cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_331531f809fa_ひとり親でも、一人じゃないよ 悩みをシェアする「エスクル」 大宮で14日に交流会 331531f809fa 331531f809fa ひとり親でも、一人じゃないよ 悩みをシェアする「エスクル」 大宮で14日に交流会 oa-tokyoshimbun 0

ひとり親でも、一人じゃないよ 悩みをシェアする「エスクル」 大宮で14日に交流会

2019年12月12日 13:10 東京新聞 東京すくすく

 孤立しがちなシングルマザーやシングルファーザーが悩みを共有できる場になればと、ひとり親サークル「エスクル」主催の交流会が14日、さいたま市で開かれる。 

悩みが大きい「異性の子」先輩から体験談

 交流会は毎月、各地で開かれており、エスクルの発起人・今井智洋(ともひろ)さん(32)は「一人で毎日、家事に育児、仕事と頑張っているひとり親の人たちに息抜きしてもらいたい」と参加を呼び掛けている。

 エスクルは昨年9月、大阪市内で発足し、交流会を始めた。ひとり親や、離婚準備中の人たちが飲食店などに集まり、子育ての悩みを話し合う。会話を楽しんでストレスを解消したりし、コミュニティーづくりの場となっている。

 特に悩みが大きいとされる、異性の子どもを持つひとり親にとっては、先輩の体験談を聞ける貴重な機会になっている。行政支援サービスに関する情報発信や、子ども服やおもちゃの譲り合いも行っている。

東京、神奈川、千葉… 毎月、各地で開催

 当初は大阪市内で開いていたが、8月からは東京都内でも開催。都内での交流会は、親子100人近くが集まる盛況ぶりという。ほかに、愛知、神奈川、千葉県でも開いている。虐待や育児放棄(ネグレクト)が社会問題となる中、「それほど親にストレスがかかっているということ」と今井さん。「一人じゃないよ、と伝えたい」

 14日の交流会は、さいたま市のJR大宮駅近くの飲食店で正午~午後3時に開催予定。詳しくは「ひとり親サークル エスクル」のサイトで。

◆特に孤立しがち…シングルファーザーに光明「不安が和らいだ」

娘は3歳 今年8月に妻を亡くして…

 家事や育児と仕事をどう両立すれば良いのか-。共働き世帯でも尽きない悩みだが、特にシングルファーザーは人のつながりが薄くて孤立しがちと言われ、3歳の娘と2人で暮らす東京都西東京市の自営業松田英貴(ひでき)さん(55)も、その一人だった。

 今年8月、会社員だった妻を亡くした。娘の保育園の迎え、夕食作り、寝かしつけは、短時間勤務をしていた妻がしてくれていた。ボディーガードの仕事を15年以上続けていたが、勤務時間が不規則なため、今は危機管理のコンサルタント業に軸足を置き、家事や育児と両立させている。

ママ友コミュニティーは入りづらい

 娘が成長して「女の子」としての自覚を持った際に、父親に悩みを打ち明けてくれるだろうか。仮に相談してくれたとしても、自分の方がどう対応すれば良いのか、分からない。不安は募る一方だった。

 保育園などでのママ友のコミュニティーは「入りづらさもあるし、変なプライドがあるのかも。自分で抱え込んでしまう」と明かす。

 9月から3回、娘を連れて交流会に参加。普段はなかなか出会えないシングルファーザーや、異性の息子を育てるシングルマザーらと話し合うことで、不安が和らいだという。「ここには、子育ての悩みを解決するヒントがある」。今後も娘と共に参加する予定だ。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_900c7eb8d48e_世田谷で突然閉鎖の認可外保育施設 2週間の自主運営をあす終了 寄付は200万円に 900c7eb8d48e 900c7eb8d48e 世田谷で突然閉鎖の認可外保育施設 2週間の自主運営をあす終了 寄付は200万円に oa-tokyoshimbun 0

世田谷で突然閉鎖の認可外保育施設 2週間の自主運営をあす終了 寄付は200万円に

2019年12月12日 12:55 東京新聞 東京すくすく

 運営会社が突然、施設の閉鎖を通告したため、保育士らが続けてきた東京都世田谷区の認可外保育施設での自主運営は、13日に終了する。利用者の多くは新たな子どもの預け先を見つけることができた。

新たな預け先を見つける猶予に

 保育士らが加入する労働組合「総合サポートユニオン」(世田谷区)は、自主運営期間中の保育士の人件費やおやつ代などにあてようと寄付を募った。既に目標額を超える約200万円が集まり、余剰金は同様の事態が起きた場合に備え、組合の基金とするという。

 施設は、未就園児を生後3カ月から預かってきた。1日の定員は25人。多い日には30人近く預かってきた。運営会社は11月29日に突然、閉鎖を通告。保育士らは12月2日から2週間を目標に、自主運営を続けてきた。

 総合サポートユニオンの支部の介護・保育ユニオン共同代表を務める三浦かおりさんは「転園を余儀なくされた人の中には苦労した人もいるが、自主運営は新たな預け先を見つける猶予期間になったと思う」と話した。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_899dea677b98_参院議員宿舎の家賃が安すぎる… 紀尾井町の新築3LDKが15万円台 不動産会社「相場は40万」 899dea677b98 899dea677b98 参院議員宿舎の家賃が安すぎる… 紀尾井町の新築3LDKが15万円台 不動産会社「相場は40万」 oa-tokyoshimbun 0

参院議員宿舎の家賃が安すぎる… 紀尾井町の新築3LDKが15万円台 不動産会社「相場は40万」

2019年12月12日 12:30 東京新聞

 老朽化に伴って建て替え中の参院清水谷議員宿舎(東京都千代田区紀尾井町)の家賃が、参院議院運営委員会の理事会で決まった。国会議員宿舎の家賃は、これまでも相場に比べて格段に安いとの批判が絶えなかったが、今回も同じような金額になった。国会議員の意識は、どうしてこうも一般と乖離しているのか。(稲垣太郎)

赤坂見附に建設中 来年3月入居

 東京メトロ赤坂見附駅を出て間もなく。八階建ての建設中の建物が目に飛び込んでくる。道路の向かいにあるのは、安倍晋三首相の後援会が「桜を見る会」の前夜祭を開いた会場として注目を集めたホテルニューオータニ。周囲には値段の高そうな飲食店や高層ビルなどが立ち並び、鳥の鳴き声を聞きながら憩いのひとときを過ごせそうな公園もある。国会まで歩いて十分余りという立地だ。

 五十六戸が入る清水谷宿舎は来年三月に入居が始まる。それを前に決まった家賃は、3LDK(八十一平方メートル)が月十五万八千六円、1LDK(五十六平方メートル)は同十万九千二百三十九円。参院事務局によると、国家公務員宿舎法施行令に基づいて他の議員宿舎に比べて高い基準になったというものの、地元不動産会社の女性社員は「八十一平方メートルの3LDKの新築なら約四十万円、五十六平方メートルの1LDKでも三十万円近くはする」と話した。

他にも都心の一等地 "珍現象"も

 議員宿舎は他に、参院の町(千代田区)、衆院の新赤坂(港区)と青山(港区)がある。いずれも国会から数キロ圏内という都心の一等地にありながら、家賃は清水谷同様、相場の数分の一。〇七年に二十八階建ての新赤坂宿舎ができた際は、「豪華批判」を恐れた一部議員が一時期、民間の賃貸住宅で暮らす珍現象が起きている。

 議員宿舎はもともと、地方選出の国会議員のために建てられたもので、入居できるのは都内や近郊に住居がない場合に限られる。議員宿舎は必要だとしても、多額の税金を投入している現状には根強い批判がある。

 また、国会議員には年約二千二百万円の歳費が支払われるほか、非課税の上に使途の公開義務がない「文書通信交通滞在費」が月百万円支給されている。新幹線のグリーン車を含めてJRを無料で利用できるパスが配られたり、地元が東京から遠い議員は三~四往復分の航空券が無料になったりもする。どんなに業績が良い企業でも、単身赴任をしている社員らにここまで大盤振る舞いするケースはないだろう。

あらゆる待遇を見直すべきでは?

 政治ジャーナリストの野上忠興氏は「自分で宿舎を借り、『実質的に小遣いになっている』とやゆされる文書通信交通滞在費を充てればいいという意見もある。人口や経済が小さくなり、これからさらに先細りするといわれる中、歳費や交通費などを含め、国会議員のあらゆる待遇を見直す時期だ」と訴える。

 先月来、「桜を見る会」を巡り、税金の使い道に対する国民の目が改めて厳しくなっている。政治ジャーナリストの原野城治氏は「国会議員が、税金の使い道をコントロールするという自分たちの役割を果たさなくなっている。国民目線になっていないから有権者は納得できず、政治に関心をなくしていく。もっと議論を深めていくべきだろう」と主張した。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_be0b3911e3d8_日本初「ワイドスペースバス」導入 川崎と横浜走る臨港バス 混雑緩和へ苦渋の決断 be0b3911e3d8 be0b3911e3d8 日本初「ワイドスペースバス」導入 川崎と横浜走る臨港バス 混雑緩和へ苦渋の決断 oa-tokyoshimbun 0

日本初「ワイドスペースバス」導入 川崎と横浜走る臨港バス 混雑緩和へ苦渋の決断

2019年12月12日 12:05 東京新聞

 川崎市と横浜市の一部で路線バスを運行する川崎鶴見臨港バス(本社・川崎区)は10日、バスの中扉付近にある座席の一部を撤去した「ワイドスペースバス」を新たに導入する、と発表した。同じ大きさの既存バスに比べ、乗客定員を5人分増やせる。朝夕のラッシュ時に鶴見駅西口を発着する路線でまず1台導入し、川崎駅西口発着の路線などにも導入を検討する。(石川修巳)

背景に運転士不足

 ワイドスペースバスは全長約一〇・四メートル、全幅約二・五メートルの大きさで、定員は八十五人。内訳は座席十八人と立ち席六十六人、ほかに乗務員一人。同じサイズの既存バスに比べ、座席が四人分少なく、立ち席が九人分多い。

 同社によると、路線バスへのワイドスペースバス導入は日本初。背景にはバス業界全体を取り巻く運転士不足で、運行本数を増やせない事情があるという。

車両大型化にも限界

 田中伸介社長は「ラッシュ時には利用客が停留所でバスに乗りきれないケースもあり、ご迷惑をおかけしている」と説明。川崎臨海部の路線のように、バスを大型にして混雑緩和に努めてきた一方、新車両を導入する鶴見地区は道路幅が狭く、これ以上の大型化は難しいという。

 「苦渋の選択だが、ラッシュ時にはより多く乗車できるようにして、ご迷惑をできるだけ減らしたい」と田中社長。混雑緩和や利便性を検証し、ほかの路線にも導入を検討する。

 新車両には運転士の体調急変時などに、乗客が非常ブレーキスイッチを押すと、バスを減速・停止できる「ドライバー異常時対応システム」も装備する。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_4878e0797885_御殿場アウトレットにホテル&日帰り温泉! 15日オープン 富士山ビューで1泊朝食付き9200円~ 4878e0797885 4878e0797885 御殿場アウトレットにホテル&日帰り温泉! 15日オープン 富士山ビューで1泊朝食付き9200円~ oa-tokyoshimbun 0

御殿場アウトレットにホテル&日帰り温泉! 15日オープン 富士山ビューで1泊朝食付き9200円~

2019年12月12日 11:55 東京新聞

 御殿場プレミアム・アウトレット(静岡県御殿場市)に十五日、「HOTEL CLAD(ホテルクラッド)」と日帰り温浴施設「木の花の湯」が開業する。九日、報道向け内覧会が開かれ、客室や温浴施設のレストランや個室露天風呂などが公開された。

貸し切り個室風呂が19室

 ホテルと温浴施設は小田急電鉄(本社・東京)などが運営。一九九九年まで営業していた遊園地「小田急御殿場ファミリーランド」の跡地を利用し、来春に予定されるアウトレット第四期増設に合わせ開業する。スタッフ約八十人のうち、約五十人が御殿場市内などからの現地採用という。

 ホテルは富士山が正面に見えるよう向きを合わせ、全百八十二室のうち百二室の大きな窓から富士山が眺められる。全八十七室の標準タイプ「富士ビューツインルーム」は一泊朝食付きで一人九千二百円~。本年度末までに稼働率70%、一万九千室の利用を見込む。

 ホテルは客室のみで、食事は隣接する「木の花の湯」のレストランを利用。季節の食材や地場産品を楽しめる。温泉は自家源泉で、平日は大人(中学生以上)千六百円、子ども(三歳~小学生)八百円、土・休日は各千九百円、九百五十円。大浴場のほか貸し切り個室風呂が十九室ある(別料金)。こちらは年度末までに十万八千人の利用を想定する。

 開業式典で小田急電鉄の星野晃司社長は「御殿場市の発展に貢献し、地元に愛される施設に」と話した。 (前田朋子)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_fbae7f5387d3_元農水次官、長男の殺害認める 「川崎事件のようになっては…」「刺さなければ自分が殺されてた」 fbae7f5387d3 fbae7f5387d3 元農水次官、長男の殺害認める 「川崎事件のようになっては…」「刺さなければ自分が殺されてた」 oa-tokyoshimbun 0

元農水次官、長男の殺害認める 「川崎事件のようになっては…」「刺さなければ自分が殺されてた」

2019年12月11日 16:55 東京新聞

 東京都練馬区の自宅で六月、同居していた長男を刺殺したとして、殺人の罪に問われた元農林水産事務次官、熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の初公判が十一日、東京地裁(中山大行裁判長)であり、熊沢被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、家庭内暴力を恐れて殺害に及んだと指摘した。

妻に手紙「これしか方法ない」

 冒陳で検察側は、殺害された長男の英一郎さん=当時(44)=は、進学した都内の有名私立中学校でいじめを受け、そのころから家庭内暴力が始まったと指摘。英一郎さんは発達障害と診断され、「人付き合いが苦手だった」とした。

 高校卒業後、一人暮らしをしていた英一郎さんは、事件一週間前に実家に戻ってきたという。熊沢被告がごみの捨て方について注意すると激高し、暴力を振るわれたことで熊沢被告は殺害を決意。妻宛に「これしか方法がない。英一郎を散骨してください」と置き手紙を書いたという。殺害時の状況については「供述があいまいではっきりしない」と述べるにとどまった。

 一方、弁護側は「英一郎さんから殺されると思い、とっさにやむをえず犯行に及んだ」と訴えた。

 起訴状によると、熊沢被告は六月一日、自宅で英一郎さんの首などを包丁で多数回刺し、失血死させたとされる。

中学時代のいじめを機に家庭内暴力始まる

 元官僚トップは、なぜ長男を刺殺したのか-。十一日にあった熊沢英昭被告の初公判。上下黒のスーツに白いシャツ、青いネクタイ姿で、やや背を丸めながら入廷した熊沢被告は、裁判長から起訴内容について問われると、「間違いありません」と落ち着いた口調で答えた。

 検察側の冒頭陳述などによると、長男の英一郎さんは中学生だった約三十年前、いじめを受け、家庭内暴力が始まった。熊沢被告は当時、農水省で砂糖類課長などを務めていた。

定職に就かず一人暮らし、近隣トラブルに

 英一郎さんは大学卒業後、仕事をしていた時期もあったが、近年は定職に就かず、東京都豊島区の一軒家で一人暮らしをしていた。今年五月二十五日、ごみ出しなどを巡って近隣住民とトラブルになり、実家に「戻りたい」と電話。その日のうちに両親の元に戻り、熊沢被告らと再び暮らし始めた。

 同二十六日、熊沢被告がごみ出しについて英一郎さんに注意したところ、暴力を振るわれたという。熊沢被告は、六月や八月に予定していた妻との旅行の予約をキャンセルし、インターネットで「殺人」「量刑」などのキーワードを検索。妻には「これまで尽くしてくれてありがとう。これしか方法がない」などと手紙を書いたとした。

首や胸など30カ所をめった刺し

 そして六月一日、自宅に隣接する小学校で運動会が開かれ、児童らの歓声を聞いた英一郎さんは不機嫌になったという。熊沢被告は英一郎さんから「殺すぞ」と言われた後、包丁で英一郎さんの首や胸など三十カ所以上を刺し、自ら「息子を刺し殺した」と一一〇番した。

 事件四日前には、川崎市で私立カリタス小学校のスクールバスを待っていた児童ら二十人が殺傷される事件が発生していた。自殺した犯人は、ひきこもりがちだったと報道されていた。

周囲にSOS発せられぬまま

 「川崎市の事件のように、子どもに危害を加えてはいけないと思って殺した」。熊沢被告は逮捕後の警視庁の取り調べに、こう動機を語ったという。周囲にSOSが発せられないまま、事件は起きた。(小野沢健太)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_f5de29816382_食品会社などと金銭トラブル相次ぐ 「いばらき大使」に社長ら「被害者の会」設立  f5de29816382 f5de29816382 食品会社などと金銭トラブル相次ぐ 「いばらき大使」に社長ら「被害者の会」設立  oa-tokyoshimbun 0

食品会社などと金銭トラブル相次ぐ 「いばらき大使」に社長ら「被害者の会」設立 

2019年12月11日 16:55 東京新聞

 県の「いばらき大使」や「いばらき食のアドバイザー」を務めたフードアナリストの藤原浩氏(55)と県内の複数の食品会社との間で金銭トラブルが相次いでいる。社長らが十日、県庁で記者会見し、被害者の会を設立したと発表した。藤原氏の関わる活動に注意を促し、被害の拡大を防ぐのが設立の目的としている。藤原氏は本紙の電話取材に「誠意を持って対応する」と説明する一方、一部を仲介した県中小企業振興公社の責任にも言及した。(鈴木学)

 会に名を連ねるのは、金砂郷食品(常陸太田市)、小野瀬水産(筑西市)、高橋肉店(龍ケ崎市)、備前堀LAB(水戸市)の水越建一社長。会見には小野瀬水産以外が出席した。

 代理人の杉田昌平弁護士らによると、金砂郷食品は食関連の書籍で社の製品を広報するとの約束で百八万円を出資したが、書籍の発行はなく、返金も一部で未払い分があると主張している。水越社長は、藤原氏から新会社設立を持ち掛けられ、資金繰りが悪化したと訴える藤原氏に百二十万円を貸したものの、会社設立は破談し、返金もなかったとしている。それぞれ東京簡裁と東京地裁に訴訟を起こし、未払い金を支払うよう命じる判決が出ている。

 小野瀬水産と高橋肉店は、県中小企業振興公社から藤原氏を紹介され、ブランディング業務などを委託した。小野瀬水産は、委託した商品パッケージのデザインなどが行われなかったとして、損害金約百九十万円の支払いを求めて東京地裁に提訴し、十日、藤原氏に百十四万円余の支払いを命じる判決が出た。

 高橋肉店は店舗ロゴのデザインやブランディングなどを数十万円で委託したが、著名デザイナーのものと聞いていたデザインが、インターネットで無料配布されているデザインと酷似していたなどとしている。

 被害者の会の代表を務める金砂郷食品の永田由紀夫社長は「判決後も藤原氏から謝罪の言葉や返済もない。このままでは、他の都道府県の事業者にも被害が拡大する恐れもある」と設立目的を説明。四社以外にも被害に遭った県内企業があるとして「申し出てほしい」と呼び掛けた。

 加えて「いばらき大使」の委嘱などが藤原氏の信用につながったとして、県や振興公社にこの問題を調査して再発防止を図るよう要請したいとした。問い合わせは、被害者の会の事務局で、センチュリー法律事務所の杉田弁護士=電03(5204)1080=へ。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_b9eedbfd9426_マンション開発で子ども急増の足立区立小中一貫校、校庭と校舎が足りず3カ所に分散する事態に b9eedbfd9426 b9eedbfd9426 マンション開発で子ども急増の足立区立小中一貫校、校庭と校舎が足りず3カ所に分散する事態に oa-tokyoshimbun 0

マンション開発で子ども急増の足立区立小中一貫校、校庭と校舎が足りず3カ所に分散する事態に

2019年12月11日 16:55 東京新聞

 児童生徒数が千八百人を超す東京都足立区の区立小中一貫校「新田(しんでん)学園」の校庭と校舎が来春、三カ所に分散する事態となっている。マンション開発で児童生徒が急増する中、保護者からは「子どもが好きな場所で遊ぶこともできない」などと不満の声も上がる。(奥野斐)

児童生徒数、8年で770人→1850人

 新田学園は区立小と中学校を合わせて、二〇一〇年に第一校舎のみで開校した。当時の児童生徒数は約七百七十人だったが、その後も増え続け、一八年には千八百人台を突破した。

 第一校舎(四階建て)と第二校舎(五階建て)に分かれており、第一校舎では小学五年~中学三年の通常学級二十七クラス計約九百六十人が学ぶ。第一校舎から約百五十メートル離れた第二校舎には、小学一~四年の通常学級二十五クラス計約八百八十人が通う。このほか、両校舎には特別支援学級がある。

体育で校庭使えるのは週1回のみ

 第一校舎には、体育館と校庭があるが、第二校舎には体育館はあるものの校庭はなく、屋上広場や中庭を代用している。

 第二校舎の小学一~四年生が体育の授業で校庭を使えるのは、学年ごとに週一回に限られる。休み時間も校庭は使えず、屋上広場や中庭の利用も学年ごとに割り当てられ、自由に遊べない。一カ所に大勢が集中して事故にならないための苦肉の策だ。

 区は、第二校舎から約四百五十メートル離れた小学校跡地に、校庭を整備し、来年四月からの利用開始を目指している。

新校庭まではバスで移動

 土肥和久校長は「新校庭ができれば余裕が生まれるので最大限活用したい」と話すが、新校庭までバスでの移動を余儀なくされるなど使い勝手の悪さや校庭整備を巡る区の見通しの甘さから、保護者からは不満の声が上がる。

 長女の小学生を通わせる母親(45)は「好きな場所で遊べない状態は続く上、非常時の避難はどうするのか。子どもの環境や安全を区はどう考えているのか」と憤る。学区内に住み、再来年に小学校入学の子どもがいる母親(43)は「子どもの環境を一番に考え、長期的な視野で街づくりをしてほしい」と求めている。

他地区へ通学困難 「分校陳情」望み薄

 新田学園のある足立区新田地区にはかつて、電炉メーカーの大規模工場があり、周囲は町工場や住宅が混在していた。1996年に電炉メーカーの工場が移転し、跡地でマンション開発が始まった。2004~10年に約2840戸が供給され、子育て世帯が急激に増えた。

 一方、荒川を挟んで隣接する足立区の鹿浜、江北の両地区では、児童数の減少で小学校の統廃合が進む。新田地区の一部学区を両地区に組み込めば児童数のバランスはとれるが、新田地区から他地区に通う児童は交通量の多い環状7号などを通る必要がある。

保護者、校庭求め区議会に陳情

 新田学園の保護者らのグループは9月、第1校舎に隣接する公園を校庭にする案や、校庭を備えた分校を新たに建設する案などを足立区議会に陳情した。

 分校設置について区教委の学校適正配置担当課の担当者は「数年後に児童生徒数が減少に転じる見通しで、現状は考えていない」と話す。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_9698e6251240_菅官房長官、熊本視察で「高級ホテル50カ所新設する」発言 富裕層重視に被災地は怒り心頭 9698e6251240 9698e6251240 菅官房長官、熊本視察で「高級ホテル50カ所新設する」発言 富裕層重視に被災地は怒り心頭 oa-tokyoshimbun 0

菅官房長官、熊本視察で「高級ホテル50カ所新設する」発言 富裕層重視に被災地は怒り心頭

2019年12月11日 16:55 東京新聞

菅義偉官房長官が視察先の熊本県で、外国人観光客誘致のため「全国に高級ホテルを50カ所新設する」と発言した。熊本地震の傷も癒えない復興途上の被災地で、富裕層重視を打ち出す発言。「無神経」と怒りの声が上がっている。(佐藤直子)

仮設で不便な生活続くのに…

 「ふざけるなって話ですよね。まだ仮設住宅で不便な生活を続けている人もおられるのに…」。熊本市を拠点に被災者支援を続ける「こころをつなぐよか隊ネット」の佐藤彩己子代表は菅氏の発言を知り、怒りが収まらなかったという。

 佐藤さんは、二〇一六年の熊本地震後から、子ども食堂を運営したりして、困窮者の支援にかかわってきた。今はひとり親家庭の支援に力を入れ、自家用車のトランクに米や卵など食材を積んでは各家庭に届けて回る。

 「みなさん、家が壊れたり、仕事を失ったり、病気になったり、いろんな事情を抱えているのに、それでもなかなか助けてとは言えないんですよ」

被災現場を視察後「世界レベルのホテルが不足」

 菅氏の発言は七日、震度7を観測した同県益城町で飛び出した。地表に断層が現れた同町の現場や南阿蘇村の崩落した橋を訪ねた後、空港で記者団に「地震の発生前以上に、地域のにぎわいを取り戻し、地域経済を活性化することが重要。とくに観光産業は成長産業だ」と強調。「わが国は世界レベルのホテルが不足している」と指摘し、財政投融資制度などを活用して、全国にスイートルームを多く含む高級ホテルを五十カ所程度新設することを目指すとした。

 菅氏は、外国人観光客を誘致する観光事業にご執心だ。政府が一五年にスタートさせた「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」作業部会で座長を務める。観光庁観光産業課の坂野修一課長補佐は、「日本はアジア諸国に比べ五ツ星ホテルが少ないと以前から指摘されていた。菅官房長官の発言は、こうした流れから出た」と説明する。

 熊本にも高級ホテルがやってくるのか。県知事公室は高級ホテルについて「何も聞いていない」というが、「もしも建設されたなら、震災復興の後押しになる」と期待を抱く。

人手不足に拍車も 「住民置き去りに」

 しかし、被災地の傷はまだ癒えていない。高級ホテルが復興支援になるのか、中小の宿泊業者は戸惑う。阿蘇地区で旅館を営む男性は「熊本で発言することじゃないですよ」と不快感をあらわに。周辺は地震で大きなダメージを受け、数カ月は温泉が止まった。国道や鉄道の復旧もまだ終わっていない。

 「震災で廃業したホテルもある。高級ホテルが熊本にできたとしても、われわれのような旅館とは客層が違うから、客の取り合いにはならないだろうが、従業員など人材の引き抜きなどが始まる。人手不足に拍車がかかる」

 熊本地震の被災者の人権問題に取り組んできた熊本学園大水俣学研究センターの井上ゆかり研究員(社会福祉学)も、憤りを隠さない。

 「傷痕の残る益城町の現状を見た後に、よく高級ホテルの話ができるなと、無神経さに言葉が出ない。高級ホテルが熊本に建設されても、それで収益を上げる人はごく一部。県民全体の底上げになる話ではない。国としては何かと復興の印象づけをしたいのだろうが、住民が置き去りになるばかりだ」

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_c325610244f5_台風で倒れたサイカチを救え! 樹齢1000年 館山市の天然記念物 生きていた根、枝に緑の葉 c325610244f5 c325610244f5 台風で倒れたサイカチを救え! 樹齢1000年 館山市の天然記念物 生きていた根、枝に緑の葉 oa-tokyoshimbun 0

台風で倒れたサイカチを救え! 樹齢1000年 館山市の天然記念物 生きていた根、枝に緑の葉

2019年12月11日 16:55 東京新聞

 9月の台風15号で根元から倒れた、館山市指定天然記念物「サイカチの木」(同市北条)に生存の可能性があることが分かり、市や地元関係者が保存に乗り出している。樹齢1000年の老木だが、根の部分が生きていることが確認されたためだ。枯れた枝を剪定(せんてい)するなど、11月末には応急処置を済ませた。地域遺産の継承に光明が差している。(山田雄一郎)

 サイカチの木は高さ七・八メートル、幹回り三・九メートル、根回り四・九メートル。JR館山駅東一キロの十字路付近に立ち、幹の内部には、落雷が原因と伝えられる大きな空洞がある。江戸時代の元禄地震(一七〇三年)で津波が押し寄せた際、幹に登った人々の命が救われたという伝承がある。

 台風で被災した後は放置された状態が続き、十月の台風19号、大雨の際もそのままだった。このままでは良くないと、地元の樹木医らが調べたところ、根のほかにも、幹から生えた枝の多くが緑色をしていることが確認され、保存作業に取り組むことになった。

 現在は劣化を防ぐため、幹の空洞に土のうをはめこみ、その上をこもで巻いている。

 市は今後、木の所有者とも相談しながら、保存へ向けた具体的なスケジュールを詰める方針。市生涯学習課は「歴史的な災害を乗り越え、地域を見守ってきたサイカチの木が、今後も生き続けるのを願うばかり」としている。

 サイカチはマメ科の落葉高木で、初夏に淡い黄緑の小さな花を咲かせる。幹や枝にトゲがあり、災害時に葉は食用、トゲは解毒剤、実はせっけんの代用となるなど幅広く利用されてきた。発音が「再勝」に似ているため、縁起の良い木としても知られる。

外部リンク