cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_7f0ef19d3921_"お花見"に公費5000万円!? 安倍首相の「桜を見る会」 予算の3倍、大幅オーバー 7f0ef19d3921 0

"お花見"に公費5000万円!? 安倍首相の「桜を見る会」 予算の3倍、大幅オーバー

2019年5月14日 16:55 東京新聞

 首相が各界の著名人らを招いて毎年4月に東京・新宿御苑で開く「桜を見る会」の費用が、2018年度は予算の3倍となる約5200万円に上ったことが、13日の衆院決算行政監視委員会で明らかになった。第2次安倍政権の過去5年間、同じ額の予算を計上しているが、実際の支出は毎回、予算を上回り、増え続けている。参加者の増加が主な原因だ。

新宿御苑 参加者増え続けて1万8200人

 会の予算は、14年度以降は毎年度1760万円余。支出は14年度の約3000万円から年々増加。参加者も14年度の約13700人から、18年度は約1万7500人に増えた。本年度は4月13日に開かれ、参加者は約1万8200人に膨らんだ。支出は確定していない。

 費用は、会場設営や警備費、飲食費に充てられる。内閣府の担当者は同委員会で予算額について「準備、設営に最低限必要となる経費」と説明。その上で「実際は金属探知機などのテロ対策強化や参加者数に応じた飲食提供など、予算額を上回る経費がかかる」と語った。不足分は内閣府の「一般共通経費」で賄うとした。共産党の宮本徹氏の質問に答えた。本年度は作家の百田尚樹氏やタレントのケント・ギルバート氏らが招待された。

 宮本氏は委員会で「参加者が膨らみ、予算にない支出が増えている。国民の理解は得られない」と批判した。 (村上一樹)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_2ddf76414d4e_猫アートにキュン♡ 歌川広重、竹久夢二…江戸~平成の作品が大集合  2ddf76414d4e 0

猫アートにキュン♡ 歌川広重、竹久夢二…江戸~平成の作品が大集合 

2019年5月14日 16:55 東京新聞

 猫が描かれたアートや、猫を愛した芸術家の作品を集めた「アートになった猫たち展 ~今も昔もねこが好き~」が千代田区立日比谷図書文化館で始まった。6月23日まで。(長竹祐子)

日比谷図書文化館で、6/23まで

 江戸時代から平成までの浮世絵や絵画、書籍など約120点を、国際浮世絵学会の中右瑛(なかうえい)常任理事による監修で集めた。前半と後半で作品の入れ替えがある。猫の喜怒哀楽が、愛猫家の芸術家の手で生き生きと表現され、今昔の「猫ブーム」を知ることができる。

 歌川広重作「名所江戸百景 浅草田圃酉(とり)の町詣」など、浮世絵で小道具として添えられた猫が、人々の暮らしの中で存在感を増して、パロディーとして擬人化されたり、三代歌川豊国作「古猫の怪」などで化け猫として芝居の名場面で登場したりと、アートの主役になる様子がわかる。

 大正ロマンを代表する美人画の巨匠、竹久夢二作「黒猫を抱く女(柳屋版)」は、女性が黒猫を両手で胸元に抱き寄せる様子が描かれ、傑作とされている。また日本とフランスで活躍した画家、藤田嗣治は「自画像」に共に猫を描くなど、猫への深い愛情が作品から伝わる。

たくさんのネコに囲まれ癒されて

 同館広報の並木百合さんは「今も昔も変わらない猫の姿や人との関わりが、作品から伝わる。子どもから大人まで、たくさんの猫に囲まれて癒やされてほしい」と見どころを話した。

 観覧料は一般300円、大学・高校生200円、中学生以下、千代田区民、障害者と付添1人まで無料。

 講演会「黒猫奇譚 今も昔も猫好きな芸術家たち~夢二・漱石から国芳まで~」は16日午後7時~8時半。講師は監修の中右さん。参加費500円。定員200人。申し込みは同館ホームページまたは電話=03(3502)3340=へ。 

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_fe832694bac5_レイプは「抵抗が不可能」と証明しなければ無罪…おかしい! 被害者団体が刑法改正を要望 fe832694bac5 0

レイプは「抵抗が不可能」と証明しなければ無罪…おかしい! 被害者団体が刑法改正を要望

2019年5月14日 16:55 東京新聞

相次ぐ無罪判決、注目集まる

 父親から娘への性暴力など、性犯罪での無罪判決が各地の地裁で相次いでいる。性暴力被害の当事者団体「スプリング」は十三日、「司法の判断は被害実態を反映しておらず、市民感覚とずれている」として、法務省と最高裁に刑法改正を求める要望書を出した。被害者にとってあまりに重い「暴行・脅迫要件」が見直されるか、注目されている。(出田阿生)

「暴行・脅迫要件」あまりに高いハードル

 現行法でレイプが犯罪と認められるには、被害者が性交に同意していないことだけでなく、相手からの「暴行または脅迫」によって抵抗が不可能だった証明をしなければならない。二〇一七年に刑法の性犯罪規定が一部見直されたが、この要件は温存された。

 要望書では、法務省に対し、この規定が「あまりにも高いハードルとなっている」として撤廃を含めた見直しを求めた。最高裁には、裁判官に、被害者がどういう状態に陥るかなど、医学的、心理学的に教える研修を徹底するよう訴えた。

「被害者は同意していない」認定しても無罪

 改正刑法には、三年後をめどに見直すという付帯決議があり、来年に迫る。スプリングの山本潤代表は「一連の無罪判決では、被害者が性行為に同意していないと認定されながら、無罪になっている。当事者として苦しい。刑法の見直しの審議を始めてほしい」と訴えた。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_708f1c976c69_俳優・山西惇さん 3歳の長女が「初恋」相手の結婚に号泣!〈家族のこと話そう〉 708f1c976c69 0

俳優・山西惇さん 3歳の長女が「初恋」相手の結婚に号泣!〈家族のこと話そう〉

子ども4人の朝は戦争 朝ご飯はなるべく一緒に

 10年前に19歳年下の妻と結婚し、4人の子どもがいます。長女が小学4年、長男が小学2年、次女は幼稚園年長組、三女は年中組です。

 朝早い仕事があるとき以外は、朝ご飯は子どもたちと一緒に食べようと決めてます。特に平日の朝は戦争みたいで妻一人だと大変なので。なかなかご飯を食べないし、何を着るかで何十分も悩む。けんかもしょっちゅうで誰かが怒ってるか泣いてるか。今朝もイチゴが二つしか余らなくて誰が食べるかでけんかです。

「パパ、舞台頑張ってね」次女の折り紙にホロリ

 じゃんけんだと年齢差があってテクニックに差があるので、妻が割り箸でくじを作って一本ずつ引いて順番を決めます。例えば、テーブルの席順。パパとママの間の席が一番人気があって毎回争奪戦です。お風呂は子ども4人が一緒に入りますが、ここでもけんかの声が聞こえてくる。お姉ちゃんが怒って下の子がむくれて泣いちゃうということが多いですね。お姉ちゃんはちゃんと弟妹の面倒を見ていると自信があるんでしょう。子育ては子どもも含めたチームプレーだと思っています。

 家の中で折り紙がはやってるんですけど、折り紙の裏に手紙を書いて誰が一番きれいな封筒をつくれるか、4人で競ってます。手紙は「パパ、ママ、また一緒に遊ぼうね」というような感じです。次女が幼稚園年中組だった時、折り紙でピアノを折って、ピアノの脚の部分に「パパ。舞台頑張ってね」って書いてきたのには感激しました。

 長女は今ダンスにはまっていて、週5日もバレエだのジャズダンスだのいろんな教室に通ってます。「私、踊ってないと死ぬ」なんて言って。小学4年でそこまで好きなことが見つかるなんて。自分たち夫婦がそうだったから、子どもたちにも自分の好きなことを仕事にできるようになってほしいな、と思います。

長女の初恋は藤原竜也さん 結婚を聞いて30分泣いた

 今度の舞台「木の上の軍隊」は6年前が初演。当時3歳の長女が楽屋のモニター越しに初めて僕の芝居を見ました。共演した藤原竜也君に楽屋で会って、一目ぼれしたんですよ。初恋です。後に彼が結婚したと聞いて30分も泣いたんですから。3歳でも女の子はかっこいい人が好きなんだと実感しましたね。子どもたちには、体で表現することや、絵を描いたり工作したり文章を書いたり、何か表現することが楽しいと思ってほしいですね。

 子どもができて、「これでいつ死んでもいいや」と「こいつのためにまだまだ死ねないぞ」と、両方の思いが湧いてきたのを感じました。僕の芝居について「どうだった」と一緒に話せるようになるまでは、頑張ろうかな。 

山西惇(やまにし・あつし) 1962年、京都市生まれ。テレビ朝日系「相棒」シリーズで「ヒマか?」と主人公に呼び掛ける警視庁の”暇課長”役など、演技派俳優として活躍中。11日から東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターで始まった、こまつ座の舞台「木の上の軍隊」に出演。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_5414c6c9f819_飛行機代の恩人、見つかった 高校生が感激… 落語で似た話がある 5414c6c9f819 0

飛行機代の恩人、見つかった 高校生が感激… 落語で似た話がある

2019年5月14日 12:00 東京新聞

〈コラム・筆洗〉5月14日付

 奉公先のお金をなくし、橋から身を投げようとしていた女がいた。これを見かけた小間物屋の次郎兵衛さん。五両の金を与えて思いとどまらせる。

 女はお礼をしたいと後で思ったが、名も町所も聞いていなかったことに気がつく。あの旦那にもう一度会わせてほしい。そう信心し、その三年後…。落語「佃(つくだ)祭」である。

 あの噺(はなし)に似ていると思った人もいるか。那覇空港駅で財布をなくし、困っていた男子高校生に男性が声を掛け、飛行機代の六万円を差し出したという話題である。高校生はやはり名前を聞きそびれていた。

 江戸時代とは違い、さすが高度情報化社会である。地元紙の報道などで恩人の身元が分かった。埼玉県の医師猪野屋(いのや)博さんとおっしゃる。

 「この人は親切の国から親切を広めに来た人だよ」。落語によくある言い回しが浮かぶ。自分ならと考える。赤の他人に大金を差し出すことはおろか、声を掛けることにも自信がない。

 落語では三年後、渡し船に乗ろうとした次郎兵衛さんを女がたまたま見かけ引き留める。次郎兵衛さんにはこれが幸いする。船は事故で沈没し、救った女に救われる結果に。まさかそんなことは起こるまいが、同僚から「だまされたんだよ」と言われていた猪野屋さん。自分を捜してくれた高校生の正直さに救われたということだろう。それにその高校生、やがて飛びきり親切な大人になる。

(写真は那覇市の高校生、崎元颯馬さん。身元を確認せず別れた男性を、地元紙を通じて捜した。記事を知った埼玉県の医師が申し出て、「お礼を言える」と胸なでおろした=10日、那覇市で)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_11016c5c9b83_子どもの機転でラッキー「400万人目」 川の博物館から島田さん一家に記念品 11016c5c9b83 0

子どもの機転でラッキー「400万人目」 川の博物館から島田さん一家に記念品

2019年5月13日 16:55 東京新聞

 埼玉県立川の博物館(寄居町小園)の入館者が400万人を突破した。1997年8月の開館から約22年かけ、大型連休中の今月5日に節目に達した。

 400万人目となったのは熊谷市の会社員島田絢也(じゅんや)さん(39)一家。妻の千加子さん(37)、長男の悠真君(8っ)、長女の香穂ちゃん(3っ)と共に花束や置き時計の記念品を贈られた。秩父方面に車で遊びに行く途中、渋滞が激しかったため、悠真君の提案で行き先を博物館に変更したという。

 幸運を引き当てたことに「(川の博物館は)友達とよく遊びに来る大好きな場所」と悠真君。高校生の時以来、二十数年ぶりに訪れたという絢也さんも「子どものおかげで良い思い出ができた」と喜んでいた。

 同博物館ではシンボルの木製大水車が老朽化のため解体工事中。直径23メートルで開館当初は日本一の大きさを誇っていたが、2004年に岐阜県の道の駅に完成した同24メートルの水車にその座を奪われていた。新しい水車は同24.2メートルで、ナンバーワンに返り咲く予定。

 問い合わせは同博物館=電048(581)7333=へ。(渡部穣)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_d32e23721ca8_上皇ご夫妻の仮御所、羽田新空路のほぼ直下 騒音に懸念…専門家「くつろげる環境とはほど遠い」 d32e23721ca8 0

上皇ご夫妻の仮御所、羽田新空路のほぼ直下 騒音に懸念…専門家「くつろげる環境とはほど遠い」

2019年5月13日 16:55 東京新聞

 政府が二〇二〇年までに運用を始める予定の羽田空港新飛行ルートのほぼ直下に、上皇ご夫妻が仮住まいされる高輪皇族邸(東京都港区)があることが分かった。旅客機が日中、上空約五百四十メートルを一時間に約三十機通過する。皇族邸や周辺の住宅地では「日常的な会話が妨げられる程度の騒音にさらされる」と専門家は指摘する。

「日常会話が妨げられる程度の騒音」

 羽田新ルートは二〇年七月に始まる東京五輪・パラリンピック前の運用開始を政府が目指す。南風が吹く午後三~七時に、羽田空港へ着陸する国際便が都心上空を通過する。

 新天皇の即位に伴い、上皇ご夫妻は今夏以降にルート下にあたる高輪皇族邸に転居し、仮住まいされる(仮住まい後は仙洞仮御所に改称)。東京・元赤坂の赤坂御所などの改修が完了するまでの間、最長で約一年半を過ごすことになる。

 国土交通省の説明によると、新ルートで旅客機はおよそ二分間に一度、皇族邸敷地の西約百メートルの上空約五百四十メートルを通過。国際線に用いられる大型機の場合は最大七五デシベル、中型機では最大七〇デシベルの騒音がある。

宮内庁「お伝えし、ご理解いただいた」

 飛行機の騒音に詳しい北海道大の松井利仁教授(環境衛生学)は、この値について「通常の会話の約二~五倍の音量に相当する。窓を開ければ屋内でも意思疎通に支障が出る。静かにくつろげる環境とはほど遠い」と指摘する。

 上空五百四十メートルを飛ぶ航空機の騒音の大きさが半分になるには、飛行ルート直下から一・五キロメートルほど離れる必要があり、「皇族邸周辺の住宅や公共施設でも、体感として同程度の負担を感じる」と分析する。

 新ルートでは並行する二本の滑走路に進入する航空機の衝突を防ぐため、機体に電波を発射し直線経路での降下を指示する計器着陸装置(ILS)を用いる。このため、国交省首都圏空港課は「地上にどんな施設があろうが、ルートの変更はできない」としている。

 宮内庁幹部は「皇族邸が羽田新ルートの下にあることは承知している。上皇ご夫妻にはお伝えし、ご理解をいただいた」と話している。(皆川剛、小松田健一)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_3e55fead691d_日本で一番アイスクリームを食べる街はどこ? 支出額の上位2県は北陸 3e55fead691d 0

日本で一番アイスクリームを食べる街はどこ? 支出額の上位2県は北陸

2019年5月13日 16:55 東京新聞

〈首都圏 おもしろランキング〉アイスクリームの支出額

 五月九日はアイスクリームの日。消費拡大を願い、東京アイスクリーム協会(現日本アイスクリーム協会)が、前回の東京五輪開催年の一九六四(昭和三十九)年のこの日、記念事業を開催したのをきっかけに制定した。

 日本人が初めてアイスクリームを製造、販売したのは一八六九(明治二)年。咸臨丸(かんりんまる)で渡米した幕府派遣の使節に加わったとされる町田房蔵(ふさぞう)が帰国後、横浜・馬車道(ばしゃみち)通りの店舗で「あいすくりん」を提供した。価格は金二分(五十銭)。当時の大工の日給に相当し、白米十キロほどの価格で庶民には手が届かない高級品だった。「横浜沿革誌」によると、店は外国人が立ち寄るぐらいで繁盛はしていなかったという。

 いまでは手ごろな価格で家庭でも親しまれている。最新のアイスクリーム・シャーベット部門の家計調査では、九市が一世帯あたり支出額で年間一万円を超えた。

 金沢市は二〇一一年以降、五度も首位に立った「アイス王国」。チョコレートや和菓子など菓子類の消費額も多い。甘味好きの背景には茶の湯文化も。加賀藩が茶道に力を入れ、和菓子文化も発達。信仰心のあつい土地柄が手伝い、仏事の供え物などで和菓子は庶民へと広がっていった。

 支出額が多いさいたま市だが、埼玉県はアイスクリームの出荷額が二年連続で日本一。出荷額が高い理由を同県統計課は「大規模なアイスクリーム工場が県内にあるからではないか」としている。産出事業所数は八で、出荷額は二位の群馬県(事業所数十一)、三位の静岡県(同六)と続く。(目黒広菜)

◇アイスが食べたくなる気温は?

 「アイスクリーム白書2018」によると、アイスクリームがよく売れるのは最高気温が25度を超える夏日。真夏日(30度超)はシャーベット、猛暑日(35度超)はかき氷が人気という。ランキング上位5市の調査期間中の7、8月の平均気温は26・5度。アイスが食べたくなる気温に近いことも、消費が増える理由の一つといえそうだ。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_5bce84a11773_「異邦人」から40年、久保田早紀はキリスト教の音楽宣教師になっていた 5bce84a11773 0

「異邦人」から40年、久保田早紀はキリスト教の音楽宣教師になっていた

2019年5月13日 16:55 東京新聞

【書く人】『ふたりの異邦人 久保田早紀*久米小百合 自伝』音楽宣教師・久米小百合さん(61)

 時代を超えて愛される歌は神様からの恩寵(おんちょう)かもしれない。一九八〇年代のシルクロードブームが兆していた七九年、そんな一曲「異邦人」でデビューしたシンガー・ソングライターの久保田早紀さんは今、久米小百合という本名で、音楽を通してキリスト教を伝える音楽宣教師になっている。

 昨年還暦を迎え、今年は「異邦人」から四十年。日頃の活動を知る編集者から自叙伝の出版を勧められ、これまでの歩みを両親の生い立ちにまでさかのぼって一冊につづった。大学生の一人息子は「早過ぎる。まだ何者にもなっていない!」と指摘した。「ほんとにそうです。すみません…」と恐縮する姿に素直で飾らない人柄が垣間見えた。

 ♪子供たちが空に向かい 両手をひろげ 鳥や雲や夢までもつかもうとしている-。西域への憧れをかき立てた「異邦人」は百四十万枚以上を売り上げたが、大きなステージでスポットライトを浴びることになじめず<芸能界での私は、まさに“異邦人”だった>。

 悩む渦中で自分の音楽のルーツに帰ろうと足が向いたのが教会だった。仏壇にお線香が香る家庭で育ったが、小学三年ごろ、賛美歌にひかれて日曜学校に通っていた。芸能活動のさなかに洗礼を受け、音楽仲間だった久米大作さんとの結婚を機に五年で引退。神学校で学び始めた。「聖書を学ぶんじゃなくて生きてください!」という教授の言葉や「キリスト教で一番大切なものは愛」という教えは信仰の礎になった。

 結婚して十二年間、子どもが授からず「百二十パーセント諦めていた」が、三十九歳で出産。「子育ては大変なこともあったけれど、それも含めて恩寵」と感じる。子育てが一段落した後は神学大学に通い、大学院の博士課程まで修了した。現在は、お茶を飲みながら聖書や賛美歌について話す講座「バイブルカフェ」を都内のカルチャーセンターで開いている。

 自伝は信仰がベースになっているものの、七〇年代に青春を送った世代の世相史という魅力も放つ。NHKの音楽番組「ステージ101」に夢中になり、ユーミンのLPを必死でコピーし、作家・村上龍さんのデビュー作『限りなく透明に近いブルー』に刺激され、短大の文芸部の扉をたたく…。「自分の話を読んだ気になるとあっちこっちで言われます。私の自伝でなく、こんな時代が私にもあったよね、と思っていただけたらいいな」と笑った。

 いのちのことば社・一九四四円。(矢島智子)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_0c614a1c8e16_レイプドラッグの被害告白 ビール2杯で記憶ぷっつり 気付けば翌朝、ホテルで裸に 0c614a1c8e16 0

レイプドラッグの被害告白 ビール2杯で記憶ぷっつり 気付けば翌朝、ホテルで裸に

2019年5月13日 16:55 東京新聞

 飲食物に睡眠薬などの薬物を混入され、意識や抵抗力を奪われた上でレイプされる被害が後を絶たない。性暴力に悪用される薬物は「レイプドラッグ」と呼ばれ、体外に排出されると証拠が残りにくく、泣き寝入りする被害者も多い。被害に遭った東京都内の会社員女性(36)が本紙の取材に応じ、「身体も心もズタズタに傷ついた被害者が声を上げるのは難しい」と語った。(中村真暁)

職場で知り合った60代男性から突然、連絡が

 「電話をください」。今年一月、女性のもとにメールが突然届いた。送り主は、十年以上前に職場で知り合った同業種の六十代男性。二人だけで会ったことはなく、最後に顔を合わせたのは五年も前だった。電話すると、「起業する意思があれば顧客を紹介する」と言われ、数日後、飲食店で落ち合った。

 男性の話は女性にメリットが多く、打ち合わせをしながら二軒目のバーへ。酒には強い方だったが、ビール二杯を飲んだ後、記憶がぷっつりと途絶えた。

 翌朝に気付くと、男性と裸で一緒にホテルのベッドに寝ていた。硬直していた体は次第に動くようになり、急いで服を着てタクシーに飛び乗った。

警察や病院に行くことも考えたが…足がすくむ

 最初は動転し、何があったかも分からなかったが、どう考えてもおかしい。席を立ったすきに、飲み物に何か薬を入れられたのでは-。「私は性被害に遭ったんだ」。そう気付いたという。

 警察や病院に行くことも考えたが、男性警察官から根掘り葉掘り聞かれた性被害者の報道を思い出し、足がすくんだ。あいまいな記憶を説明しても立証は難しいように感じられ、とにかく「忘れたい」と普段通りに出勤し、忙しさで不安を埋めた。

勇気を振り絞って証言「次の被害を防げるかも」

 だが、心に刻まれた傷は深い。背後に男性がいると恐怖を覚える。突然気持ちが落ち込んで「死にたい」と思う。「人生を汚されてしまった自分」と友人の間には壁ができた。被害者の自分を責めては「私は悪くない」と必死に思い直す。

 性犯罪が報じられると、被害者がネットなどで批判される二次被害もある。「警察などに訴えるべきだけど、性犯罪の被害者だと、人から思われたくない。忘れる方が楽だと思ってしまう」と殻に閉じこもった。

 それでも女性は「なかったことにできない」と本紙にメールを送った。勇気を振り絞って証言したのは、「次の被害を防げるかもしれない。性犯罪を助長したくない」との願いからだった。

◆アルコールで効果増強「1錠でも記憶失う」

 警察庁によると、睡眠薬などの使用が明らかになっている強制性交等や強制わいせつなどの検挙数は二〇一八年が四十七件、一七年が八十五件。病院で処方された薬を不正に使用するケースが多かった。今年二月には、レイプドラッグの手口で女性を乱暴したとして、医師と研修医の男二人が警視庁に逮捕された。

 レイプドラッグに詳しい旭川医科大の清水恵子教授は、アルコールと一緒に飲むと効果が増強し、「ビール一杯と睡眠薬一錠でも記憶を失う」と指摘する。「記憶がない体験は、薬物を投与された可能性を示す。被害者は一刻も早く、警察などの外部機関に相談を」

 性被害者を支援するNPO法人「レイプクライシスセンターTSUBOMI」代表理事の望月晶子弁護士は、「妊娠や感染症のおそれがあり、被害者はまずは産婦人科などの病院へ」と呼び掛けるとともに、各都道府県にある「ワンストップ支援センター」の利用を促す。行政が警察や弁護士、病院と連携するなど必要な支援を提供している。

 各警察本部の性犯罪被害相談窓口につながる全国共通の短縮ダイヤルも設けられている。番号は#8103で語呂は「ハートさん」。警視庁では希望すれば女性捜査員が対応する。「体内などに証拠が残る早い時期がいいが、力になれるかもしれない。勇気を持って相談して」(捜査一課)

 今回本紙に証言した女性には、こうした対処方法を伝えた。女性は弁護士などに相談を始めている。

外部リンク