cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_732d1f887c34_性依存症は専門治療を 回復可能な病気「偏見なくしたい」 732d1f887c34 0

性依存症は専門治療を 回復可能な病気「偏見なくしたい」

2019年3月12日 11:22 東京新聞

 公に語られることの少ない性依存症がテーマの漫画「セックス依存症になりました。」が、集英社のインターネット上のコミックサイトで連載され、話題だ。性的な衝動をどうしても抑えることができず、繰り返し浮気をしたり風俗店に通ったりする行動は、治療が必要な病気であること、回復が可能なことを作者の実体験を基に紹介し、正しい理解を呼びかけている。(編集委員・安藤明夫)

性欲の問題に矮小化されがち…あえて作品化

 作者の津島隆太さんは、首都圏在住の四十代の漫画家。昨年四月に同社のサイト「週プレNEWS」で始まった連載は、毎週金曜に更新され、現在四十四話まで無料公開されている。

 津島さんは、若い時から多くの女性と、次々に性的な関係を持ってきた。しかし、数年前、同居していた若い女性に以前の恋人との仲を疑われ、激しい暴力を受けたことをきっかけに、精神的に不安定になった。

 心療内科を受診すると、他人に比べて高い性的なものへの関心、すぐに性行為を求めてしまうなど女性との付き合い方のいびつさを指摘された。

 また、幼少期に父親から虐待を受けた経験が、相手をコントロールしたいという欲望につながっていることにも気付く。

 診断の結果は「性依存症」。医師から「病気であることを自認することが治療への第一歩」と指導され、カウンセリングなどを経て、性依存症者の自助グループを紹介された。

 出会ったのは、痴漢や盗撮、下着窃盗などの経験者。売春をやめられない女性もいた。当初は「この人たちとは違う」と腰が引けたが、過去の体験を隠さずに話し、再び問題を起こさないよう支え合う姿に心が動いた。

 津島さんもとうとう、誰にも話せずにいた「性行為をすることで女性の心を支配したい」という衝動について打ち明けた。

 回復への道のりは長く「物語はまだまだ続きます」と津島さん。体験の作品化を思い立ったのは、性依存症への偏見をなくすため。「芸能人がお酒や薬物で問題を起こせば、依存症、つまり病気と認識されるようになったけれど、性の問題は個人の問題として人格を攻撃されるだけ。治療が必要で、回復もできることを多くの人に知ってほしい」と話す。単行本にまとめて出版するのが次の目標だ。

 漫画を監修した大森榎本クリニック(東京)の精神保健福祉部長斉藤章佳さんは「性依存症は、まだ知名度が低く、性欲の問題に矮小(わいしょう)化されて語られることが多い」と指摘。漫画にはさまざまな当事者が登場するが、「どの人もその行為によって社会的、身体的、経済的に損失を受けているのに、やめられない。それが依存症。作品を通して正しい理解が広がり、一人でも多くの人が専門治療を受けるようになることを願う」と話している。

 <性依存症> 性交渉やポルノへの過度な執着、痴漢行為、強迫的な売買春、性的ないたずら電話などの行為に性的な興奮や刺激を覚え、自分でコントロールできなくなる状態を指す。アルコール、薬物などの「物質依存」に対し、ギャンブル、買い物依存などと同じ「行動依存」に分類される。精神医学の世界では、依存症に含めることに賛否両論があり、治療できる医療機関や自助グループはわずか。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_9d8f8bfbc3b9_「日本の食品は安全」アピールが逆効果になることも… 東日本大震災8年、輸入規制なお51カ国・地域 9d8f8bfbc3b9 0

「日本の食品は安全」アピールが逆効果になることも… 東日本大震災8年、輸入規制なお51カ国・地域

2019年3月11日 16:55 東京新聞

 東京電力福島第一原発事故から八年を経た今も、五十一カ国・地域が日本の農林水産物に輸入規制をかけている。このうち、韓国や中国、台湾など近隣六カ国・地域は、東北や関東産の食品の輸入停止を続けている。政府は、各国の政府関係者らに被災地で実際に食材を味わってもらう体験型の風評対策に本腰を入れている。(大杉はるか)

事故直後は81カ国・地域だった

 外務省によると、事故直後に八十一カ国・地域が規制をかけた。その後、日本が食品の自己規制基準を設定したこともあり、各国の規制解除が徐々に進んだ。

 これまでに完全撤廃したのは三十カ国・地域。昨年はトルコやブラジルなど四カ国が完全撤廃した。新潟県産米だけ産地証明書付きで輸入解禁した中国のように、一部の規制を緩和した例もある。

 政府は被災地の食品輸出に向け、一七年十二月に復興庁を中心に関係十二省庁で風評対策戦略を決めた。復興が進んでいることを伝え、現地で福島県産品を食べてもらうことが柱だ。

 太平洋十七カ国の首脳による「太平洋・島サミット」は一五年、一八年と二回続けて福島県いわき市で開催。海外メディアに被災地の状況を紹介したり、各国大使に現地の食材を味わってもらうイベントを開催したりしている。

「相手国に合わせせていくしかない」

 こうした取り組みにもかかわらず、風評は払拭(ふっしょく)できていない。福島や北関東など五県の全食品について輸入停止措置を取っている台湾は、昨年十一月の住民投票で禁輸継続を決めた。

 東北を中心に八県の水産物輸入を停止している韓国に、日本は世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きを要求。昨年二月に紛争処理小委員会が「規制には科学的根拠がない」との見解を出したが、韓国は上訴した。

 外務省経済局の担当者は「安全を強調すると否定的なイメージを呼び起こして逆効果になることもある」と風評対策の難しさを指摘する。懸念する点も国ごとに異なることから、担当者らは「相手国に合わせ、地道にやっていくしかない」と口をそろえる。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_8303c3c49af1_7歳の少女は生きるために盗んだ。捕まってボコボコにされた…東京大空襲で親を失った「戦争孤児」 8303c3c49af1 0

7歳の少女は生きるために盗んだ。捕まってボコボコにされた…東京大空襲で親を失った「戦争孤児」

2019年3月11日 16:55 東京新聞

 1945(昭和20)年3月9日深夜から10日未明にかけ、米軍機が東京下町を襲った東京大空襲は、一夜で約10万人の命を奪い、親兄弟を失った子どもたちが戦争孤児となりました。飢えや寒さと闘い、どうにか生き延びた孤児たちは、その壮絶な体験をほとんど語らぬまま、歳月を重ねています。大空襲から74年。戦争孤児だった人々、救おうとした人々を訪ね、大空襲の裏面史を取材しました。

上野の地下道で毎日、誰かしら亡くなっていました

 一夜で約10万人の命を奪った東京大空襲から、2019年3月10日で74年。空襲で焼け残った上野駅の近くにある地下道は戦後、家や家族を失った戦争孤児らであふれていた。国の調査などでは約12万人が孤児となり、地下道には千人以上の孤児がいたとされる。

 「毎日のように誰かしら亡くなっていました。皆、栄養失調ですよね」。空襲で母親と姉を失い、各地の親戚宅をたらい回しにされた埼玉県川口市の鈴木賀子(よりこ)さん(81)も、上野地下道での生活を余儀なくされた。ここでの体験を、ずっと語ってこなかった。

私たちが死のうが生きようが、大人はおかまいなし

 餓死者が続出した地下道。鈴木さんも一緒にいた弟と2人、飢えに苦しむ。駅の近くのヤミ市で食べ物を盗み、口に入れて逃げた。仲間の孤児が教えてくれた「手口」。生きるため、やむを得なかった。

 「でもね、必ずつかまるんですよ。ボコボコに殴られました。私たち浮浪児だから、死のうが生きようが、大人はそんなことおかまいなしでした」

 つらい記憶が残る上野駅は、戦後70年以上がたった今も近づくのがはばかれるという。「東京大空襲は、たった2時間で10万人以上の犠牲を出した。なんであのとき戦争をやめなかったのか。私たちの怒りをどこにもっていけばいいの。戦争は私たちの代だけでたくさん」

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_1352503830a7_スマホからお手軽に! ゼロ歳児家庭の家事を無料サポート 江戸川区「よちよち応援隊」 1352503830a7 0

スマホからお手軽に! ゼロ歳児家庭の家事を無料サポート 江戸川区「よちよち応援隊」

 ゼロ歳児家庭がスマートフォンで手軽に家事支援を申し込める仕組みを、東京都江戸川区が4月から始める。新年度予算案に5400万円を盛り込んだ。保育サービスを使っていない全ての家庭が対象。接点を増やして児童虐待の予防につなげるねらいもあり、専門家は「家庭に入り込む訪問型の子育て支援は、親の不安を和らげる」と評価する。

掃除、病院の付き添い…14時間までOK

 区によると、スマホからインターネット上で申し込めることや、全ての家庭を無料とした点は全国でも珍しいという。「よちよち応援隊」と名付けた。

 区と提携する家事支援業者がゼロ歳児のいる家庭を訪問、食事の支度や掃除、買い物、病院の付き添いなどをする。子育て世帯の家事支援制度は他の自治体にもあるが、1回500円のように有料のケースが多い。世田谷区も無料で利用できるが上限は6時間まで。江戸川区は14時間までにした。

 生後4カ月の長男がいる石田美希さん(34)は「忙しい義母に手助けを頼むのは申し訳ない。第三者なら割り切って頼める」と喜ぶ。担当者は「電話したり書類を出したりする手間がいらない。子どもが寝た隙に申し込める」とし、1年間で1000世帯の利用を見込む。

「早めの支援で、虐待の芽を摘む目的も」

 こうした手厚い家事支援は「虐待の芽を摘む目的もある」と児童女性課の野口千佳子課長は明かす。区では、地域ボランティアがひとり親家庭などで料理をする「おうち食堂」を2017年から始めた。家庭に上がると、「子どもが朝から何も食べていない」「暖房がついていない」などの実態が見えたという。

 「家庭に入るとさまざまな兆候が見えると感じた。虐待が起きてからの対症療法ではなく、早めの支援で根本から変えていきたい」と野口課長は話す。

 子どもの虐待防止に詳しい花園大学の和田一郎准教授は「虐待や貧困が悪化するケースは親が孤立している場合が多い。欧米では、訪問型の子育て支援が親の不安を改善すると評価されている」と指摘。「全国に広がっていくのでは」と期待を込めた。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_d0d93d9457fb_「また会えるといいなあ」避難の瞬間のまま、止まった時間 東日本大震災8年 福島・双葉町ルポ d0d93d9457fb 0

「また会えるといいなあ」避難の瞬間のまま、止まった時間 東日本大震災8年 福島・双葉町ルポ

2019年3月11日 16:55 東京新聞

 今もなお福島第一原発事故の影響で全町避難が続く福島県双葉町に、町職員と入った。

 全面積の96%が、住民でも許可なく立ち入ることができない帰還困難区域に指定された双葉町。静まり返った商店街に風が吹き抜けると、半壊した商店のガラスがカタカタ音を立てた。

 震災当日に児童たちが避難したままの姿で残る双葉南小。ランドセルが置かれた教室には、今にも子どもたちが忘れ物を取りに戻って来そうだった。

 原発周辺の地区では、同町に隣接する大熊町にまたがり、除染廃棄物の中間貯蔵施設の建設が進む。周辺の道路では出入りするダンプカーが土煙を上げていた。

 「また会えるといいなあ」

 震災当日に卒業式が行われた双葉中の三年生の教室の黒板には、生徒たちが書いた言葉が残る。

 「復興」を発信するという二〇二〇年東京五輪まで明日で五百日だ。(潟沼義樹)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_c8b386f43d20_死人がやりたい放題!秩父の奇祭「ジャランポン」大笑いで疫病退治 c8b386f43d20 0

死人がやりたい放題!秩父の奇祭「ジャランポン」大笑いで疫病退治

2019年3月11日 16:55 東京新聞

 生きている人を死人に見立て陽気に弔う奇祭「ジャランポン祭り」が十日、秩父市久那の下久那公会堂であった。僧侶がでたらめな読経をしたり死人が一升瓶をあおったりする様子に、地元の住民や観客たちが大笑いしていた。

 ジャランポン祭りは、久那地区の諏訪神社の例大祭。江戸時代に疫病が流行した際、村を救おうと人身御供を献上したとされることに由来する。「ジャランポン」とは葬式で使われる打楽器の音を表しているとされる。

 会場は夕方、祭壇をしつらえて即席の葬儀場に。死人役の福島康弘さんは白装束に身を包み、自ら棺おけの中へ入った。葬式の最中、体を起こして日本酒を飲むなど自由気ままに振る舞った。

 僧侶役の川島康助さんも読経を切り上げ「生理現象は抑えられない」などとトイレへ直行、観客たちの笑いを誘っていた。最後は死人が入った棺おけが神社に奉納され、奇祭が幕を閉じた。(出来田敬司)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_e66e7500cfe9_"悪口をいう人は友だちではありません" 障害者がだまされないための本、スウェーデン発「LLブック」 e66e7500cfe9 0

"悪口をいう人は友だちではありません" 障害者がだまされないための本、スウェーデン発「LLブック」

 スウェーデン発の本「LLブック」に、障害者や周りにいる人たちが期待を寄せている。やさしい言葉や絵、ピクトグラム(視覚記号)を使い、発達障害や知的障害がある人にも読みやすい。中学生以上の読み手の関心にも応えられるよう、仕事や暮らしに役立つ情報から人権、尊厳の考え方まで、内容も工夫されている。個別の障害への配慮を求める障害者差別解消法施行から4月で3年。軟らかな表現の本が、障害者の暮らしの一助となる。

「知人を全員友だちだと思ってしまい、だまされる」

 「知り合いが全員友だちというわけではないことを伝える本を作ってほしい」

 児童文学評論家の赤木かん子さんは昨春、知的障害のある子を持つ母親に頼まれた。LLブックを作るに当たり、どんな本が必要かを尋ねた時だった。知的障害者は複雑な人間関係を捉えるのが苦手で、知人を全て友だちだと思ってしまい、だまされることも多いと教えられ、衝撃を受けた。

 2016年施行の障害者差別解消法は、障害者への「合理的配慮」を行政などに義務づけている。LLブックは情報面での配慮として有効だが、これまであまり広まらなかった。法施行後、赤木さんは大活字本など障害者向けの本を出版している社会福祉法人「埼玉福祉会」(同県新座市)から製作の協力を依頼された。

やりとりに潜む悪意や差別 わかりやすく伝える

 「交通系ICカードを貸してと言われて渡したら、チャージしてあった金額を全部使われ、帰りに駅の改札を通れずパニックになったという話も聞いた」と赤木さん。こうしてできたのが、昨秋発売の「ともだちって どんなひと?」だ。

 日常的なやりとりの中で、障害者が親切や好意と受け止めていても、相手に悪意や差別がある可能性などを、シンプルな挿絵と、文章を短く区切った「分かち書き」で伝える。「わるくちをいうひとは ともだちでは ありません」と具体的に説明し、最後に「あなたの ともだちは だれですか?」と問いかける。

自らも障害のある挿絵画家「人付き合いのヒントに」

 挿絵は、自らもディスレクシア(読み書きの障害)や広汎性発達障害など複数の障害がある画家の浜口瑛士(えいし)さん(16)=東京都世田谷区=が手がけた。小学校の6年間、1人も友だちがいなかったという浜口さん。「みんなは自然に友だちができるが、私は人との距離をつかめなかった。この本は人付き合いのヒントになる」と話す。

 浜口さんは書くことは苦手でも読むことは得意で、読書が心の支えだった。だが、多くの障害者は読み書きの問題で本から離れてしまうといい「文字が苦手でも読める本は素晴らしい」と話す。

 赤木さんは「LLブックは障害者が知識を深めて、自分でさまざまな判断をすることへの手助けになる。多くの人に知ってほしい」と話している。

◇「LLブック」とは

 1968年にスウェーデンで誕生。「LL」はスウェーデン語で「やさしく読める」の意味の略語で、言語の壁がある移民や障害者らのために作られた。赤木さんらはこれまで、虐待を受けた主人公が自立するまでを描いた「ぼくの家はかえで荘」や、体を清潔に保つ大切さや化粧の方法を伝える「美しくなりたい あなたへ」(スウェーデン語版から翻訳)など10冊を出版している。問い合わせは、埼玉福祉会=電048(481)2188=へ。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_322d2bfd1723_英国へ戻れず、出産した男児は死亡… イスラム国参加女性の「市民権剥奪」めぐって論争 322d2bfd1723 0

英国へ戻れず、出産した男児は死亡… イスラム国参加女性の「市民権剥奪」めぐって論争

2019年3月11日 16:55 東京新聞

 【ロンドン=沢田千秋】英国から15歳でシリアに渡り「イスラム国」(IS)に参加したシャミマ・ベグムさん(19)が難民キャンプで出産した生後3週間の男児が死亡したと英メディアが伝えた。ベグムさんは帰国を望んでいたが、英内務省は市民権を剥奪。男児の死を巡り、ISに参加した市民の扱いを巡る論争が起きている。

「子どもは無実」「人間味のない決断」

 ベグムさんはオランダ人のIS戦闘員と結婚し、2月にシリア東部の難民キャンプで男児を出産、ジャラーと名付けた。英BBC放送は難民キャンプの現状を「食糧や毛布、テントが不足し、極めてひどい」と指摘。ベグムさんは「英国で静かに子どもを育てたい」と訴えていた。ジャラーくんの死因は肺炎で、これまでベグムさんが産んだ2人の子どもも病気や栄養失調で死亡した。

 一方で、ベグムさんはBBCのインタビューに「シリアに渡ったことは後悔していない」などと発言。内務省はベグムさんの市民権剥奪を決めたが、決定は出産前だったため、ジャラーくんは英国民と規定されていた。

 野党・労働党のダイアン・アボット議員は「無実の子どもの死は冷淡で人間味のない決断の結果だ」と批判。与党・保守党のフィリップ・リー議員も「市民権剥奪は原理原則よりもポピュリズムによってもたらされたように感じる。政府には道徳的責任がある」と内務省の対応を疑問視した。

 一方で、BBCは「この悲劇の責任はISにある。安全な英国を離れ『聖戦の花嫁』となったベグムさんもまたその責任を負う」とする大学教授のコメントも報じた。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_81231c91473e_チケット売り場でこんニャちは 看板猫「ジロリ」浅草の人気者 81231c91473e 0

チケット売り場でこんニャちは 看板猫「ジロリ」浅草の人気者

2019年3月11日 16:55 東京新聞

<東京人>犬猫狂騒曲 看板犬・看板猫を訪ねて

 浅草演芸ホールの看板猫といえば、キジトラのジロリ。二〇一六年の夏に、ホールに住みついたネズミを捕るためにやってきました。期待された仕事をたんたんとこなし、ネズミ被害は確実に減っているといいます。普段は木戸(チケット売り場)にいて、お客さんの入りをチェックしているとかいないとか……。木戸口の穴から鼻や手を出す姿がかわいらしく、落語家や寄席に来るお客さんたちの人気者となっています。

 神楽坂にある花屋「小路苑(こうじえん)」では、ミニチュア・ブル・テリアのコユキが、ワンワンとお客さんをお出迎え。「接客業とはいえコミュニケーションが得意ではない」という不器用な店主の代わりに、持ち前の癒(いや)し顔でお客さんを和ませています。アレンジメントを制作する間も場をつないでくれる、接客上手な看板犬です。

 一七年に東急世田谷線・西太子堂駅の近くにオープンした「キャッツ ミャウ ブックス」では、四匹の保護猫が働いています。猫に関する新刊本、古本がずらりと並ぶ店内には、コーヒーやビールを飲みながら気になった本を読むお客さんの姿が。そのそばで一緒に本を覗(のぞ)き込んだり、うたた寝をしたり、本棚を歩き回ったりと、四匹の店員たちが思い思いに過ごしています。

 同店では、売り上げの10%を保護活動団体に寄付。猫と本屋が助け合う関係をめざしています。

 寄席で、花屋で、本屋で、今日も犬猫たちがよい仕事をしています。 (「東京人」編集部・山上さくら)

 ◇ 

 「都市を味わい、都市を批評し、都市を創る」をキャッチコピーに掲げる月刊誌「東京人」の編集部が、4月号の記事をもとに都内各地の情報をお届けします。問い合わせは、「東京人」編集部=電03(3237)1790(平日)=へ。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_30375efadb13_こだわりました「甘くない国産牛の煮込み」 酒飲みじゃなくてもランチでどうぞ♪ 30375efadb13 0

こだわりました「甘くない国産牛の煮込み」 酒飲みじゃなくてもランチでどうぞ♪

2019年3月8日 16:55 東京新聞

〈キッチンカー 屋台のランチ〉「煮込屋赤ねこ」牛煮込丼

 居酒屋でおなじみの「煮込み」は、酒を飲まない人にとってはなかなか出合えないメニュー。「キッチンカーで買えるなら、食事として1人でも食べられますよね」

 「煮込(にこみ)屋赤ねこ」の店主・斉藤顕吉さん(35)は煮込み専門店のアイデアを学生時代から温めていた。実家の酒造会社で働きつつ、並行して新橋の老舗焼き鳥店でもアルバイト。煮込みが名物で、作り方を教えてもらっていた。その後、実家を離れることになり「この機会にあのアイデアをやってみよう」と2016年5月に開業。今ではしっかり常連客をつかまえている。

 一番の人気メニューは「牛煮込丼」(800円)。一般的な、豚モツを使った甘めの煮込みではなく「甘くない国産牛の牛煮込み」にこだわった。すじ肉だけでなく、赤身を入れ、脂が苦手な人にも食べやすく配慮。赤味噌(みそ)と白味噌を独自配合した味噌仕立てで、みりんは使わず、隠し味に酒粕(かす)を入れ、角が取れた丸みのある味に仕上げた。これまでの経験をすべて生かしたメニューといえる。

 専門店なので一年中煮込みで通すが、夏場も冷房で寒いオフィス勤務の人に、よく売れるそうだ。 (さりあ)

◆出没先は

 品川、赤羽橋、大崎、お茶の水など。(電)090・4952・3082

外部リンク