cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_d62c2944c041_きっかけはスタバ? 平成日本を席巻したタピオカブームをスイーツ専門家が考察! d62c2944c041 0

きっかけはスタバ? 平成日本を席巻したタピオカブームをスイーツ専門家が考察!

2019年4月26日 16:10 食べログマガジン

今、街を歩いていてよく見かけるのが、「タピオカミルクティー」のお店に並ぶ人の大行列。お店の数もどんどん増えており、その光景を見かける頻度が多くなっていることを感じている人も多いことでしょう。なぜ人々はこれほどまで、タピオカに魅了されるのか?

そこで今回は、これまで日本で3回も起きたといわれるタピオカブームの歴史を、連載「スイーツ探訪」でお馴染み、お菓子の歴史研究家・猫井登さんに考察してもらいつつ、タピオカミルクティーが美味しい定番ショップも教えてもらいました!

第1次〜第3次まで総ざらい! 日本に起きたタピオカブームを振り返る

【第1次タピオカブーム】平成4年(1992年):タピオカココナッツミルクが大流行!

写真:gettyimages

この時ブームとなったのは、現在人気となっているタピオカミルクティーとは異なり、甘いココナッツミルクに、タピオカパールと呼ばれる白い小さな粒のタピオカを入れた「タピオカココナッツミルク」と呼ばれるものでした。

1980年代後半は、いわゆるエスニック料理ブームで、特にタイ料理が人気となり、デザートとして供されたのが、このタピオカココナッツミルクだったのです。

しかし、1990年代は、毎年人気スイーツが入れ替わるスイーツ戦国時代。翌1993年は「ナタデココ」、94年は「パンナコッタ」、95年は「カヌレ」……と、あっという間にその座を奪われてしまいます。

【第2次タピオカブーム】平成20年(2008年):台湾からタピオカティーブランドが上陸

写真:gettyimages 

タピオカが再び脚光を浴びるのは、なんと16年後の2008年です。台湾からQuicklyなどの「タピオカティー」ブランドが上陸。福岡を筆頭に関西、東京、札幌……黒いタピオカを使ったミルクティーを販売し、人気を獲得。これを受け、丸大食品がコンビニでタピオカミルクティーを販売、ほかのメーカーも追随し、一気に社会的な認知を広めました。

しかし、この時期、いわゆる高品質コーヒーブームが到来し、スターバックスやコメダ珈琲が店舗を増やした期間にも重なり*、スイーツ界においても1990年代のような圧倒的なブームとなるものはなかったものの、塩キャラメルを筆頭とした「塩スイーツ」のほか「かりんとう饅頭」「抹茶スイーツ」「生カステラ」……といった競合スイーツが次々と登場、人気は沈静化していきます。

【第3次タピオカブーム】平成30年(2018年):タピオカミルクティーが大ブレイク!

写真:春水堂

現在の第3次ブームへとつながる発端となったのは、2013年7月、タピオカミルクティー発祥の店のひとつとして名高い台湾の「春水堂(チュンスイタン)」が代官山に海外1号店を開いたことです。

背景としては、

1. 海外旅行先として東南アジアが人気となり、食関連ではパクチー旋風が起こり、エスニック料理が再び注目されたこと

2. 最近では旅行先として台湾の人気が急上昇しており、台湾料理、台湾スイーツが注目を浴びていること

3. インスタ映え

などが挙げられます。

しかし、なぜ今回はここまで人気を集めているのでしょうか? 一般的には、「タピオカ」ミルクティーと呼ばれていますが、人気店のメニューを見ると、「お茶(台湾茶)そのもの」にかなり重点を置いているのがわかります。

つまりお茶のクオリティーがかなり高いということです。シアトル系、サードウェーブと高品質コーヒーブームが続く中、コーヒーが苦手な人、コーヒーに飽きてきた人が、高品質のお茶に強い興味を持っても不思議ではありません。

高品質のお茶に加え、タピオカの原料はキャッサバと呼ばれる芋の根茎から製造されるデンプンで、弾力感と噛み応えもあり、また「飲み物」ということで、罪悪感なく空腹感を満たせることも理由のひとつでしょう。

「お腹が空いたけれど、微妙な時間に食事をとるのは……」「甘いものを食べたいけど、ケーキや菓子パンは……」という時に、今まで圧倒的な人気を得ていたのはスタバのフラペチーノでした。フラペチーノの発売は2006年ですが、2007年に発売された抹茶クリームフラペチーノで不動の地位を築きます。

出典:ふらだんすさん

フラペチーノの価格はサイズにもよりますが、大体500円から600円台。決して安くありませんが、そのニュース性、次々と生み出されるバリエーションの目新しさから、“10代の女子が高額なドリンクを購入する習慣”を産み出しました。実は、タピオカミルクティーの価格も、店や商品にもよりますが、大体500円台から。フラペチーノが作り出した習慣がベースとなり、10代の女子も抵抗なく購入していることも見逃せません。

販売形態としては、テイクアウトが多く、行列が出来ること自体が人気の理由のひとつといえるかもしれません。カフェの場合、いわゆるオジサンたちと席を並べなければいけない場合もあり、またオジサンが同じものを飲んでいる場合もあります。

しかし、行列が外に出来ている場合、勤務中のオジサンたちは並ぶことがはばかられます。また派手めのカップから太めのストローで吸うというスタイルもオジサンたちには抵抗があり、10代女子の聖域を守り、人気を持続させる要因になっているのでしょう。

さて、前置きがずいぶん長くなってしまいましたが、人気のブランドを見てみましょう!

ここに行けば間違いなし! 専門家がオススメするタピオカミルクティー定番ショップはこの4つ

【定番ショップ 1】タピオカミルクティー発祥のお店「春水堂」

出典:purin–candyさん

1983年創立。1987年に「タピオカミルクティー」を発明した発祥の店で、現在のタピオカミルクティーブームの火付け役ともいわれる。無添加の茶葉や淹れ方、手作りのシロップなど、品質を徹底し、 タピオカミルクティーや鉄観音ラテなど、数々の創作ドリンクを提案している。

【定番ショップ 2】カスタマイズを楽しめる「ゴンチャ」

出典:なごみ0517さん

2006年創立。2015年9月に原宿に日本1号店をオープン。商品のカスタマイズの幅広さが特徴。基本のお茶は「ジャスミン グリーンティー」「ウーロンティー」「阿里山(ありさん)ウーロンティー」「ブラックティー」の4種類。甘さ、氷の量を4段階から選べる。

トッピングはパール(タピオカ)、ミルクフォーム、アロエ、ナタデココ、バジルシード、グラスジェリーの6種類から最大3つまで選べる。組み合わせで2,000種類以上のバリエーションがあるという。

【定番ショップ 3】おしゃれな鹿がシンボル「ジ アレイ」

出典:せすく・ふぁぶれがすさん

2013年にオープン。日本では2017年8月に1号店を表参道にオープン。シンボルである鹿をあしらった大胆な空間デザインが特徴。フルーツのような華やかな香りが印象的な「ロイヤルNo.9 タピオカミルクティー」や、ジャスミンティー風味の「小山緑茶タピオカミルクティー」の人気が高い。

【定番ショップ 4】強弾力のタピオカ&値段の手軽さが人気「CoCo都可」

出典:かぴぱら556さん

1997年創業。2017年2月に渋谷に1号店を出店。こちらの特徴は、ミルクの風味、甘さ、お茶の香りがどれも強いこと。特にタピオカは弾力がかなりあり、それ自体の甘さも強い。また、基本のタピオカミルクティー(Mサイズ)が500円以下という手軽さも人気の理由のひとつ。

取材・文:猫井登

外部リンク

cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_ec5543e70a0d_〈噂の新店〉全国から食通が足を運んだ、奈良の名リストランテが東京に! ec5543e70a0d 0

〈噂の新店〉全国から食通が足を運んだ、奈良の名リストランテが東京に!

2019年4月26日 16:06 食べログマガジン

ピエモンテ料理の第一人者、堀江純一郎シェフが挑む新店

2月に奈良から東京に移転した「リストランテ・イ・ルンガ」。多くの食通たちをファンにもつ堀江純一郎シェフが手掛ける一軒だ。代名詞といえる「アニョロティ・ダル・プリン」をはじめ、象徴的な料理と共にその魅力をお届けする。

二子玉川を新たな舞台に、堀江純一郎シェフが腕を振るう

自然光が差し込む店内。各テーブルには、小さな生花が飾られている。

今年2月、二子玉川駅からすぐの場所に「リストランテ・イ・ルンガ」が移転オープン。9年間にわたり、奈良の東大寺前で、全国の食通たちを魅了し続けてきた堀江純一郎シェフの店とあり、早くも話題を集めている。

店内は、前面がガラス張りで、木を印象的に配したデザインで、木漏れ日のように自然光が差し込む。「花水木の街」二子玉川を意識しているという。厨房と客席は、細長い窓越しで様子が見えるような造りになっているのも特徴。

調理中でも客席が見え、ゲストの食事にも目が行き届く。天井からランダムに吊るされた照明は、真鍮で作った特注品で、「フィラメントの美しさを意識しました」と堀江さん。昼と夜では違った表情を見せてくれる。

オープン以来、変わらぬロゴで愛されている「リストランテ・イ・ルンガ」。

二子玉川に移転を果たしたが、スタッフは奈良のメンバーと一緒。そのため、オープン間もなくてもすでに安定感ある心地良いサービスが印象的だ。

店内に飾られた絵は、修業時代からイタリアで購入した数々。「なけなしの金で、いつか自分が店を持った時のためにと買い集めたものです。奈良の店でも飾っていました」(堀江さん)

新たなスタートを切った、名シェフ・堀江純一郎さん。

大学卒業後、修業経験もなく料理人を志して1996年に渡伊。トスカーナ州「オスワルド・バロンチェッリ」「ロマーノ」、ピエモンテ州「イル・カシナーレ・ヌオーヴォ」で研鑽を積んだ。2002年には、ピエモンテ州「ピステルナ」のオープニングシェフに抜擢される。帰国後の07年、東京・西麻布に「ラ・グラディスカ」をオープン。09年に、奈良の魅力に触れて移住した。

「都心もいいけれど、地元の世田谷を選びました。内装も周囲の緑豊かな自然と調和するようなデザインにしています。奈良では46席でしたが、二子玉川は14席。よりゲストと密に、ダイレクトに料理をお届けしていきたいですね。

これまで、イタリア、西麻布、奈良で経験してきたことを、存分に表現していきたいと思います」と語る堀江シェフ。

イタリアと日本、大胆さと繊細さが共存する料理の数々

ウサギの肉を使った前菜「トンノディコニーリョ ピエモンテ風」。

前菜として提供されるこちらは、ハンガリー産のウサギをサラダ仕立てにした軽やかな一皿。丸ごと仕入れ、パーツごとに分けて、ローズマリーやローリエ、ジュニパーベリーなどでマリネにして真空でパーツごとに湯せんしている。12年熟成のバルサミコを添えて。

20年以上作り続けているパスタ料理「アニョロティ ダル プリン」。

こちらの「アニョロティ・ダル・プリン」は、堀江シェフの代名詞ともいうべき一皿で、ピエモンテ州の「イル・カシナーレ・ヌオーヴォ」で研鑽を積んだ時代から作り続けているメニューだ。家庭料理として作られているものを、堀江シェフならではの仕立てでアレンジし、リストランテの料理に昇華している。

中が透けて見える薄いパスタ生地の中には、牛、豚、ウサギの3種類のミンチと、イタリア米、ホウレン草が詰められている。ソースは、肉汁とバター、パルメザンチーズから作るまろやかな風味。「リストランテ・イ・ルンガ」では、堀江シェフの多彩なパスタレシピの中から、常時3~4種類用意している。

パスタとヒグマそれぞれの旨味と食感の相性がいい「オッキ ディ ルーポ 熊のポルペットーネ」。

トマトで煮込む料理のラグーナポレターノに着想した一皿。オオカミの目という意味のパスタは、プリッと食感よく、食べ応えあり。アスパラガスとイタリア産グリーンピースが、春らしさを添えている。

団子状の肉は北海道を拠点とするELEZO社から仕入れるヒグマのスネ肉を粗挽きにして、玉子やニンニク、ハーブなどと丸めたもの。小麦粉を使用しておらず、肉の食感と風味がダイレクトに伝わってくる。紹介している料理はすべてディナーコース「Una Pagina」(13,000円)からの一例。

食材にも精通する堀江シェフ。肉は、先ほど紹介したELEZO社のほか、フランスやイタリアから選りすぐりのウサギや鴨などを仕入れている。野菜は三浦半島の長島農園をメインに、ジャガイモは北海道の村上農場から。

お酒好きの心をグッとつかむ、稀少なワインとグラッパ

「バルバレスコ クリケット パイエ 2000」48,000円、「マグマ ロッソ 4」38,000円など。

自身もお酒好きという堀江シェフ。ワインのラインアップにも目を見張るものがある。ピエモンテ産のものを基軸に、自然派を含め、マニア垂涎ものの銘柄も揃える。およそ200本をストックし、グラスワインも充実している。

「料理に“はみ出している部分”があり、それに絡めたいと思うワインというのが、相性のいいものですね」と語る堀江シェフ。はみ出している部分というのは、香りや味わいなど、その料理を口にして余韻のように残る要素のこと。確かに堀江シェフの料理を味わっていると、思わずワイングラスに手が伸びてしまうのだ。

世界的に有名なピエモンテのグラッパ「ロマーノ・レヴィ」の数々。

店内の棚には、グラッパ「ロマーノ・レヴィ」が飾られている。堀江シェフの修業先であるピエモンテで蒸溜される銘酒で、1枚1枚ラベルを手書きしている非常に希少なもの。写真手前のボトルは、今は亡きグラッパの伝説的造り手ロマーノ・レヴィさんが堀江シェフに贈った、思い出深い逸品だ。

料理もお酒も、そしてサービスも、ここにしかない価値がある「リストランテ・イ・ルンガ」。ぜひ、大切な人と訪れてみてはいかがだろうか。

取材・文/外川ゆい
撮影/松川真介

外部リンク

cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_8d2bdbcaf32c_食べログフォロワー数2トップが緊急対談!平成、それはシェフがスターになった時代 8d2bdbcaf32c 0

食べログフォロワー数2トップが緊急対談!平成、それはシェフがスターになった時代

2019年4月26日 15:35 食べログマガジン

食べログフォロワー数2トップが緊急対談! 平成のグルメシーンを振り返る

平成、それはシェフがスターになった時代

「包丁一本さらしに巻いて」のフレーズで有名な歌謡曲「月の法善寺横丁」がリリースされたのは昭和35年。戦後しばらくは料理人の地位が低く、アパートを借りるにも苦労したほどだったという。そんな日陰の存在だった料理人がスターへの階段を一気に駆け抜けたのもまた、平成という時代であった。

伝説のTV番組「料理の鉄人」がもたらしたこと

−−平成の食を語るにあたって、平成5(1993)〜11(1999)年までフジテレビで放送された『料理の鉄人』は欠かせませんよね。

柏原 川井さんは企画にも関わってましたよね。

川井 そう、やってましたね。フレンチの石鍋裕さんや坂井宏行さん、中華の陳建一さん、日本料理の道場六三郎さん(※1)などの鉄人に、ゲスト出演のシェフが挑戦するスタイルで、鉄人も挑戦者もものすごい注目を浴びてた。


柏原 イタリアからはジャンフランコ・ヴィッサーニさん、フランスからはピエール・ガニェールさんやアラン・パッサールさんなど、料理の世界史におけるレジェンドたちまで出演していて、のちには海外でも大人気に。すごい番組でした。でも、この番組を考えたプロデューサーに聞いたら、もともとはプロレスの異種格闘技を料理界でやりたい、というのがコンセプトだったそうです。当時はフレンチと中華など、違うジャンルのシェフが話をすることもない時代。対決するなんてとんでもないと言われ、「負けたら補償してくれるのか」と詰め寄られたこともあったそうですよ。

−−当時、調理師専門学校の生徒さんに「憧れの料理人は?」と聞く機会があったのですが、9割が道場さんと答えていたのが印象に残っています。

川井 香港などでは元々そうだったけど、この番組の影響で以前は店名でレストランに行っていたのが、みんな、料理人目当てに行くようになったんだよね。

柏原 料理人がスター化した最初の契機ですね。これはフレンチや中華のメインストリームがホテルから街場でオーナーシェフが営む店へと移って行った現象とも重なります。そして日本料理も含めて、レストランがディフュージョン店を出すように。

川井 小山裕久さんが主人の高級料亭「青柳」(※2)が、ワインバー的要素もある「ばさら」をアークヒルズや六本木ヒルズに出したり。フレンチでは石鍋裕さんの「クイーン・アリス」、三國清三さんの「オテル・ドゥ・ミクニ」もカジュアル店を展開して、シェフによる高級ブランドが広く浸透する役目を果たしました。

−−ドメスティックだけでなく、世界的な名店が続々、東京に店を開いたのも同じ頃ですか?


川井 ざっくりと言えば、そうじゃないかな。フレンチでは平成6年(1994年)にオープンしたジョエル・ロブションさんとパリの「タイユバン」がタッグを組んだ「タイユバン・ロブション」、平成16年(2004年)にアラン・デュカスさんがシャネルとコラボした「ベージュ東京」、17年(2005年)の「ピエール・ガニェール・ア・東京」。中華だと今は銀座にある北京の宮廷料理「厲家菜(レイカサイ)」が平成15年(2003年)、六本木ヒルズでオープンしたんだよね。

−−たとえるなら、ジョン・レノンやミック・ジャガーのような海外のビッグスターがお店を開いたわけですから、そこに行くことがすごいステイタスになっていて、高級店にもかかわらず、どのお店もオープンからしばらくは大人気で予約が取れませんでした。

柏原 予約が取れないブームのきっかけは、夜のコース2,000円台の安いプリフィクス(※3)じゃないかな。フレンチでは「オー・ムートン・ブラン」や「パザパ」が先鞭をつけて、「レストランキノシタ」や初期の「ル・マンジュ・トゥー」も人気だった。イタリアンでは今でも予約困難な落合務さんの「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」(※4)など。低価格で気の利いたお店が増えたおかげで、レストランに行くという行為が非日常から日常のものになりました。

「パザパ」の外観。今尚、多くの人から親しまれているフレンチ。 
出典:Challenger18さん

川井 こういうカジュアルな店でもあの頃は、おまかせコースで出てくるフレンチなんて、ほぼなかったんだよな。

柏原 平成21年(2009年)に日本上陸を果たした『ミシュランガイド東京』で、いきなり3ツ星を獲得した岸田周三シェフの「レストランカンテサンス」の、何も書いてない「白紙のメニュー」くらいからですかね、おまかせコースがすっかり定着したのは。プリフィクスはあらかじめ決まった予算で安心して食べられるように。おまかせコースは、食材を絞り込むことで原価率を下げ、かつ、よりよいものを提供できるようにと。どちらもお店のサービス精神から生まれたものであることには変わりませんが。

「レストラン カンテサンス」の白紙のメニュー 
出典:ぴーたんたんさん

−−なるほど。

料理人が「なりたい職業に」

柏原 それから寿司に代表されるように、老舗が強い分野でも変革が起こりました。「あら輝」の荒木水都弘さんや「鮨かねさか」金坂真次さん、「さわ田」澤田幸治さんなど、平成初期に昭和40年代生まれの職人たちが次々独立して若きスターとして脚光を浴び、今の寿司ブームにつながるきっかけをつくったのではないでしょうか。

川井 今はそんなスターシェフたちの下で修業した料理人が、新たなスターになっている。「くろぎ」黒木純さんを筆頭に「京味」西健一郎さんの弟子たち、「神楽坂 石かわ」石川秀樹さんの下からは「虎白」小泉功二さんなど。

−−中華では四川で修業を積んだ「飄香」井桁良樹さん、デンマークやノルウェーで修業した「クローニー」春田理宏さんのように、これまで珍しかった地域から本場の味を持ち帰るシェフも注目されています。

柏原 シェフの国際化もありますね。海外発のガイドブックの日本版が次々出版されるに従い、日本人シェフの存在が海を超えて知られるようになりましたから。

川井 それもシェフのスター化を後押ししてるよね。昔は生活が厳しいからやむを得ない理由で料理人なる、という人がいたのが、今では「なりたい」と憧れる人が就く職業にもなった。しかも相当にクリエイティブな仕事だし。すごく日本の誇りにもなってきていて、僕らも嬉しい。

【平成を知るためのキーワード】
1 道場六三郎 人気番組「料理の鉄人」にて、初代「和の鉄人」としてレギュラー出演した日本料理人。27勝3敗1引き分けと、圧倒的な強さで一躍有名に。料理人の凄さを広く認知させた功労者である。

2  青柳 小山裕久氏の日本料理店。「かんだ」神田裕行氏、「銀座小十」奥田透氏、「龍吟」山本征治氏を筆頭に、数々の日本料理人を輩出したことでも知られる。

3  プリフィクス 均一価格で、前菜、メイン、デザート、ドリンクなどが提供され、決まった選択肢から好きなものをチョイスできるというスタイル。1990年代、フレンチレストランを中心に大人気となった。その先駆けである「パザパ」「レストランキノシタ」は今も健在。

4  ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 前菜、パスタ、メイン料理のプリフィクスコースを3,800円で食べられる、という当時でも驚異のコスパで「予約の取れない店」の代表となったイタリアンレストラン。現在も同じ値段(税込で4,104円)で提供し、相変わらず予約も難しい。

撮影:松園多聞(対談)

文:寺尾妙子
食ライター。パン、スイーツ、お取り寄せから世界のガストロノミーまで網羅する食ライター。『casa BRUTUS』WEBサイトの「寺尾妙子のNEWSなレストラン」など、さまざまな媒体で執筆中。

外部リンク

cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_0e41322f2e56_日本有数の粉ものグルメタウンって知ってた? 今一番気になるのはグンマーFOOD 0e41322f2e56 0

日本有数の粉ものグルメタウンって知ってた? 今一番気になるのはグンマーFOOD

2019年4月26日 15:31 食べログマガジン

漆黒の焼きそばに濃厚味噌ダレのまんじゅう……ちょっぴりワイルドな群馬のB級グルメが知りたい!

写真:gettyimages

“未開の地グンマー”と、ネットでは揶揄されることの多い群馬県。わざわざ説明するのは野暮でしょうが、実際にはごくごく普通の街並みが広がっています。

グルメにおいてもマンモス肉などは食べておらず、名物はうどん。マンモスと対比すると少々地味に感じるかもしれませんが「水沢うどん」「館林うどん」「桐生うどん」という群馬三大うどんを代表に、個性的な食文化が根付いているのです。

というのも群馬は古くから小麦の名産地。全国4位の収穫量を誇り、うどん以外の粉ものご当地グルメも豊富です。

漆黒、極太、キャベツのみ! 群馬の気迫を感じる「上州太田焼きそば」

出典:ときなさん

自動車メーカー『SUBARU』系列の工場が点在する太田市。企業城下町として急成長していた高度経済成長期には、全国各地から働き手が続々と集まりました。その際に県外から持ち込まれた代表的な料理が焼きそば。現在までに「上州太田焼きそば」として発達していて、市内の約80店舗で味わうことができます。

出典:麺’s倶楽部さん

お店により個性はさまざまですが、基本的に麺は太め。激戦区だけあり各店独自に改良を重ねたソースを使用しているそうです。代表的なのが1957年創業の「岩崎屋」。

麺は極太、具材はキャベツのみといさぎよく、ウースターベースの黒々としたブレンドソースで仕上げる伝統の味わいを守り続けています。

心までホッと温まりそうな郷土の麺料理「おっきりこみ」

群馬では定番の家庭の味となっている「おっきりこみ」。数種の野菜を醤油や味噌ベースの出汁で煮込み、そこに小麦粉をこねて作った極太の生麺を“切り込み”投入します。そんな大胆な調理法から、料理名が名付けられたそうです。

出典:ミネラルRさん

江戸時代の中頃に石臼とともに普及したという歴史があり、県民の胃袋と心に深く浸透しているのでしょう。その呼称に関しても地域によって微妙に異なるそうで、「おっきりこみじゃねぇ! おきりこみだ!」と熱く主張する県民がいるくらい愛されています。

出典:ミネラルRさん

ちなみに前橋市と渋川伊香保方面をつなぐ県道15号沿いで、50年近く営業している「おっきりこみのふる里」が「素朴ながらもホッとする味わい」と評判ですよ!

激戦区だからこその切磋琢磨がある! ハイクオリティな「高崎パスタ」

高崎市は人口比率を考えるとパスタ店の数が全国的に多いというパスタ大激戦地区。この街では、パスタ職人たちがしのぎを削る熱き戦い『キングオブパスタ』が毎年開催されています。

出典:グールマンさん

2010年と2012年に優勝しているのは、高崎パスタ界のドンこと「シャンゴ」。上州麦豚ロースカツをドカッと盛り付けるなど、パンチの効いたボリュームパスタ(写真上)で人気を集める老舗イタリアンです。

出典:HDCAMさん

2018年の優勝で大注目なのが「トラットリア バンビーナ」。地元産の野菜エキスをじっくり抽出したブロード(出汁)が決め手の最高傑作メニュー「えびジェノパスタ」(写真上)を求め、行列ができるほどの人気店になっているそうです。

ハフハフしながら食べたい。たっぷりの味噌ダレが食欲そそる「焼きまんじゅう」!

出典:ときなさん

群馬県内で「まんじゅう」といえば、みんなが思い浮かべるのは当然「焼きまんじゅう」でしょう。高崎市にある有名店「オリタ焼まんじゅう店」をはじめ、県内の至る所で食べることができます。

出典:ときなさん

プレーンな焼きまんじゅうは、あんこ入りのような県外のものとは違い、味わいは炭火の香ばしさただよう濃厚味噌。小麦粉生地を蒸したフワフワ食感もたまりません。ただし、冷めてしまうとビックリするほど固くなります。

出典:エバンスさん

また、「オリタ焼まんじゅう店」では、あん入りも食べることができます。いずれもサイズが大きめなので少々食べにくいかもしれませんが、なるべく熱々のうちに食べてください。そうして口のまわりに味噌ダレが付くのも、焼きまんじゅうの醍醐味なのです。

以上、気になるグンマーFOODのご紹介でした。ネットの情報で抱くイメージほど秘境の地ではないですが、どの料理からも、ちょっぴりワイルドさを感じませんでしたか?

文:佐藤潮

外部リンク

cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_cfee62b6d179_肉の祭典、メロンパン大集合……。GWのフードフェスをお見逃しなく! cfee62b6d179 0

肉の祭典、メロンパン大集合……。GWのフードフェスをお見逃しなく!

2019年4月26日 12:55 食べログマガジン

「GW、まだ予定が決まっていないけどどこか行きたいな」と思っているかたへ、今からでも行ける楽しい「食のイベント」を紹介します!

1. 肉フェス 2019

GWの風物詩となりつつある、国内最大級のフードエンターテインメント「肉フェス」。今年は5周年を迎え、東京・大阪の2都市で同時開催されます。東京会場は31店舗、大阪会場は28店舗が出店し、さまざまな肉料理でひしめきあいます。


「和牛赤身マウンテン」

東京会場での目玉のひとつが、人気店「焼肉 赤身 にくがとう」と、「肉フェス」応援団長のフォーリンデブはっしーさんがコラボして究極の“フォトジェ肉”として作った「和牛赤身マウンテン」。上質な和牛とガーリック醤油のタレの組み合わせは、あらがえないおいしさです!

また、肉を食べた後にうれしい、ふわふわかき氷、タピオカミルクなどのデザートも。大満足の一日が過ごせそうです。

肉フェスTOKYO 2019
日時:2019年4月26日(金)〜5月6日(月・休) 10:00〜21:00  ※初日12:00〜、最終日〜20:00
会場:お台場特設会場 お台場青海地区P区画(東京都江東区青海1-1-16)

肉フェスOSAKA 2019
日時:2019年4月26日(金)〜5月6日(月・休) 10:00〜21:00  ※初日12:00〜、最終日〜20:00
会場:長居公園 自由広場(大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1)

2. メロンパンフェス2019

メロンパン好きにはたまらない! 全国各地のメロンパンが大集合する「メロンパンフェス」が、5月4日、5日に開催。

5回目となる今回は、プレーンのメロンパンはもちろん、「メロンパンベーグル」や「キャベツメロンパン」といった変わり種まで、約20種類の全国各地の選りすぐりのメロンパンが揃います。

過去のメロンパンフェスの様子

今年は事前に性格診断フォームに回答すると、5パターンの性格それぞれの特性に合ったメロンパンが特典としてついてくる、ユニークな「処方メロンパン付きチケット」を販売。ここにしかないメロンパン体験をどうぞ。

メロンパンフェス2019
日時:2019年5月4日(土)、5日(日) 13:00 開場 18:00閉場(最終入場17:00)
会場:3331 Arts Chiyoda 2F体育館(東京都千代田区外神田6丁目11-14 )
入場料:処方メロンパン(2個)付き入場券 税込2,000円/コンテンツ体験のみ入場券 税込1,000円
※要事前申し込み
※パンは各種数量限定で、なくなり次第終了

3. 東京和牛ショー2019 – Spring –

「東京和牛ショー」は、2016年・2017年に開催した駒沢公園で累計10万人以上が来場、さらに昨年2018年の9月には、5日間で約13万8千人を超える来場者数を記録した日本最大級の和牛イベント。

4回目となる今年は、4月26日〜29日、「ブランド和牛」をテーマに日本各地から14ブランドを超える和牛が日比谷公園に集結します。

今年話題のお店の一つが、名店「肉山」の光山オーナーがアドバイザーを務める「たれ焼肉のんき」。タレ味の薩摩牛をご飯にのせて食べれば、シンプルながら悶絶級のおいしさです。

「たれ焼肉のんき」の「たれ焼肉丼」

一味違うとっておきのお肉を堪能したいかた、ぜひこの機会をお見逃しなく。

東京和牛ショー2019 – Spring –
日時:2019年4月26日(金)~ 4月29日(月・祝) 11:00~22:00 ※初日は16:00~ / 最終日は20:00終了
会場:日比谷公園 にれの木広場(東京都千代田区日比谷公園1)
入場料:無料
※雨天決行・荒天中止

外部リンク

cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_48e04ad08bcf_食べログフォロワー数2トップが緊急対談! 平成のグルメシーンを振り返る! 48e04ad08bcf 0

食べログフォロワー数2トップが緊急対談! 平成のグルメシーンを振り返る!

2019年4月26日 12:13 食べログマガジン

【第1回】レストランはデートの舞台から、よりディープな趣味の世界へ

新しい時代、令和を目前に食シーンにおける平成を総括! 食べログ・フォロワー数1位に輝く川井潤さんと、同じく2位柏原光太郎さんが登場。平成の外食シーンを実体験し、テレビや雑誌、書籍で食トレンドを牽引した重鎮たちの対談を進行するのは、フードライターとして活躍する寺尾妙子さん。

平成の31年間における食の変遷とはいかなるものだったのか。3回に渡る短期集中連載がスタートです!

デートの店選びはガイドブックや雑誌が定番


ーー今日は平成の食シーンを振り返っていただく企画ですが、平成元年というとお2人は何をされてたのでしょうか?

川井 当時はバブル全盛期。僕は30代前半で、博報堂でマーケティング部のディレクターをやってたかな。昭和63年(1988年)6月にマガジンハウス『Hanako』(※1)が創刊した直後で、OLさんもグルメや海外旅行を大手を振って楽しみはじめた時代。僕も雑誌で話題のお店をチェックして、女性や外部の人と食事に出かけてた。

川井潤さん:フードビジネスも含め幅広い企画&プロデュースを行う、企画プロデューサー。 博報堂DYメディアパートナーズでマーケティング、コンテンツ企画、新規事業などを担務。 一方でテレビ番組「料理の鉄人」ブレーン(1992年〜97年)も務めた。 現在、企業や地方自治体などへのアドバイザーも務める。ここ数年は、地域や食のため、料理人の地位向上のために日本中のみならず海外まで出かけている。 食べログフォロワー数日本一。幻冬舎ゲーテWEB、食雑誌dancyuなど雑誌等への執筆多数あり。

柏原 僕は26歳で『週刊文春』編集部にいました。あの頃は食べログもなかったから、雑誌やガイドブックが情報源。気になる女性を誘うために、事前に調べて予約を入れたりなんかして。料理評論家の山本益博さんの担当をしたこともあって、山本さんには随分教えていただきました。

「食べ手」という言葉は昭和57年(1982年)に出た『東京・味のグランプリ −勝ち抜いた59軒』で山本さんが使ったのが最初じゃないかと思うんです。考えてみると平成を通じて、食べ手を担う人々やそのスタイルが大きく変化しましたね。

柏原光太郎さん:日本ガストロノミー協会会長。大学卒業後、出版社に勤務し、グルメ本を手がけたことで食の奥深さに目覚める。料理は作ることも食べることも大好きで、中学生の娘の毎日の弁当と朝ごはん、週末の家ごはんを作っている。料理好きのための食の発信基地としての役割を担うべく2017年12月社団法人「日本ガストロノミー協会」を設立。

川井 平成の初めはさ、講談社『Hot-Dog PRESS』のデートマニュアル記事をお手本にあらかじめ段取りを組んで、本番に挑むというのがスタンダードだった気がする。

柏原 そうそう。昭和58年(1983年)にホイチョイ・プロダクションズ(※2)が出した恋愛ハウツー本『見栄講座 ―ミーハーのためのその戦略と展開』からの流れがあって。この本でワインや料理の頼み方を学んだなあ。で、平成初期を代表する料理ジャンルがイタリアンでした。


川井 そう! 平成元年にオープンした「イル・ボッカローネ」が大ブレイク! 勢いよく「ボナセーラ!」(※3)って迎えてくれてさ。

「イル・ボッカローネ」の看板メニュー、パルミジャーノレッジャーノのリゾット 写真:お店から

柏原 「イタメシ」「ティラミス」も大流行。そして、それまでは「スパゲッティ」と呼んでいた麺をみんなが「パスタ」と呼ぶように。

川井 あと、みんな車で移動してたからさ。当時、珍しかったオープンキッチンをいち早く取り入れた「バスタ・パスタ」(※4)の横の駐車場に車を停めて、よく食事したものだった。

−−去年、青山にオープンした「テストキッチン エイチ」はバスタ・パスタのシェフだった山田宏巳さんが、あの頃の華やかさを再現したくてつくったお店だそうですね。

「テストキッチン エイチ」の店内 出典:ミトミえもんさん

柏原 とにかく、かっこいいお店だった。例えば、白い模造紙がテーブルクロス代わりに敷かれていて、お勘定を頼むと、その上に書いて計算するんだよね。その後、「カノビアーノ」植竹隆政さんや「トラットリア ミキータ」(現在「ピアットキタミ」に改名・移転)北見博幸さんなど、平成を彩ったイタリアンの有名シェフをたくさん輩出した伝説的存在でした。バスタ・パスタのエレガント版が「ヴィ・ザ・ヴィ」で、この2つが何より大人の店でした。

−−バブル期って華々しいお店がたくさんあったらしいですね。「リストランテ マニン」には大きな階段があって、着飾った女性が下りてくると、みんなが振り返って見るという、ステージのようだったという話を聞いたことがあります。

柏原 フレンチは「オテル・ドゥ・ミクニ」(創業は昭和60年・1985年)や「ロアラブッシュ」(創業は昭和56年・1981年)のような館系、グランメゾンが流行ってましたね。

川井 女の子もピンヒールやハイヒールを履いてたし、みんな背伸びしてたよね。

柏原 それから「エムザ有明」の山本コテツさん、「レッドシューズ」の松井雅美さんなど、空間プロデューサーが手がけた店もありました。

川井 カフェバーとか(笑)。

−−で、そういうおしゃれなお店には基本、デートで行っていたと。

川井・柏原 そうそう。

川井さん直筆の「平成年表」。

バブル崩壊、もつ鍋ブーム、そして

−−バブル崩壊は平成3~5年(1991~1993年)ですが、それ以降もしばらくはみなさん結構レストランに出かけていて、そんなに景気が悪くないイメージだったんですが。

川井 一応、平成4年(1992年)には“不景気”というキーワードの下、もつ鍋ブームとかもあったんだけど。

柏原 それでも全体的に見ると、この不景気は一時的なものだと思おうとしていた(笑)。平成元年にはボジョレー・ヌーボーが流行って、平成7年(1995年)に田崎真也さんが世界一のソムリエに選ばれたことで空前のワインブームに。日本人がワインに目覚めていく過程でもあり、飲食にお金を使える人が多かったのでは?

川井 それが平成11年(1999年)頃に激変!

−−何があったんですか?

川井 どこの会社も経費が使えなくなったんだよね。平成ヒトケタ代までは会社の経費はわりとふんだんにあって、いいお店にも行けていたのが、一気にダメになっちゃった。

−−経費でいいお店に行ってたんですか!

川井 昔はなんでもアリだったから(笑)。

柏原 ところが、平成も終わろうとしている今、メディアで話題になるようなお店で1人客が増えている気がします。

川井 以前は会話するためのツールが美味しい食事だったけど、今は“食”そのものが目的になってきている。昭和や平成初期は車やらブランド品やら海外旅行やら、欲しいものやりたいことがいっぱいあった。

けれど、消費出口が食べ物しかなくなりつつある今、食べログのレビューをはじめ、 SNSやブログを使って、自分でレストラン記事を発信できるようになってから、そういう人たちが記事をアップするために、どんどん1人でも店に出かけるようになった。

柏原 今、Facebookのイベントページを通じてオフ会もできますから、お店を貸し切ってから行く人を募集して、初めてリアルで会う人たち同士で席を埋めるということも流行ってますよね。これも平成の末期に出てきた現象で、この傾向はまだまだこれからも続く気配です。


【平成を知るためのキーワード】
1 Hanako  「キャリアとケッコンだけじゃ嫌!」というキャッチフレーズで昭和の末に創刊。雑誌で初めて「イタ飯」という言葉を使ったとも言われ、ティラミスブームの牽引役も担った。

2  ホイチョイプロダクションズ  代表の馬場康夫氏を中心としたクリエイター集団。バブル景気以降の流行を仕掛け、1994年発行の「東京いい店やれる店」は当時の若い男性のバイブルに。

3   ボナセーラ系イタリアン 入店すると「ボナセーラ!」と挨拶され、数を数えるときは「ドゥエ、トレ、クアトロ」などイタリア語が飛び交う店内。「イル・ボッカローネ」がその第一人者。

4 バスタ・パスタ 1985年オープンのイタリアンレストラン(2000年閉店)。山田宏巳シェフが提供する「江戸前イタリアン」とオープンキッチンが中心の劇場型レストランで人気に。後に日本のイタリアンブームを形成していくスターシェフを多く輩出したことでも知られる。

撮影:松園多聞(対談)
取材・文:寺尾妙子
食ライター。パン、スイーツ、お取り寄せから世界のガストロノミーまで網羅する食ライター。『casa BRUTUS』WEBサイトの「寺尾妙子のNEWSなレストラン」など、さまざまな媒体で執筆中。

外部リンク

cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_0ba8c52e9bbe_〈今週のカレー〉予約必至になる前にGO! 人気店出身シェフが手がけるインドカレー店が新宿に誕生 0ba8c52e9bbe 0

〈今週のカレー〉予約必至になる前にGO! 人気店出身シェフが手がけるインドカレー店が新宿に誕生

2019年4月26日 12:05 食べログマガジン

テレビやWEBメディアで大人気の“カレーおじさん \(^o^)/”に今週食べたカレーの中からイチオシのカレーを教えてもらう連載今回は、新宿西口にオープンした期待の新星「アチャカナ」を紹介します。

【カレーおじさん \(^o^)/の今週のカレー】「アチャカナ」

カレーの人気店も色々とありますが、ことインドカレーにおいては「ダバ インディア」や「グルガオン」を運営する株式会社チョティワラ系列のお店と、そこの出身シェフが手がけるお店の人気が高いです。都内屈指の人気店である「カッチャルバッチャル」や「カマルプール」もま​さにチョティワラ出身シェフのお店です。

そしてその「ダバ インディア」と「カッチャルバッチャル」で修行したシェフによる新しいお店ができたと聞いて、喜び勇​んで行ってきました。というわけで、今回ご紹介するのは新宿西口にできた「アチャカナ」です。​


店内はかなりカッチャルバッチャルと似た雰囲気。カウンターとテーブルの配置感がそっくりです。メニューも手書きで、これも似てい​ます。ならばきっと料理の方向性も近いのだろうと踏んで、タンドール料理中心のオーダーで攻めてみました。カッチャルバッチャルといえ​ばタンドール料理が絶品ですからね。​

鴨の冷菜

まずは焼き物の前に「鴨の冷菜」700円。これが先頭打者ホームラン的美味しさ! しっとりとした鴨の旨味にティムール(ネパール山椒)の香りと刺​激で最高のおつまみじゃないですか。いきなりお酒進んじゃいますよこれ。

チーズクルチャ

​続いて焼き物。まずはチョティワラ系名物の「チーズクルチャ」630円。ニンニクの香りがしっかりときいたチーズたっぷりのクルチ​ャ。食べたら無意識のうちに笑ってしまいます。幸せになる美味しさですね。​

ポークスペアリブのタンドール焼き

そして「ポークスペアリブのタンドール焼き」860円。これまた絶品! 火入れの加減が絶妙なんです。ジューシーな豚肉はスパイス​によってエグ味が消えて旨味が最大限に高められています。​

インドでタンドール料理を食べると、しっかりと焼きすぎていてイマイチ美味しく感じないことが多いです。これは食文化の違いなの​ですが、インドではジューシーに焼くという概念があまり無いのだそうです。そしてインドでは豚肉を食べるということも少ないです。​

その両方の意味から、これだけ美味しい豚のタンドール焼きは日本じゃないと味わえないのではないかとも思います。シェフも日本人​なのですが、だからこその良さがこういう所に出てくるのでしょう。​

海老の香味焼き

あまりに美味しくてもう一品。「海老の香味焼き」680円も追加。これまた最高! しっぽまで食べられるという以上に、食べずにはいら​れない美味しさです。プリっとした身とパリっとしたしっぽ。食感も楽しいなぁ。​ここまででも大満足ですが、〆のカレーも忘れてはなりません。

スパイシーマトンカレー

「スパイシーマトンカレー」1,180円を「ジャスミンライス」330円で​いただきました。スパイシーとありますが、スパイシーすぎません。一歩引いたスパイシーさ。それが良いのです。

インパクト抜群の​絶品タンドール料理の後で、スパイスがガツンときいたカレーだと食べ疲れてしまう可能性があります。しかしそうではなく、最後に​安心できるスパイス感だからこそ優しくまとまるし、胃が重たくならずにしめくくることができるのです。​

お店の雰囲気のみならず、最高の美味しさというところまでカッチャル的。それでいて個性が消えているわけではありませんし、これ​からその個性がじわじわと花開いていきそうな気配も感じます。​

こちらのお店も予約が取れなくなる人気店となりそうですね。そうなる前に行けるだけ行っておかないと!

※価格はすべて税込

写真・文:カレーおじさん \(^o^)/
2006年から毎日カレーを食べ続けているカレーマニア。今までに世界各地4,000以上の店舗で様々なカレーを食べ歩いてきた。ここ5年間の年間平均カレー食数は約1,000で、生涯通算カレー食数は優に10,000を超える。NHK Eテレ「オイコノミア」やTBS「櫻井・有吉THE夜会」など、メディア出演の他、小学館「しごとなでしこ」やイープラス「SPICE」などでカレー記事を連載中。

外部リンク

cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_f2c3cd3f178c_〈すき焼きブックマーク帳〉経済ジャーナリスト・國貞文隆さん編 f2c3cd3f178c 0

〈すき焼きブックマーク帳〉経済ジャーナリスト・國貞文隆さん編

2019年4月26日 12:03 食べログマガジン

衰えるどころかヒートアップし続ける“肉食”ブーム。ステーキに焼肉、ありとあらゆる肉メニューがあるけれど、日本が世界に誇る肉料理「すき焼き」はきちんと押さえておきたい。

そこで日本における和牛の求道者であり伝道師、小池克臣さんをお招きし、すき焼きと牛肉にまつわるおいしい歴史から、肉解説、小池さんが愛してやまないすき焼き屋までをお届けした特集に続き、今回は食べログマガジンで人気の連載陣4人に、お気に入りのすき焼き屋、好みの食べ方などについてインタビュー。

今回は、「食を制す者、ビジネスを制す」でおなじみの経済ジャーナリスト・國貞文隆さんが登場。

〈國貞 文隆さんに4問4答〉

すき焼きは「幸福感」に溢れるという國貞さん。その思いを叶えてくれる、3つのシチュエーションから選ぶマイベストすき焼き屋をご紹介。

Q1. お気に入りのすき焼き屋、また誰かを連れて行くならココ!と決めているお店は?

A1. 仕事や接待で行くなら「人形町今半 本店」、デートやプライベートで行くなら「ざくろTBS店」、一人で行くなら「しゃぶせん銀座B2店」です。

Q2. それぞれのお店のお気に入りポイントは?

A2-1. 人形町今半 本店

出典:YamaNe79さん

本店の和風な造りと設えは豪華で行くだけでも気分が盛り上がります。お店の味はもちろんのことサービスも抜群の安定感があり、ビジネスに使うには最適です。また西日本育ちの私には関東の割り下が「濃い」と感じていましたが、20年以上東京で生活しその濃さに慣れると、今半の割り下は適度なバランスで洗練されていると感じます。 

A2-2. ざくろTBS店

出典:orange blossom.さん

かつてアメリカ大使館の前の日本自転車会館の地下にあったざくろ赤坂店は、政治家やマスコミ御用達の店で高級感と秘密めいた雰囲気が素敵でした。ビルの取り壊しにより閉店してしまいましたが、今はTBS店を利用しています。

味、サービスともに良くお店は全体的に民芸調の設えであるところが、民芸好みの私としては居心地よく感じるお店でもあります。赤坂にはたくさんの飲食店があるので、すき焼きの後のバーやスナックなどの2軒目に行きやすい立地の良さも魅力的です。

A2-3. しゃぶせん銀座B2店

出典:ぽこぺんさん

こちらのお店もざくろのグループ店ですが、値段が安く通いやすいと思います。同ビルの2階にもお店がありますが、一人で行くならカウンターがあるB2店がおすすめです。まさに孤独のグルメを体感できます。

京都のイノダコーヒーの円形カウンターのようにこちらも楕円形のカウンターで、店員さんやお店を訪れる様々なお客さんを時折観察しながら食べる雰囲気が好きなんです。お酒を飲む前の腹ごしらえやランチでの利用が多いですね。

Q3. 好みの食べ方は?

A3. 全てオーソドックスに調理してくださるスタッフの方にお任せします。

自宅ですき焼きをする際にはシメにうどんを食べることもありますが、外食ではすき焼きを食べるときは必ず日本酒を飲みますので、ご飯ものは少しにして食べ過ぎないようにしています。なぜなら、必ず2軒目はバーに行き、その後お腹が空いてラーメンを食べることも想定していますので。

Q4.國貞さんにとって、すき焼きを一言で表すと?

A4. 「幸福感」

選者:國貞 文隆
経済ジャーナリスト。明治、大正、昭和の実業家や企業の歴史にも詳しく、現代ベンチャー経営者の内実にも通じている。著書に『慶應の人脈力』『やはり、肉好きな男は出世する ニッポンの社長生態学』『社長の勉強法』『カリスマ社長の大失敗』がある。お酒大好きで、名バーに行くことが趣味。

外部リンク

cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_d437b43e14a8_子供も大人も楽しめる! GW限定のヘルシービアガーデン d437b43e14a8 0

子供も大人も楽しめる! GW限定のヘルシービアガーデン

2019年4月26日 10:24 食べログマガジン

「美カラダ」メニューにお子様メニューもラインナップ!

松屋銀座が、ゴールデンウィーク期間中「美しくなるビアガーデン」を特別オープン!「美カラダ」をテーマに、肉(高タンパク)・野菜(低カロリー)・チーズ(脂肪燃焼効果)を取り入れた、美味しく健康的で栄養豊富なビアガーデンメニューを提供します。

さらにカレーやナポリタン、コットンキャンディをはじめ、ゴールデンウィーク限定で子どもメニューも豊富に用意。大人だけでなく家族そろって楽しめる、初夏のスペシャル企画です。


「スタンダードBBQ&チーズタッカルビPLAN(一人 2,980円)」。

グリーンサラダ、BBQ盛り合わせ(AU産サーロイン、国産豚肩ロース、国産鶏もも肉 、ソーセージ)、チーズタッカルビ用のチーズ、野菜盛り合わせ、トルティーヤがセットに。※テーブルリザーブ2時間制(30分延長500円)。




その他、「お肉食べ放題!!BBQ&チーズタッカルビPLAN」(一人 3,980円※お肉のみ食べ放題)や、フリードリンクセット(一人90分 2,000円)も用意。

フリードリンクセットでは、生ビール、サワー各種、ハイボール、ワイン、カクテルなどが飲み放題で楽しめます。

※価格は税込

文:小野寺悦子

外部リンク

cat_9_issue_oa-tabelog-magazine oa-tabelog-magazine_0_23aa49befe2d_トロリ派? カリッと派? 2種類のレモンケーキを楽しめる専門店がオープン 23aa49befe2d 0

トロリ派? カリッと派? 2種類のレモンケーキを楽しめる専門店がオープン

2019年4月26日 10:22 食べログマガジン

2種類のレモンケーキを取り揃える専門店が新宿に登場!

「洋菓子のフランセ」が手がける新業態のレモンケーキ専門店「レモンショップ by FRANCAIS」が4月17日、小田急新宿駅西口地下構内にグランドオープン。食感や風味の異なる生菓子と焼菓子、2種類のレモンケーキを販売する。


生菓子の「〈生〉レモンケーキ」3個1,200円(税抜)は、表面のムースにデンマーク産の高品質クリームチーズ“BUKO”を使用。

中には、瀬戸内海レモンとマスカルポーネを贅沢に使った深みのあるレモンクリームをイン。最下層のガリッとした食感の生地が、絶妙なアクセントに。


対して、レモンピール&はちみつを加えてしっとりと焼き上げたスポンジ生地を、レモン風味のホワイトチョコレートでコーティングした「〈焼菓子〉レモンケーキ」4個800円(税抜)。

かわいらしい見た目に加え、爽やかな香りと、甘さを抑えたレモンの風味を楽しめる。


グランドオープンに伴い、商品を購入すると、先着5,000名限定でオリジナルクリアファイルをプレゼント中。

この機会にお店へ!

文:中西彩乃

外部リンク