cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_nd0kvun47giy_高城れに 佐藤輝に感謝「野球を好きになるきっかけをくれた」「サトテルしか勝たん」 nd0kvun47giy nd0kvun47giy 高城れに 佐藤輝に感謝「野球を好きになるきっかけをくれた」「サトテルしか勝たん」 oa-vdaily 0

高城れに 佐藤輝に感謝「野球を好きになるきっかけをくれた」「サトテルしか勝たん」

2021年8月18日 09:00 デイリースポーツ

 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZの高城れに(28)が17日、公式YouTubeチャンネルの24時間生配信企画「TAKAGI 24 in 品川プリンスホテル」に出演した。「モーニングデイリー」と題されたコーナーでは、本紙トラ番の電話取材を受け、れにちゃん推しで知られる阪神・佐藤輝明内野手(22)=近大=への思いを語り、画面越しに感謝を伝えた。
 午前6時からノンストップで30分間、佐藤輝推しの高城×デイリースポーツトラ番・関谷記者が、生配信限定で語る“テルトーク”を公式YouTube上で繰り広げた。
 高城は黒の佐藤輝Tシャツを着用し、完全に虎党仕様で登場だ。「佐藤輝明選手は本当に私にとって神様のような存在です」と開口一番、明かしたがそれもそのはず。野球熱を芽生えさせてくれたのが怪物新人だからだ。
 「『れにちゃん推しです』って言ってくれた映像の瞬間がすごく忘れられなくて。野球とかも詳しくなくて、ルールさえも危うかった私に野球を好きになるきっかけをくれた」
 佐藤輝は球界初の高城推し。阪神入団後、登場曲にももいろクローバーZの「吼えろ」を選択してくれたことがうれしかった。高城が番組内で間接的に依頼した「Zポーズ」も本塁打を打った時は、必ずカメラに向けて披露している。「毎回Zポーズをしてくださっているので。阪神全体で選手の皆さん、矢野監督までもがZポーズしてくださって」と感謝の思いを口にする。
 今や佐藤輝明=ももクロというイメージも世間に根付いてきた。これが新たな“化学反応”を生んでいることに驚いているという。
 「ツイッターでも阪神がきっかけでももクロを知ったとか。佐藤選手が登場曲をももクロと聞いて聞くようになったとの意見も私に届く。少しでも野球界とアイドルというのを結びつけるような懸け橋になれたのかななんて…佐藤選手のおかげでもあるけど(笑)」
 5月29日の西武戦では、中継ゲストでメットライフドームを訪問。初めて佐藤輝の姿を見て「フルスイングは生で見ると数百倍すごい。打席に立つと空気が変わる」と感動した。6月12日の楽天戦で佐藤輝が田中将から16号ソロを放ち、モノノフ対決を制した瞬間は映像で確認し「ツーショットが見られて個人的には幸せでした」-。
 「マジでピュアなんです」と高城の存在が活力になっている佐藤輝同様、高城も佐藤輝のプレーが日々のモチベーションだ。「ちょっと元気ないなっていう日でも今日野球がある!ってテンションが上がる。夢を見させてくれてありがとうと言いたいです」とありったけの感謝を伝えた。
 今回、高城は1stソロアルバム『れにちゃんWORLD』を18日にリリース。「ぜひ、聞いてほしいなと思います」とアピールし「佐藤選手の試合前にモチベーションを上げる一曲に、たまに私のソロ曲が入ってくれていたら」と宣伝した。
 最後は「サトテルしか勝たん」と笑顔の高城。「本当、無事にケガなく(今季を)駆け抜けてください」と力強くエールを送った。

外部リンク

cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_vz8qhro39kov_【矢野語録】ヤギがよく粘ってくれた vz8qhro39kov vz8qhro39kov 【矢野語録】ヤギがよく粘ってくれた oa-vdaily 0

【矢野語録】ヤギがよく粘ってくれた

2021年8月18日 09:00 デイリースポーツ

 【8月17日】
 -青柳らしい粘りの投球。
 「流れ的に嫌な流れ。ヤギがよく粘って同点で止めてくれた。最後の1イニングも行ってくれたことが大きい。久しぶりやけど、いい投球だった」
 -佐藤輝が価値のある2発。
 「1本目が横から見ていても、すごくうまく打てたなと。攻められるところを打てたというのが、もう1本のホームランにもつながった可能性もある。今日は中身の濃いホームランだったかな」
 -田淵さんの記録に並んだ。
 「大先輩の記録に並んだっていうのもすごいし、まだまだゲームもあるんで30っていう目標も見えてくる。ファンの人も喜んでくれるし、どんどんクリアしてもらいたい」
 -八回は選手個々が仕事をして3得点。
 「海(植田)がまずあそこでプレッシャーかけたのは大きかったし、拓夢(中野)が追い込まれてから進めたのもすごく大きい。ほんとは早い回にああいう攻撃したかったんだけどね」

外部リンク

cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_tz9kzq9rj6aa_藤浪 急転19日先発のワンチャンつかむ ローテ定着へ結果と内容求める tz9kzq9rj6aa tz9kzq9rj6aa 藤浪 急転19日先発のワンチャンつかむ ローテ定着へ結果と内容求める oa-vdaily 0

藤浪 急転19日先発のワンチャンつかむ ローテ定着へ結果と内容求める

2021年8月17日 09:00 デイリースポーツ

 19日・DeNA戦(東京ド)で先発する阪神・藤浪晋太郎投手(27)が16日、甲子園室内練習場で行われた投手指名練習に参加し、ローテ入りへ“ワンチャンス”をモノにする決意を示した。当初19日の先発が有力視されていたガンケルは同日の2軍戦に登板することが決まり、登板が巡ってきた。助っ人は来週にも1軍復帰する可能性があるだけに、首脳陣をうならせる投球でローテ定着を狙う。
 ブラスバンドの演奏を耳にすれば、自然と闘志は沸き立つ。急転直下、19日の先発が決定。藤浪は夏の甲子園が開催中の球場に隣接する室内練習場で黙々と調整を進めた。ミットにズドンと収まる剛球にキャッチボール相手の西勇もサムアップポーズで太鼓判だ。後半戦のローテ定着へ、“ワンチャンス”にかける覚悟を口にした。
 「先発をさせていただけることになったので、しっかりいい投球をして、また藤浪を先発で使いたいなと思ってもらえるように頑張りたいですし、何より勝ちに貢献できるように頑張ります」
 当初、19日の先発が有力視されていたガンケルが同日のウエスタン・中日戦に登板することから、先発としてスタンバイしていた藤浪に白羽の矢が立った。福原投手コーチは「自分の投球を心がけてほしいし、どんどん攻めていってほしい」と期待を込めた。
 早ければ来週にもガンケルは1軍復帰する可能性がある。藤浪自身、登板の重みを十分に理解しており、結果と内容を求めていく。
 「DeNA打線は強力なので、打ち出すと止まらない。ソロはまだ仕方ないと割り切って、ランナーをためての一発だけは打たれないように意識して投げていきたいです」
 相手はリーグ1位のチーム打率・260を誇る。7月12日の対戦では中継ぎで1回無安打無失点で3三振と圧巻の投球を見せたが、同13日は1死も奪えず4安打4失点。佐野、オースティン、宮崎、ソトら一発がある打者が並ぶだけに気持ちを引き締めた。
 先発再転向から1カ月が過ぎ、調子は上向きだ。エキシビションマッチでは3試合に先発し、防御率3・46。直近の10日・楽天戦もスプリットの精度を上げ、5回4安打2失点にまとめた。ローテ入りの最終結論は保留となっていたが、矢野監督も「全体的に状態は良かった」と一定の評価を口にしていた。
 「状態がいいので、それを継続しながら決め球など細かい部分を求めて調整してきました」と藤浪。先発としては4月16日・ヤクルト戦以来、4カ月ぶりの白星へ。大阪桐蔭時代に頂点に立った夏に、真価を発揮する。

外部リンク

cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_nzfv6lm2psbj_青柳 好相性DeNA戦も一発警戒「高さに注意」 17日に後半戦初登板 nzfv6lm2psbj nzfv6lm2psbj 青柳 好相性DeNA戦も一発警戒「高さに注意」 17日に後半戦初登板 oa-vdaily 0

青柳 好相性DeNA戦も一発警戒「高さに注意」 17日に後半戦初登板

2021年8月17日 09:00 デイリースポーツ

 東京五輪で野球日本代表「侍ジャパン」の一員として金メダルを獲得した阪神・青柳晃洋投手(27)が16日、カード初戦となる17日・DeNA戦に向け、甲子園室内で最終調整。「自分にとっての後半戦初戦。しっかり勝てるように頑張ります」と決意を口にした。
 前半戦はチームトップタイの8勝を挙げた中、DeNAとの相性は抜群だった。2試合に先発して1勝、防御率0・64と完璧に抑え込んでいる。
 ただ、今回は本塁打の出やすい東京ドームでの一戦。オースティンやソトなど強打者がそろうだけに、投球に細心の注意を払わなければいけない。「長打の打てる打者が多いのでしっかりコース、高さには注意して投げていきたい」と一発への警戒心を強めていく。
 東京五輪では思うような結果が出せず、「悔しい」という言葉を連呼した。シーズンでは見返したい。「勝って個人的にもチームにも勢いを付けられるように」。矢野監督の胴上げを実現するために、後半戦も全力で腕を振る。

外部リンク

cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_ym4kau4t9lln_稲葉監督から虎侍3戦士に“金言” 「V争いの重圧なんてと思ってくれたら」 ym4kau4t9lln ym4kau4t9lln 稲葉監督から虎侍3戦士に“金言” 「V争いの重圧なんてと思ってくれたら」 oa-vdaily 0

稲葉監督から虎侍3戦士に“金言” 「V争いの重圧なんてと思ってくれたら」

2021年8月17日 09:00 デイリースポーツ

 東京五輪で金メダルを獲得した野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(49)が16日、デイリースポーツのインタビューに応じ、阪神・岩崎優投手(30)、青柳晃洋投手(27)、梅野隆太郎捕手(30)に対して、五輪の経験を糧にシーズン優勝争いで活躍することを期待した。
  ◇  ◇
 -金メダル獲得から時間がたって、今の心境はどうか。
 「(19年の)プレミア優勝の時は、まだ五輪があるという思いでいた。今回の優勝はやり遂げたなと。自分の中で一つの区切り。ホッとしたし、緊張感から解き放たれたという気持ちはある」
 -金メダル獲得の反響を感じた場面は。
 「家族で買い物へ行った時も『おめでとうございます』という声をたくさんいただいた。皆さんが見ていてくれたのだなと、非常にうれしかった」
 -長い間、ともに戦った選手たちと別れた時の心境は。
 「ちょっと寂しい気持ちもある。このチームでもうちょっと戦いたかったなと」
 -最後に選手たちに伝えたことは。
 「感謝の気持ちです。いろんな方たちの支えがあって野球ができているという感謝を忘れずに…と話はさせていただいた」
 -青柳は稲葉監督から「この経験を下の世代に語り継いでほしい」と言われたと話していた。今後の選手らに願うところは。
 「よかった選手も力を出しきれなかった選手もいるが、野球はチームスポーツ。一つになって戦っていくチームが、やっぱりいいチームになっていく。そういう経験を踏まえ、いろいろな人に伝えていってほしい」
 -青柳も五輪では悔しい思いをした。
 「試合では打たれたけど、みんなが促して僕の誕生日にハッピーバースデーを歌ってくれた。ああいう(ムードメーカーぶり)のがよかったよね」
 -金メダル獲得でいい経験として残る。
 「梅ちゃんも、優(岩崎)もね。優は本当に気持ちが入った投球をしてくれた」
 -梅野は甲斐との連携で裏から支えた。
 「大きいよね。投手とコミュニケーションを取って、どう生かそうかと常に考えてくれた。1試合しか出場させてあげられなくて…と話したら『いえ、いい経験をさせてもらいました』と言ってくれて。本当にいいメンバーに恵まれた」
 -それぞれが役割を果たしての金メダル。
 「もちろん。ヤギ(青柳)も打たれたけど、次に向かってやろうとしてくれていた。こういう選手たちがいたからこそ、表に出ている選手たちが思い切りできたし、われわれもいろいろなことを考えられたと思う」
 -監督自身の経験を踏まえ、五輪で成長できる部分とは。
 「チームでは主力、いわば日の当たる選手たち。それが代表ではチームのために自己犠牲をする、みんながそういう考え方になった。勝つために何をしないといけないか、代表に入ることで分かるんじゃないかな」
 -その意識が自分を成長させる。
 「もちろん。こういう選手たちが先頭に立ってチームの中でやっていくことによって、チームの変化も生まれると思うし、そうなってほしいよね」
 -阪神が優勝争いを繰り広げていく中で、3選手に期待することは。
 「五輪を経験すると自分がひと回り成長した感じになる。その自信で堂々とやってほしい。この経験をしたら優勝争いの重圧なんて…と思ってくれるかもしれない。ヤギも悔しい思いをシーズンで晴らしてやろうと思っているだろうしね」
(続けて)
 「ただ、これからは(メダリストとして)より期待が大きくなる。よりプレッシャーが掛かる。でも、そこをはねのけて超一流選手になってほしいね」

外部リンク

cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_dizvfuplcu2p_近本 新人3年連続2桁猛打賞で勢いつける 球団初の快挙へあと「1」 dizvfuplcu2p dizvfuplcu2p 近本 新人3年連続2桁猛打賞で勢いつける 球団初の快挙へあと「1」 oa-vdaily 0

近本 新人3年連続2桁猛打賞で勢いつける 球団初の快挙へあと「1」

2021年8月17日 09:00 デイリースポーツ

 快挙達成で勢いを加速させる。阪神の近本光司外野手(26)が16日、17日からのDeNA3連戦(東京ド)への意気込みを語った。球団史上初となる新人から3年連続のシーズン2桁猛打賞まで残り1。切り込み隊長が攻撃の流れを作り、連勝街道へと導く。
 首位を走るチームで、攻撃のカギとなっているのは近本のバットだ。今季は9度の猛打賞を記録。過去に球団で新人から2年連続で2桁猛打賞を達成したのは、坪井と近本のみ。3年連続は誰もいない。選手会長は球団史を塗り替え、16年ぶりのリーグ優勝へけん引する意気込みだ。
 「チームはいい流れできているので、次も1試合1試合勝って、自分たちのできることを、自分たちの仕事をしっかりやって勝っていきたいと思います」
 前夜15日の広島戦では、先頭打者本塁打で流れを呼び込み、チームの連勝に貢献。1番打者として最高の仕事を果たした。
 託された役割は十分に理解している。1番打者について「試合の流れとか、勝敗を決めることだと僕は思っている。一試合の中で一番大事な仕事だと思っている。他の打席も大事ですけど、一番集中して入っています」と初回の第1打席を重要視。不動のトップバッターは、残り56試合も全力で駆け抜ける。

外部リンク

cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_h4zhlrx4p8gb_ロハス「全力プレー」で生き残る!2軍調整中マルテ居ぬ間に猛アピ誓った h4zhlrx4p8gb h4zhlrx4p8gb ロハス「全力プレー」で生き残る!2軍調整中マルテ居ぬ間に猛アピ誓った oa-vdaily 0

ロハス「全力プレー」で生き残る!2軍調整中マルテ居ぬ間に猛アピ誓った

2021年8月17日 09:00 デイリースポーツ

 阪神のメル・ロハス・ジュニア外野手(31)が16日、1軍生き残りへ全力を尽くすことを誓った。マルテらとの外国人枠を争う中、残されたチャンスで猛アピールする。
 マルテが2軍で調整を続けることが決まり、17日のDeNA戦も引き続き1軍で戦うチャンスを得た。ロハスは「全力でプレーすることを心がけて。エキシビションマッチに入って状態も上がってきているので、自分のやっていることを信じて、チームの勝利に貢献していきたい」と力を込めた。
 力強い言葉はすでに体現している。「6番・左翼」で出場した15日・広島戦では三回に野間の飛球をダイビングキャッチ。バットでも八回1死一、二塁で後半戦初タイムリーとなる右前適時打を放った。攻守でチームを盛り上げ、起用に全力で応えている。
 前半戦は17試合に出場し、51打数5安打で打率・098と大苦戦。後半戦で同じ“失敗”は繰り返さない。昨季の韓国2冠王が本領を発揮し、勝利に導く快音を響かせる。

外部リンク

cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_wf4zf67tj5c6_守護神スアレス17日に1軍合流 新V方程式「AIS」で敵地6連戦へ wf4zf67tj5c6 wf4zf67tj5c6 守護神スアレス17日に1軍合流 新V方程式「AIS」で敵地6連戦へ oa-vdaily 0

守護神スアレス17日に1軍合流 新V方程式「AIS」で敵地6連戦へ

2021年8月17日 09:00 デイリースポーツ

 これで盤石の“新勝ちパターン”が完成や!阪神の矢野燿大監督(52)が16日、球宴参加後に一時帰国していたロベルト・スアレス投手(30)を17日のDeNA戦(東京ド)から1軍に合流させることを明言した。15日の広島戦で完封リレーを飾り、手応え十分の中継ぎ陣に絶対的守護神も帰還。中盤でリードしている展開に持ち込めば負けない、強い阪神が戻ってくる。
 敵地6連戦へと乗り込む阪神に朗報だ。スアレスが17日のDeNA戦から1軍に合流。想定していた最短期間での復帰が決まった。
 球宴参加後、家族の元へ一時帰国していた助っ人右腕は7月25日に再来日。隔離期間を経て、9日にチームに合流した。13日には京セラドームでの広島戦前にシート打撃に登板。打者5人を相手に安打性1本に抑え、「全体的に良かった」と好感触をつかんだ。
 「(シート登板翌日に)ちょっと張りがあったけど大丈夫」と報告を受けた矢野監督は1軍合流を決定。「無理にガンガン行くわけにはいかないけど」としながらも、「1イニングは行けるということなんで連れて行く」と明かした。
 これで阪神のストロングポイントがよみがえる。5月後半には六回終了時点でリードしていれば21連勝という快記録を達成。鉄壁の中継ぎ陣が首位快走の一因となっていた。しかし、交流戦後は崩れるシーンが目立ち、4年連続リーグNo.1を誇る中継ぎ防御率も、同最下位の4・06まで悪化している。
 それでも指揮官が「エキシビションマッチからいい形の準備ができた」と再整備への手応えを口にしたように、15日の広島戦ではスアレス不在ながら完封リレーを達成。特に中継ぎに転向したアルカンタラが、結果を出していることが大きい。
 リーグトップ25セーブを挙げる守護神の帰還により、七回・アルカンタラ、八回・岩崎、九回・スアレスの“新勝ちパターン”が完成。今後、ガンケルの先発日に外国人登録枠の関係でアルカンタラが外れる日が出てきても、好調な及川、復調気配の岩貞らがいる。
 上位3チームの激しいつばぜり合いが予想される後半戦。阪神は“リードして勝ちパターンへ”を合言葉に、首位を堅守していく。

外部リンク

cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_qcns895pp8j1_伊藤将 後半戦は「波のないように」5勝5敗の前半戦を反省 qcns895pp8j1 qcns895pp8j1 伊藤将 後半戦は「波のないように」5勝5敗の前半戦を反省 oa-vdaily 0

伊藤将 後半戦は「波のないように」5勝5敗の前半戦を反省

2021年8月17日 09:00 デイリースポーツ

 阪神・伊藤将司投手(25)が16日、後半戦は安定感のある投球を続けることを目標に掲げた。開幕ローテ入りした前半戦は5勝5敗。新人としては上々の成績だが、「良い時と悪い時がハッキリしていた」と反省。「後半戦は波のないように自分の投球をしていきたい」と意気込んだ。
 エキシビションマッチでは投球に緩急をつけるために練習したスライダーを意図的に多投。有効な球として使えることを確認した。
 この日は鳴尾浜でブルペンに入って調整した。後半戦初先発予定の18日・DeNA戦に向け「相手は特に意識することなく、自分の投球ができるように」と決意。1年目からの2ケタ勝利を目指す左腕が、連勝街道を突っ走る。

外部リンク

cat_19_issue_oa-vdaily oa-vdaily_0_0ycq1i1xv7kd_【矢野語録】(秋山)『粘るぞ』っていう言葉通りのピッチング 0ycq1i1xv7kd 0ycq1i1xv7kd 【矢野語録】(秋山)『粘るぞ』っていう言葉通りのピッチング oa-vdaily 0

【矢野語録】(秋山)『粘るぞ』っていう言葉通りのピッチング

2021年8月16日 09:00 デイリースポーツ

 【8月15日】
 -先発の秋山は粘りながらの投球。
 「秋山はいつも自分の中で、粘るっていうことはすごく意識してくれている。ベンチでもそういう声を出しながら『粘るぞ、粘るぞ』っていうのはよく言っている姿を見るんでね。本当にその言葉通りのピッチング」
 -六回から継投となった。
 「秋山も右腕に(打球が)当たっているのもあったし、あそこで代えた」
 -近本が先頭打者本塁打。後半戦はいいスタートが切れている。
 「みんな不安なんよ。自信満々でいける人なんかそんなにいないから。気分的には1本出るたびに、これでいいんだとなっていく。いいバッティングが続いているし、そういう形の一本にはなったかなと思う」
 -ロハスに適時打。
 「打撃内容もだいぶ上がって来ている感じ。マルテも帰ってきているんでね、いい競争がまたできてくるんじゃないかな」
 -マルテが2軍で本塁打を放った。
 「ああ、そうなんや。それ聞いてなかった。いい悩みやね」

外部リンク