cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_suh1x7vzvouh_小沢健二、密会も“不倫”と報じられない理由 suh1x7vzvouh suh1x7vzvouh 小沢健二、密会も“不倫”と報じられない理由 oa-shujoprime 0

小沢健二、密会も“不倫”と報じられない理由

2021年7月5日 20:24 週刊女性PRIME

小沢健二

 オザケン“ことシンガー・ソングライターの小沢健二に23歳年下女性との密会報道が出た。題して、

《小沢健二(53)23歳年下 青髪カリスマ歌手と深夜“ラブリー撮“》

 彼の楽曲名『ラブリー』にかけた《米国人写真家と結婚11年》との見出しも踊っている。

 外資系高級ホテルの客室の一室を小沢が“仕事場“として借りており、同誌は、そこに時間差で入る女性の姿をキャッチしている。2021年5月21日のこと。お相手は『Awesome City Club』のボーカルPORIN。2019年に制作された小沢のアルバムにもコーラスとして参加しているという。

 その日、ホテルのフロント階に到着した彼女は、チェックイン待ちの宿泊客が多いことを感じると、建物を出てタクシーを拾い、わずか1キロ先の別のホテルに移動。後を追うように小沢も別のホテルに向かい、合流したという描写もある。

 朝4時に小沢だけが家路につき、PORINが出てきたのはチェックアウトギリギリの11時。警戒に警戒を重ねた逢瀬だった。いかにも怪しげな“密会“である。

裏どりがとれなかった?


──さるスポーツ紙記者はこの記事を読んで、首をかしげたという。

「90年代末にニューヨーク移住した小沢さんですが、2009年に写真家のエリザベス・コールさんと結婚しています。ふたりの子どもをもうけたあと、ここ数年の間にひっそりと日本に戻ってきています。なので、記事のタイトルには“不倫“と打たれてもいいはずなのに“ラブリー撮“と表現は控えめ。ネット版のほうでも“深夜のホテル密会“とどうも歯切れが悪いのが印象的でした

 同じホテルで一晩過ごしているにも関わらず、なぜこのような見出しになっているのか。

「きっと掴んでいた小沢さんとPORINさんとの関係性をそこまで詰め切れなかったのだと思います。

 記事には“関係は3年近い“ということ、そして、彼がPORINさんに“『妻と離婚に向かって話あっている』と言っていた“などの証言が掲載されていますが、この情報が本当に正確だという裏取りが取れなかったのではないでしょうか。

 いくら小沢さんと近い関係者から話を聞いていたとしても、雑誌側は(たとえばLINEのやとりなどの)記録文書や証拠写真などがないと記事は大きく打てない。今回は記者を動かしても密会の様子は1度きりしか撮れていませんし、“グレー”のまま取材が終わってしまったのでは?」(ベテラン週刊誌記者)

オザケンはミステリアス


 結局『文春』の直撃取材に対し、PORINは終始動揺しながらも交際を否定。彼女の所属事務所もホテルで会ったことは認めながらも「打ち合わせ」だという体を貫いた。

「『文春』も核心に迫ろうとかなり粘って取材をしたのではないでしょうか。記事にある密会はすべて『ミュージックステーション』で共演した5月末の1日の出来事。そこから別日の逢瀬という写真はありませんし、描写もない。


 結局PORINさんに直撃取材をしたのが1ヶ月以上も先の6月28日ということを考えると、“粘ったけど尻尾はつかめなかった“といったところでしょう」(前出・週刊誌記者)

 小沢は現在、家族とともに渡米中。『文春』がインスタグラムのアカウントに取材を申し込んだが回答は得られなかったという。小沢を知る音楽業界関係者によれば、「彼はかなりのミステリアス」なのだそうだ。

エリザベスさんとの結婚も極秘で行われ、親族とごく一部の親しい友人にしか知らされていませんでした。まさに秘密主義。奥さんは写真家ですが、小沢さんの音楽活動にも参加していました。2012年に行われたコンサート最終日に彼女がステージ上に登場するという一幕があったのですが、そのときも“コンサート内での演出を手伝っている方“と紹介されていましたしね」(音楽業界関係者)

 あの『文春』でもオザケンのベールをはがすことはできなかったか──。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_294v0zdp3o0h_渡部建&佐々木希、約4億円マンションを購入 294v0zdp3o0h 294v0zdp3o0h 渡部建&佐々木希、約4億円マンションを購入 oa-shujoprime 0

渡部建&佐々木希、約4億円マンションを購入

2021年7月5日 20:24 週刊女性PRIME

7月上旬、保育園から息子と帰宅する渡部建

「渡部さん? もうあのマンションからは引っ越しましたよ。GWぐらいに荷物を運び出して、部屋はもうカラッポだって」

 そう話すのは、『アンジャッシュ』渡部建の知人。昨年6月に起きた“あの騒動”から1年が経ったが、表舞台への復帰はいまだ許されぬまま。

「今年に入ってから渡部さんは豊洲市場の仲卸店で働いていましたが、マスコミにバレてこれもダメに。もう、八方ふさがりの状態ですよ」(スポーツ紙記者)

渡部は主夫に全力投球


 妻である佐々木希は、レギュラー番組『所JAPAN』(フジテレビ系)とともに、6月18日公開の映画『リカ 自称28歳の純愛モンスター』などに出演。9月からは舞台もスタート。女優としても活動の幅を広げる一方、 '17年に自身が立ち上げたファッションブランド『アンティミテ』の服を着て女性ファッション誌の表紙を飾るなど、宣伝にも余念がない。ひたむきに働くそのワケは、全ては家族のため。

「佐々木さんは渡部さんに代わって必死に家計を支えている状態。不倫報道の直後にあった日本テレビ系の『24時間テレビ』では変顔も披露したぐらいですから、相当な覚悟を持って仕事をしていると思います。“どんな仕事でも受けて、私が頑張らなくちゃ”って」(テレビ局関係者)

 日々変化する愛息の成長を、これまで最も近くで見ていた佐々木。今では息子と一緒にいる時間も少なくなった。

「今は仕事に出るのは私で、夫の渡部さんに子育てをしてもらうのが一番だと思ったようです。それでも仕事場では共演者に子どもの写真を見せるなど、ママの顔を見せることもあるようです」(芸能プロ関係者)

 妻の代わりに渡部は主夫に全力投球。こんな親子の姿が。

「少し前には、マンションの前や近くの公園で渡部さんが息子さんと遊んでいる姿をよく見かけましたよ。けど、最近はまったく見かけないなぁ……」(近隣住民)

約4億円の高級マンションを購入していた


 どうやら歩みを進め始めた家族に、新たな変化が訪れたよう。周辺に話を聞くと、冒頭の話が聞こえてきたのだ。

「これまで住んでいたマンションは、'17年に夫婦双方の個人事務所の共同名義で購入。3億円近くする物件でした。ですが、今年の3月に約4億円する高級マンションを購入したんです」(前出・渡部の知人)

 佐々木の個人事務所名義で購入したという。転居にはこんな理由があったようで。

「家って、いいコトも悪いコトも、そこにいると思い出してしまうことってありますよね。だから、もう一度やり直そう。家族の新たな出発として、心機一転、転居を決めたんだと思います」(同)

 だが、これまで住んでいたマンションは売却していないという。普通なら、次の4億円ものマンションを買うための資金として売却するものだが……。いったいどういうことなのか。住宅コンサルタントでアネシスプランニング株式会社の寺岡孝社長に話を聞いた。

「マンションなどの不動産を売却して得た利益を譲渡所得というのですが、この譲渡所得には所得税と住民税が課されるのです」

 所有期間によって課税額が異なってくると、寺岡社長が続ける。

「投資目的での短期売買を防ぐための措置とも言われており、不動産の所有期間が5年以下の短期譲渡の場合は、課税される所得税と住民税を合計した税率が約40%と高く設定されている。例えば3000万円だった物件が5000万円で売れた場合、利益の2000万円に対して約40%の税率が課せられるのです。すなわち800万円ほどを税金として納める必要がある。所有期間が5年を超える長期譲渡では、所得税と住民税を合計した税率は20%ほどに下がります」

 渡部一家がこれまで住んでいたマンションを購入したのは4年前のこと。

「当面は誰かに貸して、5年が過ぎた以降に売ることを考えているのかもしれませんね。所有している物件の立地がよければ、後々に不動産価格が上昇していく可能性も十分にありえますから」(寺岡社長)

 家族の再出発のための大きな出費。もしかしたら少しでも抑えたいと考える“主夫の知恵”かも。

 家事や育児は渡部の仕事。息子が保育園に行ってる間は自由時間だが、本屋でこんな姿が目撃されて。

「店内で座って、ビジネス書を一生懸命読みこんでいましたよ」(居合わせた客)

 失った信頼を取り戻そうと、家族のために、本の知識をたくわえているのか――。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_rx9kv6hhe0ca_キンコン西野亮廣、“信者”に異変! rx9kv6hhe0ca rx9kv6hhe0ca キンコン西野亮廣、“信者”に異変! oa-shujoprime 0

キンコン西野亮廣、“信者”に異変!

2021年7月5日 20:24 週刊女性PRIME

出版サイン会でのキングコングの西野亮廣('16年)

《週に一度は炎上するFacebook毎日更新中。フォローしてね(*^^*)》

 この文面をほぼ毎日ツイートする人物。“炎上”の代名詞的な存在だったキングコングの西野亮廣(41)だ。“だった”と過去形にしているのは、ここ最近は週に1度どころか、炎上すること自体が少なく、ネットニュースになることも以前と比べれば少なくなってきているためだ。

なぜ西野はファンを獲得できたのか


芸人としてのテレビでの活動は少ないですが、'20年に公開された西野さんの絵本を原作としたアニメーション映画『えんとつ町のプペル』は日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞。

 ビジネスの面でも興行収入20億円、観客動員数も150万人突破と成功しています。まぁこれは、“信者”とも揶揄される強烈なまでの“西野ファン”が何回も観に行ったことが大きいとも言えますが」(芸能プロ関係者)

 SNS上では「プペる」(『えんとつ町のプペル』を観に行くこと)、「○プペ目」(○には数字が入り、○回『えんとつ町のプペル』を観に行ったかを示す)などの言葉も生まれた。さらには、有志によって上映直後に「スタンディングオベーションをしよう!」という動きもあった。

 なぜ西野はこれほどまでのファンを獲得したのか。

「西野さんのFacebookでの投稿が始まりでしょう。そこで彼のビジネス論や芸人論、もっと言えば人生論のようなものを語っていた。

 それまでも、人気芸人なのに“チケット手売り”や絵本作家などさまざまな活動をしてきましたが、ビジネス書を出すほどの“作家”となり、さらにまだ日本ではあまり浸透していなかったクラウドファンディングを芸能界でいち早く始めるなどのビジネス的な“早さ”が、いわゆる“意識高い系”のような人からも人気を得るようになった。

 現在の西野さんのファンは、“笑い”のファンではなく、そういった活動のファンが多いでしょう」(出版関係者)

 しかし今、このコアファンの“西野離れ”が止まらないのだ。

西野さんは'16年にオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』を開設しました。月額980円の会員制で、“西野亮廣の“頭の中”を共有”ということで、Facebookの非公開グループに毎日西野さんがエンタメ論やビジネス論などを投稿し、それが読めるといったことが特典となります。昨年ごろが最盛期で、7万人を超える会員数となっていました」(同・出版関係者)

 しかし、現在'21年の会員数は……。

今年の春ごろから減少を続け、今に至るまでずっと右肩下がりで、現在は6万人ほど。ここ3か月くらいで1万人ほどの減少となっています。

 月額制のいわゆるサブスクリプションのビジネスは、解約を忘れていたり、解約するのが面倒でそのままにしていたりする人の存在がわりと重要視されるなど、休眠会員が多い。それにもかかわらずこんなにも“積極的に”解約する人が多いのはちょっと……。

 とはいえ、会員数自体は日本トップですから、十分すごい。ちなみに2位はオリエンタルラジオの中田敦彦さん、3位はホリエモンこと堀江貴文さん。このトップ3のサロンに全部入っているという人も少なくないのではないでしょうか(苦笑)」(同・出版関係者)

海外に移住か休養か


 オンラインサロンの会員数ランキング2位のオリラジ中田は、'20年末に吉本興業を退社し、'21年3月に妻である福田萌や子どもとともにシンガポールへ移住した。実は西野もそのような計画があるようで……

「11月上演で、『えんとつ町のプペル』がミュージカルになるのですが、その前のタイミングで海外に移住することを考えているそうです。

 移住というか、休養といったほうがいいのかもしれません。ここ数年、休む間もなくずっと走り続けてきたので、一度立ち止まって今後の戦略などをじっくり考えたいということもあるのでしょう。行き先などはまだ決めていないようですけどね」(前出・芸能プロ関係者)

 海外移住について西野の所属事務所に問い合わせたが、期日までに返答はなかった。

 強烈な信者とともに、いわゆる“アンチ”も生み出した西野。しかしネット上には以前のような“西野アンチ”を見る機会は少なくなり、ネットニュースのコメント欄もそれほど荒れない。《捕まってないだけの詐欺師》(西野のことを、千鳥・大悟がこう称した)は、再び大量の信者とアンチを獲得できるか。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_y72f8ji89oto_《千葉・八街》児童5人死傷事故、容疑者の母親が自責 y72f8ji89oto y72f8ji89oto 《千葉・八街》児童5人死傷事故、容疑者の母親が自責 oa-shujoprime 0

《千葉・八街》児童5人死傷事故、容疑者の母親が自責

2021年7月2日 20:24 週刊女性PRIME

事後現場には献花台があり、たくさんの花が供えられている。奥にあるのは、容疑者がトラックで突撃して折れ曲がった電柱

「息子がこんな、とんでもないことをしてしまって、本当に申し訳ありません。亡くなった子どもさんや、その親御さんに、どう言って謝ったらいいのか……」

 何度も頭を下げる80代の女性――。

私と主人の命を奪って…


 6月28日午後3時25分ごろ、千葉県八街市の市道で大型貨物トラックが下校中だった同市立朝陽小学校の児童の列に突っ込んだ。2人が死亡、1人が意識不明の重体、2人が重傷と凄惨な事故となった。冒頭の言葉は、そのトラックを運転していた梅澤洋容疑者(60)の母親のものだ。

 当初、過失運転致死傷の疑いで逮捕されていた容疑者。だが、昼食時に飲酒していたこと、さらには居眠り運転で市道脇の電柱に衝突した勢いのまま、その40mほど前にいた児童の列に減速せずに突っ込んでいたことが判明。より罪が重い危険運転致死傷容疑に切り替わって送検されている。

 容疑者の母親が続ける。

「私にも子どもがいますから、そのかわいい子どもを失ったらと考えると、もうたまらなくて……。世間のみなさんにも、顔向けができないですよ」

 事故直後は、容疑者である息子をなんとか助けたいという思いもあったが、

「時間が経って落ち着いてきたら“息子を死刑にでもなんでもしてくれ” “殺してください”という気持ちになっています。こんな酷い事故を起こしたんだから……」


 だが、こうも続けた。

「とはいえ、私にとってはかわいい息子ですから、できれば代わってあげたいという気持ちも……。代わりに老いた私と主人の命を奪ってもらったらとも思います」

息子はお酒が弱い


 今、自分にできることは何なのか――自問自答する毎日だという。

「私の家族には今、車を運転できる人間がいないんです。私は運転免許を返上してしまったし、主人は今回の事故を聞いて腰を抜かしてしまって、動けなくなってしまった。(息子の)嫁も体調が悪いし、孫は仕事が忙しいみたいだし。被害にあわれた子どもたちのお宅に行って謝ることも、息子の面会にも行けない状態。だからもう、何をどうしたらいいのか、まったくわからなくて……」

 悲痛な母親の叫びである。

 容疑者は昔から手がかからない子どもだったという。

「親バカでしょうけど、反抗期もなくて、親の言うことに絶対にNOは言わない、素直な子でした。息子は運動が得意ではなかったので、高校では吹奏楽部でトランペットをやっていました」

 容疑者は高校卒業後、1年間のアルバイト生活。貯めたお金で、自動車関係の専門学校に通ったという。

「うちは当時、雑貨店のほかガソリンスタンドを経営していて、息子はそこで働いていました。ですが、16年前に経営が悪化して借金を抱えることに……。困っているときに、ガソリンスタンドのお得意さんだったのが、息子の今の勤務先です。“じゃあ、うちへ来ないか”って助けてくれたんです」

 容疑者は運送会社『南武運送』に勤務。都内の建設現場に資材を運び、現場近くにある会社に戻る途中で事故を起こした。


 梅澤容疑者の飲酒について母親は、

「家ではほとんど飲まないんですけどねぇ……。息子はお酒に弱いし。勤務時間は朝6時から昼間の3時ぐらいまで。昼ご飯のときにはもう仕事終わりなので、ついつい飲んでしまったんでしょうか……」

 気のゆるみで取り返しのつかない事故を起こし、幼い命を奪った梅澤容疑者。その母親も加害者の家族となって、絶望の淵に立たされている。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_9ucsyp815shr_櫻井翔と相葉雅紀、NHK東京五輪ナビ決定の裏事情 9ucsyp815shr 9ucsyp815shr 櫻井翔と相葉雅紀、NHK東京五輪ナビ決定の裏事情 oa-shujoprime 0

櫻井翔と相葉雅紀、NHK東京五輪ナビ決定の裏事情

2021年7月2日 20:24 週刊女性PRIME



 6月23日、嵐の相葉雅紀と櫻井翔が『NHK 東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター』を務めることが発表された。

「2人ともスポーツの仕事経験が豊富であることを買われました。相葉さんは2016年から2019年までNHKで放送されたスポーツバラエティー番組『グッと!スポーツ』でMCを務め、櫻井さんは2008年の北京オリンピック以来、6大会すべてを取材した実績がありますからね」(スポーツ紙記者)

 過去の経験に加えて、2人が硬軟併せ持ったコンビであることも評価されたようだ。

櫻井さんは障がい者スポーツに対する知識も深く、事前の下調べも綿密に行います。コメント力もありますし、ナビゲーターにはうってつけです。一方の相葉さんは、そのキャラクターも大きかったのでは。選手の中には取材慣れしておらず、緊張する人もいるので、相葉さんの天真爛漫で誰とでもすぐに打ち解けられる性格に選手はリラックスできますよ」(テレビ局関係者)

 オリンピックの“顔”となる2人に期待が高まっているが、ファンの間では“別の期待”があった。

「ナビゲーターは当初5人でやる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響でオリンピック開催が延期に。ただ、昨年末で嵐が活動休止してからも、NHKは定例会見で“協議中”と繰り返していました。そのためファンの間では、“オリンピック中の期間限定で再結成するのでは?”という声が上がっていたんですよ」(同・テレビ局関係者)

新たな“嵐ルール”が適用された


 “再結成”が叶わなかったのは、芸能活動を休止している大野智の影響が大きかったようだ。

「大野さんはかねてから、“一度、芸能界から離れてのんびり過ごしたい”と話していました。そのため、期間限定で活動することに対しても否定的な反応だったといいます。ほかの4人は、リーダーのそんな気持ちを酌んだのでしょう」(同・テレビ局関係者)

 嵐には“1人がイヤだと思ったことはやらない”というルールがある。今回は、それに加えて“新たなルール”も適用された。

今年から、メンバーの共演は2人にしているんです。現在は4人が活動しているので、大野さんを除いた4人でテレビに出ると、彼の不在が目立ってしまう。3人で出た場合も、もう1人のメンバーがはずされたように見えてしまいます。世間からの見え方を考えた結果、“嵐が出るときは1人か2人”という暗黙のルールができたそうです。“仲間はずれに見えるメンバーをなくす”という、ジャニーズ事務所の狙いがあるのでしょう」(広告代理店関係者)


 とはいえ、オリンピックという大舞台に嵐の4人が出れば、話題性もある。そのため、一時はこんな案も浮上して─。

「NHKの中では、4人が日替わりでナビゲーターを務める案も検討されていました。月曜日は二宮和也さん、火曜日は相葉さん……という“嵐シフト”を組むんです。日替わりであれば、“2人ルール”を破ることになりませんからね。ただ、それでもやはり大野さんの不在が目立つため、実現しなかったといいます」(同・広告代理店関係者)

『ジャニーズは努力が9割』(新潮社刊)の著書があり、ジャニーズ事情に詳しい霜田明寛氏は、ナビゲーターが2人になった背景に、NHKがファンの思いを酌んだこともあるのではないかと指摘する。

「嵐はメンバー同士のかけあいが魅力で、ファンもそういう姿を見たがっています。活動休止以降、メンバー同士のかけあいは減ってしまいました。ファンによって多少意見は分かれるかもしれませんが、4人の日替わり出演でメンバー同士のかかわりが見られないよりは、“2人で仲よく話す姿が見たい”という気持ちを酌んだのかもしれません

『カイト』が歌えない…


 紆余曲折を経て、大役をつかんだ相葉と櫻井のことを、ほかのメンバーも喜んでいることだろう。ただ、2人の心の中には“未練”が燻っている。

『カイト』を歌えないことを悔やんでいます。この曲は米津玄師さんが作詞作曲し、オリンピックに向けて作られました。今年も使用することが発表されましたが、相葉さんと櫻井さんからすれば、オリンピックで披露するために作った曲なのに、全員そろって歌えず、複雑な思いなのでは」(レコード会社関係者)

 彼らの気持ちが晴れないのも無理はない。この曲には、5人の特別な思いが込められていたからだ。

「CDシングルとしては活動休止前に作った最後の作品で、ジャケットには大野さんが描き下ろした絵画が使われたんです。そんな曲をスタジオで聴く2人も、テレビで聴くほかのメンバーも、“オリンピックでファンのために歌えなくて申し訳ない”という気持ちになるのではないでしょうか。もちろん、誰が悪いわけでもないんですけどね」(同・レコード会社関係者)

25周年はグループ崩壊の年


 ただ、いつまでも後ろを向いているわけではない。すでに、全員の脳裏に“活動再開の日”が思い浮かんでいる。

「2019年の活動休止会見で、“解散ではない”と強調していました。再び集まるタイミングとして、デビュー25周年を迎える2024年が最適だと思いますよ。その前年である2023年は、松本潤さんがNHK大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めます。1年間“嵐の松本”がフィーチャーされ、翌年に復活となれば、これ以上ないサプライズになりますからね」(芸能プロ関係者)

 5人が25周年に焦点を定める背景には、ジャニーズ事務所の“負の連鎖”を断つ意図もあるようだ。

「ジャニーズファンの間で“25周年はグループ崩壊の年”とささやかれているんです。SMAPは25周年に解散し、TOKIOは元メンバーの山口達也さんが“事件”を起こした影響で25周年ライブができず、グループは“独立”。これまでに目立ったトラブルのなかったV6も、昨年行われた25周年の配信ライブのときに、解散を決めていたといいます。そうしたマイナスイメージの強い年に嵐が“復活”すれば悪いイメージを払拭できますよ」(同・芸能プロ関係者)

 1999年のデビューから多くの壁を乗り越え、トップに上り詰めた嵐。そんな5人に“明けない夜はない”はず!

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_m5ryfq9m66rz_小島瑠璃子、破局や炎上でもくじけない“強メンタル”の秘密 m5ryfq9m66rz m5ryfq9m66rz 小島瑠璃子、破局や炎上でもくじけない“強メンタル”の秘密 oa-shujoprime 0

小島瑠璃子、破局や炎上でもくじけない“強メンタル”の秘密

2021年7月2日 20:24 週刊女性PRIME

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

小島瑠璃子

第59回 小島瑠璃子


 6月23日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京)。ゲストはお笑い芸人・ニューヨークとタレント・小島瑠璃子(以下、こじるり)でしたが、こじるりのトークを聞いていて、腑に落ちないことがありました。

『キングダム』作者と熱愛、匂わせ発言も


 こじるりと言えば2020年に『週刊ポスト』(8月14・21日号)で、人気漫画『キングダム』の作者、原泰久センセイの住まう福岡で手つなぎデートをしていたことを報じられています。同誌によると、『キングダム』の大ファンでもあるこじるりが猛アタックをして、交際に至ったそうです。ファンの間では愛妻家として名高い原センセイでしたが、離婚をして独身になっていたことも明らかにされています。

 原センセイの離婚がいつなのか明らかにされていなかったため、状況証拠から「こじるりが不倫略奪したのでは?」という憶測が飛び交います。しかし、事実はもっとえげつなかったようです。『週刊文春』によると、原センセイはアイドルAさんと再婚を前提に不倫をしていたそうです。妻とは離婚したものの、再婚をしようとしない原センセイに業を煮やし、Aさんは芸能界を引退。そこにタイミングよく表れたのが、こじるりだったそうです。

 そんな「ワケあり」の人に恋をした焦りからか、それとも「恋は盲目」で周りが見えないのか、こじるりは出演番組で、原センセイとの交際を匂わせるような発言をしていました。


 しかし、前出『あちこちオードリー』では、幸せの条件として「自分でお金を稼ぐのがマスト」「結婚して子どもが生まれても、そこが守れるようにしたい」「自分の足で立ちたい」と、落ち着いたテンションで話していました。結婚に関しても「(バラエティーの仕事を)邪魔しない結婚って何? ムズッ」「なるべく、いい人を好きになれたらいいな」と、具体的なパートナーがいないかのようなスタンスだったのです。

 これはどういうことだと思っていたら、6月28日に2人の破局報道があったのでした。まぁ、男女の間にはいろいろあるでしょうから、こういうこともあるでしょう。それよりも、『あちこちオードリー』を見て、こじるりのヤバいまでのメンタルの強さの秘密に触れた気がしたのでした。

 メンタルの強い人、弱い人というのは存在して、最近はその理由を“自己肯定感”に求めるのが流行しています。自己肯定感は生育環境によるところが大きいので、幼少期に健康的な自己肯定感を親によって育まれることが理想的ですが、完璧な人間がいないように、完璧な親もいません。そうなると、ほとんどの人の自己肯定感は完璧なものではないでしょう。「自己肯定感が低いから、メンタルが弱い」という理論は間違ってはいないと思いますが、その一方で「それを言うなら、みんなそう」という責任転嫁になる危険性もはらんでいると思います。

視野の狭い人ほどメンタルが弱い


 生育環境に関わらず、メンタルを強くする方法を考えるとき、チェックすべきは「視野の広さ」ではないでしょうか。視野が広い人は比較的メンタルが強い(傷つきにくい)ですし、反対に視野の狭い人ほどメンタルが弱い(傷つきやすい)ことになります。

 自分の視野の狭さというのは、なかなか自分では気づかないものです。5月27日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「生きづらい芸人」では、芸人がそれぞれの“生きづらさ”を披露していました。テレビに出る人は人より感受性が敏感な部分があるでしょうから、彼らの“生きづらさ”は才能であることは間違いありませんが、「それは単に視野が狭いからでは?」と言いたくなるケースも含まれているように思います。

 たとえば、蛙亭のイワクラが、こんなエピソードを披露していました。先輩A、Bとイワクラの3人で飲みに行ったことがあり、支払いは最年長の先輩Aがすることになっていたそうです。イワクラは普段から「グラスが空いたら、お酒を注文するように」と指導されていて、実際、先輩Aにはそうしていたそうですが、先輩Bにはしなかった。それは「私がお金を出すわけではないのに、失礼だと思うから」だそうですが、飲み会の後に先輩Bに「全然いいけど、ああいうとき(俺に)何飲みますかって聞いたほうがいいで」と注意されてしまったらしく、生きづらさを感じたというもの。

「気を使ったつもりなのに注意されて、傷ついた」のかもしれませんが、これが典型的な視野の狭さだと思うのです。「私がお金を出すわけではないから、飲み物を注文しない」というのはイワクラの考えですが、先輩には先輩の考えがあるはずです。また、もし自分が先輩Bだったとして、後輩が自分の飲み物だけ気にしなかったら、どんな気持ちになるかを考えてみることも必要です。

 自分の考えだけで判断すると「自分の意見が通らなかった、怒られた、傷ついた」と思いがちですが、「相手の立場」で考えたら、傷つくことは格段に減るのではないでしょうか。

 オードリー・若林正恭は「こじるりって番組のスタッフが求めていることと視聴者が求めていることが感覚で瞬時にわかる」と、こじるりが「相手の立場」で物が見られることを高く評価しています。こじるり自身も、スタッフに積極的に意見を求めていることを認めていました。その一方で「スタッフさんのほうはわかるんですけど、視聴者のほうはわからないかも」「だから、びっくりするところで炎上するし」と冷静に分析しています。

すべてのマイナス意見を片づける“嫉妬理論”


 確かにこじるりは視聴者(一般人)の気持ちはわからないタイプのような気がします。2020年12月26日放送の『さまぁ〜ず三村マサカズと小島瑠璃子の「みむこじラジオ!」』(ニッポン放送)に出演したこじるりは、熱愛報道とそれにまつわる批判を振り返って「(コロナ禍で)やっぱりみんな家に閉じ込められているから、人が何をやっているのかをものすごく(気にする)」「そういうところを刺激しちゃって申し訳なかったかな」と反省しています。

 こじるりが叩かれたのは、コロナ禍に福岡に出かけていたこともあるでしょうが、略奪愛疑惑が払しょくできなかったことが影響していると私は思います。が、こじるり本人は「福岡まで出かけて行って楽しいことをした私に嫉妬したんでしょ? 私ばっかり幸せでごめんね☆」と、上段から物を言っているようにとらえられる発言をしました。どこの世界にも「私が嫌われるのは、嫉妬されているから」と言う人はいますが、こういう人はすべてのマイナス意見をこの論理で片づけてしまうため、自分のメンタルを傷つけることはありません。

 こじるりはジャーナリストの池上彰、さまぁ〜ず・三村マサカズ、ヒロミなどオジサンからも高い評価を受けています。こじるりは『あちこちオードリー』で、自身を「お酒、クルマ、麻雀が大好きなオジサン」と話していましたが、確かにこういう会話の糸口があれば、大物の懐に入りやすいでしょう。そんなこじるりを「媚びていてヤバい」と陰口を言う人もいるかもしれませんが、「私が嫌われてるのは嫉妬されてるから」と考える人にとっては、そんな声など痛くもかゆくもないでしょう。そりゃ、仕事途切れないわけだ。

 その昔、『アメトーーク!』で、有吉弘行がこじるりについて「知ったかぶりが鼻につくときがある」と発言したことがありますが、むしろ、他人をイラっとさせることが、こじるりの最大の魅力ではないでしょうか。なぜなら、恋愛ドラマやバラエティーなどのエンタメを盛り上げるのは、悪役だと思うからです。主人公の恋を邪魔する人がいるから恋愛ドラマは盛り上がるわけですし、バラエティーも予定調和ばかりではつまりません。

 こじるりのようにヤバ級にメンタルの強い人は、破局くらいなんでもありません。『あちこちオードリー』で、素敵な男性に出会ったら「めっちゃ話しかける」「気になる人には、自分から連絡先を聞いちゃうかも」と“肉食”であることを明かしていたこじるり。けろっと立ち直って、次の恋に向かうでしょう。

 自分に自信がない、傷つきやすい若者が増えていると言われますが、自分はそちら側だと思う人は、「相手の立場を徹底的に読んだ上で、自分のことは決して責めない」こじるり方式を真似してみるといいかもしれません。


<プロフィール>

仁科友里(にしな・ゆり)

1974年生まれ。会社員を経てフリーライターに。『サイゾーウーマン』『週刊SPA!』『GINGER』『steady.』などにタレント論、女子アナ批評を寄稿。また、自身のブログ、ツイッターで婚活に悩む男女の相談に応えている。2015年に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)を発表し、異例の女性向け婚活本として話題に。好きな言葉は「勝てば官軍、負ければ賊軍」

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_5wdmo7wzap20_チャラ男・小林廣輝アナは「社内でSNS運用担当」だった 5wdmo7wzap20 5wdmo7wzap20 チャラ男・小林廣輝アナは「社内でSNS運用担当」だった oa-shujoprime 0

チャラ男・小林廣輝アナは「社内でSNS運用担当」だった

2021年7月2日 20:24 週刊女性PRIME

小林廣輝アナウンサー(インスタグラムより)

 先日、『FRIDAY』(6月25日号)でテレビ朝日の斎藤ちはるアナとの交際が報じられ、同時に二股疑惑まで浮上したTBSの小林廣輝アナウンサーにさらなる醜聞が持ち上がった。追撃するように同誌(7月9日号)が報じたのは二股どころじゃない彼の奔放な女性関係。

 斎藤アナ交際報道が出た後に同誌には小林アナに関する情報提供、いわゆる“タレコミ”が続々と寄せられた。その数は実に12件、まだまだ出てきそうだという。そのうち4人の告白により小林アナの“生態”が記事化されている。今どきの若者なのだろうが、記事を読むと彼のチャラさが伝わってくる。

 小林アナは局内でも若手のホープとして期待されていて、入社してすぐに『アッコにおまかせ!』の進行役、『Nスタ』のニュースプレゼンターに起用されているが、どちらも“欠席”となり、出演を見合わせることとなった。2番組とも降板が濃厚とのことらしい。

公式SNSの運用を任されていたにも関わらず


当初は厳重注意で済ますつもりだったようです。『FRIDAY』第2弾が出る直前の“管理者会議”では、彼を番組から降ろすという話は出ていませんでした。同誌の報道が出た直後に現場、つまりセンター長とデスクと番組サイドで決めたようです。

 まあ、局内でも厳しく対処するべきだという声が出ていましたし、特に『Nスタ』は報道番組ですからね。いくら法に触れていないといっても、彼の行動は問題があります。それにあの番組の視聴者は主婦が多い。視聴者の反感を買ってしまうでしょうから」(TBS関係者)

 厳しい処分となったわけだが、厳しくなった理由はそれだけではないというのは別のTBS関係者。

彼は社内でも“アナウンス部の公式SNSの運用担当”だったのに意識が低すぎます。個人でインスタのDMなどを使って“女漁り”をしていたわけですから。『FRIDAY』の報道が出たとき、局内では“バカだな。脇が甘い”という声がほとんどでした。しかしアナウンサーも含め若手社員の中には“すごいね。やるねえ”と、どちらかといえば彼を賞賛する者もいた。第2、第3の小林アナが出てこないように綱紀粛清(こうきしゅくせい)のためのみせしめの意味もあったと思います


 ほかには、“テレ朝の看板アナに恥をかかせておいて、甘い処分では示しがつかないだろう”との声も上がっていると聞く。そもそも小林アナと斎藤アナの交際が明るみに出なければ、彼を告発する女性が噴出することもなかったはずだ。

 そしてキー局の社員から聞こえてきたのはこんな声。

「イケメンとかタレント性はいらないかな」

 一体どういうことか。

ジャニーズに履歴書を送っていた男性アナも


 最近はタレント出身の女性アナが目立ってきている。彼女たちは、元タレントだけに場慣れしていますから研修の手間が省け、即戦力になりやすいという利点があるからだ。昨今では男性アナにもそれと同じような傾向が見られるが、もともと男性アナは女性アナに比べたらどちらかといえば地味な存在だった。

「これまでは男性アナは普通にアナウンサー業務ができればいいと、それほど容姿にこだわることはありませんでしたが、女性視聴者層の獲得を狙ってイケメンを採用することが多くなりました」(同前・キー局社員)

 確かに最近の男性アナはイケメン・長身が当たり前で、“才色兼備”が求められているのがわかる。実際に名が知れたタレントで男性アナになった例はまだないが、『ミスターキャンパス』や『コンテスト入賞者』など“プチタレント”のようなイケメンが採用されるようになった。前出のキー局社員が言うには、

最近の若手男性アナの中には芸能事務所に所属していた人もいます。日本テレビの川畑一志さんはもともと芸能事務所に所属していました。また、あまり知られていないところはありますが、同局の弘竜太郎アナも"ジャニーズ事務所”に履歴書を送っていた過去があります。

 その本質はやはり目立ちたいということでしょうから、有名人志向があるのは間違いない。タレントならマスコミの的になることを意識するものですが、彼らはそこまで気が回らないようです。有名人には違いないのですが、あくまで会社員だということを忘れないでほしい。これからは男性アナの採用には気をつけねばなりませんね

 小林アナも顔が売れたことで、女性にアプローチしやすくなったところがあるのだろう。しかし、そんな“タレント感覚”は、ひとつ間違えば身を滅ぼすことになると、早く気づいていればこんなことにはならなかった──。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_korkv1ml3x79_結婚詐欺に遭って“非婚主義”に、30代女性「10年不倫」の代償 korkv1ml3x79 korkv1ml3x79 結婚詐欺に遭って“非婚主義”に、30代女性「10年不倫」の代償 oa-shujoprime 0

結婚詐欺に遭って“非婚主義”に、30代女性「10年不倫」の代償

2021年7月2日 20:24 週刊女性PRIME

 結婚詐欺に遭った後、非婚を誓って10年不倫。居心地のよさを感じた関係は、時の流れとともに変わってしまい……。

結婚詐欺に遭った後、非婚を誓ったという環奈さん(仮名・46歳)

 医者や弁護士、公務員などは婚活市場で女性からの人気の職業だ。高年収で社会的な地位も高く、いわゆるハイスぺ男性はいつの時代でもモテるが、そこにつけ込んだ結婚詐欺被害も後を絶たない。

有名大学病院勤務の医師をかたった男


 13年前に医者を装う巧妙な手口の男性(当時40歳)に騙された環奈さん(仮名・46歳)は、当時のことを振り返る。

「東京で開かれた、出会い系のパーティーで知り合った男性のSNSのプロフィールには、職業が有名大学病院勤務の医師とありました。写真は白衣の後ろ姿で、フォロワーや友達のほとんどが医療関係者。話も医局をはじめとする病院の状況があまりにもリアルだったので、つい信じてしまったんです」

 29歳のときに恋人と別れた環奈さんは、結婚に焦るものの、理想の男性に会えないまま30歳を過ぎてしまった。

「3年付き合って別れた恋人は大手企業のサラリーマン。彼と結婚すると信じていましたが、“君とは家柄が釣り合わない”と別れを切り出され、彼は資産家の親を持つ女性と結婚したんです。ショックでした。だから彼よりも、もっといい男を見つけようと必死になっていたんです」

 医者と偽った男性は、長身でがっちりした体格のスポーツマンタイプ。医者同士でフットサルのチームを作っていると語り、SNSでもフットサルの試合の写真が掲載されていた。

「父親が名古屋で開業医をしているといって、名古屋まで連れていってもらい、ホテルで父親と会食しました。おそらく便利屋にでも依頼して、芝居を打ってもらったんでしょう」

 名古屋から東京に戻ってくると、男性は「新居を契約した」と環奈さんにプロポーズ。新居は郊外で緑に囲まれた、セレブ層が多く居住する瀟洒なマンション。その写真を見せられてうっとりしたという。

「マンションの敷金・礼金を彼が払ったと言いました。大学病院勤務の彼の月収はあまり多くなかったので、彼から月々の家賃は“君のカードで支払うことにしよう”と持ちかけられたんです。“結婚したら金の管理は任せる”と頼りにされて、すっかり信用してしまいました。彼の言うままにクレジットカードを渡すと、現金100万円をキャッシングされたんです」

 男性と連絡が取れなくなった環奈さんは、病院に電話をするが「そのような医師はいません」と交換台の女性にあっさりと言われてパニックになった。やっと気を取り直して警察に通報。まもなく男性は逮捕されたが、金銭だけでなく愛情も信頼も、そして将来の夢もズタズタにされた。

「34歳直前でした。結婚に絶望した私は、非婚を決意したんです」

複数男性との交際の果てに気づいたこと


 そのためには、キャリアアップが必要だと気づいた環奈さん。当時、IT企業の営業職で年収は500万円だったが、さらに高年収を目指して、語学学校に通い始めた。

「平日の夜に2回、土曜に1回のレッスンは、とても楽しかった。レッスンが終わると、同じクラスの人たちと飲みに行くこともありました。そこで仲よくなった5歳上の既婚者と不倫関係になったんです」

 この関係を皮切りに、非婚を決めた環奈さんは、恋愛に対して大胆に。独身、既婚を問わず、複数の男性とデート。中には出会ったその日の夜にホテルに直行したことも。

「そんな生活の中、35歳のときに同窓会に初めて参加しました。すると、隣のクラスだった男性から“結婚を前提に付き合いたい”と言われたんです。彼には感謝していますが、私の気持ちはすでに結婚から離れてしまっていたので、断りました」

 結婚という縛りから解放されたら、恋愛を楽しみたくなったという環奈さん。期待されても困るので、このことをきっかけに付き合う相手を選ぶようにした。

「残ったのが商社マンの彼でした。長身でお笑いコンビ『和牛』の川西賢志郎さんに少し似たルックス。話は面白くて、センスのあるレストランで食事をごちそうしてくれました。海外から帰国するたびに素敵なプレゼントをもらっているうちに、だんだん好きになっていったんです。彼から“一生付き合ってくれ”と頼まれたので、彼の愛人になることにしました」

 リーマンショックを無事乗り越えた彼の会社で、彼は出世コースに乗った。デートは月に2~3回ぐらい。2人で都内の飲食店でグルメ巡りをしてから、ホテルへ。また年に2回は国内外に旅行。食事代もホテル代も、旅費もすべて彼が出してくれた。商社マンとの不倫は、まさに非日常の連続で楽しかったという。


「語学学校に通い続けた私は、TOEICも800点以上になり、英会話も上達しました。40歳前には英語力を生かして、海外法人が顧客の金融系の会社に転職できたので、収入もアップしました」

 “生涯おひとりさま”を念頭に入れて、転職してからは、人が嫌がるような仕事も引き受けた環奈さん。同級生の女性たちは子育てなどが一段落し、第2の人生を楽しもうと模索していた。そんな中、環奈さんはひとりで生きていくために必死だった。

「私のように結婚しない女はマイノリティーかもしれません。でも忙しいことは決して悪いことではないと思いました。結婚詐欺のトラウマもいつの間にか消えていたし、仕事も充実して自分の居場所も見つかりました。そのうえ、彼ともとても楽しく付き合っていましたから」

不倫相手の環境の変化がもたらした“結末”


 充実した日々を送っていた環奈さん。ところが不倫相手が50歳になると、現場から離れて内勤に。すると、暇になった彼から毎日のようにLINEが届くようになった。

「頻繁に食事の誘いがありました。でも私のほうは人事異動で部署が変わり、面倒を見なければならない部下が増えて残業も多くなったので、彼のお誘いも断るようになったんです」

 さらに彼は部内の権力闘争に巻き込まれ、敗北。翌年には社史編纂という閑職の部署に飛ばされてしまった。

「彼はプライドが高いので、異動を話してくれたのはかなり時間がたってからでした。きっかけは70歳以上の高齢男性と、うまくコミュニケーションをとる方法を彼から聞かれたときでした。

 様子が変だったので“どうしたの?”と尋ねると、社史編纂室には、70代の元社長と元会長の2人の長老のほか、60代の男性が在職し、50代の自分が“若手”だと自嘲していたんです。その様子が明るい彼から想像できなくて。慰めていいのかどうかも迷いましたね」

 少しずつ不倫相手の彼との間にすきま風が吹き始めたころに、世の中はコロナ禍になってしまったという。

「私の仕事はPC1台あれば、どこでもできます。また、人材育成も担っているので、在宅でできる育成プログラムの作成などの仕事が増えました。コロナ禍でも忙しかったですね」

 一方の彼もリモートが進み、在宅での仕事が増えたという。子どもたちが大学を卒業し、社会人になり家を出たことで、家の中の雰囲気も変わっていく。妻と家で過ごす時間が長くなるうちに、夫婦仲が悪化していったのだ。このことが環奈さんとの関係にも大きな影響を与えた。

「彼から私と過ごす時間が愛おしいと、毎日のようにLINEが届きます。コロナで飲食店が休業したり時短になったため、デートする機会が少なくなると、私のマンションで、私の手料理を食べたいと言いだすんです。不倫相手の彼を自宅に招きたくないので“奥さんに食事を作ってもらって”と断ると、彼は“今まで君に尽くしてきたのに”と不平不満をLINEで毎日送ってきて……。困っています」

 男性は10年も付き合ってきたのにとグチり、

「そんなひどいことを言うなら付き合った10年を返してくれ」と逆ギレしたり、「妻と別れるから結婚してくれ」とプロポーズするなど、居心地のよかったはずの彼との関係が壊れていくのがわかった。

 どうしたものかとため息をつく環奈さん。非婚を決めて不倫相手と楽しい時間を過ごしてきたが、付き合いが長くなると、相手の人生にも深入りしてしまうことに気づかなかった。愛人関係も長くなると、ドライに割り切れるものではないのだろう。

「不倫相手とも別れて、正真正銘、ひとりで生きていくつもり。彼がすんなりと別れてくれるとは思えないけど」

 コロナが収束するまでの間、彼をなだめようとしているが、「それも面倒」と環奈さん。彼との関係は、彼女の中ではとっくに終わっていた。彼がこの事実に気がつくとき、環奈さんが手にするのは「自由」かそれとも……。


寄稿/夏目かをる:コラムニスト、作家。2万人のワーキングウーマンの取材をもとに恋愛や婚活、結婚をテーマに執筆活動を。自身の難病克服後に医療ライターとしても活躍。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_ado6dwtducre_安藤なつの夫は“カネ目当て”、カズが危惧していた ado6dwtducre ado6dwtducre 安藤なつの夫は“カネ目当て”、カズが危惧していた oa-shujoprime 0

安藤なつの夫は“カネ目当て”、カズが危惧していた

2021年7月2日 20:24 週刊女性PRIME

安藤なつ、カズレーザー

 6月29日、人気お笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつが、離婚調停中であることを『デイリー新潮』が報じた。2019年11月に6歳年下の一般男性Aさんと結婚した彼女に何が起きたのだろうか。

「“ぽっちゃり好きの男性が集まるコミュニティ”を通じて知り合った、介護関係の仕事をしていたAさんから、わずか交際3か月でプロポーズを受けたと言います。夫婦でバラエティー番組に出演しては、Aさんを“旦那たん”と呼ぶなどラブラブぶりをアピールしていたのですが……。

 何でも、結婚を機に北陸地方から上京したAさんでしたが、彼の“知人”曰く、安藤からの束縛に悩んでいたと。さらには安藤がいかにケチであるかを暴露するのが目的にも捉えられる“告発”でした」(スポーツ紙記者)

『新潮』によると、都内の自宅マンションの家賃は6対4で安藤が多く支払っていたものの、それ以外の生活費は折半。Aさんが安藤の収入を聞いても妻は頑なに答えなかった、とある。

 さらに夫婦で仕事をした際のギャラの代わりとして、外食時にはAさんの代金を“お食事券”で支払うということも。そして、ふたりで折半した車検費用4万円のうち、戻ってきたお金をAさんが返さなかったことに安藤は「離婚だ!」とキレたのだという。

「夫婦関係の修復が試みられるも、妻の意思は変わらずに賃貸マンションを解約。財産分与にも応じなかったため、Aさんは生活費の分担を求める調停を起こしたそうです。また、彼女はこの一件を“口外”しないよう誓約書にサインを迫るも、彼はこれを拒否。めでたく“リーク”された、という流れのようですね。

 2人が交際から結婚までの間に会ったのはわずか4回と、安藤の“本性”を見抜けなかった、というのがAさん側の言い分。とはいえ、妻は妻で、夫の“本性”を目の当たりにしたとも考えられるわけで、安藤側の主張が注目されます」(前出・スポーツ紙記者)

 安藤が所属するサンミュージックは「調停中は事実」としながらも詳細は明かさず、報道後に企業のPRイベントに出席したカズレーザーも相方の騒動に触れることはなかった。翌6月30日にラジオ番組出演のためにニッポン放送を訪れた安藤だったが、集まった報道陣に何度も「すみません」と頭を下げるも明言を避けたのだった。

地に足のついたしっかり者


 安藤を知る芸能プロマネージャーは「彼女の場合はケチとは少し違う」と素顔を明かす。

「もともと20代から介護職に就いていた彼女ですから、旦那さんの仕事に理解があり、おそらくは収入も把握していたことでしょう。

 たしかに売れっ子芸人である彼女とは、夫婦間格差があり、安藤はおそらく生活水準をAさんに合わせていたのだと思います。

 彼女がよく話していたのが“いつまで芸人で食べていけるかわからない”ということ。実際、カズと組む前までは芸人を辞めることを考えて、また介護の仕事を探していたそうですから。自立した女性ですし、性格も男前。貯金もしているみたいですし、地に足のついたしっかり者ですよ」

 一方で、芸能人と結婚し、地方から東京のド真ん中に移り住むことになったAさん。

「もちろん、お金目当てではないでしょうが、夫婦でテレビ出演していた様子を見るに、どこか華やかな東京生活を夢見ていたところもあったのかなと思ってしまいます。今回の記事の大部分が“カネ絡み”の内容だったことからも、金銭感覚のズレが夫婦間のズレにつながったのかなと。今思うとカズの“あの発言”もあながちボケでもなかったのかも(苦笑)」(前出・芸能プロマネージャー)

高額な保険を勧められた


 結婚から1か月後の2019年12月、あるマッチングイベントにゲストとして呼ばれたメイプル超合金。結婚指輪は《まだ何か月かかかるみたいで》と“エアー指輪”を披露した安藤に、相方のカズが《(Aさんに勧められて)非常に高額な保険に無理やり入らされたらしいです》と暴露したのだ。

 これに安藤は苦笑いしながら、

《そこに関してはカネ目当てだなと思いましたね。保険金に関しては見守っていてください。ちゃんと見届けてください》

 カズに“後見人”をお願いして報道陣の笑いを誘ったのだった。

「もちろん、あれはカズのハイセンスなボケですよ(笑)。でも、もしかしたら何かを感じとっていた彼なりの、相方の結婚を心配しての発言だったのかも。

 Aさんとの婚姻期間は2年にも満たないだけに、調停ではおそらくは財産分与もほとんどなく、また今のところは安藤にも不倫などの落ち度はなさそうですし、夫婦間での慰謝料も発生せずに離婚に至りそうですね」(前出・芸能プロマネージャー)

 出演したラジオでも、「ナイツ」塙宣之に何度もイジられ「何も言えねえ!」と報道に対して反論しなかった安藤。プロポーズを受けたがために、“一般人”のAさんの人生を狂わせてしまった、せめてもの償いなのだろうか。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_4387cqyqsvbc_小室佳代さん初告白も「時すでに遅し」 4387cqyqsvbc 4387cqyqsvbc 小室佳代さん初告白も「時すでに遅し」 oa-shujoprime 0

小室佳代さん初告白も「時すでに遅し」

2021年7月2日 20:24 週刊女性PRIME

『週刊文春WOMAN』で記者の取材に対応した小室佳代さん

 小室佳代さんが6月22日発売の『週刊文春WOMAN』誌上で、一連の“金銭トラブル”について胸中を告白した。

佳代さんの初告白は失敗!?


 4月には小室圭さんが28枚にわたって、この金銭トラブルなどに関する膨大な文書を発表し、その内容に注目が集まったが騒動は収まるどころか反感を買ってしまうことに。今回の佳代さんの告白はさらに、火に油を注ぐような事態になりつつある。

小室さんが発表した文書は丁寧に書かれていましたが、あの内容では誰も納得しませんでした。文書の全体に自分たち親子に“非はない”と言わんばかりの言い方ですからね。しかも、眞子さまも事前に承知していたというのも印象を悪くしました。

 この文書の直後にはメディアでは10月結婚や海外での事実婚など“強行結婚説”が報じられていましたが、いずれもあくまで結婚前提の仮定の話。ネットでは眞子さまの一時金辞退や皇籍離脱などの条件付きでも、もはや結婚反対の声の方が圧倒的になりました」(皇室記者)

 結婚が延期になって今年で3年。その間、沈黙を貫いてきた佳代さんは、先の同誌で一連の報道について「いつ死んでもいいと思うこともありました」などと胸の内をコメントしている。

《明日死のうと。今だってそう思うことはあります。本当に心身ともにつらくて。誤った話が広まるのは本当に苦しい。一つ一つ訂正してもキリがないくらい》

 皇室ジャーナリストは「仮にそうであっても、その後に跳ね返ってくる批判を想像できなかったのでしょうか」という。

小室さん親子に共通しているのは、こんなに騒がれている自分たちは被害者という感覚ではないでしょうか。そうでなければ、ここまで自分たちを正当化するような言葉は出てこないと思います。

 国民をはじめ、なぜ誰からも祝福されないのか、という根本的なことをわかっていないのではと疑ってしまいます。天皇陛下の姪にあたる内親王の結婚相手として、皇族の親族になるにふさわしい方々なのかを考えた時、納得できない要素があるから、ここまで問題が長引いているのです」

 佳代さんは世論の厳しい視線を少しでも緩和できれば、という親心でコメントしたのかもしれないが、風向きを変える最後の切り札になることはなく、時すでに遅しの感は否めない。

「誰からも祝福される結婚」へのハードルはまた高くなってしまったようだ。

外部リンク