力が下がりやすいことがわかっています。お風呂に入ると、浴室の蒸気で鼻やのどの粘膜を湿らせることができます。入浴時には、深呼吸をして、鼻やのどの乾燥を防ぐように意識するとよいでしょう。

(3)体の汚れを洗い落とすことができる

入浴には、皮膚の洗浄作用もあります。私たちの皮膚にはさまざまな異物が付着しています。自分の汗や脂、体に有害な物質や微生物などが、知らないうちに付いています。

不要、あるいは有害なこれらのものを、お風呂に入ることで除去することができます。

湯船にはつからずに、シャワーだけですます人もいるでしょうが、お湯につかるほうが体に付いた汚れをしっかり取り除けます。

温かいお湯につかると、毛穴が開いて、毛穴にたまっていた汚れが浮いてきます。この汚れを洗い流すことで、体をきれいにすることができるからです。

入浴の前後に水分を補給しよう

入浴には、注意すべきことも幾つかあります。

その一つは「水分補給」です。お風呂に入って、汗をかくことで、体内の水分やミネラルが失われます。入浴の前後に麦茶などの水分を適量、摂取するとよいでしょう。

ほかにも「酔った状態ではお風呂に入らない」「湯船で居眠りしない」ことなどを心がけましょう。

入浴することで、疲労や有害物質を取り除き、免疫力を高める効果が期待できます。新型コロナウイルスが蔓延している今、自宅のお風呂を健康の維持・増進に上手に活用したいものです。

参考資料など

『最高の入浴法』(早坂信哉、大和書房)/『美しくなる入浴術』(漆畑 修、メディカルトリビューン)

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_hoimpn14ax3u_日本海側は空気カラカラ 東京も湿度20%台まで低下 hoimpn14ax3u hoimpn14ax3u 日本海側は空気カラカラ 東京も湿度20%台まで低下 oa-weathernews 0

日本海側は空気カラカラ 東京も湿度20%台まで低下

2020年4月25日 14:13 ウェザーニュース

西日本、東日本は朝からよく晴れて空気が乾燥しています。特に山越えの風が吹いている日本海側はカラカラ状態です。

14時までの最小湿度は鳥取県米子で全国最低の11%まで低下。松江や新潟、金沢など日本海側は軒並み10%台になっています。日本海の低気圧に向かって吹く、山越えの風の影響で、空気がより乾きました。

太平洋側のエリアも湿度は低く、東京や名古屋は29%、大阪は26%まで下がっています。

関東は明日も空気乾燥、洗濯日和に

明日26日(日)は前線の影響を受ける日本海側で雨が降り、乾燥状態は解消します。

一方で引き続き晴れる関東は今日と同様に空気が乾く見込みです。引き続き洗濯物は良く乾きます。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_d5r6v9zqs5cr_夜空に注目 26日(日)は細い月と明るい金星が接近 d5r6v9zqs5cr d5r6v9zqs5cr 夜空に注目 26日(日)は細い月と明るい金星が接近 oa-weathernews 0

夜空に注目 26日(日)は細い月と明るい金星が接近

2020年4月25日 11:29 ウェザーニュース

26日(日)の夜は、細い月がマイナス4.5等以上の明るい金星に接近して見えます。

いつ・どこに見える?

4月は日の入り直後のまだ明るい西の空で、金星が明るく輝きます。28日(火)に最大光度に達する金星は、4月中旬以降はマイナス4.5等以上の明るさを保ちます。これは1等星と比べて100倍以上の明るさです。

26日(日)は金星の左下に細い月が輝きます。夕闇が迫る中で、鋭く輝く金星と細い月が一緒に地平線へ近づいていく様子は見ものです。

金星や月は、スマートフォンのカメラでも簡単に撮影することができるので、地上の景色を入れるなどしながら、是非撮影してみてください。

気になる天気は?

夕方は前線や寒気の影響で雲の広がる所があります。

関東南部は遅い時間に雲が増えるため、月の出直後がチャンス。西日本は日本海側で良く晴れて、太平洋側も遅くなるにつれて、次第に晴れてくる見込みです。

北日本の日本海側や北陸は雲が多く、隙間からわずかにチャンスがあるかどうかです。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_9ryj4m65eqiq_澄んだ青空の下で田植え始まる 9ryj4m65eqiq 9ryj4m65eqiq 澄んだ青空の下で田植え始まる oa-weathernews 0

澄んだ青空の下で田植え始まる

2020年4月25日 10:35 ウェザーニュース

今日25日(土)は高気圧に覆われ、西日本・東日本で朝から晴れています。三重県亀山市では青空の下で田植えが始まりました。

三重県は県内の広い範囲で米作りが行われています。温暖な南部は3月中に早場米の田植えが行われ、そのほかの地域でも4月後半から5月にかけてが田植えの時期です。

この時期に田植えをした米は8月終わり頃に収穫されて、秋の早い時期には食卓に届くようになります。

午後は20℃前後で汗ばむ陽気に

朝は亀山市で2.1℃まで下がるなど冷え込んだ三重県内ですが、午後にかけては気温が上昇し、20℃前後まで上がる予想です。

日向での作業中は少し汗ばむくらいの陽気になります。無事に梅雨時や夏を越して、美味しい米が育って欲しいものです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_kz4wmqrqcvc9_北日本は夕方から夜にかけて広い範囲で雨や雪 kz4wmqrqcvc9 kz4wmqrqcvc9 北日本は夕方から夜にかけて広い範囲で雨や雪 oa-weathernews 0

北日本は夕方から夜にかけて広い範囲で雨や雪

2020年4月25日 10:08 ウェザーニュース

前線を伴った低気圧が近づく今日25日(土)の北日本は雨や雪の降りやすい天気となります。

すでに東北の一部に雨雲がかかっていて、秋田県内で本降りの雨になっています。

この雨雲は昼頃までに抜けて、一旦雨の所は少なくなりますが、低気圧や前線本体の雨雲が近づく夕方以降は広い範囲で雨や雪が降る見込みです。

夕方から夜は雨や雪の強まる所も

夕方には北海道の道南を中心に活発な雲がかかり、1時間に10~20mmのやや強い雨の降る所があります。夜にかけてはそのほかの北海道各地に雨の範囲が広がる予想です。

日高山脈や石狩山地周辺など山間部は雪に変わり、積もるおそれがありますので、車で峠越えの必要がある場合は、冬用タイヤを装着の上、安全の確保をお願いします。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_o01m1wabds5t_世界各国の国旗 o01m1wabds5t o01m1wabds5t 世界各国の国旗 oa-weathernews 0

世界各国の国旗

2020年4月25日 09:50 ウェザーニュース

様々な国の方との交流が増えてきていますが、知らないことが多いと感じることも。そこで、少しでも諸外国のことを知ってみませんか。

問題. どこの国旗?


正解は…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


正解:東ティモール

アジア(東南アジア)地域に位置する共和制国家。通貨はアメリカ合衆国ドル(USD)、公用語はテトゥン語とポルトガル語、首都はディリです。

東ティモールは環太平洋火山帯の一部でもあるティモール島の東部に位置しており、全土の約6割が山岳地帯。石油や天然ガスによる収入が多く「世界でもっとも石油収入に依存した経済」とも言われることがあります。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_092jd2l52zhi_全国的に寒い朝 長野菅平で−8.5℃ 西日本では2月並みの所も 092jd2l52zhi 092jd2l52zhi 全国的に寒い朝 長野菅平で−8.5℃ 西日本では2月並みの所も oa-weathernews 0

全国的に寒い朝 長野菅平で−8.5℃ 西日本では2月並みの所も

2020年4月25日 07:49 ウェザーニュース

今日4月25日(土)は全国的に寒い朝を迎え、全国のおよそ9割の観測地点で平年よりも低い最低気温を観測しました。

長野県上田市の菅平(すがだいら)では、平年のこの時期よりも10℃近く低い最低気温となる「−8.5℃」を観測しました。

東京や名古屋、大阪も3月並みの冷え込み

今朝の最低気温は、東京で5.3℃(3月下旬並)、名古屋で4.7℃(3月中旬並)、大阪で6.9℃(3月下旬並)、奄美大島・名瀬で11.5℃(2月上旬並み)の最低気温を記録しています。

この冷え込みで、各地から「霜が降りた」とか「車のフロントガラスが凍っていた」などの声が相次ぎました。

昼間は春の暖かさに

今日は東日本や西日本の各地とも雲が広がる心配はなく、昼間は日差しの温もりで暖かくなりそうです。

予想最高気温は20℃前後まであがるところが多い見込みで、午後は部屋の中もポカポカ暖かくなります。窓を開けて換気をするのも良さそうです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_ct60thnncr9a_ひと目でわかる傘マップ 4月25日(土) ct60thnncr9a ct60thnncr9a ひと目でわかる傘マップ 4月25日(土) oa-weathernews 0

ひと目でわかる傘マップ 4月25日(土)

2020年4月25日 06:39 ウェザーニュース

きょう4月25日(土)の傘が必要なエリアを解説します。

大きい傘がいるエリア

北海道の道南や東北日本海側では、前線を伴った低気圧の接近により、ザッと強い雨が降ったり、雷やあられを伴うおそれがあります。大きい傘をお持ちください。

折りたたみ傘がいるエリア

東北太平洋側は、日本海から流れ込む雨雲によりにわか雨の可能性があります。北海道は西から雨雲が広がり、天気は下り坂。各地、折り畳み傘をお持ちください。

傘がいらないエリア

沖縄の先島諸島は急な雨に注意が必要ですが、雨宿りで凌げそうです。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_otgf5sbw4zm7_週間天気予報 週明けは雨 5月入ると一気に気温上昇 otgf5sbw4zm7 otgf5sbw4zm7 週間天気予報 週明けは雨 5月入ると一気に気温上昇 oa-weathernews 0

週間天気予報 週明けは雨 5月入ると一気に気温上昇

2020年4月25日 06:35 ウェザーニュース

週明けは雨が降る所が多い見込みですが、来週週中頃からは晴れるところが多くなります。低温傾向が続いていた4月から一転して、5月に入ると気温が高くなる予想です。

 ■この先1週間のポイント■
・明日は北で雨、西日本や北陸も不安定
・週前半は各地で雨
・5月に入ると気温上昇、夏日も

明日は北で雨、西日本や北陸も不安定

明日26日(日)は寒冷前線が北日本や北陸を通過して雨が降り、その延長上の西日本でも大気の状態が不安定となる予想です。急な雨に注意してください。

関東などは明日も晴れるため、洗濯物や布団を外干ししたり、靴を洗うのも良さそうです。晴れていても気を緩めず、人との接触をできる限り減らし、新型コロナウイルス感染症の防止にご協力をお願いします。

週前半は各地で雨

週明けの27日(月)から28日(火)は、低気圧が西日本から東日本の南岸付近を進む予想で、雨の降るところが多い予想です。

大荒れの天気とはならない見込みですが、太平洋側では一時的に雨や風が強まる可能性があるため、天気予報をよく確認するようにしてください。

5月に入ると気温上昇、夏日も

3月までの暖冬傾向から転じて、4月はこの時期の割に肌寒く感じる日が多々ありましたが、5月になると再び気温が高い傾向に推移する予想です。

東京では25℃を超えて夏日となる予想のほか、西日本や東日本の各地で初夏を通り越して夏のような暑さになるところもあります。平年だとまだ雪が降ることのある北日本でも、20℃を超える日がある予想です。気温の急な変化で体調を崩さないようお気をつけてお過ごしください。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_jwb9fbexb3cw_4月25日(土) 各地の気温変化 jwb9fbexb3cw jwb9fbexb3cw 4月25日(土) 各地の気温変化 oa-weathernews 0

4月25日(土) 各地の気温変化

2020年4月25日 05:49 ウェザーニュース

昨日と今日の気温変化を比較して、今日の気温に適した服装でお過ごしください。

【北海道、東北北部】前日とあまり変わらず

天気は崩れるものの、上空の寒気が抜けるため前日に比べると気温は高めです。

日差しがないため暖かさはそれほどなく、体感温度は大きく違わないかもしれません。

【東北南部、関東、東海】朝と昼間の寒暖差に注意

朝は空気が冷たくても、太陽が高くなるとともに気温がぐんぐん上がります。昼間の気温は前日より高くなる予想です。

朝と昼間も気温差が大きいので、時間帯によって服装を調節するようにしましょう。

【西日本、北陸】昼間は前日よりもグッと気温上昇

朝は冷え込んで少し寒いくらいですが、昼間は気温が上がって、前日を大幅に上回ります。外に出る場合は時間帯に合わせた服装選びが必要です。

外の空気をうまく取り込んで、室内の温度調整を行うのも良さそうです。

外部リンク