cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_084d6d7bc166_田中圭がモテる花屋「キラキラした目で、おっちゃん見ないで!」映画『mellow』完成で舞台挨拶 084d6d7bc166 084d6d7bc166 田中圭がモテる花屋「キラキラした目で、おっちゃん見ないで!」映画『mellow』完成で舞台挨拶 oa-tokyoheadline 0

田中圭がモテる花屋「キラキラした目で、おっちゃん見ないで!」映画『mellow』完成で舞台挨拶

2019年12月10日 22:11 TOKYO HEADLINE

 田中圭が10日、都内で行われた最新主演映画『mellow』の完成披露舞台挨拶に登壇した。田中は本作について「すごく温かい映画」だといい、「何度も何度も見てもらいたいし、いっぱい愛してもらいたいと思う」と、呼びかけた。



『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』などの今泉力哉監督とタッグを組んだ不器用な恋の物語。物語は、オシャレな花屋「mellow」の店主と、廃業寸前のラーメン屋を舞台に展開する。「僕ら全員が経験したことがあるような話なんだけど、みんなが見過ごすような小さな気持ちとかをすごく大事に、言葉は悪いんですけど、寄せ集めている」と、田中。

 田中は花屋の店主を演じる。「俺はオシャレな花屋さんだと思ってやった」と本人。「(花監修の)香内(斉)さんにいろいろ教えてもらったりするんですけど、花をハサミで切るのもすごく難しくて。花束も作る人のセンスですし、花を撮る順番も指示をいただいてその通りその通りやってました。最後のシーンは、あんな使われ方するとはまったく知らないでやっていたので、完成したものを見てびっくりしましたよ! すごい恥ずかしかった」。


 また普段花を人に贈ることはあるかと聞かれると、「母の仏壇とか、家に飾るものぐらい」。母親をなくすまではあまり花に興味がなかったといい、「撮影が終わるとお花をいただくじゃないですか。そうすると欲しい人や行きつけのお店にあげたり、そのまま事務所に渡したりしていたんです。母が亡くなって花を供えるようになって初めて自分で花屋さんに行って自分で選んだりとか、誰かを思いながら花を作るというのを体感しています。今までもらっていたお花もみなさんが一生懸命考えていたんだろうなと思うと、ちょっとごめんなさいと思いつつ……。(この映画の話は)お花に興味を持ち始めてすぐだったのでちょっと……"おっ"ていう感覚がありました」と、話した。

 舞台挨拶には、ヒロインの岡崎紗絵、共演の志田彩良、松木エレナも登壇。

 ラーメン店の女店主を演じる岡崎は「ラーメン屋さんの店主というの初めてだったので、衣装も新鮮でした。麺を茹でるところとか、ざるに入れるところとか全然難しくて。工程もいっぱいあって覚えることもいっぱいありました。学ぶことも多かったです」。


 田中演じる花屋の店主はモテる役だというが、「紗良ちゃんとエレナちゃんがとにかくキラキラ若い女の子なわけで……もちろん、紗絵ちゃんもよ(笑)。2人のキラキラとか好きっていう想いが宿った目を見ているだけで、お芝居中はいいんですけど、カットかかるとすぐ目をそらしてた……そんなキラキラした目でおっちゃん見ないで!という感じだった」と、笑った。

 今泉監督は「その辺にいる人というか、映画を観終わった後に街にいるんじゃないかという人を真ん中に置いた小さな話。同性の人を好きになったりとか、不登校の子が出てきたり、結婚しているけれど誰かを好きみたいな人、いろんな人が文句を言ったり言及しそうな人がたくさんでてくるけど、それを特別視することもなく、当たり前にいる人たちのように描いた映画になっています。片思いも実らなかったりですが、全体としては温かいメロウな映画になっている」。

 最後に田中は「すごく温かい映画で、何度もかみ砕けたり、かみしめたりできる映画。いろんなことが隠れているなと完成してから気づいたりしている」。さらに「誰かに興味を持つことは大切。興味を持たない限り、その人は他人なんですよね。その人のことを考えたり、その人のためにとか、"好き"っていう感情は素敵。そのきっかけは興味だと思う。みんながみんな興味を持てる人が増えて、他人という感覚がなくなればいいなと思う」と、話した。
 
 他出演に、白鳥玉季、SUMIREら。『パンとバスと2度目のハツコイ』に主演した山下健二郎も友情出演する。

 映画は、2020年1月17日公開。

外部リンク

cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_1734f8337f75_髙田延彦が「朝倉海vs那須川天心」実現に大きなハードルを指摘 1734f8337f75 1734f8337f75 髙田延彦が「朝倉海vs那須川天心」実現に大きなハードルを指摘 oa-tokyoheadline 0

髙田延彦が「朝倉海vs那須川天心」実現に大きなハードルを指摘

2019年12月10日 21:52 TOKYO HEADLINE

昨年の堀口vs天心戦を踏まえ個人の見解示す

 元総合格闘家でRIZINの解説を務める髙田延彦が12月10日、朝倉海と那須川天心の対戦について「個人の見解」としたうえで「ルール問題」が大きなハードルになると話した。

 髙田はこの日、都内で取材に応じ年末に開催されるビッグイベント「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)と「RIZIN.20」(12月31日、同)の2大会の見どころについて語った。

 海vs天心戦は今年の夏に海が堀口恭司を破った後、そして大晦日の試合を堀口が欠場するニュースが流れた時に「海vs天心」を待望する声がSNS上でも上がったのだが、このカードの実現については髙田は「去年の9月に堀口選手がキックルールで天心選手に挑んだ。あれは一瞬、我々も有頂天になってしまって、堀口選手の男気に乗っかった感じになったが、本当はああいう試合はやるべきではなかったなと思う。ルールが片方のルールに偏ってしまっていた。この2人を戦わせるにしても、ああいう偏った戦いはやらせるべきではない」などと堀口vs天心戦を行ったうえでの反省点を挙げ「もし百歩譲ってやってもらうのであれば、極力、平等に近いルールで両方が戦えるような、そういう環境をイベント側が責任を持って作らなければいけない」などと実現に向けてはルール問題がハードルになるという個人としての見解を示した。

 また堀口戦が流れた後に海が「カードに穴が開いたのであれば、僕は何でもやります。やれることがあれば言ってください。なんでも受けます」とRIZIN側に言ってきたことを明かし「堀口vs海戦がなくなって一番ショック受けたのは海選手であり、堀口選手。それなのに自分がショックであれば、見るファンも同じくらいショックを受けているのではないかと思って、そういう意思を伝えてくれたんだと思う。ものすごいRIZIN愛を感じた。この場を借りて、本当にありがとうと言いたい。もう気持ちはケイプ戦にしっかりアジャストしていると思う。ケイプも潰しに来るし、それを受ける海も潰しに行く。大晦日の海の一挙手一投足から目が離せない。心の底まで感じたいという気はする」などと話した。

外部リンク

cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_96f3ea63d2ef_日本初の傘シェアリングサービス、東京駅でスタート。「雨の日のインフラ」目指す 96f3ea63d2ef 96f3ea63d2ef 日本初の傘シェアリングサービス、東京駅でスタート。「雨の日のインフラ」目指す oa-tokyoheadline 0

日本初の傘シェアリングサービス、東京駅でスタート。「雨の日のインフラ」目指す

2019年12月10日 19:51 TOKYO HEADLINE

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を展開するベンチャー企業Nature Innovation Groupは9日、東京駅エリアでサービスを開始。これにより、JR東京駅の各出口、八重洲地下街、東京スクエアガーデン、日本橋高島屋S.C.、COREDO室町1など、41スポットで傘を借りることが可能になる。東京駅周辺が雨の日も快適になりそうだ。

「アイカサ」は日本初の傘のシェアリングサービスとして昨年12月に東京・渋谷でサービスを開始。これまでに上野や福岡などにも拡大し、登録ユーザー数は約6万人、スポット数は全国約700にのぼる。突発的な雨にもビニール傘を購入せず、雨がやんだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴で、利用料金は1本70円。24時間以内であれば同じ料金で何度でも利用できる。

代表取締役の丸川照司社長は、「1年前、私たちは傘の無駄な循環をなくしたいと始めました。アイカサは雨の日の快適さを上げられるだけでなく、プラスチックごみを減らせる社会的な取り組みだと感じています。まだまだ始まりの一歩でありますが、ここから何十年もよろしくお願いいたします」と挨拶した。

今回のサービス展開では、三越伊勢丹や高島屋、三井不動産、東京建物など7社が事業に協力した。東京ステーションシティ運営協議会の担当者は「東京駅には、年間1万本の傘の拾得があります。駅のおもてなしのひとつとしてだけでなく、アイカサをご利用いただくことで、拾得物を少なくしていくことも狙いです」と期待を寄せた。「雨の日のプラットフォーム」として、東京駅に新たなインフラが生まれそうだ。

(取材・文 丸山裕理)

外部リンク

cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_fbee5d0d5188_「URACORI」オープニングイベントにEXILE NESMITH、E-girls楓と山口乃々華が出演! fbee5d0d5188 fbee5d0d5188 「URACORI」オープニングイベントにEXILE NESMITH、E-girls楓と山口乃々華が出演! oa-tokyoheadline 0

「URACORI」オープニングイベントにEXILE NESMITH、E-girls楓と山口乃々華が出演!

2019年12月10日 17:28 TOKYO HEADLINE


 新橋・有楽町JR高架下に誕生した大人の為の商業施設「URACORI」が11月20日にグランドオープンした。当日は、オープニングイベントとしてTOKYO FMのラジオ番組「JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE」の公開録音イベントが開催され、ゲストにEXILE NESMITH、E-girls楓と山口乃々華が登場、楽しいトークを展開した。

外部リンク

cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_484a2d984c5b_「club GHQ」オープニングゲストとして浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が出演! 484a2d984c5b 484a2d984c5b 「club GHQ」オープニングゲストとして浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が出演! oa-tokyoheadline 0

「club GHQ」オープニングゲストとして浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が出演!

2019年12月10日 17:21 TOKYO HEADLINE


 新橋・有楽町JR高架下に誕生した大人の為の商業施設「URACORI」に「clubGHQ」がグランドオープン。
オープニングゲストとしてDJ Sho-heyこと浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が出演、超満員の来場者と会場を大いに盛り上げた。

外部リンク

cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_6f3fde5746e5_バティスタとnWoが2020年WWE殿堂入り【WWE】 6f3fde5746e5 6f3fde5746e5 バティスタとnWoが2020年WWE殿堂入り【WWE】 oa-tokyoheadline 0

バティスタとnWoが2020年WWE殿堂入り【WWE】

2019年12月10日 17:16 TOKYO HEADLINE

米国現地時間4月2日に「WWEホール・オブ・フェーム2020」

 WWEは12月9日(米国現地時間)、バティスタとnWoの2020年WWE名誉殿堂「ホール・オブ・フェーム」入りを発表した。2020年度の殿堂者としては初の発表となった。

 バティスタは“野獣”“ジ・アニマル”と呼ばれてジョン・シナ、トリプルH、アンダーテイカーなどWWEの歴史に残るスーパースターたちのライバルとして活躍し、リック・フレアー、トリプルH、ランディ・オートンと共に改革派のエボリューションのメンバーとしても活躍した。昨年4月のレッスルマニア35ではトリプルHとノー・ホールズ・バード戦で激突し、試合後には引退を表明。バティスタはWWEのリング、そしてハリウッドでも成功を収めた。

 nWo(ニュー・ワールド・オーダー)はハルク・ホーガン、スコット・ホール、ケビン・ナッシュ、ショーン・ウォルトマンが率いた革新的で物議を醸し出したグループ。世界中のファンを魅了し、そのムーブメントは日本にも波及。WCWのスティング、ダイヤモンド・ダラス・ペイジ、レックス・ルーガーなどのライバルとして活躍した。

 nWoの殿堂入りにより、4人のメンバー全員が2回目のWWE殿堂入りを果たすことになる。

 殿堂入りセレモニー「WWEホール・オブ・フェーム2020」は、米国現地時間4月2日にフロリダ州タンパベイのアマリー・アリーナで行われ、その模様は日本時間4月3日にWWEネットワークで生配信される。

外部リンク

cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_f118de301324_戸澤がブラックに敗れ、この日もロウ初勝利に届かず【12・9 WWE】 f118de301324 f118de301324 戸澤がブラックに敗れ、この日もロウ初勝利に届かず【12・9 WWE】 oa-tokyoheadline 0

戸澤がブラックに敗れ、この日もロウ初勝利に届かず【12・9 WWE】

2019年12月10日 17:09 TOKYO HEADLINE

最後は狙いすましたブラック・マスに沈む

 WWE「ロウ」(米国現地時間12月9日、サウスカロライナ州グリーンビル/ボン・セコース・ウェルネス・アリーナ)でロウ初勝利を狙う戸澤陽がアリスター・ブラックとシングル戦で激突した。

 序盤、技が決まらずに翻弄される戸澤だったが、腕関節の取り合いからハリケーン・ラナを決めてブラックを場外に追いやると、トペ・スイシーダを放つ。しかし、ブラックがカウンターのヒザでこれを迎撃すると、狙いすましたブラック・マスで戸澤を沈めて3カウント。戸澤はまたしてもロウ初勝利に届かず、勝利したアリスター・ブラックはPPV「TLC」(現地時間12月15日、ミネソタ州ミネアポリス/ターゲット・センター)でバディ・マーフィーとの対戦が決定した。

外部リンク

cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_45671b1854ec_カブキ・ウォリアーズがベッキー&シャーロット相手に王座TLC戦【12・15 WWE】 45671b1854ec 45671b1854ec カブキ・ウォリアーズがベッキー&シャーロット相手に王座TLC戦【12・15 WWE】 oa-tokyoheadline 0

カブキ・ウォリアーズがベッキー&シャーロット相手に王座TLC戦【12・15 WWE】

2019年12月10日 17:03 TOKYO HEADLINE

12・9「ロウ」のハンディ戦でベッキーを滅多打ち

 WWE女子タッグ王者カブキ・ウォリアーズ(アスカ&カイリ・セイン)が「ロウ」(米国現地時間12月9日、サウスカロライナ州グリーンビル/ボン・セコース・ウェルネス・アリーナ)でロウ女子王者ベッキー・リンチと2対1ハンディキャップ戦で激突した。

 アスカは「てめー! なめんじゃないぞ」とヒップアタックを放つと、カイリもスリーパーで絞め上げてベッキーを攻め込んでいく。

 数的不利のベッキーはクローズラインから2人を捕まえダブルDDTで反撃。カイリのインセイン・エルボーやアスカのアスカロックを回避し、さらに2発目のインセイン・エルボーも足で迎撃したベッキーがカイリにディスアーマーを決めると、アスカがカイリの足を引っ張って何とか脱出。

 そしてなかなかベッキーを仕留められずイラつくアスカがベッキーをパイプ椅子で攻撃して反則裁定となると、カイリも場外へのインセイン・エルボーでベッキーをテーブルごと粉砕した。

アスカ「ラダー、チェア、テーブルなんでもやってやろうやんけ」

 手段を選ばずベッキーを痛めつけたカブキ・ウォリアーズはバックステージでシャーロット・フレアーにも暴行を加えるとPPV「TLC」(現地時間12月15日、ミネソタ州ミネアポリス/ターゲット・センター)でベッキー&シャーロットを挑戦者に迎えWWE女子タッグ王座TLC戦を行うことが決定した。

 バックステージでアスカは「やったったで! なにが女王やねん。ラダー、チェア、テーブルなんでもやってやろうやんけ」とシャーロットを侮辱すると、カイリは「真っ二つですよ。テーブルごと桃太郎のようにパッカーン」とベッキーを挑発した。

 PPV「TLC」は日本では12月16日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)でライブ配信される。

外部リンク

cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_57719ca9d67d_ドラマ『サ道』年末SP決定!原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗らと“ととのう” 57719ca9d67d 57719ca9d67d ドラマ『サ道』年末SP決定!原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗らと“ととのう” oa-tokyoheadline 0

ドラマ『サ道』年末SP決定!原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗らと“ととのう”

2019年12月10日 14:24 TOKYO HEADLINE

 原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗が出演し注目を集め、サウナーと呼ばれるサウナ好きを熱狂させたドラマ『サ道』が年末SPで帰ってくる。

 タイトルは『 「サ道」2019年末SP-北の聖地でととのう-』(テレビ東京ほか、12月28日16時〜17時)。舞台は北海道で、原田演じる主人公のナカタは北の聖地といわれる北海道・上富良野町「白銀荘」を目指す。もちろん原田、三宅、磯村ふんする3人のサウナーはサウナへの愛をひたすら語り合う。

 ドラマ『サ道』は、サウナ伝道漫画としてサウナーに親しまれている、タナカカツキの『マンガ サ道』を原作としている。3人のサウナーのサウナにまつわる会話をベースに、主人公のナカタが全国各地の施設を訪れ、“ととのった”り、ととのわなかったり、サウナで人と交流しながら、『サ道』を追求していく内容。


外部リンク

cat_1_issue_oa-tokyoheadline oa-tokyoheadline_0_3700d3f9f70b_黒木啓司、ジェネメンバーと食レポ対決! 福岡でハンバーガー 3700d3f9f70b 3700d3f9f70b 黒木啓司、ジェネメンバーと食レポ対決! 福岡でハンバーガー oa-tokyoheadline 0

黒木啓司、ジェネメンバーと食レポ対決! 福岡でハンバーガー

2019年12月10日 13:56 TOKYO HEADLINE

 黒木啓司(EXILE / EXILE THE SECOND)が出演中の人気深夜番組『ドォーモ』(九州朝日放送、毎週月曜~木曜24時15分)で、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、小森隼、中務裕太と食レポ対決をする。

 12月10日の放送の回。黒木は、片寄、小森、中務とともに、福岡で噂のハンバーガー屋さんを訪れ、全員で食レポに挑戦。すでに公開されている予告映像では、「お好み焼きみたい」といったコメントや、「ハンバーガーの役員会」など独特なフレーズが飛び出している。さらには、紅白歌合戦を控えて、GENERATIONS内で起こっている問題も明らかに? 今夜は夜食テロに備えよう。

外部リンク