cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_5ed92d6fad02_田中圭&橋本環奈が短パン&ミニスカ姿で“応援団”に! 5ed92d6fad02 5ed92d6fad02 田中圭&橋本環奈が短パン&ミニスカ姿で“応援団”に! oa-thetvjp 0

田中圭&橋本環奈が短パン&ミニスカ姿で“応援団”に!

2018年10月12日 14:00 ザテレビジョン

田中圭、橋本環奈、あばれる君が「アフラックの健康応援医療保険」商品発表会に出席。新CMの衣装である応援団ふうの衣装で登場し、撮影の裏話や健康の秘訣(ひけつ)などを明かした。

新CMでは短パン、はちまき姿で「熱血健康応援団長」に扮(ふん)している田中。

あばれる君にグイグイ迫るテンションの高いCMで、田中は「普通のドラマだったら、あんなテンションだとあんなに出番がない。ポイントで使われるやつです(笑)」と解説。

「動きが大変で、椅子に座ってガタガタって近づく動きを1秒で、とか。耳元でささやくせりふにあばれる君がドキドキしてくれて、うれしかったです」と裏側を明かしていた。

また、CMにちなみ、田中と橋本が自らの健康法をフリップで解説。

「走る時は数オンリー」と書いた田中は、「ジムとかジョギングでテレビを見たり、音楽を聴く人が多いと思うんですけど、僕はずーっと数字を数えてる。その代わりめちゃくちゃ早く走ります」と、独特のトレーニング法を紹介した。

「笑顔」と書いた橋本は、「考え込まないようにしています。笑顔でいると健康にもなれる気がします」とニッコリ。

田中が「僕のCMはシュールだけど、環奈ちゃんのはただただかわいい」と橋本バージョンのCMを絶賛すると、あばれる君も「(橋本とCMで共演している)チャンカワイがうらやましい!」と本音を。

「芸人でこんなに田中圭さんに近づいた人もいないのでは。すっごいいい匂いがしました(笑)」と、田中との共演も満喫したようだった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_b552eb6c367d_稲垣吾郎が草彅剛の愛犬“くるみ”を抱っこ♪ 「パパは?」の表情にファン悶絶 b552eb6c367d b552eb6c367d 稲垣吾郎が草彅剛の愛犬“くるみ”を抱っこ♪ 「パパは?」の表情にファン悶絶 oa-thetvjp 0

稲垣吾郎が草彅剛の愛犬“くるみ”を抱っこ♪ 「パパは?」の表情にファン悶絶

2018年10月12日 14:00 ザテレビジョン

稲垣吾郎が自身のオフィシャルブログを更新し、草なぎ剛が愛してやまないフレンチブルドッグ“くるみ”との2ショットを公開した。

ファンからは「可愛い!!!!!」「くるちゃんを抱き締める吾郎さん最高です」との声が上がり、パパである飼い主の草なぎを探すような“くるみ”の表情に癒やされる人が続出している。

「くるみさんとごろうさん」と題したアメブロは、稲垣・草なぎ・香取慎吾の3人によるAbemaTVレギュラー番組『7.2新しい別の窓』(毎月第1日曜日午後5時から生放送)の第7回(10月7日放送)を振り返り「先日の「ななにー」。まったりしたトーンから始まり、豪華ゲストをお迎えして最後にはパリでのホンネトークと、盛りだくさんの内容でしたね。」と更新された。

そして「とある撮影にて」と、草なぎの愛犬“くるみ”を抱っこした2ショットとともに「このラベンダーの香りがする人誰?」「あのー」「わたしのパパはどこ?」と“くるみ”の心の声を公開。

抱っこされている間、草なぎパパはギターに夢中だったようで「スタッフには「くるちゃん」ではなく「くるみさん」とさん付けされてました。既に大物女優?!羨ましいでしょ」と、撮影現場の様子などを明かしている。

この投稿にファンからは、「くるちゃんになりたい!!」「くるちゃんを抱き締める吾郎さん最高です」「癒されます」「ぎこちない(笑)」「可愛い!!!!!」「抱っこのフィット感!2人ともかわいい顔!!」「くるみさんに負けないぐらい吾郎さんが可愛い…」ともん絶する声が多数寄せられている。

さらに「最近の僕といえば、舞台『No.9』のお稽古の毎日。」と稲垣が主演を務める舞台『No.9-不滅の旋律-』についても触れ「新しいキャストの方をお迎えすることにより、前回の舞台の記憶をなぞる訳ではなく、また新しいベートーヴェンの命が芽生えてきています。楽しみにしていて下さい!」と呼び掛けた。

外部リンク

cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_654e929cf70a_浦井健治&高杉真宙がコラボ歌唱!尾上松也からのエールも 654e929cf70a 654e929cf70a 浦井健治&高杉真宙がコラボ歌唱!尾上松也からのエールも oa-thetvjp 0

浦井健治&高杉真宙がコラボ歌唱!尾上松也からのエールも

2018年10月10日 17:00 ザテレビジョン

10月6日に東京・ららぽーと豊洲で「新感線☆RS『メタルマクベス』disc3」のスペシャルトークイベントが開催され、主演を務める浦井健治と高杉真宙、柳下大が登壇した。

3人が出演する本作は、シェイクスピアの「マクベス」のストーリーに宮藤官九郎が大胆な脚色を加え、2006年に劇団☆新感線で上演された音楽劇。今回の再演では、7月から12月にかけて、キャストや演出を変えた3バージョンを上演する。

11月9日(金)から開幕するdisc3では、ランダムスター/マクベス浦井役の浦井とランダムスター夫人/ローズ/右近B役の長澤まさみが中心となって盛り上げていく。

この日は、浦井と共に、レスポールJr./元きよし役を演じる高杉、グレコ/マクダフ柳下役を演じる柳下がイベントに登場。3度目の劇団☆新感線作品出演となるミュージカル界のプリンス・浦井が、初参加となる高杉と柳下をリードする形でトークを進行した。

「メタルマクベス舞台裏自撮りPHOTOトーク」では、浦井が夫婦を演じる長澤との2ショットを披露し、2人の今の関係性を明かしたり、柳下がパール王/ナンプラー役・粟根まことから借りているというベースと一緒に写った写真を紹介するなど、貴重な話が盛りだくさん。

また、「メタルマクベス僕のゲン担ぎはこれだ!」というテーマトークでは、柳下が「5円玉を使わずに貯めて、毎月神社にお参りに行って賽銭箱に入れている」というエピソードを披露した。

浦井健治&高杉真宙によるスペシャルな歌唱披露も!

また、イベントでは現在公演中の「新感線☆RS『メタルマクベス』disc2」で主演を務める尾上松也との生中継も。第二幕が始まるまでの休憩時間中、ランダムスターの扮装のままで参加したこともあり「健ちゃん休ませてくれ~」と嘆きながらも、仲良しの浦井と楽しい掛け合いを見せた。

そして、過去にドラマで共演したことがあるという柳下や、モニター越しに初対面を果たした高杉へエールを送りdisc3のメンバーである3人を激励した。

さらに、イベントではMCから歌披露のリクエストを受けた浦井が高杉と共にレスポールJr.の歌である「明けない夜は長い」をワンフレーズだけ歌い、会場を盛り上げた。

そんなスペシャルなイベントの締めくくりには、高杉が「僕はまだまだ稽古も緊張していて、きっと本番もすごく緊張すると思いますが、大先輩の皆様にいろいろ教えていただきながら頑張りたいと思います」と語り、「浦井さんもおっしゃったように、disc1からdisc3と続く公演は12月31日までありますので、気を抜かず皆で最後まで舞台上に立って、『メタルマクベス』の世界を演じ切りたいと思います」と意気込んだ。

さらに、柳下も「この劇場でしか観ることができないステージだと思います。12月31日まで年内いっぱい上演しています。今年の締めくくりにピッタリな作品だと思いますので、今までご覧になった方も、まだ観ていない方も、たくさんの知り合いの方を誘って、ぜひ皆さんで劇場に足を運んでください。お待ちしています」とアピール。

そして、disc3の座長である浦井が「360°客席が回転する劇場はここだけです。劇団☆新感線が約2年弱かけてやってきた『髑髏城の七人』から始まったこの劇場での公演は、僕たちが出演する『メタルマクベス』disc3がラストになるので、お客様の力もお借りして、60公演の完走を目指しながら、disc1の橋本さとしさんからdisc2の尾上松也さんに渡ったタスキを受け取って、しっかりやっていきたいと思いますので、皆様もガンガンに盛り上がっていただいて、応援よろしくお願いいたします!」と力強く締めた。

外部リンク

cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_99d3804817ff_高橋一生、イライラさせる役柄に「自分もこういう面がある(笑)」 99d3804817ff 99d3804817ff 高橋一生、イライラさせる役柄に「自分もこういう面がある(笑)」 oa-thetvjp 0

高橋一生、イライラさせる役柄に「自分もこういう面がある(笑)」

2018年10月10日 17:00 ザテレビジョン

――ドラマ「僕らは奇跡でできている」(フジテレビ系)で、高橋一生が演じるのは動物行動学の大学講師・相河一輝。彼は物事に没頭し過ぎる故に時間を守れず、空気を読まない男で、周囲の人々をイラつかせながら翻弄するが、高橋は「一輝を役として見られない」と笑った。

高橋「僕自身、没入してしまうタイプなので、自分もこういう面があるかもしれないと思いながら演じています」

――高橋が一輝と似ていると感じる理由は、他にもある。

高橋「ことし、NHKスペシャル『人類誕生』(NHK総合)という番組のナビゲーターをさせていただいたのですが、僕はもともと動物行動学などに興味があったんです。本当に大学講師になれるなら、僕も動物行動学を専攻したい。調べるほどに限りなくいろんな可能性が出てきて面白いし、新説が出るたびに従来の見方が覆されていくのも面白い。ですから、一輝が講義するところは、自由に話をしているような感じです。しかし、そういう経験を役に投影し過ぎると一輝が僕自身になってしまうので、自分との差異をつけないといけないと思っています」

――高橋の中で一輝という男が、日々面白い存在になってきているという。

高橋「一輝は人の話を聞いていないようで全部耳に入っていて、必要なものを即座に取捨選択しているんじゃないかと思います。またトライアル&エラーをするのが速く、エラーしたら次はどうするかを考え、それに集中する。他のことがおろそかになりますが、目の前のことには真摯に生きている。人物として強烈ですが、とても好きです」

――そんな一輝の生き方に、榮倉奈々演じる生真面目な水本育実ら周囲の人々が影響を受けていく。

高橋「今作で気付きを得るのは主人公の一輝ではなく、周囲の人々なので、従来のドラマとは違う楽しみ方ができるのではないかと思っています。また、多くの方は、自分に足りない部分があると感じていてそれを日々足していく作業をしていると思いますが、一輝は最初から“足りている”と考えている人。彼の生き方に触れて、ご覧になる方の意識がちょっとでも変わったら…。一輝ってイライラするけれど、何か引っ掛かる、そう思っていただけたらうれしいです」

外部リンク

cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_beb11276f68f_<まんぷく>長谷川博己の告白シーン&恋に悩む姿に「まるでヒロイン!!」 beb11276f68f beb11276f68f <まんぷく>長谷川博己の告白シーン&恋に悩む姿に「まるでヒロイン!!」 oa-thetvjp 0

<まんぷく>長谷川博己の告白シーン&恋に悩む姿に「まるでヒロイン!!」

2018年10月10日 16:30 ザテレビジョン

放送中の連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月~土朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。第7回(10月8日放送)で、ヒロイン・今井福子(安藤サクラ)と福子に思いを寄せる発明家の青年・立花萬平(長谷川博己)の恋が一気に進展!悩んだ末に思いを伝えた萬平に、視聴者からは「かわいい!」「どっちがヒロインかわからない(笑)」の声が上がっている。

第6回(10月6日放送)のラスト、思いつめた表情で「戦争が始まってしまいましたね。でも…僕と、つきあっていただけませんか?」と唐突過ぎる告白を見せた萬平。

しかし第7回では一転、自分の口走った言葉にうろたえ「何を言ってるんだ僕は…。すいません、今の、忘れてください!」と、こけつまろびつ去っていた。

だが、頭の中は福子でいっぱい。仕事も手につかず、たまたま再会した世良商事の世良勝夫(桐谷健太)のアドバイス「押して、押して、押しまくれや!!」を胸に、翌朝ふたたび福子の働く大阪東洋ホテルへ。

「やっぱり、あれは…あれは、本気です。僕とつきあってください。結婚を前提に」「いい加減な気持ちじゃありません。お願いします!」と押して、押して、押しまくり、福子の「はい、わかりました」の返事を引き出した。

恋に揺れる長谷川博己が話題!

ニコニコと「はい、わかりました」と告白を受け入れた福子にも「かわいい!」「『はい、わかりました』のふわっとした笑顔がいいなぁ」といった声が上がっているが、注目を集めたのは長谷川演じる萬平だ。

ヒロインの視点から描かれることが多い連続テレビ小説にあって、ピュアすぎる萬平が恋に落ち、悩みながら思いを伝えるまでの様子が丁寧に描かれた序盤。ファンからは、「萬平さん、かわいいがすぎる」「目が血走ってるあたりもキモかわいい」「福ちゃんに『わかりました』をもらった萬平さんの、にじみ出る嬉しそうな表情が素晴らしい!!はぁキュンキュンする~!」といった声が続々。

さらに、雑踏の中でひとり「あ~!どうしてあんなことを言ってしまったんだ!」と後悔したり、自分のぶざまな告白シーンを思い返し「はぁ~嫌われた…」と落ち込む姿が「ヒロインそのもの」といった声も。

「好きな人を想って仕事が手につかないって少女漫画のヒロインかよ(笑)」「恋に恋する萬平さん、ヒロインぽい」。果ては、演じる長谷川博己が“ハセヒロ”の愛称で親しまれていることから“ハセヒロイン”なる造語も誕生し、SNSが盛り上がりを見せている。

外部リンク

cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_9e01c4598c54_稲垣、草彅、香取が23年ぶりに元日集合!お正月SP番組に歓喜の声 9e01c4598c54 9e01c4598c54 稲垣、草彅、香取が23年ぶりに元日集合!お正月SP番組に歓喜の声 oa-thetvjp 0

稲垣、草彅、香取が23年ぶりに元日集合!お正月SP番組に歓喜の声

2018年10月10日 16:30 ザテレビジョン

10月7日に7.2時間にわたって放送された「7.2新しい別の窓」(AbemaSPECIAL2)第7回で、2019年1月1日(火)に「7.2新しい別の窓#10 お正月SP」が放送されることが発表された。

7日の放送では、2017年9月22日に「新しい地図」がスタートしてから1年を迎える稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が1年を振り返り、現在心の中にある思いを語る特別企画「3人だけのホンネトークinパリ」を放送。

満月が輝くパレ・ド・トーキョーでエッフェル塔をバックに、「新しい地図」誕生の瞬間を捉えた映像を見ながら稲垣は「まだ周りを伺っているようにも見える、でも期待もしているし」と語り、「新しいことを始めよう、新しい扉は開くけど不安もあるような」と草彅も続けた。

そして、香取も「(この日のことは)忘れられないね」とコメントするなど、3人で「新しい地図」を描き始めたころの、期待や不安といったさまざまな思いを包み隠さず語った。

番組の最後には稲垣、草彅、香取の3人から、2019年1月1日(火)の元日に、7.2時間にわたる生放送で「7.2 元日スペシャル!」のオンエア決定が発表された。

2018年1月1日には、年明け早々0時45分から27分間の「27Hunホンノちょっとテレビ」が放送されたが、2019年は一気に15倍ほど拡大し、7.2時間にわたるスペシャル放送となる。

なお、詳細はこれから決定するとのことだが、多数のゲストを招き、3人と共に元日だからこそのスペシャルなひとときが繰り広げられる。

番組内での緊急発表として「7.2 元日SP」の放送を発表した3人。草彅は「3人が1月1日に集まって仕事をするのは23年ぶりらしいです!」と期待のほどをコメントした。

これにはファンから「元日からななにーが見られるの!?」「早く2019年来い!w」「やったー! 3人で新年会♪」と歓喜の声が上がっている。

外部リンク

cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_1084d3c2e87b_傷心の高畑充希の癒やしは葉山奨之「かわいくてしょうがない」 1084d3c2e87b 1084d3c2e87b 傷心の高畑充希の癒やしは葉山奨之「かわいくてしょうがない」 oa-thetvjp 0

傷心の高畑充希の癒やしは葉山奨之「かわいくてしょうがない」

2018年10月10日 16:30 ザテレビジョン

テレビ東京系で10月12日(金)よりスタートする「ドラマ24『忘却のサチコ』」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか)の記者会見に、高畑充希や早乙女太一、葉山奨之、山岸聖太監督が登壇した。

本作は、結婚式当日に新郎・俊吾(早乙女)に逃げられ、傷心の幸子(高畑充希)がつらいことを忘れるため、美食を追い求めるグルメコメディー。

2018年1月に放送されたドラマスペシャルが好評を博し、連続ドラマ化が決定した。

原作漫画のファンだという高畑は、実写化に当たってプレッシャーを感じたと告白。「幸子さんは高身長で爆乳のキャラクターなので、身長とおっぱいが足りなくてヤバいな…と思いました」と話し、笑いを誘った。

地上波の連ドラで初レギュラーとなる早乙女は「原作でもスペシャルでも顔が見えないので、原作ファンの皆さんの中にイメージが出来上がっていると思います。爽やかな役も初めてだったので、僕にとって全て新しい挑戦でした」と不安をのぞかせた。

また、幸子の後輩で新入社員・小林を演じる葉山は、過去にも共演経験がある“先輩・高畑充希”について「充希ちゃんは幸子さんのような先輩で、撮影中も全部助けてもらいました。充希ちゃんが幸子さんじゃなかったら、僕も(小林役を)ここまで表現できなかったと思います」とコメント。

一方の高畑も「久しぶりに共演した奨之が、スーツが似合うようになっていて、『えー! 大人じゃん』と思いました(笑)。でも犬っぽさもあって、かわいくてしょうがない。ずっとなでていたい欲求を抑えていました」とかわいい後輩をべた褒め。

最後に高畑は「コスプレを結構していて、シュールです。『いろいろやらされているな~』と思って見ていただけたら(笑)」とドラマをアピールした。

外部リンク

cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_8dec75314d85_「もはや青くない」中村倫也、中島健人も「頼れるお兄さん」とベタ惚れ 8dec75314d85 8dec75314d85 「もはや青くない」中村倫也、中島健人も「頼れるお兄さん」とベタ惚れ oa-thetvjp 0

「もはや青くない」中村倫也、中島健人も「頼れるお兄さん」とベタ惚れ

2018年10月10日 16:30 ザテレビジョン

ブレーク中の俳優・中村倫也が新土曜ドラマ「ドロ刑ー警視庁捜査三課-」(10月13日スタート、毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系※初回15分拡大)の第1話先行試写会に登壇。主演を務めるSexy Zoneの中島健人とのラブラブぶりを見せた。

「ドロ刑―」は、現在「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の福田秀の漫画「ドロ刑」が原作。新米刑事・斑目勉(中島)が、伝説の大泥棒・煙鴉(けむりがらす=遠藤憲一)との禁断の相棒捜査で事件を解決し「本当の正義とは何か?」を問い掛けるユニークな刑事ドラマだ。

そんな本作で、班目とともに警視庁捜査第三課13係に所属する刑事・皇子山隆俊(おうじやま・たかとし)を演じる中村。皇子山は捜査一課出身の元エリートで、プライドの塊。班目とぶつかりながら事件に挑んでいく。

連続テレビ小説「半分、青い。」(2018年NHK総合ほか)での“ゆるふわ男子”マアくんこと朝井正人役などで注目を集めた中村は、イベント前に行われたフォトセッションでも、カメラマンから“倫也スマイル”をリクエストされニッコリ。集まったファンから「かわいいー!」と声が飛ぶなど、人気ぶりを見せつけた。

もう青くない…今は「倫也色」

会見は、“大泥棒”役の遠藤が、あいさつの中で中島のお決まりフレーズ「Sexyセンキュー!」を“盗む”など、冒頭からテンション高め。

司会の青木源太アナウンサーが中島に「中村さんもめちゃくちゃセクシーですよね」と振ると、中島は「本当に、全然青くないです。もう、もはや。かなり、もう熟されています」と、中村が出演していた「半分、青い。」を意識した返しで会場を沸かせた。

「“半分、青”くない?」とあおる青木アナに、中村も「熟して何色になっちゃった?」とノリノリ。2人からのフリに中島は「…倫也色だよ」とさらりと答え、ふたたび喝采を浴びた。

中島が「僕はまだ倫也さんとそんなに撮影一緒になってないから、どういう風にジョークを飛ばしていいのか…」と遠慮がちな表情を見せると、中村は「一緒に完パケ(編集も済んで完成した作品)見たじゃ~ん」と仲良しぶりをアピール。中島が「そうですね、もう2センチくらいの距離感で見ていましたよね。いい香りがしました」と応じると、中村は「すごいうれしい~。ありがと~!」と“ゆるふわ”な返しでファンを沸かせた。

中島健人「倫也さんすごく“かっけーな”って」

そんな中村に、中島は「(共演者と過ごしていて)ちょっと静かになったときとか倫也さんがトークのパス回しをしてくださっているので、すごくかっけーな!って思いました」「いい香りがするんでね。ずーっと(そばに)いたくなるっていう。頼れるお兄さんというか。お話も面白いし」とベタ惚れの様子。

一方の中村も、中島について「ケンティは気づくと横に座ってて、気づくと僕の肩に肘を置いてるんです。『倫也さ~ん!』って。それが不思議とイヤじゃないんです。だから生粋の班目気質ということで」と絶賛。続けて「僕は(“Sexy”みたいな)ギャグ持ってないもん。R-1(ぐらんぷり)も出てたよね?」とイジり、中島に「ギャグじゃない!技!」「(R-1ぐらんぷりにも)出てない!(笑)」ツッコまれる一幕も。初共演の中島と中村を含む“ドロ刑チーム”の仲の良さをうかがわせる会見となった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_377f70b4c8a5_新垣結衣のツッコミで、田中圭が愛されパパ発言!「何でも買っちゃう」 377f70b4c8a5 377f70b4c8a5 新垣結衣のツッコミで、田中圭が愛されパパ発言!「何でも買っちゃう」 oa-thetvjp 0

新垣結衣のツッコミで、田中圭が愛されパパ発言!「何でも買っちゃう」

2018年10月10日 16:30 ザテレビジョン

簡単には本音が言えず、感情的に溺れることもできない。そんな理想的な男女が傷つきながらも自分らしく歩みだしていく、大人のラブ(かもしれない)ストーリー「獣になれない私たち」が10月10日(水)にスタート(毎週水曜夜10:00-11:00※初回は夜10:00-11:10、日本テレビ系)。

これに先立ち、トークイベントと第1話の完成披露試写会が行われ、W主演の新垣結衣、松田龍平をはじめ、田中圭、黒木華の4人が顔をそろえた。

トークイベントでは、“ラブかもしれない”という同ドラマに掛けて、生まれて初めてラブかもしれないと思った瞬間のエピソードで盛り上がる場面があった。

黒木華の初恋の人は虫博士! 彼の家は「森みたい」

黒木は小学生時代を振り返り、「“ラブかもしれない”と思ったかどうかは分からないんですが、初恋の人は虫博士のマエダくんという人です。遊びに行ったときにチョウが放し飼いにしてあり、格好いいなと思ったのがおそらく初めてのラブだったのかなと思っています」と笑みを浮かべた。

マエダくんの家については「おうちに遊びに行き、まず手を洗ったらザリガニがいて『あっ、ザリガニ放し飼いなのね』と思いました。リビングに行くと『何か動くな』とパッと見てみたら、チョウがカーテンに止まっていて。そのままスッと目を下ろしたら、棚のところに芋虫がはっていました。『あっ、なんか森みたい』と思いました」と小学校低学年のエピソードを楽しそうに明かす。

さらに、マエダくんについて「足が速いとか、サッカーができるとか、何かできる人って格好いいじゃないですか。私の場合は虫博士だったんですね」と述懐。そんなマエダくんは少し前に演歌歌手をしていたとも話した。

田中圭「『いや』って言うんです」 愛する子どもに嫌がられる!?

田中は自身の子どもについて話し、「1人目の時は未知過ぎて全く分からなかったんです。それから2人目になった時、実感もあったので、初めて赤ちゃんが純粋に『かわいい~』と思いました。それで惜しみない愛情を注ごうと思ったんですが、そこから2年たって今、下のチビにめっちゃ嫌われているんですよ。だから、そういうことじゃないんだなと思いました」と現在の心境を吐露。

続けて「(2人目の子どもに)『おいで』って言いたくなるじゃないですか。『いや』って言うんですよ。すごい嫌がられます」と嘆くも、「『いや』だって言われるたびに『おまえ、もう何にも買ってやんないからな』ってずっと言い続けていますね」とコメント。すると新垣から「そこじゃないですか。上がいるので言葉の理解が早いと思うんです。おそらく分かっていると思いますよ」とすかさずツッコミを受け、「(家に帰ったら)『何でも買っちゃう』って言います(笑)」と愛されパパ”発言を口にした。

松田龍平は女子全員から総スカン!? 不器用な過去を告白

松田は小学生の時のエピソードを振り返り、「女の子にどう気持ちを伝えたらいいのか分からず、スカートめくりをとにかくし続けました。そうしたらクラスの女子全員から総スカンを食らい、議題を決める授業があったのですが、そこで『今日の議題は松田くんがスカートをめくることだね』と決まってしまいました(笑)」と不器用な過去を照れくさそうに打ち明ける。

「僕は一人でその議題についてみんなの前で話をしたのですが、もう恥ずかしくてずっと下を向いてたんです。そういう経験がたぶん皆さんにもあると思うんですけれど(笑)」と明かすと、田中はうなずきながら「僕も幼稚園の時、初恋の先生が通るたびにスカートの下をスライディングしていました(笑)」とスカートの話で盛り上がる一幕も。

新垣結衣は“ちょっとかわいい”バレンタインの思い出を告白!

新垣は“ラブかもしれない”エピソードについて「人生で初めてバレンタインにチョコをあげたのは幼稚園の頃です。私は小さいときから漫画が大好きで、漫画に出てくるカップルはだいたい男性のほうが背が高いじゃないですか。それが当たり前みたいに思い込んでいる時期がありました」と明かす。

また、小さい頃から背が高かったという新垣は「自分よりも背が高い男の子が1人しかいなくて、その子のことが好きなんじゃないかと思ってチョコをあげたのですが、今思えばラブじゃなかったなという、ちょっとかわいいお話です」と明るい笑顔を見せた。

その後の進展については「ホワイトデーにお返しをもらって、それだけです。幼稚園児なので付き合うとかも特にないですし、誰かに(チョコを)あげなきゃというイベントだと思っていただけでした」と打ち明けた。

ちなみに、初めて渡したチョコレートは購入品だったそう。

外部リンク

cat_1_issue_oa-thetvjp oa-thetvjp_0_5fd7c9b59f3a_有村架純演じるみね子にまた会える!「ひよっこ」続編決定 5fd7c9b59f3a 5fd7c9b59f3a 有村架純演じるみね子にまた会える!「ひよっこ」続編決定 oa-thetvjp 0

有村架純演じるみね子にまた会える!「ひよっこ」続編決定

2018年10月10日 16:00 ザテレビジョン

連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年、NHK総合ほか)の続編となるスペシャルドラマ「ひよっこ2」が、2019年3月にNHK総合にて全4話で放送されることが決定した。

「ひよっこ」は、茨城の山奥・奥茨城に住む平凡な少女・谷田部みね子(有村架純)の成長を描く物語。みね子が勤務していた東京・赤坂の洋食店「すずふり亭」で出会った、ヒデこと秀俊(磯村勇斗)結婚し、感動的なフィナーレを迎えた

今回のスペシャルの舞台になるのは、前回から“たった”2年後の1970年の東京・赤坂と奥茨城村。みね子、ヒデはもちろん、父・実(沢村一樹)と美代子(木村佳乃)らおなじみの面々が再び登場する。

ヒロインの“前田”みね子を演じる有村は、「この度、『ひよっこ』がスペシャルで帰ってきます! 再びみね子を演じられる喜びと、キャストやスタッフの皆さんと再会できる喜びでいっぱいです。ありがとうございます」と感激した様子。

さらに、「最終話からのその後の様子が描かれていきますが、相変わらずの『ひよっこ』ファミリーで、私の心もほっこり、見てくださる皆様の心もほっこりすることと思います。『ひよっこ』色の強い、楽しい楽しい作品を目指して。精一杯頑張りたいと思います。お楽しみに!」と意気込んだ。

脚本・岡田惠和も「言いたくてしかたなかったです」

脚本の岡田惠和も、「ついに発表出来る日がやってきました。うれしいです。“朝ドラ”『ひよっこ』を愛してくれた皆さまに言いたくてしかたなかったです。『続編あるよ!』と。それは私だけではなく、全スタッフ、全キャストが同じ気持ちだったと思います。こうして続編をお届け出来るとは『ひよっこ』はなんと幸せなドラマなのでしょう」と感謝のコメントを寄せる。

そして、「『ひよっこ』らしい続編を書きました。あれから2年たった、みね子達の日常のドラマです。2年しかたってないので、そんなに大きな変化はありません。“近況報告”のような続編です。みんな元気です。みんな相変わらずです。そんな“相変わらず”な幸せなドラマを書きました。楽しんでいただけたらうれしいです」と“ひよっこ”ファンにメッセージを送った。

前作から引き続き、制作統括を務める菓子浩氏は、「『続きが見たい!』『スピンオフは無いの?』。朝ドラ終了後、たくさんのありがたいご声援をいただきました。その声が力となり、このたび続編の制作が決定しました」と反響が大きかったことを明かし、「多忙な中、再び『ひよっこ』のために集結していただいたキャストの皆さん。久しぶりに顔を合わせたのに息もピッタリです。来春、さらにパワーアップした『ひよっこ』ワールドをお届けできると確信しています。どうぞご期待ください!」とアピールした。

外部リンク