cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_ac451371f83a_子どものスポーツ、親が熱くなり過ぎていませんか? 「身代わりアスリート」にしないために ac451371f83a 0

子どものスポーツ、親が熱くなり過ぎていませんか? 「身代わりアスリート」にしないために

〈アディショナルタイム〉

「右だ、右にパス!」「そこでシュート!」。サッカーやバスケットボールなど、子どもの試合を観戦しに行ったとき、つい熱くなって、大声を出したりしていませんか。『ここからはじまる 父と息子のサッカーノート』(はらだみずき著、新潮文庫)は、そんなスポーツ親子のありかたを問う物語。習い事をする全ての親子に読んでもらいたい一冊です。

会社員の草野拓也は9歳の勇翔(ゆうと)のことが心配でたまりません。少年サッカーチームに入団したというのに、一向にうまくなろうとしないからです。高校までサッカー部だった拓也は、試合にほとんど出られないのに悔しさを見せない勇翔にいら立ち、叱り、厳しく指導するようになります。

 あるとき拓也は、無理を承知で勇翔にJリーグの下部組織の入団テストを受けさせます。案の定、結果を残せない勇翔に「おまえはへたくそなんだよ」「この場所で味わった悔しさを絶対に忘れるな」と言い、奮起を促す拓也。勇翔は泣きながら、自分の気持ちを書き留める「サッカーノート」を付け始めるのです。

 「こんどからはボールをこわがらない。わらわれない」「もくひょう。つぎの大会までにレギュラーになる」。期待に応えようとけなげに頑張る勇翔に胸が締め付けられる一方、徐々に指導にのめり込んでいく拓也にハラハラします。ダメ出しを繰り返す姿は、まるで自分を見ているようで恥ずかしくなりました。

 他の保護者との距離感、コーチの起用法への不満、夫婦間の温度差など、リアルな「スポーツ親あるある」が描かれているのは、少年サッカー小説を得意とする作者ならではのもの。中でも特にハッとさせられたのは「身代わりアスリート」という言葉でした。

 文中では、親やコーチに自分の果たせなかった夢を託された子どものことを「身代わりアスリート」と呼び、警鐘を鳴らしています。過度な期待を周囲から背負わされ、応えられず、競技から離れてしまう子どもがいるという事実。過干渉という言葉では片付けられない問題がここに記されています。

 「どうしてちゃんとできないの?」「いいかげんな気持ちでやっているなら、やめてしまいなさい」。子を思うがゆえの厳しいしつけは、多くの親が一度は経験しているはず。しかし、子どもがスポーツをする楽しさを感じられなくなってしまっては元も子もありません。

 指導と虐待の境目はどこなのでしょうか。子どもとの向き合い方を見失ったとき、どうしたらいいのかを、この本は教えてくれます。心当たりのあるパパ、ママはぜひ読むべし。読み終わった後、何かが変わっているはずです。(谷野哲郎)

     ◇

 「アディショナルタイム」とは、サッカーの前後半で設けられる追加タイムのこと。スポーツ取材歴30年の筆者が「親子の会話のヒント」になるようなスポーツの話題、お薦めの書籍などをつづります。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_11c0a4f16636_災害時、猫とどう過ごす? 日野市の本田さん、3・11の経験基に防災本 11c0a4f16636 0

災害時、猫とどう過ごす? 日野市の本田さん、3・11の経験基に防災本

2019年4月10日 11:27 東京新聞

 東日本大震災の経験を基に、猫好きの編集者本田真穂さん(25)=東京都日野市=らが、災害時に飼い猫とどう行動すべきかをまとめた「猫と一緒に生き残る防災BOOK」(辰巳出版)を出版した。「瞬時の判断を迫られる災害時に活用できるよう、イラストを多用して見やすくした」という。(志村彰太)

 本田さんは二〇一一年、当時住んでいた茨城県阿見町で震災に遭遇。水と食料は備蓄していたものの、三日間停電し、ガスも寸断された。雄の飼い猫「はなくそ君」は無事だった一方、取り残された多くの犬猫が保健所などに保護されたというニュースを見て「ペットと一緒に災害を乗り越える方法」に関心を抱いた。

 一六年に辰巳出版に入社後、「ペットと災害」を扱った本がどれぐらいあるか調べると、「思ったより少なく、あっても文字が多くて分かりづらかった」。今後災害が起きても、十五歳と高齢になった、はなくそ君と一緒に過ごしたいとの思いも強まり、出版を自ら企画。防災に強い外部の筆者に執筆を依頼した。

 本はA5判百十二ページ、千四百四円。備えに加え、災害後に「自宅で過ごす」「猫と一緒に避難所に行く」など六つのケースを想定。「ペット可の避難所か、ペットアレルギーの避難者がいないか確認して」といった注意点をまとめている。本田さんは「次は犬バージョンを出すか検討する」としている。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_5664062b4cdc_伊香保に響け!1000人ロック 6月にグリーン牧場で1日限定フェス 「終わらない歌」を演奏 5664062b4cdc 0

伊香保に響け!1000人ロック 6月にグリーン牧場で1日限定フェス 「終わらない歌」を演奏

2019年4月10日 11:25 東京新聞

 全国から集まった千人が一日限定で大バンドを結成し、同じ曲を演奏する「1000人 ROCK FES.GUNMA2019」が六月一日、群馬県渋川市の伊香保グリーン牧場で開かれる。昨年までは群馬ゆかりの「BOOWY(ボウイ)」の曲を演奏していたが、今年は「THE BLUE HEARTS」の「終わらない歌」に変え、さらに幅広い人たちの参加を促す。(市川勘太郎)

 フェスは二〇一七年、渋川青年会議所(JC)の創立五十周年記念イベントとして開かれ、高崎市出身の氷室京介さんや布袋寅泰さんらが一九八一年に結成したBOOWYの「B・BLUE」を演奏した。一回限りの予定だったが、参加者などから存続を求める署名が集まったことから、一八年に「NO.NEW YORK」を課題曲として二回目を開いた。今年はJCの会員や音楽家などでつくる「1000人ROCK実行委員会」が主催する。

 参加者としてボーカル四百人とギター三百人、ベース二百人、ドラム百人を募る。楽器やアンプなどの機材は各自で持ち込む。

 実行委員長の柄沢純一郎さん(37)は「一年に一回、千人が集まって盛り上がれるイベントにしたいので、CMなどで若い人にもなじみのある曲に変更した。昨年の動画などを見て、いいなと思ったらぜひ足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 今年は子どもたちにもフェスに参加してもらおうと、渋川市内の小学五、六年生を対象にギター教室を開き、演奏曲の練習を八回行う。三日には初練習があり、二十人の児童らがギター講師からギターの扱い方などを学んだ。

 演奏参加はチケットぴあで受け付ける。入場料と記念品込みで二千五百円。当日雨天の場合は六月二日に変更。詳細は公式ホームページで確認できる。

 「THE BLUE HEARTS」は甲本ヒロトさんらが一九八五年に結成し九五年に解散。「リンダリンダ」「TRAIN-TRAIN」などのヒット曲がある。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_b24b894ddedb_旨し「鯖燻アヒージョ」 聖徳短大生が南房総の会社と開発 b24b894ddedb 0

旨し「鯖燻アヒージョ」 聖徳短大生が南房総の会社と開発

2019年4月10日 11:20 東京新聞

 聖徳大学短期大学部総合文化学科(千葉県松戸市)の学生4人のアドバイスで、南房総市特産のサバのくん製をアレンジした調味料「鯖燻(サバクン)アヒージョ」が誕生した。今年2月に市内で開催された「第3回南房総名品づくりグランプリ」に出品し、準グランプリを受賞、商品化された。開発に協力し、今春、卒業した4人は「あ(A)えても、混(M)ぜても、か(K)けてもおいしい『AMK』がコンセプト」と若いひらめきをアピールした。(林容史)

 同科「フード・調理ブランチ」コースを専攻した佐藤理子(りこ)さん(20)、阿部詩央梨(しおり)さん(20)、沼崎早香(さやか)さん(20)、戸高春香さん(20)の四人。

 地方の雇用創出や地域が求める人材の育成を目的とした文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」による南房総市との連携の一環。これまで市内の昔話を絵本にしたり、特産の房州うちわのデザインを手掛けたりしてきた。

 昨年六月、市内の食品加工会社アルガマリーナから、サバのくん製を使った新商品の開発に当たり「若いアイデアがほしい」とアドバイスを求められた。当初はラビオリ、ハンバーグ、なめろうなどのメニューを考えたが、「調味料にした方が、いろいろな料理に使えるのでは」と方針転換。サバのくん製を細かく切って、オリーブオイルやニンニクなどで煮込むアヒージョが「サバの風味が一番、生かせる」と結論に達した。

 昨年十一月の文化祭では来場者に試食してもらい、「油の量が多すぎる」という指摘を受け会社側に改良を伝えたという。

 学内の非常勤のデザイナーがパッケージデザインを手掛け、年末に商品が完成、市が一次産業育成のため開催している名品づくりグランプリに名乗りを上げた。プレゼンで四人は「魚をもっと多くの人たちに食べてもらいたい」と訴え、アヒージョを使ったパスタやオムレツ、手巻きずしなどのレシピも考案して紹介した。

小骨がなく食べやすい

 開発メンバーの佐藤さんは「小骨がないから魚嫌いの小さい子どもから、お年寄りでも食べやすい。和洋中、どんな料理にも合います」と笑顔で食レポした。

 指導に当たった講師の長谷川弓子さんは「自分たちがイメージした物が商品化される達成感があったはず。この体験を社会でも生かして」と学舎を巣立った四人にエールを送っていた。

 「鯖燻アヒージョ」は百四十グラム入り千二百円(税込み)。市内をはじめ近隣の鴨川市、館山市、鋸南町の道の駅などで販売している。問い合わせはアルガマリーナ=電0470(47)5477=へ。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_d18fce4bb475_「恋する乙女」テーマに箱根スイーツコレクション 21日まで d18fce4bb475 0

「恋する乙女」テーマに箱根スイーツコレクション 21日まで

2019年4月10日 11:18 東京新聞

 神奈川県箱根町と周辺地域のホテルや美術館、飲食店が一斉に創作デザートを提供する「箱根スイーツコレクション2019」が21日まで開かれている。春と秋に実施してきたのを今年から年1回に集約し、創作に全力を傾注してもらう。

 今回のテーマは「恋する乙女スイーツ」。36店のシェフやパティシエ、菓子職人らが知恵を絞り、新作に挑んだ。箱根町のホテル「天成園」は、チーズケーキやイチゴを入れたハイヒール型チョコ(1日限定20皿)を考案、箱根ナビ提供。すてきな恋を探す乙女心をイメージした。老舗和菓子店も和洋折衷のスイーツで参加している。

 各店が一体となって女性客を呼ぼうと2008年、小田急グループが運営する観光情報サイト「箱根ナビ」の呼び掛けで始まった。担当の渡辺美希さん(27)は「インスタ映えするかわいいデザートばかりです」とPRしている。問い合わせは事務局=電0465(32)6801=へ。(西岡聖雄)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_8c0d3e12d7d0_介護でイライラ→手が出る→罪悪感… 悪循環脱出へ 怒りを記録し、傾向をつかむ 8c0d3e12d7d0 0

介護でイライラ→手が出る→罪悪感… 悪循環脱出へ 怒りを記録し、傾向をつかむ

2019年4月10日 11:16 東京新聞

 家族を介護していてイライラを抑えられず、強い言葉を投げつけてしまったり、場合によっては手が出てしまったり。そんな経験がある人は決して少なくないだろう。こんなつらい介護を脱するためには、怒りを上手にコントロールすることが必要だ。「アンガーマネジメント」の手法を、妻の介護に取り入れた男性の自宅を訪問した。(出口有紀)

 「(妻が)自室で転倒した。なぜ(私に)助けを求めなかったか」。A3判の表に、こうつづるのは愛知県春日井市に住む男性(77)。パーキンソン病で要介護4の妻(76)を八年ほど介護している。表は怒りを記録する「アンガーログ」。怒りを感じた日時や場所、起こったこと、どう感じたか、その怒りの強さは十段階でどのくらいだったのかを書き込む。

 始めたのは昨年秋。妻が枕の中のビーズをベッドの上に広げてしまった。ビーズを拾うだけでも一時間はかかる。「どうしてこんなことやるんだ」。瞬間的に怒りが沸点に達し、妻のほおをたたいてしまった。

 頭では病気のせいと分かっていても、とっさに手が出てしまう。そんな自分に悩んでいると、近くの地域包括支援センターの職員に、アンガーマネジメントを紹介された。

 記録を振り返ると、自分がどんなことに怒りやすいのか、分かってきた。薬が効いてきたときに妻が動き回って何かすると、それが怒りのきっかけになりやすいと把握できた。そこで、妻が動き回りそうな時間帯は、農作業を中断して、家で見守るようにした。

 センターの職員に勧められ、よかったことやうれしかったことも記録する。妻の昼夜逆転が改善し、夜中の失禁がなくなったことも記録し「花まる」と書き添えた。次第に妻をほめるようになった。「ほめるのはいいと分かっていても『できて当たり前』という感じで、しかるだけだった。ほめるようになってから、妻の調子がよくなってきた」と感じる。

 最近、介護で疲れると出ていた痛風に悩まされなくなった。男性は「怒ったり、手を出したりすると自責の念に駆られ、自分にも大きなストレスがかかっていると気付いた。自分の健康管理のためにも続けたい」と話す。

 「まず、自分ができること、できないことを切り離すところから始めるといい。すべてやろうと抱え込むと、自分がつぶれて日々の介護がうまくいかなくなり、罪悪感を持つ、という悪循環になる」。日本アンガーマネジメント協会(東京都港区)の代表理事安藤俊介さん(47)は助言する。

 怒りを感じた時は、強い怒りの持続時間とされる六秒間、相手から離れて待つ。イライラをため込みそうだが、それにはアンガーログが役立つ。「後で機嫌のいい時に、許せるかどうか。許せないとなった時は怒ればいい」

 ただ、認知症などを患う人に怒りをぶつけても、通じにくい場合も。「病気ではどうしようもないが、介護をしていれば許せないことは出てくる。それは普通のこととした上で怒りが起きない仕組みを考えるしかない」と安藤さんは言う。アンガーログで、自分の怒りの傾向をつかみ「次はどうすればうまくいくか、ゲームを攻略するような感じで、気楽にやってみてほしい」と話す。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_3bc9a9780ebe_新紙幣、企業に負担 キャッシュレスと矛盾 3bc9a9780ebe 0

新紙幣、企業に負担 キャッシュレスと矛盾

2019年4月10日 11:14 東京新聞

 政府が九日に発表した紙幣と五百円硬貨の刷新により、小売店のレジや銀行の現金自動預払機(ATM)の改修が必要になるなど、企業は大きな費用負担を迫られる。一方で政府は、現金を管理するためのコストを減らそうと、クレジットカードなど現金以外で支払う「キャッシュレス」を推進しており、政策の整合性が問われる。

 大手の小売りチェーンやスーパーなどでは、支払時に店員が受け取った紙幣や硬貨を識別して釣りを出すレジシステムが普及している。紙幣と五百円硬貨の変更により識別機の改修や入れ替えが必要になる。

 同じように、飲料などの自動販売機や銀行のATMも改修が必要になる見込み。第一生命経済研究所の永浜利広首席エコノミストは自販機とATMの改修に九千七百八十八億円かかると試算した。

 一方で、政府がキャッシュレス化を推進する目的の一つは、現金の勘定や銀行への輸送など管理コストの削減だ。現金の刷新により企業が負担するコストを増やす政策とは整合性がとれない。

 キャッシュレス化を進める立場の世耕弘成経済産業相は九日の閣議後記者会見で「紙幣がなくなるわけではなく、偽造防止の観点から変えるのは当然」と説明した。ただ、現金を使いにくくすることでキャッシュレス化を進めようと高額紙幣を廃止する国もある中、政府は今回の刷新で一万円札を残した。

 BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは「さまざまな側面で政策の整合性がとれておらず、政府が本当にキャッシュレス化をやる気があるのか疑わしい」と指摘した。(吉田通夫)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_9aadaef79170_紙幣刷新 改元祝賀ムード演出 発行予定より5年も早く発表 政権の追い風に? 9aadaef79170 0

紙幣刷新 改元祝賀ムード演出 発行予定より5年も早く発表 政権の追い風に?

2019年4月9日 16:55 東京新聞

 政府は九日、一万円と五千円、千円の各紙幣のデザインを全面的に刷新し、二〇二四年度前半をめどに発行を始めると発表した。最新の技術を用いてすかしの精度を高めたり、ホログラムを導入したりして、偽造防止対策を強化するのが主な目的。一万円札の肖像は「日本の資本主義の父」と呼ばれる実業家の渋沢栄一に変わる。

 紙幣の刷新は〇四年以来で、二十年ぶりとなる。肖像は五千円札が現在の津田塾大学を創立した津田梅子、千円札が「日本細菌学の父」と称される北里柴三郎。あわせて五百円貨幣も素材などを変更し、二一年度前半から製造する。二千円札については流通枚数が少ないことから現行通りとする。刷新後も現在の紙幣は引き続いて使用できる。会見した麻生太郎財務相は「国民各層に広く認められている方を選んだ」と説明した。

<解説>

 政府は新元号「令和」決定から間を置かず、紙幣のデザイン刷新を打ち出した。実際に発行されるより五年も早く発表した背景には、改元に伴う祝賀ムードをさらに盛り上げ、政権浮揚を図る狙いもあるとみられる。

 財務省によると、前回の紙幣デザイン刷新は二〇〇二年八月に発表し、二年三カ月後の〇四年十一月に発行を始めた。今回、発行までの期間を五年程度と見込む理由について、詳細なデザインを固めてサンプルの紙幣を作成するのに二年半、自動販売機メーカーなど民間が準備を進めるのに二年半かかるためだと説明している。

 「たまたま重なったぐらいの話で、(改元に)あわせて発行しようと思ったわけではない」。麻生太郎財務相は九日の記者会見で、新元号と紙幣デザイン刷新の発表時期が近いことについて、「偶然」であることを強調した。紙幣は偽造防止対策を強化する必要があるため、おおむね二十年ほどで様式や図柄を見直す必要があるとも指摘し、「そろそろやらねばならんとは前から思っていた」とも語った。

 だが、あえて発表を大幅に前倒しすることで、「新たな時代の幕開け」を演出したい思惑も見え隠れする。先の新元号決定後、報道各社の内閣支持率は軒並み上昇している。近く統一地方選の後半戦、夏には参院選を控える中、紙幣デザイン刷新まで政権の追い風にしたいという計算ものぞく。 (生島章弘)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_6aee2d4e0b6f_趙亮鎬氏死去 大韓航空中核、財閥会長 「ナッツ姫」の父 6aee2d4e0b6f 0

趙亮鎬氏死去 大韓航空中核、財閥会長 「ナッツ姫」の父

2019年4月9日 16:55 中日新聞社

 【ソウル=境田未緒】韓国の大韓航空を中核とする財閥「韓進(ハンジン)グループ」の会長、趙亮鎬(チョヤンホ)氏が韓国時間(日本時間同)の八日未明、滞在していた米国ロサンゼルスの病院で肺疾患のため亡くなった。七十歳。近年、自身を含む創業家の不祥事が相次ぎ、三月には、大韓航空の株主総会で取締役再任案が否決されたばかりだった。死去を受けて韓進グループの関連株価が上昇した。

 趙氏は創業家の二代目で、一九七四年に大韓航空に入社。九二年に社長となり、二〇〇三年に韓進グループ会長に就任した。一四年に客室乗務員のナッツの出し方に怒って搭乗機を引き返させ、「ナッツ姫」と呼ばれた大韓航空副社長(当時)の趙顕娥(チョヒョナ)氏は長女。妻や次女にもパワハラ問題が浮上し、自身はグループ企業の資金をめぐる背任と横領の罪で一八年に在宅起訴されるなどした。

 死去の報が入った八日、韓進グループの持ち株会社、韓進KALをはじめとする関連株価が上昇。経営体制の刷新への期待が高まったと分析されている。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_a64ba828bc53_<働き方改革の死角>正社員なのに低賃金層拡大 何年勤めても給料上がらない a64ba828bc53 0

<働き方改革の死角>正社員なのに低賃金層拡大 何年勤めても給料上がらない

2019年4月9日 16:55 中日新聞社

 正社員なのに何年勤めても給料が上がらない-。定期昇給制度のない業種が増えている。従来常識では正社員なら年齢や経験とともに賃金が上がる。だが、介護関係や、販売店員などサービス業では正社員で長期間勤めてもわずかしか昇給しない状況が厚生労働省が三月末に公表した賃金構造基本統計調査(二〇一八年)で鮮明になった。政府は「同一労働同一賃金」を掲げ、非正規社員の待遇を正社員に近づけると言うが、実際には正社員「低賃金層」が急拡大している。 (渥美龍太)

 「この業界では、寿退社の意味が普通と違います」。さいたま市の介護事業所で正社員のケアマネジャーとして働く女性(54)は言う。通常は結婚を機に、女性が育児に専念するなどで退社する意味。だが、介護業界では、結婚や出産でお金がかかるようになると、男性も女性も収入増を求め転職していく。「それほど給料は低く、ずっと上がりません」

 女性が五年間の給与明細を取り出した。四年前の月額二十三万円が今は二十万円にむしろ減っている。

 人を支える仕事がしたいと、資格を取って働いてきた。介護士ら約二十人を束ねる責任者として午前九時から午後九時まで毎日十二時間働く。十四年目になるが、定期昇給制度はなく、技能向上も反映されない。やりがい重視で低賃金に耐えてきたが、「これほど上がらないとは」。周りの人は次々辞めていく。「やりがいだけでは限界がある」

       ◇ 

 高齢化に伴い介護福祉業界で、働く人は急増しており、労働力調査によると二〇一八年時点で四百二十二万人。〇三年から二・二倍以上に。にもかかわらず、正社員でずっと勤めても賃金は横ばいだ。

 ほとんど昇給しないのは介護だけではない。賃金構造基本統計によると、販売店員の男性は二十代前半から四十代のピークまで約十万円しか上がらない。保育士はほぼ横ばいだ。

 昇給制度がある自動車組立工場で働く男性は右肩上がりで昇給するが、自動車など製造業で働く人は〇二年の千百万人が一八年の一千万人まで百万人減少、雇用の場として縮小する。

 昇給がなく、一つの会社に勤め続けるメリットが薄れる中、転職に活路を見いだそうとする人も。東京都国分寺市の自動販売機設置会社の正社員の男性(33)は、正社員として就職した料理人を振り出しに派遣の工場労働者、太陽光パネル販売など六つの職を経験してきた。だが、正規、非正規にかかわらず全て時給換算で千~千二百円。「子供が大きくなった時、お金が足りるか」。不安がよぎる。

 都留文科大の後藤道夫名誉教授の試算では、一七年時点で正社員でも一割の人が最低賃金の三割増し未満の低賃金で働く。同名誉教授は「非正規だけでなく正社員にも低所得者が急増していることに目を向けるべきだ」と警鐘を鳴らす。

外部リンク