cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_4818e7994361_はいだしょうこ、歴代“うたのおねえさん”4ショット公開 フォロワーも「夢のよう」 4818e7994361 4818e7994361 はいだしょうこ、歴代“うたのおねえさん”4ショット公開 フォロワーも「夢のよう」 oa-techinsight 0

はいだしょうこ、歴代“うたのおねえさん”4ショット公開 フォロワーも「夢のよう」

2019年8月14日 11:50 テックインサイト

女優でタレントのはいだしょうこが、NHK『おかあさんといっしょ』に出演していた歴代“うたのおねえさん”らと撮った4ショットをインスタグラムに公開した。メンバーは14代目・しゅうさえこ(1981年~1983年)、15代目・森みゆき(1983年~1987年)、18代目・つのだりょうこ(1999年~2003年)、そして19代目・はいだしょうこ(2003年~2008年)の4名である。

今年で60周年を迎えた『おかあさんといっしょ』は、8月12日から17日まで夏の特集「60年スペシャル」が放送されている。毎日テーマごとに過去の映像を振り返るのだが、12日は“うたのおねえさん”を特集。同日の『はいだしょうこhaida_shoko Instagram』に投稿された4ショットは、その収録時に撮ったものだという。

“うたのおねえさん”のオーディション情報は特定の音楽大学や有名劇団だけに流され、その倍率はおよそ600倍と超難関であることが知られている。調べてみるとしゅうさえこは東京芸術大学卒、森みゆきは国立音楽大学音楽学部声楽科卒、つのだりょうこは武蔵野音楽大学音楽学部器楽科卒、そしてはいだしょうこは国立音楽大学附属高等学校声楽科を中退後に宝塚音楽学校に入学し宝塚歌劇団所属と、4人とも納得の学歴である。だが晴れて“うたのおねえさん”になっても、最初の3か月は1000曲もの歌をひたすら覚えなければならないのだ。その後は番組収録が月曜から水曜まで行われ、金曜は歌の収録。土日は地方でコンサートと過酷なスケジュールが待っている。また私生活では“うたのおねえさん”として子どもたちの手本となる行動を常に求められ、「信号無視」「歩き食べ」など多数の禁止事項が存在する。

今回スペシャル番組で先輩の“うたのおねえさん”らとランチをともにしてお喋りしたり、リハーサルや本番で一緒に歌った時間は「本当に楽しかった」とインスタグラムに綴るはいだ。『おかあさんといっしょ』を卒業してからは芸能活動を含め多くの仕事をしてきたが、“うたのおねえさん”として現役だった頃の気持ちを上回るものにまだ出会っていないという。「それだけ、自分にとって、「歌のお姉さん」というものは、充実して、責任があって、毎日子供達と歌えて、本当に自分の中で大きくて最高の時間だった」(原文ママ)と当時を振り返っている。


コメント欄には「自分の子供の時代のお姉さんと息子達の時代のお姉さん、そして当時見ることが出来なかったしょうこお姉さんの歌声が聞けて朝から凄く嬉しい気持ちになれました」「夢のような時間でした! 大学生の息子がしょうこお姉さんの時にスタジオ収録行ったんですよ」「私も私の母もそのまた母も、みんなおかあさんといっしょを見て育ってきたんだなって懐かしさもあふれでてうるうるきました」と、フォロワーそれぞれの“うたのおねえさん”との思い出が寄せられている。


画像は『はいだしょうこ 2019年8月12日付Instagram「おかあさんといっしょ いよいよ、今日から一週間「60周年記念 夏の特集」です」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

外部リンク

cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_912622f671f8_散歩中の飼い主が発作を起こした隙に、犬を盗んだ女(米) 912622f671f8 912622f671f8 散歩中の飼い主が発作を起こした隙に、犬を盗んだ女(米) oa-techinsight 0

散歩中の飼い主が発作を起こした隙に、犬を盗んだ女(米)

2019年8月14日 08:51 テックインサイト

米コロラド州で、犬を散歩中の男性が発作で倒れた隙に、30歳の女が盗みを働いた。女が盗んだのは男性が散歩していた犬で、あまりにも非常識な行為に非難の声が相次いでいる。『CBS Denver』などが伝えた。

7月31日、コロラド州ロングモントで犬を散歩していたロバート・コービーさん(59)が突然発作を起こし、セブン-イレブン裏の大型ゴミ収容器付近で倒れてしまった。異変に気付いた人々が駆けつけロバートさんに心肺蘇生を施す中、ある女がロバートさんと一緒にいた犬‟サンプソン”を連れ去った。現場には救急隊が駆けつけ、ロバートさんは病院に搬送されたものの死亡が確認された。

店の外に設置されていた監視カメラの映像によると、首輪をつけ綱に繋がれたままのサンプソンはロバートさんの様子を気にしながら何度か振り返っているが、女は綱を引っ張りそそくさとその場から去っている。

この映像はロングモント警察署のホームページや地元メディアによりシェアされたが、サンプソンは事件翌日、カップルと一緒に街中を歩いているところを警察官が見つけ保護した。警察官によると、このカップルは「犬は女にもらった」と話していたそうで、サンプソンは無事ロバートさんの家族のもとに返された。ロバートさんはうつ病で苦しんでおり、サンプソンをセラピー犬として飼っていたということだ。

ロバートさんの姪のケリーさんは、サンプソンが元気な状態で戻ってきたことを喜んでおり、地元メディアにこのように明かした。

「叔父のロバートと最期のお別れをするためにサンプソンを葬儀場へ連れて行きました。サンプソンは棺の上にしばらく座っていました。私もそうですが、サンプソンももう一度叔父に会うことができて本当に良かったと思っています。」

一方で犬を盗んだ女だが、事件から2日後に盗難車の中で寝ているところを見つかり、事情を聞こうとした警察官2人を蹴るなどしたために逮捕されていた。警察は調べを進めていくうちにこの女がメロディ・メロン(30)であること、ロバートさんの犬を盗んだ犯人であることを突き止め、盗難罪や犬の誘拐に関する罪などで再逮捕している。

なおこのニュースを知った人からは、「苦しんでいる人の犬を盗むって酷い」「もう頭がイカれているでしょう」「犬を盗むことは重罪にすべき」「連れ去られる時、犬が振り返ってるよ。絶対何が起こってるのか感じてるはず」「飼い主ときちんとさよならができて良かった」「犬が戻ってホっとした」「この女は何のために犬を盗んだんだろう」などのコメントがあがっている。

ちなみに今年の7月には米テキサス州で、Amazon配達員が仕事中に犬を盗みオンラインで販売しようとして逮捕されていた。逮捕の決め手はやはり監視カメラの映像だったという。

画像は『KKTV 11 News 2019年8月1日付「Woman who allegedly stole dog from dying man arrested; dog reunited with family」(Photo: Longmont Police Dept.)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

外部リンク

cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_fa9ab7f155f6_「ネイルサロンで道具が殺菌されている確証ない」クリアネイルで重度の感染症に(豪) fa9ab7f155f6 fa9ab7f155f6 「ネイルサロンで道具が殺菌されている確証ない」クリアネイルで重度の感染症に(豪) oa-techinsight 0

「ネイルサロンで道具が殺菌されている確証ない」クリアネイルで重度の感染症に(豪)

2019年8月13日 21:00 テックインサイト

このほどオーストラリアから、ネイルサロンで爪の手入れをしてもらった後に感染症で苦しむ羽目になった女性の一報が届いた。女性の指は真っ黒に膿んでしまい、指を失うかもしれないほど深刻な状態だったという。『The Sun』『Metro』などが伝えている。

オーストラリアに住むジェニーさん(Jenniとだけ伝えられている)は7月中旬頃、ニューサウスウェールズ州タガーアーのネイルサロン「パール・ネイル」でいつものように爪の手入れを行った。クリアネイルにラメが入った可愛らしいネイルだが、ジェニーさんの右手中指の爪の根元が赤く腫れ始めた。

当初は少し腫れている程度だったが、その1週間後に急に痛みが激しくなり7月29日の深夜にワイオングにある緊急病院へ向かった。感染症と診断されたジェニーさんは抗生物質を処方され、対応した医師に整形外科で診察が受けられるよう予約を入れてもらい、お昼頃に帰宅した。

病院から戻ったジェニーさんは処方された抗生物質を服用し一日中安静にしていたが、指の腫れは引くどころかますます大きく腫れあがっていった。痛みに耐えられなくなったジェニーさんは、31日に再び緊急病院で診てもらった。

すると医師から、感染した病変部を取り除くために手術が必要だと告げられてしまった。8月1日に手術をすることになりジェニーさんは入院したのだが、緊急患者が入ったため手術は2日に延期された。その間も指の症状はひどくなる一方で、手術直前には中指全体が黒く腫れあがり膿が滲み出ていた。

手術は無事に終わり、数日後には退院して回復に向かいつつあるが、ジェニーさんは今回の経験をもとにFacebookのグループページに自分の指の写真を投稿して警告を促した。

「これはネイルサロンの後で起こり得ることを警告するものです。私はタガーアーのパール・ネイルに通い続け、これまで何の問題もなかったのです。それどころか他の人にもお勧めするほどでした。しかし後になって考えてみると、パール・ネイルが素晴らしい衛生管理をしているという記憶が私にはありませんでした。」

「使っている道具はネイリストが顧客から次の顧客へと使用します。しかしその道具は殺菌されているという確証がありません。私はそのことについて、特に問題が起こるとも思わず何の心配もしていませんでした。私はサロンに対して報復するためにこれを投稿したわけではありません。ただ他の人が自分と同じ目に遭わないようにして欲しいだけなのです。」

感染症によっては、指のささくれ程度の傷からも重症化するケースがあると言われている。ネイルサロンでなくても、たとえば自分で指先の甘皮処理をする際には衛生面を気遣う必要がありそうだ。


画像は『The Sun 2019年8月5日付「BUMPY RIDE Woman nearly lost her finger when a little red bump turned into a flesh-rotting infection after a trip to the nail salon」(Credit: FACEBOOK)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

外部リンク

cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_319099ec3958_丸山桂里奈「会いたいけど会えない人がいる」意味深コメントも、ホロ酔い姿が色っぽい 319099ec3958 319099ec3958 丸山桂里奈「会いたいけど会えない人がいる」意味深コメントも、ホロ酔い姿が色っぽい oa-techinsight 0

丸山桂里奈「会いたいけど会えない人がいる」意味深コメントも、ホロ酔い姿が色っぽい

2019年8月13日 16:53 テックインサイト

元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈が、インスタグラムに実に色っぽい表情のセルフィーを公開している。バラエティ番組ではいつも明るい天然キャラで場を盛り上げる彼女も、センチメンタルな気持ちになって酒を飲む夜があるようだ。

昨年あたりからバラエティ系の女性タレントの中で頭角を現してきた丸山桂里奈は、ついに9月7日放送の人気番組『有吉の夏休み2019 密着77時間inハワイ』(フジテレビ系)のロケに“みちょぱ”こと池田美優らと共に初参加を果たしている。同番組には前回に引き続き藤田ニコルも参加しており、この3人は今年のバラエティ番組に欠かせない存在となっているようだ。今回のロケで丸山はみちょぱが大好きになったそうで、「若いのにしっかりもの。優しさの塊」と彼女をべた褒めしている。ハワイの思い出の一つは、みちょぱといつも一緒にいてたくさんお喋りしたことだという。

そんな丸山は、9月5日からNetflix、10月5日からはFODで配信される恋愛バラエティー『あいのり:African Journey』の新MCに抜擢されるなど、この秋からもますます仕事が忙しくなりそうだ。しかし13日の『丸山桂里奈 karinamaruyama Instagram』で「たまにはね。こんな日も」、「会いたいけど会えない人がいて でもいつも見守ってくれるから 頑張れたりして…」と明かし、何だか寂しそうだ。この時「#酔っ払い」状態だったという彼女は、目をトロンとさせ頬をピンク色に染めた顔でソファーに寝転んでいたようである。また「明日も頑張れる力や元気がそこにはあって、支えてくれる人がいて、だからこそ笑顔でいたいなと感じる」との部分に、彼女が疲労していると感じたフォロワーもいたようだ。


コメント欄には「やだっ! 超、可愛いんですけど」「泣いてしまったんかな。たくさん泣いた後の顔に見えて」「たまには自分のための時間を持たなきゃ!!」「ダーリンに会いたいんかな? 羨まし~な~」「頑張れ! でも無理するな」といった励ましや、仕事の忙しさを心配する声が寄せられている。

画像2枚目は『丸山桂里奈 2019年8月13日付Instagram「たまにはね。こんな日も。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

外部リンク

cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_bd1cc35be4bc_テイラー・スウィフト「完全無傷の人生なんてない」10代若者に呼びかけ bd1cc35be4bc bd1cc35be4bc テイラー・スウィフト「完全無傷の人生なんてない」10代若者に呼びかけ oa-techinsight 0

テイラー・スウィフト「完全無傷の人生なんてない」10代若者に呼びかけ

2019年8月13日 14:32 テックインサイト

恋人ジョー・アルウィン(28)と順調な交際が続いている歌姫テイラー・スウィフト(29)が、現地時間11日にカリフォルニア州ハモサビーチで開催された『ティーン・チョイス・アワード』に出席した。カラフルな「ヴェルサーチ」のアンサンブルで美脚を披露したテイラーはこの日「アイコン賞」を受賞。壇上では、ティーンエイジャーに向けた心のこもったスピーチで多くの称賛を集めた。

米国の夏のアワード番組として人気の高い『ティーン・チョイス・アワード(Teen Choice Awards)』は、13歳~19歳のティーンによるファン投票で音楽・映画・スポーツ・テレビドラマなど各分野でその年最も活躍したセレブや人気のあった作品が選ばれる“夏の祭典”だ。

今年はカリフォルニア州ハモサビーチの屋外ステージで開催された『ティーン・チョイス・アワード』。「女性アーティスト賞」「ポップソング賞」「サマーソング賞」など複数のカテゴリーでノミネートされていたテイラー・スウィフトは、カラフルな「ヴェルサーチ」のアンサンブルで美脚を披露しながら“ブルーカーペット”に登場した。

米国サッカー代表のFWアレックス・モーガンから、トロフィーの代わりに恒例のサーフボードが授与されると、テイラーはまずアレックスについて言及。W杯フランス大会でチームを優勝に導いただけでなく、男女同権や男女間の平均賃金格差をなくすために活動するアレックスを称えた。

その後テイラーは、今の自分があるのはファンのお陰だと礼を述べ、次のように語りかけた。

「ティーンのみんな、私が『10代の頃に知っていたら』と思うことは、“過ち”は避けては通れないということ。1つ1つの決断を完璧に下すために十分な努力をしたと思っても、あるいは決して“過ち”を犯すことなく『百点満点の人生を送れる』なんて思っても、間違いは犯してしまうもの。そしてそれは至ってノーマルなことなの。」

「だからもし、あなたが何かをしくじったり、失敗したり、恥ずかしい思いをして、自分を責めていたとしたら知ってほしい。それは至ってノーマルなことだと。」

「人生ってそういうものなの。完全無傷の人生を送れる人なんて誰一人いやしない。私達は皆、傷の1つや2つは避けて通れない。こうしてクレイジーな世界に住み、正気とは思えない時代に生きてる私達。だからこそ自分自身を大切に、そして堂々と胸を張ってほしい。」

これまで『ティーン・チョイス・アワード』の受賞回数は25回、ノミネートされた回数は60回を超えるテイラーは、「アイコン賞」受賞者らしく、そして人生の先輩らしく、ファンに心のこもったスピーチを披露した。観客からは大きな歓声があがり、中には感動し涙を流すファンの姿も見られたほどであった。

16日には新曲『Lovers』がリリース予定であることも発表したテイラー・スウィフト。“半人半猫”の姿で挑んだ話題作『キャッツ』の実写版も全米で12月に公開予定とあって、まだまだ彼女の快進撃は続きそうである。

画像は『Teen Choice Awards 2019年8月11日付Instagram「The #TeenChoice icon is here!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

外部リンク

cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_a66c594c97a1_マツコにも厚い信頼を寄せるロケバス運転手がいた 「新川優愛の気持ちがわかる」 a66c594c97a1 a66c594c97a1 マツコにも厚い信頼を寄せるロケバス運転手がいた 「新川優愛の気持ちがわかる」 oa-techinsight 0

マツコにも厚い信頼を寄せるロケバス運転手がいた 「新川優愛の気持ちがわかる」

2019年8月13日 12:50 テックインサイト

女優でモデルの新川優愛(25)が一般男性との結婚を発表したニュースを、12日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)“夕刊ベスト8”のコーナーで取り上げた。彼女のお相手は仕事現場で顔を合わせていたロケバスの運転手ということだが、マツコ・デラックス(46)にも厚い信頼を寄せるロケバス運転手がいたという。

11日に都内で会見を行った新川優愛は、9歳年上という夫の似顔絵を見せながら2人のなれそめを紹介した。それによると10代の頃からその男性に好意を寄せていた新川は自分からアプローチし、2年前から交際をスタートさせたと明かした。仕事中の彼は相手が誰であっても素敵な対応で、その明るく温かな人柄に惹かれたそうだ。

昨年からマツコ・デラックスの所属する事務所では働き方改革の一環でマネージャーの拘束時間を見直し、タレントの送り迎えをする車の運転業務からマネージャーを外すこととなった。これに困ったマツコは個人事務所を作り、自分で運転手を雇うことになる。頭に浮かんだのは、番組のロケで長年バスの運転手をしてくれていた男性だった。「お給料は同じくらい保証するから、専属の運転手やってくれない?」とマツコ自らスカウトしたという。「命を預けてるって言い方は大げさかも知れないけど」と、自分が乗る車の運転手には信頼できる人に任せたかったのだ。

長年見てきたロケバスの運転手に好意を持った新川の気持ちは理解できるというマツコだが、一方で今や売れっ子女優となった自分にブレーキをかけることなく突っ走ったことに驚いていた。2013年は『Seventeen』の専属モデル、2015年は『non-no』の専属モデル、2015年10月~2017年3月にはTBS系『王様のブランチ』のMC、そして昨年はドラマの初主演とモデル出身の女優であれば理想的な道を歩んできた新川優愛。そんな彼女からアプローチされた時、夫となる男性は本気にしなかったのも当然であろう。

ところでこの日の放送では、オープニングで夏休みの話題になった。マツコは昨年久しぶりに旅館を予約したのだが、仲居との交流や食べ物の好き嫌いを考えると面倒になり、行く直前にキャンセルしたという。もう何年もプライベートで旅行などしていないが、今年こそ温泉でゆっくりしたいそうだ。そろそろマツコの夏休みも近いのではないだろうか。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

外部リンク

cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_95c62b9e5cf1_22年前に救出した新生児とFBI捜査官が感動の再会(米)<動画あり> 95c62b9e5cf1 95c62b9e5cf1 22年前に救出した新生児とFBI捜査官が感動の再会(米)<動画あり> oa-techinsight 0

22年前に救出した新生児とFBI捜査官が感動の再会(米)<動画あり>

2019年8月13日 06:50 テックインサイト

高い能力や使命感が求められ、時には危険な仕事も任される‟FBI捜査官”として22年間を勤め上げたトロイ・ソワーズさん(Troy Sowers)は今年8月、引退の日を迎えた。8日に行われたトロイさんの送別式典では、FBI職員らが集まり22年間の労をねぎらい別れを惜しんだ。またサプライズも用意され、トロイさんが新米の時に救出した新生児が立派な若者となって登場。2人は22年ぶりに感動の再会を果たした。『NBC News』『Inside Edition』などが伝えている。

今から22年前の1997年、米ワシントン州ピアース郡タコマの病院で生後1日の男の子が看護師を装った女に誘拐された。新生児誘拐のニュースは当時のメディアで大きく取り上げられ、地元警察は一刻も早い解決を目指してFBIに協力を求めた。

捜査開始から19時間後、FBI捜査官らの地道な聞き取り捜査が実を結び、誘拐犯の女が逮捕された。新生児はコンビニエンスストアの大型ゴミ収容器裏に捨てられており、この事件で犯人を見つけ出し新生児を救出したのはFBIに勤務して2か月のトロイ・ソワーズさんだった。

トロイさんはこのほど引退するにあたって「22年間のキャリアの中で最も印象に残っているのは、あの誘拐事件で新生児を救出できたことです」と述べており、当時のことをこのように語っている。

「誘拐された赤ちゃんが果たして生きているのか、発見するまでわからない状態でした。犯人が新生児のいる場所に私たちを案内することに同意し、私が段ボールに入れられた赤ちゃんを助け出しました。赤ちゃんを抱きあげても泣かなかったのですが、私の首に顔を寄せてきたのが分かりました。その時『ああ、この子は大丈夫だ』と確信しました。後で先輩のFBI捜査官に部屋に呼ばれ、『トロイ、よくやったな。いい結果に終わって本当に良かった』と言われたのを今でも覚えています。」

そして誘拐事件から22年後の8月9日、テネシー州ノックスビルのオフィスで行われたトロイさんの送別式典で、同僚たちはトロイさんのために粋なサプライズを用意していた。トロイさんがスピーチをしていた部屋のテレビスクリーンに突然、海兵隊の制服を着た男性の写真が映し出されると、当時誘拐されたスチュワート・レンバートさんが現れたのだ。

スチュワートさんの登場に、トロイさんが驚いたのは言うまでもない。スチュワートさんが「両親に、しっかりと感謝のハグをしてくるよう言われてきました」と話すと、トロイさんは状況を飲み込んで「サンキュー」と手を差し伸べ、2人は固く抱き合った。

スチュワートさんはノースカロライナ州を拠点に海兵隊で働き3年になるそうで、「トロイさんがいなかったら今の私は存在しません。彼によって私の人生は変わりました。私に生きるチャンスを与えてくれたこと、そして今、海兵隊伍長という誇りある仕事ができることをとても感謝しています」と興奮した面持ちで述べた。

FBI捜査官としては冥利に尽きる言葉であろう。トロイさんはこの日のことを「一瞬冷静さを失い、ショック状態で身体が固まってしまいました。私が助け出した赤ちゃんが立派に成長し、海兵隊で国のために働くようになるなんて感慨深いものがあります。彼との再会はFBIとしての私の最後の日に花を添え、人生の中でも最高のサプライズになりました」と明かしている。


画像は『Inside Edition 2019年8月10日付「Retiring FBI Agent Reunites With Newborn He Saved as a Rookie」(FBI)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

外部リンク

cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_d2357ecaa138_顔や首、胸まで腫瘍に覆われたシカ 「心が痛む」と写真家が投稿(米) d2357ecaa138 d2357ecaa138 顔や首、胸まで腫瘍に覆われたシカ 「心が痛む」と写真家が投稿(米) oa-techinsight 0

顔や首、胸まで腫瘍に覆われたシカ 「心が痛む」と写真家が投稿(米)

2019年8月13日 05:50 テックインサイト

米ミネソタ州の写真家ジュリー・カローさん(Julie Carrow)は7月下旬、写真を撮影中にふらりと現れたシカの異様な姿に目を奪われた。ジュリーさんがシャッターを切り、Facebookに投稿されたシカの写真は『City Pages』『Fox News』などに報じられ、シカがある感染症を患っていることが判明した。

写真家ジュリー・カローさんは7月25日、Facebookにミネソタ州パイプストーンで撮影したシカの写真を投稿した。シカの顔や身体の一部は黒紫の大きな腫瘍で覆われており、ジュリーさんは同州の天然資源局(Department of Natural Resources、以下DNR)に「心が痛む。この投稿によりシカが救われるといいのだけれど」とSOSを送った。ジュリーさんによると、シカは特に苦しんでいる様子はなかったものの、顔や首だけでなく胸までが腫瘍に覆われ、目がすっかり隠れてしまっていたという。

この投稿を受けてDNRのミッシェル・カーステンセンさんは、シカの腫瘍について次のように説明した。

「これは線維腫(フィブローマ)という良性の腫瘍です。州の野生動物ヘルスプログラムに15年間携わっていますが、その中でも最も酷いケースですね。皮膚にできるイボと一緒で、通常は直径1センチほどの大きさにしかならず、時間の経過とともに自然に退縮することも多いのです。痛みもなく、合併症など特別な症状がない限りシカの命の危険はありません。シカからシカへ感染するウイルスで人や他の動物への感染はなく、DNRが線維腫を患ったシカを保護することはありません。」

「腫瘍により視界が遮られたり、呼吸に支障が出たり、移動や食事ができなくなると捕食動物から逃げ切ることが難しくなることは考えられます。その一方で線維腫のあるシカをあえて狙うハンターはいないでしょうね。」

DNRのホームページによると、線維腫はオジロジカ、それも2歳半以下の若いオスに見られることが多いという。パピローマウイルス、またはポックスウイルスによる感染症と見られており、昆虫の咀嚼やすでに感染したシカの傷口に触れたりすることで感染が拡大するようだ。

このニュースに、SNSユーザーからは「ここまで酷い感染症は初めてみたよ」「なぜ助けないのだろう。せめて顔の周りの腫瘍だけでも切除してあげたらいいのに」「野生動物をむやみに保護するのはよくない。シカが増えすぎても困る」「自然の掟に従うべき」「痛みがないことがせめてもの救い」「人間に感染しないから、放っておくのだろうか」「これ以上酷くならないことを祈るよ」といった様々なコメントが寄せられている。


画像は『Julie Carrow 2019年7月25日付Facebook「1) has anyone see this little guy around town and 2) can anything be done to help him. This to me is just heartbreaking.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

外部リンク

cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_c77131768f0a_カイリー・ジェンナー22歳に “父親”ケイトリン・ジェンナーがSNSで祝福もまさかのミス! c77131768f0a c77131768f0a カイリー・ジェンナー22歳に “父親”ケイトリン・ジェンナーがSNSで祝福もまさかのミス! oa-techinsight 0

カイリー・ジェンナー22歳に “父親”ケイトリン・ジェンナーがSNSで祝福もまさかのミス!

2019年8月12日 16:50 テックインサイト

『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で知られるカイリー・ジェンナーが現地時間10日に22歳の誕生日を迎えた。カイリーの“父親”はInstagramに娘を祝福するメッセージを投稿したのだが、誤ってもう一人の娘ケンダル・ジェンナーの写真をアップしてしまうというまさかのミスをおかしてしまった。この珍ハプニングでネット上は一時大騒ぎになった。

今年3月に若干21歳で“全米最年少ビリオネア”になったカイリー・ジェンナーは、恋人トラヴィス・スコットや一人娘のストーミーちゃん、母親のクリス・ジェンナーらとともにイタリアでゴージャスなバカンスを満喫中だ。

10日に22歳の誕生日を迎えたカイリーには、家族や友人から続々とお祝いメッセージが寄せられた。かつては「ブルース・ジェンナー」の名で知られ、モントリオール五輪(1976年開催)の十種競技で金メダルを獲得したカイリーの“父親”も当日は自身のSNSで娘の誕生日を祝福、

「あの頃、人生は今よりずっとシンプルだった。だけど今の人生はとっても素晴らしい。」

「私のリトルベビー、カイリー・ジェンナー。ハッピーバースデー。」

と記した。しかしこの投稿とともにアップされたのはバースデー・ガールのカイリーではなく、彼女と2歳違いの姉ケンダル・ジェンナーと自身のツーショット写真だったのだ。

その後、写真はすぐ別のものに差し替えられたが、ケンダルとのツーショット写真は瞬く間に拡散され、

「ん? これはカイリーじゃなくてケンダルの写真だよね?」

「娘の写真を間違えるって、親としてどうよ?」

「これは致命的なミス」

などとインターネット上は一時大騒ぎとなった。

また「ブルース・ジェンナー」は「ケイトリン・ジェンナー」へと改名後に性転換手術を受けており、現在は女性として生活している。


そのため、

「久々の『ブルース・ジェンナー』だ!」

「『人生は今よりずっとシンプルだった』って、本当にその通りだね!」

「このたびの失態は更年期障害のせいかな?」

といったコメントも相次いでしまった。

再投稿では「ハッピーバースデー」としか記されておらず、自身とケンダル&カイリーのスリーショット写真を使用したため、

「娘の22歳の誕生日だっていうのに、メッセージが素っ気なさすぎ」

「ははは…結局カイリーとケンダルの区別はついてないってことか」

「今度は間違えないように、カイリーとケンダルの両方が写った写真を使ってる! ケイトリン、“苦肉の安全策”かな?」

と引き続きネタにされてしまうケイトリンであった。

11月にはケンダルが24歳の誕生日を迎えるが、その際にはきちんとバースデー・ガールの写真を1回目の投稿でキメて欲しいものである。

画像1枚目は『Caitlyn Jenner 2019年8月10日付Instagram「Happy birthday @kyliejenner」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

外部リンク

cat_1_issue_oa-techinsight oa-techinsight_0_eebe1e16ebea_西内まりやのビキニショットはひと味違う 川遊び姿が「セクシー素敵」 eebe1e16ebea eebe1e16ebea 西内まりやのビキニショットはひと味違う 川遊び姿が「セクシー素敵」 oa-techinsight 0

西内まりやのビキニショットはひと味違う 川遊び姿が「セクシー素敵」

2019年8月12日 15:50 テックインサイト

モデルの西内まりやが11日、「夏してきましたー」と川遊びする様子をインスタグラムに投稿した。合計7枚の写真で西内はビキニを着用しており、コメント欄には「スタイル抜群すぎ」「セクシー素敵」などの反響が寄せられている。

芸能人のインスタグラムでもしばしば公開される水着ショット。しかし西内まりやの場合はひと味違う。多くの芸能人が海外のリゾートビーチや国内外高級ホテルのプール、とくに流行のインフィニティプールでときにドリンク片手にリラックスした姿が披露されているが、西内のそれは川での水遊びショットなのだ。


川で笑顔を見せる西内はキャップをかぶり、白いワンショルダーのビキニスタイルで、胸元まで川の水に浸かったり、川底に座り片脚を伸ばしもう片脚は立てたり、川の中で立ってポーズをとるなど夏ならではのひと時を楽しんでいるよう。キャップは「ニューエラ(NEW ERA)」、水着はリアリティ番組『テラスハウス』にも出演していた山中美智子氏が手がける水着ブランド「アリシアスタン(ALEXIA STAM)」のものだ。


「毎年恒例川に行って泳ぐ」とこれは西内にとって特別なことではないようで、「川の水が綺麗でお気に入りの場所。どこかは秘密ー」と場所は明かしていない。川の清流や川底の石に生い茂った緑の木々―というビーチにはないワイルドさを醸し出すロケーションに西内の白い水着が映えており、「女神様」「何より貴女が綺麗過ぎる」「スタイル抜群すぎ」「とても涼しそうな場所 スタイルGood」「脚長すぎるよ」「そんなわがままボディになりたいです」との称賛や、「セクシーすぎる!」「スゲーセクシー」「セクシー素敵」との反響もあった。


西内は6月13日にブログを再開したが、6月30日付のブログで「これまでなかなか言うタイミングが無かったのですが、ブログを始めたので、思い切って打ち明けます。私も一時期パニック障害に悩まされていました。今は克服しています。」と告白していた。「まりや、楽しそうで何より」「元気そうで何より!」とファンも西内の川遊びの投稿に喜んでいるようだ。


画像は『西内まりや Mariya Nishiuchi 2019年8月11日付Instagram「夏してきましたー」「毎年恒例川に行って泳ぐ」「川の水が綺麗でお気に入りの場所。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

外部リンク