cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_3a9397a218b6_エアコンの節約術 冷房とドライはどっちが安い? 3a9397a218b6 3a9397a218b6 エアコンの節約術 冷房とドライはどっちが安い? oa-weathernews 0

エアコンの節約術 冷房とドライはどっちが安い?

2019年6月25日 10:50 ウェザーニュース

蒸し暑くなるとエアコンを使う機会が増えます。
節電のため「ドライ」にしている人はいませんか? 意外にも、「ドライ」は「冷房」より電気代がかかることがあるのです。

「ドライ」には2通りの方法

「ドライ」には2通りの方法があることをご存知ですか? 部屋の湿度を下げるには、湿度が高いジメジメした空気をいったん冷やして水滴を集め、サラサラした空気にします。しかし、それでは室温も下がってしまうので、次に温めてから送り出します。これを「再熱除湿」といい、室温は下がらずにすみます。

もうひとつの方法は、湿度が高いジメジメした空気を少し冷やして水滴を集め、サラサラした空気にして送り出します。これを「弱冷房除湿」といい、室温は少し下がります。

電気代は、弱冷房除湿<冷房<再熱除湿

東京電力が「冷房」「弱冷房除湿」「再熱除湿」のコスト比較をしたデータがあります。それによると、「弱冷房除湿」が一番安く、次いで「冷房」、一番高いのは「再熱除湿」です。

「弱冷房除湿」は「冷房」より弱い電力で動いているので、「冷房」より経済的です。一方、「再熱除湿」は、「冷房」と「暖房」を一緒に稼働しているようなものなので、電気代が一番高くつくというわけです。

お使いのエアコンの運転切換に「ドライ(弱冷房除湿)」と「ドライ(再熱除湿)」があれば、用途に応じてお選び下さい。しかし、「ドライ」とだけある場合は、「再熱除湿」の可能性があります。詳しくは、「取扱説明書」を参照してください。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_a4190da052d0_梅雨の中休みは2パターン 前線が分ける暑さの種類 a4190da052d0 a4190da052d0 梅雨の中休みは2パターン 前線が分ける暑さの種類 oa-weathernews 0

梅雨の中休みは2パターン 前線が分ける暑さの種類

2019年6月25日 10:49 ウェザーニュース

雨や曇りの日が続くイメージのある「梅雨」ですが、毎年「梅雨の中休み」がありますよね。
実は「蒸し暑い時」と「カラッと暑い時」があるのをご存知でしたか?

そもそも前線とは何?

「前線」とは、性質の異なる空気の境目。「暖かい空気」や「冷たい空気」の境目などにできます。

梅雨の時期は「冷たいオホーツク海高気圧」と「暖かい太平洋高気圧」に挟まれるため、東西に長い前線ができます。

性質の異なる空気がぶつかる場所では上昇気流が起こり、雲が発生します。さらに大気の状態が不安定となり、広く雨を降らせるのです。

ポイントは梅雨前線の動き方

そんな梅雨前線は、梅雨の間ずっと日本列島付近に停滞しているわけではありません。
前線の活動には強弱があるため、北上したり、南下したりします。
この時が、梅雨の中休みとなるのですが、前線が北上した場合と南下した場合では大きく体感が異なります。
パターン1:梅雨前線が南下

梅雨前線が南下すると、日本列島は初夏の空気に覆われます。
この時は湿度が低く、比較的カラッと暑くなる傾向にあります。
パターン2:梅雨前線が北上

逆に梅雨前線が北上すると、今度は真夏の空気に覆われます。こうなると、蒸し暑くなる傾向にあります。


いかがでしたか?
同じ「梅雨の中休み」でも、梅雨前線がどちらの方向に移動したかで、暑さの質が変化するんですね。次の梅雨の中休みは、どちらの暑さになるのでしょうか。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_909f09d790a8_新潟県で震度6強の地震から1週間 活動は落ち着きを見せる 909f09d790a8 909f09d790a8 新潟県で震度6強の地震から1週間 活動は落ち着きを見せる oa-weathernews 0

新潟県で震度6強の地震から1週間 活動は落ち着きを見せる

2019年6月25日 10:21 ウェザーニュース

今月18日(火)夜に新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測する地震が発生してから1週間が経過します。

地震の回数は減少傾向

震源付近での地震活動は比較的落ち着いており、震度1以上の回数は25日(火)10時までに37回です。
20日(木)以降で見るとわずか5回で、M4を超える規模の地震は1回のみとなっています。震度1未満の小さな地震の回数も減少してきました。

今回と地震の規模や領域が近い、2007年の新潟県中越沖地震や能登半島地震の際は、発生後1週間以降に大きな地震はなく、今回の地震もそれらと似た傾向です。

地震が発生しやすいエリア 今後への備えを

18日(火)の地震の活動は順調に収まっていると言えますが、北日本日本海側から北陸のエリアは大きな地震が頻発しています。

今回の地震被害の復旧作業は早めに行うとともに、次の地震への備えをしっかりしておく必要があります。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_49b0a86cb58c_ひと目でわかる傘マップ  6月25日(火) 49b0a86cb58c 49b0a86cb58c ひと目でわかる傘マップ  6月25日(火) oa-weathernews 0

ひと目でわかる傘マップ  6月25日(火)

2019年6月25日 06:01 ウェザーニュース

きょう6月25日(火)のお出かけに傘が必要なエリアを解説します。

折りたたみ傘がいるエリア

東北は広範囲で、北海道・関東・中部は山沿いで、にわか雨の可能性があります。いずれも雨が降ったとしても長時間降ることはないので、折りたたみ傘で十分しのげそうです。

九州南部は天気が下り坂で、特に午後から雨が降る可能性が高くなっていきます。

沖縄は時々雨が降り、降り方が強まることもあります。長く続く雨ではありませんが、先島諸島よりも本島の方が雨が降る可能性は高めです。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_84778a9e2bb3_今日6月25日(火) 各地の気温変化 84778a9e2bb3 84778a9e2bb3 今日6月25日(火) 各地の気温変化 oa-weathernews 0

今日6月25日(火) 各地の気温変化

2019年6月25日 05:54 ウェザーニュース

お出かけ前に、昨日と今日の気温変化を比較して、今日の気温に適した服装で出かけるようにしましょう。

【北海道、東北北部】昨日と同じく快適

昨日と気温に大きな変化はありません。朝の強い冷え込みはなく、昼間は25℃前後の快適な陽気です。
日差しは強いので、日傘などを活用するとより快適に過ごせます。

【東北南部、関東甲信、静岡】昨日より気温上昇 夏日に

日差しが戻って昼間は気温が上がりそうです。昨日に比べると大幅に気温が高く、日差しの下では半袖で過ごせるくらいになります。
昨日との体感差が大きいので、体調管理に注意が必要です。

【東海、西日本】夏の装いを楽しめる

しっかりと日差しが届いて、昼間は暑くなりそうです。30℃前後まで上がり、湿度も昨日と同じくらいの予想。
夏の装いを楽しめる一日になります。

【沖縄】昨日より気温高く蒸し暑い

昨日に比べると雨の止んでいる時間が長く、その分だけ気温は高めになりそうです。蒸し暑さが続きます。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_2e3886f70fd1_週間天気 西日本は大雨に警戒 2e3886f70fd1 2e3886f70fd1 週間天気 西日本は大雨に警戒 oa-weathernews 0

週間天気 西日本は大雨に警戒

2019年6月25日 05:36 ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・西日本ようやく梅雨入りへ
・西日本は大雨に警戒
・沖縄の梅雨明けは7月にずれ込みか

西日本ようやく梅雨入りへ

今年は西日本で梅雨前線がなかなか北上せず、九州北部、中国地方、四国地方、近畿地方では、まだ梅雨入りが発表されていません。これは記録的な遅さとなっています。

26日(水)頃になると梅雨前線がやっと北上する予想で、このタイミングで梅雨入りの発表があるかもしれません。

<参考 最も遅い梅雨入りの記録>
 九州北部 6月22日(1967年)
 四国   6月21日(1967年)※
 中国   6月24日(1968年)
 近畿   6月25日(1958年)※
 ※1963年は梅雨入りを特定せず

西日本は大雨に警戒

西日本の各地では、梅雨入りして早々に、梅雨末期のような大雨に見舞われる可能性が出てきています。

特に西日本の太平洋側で雨が強まり、九州南部から四国、紀伊半島にかけて、27日(木)夜までに多いところで100~200mmの雨が予想されます。そのほかの西日本も含め、1時間に30mm以上の激しい雨の降ることがありそうです。

28日(金)以降も梅雨前線は日本付近に停滞するため、雨の量はさらに増えるおそれがあります。雨への対策は事前に済ませておくようにしてください。

沖縄の梅雨明けは7月ずれ込みか

梅雨前線は北上するものの、沖縄では湿った空気の影響で曇りや雨の日が続く予想です。

梅雨明けは10年ぶりに、7月にずれ込む可能性が大きくなっています。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_af757e523e4d_今日25日(火)の天気 広範囲で晴天 関東も夏日に af757e523e4d af757e523e4d 今日25日(火)の天気 広範囲で晴天 関東も夏日に oa-weathernews 0

今日25日(火)の天気 広範囲で晴天 関東も夏日に

2019年6月25日 05:14 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東は日差しが戻って夏日復活
・西日本は晴れて暑さが続く
・沖縄は引き続き梅雨空

今日25日(火)は低気圧が日本列島から離れ、高気圧に覆われます。

関東や東北は天気が回復し、気温が低かった昨日に比べて5℃前後も上昇します。西日本は暑さが続きそうです。

関東は日差しが戻って夏日復活

梅雨前線や低気圧が離れて関東は天気が回復します。東北も昨日のような広範囲での雨はなくなり、日差しが届くところも出てきそうです。

日差しが戻ることで肌寒さも解消。関東ではほとんどの地域で、東北でも内陸では25℃以上の夏日の予想です。

昨日との体感差が大きいので、体調管理にご注意ください。

西日本は晴れて暑さが続く

西日本は引き続き高気圧に覆われ、青空が広がります。

気温は30℃前後まで上がり、暑さを感じる一日です。明日26日(水)から梅雨空の続くエリアが多いので、日差しをしっかりとご活用ください。

梅雨前線が近づく九州南部では、一足早く今日から雨が降るところがあるので、折りたたみ傘があると良さそうです。

沖縄は引き続き梅雨空

梅雨前線は沖縄の北に移動しますが、湿った空気の影響を強く受けるため、時々ザッと雨が降ります。

雨の降る時間はそれほど長くはなく、蒸し暑さは昨日よりも少しアップします。

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_66da0b8acfd2_静岡県で震度4の地震発生 津波の心配はなし 66da0b8acfd2 66da0b8acfd2 静岡県で震度4の地震発生 津波の心配はなし oa-weathernews 0

静岡県で震度4の地震発生 津波の心配はなし

2019年6月24日 19:24 ウェザーニュース

6月24日19時22分頃、静岡県で震度4の地震が発生しました。この地震による津波の心配はありません。

震源地:伊豆半島東方沖
マグニチュード:4.1
震源の深さ:約10km


各地の詳しい震度

震度4:
【静岡県】
熱海市網代


震度3:
【神奈川県】
真鶴町岩 湯河原町中央

【静岡県】
熱海市中央町 伊豆市中伊豆グラウンド 伊豆の国市四日町 伊豆の国市長岡 東伊豆町奈良本

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_5cd757211cb4_岐阜でヒョウが積もる 関東甲信は夜にかけて雷雨に注意 5cd757211cb4 5cd757211cb4 岐阜でヒョウが積もる 関東甲信は夜にかけて雷雨に注意 oa-weathernews 0

岐阜でヒョウが積もる 関東甲信は夜にかけて雷雨に注意

2019年6月24日 17:17 ウェザーニュース

24日(月)は、上空5500m付近で-12℃以下の寒気が通過にともない、東日本から東北は大気の不安定な状態が続いています。

内陸部を中心に雨雲が発達し、標高2700mの岐阜県畳平からは雹(ヒョウ)が積もっているとみられる報告が届いています。

夜は関東で再び雨の可能性も

活発な雨雲は夜にかけてゆっくりと東に移動し、各地に強い雨や雷、雹、突風などをもたらす見込みです。

一度、雨が止んだ関東平野でも再び雨の降り出す可能性がありますので、天気の急な変化にご注意ください。

参考資料など

写真:ウェザーリポートより

外部リンク

cat_16_issue_oa-weathernews oa-weathernews_0_020870a794d1_明日25日(火)の天気 広い範囲で晴れ 関東でも夏日に 020870a794d1 020870a794d1 明日25日(火)の天気 広い範囲で晴れ 関東でも夏日に oa-weathernews 0

明日25日(火)の天気 広い範囲で晴れ 関東でも夏日に

2019年6月24日 16:50 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■
・関東は日差しが戻って夏日復活
・西日本は晴れて暑さが続く
・沖縄は梅雨の終わりまだ見えず

明日25日(火)は梅雨前線や低気圧が日本列島から離れ、高気圧に覆われます。

関東や東北は天気が回復し、気温が上昇します。西日本は暑さが続きそうです。

関東は日差しが戻って夏日復活

梅雨前線や低気圧が離れて天気が回復し、関東や東北は日差しの戻る所が多くなります。

日差しが戻って肌寒さは解消。関東を中心に25℃以上の夏日の予想です。

今日との体感差が大きいので、体調管理にご注意ください。

西日本は晴れて暑さが続く

西日本は引き続く高気圧に覆われ、青空が広がります。

上空の寒気が抜けるため、にわか雨の可能性は低く、傘の出番はなさそうです。

気温は30℃前後まで上がり、暑さを感じる一日になります。26日(水)から梅雨空の続く所が多いので、日差しをしっかりとご活用ください。

沖縄は梅雨の終わりまだ見えず

沖縄は梅雨前線の影響で雲が広がり、時々ザッと雨の降ることがあります。

まだ梅雨の終わりは見えず、すっきりしない天気が続きそうです。

雨の降る時間はそれほど長くはなく、蒸し暑さは今日よりも少しアップします。

外部リンク