cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_52a2eb0ce845_中国、ガソリン車の進入禁止区域の設定を検討 52a2eb0ce845 0

中国、ガソリン車の進入禁止区域の設定を検討

2019年8月22日 16:11 ロイター

[上海 22日 ロイター] - 中国政府は、国内の一部の地域でガソリン車の進入禁止区域を試験的に設定することを検討している。ガソリン車の段階的な廃止に向けた日程を決定する可能性もあるという。

工業情報省のサイトに掲載された文書で明らかになった。市場の需要や排出量などを分析した上で、進入禁止区域の試行の是非を決める必要があるとしている。

文書は、全国人民代表大会(全人代)常務委員会の7月16日の提案を受けてまとめられたもので、国営メディアが21日に報じた。

文書によると、工業情報省はガソリン車の段階的な廃止に向けた日程を決定する可能性もあるが、日程が国内の一部の地域を対象とするものなのか、全国を対象とするものなのかは明らかでない。

海南省は3月、2030年までにガソリン車の販売を中止する計画を明らかにしている。

中国政府は、大気汚染対策の一環で電気自動車の販売を奨励している。ただ業界関係者は、気候・環境に地域差にあり、ガソリン車を全廃できるかは疑わしいとの見方を示している。

中国は、電気自動車、プラグインハイブリッド車など「新エネルギー車(NEV)」の販売台数で世界1位。昨年は130万台を販売した。来年の販売は150万台に達する見通し。

cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_dc930e2d23d6_IR誘致の本格的な検討を開始=林・横浜市長 dc930e2d23d6 0

IR誘致の本格的な検討を開始=林・横浜市長

2019年8月22日 16:10 ロイター

[横浜市 22日 ロイター] - 横浜市の林文子市長は22日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を正式表明した。市長は記者会見で「IR誘致の本格的な検討を開始している」と述べた。

cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_1ce18fec06fc_キューバへの渡航、7月は前年比23.6%減 米国の渡航制限強化で 1ce18fec06fc 0

キューバへの渡航、7月は前年比23.6%減 米国の渡航制限強化で

2019年8月22日 16:10 ロイター

[ハバナ 21日 ロイター] - キューバ国家統計局が21日公表したデータによると、7月の同国への渡航者は前年同月比23.6%減少した。トランプ米政権によるキューバ渡航制限の強化で観光産業が打撃を受けていることを確認する内容となった。

渡航者は6月にすでに前年比20%減少していた。米国は6月、新たなキューバ渡航制限を導入し、米国民のクルーズ船での渡航を禁止。渡航禁止の免除基準も厳しくした。

キューバ政府は先月、通年の渡航者数見通しを500万人超から430万人に大幅に下方修正した。前年実績の470万人を8.5%下回る水準。

渡航者の減少は国の観光産業に影響を及ぼしているが、レストランや宿泊施設、タクシー業など米国が支援する意向を示す、成長しつつある民間セクターにも打撃を与えている。

cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_642974598f5f_米朝対話、近く再開の見通し 22日に日韓軍事情報協定協議=韓国高官 642974598f5f 0

米朝対話、近く再開の見通し 22日に日韓軍事情報協定協議=韓国高官

2019年8月22日 16:09 ロイター

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長は22日、米国のビーガン北朝鮮担当特別代表とソウルで会談後、米朝の対話が近く再開し、うまくいくと感じていると述べた。

金第2次長は、記者団に対し「私の印象では北朝鮮と米国は近く対話を行い、うまくいくだろう」と語った。詳細には言及しなかった。

米朝の実務者協議は、2月にベトナムで行われた2回目の米朝首脳会談が物別れに終わって以降頓挫し、まだ再開されていない。

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は6月、南北の非武装地帯で3回目の首脳会談を行い、核問題を巡る協議再開で合意した。

金第2次長はまた、22日に国家安全保障会議を開催し、韓国が破棄を示唆している日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について協議することも明らかにした。GSOMIAは24日に更新期限を迎える。

第2次長によると、ビーガン氏は、GSOMIAが北朝鮮による核・ミサイルの脅威に対抗するための日米韓3カ国の取り組みに寄与することから、会談でこの問題を提起したという。

第2次長は「慎重に検討し、国益にかなう方法で決断を下すと(ビーガン氏に)伝えた」と述べた。

このほかビーガン氏は、北朝鮮の批判に対する韓国の冷静な対応に謝意を示したという。

外部リンク

cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_369b5c0533c3_テニス=全米OP、大坂とジョコビッチが第1シード 369b5c0533c3 0

テニス=全米OP、大坂とジョコビッチが第1シード

2019年8月22日 09:49 ロイター

[21日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープン(OP)の主催者は、男女シングルスでそれぞれ世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と大坂なおみが第1シードになると発表した。

男子でジョコビッチはこれまでに全米OPで3回優勝。2017年の優勝者であるラファエル・ナダル(スペイン)が第2シード、四大大会21勝目を狙うロジャー・フェデラー(スイス)が第3シードとされた。

女子では昨年優勝の大坂に続き、ことしの全仏OPを制したアシュリー・バーティ(オーストラリア)が第2シード、カロリナ・プリスコバ(チェコ)が第3シード、ウィンブルドン選手権を制したシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第4シードに続いた。

また、大坂と昨年の決勝を戦い、通算最多タイの四大大会24勝目を狙うセリーナ・ウィリアムズ(米国)は第8シードと発表された。大会は26日に開幕する。

cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_956d333a3fd6_「最も稼ぐ男優」、今年はドウェイン・ジョンソン=フォーブス誌 956d333a3fd6 0

「最も稼ぐ男優」、今年はドウェイン・ジョンソン=フォーブス誌

2019年8月22日 09:47 ロイター

[ロサンゼルス 21日 ロイター] - 米経済誌「フォーブス」は21日、毎年恒例の「世界で最も稼いだ男性俳優」ランキングを発表し、元プロレスラー「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソンがトップとなった。

フォーブスの推計によると、ジョンソンは2018年6月からの1年間に、税引き前で推定8940万ドル(約95億3000万円)の収入を得た。

昨年のランキングではジョンソンは2位だった。1位はジョージ・クルーニーで、テキーラ会社を売却したことが大きく貢献していた。

今年の2位と3位は、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」に出演したクリス・ヘムズワースとロバート・ダウニーJr.で、それぞれ7640万ドルと6600万ドルを稼いだ。

アベンジャーズ/エンドゲームに出演したブラッドリー・クーパー、クリス・エヴァンス、ポール・ラッドも、トップ10にランクインした。

4位は、インド映画界「ボリウッド」の人気俳優アクシャイ・クマール(収入6500万ドル)。5位は香港出身のジャッキー・チェン(同5800万ドル)だった。

外部リンク

cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_1d7a53091aa0_日韓外相、徴用工問題巡り対話必要 河野氏「前進させたい」 1d7a53091aa0 0

日韓外相、徴用工問題巡り対話必要 河野氏「前進させたい」

2019年8月22日 09:45 ロイター

[東京 21日 ロイター] - 中国を訪問中の河野太郎外相は21日、韓国の康京和外相と会談し、いわゆる元徴用工問題の解決に向け、対話が必要という認識で一致した。また、今月更新期限を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)については維持していくべきとの見解を示した。ただ、詳細は明らかにしなかった。

河野外相は記者団に対し、この問題が日韓の最大の懸案で解決すべきという認識は共有しているとした上で「解決に向けて前進させていきたい」と表明。このような難しい時期に会談できたことは問題解決への大きな進展につながる可能性があり、今後もやり取りを続けていきたいと語った。

GSOMIAについては「日米、あるいは日米韓にとって非常に重要な枠組みだと思うので、しっかり維持していくべきものだと思う」と述べた。

その他、河野氏は中国と韓国に対し、福島産食材の輸入規制の撤廃を求めた。

聯合ニュースによると、韓国政府の当局者は、外交的な対話の再開という点で有意義な会談だったとコメント。今後も協議を続けることで双方が一致したと述べた。

聯合ニュースによると、康氏は輸出管理強化措置の緩和を改めて要求。日本が福島原発の汚染水を海に放出することを計画しているとの報道や国際環境団体の主張について懸念を伝えた。

康氏は会談後、GSOMIAを更新するかどうかについてコメントを控えたが、青瓦台(大統領府)の金尚祖政策室長は21日、「最後の瞬間まで」検討を続けると述べた。

韓国は21日、日本産の一部の食品について、福島原発事故に伴う汚染の可能性を理由に、放射性物質の検査を強化することを明らかにした。

日本の農林水産省の高官はロイターに対して、日本の食品は安全であり、放射性物質の検査強化は必要ないと主張した。

外部リンク

cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_44750fff3593_独首相、英にEU離脱巡る代替案を要請 「30日以内の解決可能」 44750fff3593 0

独首相、英にEU離脱巡る代替案を要請 「30日以内の解決可能」

2019年8月22日 09:42 ロイター

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は21日、訪独したジョンソン英首相と会談を行い、英国の欧州連合(EU)離脱協定案の争点となっているアイルランド国境問題の解決策 「バックストップ(安全策)」について、30日以内に代替案を提示するよう求めた。

10月31日の離脱期日が約10週間後に迫る中、ジョンソン首相はトゥスクEU大統領宛の書簡で、バックストップをEU離脱協定案から削除するよう改めて要求。一方、EUは離脱協定案の再交渉には応じない姿勢を崩していない。

ジョンソン氏はこの日のメルケル首相との共同記者会見でも、メイ前首相がEUと合意した離脱協定案に含まれるアイルランド国境を巡るバックストップを完全に削除する必要があると繰り返し表明。メルケル首相が30日以内に代替案を提示するよう求めたことを明らかにした上で、合意が得られる余地は十分にあるとの見方を示した。

メルケル氏も「これまで2年かけて解決を見いだせると言ってきたが、向こう30日で解決を見いだすことも可能だ」と述べた。

ただ英独首脳の記者会見の約1時間後、フランスのマクロン大統領は、ジョンソン氏が主張しているバックストップの削除を含む離脱協定案再交渉は実現し難いとの見解を表明。ジョンソン首相は22日にマクロン大統領とパリで会談する。

ジョンソン氏は会見で英国とそれ以外のEU加盟27カ国の立場に隔たりがあることについて問われ、「われわれが十分に根気強く、前向きに取り組めば、解決できる」と強調した。

一方、トランプ米大統領はワシントンで離脱問題に関し「EUは英国をあまりよく扱ってこなかった」と述べてEUを批判。「EUは極めて有利に交渉を進めようとしている。われわれに何ができるか考えたい」と述べた。

マクロン氏は、英国が合意ないままEUを離脱することになっても自業自得だと主張。また、英国が米国といかなる通商合意を結ぼうとも、強硬離脱による経済的損失が相殺されるわけではないと述べた。

外部リンク

cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_9435517bee14_デンマーク首相、トランプ大統領の訪問延期は「遺憾で驚き」 9435517bee14 0

デンマーク首相、トランプ大統領の訪問延期は「遺憾で驚き」

2019年8月22日 09:40 ロイター

[コペンハーゲン 21日 ロイター] - デンマーク領グリーンランドを購入する提案が一蹴されたことを理由に、トランプ米大統領がデンマーク訪問を取り止めたことについて、同国のフレデリクセン首相は21日、「驚きかつ遺憾」の意を表明した。

トランプ大統領は前日、9月2─3日に予定していたデンマーク訪問を延期すると発表。フレデリクセン首相がグリーンランドは売り物ではなく、米国へ売却するという案は「ばかげている」と述べたことに反発した。

フレデリクセン首相はこの日、トランプ大統領の訪問延期は「遺憾かつ驚き」としつつも、米国は引き続きデンマークの重要な同盟国の1つとし、「商業上の連携、外交・安全保障政策などを巡る今後の決定に影響が及ぶことはない」と語った。

同時に、グリーンランド売却の可能性を排除したグリーンランド自治政府のキールセン首相に「同意する」とも強調した。

トランプ大統領はこの日、グリーンランド売却を「ばかげている」としたフレデリクセン首相のコメントは「不適切で、不愉快だ」と述べた。

外部リンク

cat_17_issue_oa-reuters oa-reuters_0_93123a7dc814_国際水路の安全保証せず、石油輸出停止なら=イラン大統領 93123a7dc814 0

国際水路の安全保証せず、石油輸出停止なら=イラン大統領

2019年8月22日 09:38 ロイター

[ジュネーブ 21日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は21日、イランの石油輸出がゼロになれば、国際水路が従来と同じ安全性を維持できなくなると述べた。

最高指導者ハメネイ師の公式ウェブサイトによると、ロウハニ大統領はハメネイ師との会談で「石油に対する制裁措置が徹底的に取られ、イランの石油輸出がゼロになった場合、国際水路がこれまでと同じ安全性を確保できないことを世界の大国は理解している」と指摘。「そのためイランに対する一方的な圧力は大国側の利益になり得ず、世界および湾岸地域の安全性は保証されないだろう」と述べた。

ザリフ外相はストックホルム国際平和研究所(SIPRI)での講演で、トランプ米大統領の下での「予測不可能な」政策に対応するために、イラン政府も「予測不可能な」行動を起こす可能性があると語った。

外部リンク