cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_086aa284ef7b_小林よしひささん 娘の誕生で「おかあさんといっしょ」最後の1年が特別なものに〈家族のこと話そう〉 086aa284ef7b 086aa284ef7b 小林よしひささん 娘の誕生で「おかあさんといっしょ」最後の1年が特別なものに〈家族のこと話そう〉 oa-tokyoshimbun 0

小林よしひささん 娘の誕生で「おかあさんといっしょ」最後の1年が特別なものに〈家族のこと話そう〉

厳しい母が姉に料理指導 「僕にもやらせて」

 父と母は共働きで、会社員の父はおとなしい性格。パート勤めの母がパワフルな人で姉2人と僕を厳しくしつける担当でした。母から学んだことの1つが料理。子どものころ、母は夕方、帰る前に家に電話をかけて姉たちに「お米をといで」「タマネギをみじん切りにして」と夕食の下ごしらえを指示していました。

 見ていた僕は自分から「僕にも何かやらせて」と言ったそうです。母の隣に立ち、タマネギをあめ色になるまで炒めたり、スーパーで「キャベツは重ためがいい」と新鮮な野菜の選び方を教わったりしました。

原点は母が見せてくれたジャッキー・チェン

 スポーツが好きなのは剣道とバスケットボールをやっていた父の影響ですが、今の仕事につながる大きなきっかけを与えてくれたのは母でした。幼稚園児の時、ある土曜の夜に母は僕をテレビの前に座らせ、「映画を見せるから」と。始まったのはジャッキー・チェンさん主演のカンフーアクション映画「スパルタンX」でした。

 さらわれた人を助けるため主人公が闘う話で、「体を動かすのは格好いい」と発見した気分に。父に似ておとなしい性格でしたが、体を動かすことは好きで、社宅の芝生に転がって遊んでいました。その姿を見て、母はこの映画を気に入ると思ったようです。その後、外での遊びは漫画の影響で忍者の修業ごっこに変わり、小学生になると、休日は家族と野外のアスレチックに出掛けました。

オーディション付き添いが…「君も」で合格

 地域で開かれていた体操の教室にも通い、5年生から剣道を始めました。最初は基礎を身に付けるため、すり足の練習ばかり。冬は寒いし、逃げ出したいと思ったことも。送り迎えをする父は何も言いませんでしたが、母に「続けなさい」「ちゃんと行きなさい」と言われ、続けるうちに楽しめるようになりました。

 大学の助手時代、「体操のお兄さん」のオーディションに学生の引率でついていくだけの予定だったのですが、教授に「君も」と勧められ、受けることに。選ばれたと連絡が来た時は驚きました。母も驚いた様子でしたが、「頑張ってね」と背中を押してくれました。番組の公演には家族で来てくれています。

娘もスポーツ得意かも 跳ぶ力が強いんです

 2016年に結婚し、2018年12月に初めての娘が生まれました。もともと子どもは好きでしたが、娘がとにかくかわいくて。共演する子どもたち一人一人が、大切にされている宝物だと分かり、父親になって務めた最後の1年は特別な期間になりました。

 娘もスポーツが得意かもしれません。跳ぶ力や握力が強いからです。人とは違う何かをつかみ取り、自分で選んだ道を歩んでほしいですね。

◇小林よしひさ 1981年、埼玉県生まれ。2004年に日本体育大を卒業。同大助手を経て05~19年、NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代「体操のお兄さん」を最長の14年務めた。テレビで活躍するほか、YouTubeの「よしお兄さんとあそぼう!」で動画を配信中。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_58ee46aa7489_新型コロナ感染より服役がマシ? 中国に逃亡中の指名手配犯200人、続々と台湾に戻る 58ee46aa7489 58ee46aa7489 新型コロナ感染より服役がマシ? 中国に逃亡中の指名手配犯200人、続々と台湾に戻る oa-tokyoshimbun 0

新型コロナ感染より服役がマシ? 中国に逃亡中の指名手配犯200人、続々と台湾に戻る

2020年3月2日 16:55 東京新聞

 【台北=迫田勝敏】中国に逃亡した台湾人の指名手配犯が、新型コロナウイルスの感染を恐れ、続々と台湾に戻っている。年初から既に約二百人に達しており、間もなく時効になるのを待てずに帰台したケースもあるという。一日の台湾主要紙が伝えた。

 先月二十八日に帰ってきたのは二〇〇六年、私文書偽造罪で懲役一年十月の判決を受け、上海に逃げていた男。友人を通じて台湾の司法当局に連絡し、台北に戻った。

 男によると、新型コロナウイルスの感染拡大で家に閉じこもっていたが、感染が怖く帰郷を決めたという。

 中台間は人的往来が頻繁だが、犯罪人引き渡しの取り決めがないため、台湾で罪を犯して中国に逃げる者が多い。しかし、新型コロナウイルスのまん延で「感染より服役がまし」と中国より防疫対策が整っている台湾に戻り始めている。台湾は現在、感染防止策として中国人の台湾入境を禁止、中国本土から戻ってきた台湾人らには二週間の隔離を義務付けている。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_1a36a4c482c4_貧困、いじめ…「救いがない」ほどの社会の暗部 映画『子どもたちをよろしく』元文科省・前川氏が企画 1a36a4c482c4 1a36a4c482c4 貧困、いじめ…「救いがない」ほどの社会の暗部 映画『子どもたちをよろしく』元文科省・前川氏が企画 oa-tokyoshimbun 0

貧困、いじめ…「救いがない」ほどの社会の暗部 映画『子どもたちをよろしく』元文科省・前川氏が企画

2020年3月2日 16:55 東京新聞

 いじめ、貧困、家庭崩壊などに苦しむ子どもたちと取り巻く社会の暗部を描いた映画「子どもたちをよろしく」が2月29日に公開された。企画したのは、元文部科学省官僚の寺脇研(67)と同次官も務めた前川喜平(65)。二人は「文科省にいては扱うことができなかった問題をリアルに描いた」と口をそろえる。(竹島勇)

生きづらさに苦しむ中学生たち

 作品はフィクションで、隅田靖監督が脚本も手掛けた。ある地方都市で、派遣型性風俗店で働く未成年の優樹菜と中学生の弟の稔とその家族。優樹菜と同じ風俗店で働く貞夫と、一人息子の洋一。両家庭とも崩壊し、貧困にあえぐ。洋一は同級生の稔らから陰惨ないじめを受けていて姉の本当の仕事を知った稔の怒りは洋一に向かい、洋一は自殺を決意する…。

 生きづらさに苦しむ中学生たちに手を差し伸べる大人や学校が一切登場しない作品。京都造形芸術大客員教授で映画評論も展開する寺脇が、何年も前から構想を温めていて、後輩で旧知の前川が退官したことから共同企画を打診した。文科官僚としてこうした問題と向き合ってきた二人。前川は「学校や教育委員会など、当局側にも責任はもちろんある」としつつ、寺脇は「大人全体の問題だ。しかし、それを在職中に訴えるのは責任逃れをするようでできなかった」と胸中を明かす。

「私も小学生の時、不登校に」

 現在、自主夜間中学のスタッフなどを務め、安倍政権や教育行政などに厳しい発言をしている前川は「私自身が小学生の時、不登校の時期があった。文科省時代も官僚や政治家と議論もしたが、学校に行くことをやめた人や、シングルマザーとして生きる人の生の苦労話を街のバーで聞いたことが映画の参考になった」と話す。完成した作品に「救いがない」とも感じたという前川。しかし、「大人も子どもも自分の問題として見て考えてほしい」と訴える。

 隅田監督は「リアルで重い企画で大手の映画会社では採用されなかったろう。お二人が動いてくれ、趣旨に共鳴してくれた人たちの寄付で作ることができた」と振り返った。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_6c026647a940_常磐線に付着した"ちり"、放射能濃度23倍に 福島県内の試運転で労組が調査 でもJR側は「測定しない」 6c026647a940 6c026647a940 常磐線に付着した"ちり"、放射能濃度23倍に 福島県内の試運転で労組が調査 でもJR側は「測定しない」 oa-tokyoshimbun 0

常磐線に付着した"ちり"、放射能濃度23倍に 福島県内の試運転で労組が調査 でもJR側は「測定しない」

2020年3月2日 16:55 東京新聞

 全線開通(三月十四日)に向けたJR常磐線の試運転で、福島県内の帰還困難区域を通過した車両に付着したちりの放射能濃度が、通常の車両より二十三倍も高かったことが分かった。調査した労働組合「動労水戸」の木村郁夫委員長らが二十八日、県庁で記者会見して明らかにした。木村委員長は「JRは車両の線量をきちんと測定し、公表すべきだ」と指摘している。

福島第一原発事故で不通 帰還困難区域

 常磐線は現在、東京電力福島第一原発事故の影響で富岡(福島県富岡町)-浪江(浪江町)間の二〇・八キロが不通となっている。不通区間の沿線一帯は放射線量が高く、住民が戻る見通しが立たない帰還困難区域に指定されたままだが、JR東日本は昨年十二月十八日に試運転を開始した。

 調査した試運転の車両は一月十八~二十二日の五日間運行。フィルターはモーターなどの空冷装置に取り付けられ、外気を取り込む際にちりなどを除去する。

フィルターのちりを採取、測定したら

 動労水戸の組合員がJR東日本勝田車両センター(ひたちなか市)でフィルターのちりを採取し、農作物や土壌の放射性物質を調べる「つくば市民放射能測定所」(つくば市妻木)で濃度を測定した。

 その結果、一キロ当たり二三五〇ベクレルのセシウム137が検出された。一方、六カ月間通常運行した車両のフィルターのちりから検出されたセシウム137は一〇一ベクレルだった。

整備員が吸い込み、内部被ばくする危険

 動労水戸によれば、勝田車両センターでフィルターの洗浄作業に携わっている整備員は約五十人。マスクを着けていても、鼻の中まで真っ黒に汚れるという。

 動労水戸はJR東日本に対し、帰還困難区域内を運行する場合、全車両の線量測定のほか、整備員の被ばく防止教育や防護用具の配備などを要求してきたが、会社側は「車両の測定を実施する考えはない」と拒否。動労水戸は今後、今回の調査結果を会社側に示し、車両の測定などを重ねて求めていく方針だ。

 自身もフィルター洗浄などの車両検査に従事し、調査を担当した照沼靖功(やすのり)書記長は「車両に放射性物質が付着するのは明らかだ。整備員がちりを吸い込み、内部被ばくする危険性は高い」と訴える。(佐藤圭)

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_54d5dec600a9_一斉休校で給食納豆1000個が廃棄寸前→地元企業の決断が大反響 水戸市民の納豆愛、絆をつなぐ 54d5dec600a9 54d5dec600a9 一斉休校で給食納豆1000個が廃棄寸前→地元企業の決断が大反響 水戸市民の納豆愛、絆をつなぐ oa-tokyoshimbun 0

一斉休校で給食納豆1000個が廃棄寸前→地元企業の決断が大反響 水戸市民の納豆愛、絆をつなぐ

2020年3月2日 16:55 東京新聞

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、茨城県内でも突如決まった公立学校の一斉臨時休校方針は各方面に影響を与えている。水戸市の納豆製造業「だるま食品」は学校給食用納豆の出荷をキャンセルされた。しかし、処分に困った同社がツイッター上で「(商品購入者に)プレゼントいたします」と告知したところ、二十九日朝から多くの常連客らが訪れ、夕方にはすべてなくなった。ピンチを逆手に取ったサービスが思わぬ絆を紡いだ。(松村真一郎)

ツイッターで告知 RT1万以上

 同社の納豆は「だるま納豆」の商品名で販売されている。給食用納豆は一カップ三十グラムの食べきりサイズで、県内産の大豆やたれにこだわる。県内の約八割の小中学校で提供され、多い時には一日二万個を出荷する。

 安倍晋三首相が全国の学校の臨時休校を要請してから一夜明けた二十八日、感染者が確認されていない県内でも週明け二日以降、県立高校や公立の小中学校が順次臨時休校に入ることが決まった。

 同社が三月上旬分として用意していた数千個の給食用納豆も出荷できなくなった。従業員が割引で購入する対応を取ったが、それでも千個弱が余った。給食用納豆にはバーコードの表示がなく、販売には適さないが、「廃棄するのももったいない」と判断。商品を購入した客にプレゼントすることにした。

 二十八日午後六時ごろ、ツイッター上で「商品1個以上お買い上げのかたに、学校給食用納豆2個プレゼントいたします」と発表すると、一気に情報が拡散。リツイート(転載)は二十九日朝までに一万件以上に上った。

だるま食品 収益はなくなっても

 予想を超える反響に驚いた同社は、通常より三十分早い午前八時半に本店直売所(水戸市柳町)をオープン。常連客らが入れ替わり店頭に現れ、午後四時半ごろには底をついた。

 店をよく利用する水戸市の主婦市毛江梨子さん(38)は「こんなところにも感染拡大の影響があるなんて。少しでも力になれたら」。水戸市職員の柏村(かしわむら)智之さん(36)は「給食の納豆を楽しみにしていた子どももいたと思うので残念だが、このような対応は素晴らしいと思う」と称賛した。

 同社の高野友晴専務(47)によると、一斉休校で給食用納豆が出荷できなくなるのは今回が初めて。予定されていた三月分の収益約百万円もなくなったが、水戸市民らの「だるま納豆愛」に触れる機会になった。

 高野専務は「給食で食べているという子どもを連れた方や昔食べていたという方など、多くの人が支援してくれた」と喜んだ。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_5f64e82af552_小学生にもわかる新型コロナウイルス 藤田医科大が教材をネット公開 「落ち着いて考えるきっかけに」 5f64e82af552 5f64e82af552 小学生にもわかる新型コロナウイルス 藤田医科大が教材をネット公開 「落ち着いて考えるきっかけに」 oa-tokyoshimbun 0

小学生にもわかる新型コロナウイルス 藤田医科大が教材をネット公開 「落ち着いて考えるきっかけに」

 藤田医科大(愛知県豊明市)の感染症の専門医らが、新型コロナウイルスについて子どもたちに知ってほしいことを全12枚のスライドにまとめ、インターネット上で公開している。数字や確実とは言えない情報を一切省き、やわらかい言葉遣いとイラストで経緯や注意点をまとめた。「子どもと大人が一緒に、もう一度落ち着いて考えるきっかけに」との思いを込めた。

クルーズ船乗客の経過観察担当 教委が作成依頼

 1枚目は「コロナウイルスってなんだろう?」で始まる。数種類があり、かぜの原因になること、「つば・せき・くしゃみにのって人から人に感染」することを説明。新型は、子どもが感染しても「なにもおきない、またはちょっとした『かぜ』くらいですむことがほとんど」とも伝える。

 作成したのは感染症科教授の土井洋平さん、助教の桜井亜樹さんら。2人とも今はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客を受け入れた藤田医科大岡崎医療センター(愛知県岡崎市)で経過観察の任に当たる。スライドは元々、岡崎市教委が小中学校向けの説明資料として作成を依頼した。「せっかくなら多くの学校で教材として使ってほしい」と、Facebookで26日に公開した。

研究員の子どもが”監修” ダウンロードできます

 桜井さん自身、ともに小学生の2児の母だ。内容の“監修”には2人が協力してくれた。感染予防の「コロナウイルスやっつけるぞ作戦」では、手洗いとせきエチケット、かぜ症状があれば「家で休む」の3つを挙げた。「一人一人気を付けることが、自分と家族を守ることにつながると伝えたい」と語る。

 スライドは「藤田医科大学 微生物学講座・感染症科」のFacebookページでダウンロードできる。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_93e25ad55283_感染男性、スポーツクラブ利用を伝えず クルーズ船を下りた日に 外出先の聞き取りしたが… 93e25ad55283 93e25ad55283 感染男性、スポーツクラブ利用を伝えず クルーズ船を下りた日に 外出先の聞き取りしたが… oa-tokyoshimbun 0

感染男性、スポーツクラブ利用を伝えず クルーズ船を下りた日に 外出先の聞き取りしたが…

2020年3月2日 16:55 東京新聞

 静岡県内で初めて新型コロナウイルスへの感染が確認された静岡市の六十代の男性は、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を下船した二月二十日と二十二日、静岡市のスポーツクラブの浴場を利用していた。市は、男性と長時間、空間を共有した濃厚接触者を特定して健康状態を確認し、不要不急の外出を控えるよう要請する。(三宅千智)

20日と22日、浴場へ 同時間帯140人

 市によると男性は、「スポーツクラブセイシン千代田」(葵区上土)に二日とも四十分ほど滞在、浴場と更衣室を利用した。同じ時間帯に入館していたのは二十日に四十一人、二十二日に九十九人の男女計百四十人。クラブは会員制で、いずれも連絡先を把握している。

 クラブは一日を休館とし、保健所は館内を消毒した。市保健所の加治正行所長は「下船後の外出先はきちんと聞き取りをした。男性がなぜクラブの利用を言わなかったのか、理由は分からない」と述べた。浴場内は湿度が高く、お湯も塩素消毒されているため、水を介した感染の可能性は低いという。

 スポーツクラブセイシン千代田の杉山勉統括本部長によると、会員は市内を中心に約三千人。

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_aa6147ec0cec_小学校の隣に「無人ホテル」 大田区で建設中、反対署名2700人 保護者の不安「撮影されたら…」 aa6147ec0cec aa6147ec0cec 小学校の隣に「無人ホテル」 大田区で建設中、反対署名2700人 保護者の不安「撮影されたら…」 oa-tokyoshimbun 0

小学校の隣に「無人ホテル」 大田区で建設中、反対署名2700人 保護者の不安「撮影されたら…」

 東京都大田区の区立山王小学校の隣接地で、従業員が常駐しないホテルの建設が進んでいる。地域住民や保護者は「客室やベランダから子どもたちを撮影する客がいても、従業員がいなければ止められない」などと不安を訴え、営業を許可しないよう求める請願を先月、区教委に提出。これを受けて区教委は二日、臨時教育委員会を開き、この問題を議論する。(市川千晴)

訪日外国人向け 6月オープン

 ホテルは、渋谷区の不動産業者が計画。3階建てで、最大14人が泊まれる。訪日外国人家族向けで6月開業を予定している。

 業者は、住民らが不安を訴えたため1月23、25日に説明会を開いた。営業許可申請を受理した保健所の指導もあり、小学校側の窓をすべて曇りガラスに変更。ベランダから校庭が見えないようフェンスを設けるなどの対策を講じた。

 住民らは対策は不十分とし、2月6日に区長らに反対の署名を提出。その後、臨時教育委員会の開催を求める請願を出し、市民団体「山王小学校と地域の環境を守る会」を設立した。反対署名はこれまでに約2700人分に達した。

保健所「問題がなければ許可」

 山王小は創立90年を超す。会のメンバーで、自身を含め親子3代が卒業生の鈴木栄美子さん(69)は「地域で防犯パトロールを続けながら子どもを守る環境を築いてきた。その安全をリスクにさらしてまで営業すべきか疑問だ」と話す。

 旅館業法で、営業許可の申請は保健所に行う。保健所は、小学校から半径100メートル以内の場合、教育委員会に照会すると定められている。区教委は既に安全性の懸念を保健所に伝えたという。

 区教委は「学校の清純な環境が守られるような判断をしたい」と述べるが、保健所は「審査基準に基づき法律的な問題がなければ許可せざるを得ない」と話した。不動産業者は「住民全てから賛成を得るのは難しいが、できる限り対応したい」と語った。  

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_280d412682b2_仕事は休めない、子どもはどこで過ごせば… 新型コロナ、小中高の休校要請で不安と混乱 280d412682b2 280d412682b2 仕事は休めない、子どもはどこで過ごせば… 新型コロナ、小中高の休校要請で不安と混乱 oa-tokyoshimbun 0

仕事は休めない、子どもはどこで過ごせば… 新型コロナ、小中高の休校要請で不安と混乱

 新型コロナウイルスの感染防止策として、安倍晋三首相が27日、突然全ての小中高校や特別支援学校への臨時休校を要請しました。保護者や学校現場には不安や混乱が広がっています。 (奥野斐, 柏崎智子, 中村真暁)

「家にこもっていられるのは1週間が限界」

 小学5年の長女(11)と3年の次女(9つ)、保育所に通う三女(6つ)がいる東京都世田谷区の会社員女性(34)は、全校の休校要請のニュースが流れると、母親仲間と連絡を取り合った。

 長女と次女は留守番は慣れているというが「ずっと家にこもっていられるのは1週間が限界だと思う。1カ月以上は長い。低学年の子のお母さんは、仕事に行けないと悩んでいました」と話す。

 東京都板橋区のパート女性(40)は小学1年の長男の居場所がなくなるとし、「簡単には仕事を休めないし、休めてもその間の給料は保証されない」と戸惑いを隠さない。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され「子どもが遊べる場所も無く、どこで何をして過ごせばいいのか」と途方に暮れた。

学童「子ども密集、感染防止対策が大変」

 夫婦共働きで、小学2年の長男を持つ品川区の男性会社員(36)は「長男を日中ずっと、一人で過ごさせるのは難しいのに。仕事を休めるよう調整したり、都内に住む両親に頼んだりするしかない」と話した。

 放課後児童クラブ(学童保育)の職員も対応に不安を抱えている。東京都内の施設で働く女性(37)は「シフトを組み直し、出勤時間を2時間ほど早めて対応しなければならない。学校よりも狭い空間に学年が異なる子どもたちが密集するので、感染防止対策も大変」と話した。 

外部リンク

cat_18_issue_oa-tokyoshimbun oa-tokyoshimbun_0_10b86301c9d1_千葉市長、国の要請に疑問「疫学的根拠を」 小1・2年と特別支援全学年を校内で預かる方針発表 10b86301c9d1 10b86301c9d1 千葉市長、国の要請に疑問「疫学的根拠を」 小1・2年と特別支援全学年を校内で預かる方針発表 oa-tokyoshimbun 0

千葉市長、国の要請に疑問「疫学的根拠を」 小1・2年と特別支援全学年を校内で預かる方針発表

2020年2月28日 16:55 東京新聞

休校期間は政府要請より短く

 文部科学省が三月二日からの一斉休校を要請したのに対し、千葉市の熊谷俊人市長は二十八日、一人で自宅で過ごすのが難しい普通学級の小学一~二年生と特別支援学級の小学一~六年生は、校内で預かる方針を示した。

 基本方針として市立小中学校は三月三日から、市立高校は四日から約二週間休校にする。政府の要請では休校期間は春休みまでとしているが、ウイルスの潜伏期間を根拠としていずれも十六日までとする。卒業式は時間を短縮するなどして実施する予定。

 児童の預かりは通常の授業時間帯に実施。感染予防のため少人数に分散し、自習して過ごしてもらう。二日までに、保護者に預かりの希望を募る予定。

「高齢者対策があった上でのこと」

 熊谷市長は休校要請について「本来はより感染リスクが高い成人、高齢者の対策があった上でなされるもの。期間を春休みまでとする疫学的根拠も知りたい」と疑問を呈した。

 学童保育は引き続き開所する通知についても「学校より接触が多い場所。感染防止の点で、ちぐはぐな印象」と指摘。利用児童の急増を想定し、代替施設として校舎の利用を検討する考えを明らかにした。(太田理英子)

外部リンク