cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_g50d2mzeyxl1_台風10号は915hPa、猛烈な勢力まで発達 上陸せずとも甚大な災害のおそれ g50d2mzeyxl1 g50d2mzeyxl1 台風10号は915hPa、猛烈な勢力まで発達 上陸せずとも甚大な災害のおそれ oa-weathernews 0

台風10号は915hPa、猛烈な勢力まで発達 上陸せずとも甚大な災害のおそれ

2020年9月3日 10:16 ウェザーニュース

9月3日(木)9時現在、台風10号(ハイシェン)は日本の南の海上を、急速に発達しながら西よりに進んでいます。

海面水温が記録的に高い上、上空の風などの発達の条件が揃っており、4日(金)には「非常に強い」勢力、5日(土)には「猛烈な」勢力になる見込みです。奄美に近づく6日(日)が発達のピークで中心気圧は915hPaの予想。7日(月)にかけて勢力をあまり落とさず九州に接近するおそれがあります。

接近時の勢力は過去最強クラスで、特別警報の発表基準に達するほどです。これだけの勢力で近づけば上陸しなくても、甚大な被害につながる危険性があります。最悪のケースを想定して極力早めに台風への備えを行うようにしてください。

▼台風10号 9月3日(木)9時
 存在地域   日本の南
 大きさ階級  //
 強さ階級   強い
 移動     西 20 km/h
 中心気圧   970 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s

九州を中心に記録的な暴風に警戒

台風10号は予報円の中心を通った場合、九州のすぐ西を通過することになります。接近時も中心付近の最大瞬間風速が70m/sの非常に強い勢力を予想しています。

一般に台風は進行方向の右側(10号の進路では東側)で風が強まる傾向があり、上陸しない場合でも九州では記録的な暴風となるおそれがあります。

九州の本土で最大瞬間風速60m/sを観測したのは、1945年の鹿児島県枕崎市(62.7m/s:枕崎台風)、2004年の雲仙市・雲仙岳(63.7m/s:台風23号)、1999年の熊本県天草市・牛深(66.2m/s:台風18号)など数えるほどしかありません。

過去に経験したことがない暴風に見舞われ、大規模な停電や建物の倒壊などの危険性がありますので、早めに対策や避難を検討してください。

進路によっては顕著な高潮のおそれも

接近時の中心気圧が非常に低いことで、高潮も危険です。気圧の低下による吸い上げ効果と、暴風による吹き寄せ効果が重なった場合は、記録的な高さの潮位になってもおかしくありません。

顕著な高潮は高波と違い、海の水が大量に陸地に押し寄せ、津波のような影響が出ます。九州では1999年の台風18号により熊本県で多くの方が亡くなる高潮被害を経験しています。

台風の中心が近くを通るほど、高潮の影響が大きくなりますので、必ず最新の予想進路を確認してください。

甚大な被害発生のおそれ 出来る備えは一刻も早く

飛ばされやすい物を片付けるなどの対策や、非常持ち出し袋の中身の確認、必要な備品などの購入は、早い段階で行うことをおすすめします。

ただし、商品の数には限りがあるので、無駄な買い占めは行わず、本当に必要な物を必要な数だけ購入するようにしてください。

台風が近づくと外に出るのが困難になることが考えられます。必要なものの買い出しや家の外の対策は、台風接近前に行ってください。また、避難を行う場合も出来るだけ早めに判断する必要があります。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風10号の名前「ハイシェン(Haishen / 海神)」は中国が提案した名称で、文字通り海の神という意味です。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_b4bzj5qsnv63_台風9号は日本海へ 南から吹き込む風で太平洋側は激しい雨に b4bzj5qsnv63 b4bzj5qsnv63 台風9号は日本海へ 南から吹き込む風で太平洋側は激しい雨に oa-weathernews 0

台風9号は日本海へ 南から吹き込む風で太平洋側は激しい雨に

2020年9月3日 10:03 ウェザーニュース

大型で強い勢力の台風9号(メイサーク)は朝鮮半島に上陸した後、日本海に進んで北上中です。台風に向かって吹き込む南からの湿った空気の影響で、太平洋側の各地は局地的に激しい雨の降るおそれがあります。

▼台風9号 9月3日(木)9時現在
 存在地域   日本海
 大きさ階級  大型
 強さ階級   強い
 移動     北 60 km/h
 中心気圧   965 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s

中心から離れた太平洋側は大雨に警戒

台風9号に向かって吹く南西の風と、太平洋高気圧の縁を吹く南~南東の風が日本付近で合流し、太平洋側で雨雲が発達しています。

東海や関東にはライン状の活発な雨雲がいくつも見られ、9時40分までの1時間に愛知県南知多町で24.0mm、三重県御浜町で23.5mm、東京都青梅市で11.5mmの雨を観測しました。

明日4日(金)にかけても東海や近畿、四国では局地的に1時間に50mm以上の非常に激しい雨が降り、多い所では総雨量が200mm前後に達する大雨となるおそれがあります。道路冠水や河川の増水、土砂災害などに警戒をしてください。

日本海側は猛暑にも警戒

日本海側では台風9号に向かって吹く風が山越えとなり、昨日と同様にフェーン現象が発生します。晴れて気温が上昇し、体温並みの厳しい暑さになる予想です。

新潟県内の一部では9時前から35℃以上の猛暑日となっており、9月とは思えない暑さになるので熱中症をしてください。強風と乾燥により火災の広がりやすい状況となりますので、火の元にも注意が必要です。

<今日の予想最高気温>
38℃:三条(新潟)
37℃:鶴岡(山形)、長岡(新潟)、豊岡(兵庫)、鳥取
36℃:秋田、酒田(山形)、新潟、輪島(石川) など

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風9号の名前「メイサーク(Maysak)」はカンボジアが提案した名称で、木の名前が由来です。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_c7dm3dsmthev_見たことある?都道府県章 c7dm3dsmthev c7dm3dsmthev 見たことある?都道府県章 oa-weathernews 0

見たことある?都道府県章

2020年9月3日 09:59 ウェザーニュース

各都道府県には、風土・歴史・文化などが象徴的に表現された都道府県章(徽章・紋章)があるのをご存知ですか?地元以外は知らないという人も多いかもしれません…。

問題. どの都道府県?


正解は…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


正解:愛知県

中部地方に位置する都道府県のひとつで、県庁所在地および最大の都市は名古屋市です。

名古屋城の天守両端にそびえる金のしゃちほこ。過去、明治以降で4回の盗難事件が発生(いずれも逮捕)しています。また、江戸時代には大凧で近づこうとした柿木金助伝説なるものもあり、昔から注目度が高かったことが伺いしれます。

都道府県章の表すものは?

太平洋に面した県の海外発展性を印象付け、希望に満ちた旭日波頭(きょくじつはとう)を表し「あいち」の文字を図案化したものです。(昭和25年指定)

参考資料など

全国知事会

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_68vuv7owtsll_ひと目でわかる傘マップ 9月3日(木) 68vuv7owtsll 68vuv7owtsll ひと目でわかる傘マップ 9月3日(木) oa-weathernews 0

ひと目でわかる傘マップ 9月3日(木)

2020年9月3日 06:13 ウェザーニュース

きょう9月3日(木)、外出の際に傘の持参が必要なエリアを解説します。

大きい傘がいるエリア

関東から四国にかけての太平洋は雨が降ったり止んだりで、雷を伴って激しく降るおそれがあります。外出の際は大きい傘をお持ちください。

折りたたみ傘がいるエリア

九州や南西諸島は変わりやすい天気で、にわか雨や雷雨の可能性があります。
西日本・東日本の日本海側は日差しが届きますが、急な雨に注意が必要です。
北日本の太平洋側はスッキリしない天気となります。外出には折りたたみの傘があると安心です。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_udm5shzriuqd_週間天気 過去最大級の警戒が必要な台風10号の動向に注目 udm5shzriuqd udm5shzriuqd 週間天気 過去最大級の警戒が必要な台風10号の動向に注目 oa-weathernews 0

週間天気 過去最大級の警戒が必要な台風10号の動向に注目

2020年9月3日 06:05 ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■
・西日本、東日本は雨が降りやすい
・台風10号 甚大な被害のおそれ
・フェーン現象で日本海側は猛暑警戒

西日本、東日本は雨が降りやすい

南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、西日本や東日本の太平洋側では週末にかけてスッキリしない天気が続きます。

局地的に雨が強まる可能性もあるため、注意が必要です。

4日(金)は前線が近づくため北陸西部や東海、近畿、四国付近は強雨や雷雨、大雨となるおそれもあります。

台風10号 甚大な被害のおそれ

台風10号(ハイシェン)は、記録的に暖かい海面水温などの影響で猛発達し、920hPa前後と特別警報級の勢力を保ったまま、6日(日)に奄美や沖縄、7日(月)に九州などへ近づくおそれがあります。

甚大な被害が出ることが懸念されるため、最悪のケースを想定して台風への備えを早めに行うようにしてください。

フェーン現象で日本海側は猛暑警戒

台風10号の北上に伴い、本州付近には暖かく湿った空気が流れ込みます。広い範囲で暑さに注意が必要です。

特に西日本、東日本の日本海側はフェーン現象により高温、猛暑となるおそれもあります。

また、空気の乾燥で火災発生時は被害が拡大する可能性があるので、火の取り扱いにも十分注意が必要です。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_hjf6adxrrl0r_9月3日(木) 各地の気温変化 hjf6adxrrl0r hjf6adxrrl0r 9月3日(木) 各地の気温変化 oa-weathernews 0

9月3日(木) 各地の気温変化

2020年9月3日 06:00 ウェザーニュース

昨日と今日の気温変化を比較して、今日の気温に適した服装でお過ごしください。

【北日本】昨日より大幅気温UP

台風9号の間接的な影響で暖かな空気が流れ込んでくるため、昨日よりも大幅に気温が上がります。

夏本番を思わせるような気温で、半袖が活躍する一日です。

日々の気温変化が大きくなっていますので、しっかりと体調管理を行ってください。

【関東・東海・京阪神・山陽・四国・九州】昨日同様に蒸し暑い

南から流れ込む湿った空気の影響で、昨日同様の蒸し暑さです。雨が降った後に日が差すと、一層蒸し暑く感じられます。

熱中症のリスクがありますので、通気性の良い素材の服を選ぶようにしましょう。

【北陸~山陰】引き続き暑い

台風9号に向かって吹く風が山越えとなりフェーン現象が発生します。昨日と同じように気温が上がり、9月とは思えない暑さになる予想です。

空気が乾燥しますので、日傘や帽子を活用して出来るだけ日差しを防ぎ、少しでも暑さをしのいでください。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_kz6yrl3ieb5x_今日9月3日(木)の天気 東海~近畿は激しい雨 日本海側は高温続く 台風9号の間接的な影響 kz6yrl3ieb5x kz6yrl3ieb5x 今日9月3日(木)の天気 東海~近畿は激しい雨 日本海側は高温続く 台風9号の間接的な影響 oa-weathernews 0

今日9月3日(木)の天気 東海~近畿は激しい雨 日本海側は高温続く 台風9号の間接的な影響

2020年9月3日 06:00 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■
・東海から近畿で局地的に激しい雨
・日本海側は体温並みの暑さ
・北日本は気温上昇、北海道も真夏日

今日3日(木)は台風9号は日本列島から離れます。台風に向かう湿った風と太平洋高気圧の縁を吹く湿った風が日本付近でぶつかり、太平洋側は局地的な激しい雨に注意が必要です。

その風が山越えになる日本海側は、フェーン現象で高温が続きます。熱中症に警戒してください。

東海から近畿で局地的に激しい雨

南からの湿った空気の影響で、関東も含めた東日本から西日本の太平洋側は雨の降りやすい天気になります。

特に台風9号に吹き込む風と、太平洋高気圧の縁を吹く風が合流する東海から近畿は雨雲が発達しやすく、局地的な激しい雨に注意が必要です。

日本海側は体温並みの暑さ

日本海側では風が山越えとなり、昨日と同様にフェーン現象が発生します。晴れて気温が上昇し、体温並みの厳しい暑さになる予想です。

9月とは思えない暑さになるので熱中症に警戒をしてください。強風と乾燥により火災の広がりやすい状況となりますので、火の元にも注意が必要です。

<今日の予想最高気温>
38℃:三条(新潟)
37℃:鶴岡(山形)、長岡(新潟)、豊岡(兵庫)、鳥取
36℃:秋田、酒田(山形)、新潟、輪島(石川) など

北日本は気温上昇、北海道も真夏日

台風9号の北上によって、暖かな空気が北日本まで拡大します。東北や北海道は昨日以上に気温が上がり、北海道でも旭川や小樽で30℃の真夏日の予想です。
朝晩の気温も比較的高く、半袖が活躍するところが多くなります。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_8alsxhm8ci1f_台風10号 6日(日)から日本接近 920hPa前後と特別警報級の勢力 甚大な被害発生のおそれ 8alsxhm8ci1f 8alsxhm8ci1f 台風10号 6日(日)から日本接近 920hPa前後と特別警報級の勢力 甚大な被害発生のおそれ oa-weathernews 0

台風10号 6日(日)から日本接近 920hPa前後と特別警報級の勢力 甚大な被害発生のおそれ

2020年9月3日 05:30 ウェザーニュース

9月3日(木)3時現在、台風10号(ハイシェン)はフィリピンの東の海上を、急速に発達しながら西よりに進んでいます。

今後は記録的に暖かい海面水温の影響などで猛発達し、4日(金)には「非常に強い」勢力、5日(土)には「猛烈な」勢力になる見込みです。920hPa前後と記録的な発達具合のまま、6日(日)に沖縄や奄美に、7日(月)には九州に接近するおそれがあります。

予報通りの中心気圧で接近すると特別警報レベルで、過去最強クラスとなります。上陸しない場合でも、甚大な被害につながる危険性があります。最悪のケースを想定して極力早めに台風への備えを行うようにしてください。

▼台風10号 9月3日(木)3時
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   強い
 移動     西北西 20 km/h
 中心気圧   975 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s

海面水温高く、今後も猛発達 記録的な勢力で接近

今年は海面水温の高い海域が例年よりかなり北に広がっていて、台風10号の進む領域は30℃以上の異例の暖かさとなっています。一般的に、海面水温が28℃程度以上であれば台風が発達しやすく、さらに上空の風が弱いなどの条件が揃えば、より急速に発達します。

本州沿岸でも海面水温が高いことから、日本接近時になってもほとんど勢力を落とさず、6日(日)3時の予想は沖縄の大東島周辺で、中心気圧915hPa、最大風速55m/s、最大瞬間風速80m/sの「猛烈な」勢力となっています。
7日(月)3時の予想は九州の西で、中心気圧925hPa、最大風速50m/s、最大瞬間風速70m/sの「非常に強い」勢力が予想されており、接近もしくは上陸時の勢力としては記録的なものとなる見込みです。

過去にないような暴風や高潮に見舞われるおそれ

予想通りの勢力で接近・上陸した場合は大雨、暴風、高潮を中心に甚大な被害が予想されます。

九州の本土で最大瞬間風速60m/sを観測したのは、1945年の鹿児島県枕崎市(62.7m/s:枕崎台風)、2004年の雲仙市・雲仙岳(63.7m/s:台風23号)、1999年の熊本県天草市・牛深(66.2m/s:台風18号)など数回しかありません。九州に上陸もしくは西岸ギリギリを通った場合は、過去に経験したことがない暴風に見舞われるおそれがあります。

また、中心気圧が非常に低いことで、高潮も危険です。気圧の低下による吸い上げ効果と、暴風による吹き寄せ効果が重なった場合は、記録的な高さの潮位になってもおかしくありません。高潮は台風の進路によって、影響の大きいエリアが変化しますので、必ず最新の予想進路を確認してください。

甚大な被害発生のおそれ 出来る備えは一刻も早く

高潮で関西空港が浸水したり、顕著な暴風でトラック横転や家屋被害を引き起こした2018年台風21号以上の勢力が予想されているため、それと同等もしくはさらに甚大な被害が発生してもおかしくありません。

飛ばされやすい物を片付けるなどの対策や、非常持ち出し袋の中身の確認、必要な備品などの購入は、早い段階で行うことをおすすめします。

ただし、商品の数には限りがあるので、無駄な買い占めは行わず、本当に必要な物を必要な数だけ購入するようにしてください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風10号の名前「ハイシェン(Haishen / 海神)」は中国が提案した名称で、文字通り海の神という意味です。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_4ieknqko9hgb_ゲリラ豪雨の後に不気味な雲 東京や千葉などに乳房雲が出現 4ieknqko9hgb 4ieknqko9hgb ゲリラ豪雨の後に不気味な雲 東京や千葉などに乳房雲が出現 oa-weathernews 0

ゲリラ豪雨の後に不気味な雲 東京や千葉などに乳房雲が出現

2020年9月2日 16:50 ウェザーニュース

昼頃からゲリラ豪雨に見舞われた東京や千葉、埼玉などの空に乳房雲が出現しました。
昼過ぎにかけて千葉から東京、埼玉を活発な雨雲が通過し、ゲリラ豪雨に見舞われた所が多くなりました。雨が止んだ後に各地で少し不気味な雲が現れています。

発達した積乱雲の端で見られることがある「乳房雲」と呼ばれる雲です。

乳房雲とは?

雲の中の強い下降気流と、雲の下の上昇気流がぶつかる事により、渦を巻くような流れ(=乱流)が発生。この流れが、乳房のような特徴的な雲の形を作り出します。

今回の乳房雲は雨雲が去った後に現れたもので、これから激しい雨になる心配はありません。ただし、同じような乳房雲が晴れた空から現れた場合は、雹や突風などの前兆となることがあるため、要注意のサインです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_fekldsvyckdn_明日9月3日(木)の天気 台風9号の間接的な影響で関東など太平洋側は急な雨に注意 fekldsvyckdn fekldsvyckdn 明日9月3日(木)の天気 台風9号の間接的な影響で関東など太平洋側は急な雨に注意 oa-weathernews 0

明日9月3日(木)の天気 台風9号の間接的な影響で関東など太平洋側は急な雨に注意

2020年9月2日 16:49 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■
・東海から近畿で局地的に激しい雨
・日本海側はフェーン現象で体温並みの暑さ
・北日本は気温上昇、北海道も真夏日

明日3日(木)になると、台風9号は日本列島から離れますが、間接的な影響は続きます。

台風に向かう湿った風と太平洋高気圧の縁を吹く湿った風が日本付近で合流し、太平洋側は局地的な激しい雨に注意が必要です。また、この風が山越えになる日本海側は、フェーン現象で引き続き高温となります。

東海から近畿で局地的に激しい雨

南からの湿った空気の影響で、関東など東日本や西日本の太平洋側は雨の降りやすい天気になります。

特に、台風9号に吹き込む風と、太平洋高気圧の縁を吹く風が合流する東海から近畿は雨雲が発達しやすく、局地的な激しい雨に注意が必要です。

日本海側はフェーン現象で体温並みの暑さ

日本海側では風が山越えとなり、今日2日(水)と同様にフェーン現象が発生します。晴れて気温が上昇し、体温並みの厳しい暑さになる予想です。9月とは思えない暑さによる熱中症に要注意。強風と乾燥により火災の広がりやすい状況となりますので、火の元にもお気をつけください。

北日本は気温上昇、北海道も真夏日

台風9号の北上によって、暖かな空気が北日本まで拡大します。
東北や北海道は今日2日(水)以上に気温が上がり、北海道でも旭川や小樽で30℃の真夏日の予想です。朝晩の気温も比較的高く、半袖が活躍する所が多くなります。

外部リンク