cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_d7e54d80e57c_旅の楽しみ お遍路グルメ d7e54d80e57c d7e54d80e57c 旅の楽しみ お遍路グルメ oa-shikokunews 0

旅の楽しみ お遍路グルメ

2019年3月22日 09:00 四国新聞

 四国霊場の札所周辺にある休憩所や遍路道沿いの老舗店など、地域に根ざしたグルメは旅の楽しみ。お遍路さんたちおすすめのお店をのぞいてみませんか。

手仕事で仕上げる変わらぬ味と歯ごたえ

 「はい、いらっしゃい。なんぼにしましょう?」と明るい声で迎えてくれた店主の熊岡民子さん(85)。ご存じ、堅パンの熊岡菓子店は、75番善通寺の西院仁王門そばに店を構えて今年で123年。軍用食として開発された昔から変わらぬ製法で、小麦粉と砂糖の生地を驚くほど硬く焼き上げます。石パン、丸パン、ボーロなど懐かしいお菓子は、お遍路さんの携帯食として、参拝者の手土産として今も愛されています。

●熊岡菓子店
0877(62)2644
善通寺市善通寺町3-4-11
午前7時半~午後5時
(土曜、日曜、祝日は午前8時~)
火曜、第3水曜定休
(祝日の場合は営業)
駐車場5台

自然体のおもてなし心温まる会話と手料理

 1964年にオープンした喫茶店「みち草」。81番白峯寺から82番根香寺に向かう遍路道沿いにあるため、多くのお遍路さんが立ち寄る定番の店となっています。「特別何かをするのではなく、相手の気持ちになって自然体で接してきただけ」と話す店主の渡辺やす子さん(76)ですが、その人柄に引かれてお遍路のたびに立ち寄る"常連客"も。人気は「月見うどん」(450円)や「焼き飯カレー」(600円)。ちょっと一息しませんか。

●みち草
087(882)3461
高松市中山町1493-1
午前8時~午後5時
不定休
駐車場10台

国分寺門前の地域で支える〝接待駅〟

 80番国分寺の門前にある「おへんろの駅こくぶ」は2004年、障害者就労支援を目的に、障害者と地域の人々が協働で開設したお遍路さんの接待所(休憩所)。人気は「おむすび定食」(350円)や「日替わり定食」(500円)で、一般の人も購入可。「お遍路さんが私たちが作る料理を食べて、元気を出して次の札所に向かうのがなによりうれしい」とメンバー。元気に新たな一歩が踏み出せそうです。

●おへんろの駅こくぶ
087(874)0207
高松市国分寺町国分959
月、火曜、祝日定休
午前10時半~午後3時
駐車場なし

弘法大師ゆかりの地で感謝の気持ちを忘れずに

 これまで4回、四国遍路の旅に出たという店主。遍路文化の奥深さに触れ、無事に結願できた感謝の気持ちを表したいと一昨年秋、73番出釈迦寺の門前横にこのうどん店をオープンしました。お遍路さんだけでなく地元の人にも人気なのは、名物「きつねうどん」(350円)。足踏み、手打ちのもちもち感とエッジの効いた麺が特徴。歩きや自転車で巡るお遍路さんには、コロッケや梅干しなどのお接待も。

●すずめ庵
0877(43)7338
善通寺市吉原町1091
午前9時~午後5時
木曜定休(悪天候時は休み)
出釈迦寺の駐車場を共有

休憩所を備えた古民家で味わう一杯

 86番志度寺から87番長尾寺をつなぐ旧遍路道沿いにあり、気軽に立ち寄れるうどん店としてお遍路さんに人気のこちら。
 屋根付きの喫煙所兼休憩所があり、長旅の疲れを癒やすお遍路さんの姿も。おすすめは、山芋、南紅梅などをトッピングし、自家製しょうゆをかけていただく「溜うどん」。手打ち歴20年以上の職人が作り出す田舎風の太麺は、のどごしがよく、山芋とも好相性。ファンが多いのも納得です。

●さぬきうどん溜(たまり)
0879(52)0213
さぬき市造田宮西849-1
午前10時~午後3時半
年中無休
駐車場80台


毎週金曜日発行
四国新聞 itsumo vol.21より

外部リンク

cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_0d57fce44e95_「かめまる号」出発! 丸亀市の新移動図書館車 3500冊を積載 0d57fce44e95 0d57fce44e95 「かめまる号」出発! 丸亀市の新移動図書館車 3500冊を積載 oa-shikokunews 0

「かめまる号」出発! 丸亀市の新移動図書館車 3500冊を積載

2019年3月22日 09:00 四国新聞

 丸亀市は、新たな移動図書館車「かめまる号」を導入し、21日に市役所でお披露目式を行った。10月から来年3月末までは市立中央図書館(同市浜町)が長寿命化工事で休館するため、既存の「はくちょう号」と合わせて2台を運行し、カバーする。かめまる号の運行開始は22日。

 移動図書館車は、遠方の市民に本を借りやすくしようと1973年から実施。2005年から使用している5代目のはくちょう号の老朽化が進んでいるため、新車両としてかめまる号を導入した。事業費は約1930万円。

 荷台部分の内部と外側に本棚を設け、はくちょう号の約2500冊を上回る約3500冊を積載。日よけや雨よけになる大きなひさし、後部の出入り口に電動の昇降リフトを設置している。

 式では、梶市長が「私自身もわくわくしている。末永く親しんでほしい」とあいさつ。愛称募集で採用された6人のうち、出席者5人に感謝状などを贈った後、参加者は見学し、本を借りた。

 愛称が採用された城北小5年の斉藤千晴さん(11)は「覚えやすく、かわいらしい愛称を考えた。採用されてうれしい。かめまる号のいろんな本を借りて、たくさん読みたい」と話していた。

 22日から、はくちょう号に代わり1台で市内約70カ所を巡回。10月からは、はくちょう号がJR丸亀駅前で貸し出しを行い、かめまる号は引き続き巡回する。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_3e563a18eab6_県内ぽかぽか陽気 高松で21.6度 3e563a18eab6 3e563a18eab6 県内ぽかぽか陽気 高松で21.6度 oa-shikokunews 0

県内ぽかぽか陽気 高松で21.6度

2019年3月22日 09:00 四国新聞

 春分の日の21日、県内は南からの暖かい空気が流れ込んだ影響で気温が上がり、高松の最高気温は21.6度(平年14.2度)と今年初めて20度を超えるなど、全観測地点で今年最高を記録した。ぽかぽか陽気に包まれ、冷たい物をほおばったり、お茶やジュースで喉を潤す光景が広がった。

 高松地方気象台によると、この日の最高気温は内海23.2度、滝宮23.1度、財田22.8度、引田22.2度など4月下旬から5月中旬並み。埼玉県から観光で高松市を訪れた会社員熱海雄太さん(32)は「香川県がこんなに暖かいとは」と驚きの表情でジェラートを口にしていた。

 また、気象庁は同日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。徳島県美馬市では25度以上の夏日となる27.3度を記録した。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_d9ab1e44d7e8_花粉症対策グッズ商戦 売れ行き前年超え フード付き眼鏡に関心 d9ab1e44d7e8 d9ab1e44d7e8 花粉症対策グッズ商戦 売れ行き前年超え フード付き眼鏡に関心 oa-shikokunews 0

花粉症対策グッズ商戦 売れ行き前年超え フード付き眼鏡に関心

2019年3月22日 09:00 四国新聞

 スギ花粉のシーズンも終盤に入り、県内の小売店で対策グッズ商戦がピークを迎えている。飛散量が例年より多いと予想された今年、シーズン到来と歩調を合わせるように2月中旬から空気清浄機やマスク、医薬品など定番品の売れ行きが活発化し、前年超えの勢いが続く。花粉の侵入を防ぐフード付き眼鏡の新モデルが相次いで発売されるなど、機能性を高めた商品にも関心が集まっている。

 日本気象協会(東京)は県内での花粉飛散量について、過去10年間の平均値の1・1~1・5倍が見込まれると発表。飛散の開始時期は昨年より11日早い2月12日と判断している。

 県内に家電量販店11店舗を展開するケーズデンキでは、2月中旬以降の空気清浄機の販売実績が前年の約1・5倍。洗濯衣類の屋外干しを敬遠する人の需要があるとみられ、ドラム式の乾燥機能付き洗濯機の売り上げは前年比2~5割増しとなった。ヤマダ電機高松春日本店(高松市)では「花粉対策」のポップを掲示。担当者は「3月は空気清浄機の価格が手頃になって最も売れる」と話す。

 ドラッグストア、マツモトキヨシの中四国地区の店舗では、鼻炎薬などの医薬品が2月に入り前年の2倍を超える週も。3月以降はマスクも前年比2割増で推移している。ドラッグストアモリ松縄店(高松市)では暖かい日に来店する人が目立ち、対症療法ではなく、粘膜を強くする薬品など体の防御力を高める商品も提案しているという。

 対策用眼鏡は透明なフードでフレームとの間を覆い、花粉の侵入を防ぐ仕組み。各社は曇り止めレンズも用意し、マスクとセットで使う場合の着け心地を高めた点もアピールしている。

 県内に3店舗を構えるジンズは保湿機能を備えたモデルについて、1月から度付き対応の商品を売り出した。県内2店舗のゾフはフードの着脱が可能なタイプを2月に発売。屋内にいる際や花粉シーズン以外には通常の眼鏡として使える点も支持され、花粉対策眼鏡全体の四国内での売り上げは前年の2倍を超えた。

 日本気象協会によると、4月上旬からはヒノキ花粉が多くなる見込みだ。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_19f9286b69b9_旅券申請、日曜もOK 県が来月から 需要増に対応 19f9286b69b9 19f9286b69b9 旅券申請、日曜もOK 県が来月から 需要増に対応 oa-shikokunews 0

旅券申請、日曜もOK 県が来月から 需要増に対応

2019年3月22日 09:00 四国新聞

 県は18日、パスポート(旅券)の発給事務を担う県パスポートセンター(高松市)で4月から、日曜も旅券申請を受け付けると発表した。これまで申請受け付けは月曜から金曜に限っており、日曜は交付のみだった。利便性を向上させてアウトバウンド(出国日本人客)の増加を後押しする。県によると、日曜申請の受け付けは中四国の県レベルでは香川が初めて。

 県によると、2018年に県内で発行したパスポートの数は、前年比12・6%増の約2万3400冊で、2年連続で2万冊を突破。15年は約1万7千冊にまで低迷していたが、景気の回復基調に加え、高松空港の国際定期路線の充実などで海外旅行の需要が高まり増加傾向が続いている。

 日曜申請の受け付けは、平日に仕事などがある県民からの要望などを踏まえた措置。18日の定例会見で説明した浜田知事は「仕事や学校を休まずに申請でき、一層便利になる。観光だけではなく、特に若い人たちにとって国際的な視野を持ってもらう契機になれば」と期待感を示した。

 日曜申請の受け付けは午前9時~午後5時(ただし、第3土曜日翌日の日曜は休み)。合わせて窓口開設の1時間延長日を水曜から金曜へと変更する。また、中讃県民センター(善通寺市)の申請受け付け曜日を金曜から水曜に変更する。

問い合わせ、県パスポートセンター
087(825)5111

外部リンク

cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_71611805346c_「あった」5184人に待望の〝春〟 県内公立高で合格発表 71611805346c 71611805346c 「あった」5184人に待望の〝春〟 県内公立高で合格発表 oa-shikokunews 0

「あった」5184人に待望の〝春〟 県内公立高で合格発表

2019年3月21日 09:00 四国新聞

 県内公立高校の2019年度一般入試の合格発表が20日、全30校で一斉に行われ、全日制5132人、定時制52人の計5184人が待ち望んだ〝春〟をつかんだ。自己推薦入試の合格者らを含めた計6267人が4月から高校生活のスタートを切る。

 高松市番町の高松高では午前9時の発表前から、受験生や保護者らが続々と詰め掛けた。全日制と定時制を合わせた計327人の合格者の受験番号が掲示板に張り出されると、受験生から「やった」「受かった」などと歓声が上がり、携帯電話で家族に朗報を知らせたり、写真を撮ったりして喜びを分かち合った。

 太田中の源島日向花(げじまひなか)さん(14)は「不安だったので本当にうれしい」と、自分の番号を見つけて満面の笑み。国分寺中の松本尚己(なおき)さん(15)は「地道に勉強に取り組み、部活も一生懸命頑張りたい」と意気込んでいた。

 定時制の9校では2次募集を実施する。願書受け付けは22、25の両日。27日に基礎学力検査と面接を行い、合格発表は29日。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_782b06cebfaf_香川のお花見ガイド 桜の便り もうすぐ 782b06cebfaf 782b06cebfaf 香川のお花見ガイド 桜の便り もうすぐ oa-shikokunews 0

香川のお花見ガイド 桜の便り もうすぐ

2019年3月21日 09:00 四国新聞

 松尾芭蕉に「さまざまの事おもひ出す桜かな」の句がある。期待と不安が交錯する春。桜の花を見ても心が浮き立ったり、なぜか悲しい気持ちになったり。今年の桜からは、どんな心情が浮かび上がってくるのだろう。花見シーズンの到来を前に、香川の名所を紹介する。お出掛けの際は見頃の確認をお忘れなく。

さぬき市

●亀鶴公園(長尾名)
 園内の池に浮かぶ亀島と宇佐神社を結ぶ約300メートルの並木が人気を集めるスポット。両脇に計約200本のソメイヨシノなどが植えられており、満開時は華やかな桜のアーチができる。桜の開花に合わせて3月下旬からライトアップを行う予定で、時間は日没から午後9時ごろまで。神社恒例の「鎮花祭(はなしずめのまつり)」が4月7日にあり、平安絵巻から飛び出したような着物姿の行列が見物客を魅了する。

【メモ】
琴電長尾駅から車で約5分、高松自動車道志度ICからは約15分
市商工観光課
087(894)1114

●前山ダム公園(前山)
 ダム周辺に約500本のソメイヨシノなどがあり、大勢の花見客でにぎわう。ダム周辺には全長3・1キロのウオーキングコースが整備されており、散策に合わせて楽しめる。4月14日には、近くの道の駅ながおなどで「さくらまつり」を開催。ミニ88カ所巡拝ウオークやビンゴゲームのほか、地元で収穫した野菜の即売などを行う。

【メモ】
高松自動車道志度ICから車で約20分
市商工観光課
087(894)1114

高松市

●栗林公園(栗林町)
 国の特別名勝。ソメイヨシノやシダレザクラなど約320本が花を咲かせる。29日~4月7日は営業時間を午後9時まで延長し、桜の多い北庭を中心にライトアップ。桜や松が暗闇に浮かび上がり、幻想的な雰囲気を味わえる。期間中、北湖で和船の夜間運航(午後6時から15分間隔で9便。有料)を行うほか、土曜の夜間には商工奨励館前でライブイベントを開催する。

【メモ】
JR栗林公園北口駅から徒歩約3分
栗林公園観光事務所
087(833)7411

●玉藻公園(玉藻町)
 東門を入ってすぐの「桜の馬場」にソメイヨシノや陽春、シダレザクラなど計76本が咲き誇る。29日から4月10日まで園内をライトアップし、午後5時半~8時は桜の馬場を無料開放する。約150個のぼんぼりがともり、幽玄な雰囲気が漂う中、思い思いに園内の散策や桜見物を楽しめる。29~31日の夜間には、披雲閣前でライブイベントが開かれる。

【メモ】
JR高松駅から徒歩約3分
玉藻公園管理事務所
087(851)1521

●峰山公園(峰山町)
 市中心部に近い石清尾山にあり、家族連れらの人気を集める。芝生広場近くから遊歩道に入ってしばらく歩くと、約400メートルにわたる桜並木が迎えてくれる。石清尾山古墳群にちなんだ大型遊具が並ぶ「はにわっ子広場」から展望台へと向かう道沿いも花見スポット。展望台からは瀬戸内海と市街地の大パノラマが広がる。はにわっ子広場と反対方向に車道を進んだ先にある「桜園」では、緑色の花を咲かせる御衣黄桜(ぎょいこうざくら)もある。

【メモ】
高松自動車道高松中央ICから約20分
峰山公園管理事務所
087(834)7297

●公渕森林公園(東植田町)

 公園内にはソメイヨシノを中心に、ヤマザクラなど約5千本が咲き誇る。メインストリートの約500メートルの区間では、道の両側に並ぶ桜がトンネルになり、大勢の花見客を出迎える。25日から4月13日までの午後6時半~9時半はちょうちんが点灯し、ほのかな明かりに浮かび上がる桜を観賞できる。4月7日は恒例の「さくらまつり」を開き、バザーや竹細工教室などを行う。

【メモ】
高松自動車道高松中央ICから車で約20分
公渕森林公園
087(849)0402

●龍桜公園(香川町)
 江戸時代の大干ばつの際に、高松藩士で土木技術者の西嶋八兵衛が築造した龍満池を中心とした公園。桜の名所として、さぬき百景に選ばれている。近くの川東八幡宮の御旅所が、池に150メートルほど突き出た場所にあり、参道の両脇にソメイヨシノが立ち並ぶ。陽光に輝く水面を背景に、満開の桜が咲き乱れる様は圧巻だ。同宮から見下ろした景色や県道に面した池西側の桜も見どころ。

【メモ】
高松市中心部から車で約30分
ことでんバスは竜満池下車
駐車場なし
開花状況の問い合わせは市香川総合センター
087(879)3211

●さぬき空港公園(香南町) 
 高松空港を囲む四つのゾーンからなり、ソメイヨシノなど約1500本が園内をかれんなピンク色に染める。中でも空港駐車場に続く道沿いの約200メートルは見応えがあり、「ポートヒルゾーン」のイベント広場や「カントリーゾーン」からの眺めもおすすめ。23日から4月7日まで、両ゾーンの開園時間を午後6時まで延長する。園内にはグラススキー場やアスレチック遊具などもある。

【メモ】
高松空港から徒歩約10分
車の場合は高松市中心部から約30分
さぬき空港公園
087(879)8510

土庄町

●蛙子池(かえるごいけ)さくらの森
 桜の名所にしようと、小豆島とのしょう観光協会と土庄町が2006年に整備を始めたスポット。銚子渓自然動物園「お猿の国」の駐車場から、約1キロ南東にある蛙子池まで続く道沿いと池の周辺にソメイヨシノや陽光、大島桜など約千本が植樹されている。見頃は4月上旬から中旬までの見込み。7日午前10時から、先着200人に煎茶と桜餅を振る舞う。

【メモ】
土庄港から車で約20分
小豆島とのしょう観光協会
0879(62)2009

小豆島町

●城山桜公園
 木下恵介監督の映画「二十四の瞳」(1954年)で、満開の桜の下で「電車ごっこ」遊びをする場面が撮影された。近年は民放ドラマのロケ地としても知られる。桜はソメイヨシノを中心に約600本。眼下に広がる池田湾の眺望とセットで楽しめる。地元有志でつくる城山保存会が遊歩道の整備や植樹、ぼんぼりの取り付けなどに取り組んでいる。

【メモ】
池田港から車で約5分、土庄港からは約15分
国民宿舎小豆島
0879(75)1115

坂出市

●鎌田池(小山町)
 坂出中学校の北側に位置し、地元で親しまれている桜の名所。国道11号の金山トンネルを西に抜けると、池沿いの桜並木が目に飛び込んでくる。池の北側に整備された約650メートルの遊歩道沿いに咲くソメイヨシノは約100本。散策をしながら水面に映る美しい姿も楽しめる。同校南の貯水池沿いにも桜並木があり、池東側の公園は遊具や広場が整備されている。

【メモ】
JR坂出駅から車で約5分、徒歩約20分
駐車場は公園利用者向けが10台
市にぎわい室
0877(44)5015

丸亀市

●亀山公園(一番丁)
 丸亀城を頂く園内に、ソメイヨシノを中心にヤマザクラや八重紅大島など約650本が咲き誇り、大勢の市民らでにぎわう。おすすめは大手門近くのうるし林や二の丸など。23日~4月14日の「丸亀城桜まつり」では、うるし林の近くに出店が並び、夜桜用として午後6~9時に500個のぼんぼりを点灯。ライトアップも行う。開花状況によっては、まつりやぼんぼり点灯の終了日が早まることがある。

【メモ】
JR丸亀駅から徒歩約15分
車は高松自動車道坂出、善通寺両ICから約15分
市観光協会
0877(22)0331

多度津町

●桃陵公園
 瀬戸内海を見下ろす高台にソメイヨシノが約1500本。28日~4月4日(予定)は日没から午後9時までライトアップする。31日に「たどつさくらまつり」が開かれ、桜餅の試食会やステージショー、物産模擬店、お茶会、多度津高生のミニ水族館などがある。本通商店街と西浜地区では、元豪商の邸宅・合田邸の公開などの協賛イベントも。同時開催の「たどつ全国凧あげ大会」は堀江サッカー場で行われる。

【メモ】
JR多度津駅から徒歩約20分
車は高松自動車道善通寺ICから約20分
町政策観光課
0877(33)1116

琴平町

●金刀比羅宮
 ソメイヨシノやボタンザクラ、ヤマザクラなどを中心に約3500本が境内を彩る。中でも大門から約150メートルにわたって石畳が続く「桜馬場」は桜の名所として有名。両側に並ぶ桜が薄桃色のアーチとなり、風に舞う花びらが参拝者に春を届ける。恒例の鎮花祭「桜花(さくら)祭(さい)」は4月10日に開催される。金刀比羅宮の鎮座する象頭山全体で7千本以上が一斉に花を咲かせる様子も壮観だ。

【メモ】
表参道入り口までJR、琴電両琴平駅から徒歩約15分
高松自動車道善通寺ICから車で約15分
社務所
0877(75)2121

三豊市

●紫雲出山(詫間町)
 標高352メートルの山頂から一面の桜と瀬戸内海の多島美を楽しめるスポット。山頂園地では、ソメイヨシノや八重桜など約千本が咲き誇る。米紙ニューヨークタイムズ電子版に桜と瀬戸内海を望む写真が掲載されるなど、近年は国内外から注目が高まっており、花見客に加え、多くの写真愛好家も訪れる。30日は地元のボランティア団体によるお茶の接待がある。

【メモ】
JR詫間駅から荘内半島に向けて、車で約40分
今年からマイカー規制を行い、大浜漁港からシャトルバスを運行する(有料)
市観光交流局
0875(56)5880

●朝日山森林公園(高瀬町)

 ソメイヨシノなど約2千本が咲き誇る。山頂まで続く桜のトンネルは圧巻で、山頂からの眺めも絶景。開花状況に合わせて日没から午後10時まで、約100個のぼんぼりがともされ、夜桜を楽しめる。恒例の「桜まつり」を4月7日の午前10時~午後3時に開催。屋台が並ぶテント村や特産・高瀬茶の販売、餅つき、芝生スキーの体験などが行われる予定。

【メモ】
高松自動車道三豊鳥坂、さぬき豊中両ICから車で約20分
市観光交流局
0875(56)5880

観音寺市

● 琴弾公園(有明町)
 「さくら名所100選」に選ばれている。園内にはソメイヨシノや大島桜などが約400本あり、シーズンになるとピンク色の花が緑の松林と美を競う。22日から4月中旬までの午後6~10時には、ぼんぼりがともされ、夜桜の見物も楽しめる。金運上昇のスポットとして人気を集める巨大な銭形砂絵「寛永通宝」が園内にある。

【メモ】
高松自動車道さぬき豊中ICから車で約15分
JR観音寺駅から徒歩約20分
市観光協会
0875(24)2150

外部リンク

cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_b046976425db_地元食材生かし考案 観音寺総合高生が新メニュー 豊浜SAで販売 b046976425db b046976425db 地元食材生かし考案 観音寺総合高生が新メニュー 豊浜SAで販売 oa-shikokunews 0

地元食材生かし考案 観音寺総合高生が新メニュー 豊浜SAで販売

2019年3月21日 09:00 四国新聞

 高松自動車道上り線(高松方面)の豊浜サービスエリア(SA、観音寺市豊浜町)のレストランで21日から、観音寺総合高校(同市天神町)の生徒が考案したメニューが期間限定で登場する。地元食材をふんだんに使った料理に仕上げており、初日は生徒が試食を勧めるなどしてPRする。

 メニューは2種類。同校総合学科食物系列の2年生が手掛けたレシピを基に、同SA運営の千登世商事(東京)が商品化した。
 「オリーブ地鶏照焼(てりやき)丼」(1296円)は、オリーブ果実の搾りかすを与えて育てた鶏もも肉をオーブンで焼いた。付け合わせのサラダは、西讃地域などで栽培が盛んなレタスに、三豊市で造られている酢のドレッシングをかけた。

 「鰆(さわら)の蒲(かば)焼き柚子胡椒(ゆずこしょう)おろし添え」(1400円)は、旬のサワラがメイン。付け合わせのレタスは、観音寺市豊浜町のメーカーが手掛ける白みそを使った酢みそであえている。4月27日~5月8日は市場の休業に伴い販売を休止する。

 いずれも5月31日まで、1種類につき10食ずつ提供する予定。販売初日の21日は開発に携わった生徒8人が訪れ、午前11時半から試食を振る舞う。問い合わせは豊浜SA上り線〈0875(52)6585〉。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_a4f8567b4cfb_2019年度 県教職員異動 a4f8567b4cfb a4f8567b4cfb 2019年度 県教職員異動 oa-shikokunews 0

2019年度 県教職員異動

2019年3月20日 13:00 四国新聞

 県教委は20日、2019年度の教職員人事異動を発表した。異動規模は小・中学校と県立学校、県教委事務局を合わせて、前年度並みの約2300人。

 新任の校長では志度高校長に県教委高校教育課長補佐の浜野圭司氏、高松市立紫雲中校長に同市教委学校教育課長の久保朗氏、高松市立太田小校長に同市教委学校教育課指導係長の村川絹子氏が決まるなどした。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shikokunews oa-shikokunews_0_bd71ae5dfbb2_春の訪れ… 仁尾で「初ダイ」 3.4キロ、16万円で落札 bd71ae5dfbb2 bd71ae5dfbb2 春の訪れ… 仁尾で「初ダイ」 3.4キロ、16万円で落札 oa-shikokunews 0

春の訪れ… 仁尾で「初ダイ」 3.4キロ、16万円で落札

2019年3月20日 09:00 四国新聞

 三豊市仁尾町沖で水揚げされた「初ダイ」の競りが19日早朝、仁尾町漁協であり、春の訪れを告げる縁起物として、ご祝儀相場の16万円で競り落とされた。

 同漁協では、15日の定置網漁解禁以降に揚がった重さ3キロ以上の一番ダイを初ダイと定義している。今年は、体長60センチ、重さ3.4キロの初ダイが昨年より1日遅い17日に同町の蔦島南約150メートルの沖合で、小山雅司さん(59)の定置網に入った。小山さんが初ダイを水揚げしたのは3年連続8回目という。

 競りは「末広がり」の意味を込めて8万円から始まり、地元で鮮魚店を経営する河田通さん(65)が落札した。河田さんは「(落札が決まって)まずは『よっしゃ』という気持ち。縁起物なので地元の高齢者施設などで振る舞い、みんなに喜んでほしい」と話していた。