cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_9d1d8705b22b_【鹿児島】本当の癒しは南部に!2泊3日奄美大島観光モデルコース 9d1d8705b22b 0

【鹿児島】本当の癒しは南部に!2泊3日奄美大島観光モデルコース

東洋のガラパゴス、とも言われる自然深き「奄美大島」はLCCの就航もあり、近年人気急上昇中の島です。空港からアクセスの良い龍郷や繁華街の名瀬地区が人気ですが、本当の癒しを求めるなら手つかずの自然深き南部を旅するのがおすすめ。癒しを求め、奄美の南部を訪れる2泊3日モデルコースのご紹介です。

1日目ランチ:島の郷土料理を堪能「島とうふ屋」

今回ご紹介する旅は島の空港から一番離れた場所に位置する南部地区。たとえば東京発のLCCの場合、奄美空港にはお昼過ぎに到着します。旅の疲れを取り、明日からの旅に備えるためにもお昼を途中で食べたら早めにホテルへ向かいましょう。

おすすめのランチスポットは空港から南部に向かう国道58号線沿いにある「島とうふ屋」。空港から車で約30分ほどのところにあります。

昭和初期の豆腐屋さんをイメージして作られた店内では、豆腐屋さん直営だからこそのリーズナブルな定食を食べることができます。しかもなんと湯豆腐は無料で食べ放題!

おすすめは「週替わり 島とうふ屋定食」。お豆腐の他に色々な小鉢をちょこちょこいただくことができます。奄美の郷土料理と言えば鶏飯が有名ですが、島豆腐も忘れてはならない奄美の名物です。

1日目午後:「THE SCENE」へ早めにチェックイン!

ランチを食べたら早めにホテルにチェックイン。南部のおすめホテルは島の最南端の瀬戸内地区にある「THE SCENE」。全室オーシャンビューで、部屋の一面は全面窓。どの部屋からもこの絶景を眺めることができます。

スタンダードルームにはクイーンサイズ、デラックスルームはキングサイズのベッドが設置されています。旅ならではの贅沢な時間をホテルで過ごしましょう。

1階にはレストランがあり、夕食は和食かイタリアンかを選ぶことができます。イタリアンは代官山「カノビアーノ」の総料理長、植竹降政氏が監修をしているという本格派のフルコース。

ホテルの目の前はとても綺麗な海とビーチ。晴れた日は満天の星空と海を眺めながら眠りにつくことができます。ホテルではヨガやSUP、リラクゼーションなど癒しの旅にぴったりなプログラムも用意されているので、思い思いのときを過ごしてみてください。

2日目:奄美大島の離島「加計呂麻島」へ

南部まで来たなら奄美のさらに離島「加計呂麻島」まで足を運んでみましょう。ホテルから古仁屋港までは車で10分ほど。そこからフェリーか海上タクシーで約20分で「加計呂麻島」に到着です。

オンシーズンでもほぼ人がおらず、プライベートビーチを堪能することができます。どのビーチも言葉では言い表せない綺麗な海ですが、その中でも「渡連ビーチ」はおすすめです。

どこまでも透き通る蒼い海は入らずとも眺めているだけで、最高の癒しになることでしょう。

「加計呂麻島」での移動はレンタカーが便利。島の玄関口である「瀬相港」か「生間港」でレンタカーを借りるか、もしくは奄美本島からレンタカーをフェリーで持ち込むこともできます。

「加計呂麻島」は1周150キロと広いので1日で全部回ることは難しいですが、時間の許す限り気の向くままに車を走らせてみてください。思いがけず、ステキなカフェや絶景に出会うことができるかもしれません。

3日目午前:珍しい玉石の海岸「ホノホシ海岸」へ

最終日、空港に向かう前に珍しい玉石の海岸「ホノホシ海岸」へ。ホテルから車で5分とかからずに到着します。「ホノホシ海岸」は砂ではなく、珍しい石の海岸。石が打ち寄せられる波に洗われてまん丸な玉石となっています。波に打ち寄せられてカラコロと音を立てる音は「ホノホシ海岸」ならでは。奄美でしか聞けない音を思い出に空港へと向かいましょう。
(文:ひいろ あいこ)

外部リンク

cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_af7103d028e8_【ポルトガル】「インターコンチネンタル ポルト」は宮殿を改装した豪華5つ星ホテル af7103d028e8 0

【ポルトガル】「インターコンチネンタル ポルト」は宮殿を改装した豪華5つ星ホテル

2019年11月1日 14:57 トラベルjp 高橋 樂

「インターコンチネンタル ポルト パラシオ ダス カルドサス(InterContinental Porto - Palacio das Cardosas)」は、18世紀末に建築されたカルドサス宮殿を改装した由緒ある5つ星ホテルです。外観のみならず内装も家具もとても豪華で素敵、優雅で高級感あふれるヨーロッパの貴族的な雰囲気が味わえます。

とはいえ、過剰に気取ったところはなく、スタッフは皆、フレンドリーでとても親切。受付やコンシェルジュには気軽にレストランやお土産の店等の質問もできますし、とてもわかりやすく親身に説明してもらえます。ホスピタリティーも太鼓判の5つ星です。しかも、サン・ベント駅からも徒歩数分、その他観光名所へのアクセスも良好です。

お部屋はクラシカルな雰囲気の中にも新しさが上手に取り入れられた優雅なヨーロピアンタイプ。上品かつ清潔な雰囲気に癒されます。ベッドも最高の寝心地で旅の疲れはどこへやら、朝の目覚めもスッキリです。

お部屋は眺望や設えによってランク分けされています。リベルダ―デ広場に面し眺望良好なワンランク上のお部屋もお薦めです。

バス・トイレ・洗面所は大理石で超豪華。浴槽も広々して大変使いやすいです。

お部屋のテーブルに無料のミネラルウォーターがあるのも嬉しいサービスですね。テレビは薄型壁掛けタイプで、無料Wi-Fiも完備されています。また、館内にはフィットネスセンターや併設のスパもありますよ。

宿泊は、朝食付きのプランがお勧めです。1階の優雅で素敵なレストラン・アストリアが朝食用のダイニングです。

そして朝食はどれも超美味!パンは沢山の種類があり嬉しいですね。名物のエッグタルトも美味しいですよ。

もちろん、卵、ハム、チーズ、フルーツ、ジュース等も、沢山の種類が揃っています。どれも新鮮で美味しく充実の朝食ですよ。朝食を沢山いただくと、お昼は少な目でもスタミナ十分、旅の体調も万全です。

朝食以外の時間は、レストラン・アストリア(Astoria)やバーとしてもご利用いただけます。ポルトガル料理のほか、ポルトガル産ワイン、カクテル等も多数取り揃えられています。夏季はテラス席も開放されます。

ホテルの目の前は、リベルダーデ広場(Praza da Liberdade)、奥には市庁舎が見えます。広場の中央にある堂々たる騎馬像は、ドン・ペドロ4世像(Monumento a Dom Pedro IV)。ドン・ペドロ4世(ブラジルではドン・ペドロ1世)は、19世紀にブラジル初代皇帝となったポルトガル王、この国の英雄です。リスボンのロシオ広場にも立像があります。

ポルトの玄関口、アズレージョが美しいサン・ベント駅もホテルのすぐそば、駅からは徒歩数分で、迷わず行けるのがいいですね。重いスーツケースがあっても安心です。

他、クレリゴスの塔へも少々上り坂で200メートル、徒歩5分です。ボリャオン市場や繁華街サンタ・カタリ―ナ大通りもゆるい上り坂で徒歩約10~15分。ドン・ルイス1世橋までは約1キロメートル、旧市街を散策しながら歩いて約20~30分程度。まさにポルト観光にうってつけの立地です。
(文:高橋 樂)

外部リンク

cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_0d9c65147708_【香川】「小豆島」の新定番!?酒蔵が作る「モリクニベーカリー」のコッペパン 0d9c65147708 0

【香川】「小豆島」の新定番!?酒蔵が作る「モリクニベーカリー」のコッペパン

2019年11月1日 14:52 トラベルjp 関山 あさみ

小豆島は、瀬戸内海の中では淡路島に続き二番目に大きな島。狭い島だと思われがちですが、自転車で周るには厳しいくらいのサイズ感です。バスの本数が多くはないので、レンタカーを借りて観光するのが便利。レンタカーであっても一日で周るには少し時間が足りなくなるくらい見どころが満載です!

今回はそんな小豆島の旅を楽しむために、ぜひ行ってほしいお店「MORIKUNI BAKERY」をご紹介します。

「MORIKUNI BAKERY」があるのは、醤油の匂いが漂う「醤の里」内の住宅街、国道から一本細道に入ったところです。国道に小さな看板があるので見逃さないように要チェック!

「MORIKUNI BAKERY」は、お店からすぐ近くにある小豆島唯一の酒蔵である「森國酒造」が営んでいるベーカリーです。「森國酒造」では酒造りの他にカフェ&ギャラリーも併設されていて、観光客や女性客で賑わっています。そんな「森國酒造」の社長さんが「観光中に気軽に食べられる小豆島の美味しさの詰まったものを作りたい」という想いを抱き、「MORIKUNI BAKERY」が生まれました。

定番は「コメコッペ」です。「コメコッペ」は気軽に食べられる手のひらサイズ。ふわふわ・もちもちの食感で、ついつい何個も食べてしまいそうです。この食感は酒蔵ならではの食材「酒米粉」を使っているからこそ!麹から作られる「甘酒」や四国で人気のらくれん牛乳の生乳100%「夕しぼり」でふんわりとした優しい甘さもプラスされ美味しさは倍増です。

コッペパンの味はプレーンの他にも随時数種類のサンドが販売され、季節商品や小豆島の食材を使ったコッペパンも。なにがあるかはその時のお楽しみです。一番人気の「大吟醸酒粕あんこコメコッペ」は、森國酒造の酒粕と北海道小豆をじっくりと炊き上げたあんこがコメコッペと相性抜群!

お持ち帰りの方も多いですが、イートインもオススメ。店内にあるイートインスペースでは、たくさん置いてある観光雑誌を読みながら食事を楽しむこともできます。
(文:関山 あさみ)

外部リンク

cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_2f7592c5b309_【栃木】入場無料!「南ヶ丘牧場」は小さい子供が動物に触れあえる牧場 2f7592c5b309 0

【栃木】入場無料!「南ヶ丘牧場」は小さい子供が動物に触れあえる牧場

2019年11月1日 14:34 トラベルjp 池田 みる

南ヶ丘牧場は、人気観光エリアの那須にあります。なんとここは、入場無料、駐車場無料というお財布に優しい牧場です。

しかし、牧場内にはたくさんの動物と楽しめるエリアが充実しています。自分が体験したいことだけにお金を支払えばOKなので、お得な牧場ともいえるでしょう。

牧場内は広々としており、子供が大はしゃぎで楽しめるスポットがたくさん!何を体験しようか、どんな動物と触れ合おうか迷ってしまいそうです。

ちなみに、南ヶ丘牧場はペットと一緒に入園できる牧場です。那須はペット連れにも人気のエリアでもあります。愛犬と那須を訪れた際は、ぜひ南ヶ丘牧場にも足を運び、大自然を満喫してみてくださいね。

小さい子供は、まずは小さい動物から!ということで、うさぎがいるエリアをご紹介します。といっても、到着して驚かされるのは、出迎えてくれるうさぎの大きさ!

南ヶ丘牧場では、ジャンボウサギを見ることができます。自分が知っているうさぎではない!?と大人までびっくりしてしまうはずです。

南ヶ丘牧場では、うさぎとお散歩することもできます。「うさんぽ広場」でリードを装着したうさぎとのお散歩を楽しみましょう。500円で15分のお散歩を楽しむことができます。さらに、一度に入れる人数は5人まで!これなら家族全員でうさぎのお散歩が楽しめちゃいますね。

ちなみに、もっと小さい動物から触れ合いたい場合は、「モルモットふれあいコーナー」に行ってみるのもアリですよ。こちらは、1人250円で15分間モルモットやハリネズミと触れ合うことができます!

うさぎで動物に慣れたら、「めぇ~めぇ~広場」でヤギとヒツジと触れ合ってみてはいかがでしょうか。南ヶ丘牧場にいるヤギとヒツジは、人間に慣れているのでどんどん近づいてきてくれますよ。

「めぇ~めぇ~広場」の入場は、1人250円です。ちなみに、2歳未満は無料で入れます。また、100円で動物のエサを購入すれば、よりたくさんのヤギやヒツジが近くに来てくれるはず!

動物と実際に触れ合うのはまだ怖いという場合は、「馬舎」に行き柵の外からのエサやりに挑戦してみてはいかがでしょうか。ここでは、馬やロバにエサやり体験をすることができますよ。

100円で購入したエサをパイプに転がしてあげるスタイルなので、小さな子供でも挑戦できちゃいます。

エサが下までうまく転がらなくても、馬やロバがパイプを揺らし上手にエサを食べるので大丈夫!そんな笑える姿が見られるのも、「馬舎」ならでは。

逆にもっと動物と触れ合いたい!という場合は、乗馬に挑戦しましょう。1人780円、2人乗りなら1,320円で乗馬体験ができます。

小さい子供でも、大人と2人乗りをすれば問題なし!スタッフがずっと付いていてくれるので、安心して挑戦してみてくださいね。

南ヶ丘牧場では、さかな釣りにチャレンジすることもできます。「つり掘」には、元気よく泳ぐニジマスがたくさん!見ているだけでも子供は楽しめますが、せっかくなら釣り体験もしちゃいましょう。竿とエサを300円で借りることができます。

そして、釣ったニジマスは「焼き処」で自分で焼いて食べることも可能です。1匹550円で焼いて食べられますよ。また、550円で持ち帰りもOKです。

紹介してきた以外にも、「パターゴルフ」や「アーチェリー」もできますし、牧場ならではの美味しいソフトクリームを食べることも!食事処や売店もあるので、南ヶ丘牧場でランチをすることも、お土産を購入することも可能ですよ。
(文:池田 みる)

外部リンク

cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_02ba4aceaf95_【東京】感動の12分!立川「南極・北極科学館」で日本唯一のオーロラ体験 02ba4aceaf95 0

【東京】感動の12分!立川「南極・北極科学館」で日本唯一のオーロラ体験

2019年11月1日 14:25 トラベルjp Naoyuki 金井

オーロラをライブで見たいという欲求は多くの方がお持ちですが、コストも時間もかかり簡単に見られるものではありません。

そこで今注目されているのが、国立極地研究所「南極・北極科学館」です。名称はいかついですが、ここでは日本で唯一のオーロラシアターがあり、毎日オーロラが見られるのです。

1820年に南極大陸が発見されてから南極探検が始まり、有名なアムンゼンやスコットに代表される探検家たちが南極に立ち始めました。そして日本では、1912年に犬ぞりで南緯80度5分に到達した白瀬中尉が一番乗りを果たしました。

この一番乗りから46年後の1956年には、第1次南極地域観測隊が南極観測船「宗谷」で向かい、1957年1月29日オングル島付近に上陸し、4棟の建物を建て「昭和基地」と命名したのです。

11人で始まった越冬隊は、トイレなども完備されていない、まるで極寒の地の山小屋状態のなかの厳しい越冬でした。その翌年、第2次越冬隊が交代に向かったのですが悪天候のため上陸を断念し、第1次越冬隊は小型飛行機で撤退したのですが、この時残されたのが『南極物語』で有名な“タロとジロ”だったのです。

こうして始まった日本の南極観測が、現在では日本のみならず、世界的な研究成果を挙げるようになったのです。

現在の昭和基地は、60棟以上の建物が立ち並ぶ世界でも有数な科学基地となり、床暖房の個室、毎日入れる風呂、水洗トイレなどにより快適な日常生活が送られています。

その様子は、館内にある昭和基地のライブ映像とジオラマ、越冬生活を撮影した映像などで見ることができます。更に実物の隊員の個室も再現されており、隊員の防寒具を実際に着用することもできるのです。

また、第1次隊が実際に使用したソリや、1967~68年に行われた往復5,200kmに及ぶ南極大陸旅行をした雪上車も展示されており、車内に入れば旅行というには程遠い厳しい旅だったことを垣間見ることができます。

そして圧巻は南極の氷に触れられることです。環境調査のために実施されている南極で掘削された氷柱は、2007年には約3000mまで掘削でき、そこには大昔からの地球の気候や環境が記録されているのです。

実は、南極は隕石の宝庫と言われるくらいたくさんの隕石が見つかっています。これは特別に南極に隕石がたくさん降ってくるのではなく、南極には、隕石が集まりやすい場所があるからなのです。

その理由は、南極の氷は海に向かってゆっくり動いており、降ってきた隕石も氷と共に動いています。その動きが山脈によって遮られると、氷はやがて蒸発し、隕石だけが取り残される状態になるため、山脈の麓には、隕石が沢山あることになるのです。

このシステムを発見したのが日本の南極観測隊で、隕石探しが大変効率的になったのです。これにより現在、全世界の隕石の約3分の1にあたる約17,000個が日本に保管されているのです。

これらの隕石を顕微鏡で観察ができ、一部は実際に触ることもできますので、宇宙ファンにとっても必見なのです。

オーロラシアターは、全天周ドーム映像投映機能一体型システムで直径4mのドームスクリーンに南極や北極圏で観測されたフルカラーのオーロラ映像を投影しています。

TVやムービーで見る二次元とは違い、前後左右の広い視界に映像投映することから、実際に現地でオーロラを観ている感覚を、擬似体験できるシステムなのです。

全天をダイナミックに乱舞するオーロラの神秘と臨場感を感じてください。僅か12分間の天体ショーですが、見終わった後は興奮と感動に包まれることでしょう。
(文:Naoyuki 金井)

外部リンク

cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_1fdc1222ef4a_【佐賀】貴方が出会うかもしれない絶景・珍景5選 1fdc1222ef4a 0

【佐賀】貴方が出会うかもしれない絶景・珍景5選

2019年11月1日 14:04 トラベルjp 咲田 みつる

あなたが佐賀県の旅に求めるものは何ですか?温泉・陶芸・グルメ…そのどれもが大正解です!となれば、移動中の車窓観察や寄り道、佐賀ならではの光景も楽しみたいですよね。

そこで、佐賀県では当たり前すぎて、ガイドブックには載っていない、「出会えるかもしれない感動的な光景」を5つ選りすぐってご紹介します!

「カラス」と聞いたなら、想像するのは普通黒いカラスですが、佐賀県では事情が違います。それは小さな体に白いおなか・青い翼をまとった美しい鳥。その名は「カササギ」。日本では珍しく、16世紀から17世紀初頭にかけて朝鮮半島から連れ帰られたと言われています。現在でも主な生息域は佐賀県に集中しており、東日本ではまず見かけることのない野鳥です。

ちなみに「カササギ」という名ですがサギ科ではなく、カラス科に属します。県の鳥にも指定されており、「カチガラス」の愛称で親しまれる、アイドル性の高い鳥です。翼を広げて飛ぶ姿は特に美しく、初めて見れば見とれてしまうのは間違いありません。

地平線か水平線か見分けがつかない広大な光景。もはやその両方としか言いようがありません!!有明海は遠浅で、潮か引けば全体で188平方キロメートルの干潟を有します。写真は「道の駅鹿島」から撮影した様子。海と空に抱かれた文句なしのパノラマビュー。このような光景が日常的に広がっています。言葉では語りつくせない爽快感です!!

有明海では、個性豊かな干潟の生物に出会うことができます。その代表選手が「ムツゴロウ」。特徴は大きく張り出した目!ぷっくりとした顔つき!運が良ければ大きく跳ねたりする様子を見かけることもあります。

また、シオマネキやハゼなどが観察できます。干潟の生物は個性的な顔つきのものが多いので、目撃したらおっかなびっくりしますが、次第にその愛らしさに魅了されることでしょう。

「笑う門には福来る」と言いますが、佐賀には満面の笑みをたたえた「えびす様」があらゆる街角に!「赤ちゃんえびす」や「ハンサムえびす」など、どれも個性豊か。見かければ思わず、こちらも笑顔になってしまうこと必至です。

長崎街道(北九州から佐賀市を経由して長崎に至る江戸時代に整備された道)を中心として、商売繁盛を願ってえびす様が置かれるようになったと言われています(諸説あり)。中でも佐賀市は格段に多く、佐賀市観光協会によると、なんと800体以上存在しています。古いものは修復されつつ、さらに新たなえびす様が増え続けています。

もちろん、佐賀市以外でも見かけることができますで、移動中も是非注意深く探して、幸せオーラを分けていただきましょう!!

佐賀平野は視界を大きく遮るような高い建物が少ないため、空がとても広く感じます。したがって朝焼けも壮大です。ホテルからでも、条件がそろえばこのような朝焼けが見られるんです!!空の広さと、朝焼けの神々しさが相まって、まるで映画のワンシーンに飛び込んでしまったかのような感動体験ができます!
(文:咲田 みつる)

外部リンク

cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_ce25e5cf9768_【三重】夕日の絶景!NEMU RESORTで「宵空感動体験」 ce25e5cf9768 0

【三重】夕日の絶景!NEMU RESORTで「宵空感動体験」

2019年11月1日 13:48 トラベルjp 旅行ガイド

「都会の喧騒から逃れたい」と感じているあなたへ。大自然の幻想的な世界で、現実逃避してみてはいかがでしょうか。

三重県・伊勢志摩国立公園に建つホテル・NEMU RESORTで、「宵空感動体験」が開催されます。NEMU RESORTの西側に位置する「夕日に染まる浜」から、世界文化遺産に登録されている“熊野古道”を有する紀伊半島へ沈みゆく美しい夕日を眺める夕日鑑賞プログラムです。期間は2019年11月1日(金)~2020年2月29日(土)。

一日で最も空の色が変化する「マジックアワー」の時間帯には、茜色からピンク色へと刻々と変わる夕空も堪能できます。「宵空感動体験」は、宿泊者無料で参加できますよ。

NEMU RESORTは、一年を通して「NEMUならではのグランピング体験」ができるリゾート。揺れる炎を見ながらゆったりと流れるグラマラスな時を過ごせる「焚き火カフェ」や、満天の星空を観察できるスターウォッチングも楽しみましょう。

外部リンク

cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_549e7a3c23d9_【青森】港町で大人気!八戸「みなと食堂」の艶めく濃厚“平目漬丼”がウマイ 549e7a3c23d9 0

【青森】港町で大人気!八戸「みなと食堂」の艶めく濃厚“平目漬丼”がウマイ

2019年11月1日 13:41 トラベルjp 安藤 美紀

美味しい魚が集まる青森最大の港町といえば、八戸です。

八戸には美味しい魚介類を食べられるお店がたくさんありますが、「みなと食堂」は別格!港町にひっそり佇む小さな食堂ながら、第1回全国丼グランプリ 海鮮丼部門1位を獲得したという有名店です。

お店の場所は、JR八戸線で八戸駅から4駅すすんだ陸奥湊(むつみなと)駅で下車します。改札を出て右に曲がり、陸奥湊海鮮市場を通りすぎると約2分でお店に到着します。

「みなと食堂」を探して歩いていると、ついうっかり通りすぎてしまうかも。というのも、お店は小さいうえに、潮風の影響をうけ驚くほど味わい深い外観に…。あまりの渋さに一瞬戸惑うかもしれませんが、安心して中へお入りください。この先にはスペシャルな海鮮丼が待っています!

「みなと食堂」の店内は、外観とは裏腹にとっても清潔。常連さんだけでなく、観光客一人でも入りやすい落ち着いた雰囲気です。

お店に入ってまず目に飛び込んでくるのは、ご主人が書かれた愛嬌たっぷりの手書きメニュー。看板メニューの平目漬丼以外にも、生うに丼や海鮮丼など、まさに湊町の食堂!というメニューがずらりと並んでいます。

こちらが「みなとや食堂」名物の平目漬丼。丼を覆い尽くす平目、さらに丼の真ん中には青森県産地鶏の卵黄がドン!見た目も美しくて、食べる前から“ぜったい美味しい”オーラを放っています。

このあたりでは八甲田山などの雪解け水とともに多くのプランクトンが海に流れるため、近海の魚は、栄養をいっぱい吸収して育ちます。もちろん平目もその1つ。

じゃあ、この平目。さぞかし新鮮なの?ご主人に伺ってみると、意外なことに平目はとれたてではなく少し熟成させたものをお店で出しているそう。

赤身の魚はさばいた後の劣化が早く、なるべく早い調理が望まれます。しかし、白身魚はさばいた後、細胞内の酵素が働き旨味成分が増える特徴があるとか。つまり、少しねかせることで魚の身が熟成し、甘みとコクがぐっと増すのです。

美味しく食べるには、しっかりかきまぜるのがポイント。秘伝のタレがご飯の下の方に眠っているので、よくかきまぜることでタレと黄身が混ざり合い、滑らかで深い味わいになります。

コリコリした食感の平目を、タレ&黄身にからめていただけば、今まで食べたことがない驚愕の美味しさに出会えます。これで1杯1050円。満足度がかなり高いです!

2度目の来店なら、限定7食の「漁師の漬丼」(1850円)にトライしてみましょう。

丼の上には、9種類の海鮮がびっしり!ふっくら甘いカニ、歯ごたえのあるイカ、肉厚なホタテ、甘海老、マグロ、イクラ…など、1つ1つがツヤツヤで新鮮そのもの。

海鮮は秘伝のタレに漬け込まれているので、まずはそのまま一口。続いて卵黄と絡めて、まったり濃厚な味わいを楽しんでください。平目漬丼とはまた違う、豪華な一杯に大満足ですよ!

平目漬丼と一緒にいただきたいのが、八戸名物せんべい汁。せんべい汁とは、お汁用の南部せんべいをたっぷりの野菜と一緒に煮込んだ郷土料理です。

野菜の旨味いっぱいのスープが染み込みんだせんべいは、ムッチムチの食感!想像以上に噛みごたえがあって、美味しい一品です。単品だと400円ですが、平目漬丼&せんべい汁セットにすれば100円引きに。平目漬丼との組み合わせも最高なので、ぜひオススメします。

汁物では、地物のウニとアワビを使った「いちご煮」(950円)もおすすめです。全体的にあっさりとした味付け。刻んだ大葉がアクセントになっていて、ウニとアワビの存在感が引き立ちます。

…お箸ですくってみると、こんなにウニが!サイズは小ぶりですが、ボリューム満点。

「みなとや食堂」の朝は早く、営業時間は朝6時から午後3時まで。

朝10時過ぎると次第に混み始めるそうなので、朝食タイムが狙い目です。平目漬丼は、ホテルの朝食を我慢してでも食べたい“究極の漁師飯”。美味しすぎる平目漬丼を味わいに、八戸を訪れてみませんか?
(文:安藤 美紀)

外部リンク

cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_70ee9875d6eb_【静岡】伊豆高原の夜を遊びつくせ!グランイルミ5thシーズン開幕 70ee9875d6eb 0

【静岡】伊豆高原の夜を遊びつくせ!グランイルミ5thシーズン開幕

2019年11月1日 12:50 トラベルjp 長谷川 彩花

600万球が輝く「伊豆高原グランイルミ5th SEASON」のテーマは「Good Day」。訪れるすべての人に伊豆高原で良き日を過ごしてほしいとの願いが込められています。

ゲートをくぐると目の前に現れるのが3万本を超える黄色いイルミネーションが輝く菜の花草原エリア。カピバラなどの動物たちのかわいいイルミネーションもあります。

フォトおすすめポイントの「夢のトンネル」もますます進化し、テンションMAXで見晴らし良い「ウキウキのかけ橋」へいざないます。

色鮮やかな花が並ぶランタン花畑の上にある絶景展望台からは壮大な地上絵のイルミネーションが一望できます。鯉やカエルの他にもたくさんの隠れ地上絵がありますので、探してみてくださいね。

子どもたちや女性に人気なのは、「スイーツランタンエリア」。マカロン、ドーナツ、キャンディ、巨大なバースデーケーキなどが並ぶエリアに大きなタピオカスイーツも仲間入りしました。

より広域になりイルミ全体から見渡せるようになったオーロラが輝く「フルカラーレーザーショー」や幅60メートルの超大型ビジョンで見る「グランビジョンショー」、楽しい曲に合わせ、イルミネーションが踊るように見える「光と音のショー」の3つのショーもグレードアップ。

超大型ビジョン前に現れた工場地帯の夜景や摩天楼のハイパービルディングなど、アッと驚く仕掛けは見逃せません。各ショーは10分間隔で開催中。開始時間を知らせるカウントダウンボードを利用すると効率的に回ることができます。

人気のスポット「イルミ de ZOO」では伊豆シャボテン動物公園からやってきた夜行性動物たちが見られます。活発に動き回り、時には軽快なボルダリングまでみせてくれるキンカジューはみんなのアイドル!餌やり体験では、餌をねだる姿がかわいくてついつい、あげすぎてしまう人が続出です。

他にスローロリス、フクロモモンガ、オオアカムササビ、ヨツユビハリネズミ、モルモットもいますよ。

「のりものと太陽の広場」に2019年7月にオープンした恐竜アトラクション「ディノ・エイジ・カート」ではグランイルミ期間中、恐竜たちもライトアップ。センサーに反応し、暗闇から突然現れる実物大の恐竜は迫力満点です。

じっくり見たい人におすすめなのが、歩いて巡る「ディノ・エイジ・ウォーク」です。子どもに人気のトリケラトプスやかわいいステゴサウルスなど約20体の恐竜を見ることができます。

数々あるアトラクションの中でも一押しなのが、往復400メートルの煌めくレールを疾走する「ジップライン~流星RYUSEI」です。自らも光り、眼下に見えるイルミネーションと一体化する高揚感は、グランイルミならでは。

グランイルミでは遊具も充実しており、リピーター続出の「船型立体迷路KAiZOKU」や小さい子どもも遊べる「ワーキングカーズ」「スカイサイクル極空」など多種多彩です。

中でも光る球体に入り、不安定な水の上を移動する「ナイトバルーン」は、カップルやグループに毎年根強い人気を誇っています。

グランイルミ名物となったロングスライダー「ナイトレインボー」をはじめ、ペアブランコ、ハンギングチェア、光るソファなど無料で楽しめるアトラクションがあるのもグランイルミの特徴のひとつです。

焼き芋やたこ焼きなど温かい食べ物屋台もあるので、遊び疲れたらハンモックでひと休みもいいですね。

イルミを見ながら食事ができる「海賊レストランGRANTEI」は、「海賊たちの宴バーベキュー」など“海賊”にちなんだメニューが並びます。中でも重量1.2キログラムある骨付き肉「海の覇者トマホーク」の大きさは、思わず笑っちゃうほど。

テレビで紹介されインスタ映えメニューとして注目されている「ブルーオーシャンカレー」は、大海原をイメージした青いルーが特徴です。爆弾ハンバーグ、ボルケーノ丼、マグマカレーなどユニークなネーミングのメニューが並びます。その他にも「宝箱山盛りポテト」や「大航海竜巻ウインナー」などサイドメニューも充実しています。

お土産館クリッパーでは、カラフルなレインボー柄のオリジナルベアのぬいぐるみや、優しいパステル調のレインボーユニコーン、レインボー枕など様々なレインボーグッズを取り揃えています。

恐竜のぬいぐるみやフィギュア、海賊グッズ、伊豆ぐらんぱる公園オリジナルの菓子、伊豆の名産品もありますので、お土産選びの楽しい時間を過ごすことができます。
(文:長谷川 彩花)

外部リンク

cat_8_issue_oa-traveljp oa-traveljp_0_a8dc6f169142_【UAE】冬のドバイ観光!アラビアンナイト3泊4日モデルコース a8dc6f169142 0

【UAE】冬のドバイ観光!アラビアンナイト3泊4日モデルコース

2019年10月31日 10:52 トラベルjp 松本 沙織

夏の時期は気温が40度以上になるドバイ。しかし、12月~3月の時期は平均最高気温が18~28度。日中も過ごしやすく観光するには最高の季節!幅広く観光を楽しむ3泊4日のモデルコースをご紹介しましょう。

到着日:世界一のタワーに登ろう!

ホテルは「ダウンタウン・ドバイ(Downtown・Dubai)」周辺が移動に便利です。

早朝に到着したなら、24時間営業のアラビック・レストラン「ザルーブ(Zaroob)」での朝食がおススメ。こちらはドバイに来ると必ず利用するという方もいる人気レストランです。お値段もリーズナブル。

朝食の後に目指すのは、ドバイの観光の目玉とも言える世界一高い塔「バージ・カリファ(Burj Khalifa)」の展望台です。

展望台に入る為には「ドバイ・モール」の地下で先に受付をすませます。必ずパスポートを持参してください。展望台のチケットは、日本から事前予約をした方がお得です。地球上で一番高い建造物から見るドバイの街をお楽しみください。

次に世界最大の商業施設「ドバイモール」を探索します。約1200のショップと200以上の飲食店が入るメガモールです。

ここで必ずおさえておきたいのは、噴き出す水の高さ150m、長さ275m、世界最大級の噴水ショー「ドバイ・ファウンテン(The Dubai Fountain)」。その他にも、水族館の大きな水槽や恐竜の骨など見所満載です。

2日目午前:オールド・ドバイの空気を感じる

アラブの歴史を感じるならば「オールド・ドバイ(Old Dubai)」に行きましょう。特にバスタキア地区(Al Bastakiya)は、異国情緒あふれる景観が広がります。

ここにある「アラビアン・ティー・ハウス・カフェ(Arabian Tea House Cafe)」の朝食はいかがでしょうか。伝統的なメニューが美しく盛り付けられているので写真映えも抜群!半屋外の席は、水色のベールがかけられていてとても素敵。

「アラビアン・ティー・ハウス・カフェ」から徒歩で15分くらいの場所に、伝統的な渡し船「アブラ」の船着き場があります。5分ほどの乗船時間ですが、風が気持ち良い!

ちなみに、船着き場までの途中にドバイの歴史がわかる「ドバイ博物館(Dubai Museum)」もあります。

貴金属店が集まるきらびやかな「ゴールド・スーク(Gold Souk)」。そこには、世界で一番大きい指輪が展示されていて観光名所になっています。日本では見かけないような、豪華な金のアクセサリーの数々に驚きです。

2日目夕方:砂漠でアラビアンナイト体験

ドバイに来たなら砂漠ツアーは外せません。4WDの車で砂漠を疾走する「デザート・サファリ(Desert Safari)」が大人気です。まるでジェットコースターのように激しく砂漠を走ります。車酔いする方はアップダウンを少なくしたツアーも。

夕日でオレンジ色に染まる砂漠はとってもロマンチック。砂漠の夜は肌寒いので、上着を必ず持参してください。

キャンプ場では、ボトルの中に色付けされた砂で絵を描く“サンド・アート”の実演販売をしていることもあります。自分の好きな色や名前入りをリクエストもできるので素敵な思い出になりますよ。

砂漠の中で過ごす時間はまさにアラビアン・ナイト。エキゾチックなベリーダンスのショーなどを見て楽しい時間を過ごします。

3日目午前:世界最大の人工島へ行ってみよう

ヤシの木の形で有名な世界最大の人工島「パーム・ジュメイラ(Palm Jumeirah)」へ「パーム・ジュメイラ・モノレール(Palm Jumeirah Monorai)」で行きます。一番前の車両から見えるのは「アトランティス・ザ・パーム(Atlantis The Palm)」。2008年にオープンした大型リゾートホテルです。

「アトランティス・ザ・パーム」は巨大なので、ホテル全体を写真に収めるのは非常に難しいのですが、モノレールの車窓からならご覧の通り!終点で下車します。

ホテルの中には「ロスト・チェンバー水族館(The Lost Chambers Aquarium)」があります。失われた「アトランティス帝国」をイメージしたミステリアスな水族館です。アラブ風のクッションが床に敷いてあり、くつろぎながら水槽を眺められるようになっています。

3日目午後:リゾートを満喫!

次に人気のリゾート・エリア「ザ・ビーチ(The Beach)」を目指します。ドバイは砂漠のイメージですが、美しいビーチも自慢!おしゃれなカフェやレストランも点在しており、ダウンタウンやオールド・ドバイとはまた違うリゾート地ドバイの顔を見ることができます。

ランチのおススメは「チーズケーキ・ファクトリー(The Cheesecake Factory)」。デザートのお店として有名ですが、食事も美味しいです。食後はもちろんチーズケーキで決まり。2階には屋外席があり、建設中の世界最大の観覧車「ドバイ・アイ(Dubai I)」の姿もバッチリ!

商業施設「イブン・バトゥタ・モール(Ibn Battuta Mall)」に足を延ばしてみましょう。ここには世界で一番美しいと評判の「スター・バックス」があります。天井が高くて装飾が豪華!まるでモスクのようです。
(文:松本 沙織)

外部リンク