大人顔♡ “ゆうこす”がデキる女風の赤メイクを指南

09.04 17:00 「SWEET WEB」

己が信じる「カワイイ」を追求してきたスウィートガール達。男のコ受けを狙いたいわけじゃないけど、“モテたい”か“モテたくないか”って言ったらモテておくに越したことはないでしょ!

そこで、モテクリエーター&YouTuberとして大人気のゆうこすに、大人っぽいけど老けない、絶妙バランスの赤メイクテクを教えてもらいました!

ギャップ萌えの赤メイク

ドレス¥52,000(ホールナインヤーズ)、ネックレス¥32,000(クローゼット/共にH3Oファッションビュロー)、リング¥2,500(G2?)

ドラマティックな印象のマットな質感の赤リップを主役にした大人顔メイク。

「普段はぶりっとしてるコが見せるシックな赤リップメイクはギャップ萌えの究極!肌もマットにすると、途端に老けて見えちゃうから、ツヤ肌は死守します。リップ以外は極力控えめにするのがコツ」

Point 1 目元は極力ミニマムに

「01の左下のカラーを上まぶた全体に伸ばし、目のキワと下まぶたにだけ右下のブラウンをオン。目尻だけに04でラインを引き、下まつ毛の隙間を埋めるように03のラインを。上まつ毛はマスカラもビューラーもナシ。下まつ毛だけに繊細なブラシの02をつけて」

【使用コスメ】01 サンク クルール 767 ¥7,600(パルファン・クリスチャン・ディオール)02 モテマスカラ TECHNICAL 3 ¥1,800(フローフシ) 03 ラインマニア PK777 ¥950(マジョリカ マジョルカ/資生堂) 04 スムースアイライナー WP 001 ¥2,200(アナ スイ コスメティックス)

Point 2 曖昧に色づく赤リップ

「ベルベットみたいな質感がおしゃれなリキッドリップを唇の中央から全体に塗ったら、キワを指でぼかして輪郭を曖昧に。優しい印象で“モテ”力UP!」

【使用コスメ】ラ プティット ローブ ノワールリップ カラーインク L121 ¥3,600(ゲラン)

Point 3 ハイライトでツヤ厳守!

「RMKのハイライトスティックで顔の高い部分に輝きをプラス。リップがマットだから肌はツヤッとカジュアルに仕上げて♥」

【使用コスメ】グロースティック¥2,000(RMK/RMK Division)

モテクリエーターゆうこすって?

「モテるために生きてる」と公言し、YouTubeやSNSで情報発信するモテクリエーターのゆうこすこと、菅本裕子さん。今の活動を始めたのは?
「アイドル活動の後イベントをやっても3人しか来ない、みたいなどん底の時代にどうせなら“やりたいことをやろう!”って振り切ったのがきっかけ(笑)。自分の理想の女のコ像を表すのに、一番分かりやすいのが“モテたい”って言葉だったんです。大切なのは可愛くなりたいっていう、ポジティブさ。特にメイクはテクニック次第でいくらでも変わることができる魔法みたいなモノ。欠点だって好きになれるような、モテメイクを日々研究しています」


(sweet編集部)

model & make-up_YUKO SUGAMOTO
photo_RYU CAKINUMA[TRON](model) , MAYA KAJITA[e7](still)
styling_YOKO OIZUMI
hair_MIKI SAYUDA
edit_SATOKO ISHIKAWA[vivace] , FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

外部リンク

イギリス在住の紗栄子、パリの路上でバゲット丸かじり!?

09.04 17:00 「SWEET WEB」

我らがミューズ紗栄子さんと一緒に、魅惑の都市パリにて撮影を決行。“いつでもからだのどこかに赤をまとっている女のコ”をテーマに様々な雰囲気の女性像を表現してくれました。パリの都市に息づくノスタルジックな世界観とのコラボレーションにも注目です!

シックなオールブラックに小物で赤を差す可愛さ

赤の魔法でオール黒もキャッチーに。

ニットドレス¥71,000(Victoria Victoria Beckham/イーストランド)、ハートプリントクラッチバッグ¥83,000(michino/Pred PR)、ソックス¥1,000(ぽこ・あ・ぽこ)、ブーツ¥118,000(ロシャス/アクアガール丸の内)、リボンはスタイリスト私物

オール赤のセットアップでとことんいい女を気取って

赤のVネックとIラインスカートのまさにいい女な組み合わせ。丸サングラスでハズすのが粋!

ニット¥64,000、スカート¥47,000(共にÁERON/コロネット)、サングラス¥38,000(EYEVAN/アイヴァン PR)、レースアップシューズ¥120,000(Santoni/リエート)

(sweet編集部)

model:SAEKO
photo:DAISUKE TSUCHIYAMA[TRON]
styling:MAKIKO ITO
hair & make-up:MIFUNE[SIGNO]
coordinate:MAKI KONIKSON[Konikson Productions,LLC.] , TOMOKO YOKOSHIMA
special thanks:ODETTE
edit:MIZUKI OMOTANI[vivace] , FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

外部リンク

秋の気配の日にはシャツを着崩したパリジェンヌ風スタイル

08.30 17:00 「SWEET WEB」

こだわりのアイテムで10DAYSコーデ

おしゃれに定評のある人気モデルみっこが私服を大公開。この夏の気分にフィットした厳選アイテムで着まわしコーデを披露します。

【教えてくれたのは…】
矢野未希子さん/モデル
ここ数年エッジーなスタイリングにハマっていたけど、近頃フレンチ気分が再燃中のみっこ。大人に似合う、程よい甘さが魅力的な渾身のコーデを披露!


ストライプシャツにおリボン♡私好みの王道フレンチ決定版

「大人になった私にも似合う、理想的なフレンチスタイルがこちら。ストライプシャツのフロントリボンや頭に結んだリボンで甘さは取り入れつつも、ヌケ感が出るように肩を抜いてシャツを着たり、デニムでカジュアルダウンしたりと可愛さの度合いを大人向けに調整してます。でもきっとこのコーデは10年後も好きだな♡」

頭に結んだリボン、NO BRANDのカゴバッグ/共に本人私物


今回着用したのはこの3つ

左:KALITAのセットアップ(*上のコーデではトップスのみ使用)
「上下でも単品で着ても今季らしさが叶う、夏らしいリネン素材のセットアップ。肌見せは大胆なんだけど、ラフでこなれた雰囲気のカーキなので嫌らしく見えないの」/本人私物

中:KHAITEのストライプシャツ
「ほっこりするチェック柄よりストライプが昔から好きなので、シャツはストライプか無地をよくセレクトします。このシャツはヒトクセあるリボンデザインがツボ」/本人私物

右:ROLLA'Sのデニム
「自称デニムオタクな私が、すごい頻度ではいているのがこの1本。トレンド感のあるハイウエストと美シルエットはもちろん、とにかくはき心地が極上。まさに神デニム!」/本人私物

(sweet編集部)

photo:SAKI OMI[io](model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling & model:MIKIKO YANO
hair & make-up:KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
edit:ICHIKO IIJIMA, RYUKO HANADA[vivace], FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

外部リンク

手足のアラが隠れちゃう♡華やか赤ベースのネイルデザイン

08.30 17:00 「SWEET WEB」

ネイルのおしゃれがますます楽しい夏。ハンドもフットも気ままに自分塗りして、カラーコーディネートを意識してみて。指先の小さな世界を色とりどりに彩ったら、この時季、もっと弾ける!

ハンドは鮮烈カラーグラデで夏気分上昇♡

ネイルの定番カラー=レッド。特に夏にお似合いなのは、朱赤っぽい軽やかなトーン。太陽のようなオレンジと組み合わせて、情熱的に弾ける気分も指先にのせて。

Tシャツ¥3,900(ECLIN/エクラン ルミネエスト新宿店)、デニム¥32,000(THE Dallas/THE Dallas lab.)、ハートリング各¥3,600(共にLily Brown/Lily Brown ルミネエスト新宿店)、バングル¥1,500(RANDA)

ベースになるのは、シンプルな単色塗り。ハンドは赤〜オレンジのグラデーションに。

左から:ヴェルニ ロング トゥニュ #634 アランチョ ヴィブランテ ¥3,200(シャネル)、ディオール ヴェルニ 551 アバンチュール ¥3,000(パルファン・クリスチャン・ディオール)、ネイルホリック OR200 ¥300(コーセーコスメニエンス)、ディオール ヴェルニ 655 デビリッシュ キュート ¥3,000(パルファン・クリスチャン・ディオール)※限定発売、ネイルポリッシュ 02 CLOUDS ACROSS THE SUN ¥1,800(THREE)

フットは同系色アートでふんわりと

鮮烈カラーもデザイン次第で肌になじむ。

フットは赤をメインに。ベージュピンクの差し色で優しさをひとさじ。

左から:ネイル ラッカー #15、同 #03 各 ¥4,100(共にトム フォード ビューティ)、ヴェルニィ・ジバンシイ No.07 エッジィ・パープル ¥3,000(パルファム ジバンシイ)、ディオール ヴェルニ 999 ルージュ ¥3,000(パルファン・クリスチャン・ディオール)、キャンメイク カラフルネイルズ N18 ¥360(井田ラボラトリーズ)

(sweet編集部)

photo_SHU ASHIZAWA[S-14](model),DAISUKE KUSAMA[impress+](still)
styling_ETSUKO YAMAMOTO
hair & make-up_MIKIKO SUZUKI
model_SATOKO MIYATA
nail_FUNCTION NAILS
text_AKIKO NISHIMURA
edit_MIZUKI OMOTANI[vivace], FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

外部リンク

スマホは裸で持つべからず!シーバイのケースで差をつけろ

08.30 17:00 「SWEET WEB」

ちょっとしたイメチェンをしたくなる季節の変わり目。ヘアスタイルやファッションだけじゃなく、スマホまわりのアイテムを買い替えてみるのはいかが?毎日眺めるものを「気分があがる」ものに替えることでグッと気持ちが明るくなるはず。

発売が待ち遠しい!シーバイクロエのiPhoneケース

シーバイクロエから、お目立ち度満点なiPhoneケースが登場します。大ぶりなキャンディと電球のモチーフがあしらわれているのがとにかくキュート。電球の針金部分でさり気なく「See by」と綴りが入っているなど、おしゃれな遊び心もたっぷりなアイテムです。

11月中旬発売予定。バッグに入れておくのがもったいないくらいの可愛さ。iPhoneケース各¥7,000(共にシーバイクロエ/クロエカスタマーリレーションズ TEL03-4335-1750)

無愛想な充電器とはサヨナラしましょ♥

iPhoneケースでおなじみIPHORIAのテックアクセサリーシリーズをご紹介。ハートや星などがモチーフになったiPhoneケーブルのほか、携帯を上に置くだけで充電できるQiワイヤレス充電器も登場。オフィスや外出先での充電も楽しくできちゃいます。

全て新作です。上から:Qiワイヤレスチャージャー〈OH LA LA〉、ライトニングケーブル〈ブルースター、ピンクハート〉各¥4,800(全てIPHORIA/BLUES TEL03-6438-9913)

(sweet編集部)

PHOTO:NATSUKI[STUDIO BAN BAN]
TEXT:KAORU HIGUCHI
EDIT:EIKO MURAYAMA[vivace] , FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

外部リンク

ガーリーさにときめく♡ みちょぱの刺繍パンティ姿

08.30 17:00 「SWEET WEB」

いつもよりセクシーでおしゃれなランジェリーを纏ったときの高揚感、女のコなら誰でも分かるはず。胸キュン下着の効果で自分をたっぷり愛して、愛される私になろう♡sweet初登場の“みちょぱ”こと池田美優が魅せます♡

特別感を演出できる大人可愛い刺繍入り

ピンク刺繍ショーツ¥5,900、ピンクレースラインブラ¥10,000(共にLOVE Stories/GABRIELLE PECO)、ピンクモヘアカーディガン¥17,000(FURFUR/FURFUR ラフォーレ原宿店)

まるで1 点モノかと思わせる特別感が◎。生地は触り心地のよいサテン生地がマスト! モテもおしゃれも手に入る最高のタッグです

(sweet編集部)

photo:DAISUKE TSUCHIYAMA[TRON]
styling:MAKIKO ITO
hair & make-up:MASAAKI FUKUGAWA
model:MIYU IKEDA
edit:SATOKO ISHIKAWA[vivace] , FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

外部リンク

日本女子目線!残念な体を引き立てるデニム&ブラに感動!

08.30 17:00 「SWEET WEB」

ステキなデザインのインポートデニムやランジェリーもいいけれど、いまは自分にフィットするものを選びたい。そんな女性たちがやみつきになること間違いなし!の新ラインをご紹介。この着心地を知ってしまったら最後、他のものが着られなくなるかも…!?

日本人女性になじむシルエットにアップデート

スタイリストの野口強氏がディレクションを手がけるデニムブランドMINEDENIMから新ライン「NEW STANDARD EDITION」がデビュー。スキニーとスリムの2型、5色で展開されるこのラインは従来よりもストレッチをきかせ、日本人女性になじむよう仕上げられています。

オリジナルのサシェつき。ボタンや内タグのディテールもメンズライクなデザインからシンプルになりました。スリムデニム¥18,000(MINED TEL03-6721-0757)

着こなしの邪魔をしない麗しきランジェリー

"Maimia"は、日本人女性の体形や着こなしにフィットするよう作られた、生地、デザイン、生産まで全てMade in JAPANにこだわったブランド。インポートに負けない繊細なデザイン、そしてプロポーションカバーを兼ね備えた、美しいランジェリーが揃います。

あきの広い洋服にも合わせやすい華奢なカッティングもポイントです。トップ¥15,600、ボトム¥9,600(共にMaimia/LYDIA TEL03-3797-3200)

(sweet編集部)

PHOTO:NATSUKI[STUDIO BAN BAN]
TEXT:KAORU HIGUCHI
EDIT:EIKO MURAYAMA[vivace] , FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

外部リンク

暑いのか涼しいのか…気候が読めない日は白Tを女らしく

08.30 17:00 「SWEET WEB」

こだわりのアイテムで10DAYSコーデ

おしゃれに定評のある人気モデルみっこが私服を大公開。この夏の気分にフィットした厳選アイテムで着まわしコーデを披露します。

【教えてくれたのは…】
矢野未希子さん/モデル
ここ数年エッジーなスタイリングにハマっていたけど、近頃フレンチ気分が再燃中のみっこ。大人に似合う、程よい甘さが魅力的な渾身のコーデを披露!

肌見せしなくても叶う女らしさはシルエットがカギ!

「かなりハイウエストでウエストまわりが細見えするリネンのスカートが主役!Tシャツもピタピタサイズを選んでいるので、全然露出はしていないのにほんのりフェロモンを感じるスタイリングに。“ラフなのに、なんだか女っぽい♡”は私のおしゃれ道に欠かせない永遠のテーマ!」

韓国で買ったヘアバンド、フリマで買ったピアス、CULT GAIAのバッグ、JALAN SRIWIJAYAのローファー/全て本人私物
 

今回着用したのはこちらの2点

左:Acne StudiosのTシャツ
「たくさん持っている白Tの中でも、毎年のように買い足すアクネは別格。素材感とシルエットが絶妙で、カジュアルになり過ぎずスタイリッシュに着られます」/本人私物

右:KALITAのセットアップのスカート
「上下でも単品で着ても今季らしさが叶う、夏らしいリネン素材のセットアップ。肌見せは大胆なんだけど、ラフでこなれた雰囲気のカーキなので嫌らしく見えないの」/本人私物

↓セットアップで着るとこんな感じ

 

(sweet編集部)

photo:SAKI OMI[io](model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling & model:MIKIKO YANO
hair & make-up:KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
edit:ICHIKO IIJIMA, RYUKO HANADA[vivace], FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

外部リンク

ゆうこす直伝 ブルーを効かせたモテ顔の仕上げ方

08.30 17:00 「SWEET WEB」

カワイイ顔になりたいの!モテるメイク、教えてゆうこす♡ということで今回は夏っぽい「愛されカラーメイク」のポイントを指南していただきました!

愛されカラーメイク

デニム色のカジュアルなアイシャドウをポイントに、今季らしく、カラーで遊んだ夏メイクにチャレンジ。「アイシャドウのブルー以外は、チークもリップも、全てピンクで統一! 目元のブルーに引っ張られて、顔色が悪く見えないように、甘~く仕上げてみたよ♥」(ゆうこす)

トップス¥9,200(MILK)、イヤリング¥3,400(ライツ バイ ヤスコ コンドウ/プリマクレール・アタッシュプレス)

POINT 1 アイシャドウの色を強調!

「02右下のネイビーを二重幅に塗り、左下の薄いブルーを重ねる。03のラメシャドウは涙袋に塗ってウルっと。マスカラはシャドウの色が際立つブラックをセレクト」(ゆうこす)

【使用コスメ】01 ヒロインメイク ロング & カール マスカラ アドバンストフィルム 01 ¥1,200(KISSME/伊勢半) 02 サンク クルール357 ¥7,600(パルファン・クリスチャン・ディオール) 03 ルックアット マイアイズRD308 ¥463(エチュードハウス)

POINT 2 クリームチークでツヤほっぺ

「04のクリームチークを笑ったときに高くなる、頰の中央にオン。自然な血色感とツヤをプラスします。モテメイクに大切なハッピー感もUP!」(ゆうこす)

【使用コスメ】04 ヴィセ リシェ リップ & チーク クリーム PK-2 ¥1,000(コーセー)

POINT 3 触りたくなるグラデリップ

「05のピンクリップを唇全体に塗り、中央部分に06の透けるレッドリップを重ね塗り。ゼリーみたいに美味しそうな、チュルンとした質感を目指して」(ゆうこす)

【使用コスメ】05 シアー リップカラー N 24 ¥1,200、06 リップティント 01 ¥1,500(共にオペラ/イミュ)
 

model & make-up_YUKO SUGAMOTO
photo_RYU CAKINUMA[TRON](model) , MAYA KAJITA[e7](still)
styling_YOKO OIZUMI
hair_MIKI SAYUDA
edit_EIKO MURAYAMA[vivace] , FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
 

外部リンク

スポサンは女のコ服に合わせれば可愛さ鼻血モノ

08.30 17:00 「SWEET WEB」

可愛くて機能性もバツグンのスポサン。レジャーだけではなく、タウンでもおしゃれにはける着こなし&注目の新作をチェック!まだまだ終わらない夏、スポサンで街へ出よう♡

スポサンの街ばきPOINT

★色やディテール、シルエットなど、コーデのどこかに女のコ要素を入れる

★スポーティ、ボーイッシュになり過ぎないように注意!

黒スポサンでスカートの甘さを程よく中和

キュートなたっぷりフリルスカートは、Tシャツとスポサンでハズせばしゃれ感がグッとUP。バッグもサンダルも色は黒を選んで、モードな雰囲気に。厚底で脚長効果も狙って!

Tシャツ¥3,000(CHEAP MONDAY/k3 OFFICE)、スカート¥13,800(lilLilly/リルリリー トーキョー)、バッグ¥5,900(コントロールフリーク/キャセリーニ)

厚めのソールだけど、軽いので街でもガシガシ歩けます!

サンダル[ソール4.5㎝]¥7,800(テバ/デッカーズジャパン)

糖度高めの小花柄ドレスに赤スポサンでスポーティ要素を

女のコらしいドレスを着るなら、足元にはスパイスが欲しい!そんなときは赤のベルトがキャッチーなサンダルを。ベーシックカラーでは物足りないアナタにオススメですよ。

ドレス¥9,900(ECLIN/エクラン ルミネエスト新宿店)、バッグ¥3,900(コントロールフリーク/キャセリーニ)

コーデのポイントに。ソールがモノトーンなので、意外と服を選びません。

サンダル[ソール2㎝]¥9,800(テバ/デッカーズジャパン)

ラベンダー×グレーサンダルで柔らかく仕上げる

トレンドのラベンダーカラーと相性のよいグレー。ときには黒で締めずに、優しいグレーでふんわり仕上げるのもGOOD。メタリックバッグで、今っぽいアクセントも投入。

Tシャツ&キャミオールインワンセット¥11,000(Mila Owen/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)、キャップ¥4,800(X-girl/X-girl store)、バッグ※8月入荷予定¥4,800(NATURAL BEAUTY BASIC)

絶妙なグレーのワントーンでどんなアイテムとも合わせやすい。

サンダル[ソール3㎝]¥7,800(テバ/デッカーズジャパン)

(sweet編集部)

photo_SAKI OMI[io](model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling_YUKO TOSHIMA
hair&make-up_AI INUKI[AGEE]
model_SHIORI SATO
cooperation_EASE
edit_KASUMI ITO[vivace], FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

外部リンク