cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_7a9020ce0159_島田紳助さん「ヘキサゴンだけは下心がなかった」 7a9020ce0159 0

島田紳助さん「ヘキサゴンだけは下心がなかった」

2020年1月13日 19:34 日刊スポーツ

歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、友人の山田親太朗(33)とスリーショットで登場した。島田さんの動画は11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

島田さんは、misonoや山田も出演していた、自身が司会をしていたフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」について「人生で一番幸せな番組でした。楽しかった、幸せだった」と振り返った。そして「『ヘキサゴン』だけは下心がなかった。学校の校長先生みたいな気持ち。だから、女の子(の出演者)たちとはご飯に行かなかった」と明かした。

島田さんは、misonoと山田に「君たちと出会えてよかった」。山田は「(『ヘキサゴン』に)出られてよかった。番宣で、たまたま出たんですけど」と、きっかけを振り返った。

おバカタレントを次々とブレークさせた同番組だが、島田さんは「メチャクチャ、オーディションをやった。単なるアホじゃ駄目。(クイズを)間違えて、それに面白い理由付けができなくちゃ。素晴らしいアホだった」と山田にエールを送った。

数々のおバカタレントで、島田さんは「1番だまされたのは上地(雄輔)だった。あいつは本気のアホかと思ったけど、違った。あいつのアホはうそ。ほんまにうまいアホやわ。ちゃんと考えてきた」と話した。

misonoについては「ある日、朝起きて、ワイドショーを見たら、屁をこいたりしていて『なんや、コイツ』と思った。エイベックスなのに、なんでこんなのがあるんやと思った。すぐにエイベックスに電話して『可能性感じるから貸して』って頼んだ」。misonoは「それまでは、マイナスプロモーションになるからと禁じられてたんですが、それでバラエティー解禁になりました」と振り返った。

島田さんは「1番のバカはスザンヌかな。なんでスザンヌなのか聞いたら『本名が山本紗衣(さえ)なんです』って。“ス”が出てへんやないか、って」と笑った。

そして、昨年の大みそかに木下優樹菜と離婚した、藤本敏史に「フジモン、頑張れ~」とエール。「あいつ、泣き虫やんか。あいつと電話する時、いっつも泣いてるんや。結婚する時、離婚する時、俺がやめる時。泣き虫だから、テレビで泣いたらいい。週に2、3回くらい。個性やん。“泣きの藤本”で。みんな、頑張ってほしい」と話した。

misonoは12日に「2020.1.11に起きた奇跡…山田親太朗のおかげで島田紳助さんと再会&YouTubeの撮影!?」と題してブログを更新、島田さんの動画を撮影済みであることを明かしていた。

misonoは今月11日に大阪で仕事があり、友人の山田がいるバーに夫のNosukeとともに合流した。その際に、島田さんも居合わせて動画の撮影が実現した。

島田さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案があり、40分ほどの動画を撮影したという。島田さんからは「ノーカットでアップしてよいから」「俺が怒られるし俺が全責任とるから」と言われたという。

misonoは歌手として活動する一方で、07年からは島田さんが司会を務めていた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」で、おバカタレントとしてブレーク。“ヘキサゴンファミリー”の一員だった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_2ecbf588c442_高橋大輔、カップル結成村元と「全日本」出場目指す 2ecbf588c442 0

高橋大輔、カップル結成村元と「全日本」出場目指す

2020年1月13日 19:16 日刊スポーツ

フィギュアスケート男子シングルからアイスダンスに転向した高橋大輔(33=関大KFSC)が13日、KOSE新横浜スケートセンターでマンション経営大手スカイコート主催のスケート教室に参加した。

カップルを結成した村元哉中(かな=26)らと指導した後、座長を務めたアイスショー「アイスエクスプロージョン」(10日から計6公演)で初披露した新競技について2人で初めて取材対応。高橋は「ここから初心者が成長していく姿を見て」と笑顔になり、村元は「リハーサルを含めた5日間でタイミングやカーブが合ってきた」と指標をつかんだ。

22年北京五輪へ、第1段階となる今年の目標を聞かれると「全日本(選手権出場)」と声をそろえた。プログラムに関しては「やりたいことはいっぱいあるけど、まだ想像がつかない」と高橋。村元が「実際に曲を聴いて氷に乗ってみないと分からない。2月に米国へ行って最初の1カ月は基礎。作り始めるのは早くても3月かな」と補足した。

最後に高橋が「先が分からない、見えない恐怖と闘いながら喜びを見つけたい」と所信表明。「大変な年になるけど挑戦していく」と力を込めた。【木下淳】

外部リンク

cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_866d007915b9_紳助さん「現役時代から習慣、今も地上波は見ない」 866d007915b9 0

紳助さん「現役時代から習慣、今も地上波は見ない」

2020年1月13日 18:54 日刊スポーツ

歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、友人の山田親太朗(33)とスリーショットで登場した。島田さんの動画は11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

島田さんは現役時代を振り返り「地上波は見なかった。自分の番組は見なかった。面白いヤツがいるやんか。(くりぃむしちゅー)の上田(晋也)とか見て、おもろいなと思ったら勝手に体の中に入れてパクってしまう恐れがある。現役時代からの習慣で、今も地上波は見ない。その代わり、CSは面白いで」と振り返った。

山田が突然、「『なんでも鑑定団』をメッチャ見ています」と、島田さんが司会を務めたテレビ東京の番組の名前を挙げると、島田さんは「お前、昔からトークの暴投やで。上下関係が厳しい芸能界で、コイツだけメチャクチャ。飲み会でもズーっと下を向いて、ケータイをやっている。隣のはるな愛が、足をたたいても、なんのことか分からない」と振り返った。

そして、「みんな、俺が怒るかと心配したけど、俺は親太朗だけは怒らんかった。俺の肩で寝てて、みんなが『大丈夫か』って心配してる時もあった。家で飲んでて、夜の10時くらいに『失礼します』って帰る時もあった。その時は『あのままだと先輩がいるところで寝てしまって失礼やと、睡魔の限界やから帰ったんだろう。あいつを普通だと思うな』と言っておいた」と振り返った。

misonoは12日に「2020.1.11に起きた奇跡…山田親太朗のおかげで島田紳助さんと再会&YouTubeの撮影!?」と題してブログを更新、島田さんの動画を撮影済みであることを明かしていた。

misonoは今月11日に大阪で仕事があり、友人の山田がいるバーに夫のNosukeとともに合流した。その際に、島田さんも居合わせて動画の撮影が実現した。

島田さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案があり、40分ほどの動画を撮影したという。島田さんからは「ノーカットでアップしてよいから」「俺が怒られるし俺が全責任とるから」と言われたという。

misonoは歌手として活動する一方で、07年からは島田さんが司会を務めていた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」で、おバカタレントとしてブレーク。“ヘキサゴンファミリー”の一員だった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_a46370729e35_島田紳助さん「程度の低い話」縛られた芸能人に同情 a46370729e35 0

島田紳助さん「程度の低い話」縛られた芸能人に同情

2020年1月13日 18:28 日刊スポーツ

歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、友人の山田親太朗(33)とスリーショットで登場した。島田さんの動画は11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

島田さんは、現在の芸能界について「大変やな。ものを言いたい」と前置きして「バラエティーで、あれ言うたらアカン、不倫、浮気が駄目と言ったら、芸能人のなり手がいなくなる。頭のイタイやつが芸能人になりたがる。夏の虫みたいなもんや。明るいところに飛んでいく」と笑った。

そして「モテたい、目立ちたい、有名になりたい。お金欲しい、めっちゃ程度の低い話やんか。それを駄目と言われたらきついよな」と、コンプライアンスに縛られた、現在の芸能人に同情した。

misonoは12日に「2020.1.11に起きた奇跡…山田親太朗のおかげで島田紳助さんと再会&YouTubeの撮影!?」と題してブログを更新、島田さんの動画を撮影済みであることを明かしていた。

misonoは今月11日に大阪で仕事があり、友人の山田がいるバーに夫のNosukeとともに合流した。その際に、島田さんも居合わせて動画の撮影が実現した。

島田さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案があり、40分ほどの動画を撮影したという。島田さんからは「ノーカットでアップしてよいから」「俺が怒られるし俺が全責任とるから」と言われたという。

misonoは歌手として活動する一方で、07年からは島田さんが司会を務めていた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」で、おバカタレントとしてブレーク。“ヘキサゴンファミリー”の一員だった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_e733cfd58b89_紳助さん「芸能界を辞めてからは下痢も治まった」 e733cfd58b89 0

紳助さん「芸能界を辞めてからは下痢も治まった」

2020年1月13日 18:18 日刊スポーツ

歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、友人の山田親太朗(33)とスリーショットで登場した。島田さんの動画は11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

島田さんは、misonoのYouTubeに出演する理由を「misonoが頑張ってるから出る」と説明。「芸能界を辞めてからは下痢も治まった」と現役時代はプレッシャーで慢性の下痢だった事も明かした。

現在の生活について「何をしてるかと言われたら、筋トレして、あったかい時はゴルフして、魚釣りして、思ったころにスキーに行っている」と明かした。

芸能人時代は「暇や」が口癖だったという。「忙しかったんだけど、仕事を待つ時間が暇だった。病院の待ち時間みたいなもん。今は、どこか行こうと思ったら飽きるまで旅をできる」と話した。

1カ月前までは、髪の毛を肩口まで伸ばしていたが切った。「みんなに、汚らしいて言われた。これでひげを伸ばしたら、どっかのやんちゃなオッチャンみたいやな」と笑った。

misonoは12日に「2020.1.11に起きた奇跡…山田親太朗のおかげで島田紳助さんと再会&YouTubeの撮影!?」と題してブログを更新、島田さんの動画を撮影済みであることを明かしていた。

misonoは今月11日に大阪で仕事があり、友人の山田がいるバーに夫のNosukeとともに合流した。その際に、島田さんも居合わせて動画の撮影が実現した。

島田さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案があり、40分ほどの動画を撮影したという。島田さんからは「ノーカットでアップしてよいから」「俺が怒られるし俺が全責任とるから」と言われたという。

misonoは歌手として活動する一方で、07年からは島田さんが司会を務めていた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」で、おバカタレントとしてブレーク。“ヘキサゴンファミリー”の一員だった。

◆島田紳助(しまだ・しんすけ)本名・長谷川公彦。1956年(昭31)3月24日、京都市生まれ。74年、島田洋之介・今喜多代に入門。77年、松本竜介さんとコンビを組みデビュー。若者の本音をネタにした「つっぱり漫才」で80年代漫才ブームをリード。85年に解散後、バラエティー番組などの司会で活躍。89年から04年までテレビ朝日系「サンデープロジェクト」の司会を務め、91年には映画「風、スローダウン」を監督した。日本テレビ系「行列のできる法律相談所」、フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」などのレギュラー番組を持ち、CMにも出演。血液型AB。11年8月に会見を開き、暴力団関係者との親密な関係を示すメールの存在を認めた上で、引退を発表した。

外部リンク

cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_0b71058517e7_紳助さん「全財産11円やで」山田親太朗にあきれる 0b71058517e7 0

紳助さん「全財産11円やで」山田親太朗にあきれる

2020年1月13日 18:11 日刊スポーツ

歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、島田さんの動画は11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

島田さんは、山田親太朗(33)のおバカぶりを「こいつ、ここまで来るのにタクシー代が4800円なのに4500円しか持ってない。300円、負けてもらってきた」と暴露。「帰り、どうすんねん」って聞いた際に「どうにかなりますよ」と答えが返ってきたことを明かした。

そして「こいつ、明日、札幌で仕事だよ。『なんとかなりますよ、世の中は』だと。俺の友達が見るに見かねて、10万円入りの封筒を渡したら『ね、なんとかなるでしょ』って笑ってんねん」と言うと、misonoは「やば~い」と叫んだ。

そして、島田さんは過去に宮古島でロケがあった時の山田のエピソードも披露。「飛行機のチケットだけ持ってて、一文無しでタクシーで羽田空港に来た。運転手さんにiPad(アイパッド)を渡して『すみません、山田親太朗と言います。お金がないんで、これを渡しておきます』って言ったんやて。で、宮古島に来て平気でいるから、金を渡した。そうしたら渡した瞬間に、それでみんなでおごってるんや」とあきれた。

山田は「世の中、物々交換でなりたっている」と笑顔。島田さんは「今日、こいつ、なんぼ持ってるかと財布チェックしたら全財産11円やで」とあきれた。この後の仕事について、misonoが「どうやって行くの」と聞くと、山田は「物々交換で行きます」と返した。

misonoは12日に「2020.1.11に起きた奇跡…山田親太朗のおかげで島田紳助さんと再会&YouTubeの撮影!?」と題してブログを更新、島田さんの動画を撮影済みであることを明かしていた。

misonoは今月11日に大阪で仕事があり、友人の山田がいるバーに夫のNosukeとともに合流した。その際に、島田さんも居合わせて動画の撮影が実現した。

島田さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案があり、40分ほどの動画を撮影したという。島田さんからは「ノーカットでアップしてよいから」「俺が怒られるし俺が全責任とるから」と言われたという。

misonoは歌手として活動する一方で、07年からは島田さんが司会を務めていた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」で、おバカタレントとしてブレーク。“ヘキサゴンファミリー”の一員だった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_ea2fbe1f1bff_遠藤が白鵬撃破「しっかり集中できた」2日連続金星 ea2fbe1f1bff 0

遠藤が白鵬撃破「しっかり集中できた」2日連続金星

2020年1月13日 18:03 日刊スポーツ

<大相撲初場所>◇2日目◇13日◇東京・両国国技館

前頭筆頭遠藤(29=追手風)が2日連続の金星を飾った。2場所連続となる44度目の優勝を目指す横綱白鵬(34=宮城野)を切り返しで破った。前日12日の初日に横綱鶴竜(34=陸奥)を破ったのに続く金星で2連勝。白鵬は1勝1敗

▽遠藤の話 勝ってよかったです。しっかり集中できたな、という感じです。また明日以降、自分の相撲を取れるよう頑張ります。

外部リンク

cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_dac933fd7054_紳助さん「お金使うなと」山田親太朗への説教明かす dac933fd7054 0

紳助さん「お金使うなと」山田親太朗への説教明かす

2020年1月13日 17:56 日刊スポーツ

歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、島田さんの動画は11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

misono、山田親太朗(33)と「こんばんは」と登場した島田さんは引退してからの8年半を振り返り「釣りしたり、ゴルフしたり、筋トレしたり、健全な日々を過ごしています。今年64歳です」と笑った。

島田さんは、山田と再会して説教をしたという。「お金を使うなと説教した。こいつ金をどんどん使っちゃう。昔の沖縄人やからね(笑い)。テレビ出てないくせに結構収入あるけど、おそらく全部使っているから」と指摘した。

給料制だという山田が「この間、『えみちゃんねる』に出た時に、上沼(恵美子)さんに『大して仕事してないのに、そんなにもらってるの』って言われました」と話すと、島田さんは「お前の話は、どこにオチがあるの」と笑った。

そして、misonoと山田を「お姉ちゃんがすごかった2人が集まっています」と指摘。misonoが笑いながら「山田優さんと倖田来未さんが」と答えると、島田さんは「おかげで芸能界で生きていけてるよな」としみじみ。

山田が「僕、お兄ちゃんもできましたからね。小栗旬ってすごくないですか」と、優の夫・小栗旬のことを挙げると、島田さんは「お前、仕事なくなったら、姉ちゃんと小栗旬君のしもべとなって生きるんやろ」。山田が「僕、下僕、ナンバーワン」と言うと、島田さんは「こいつ、ずーっと姉ちゃんの金、パクって生きとってんで」と笑った。

misonoは12日に「2020.1.11に起きた奇跡…山田親太朗のおかげで島田紳助さんと再会&YouTubeの撮影!?」と題してブログを更新、島田さんの動画を撮影済みであることを明かしていた。

misonoは今月11日に大阪で仕事があり、友人の山田がいるバーに夫のNosukeとともに合流した。その際に、島田さんも居合わせて動画の撮影が実現した。

島田さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案があり、40分ほどの動画を撮影したという。島田さんからは「ノーカットでアップしてよいから」「俺が怒られるし俺が全責任とるから」と言われたという。

misonoは歌手として活動する一方で、07年からは島田さんが司会を務めていた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサンゴン2」で、おバカタレントとしてブレーク。“ヘキサゴンファミリー”の一員だった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_1d18fdd1abba_島田紳助さん「親太郎が闇営業で大阪に来たんで」 1d18fdd1abba 0

島田紳助さん「親太郎が闇営業で大阪に来たんで」

2020年1月13日 17:30 日刊スポーツ

歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、島田さんの動画は11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

misono、山田親太朗(33)と「こんばんは」と登場した島田さんは引退してからの8年半を振り返り「釣りしたり、ゴルフしたり、筋トレしたり、健全な日々を過ごしています。今年64歳です」と笑った。

島田さんは「親太郎が闇営業で大阪に来たんで、撮ろうかということになりました」。そして「親太郎と一緒にいたら、misonoから電話があって『会いたい』と。東京かと思ったら、大阪やった」と笑った。

島田さんは「昔の『ヘキサゴン』の話で盛り上がった。(ヘキサンゴン)メンバーには感謝しかない。俺の夢をみんながかなえてくれた。1万人コンサートとか。音楽のセンスがなくて、50歳でやめようと思っていたけど音楽だけ敵討ちできへんかった。それをみんなが敵討ちしてくれた。泣けてきてね。本当に、みんなに感謝や」と振り返った。

misonoは12日に「2020.1.11に起きた奇跡…山田親太朗のおかげで島田紳助さんと再会&YouTubeの撮影!?」と題してブログを更新、島田さんの動画を撮影済みであることを明かしていた。

misonoは今月11日に大阪で仕事があり、友人の山田親太朗(33)がいるバーにNosukeとともに合流した。その際に、島田さんも居合わせて動画の撮影が実現した。

島田さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案があり、40分ほどの動画を撮影したという。島田さんからは「ノーカットでアップしてよいから」「俺が怒られるし俺が全責任とるから」と言われたという。

misonoは歌手として活動する一方で、07年からは島田さんが司会を務めていた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサンゴン2」で、おバカタレントとしてブレーク。“ヘキサゴンファミリー”の一員だった。

島田さんは11年8月の引退後は、週刊誌の取材に応じることなどはあったが、動画の公開は引退後初めてとなる。

外部リンク

cat_1_issue_oa-nikkansports oa-nikkansports_0_380bdbb3a84b_島田紳助さん引退後初映像 misono動画に登場 380bdbb3a84b 0

島田紳助さん引退後初映像 misono動画に登場

2020年1月13日 17:17 日刊スポーツ

歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、島田さんの動画は11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

「こんばんは」と登場した島田さんは引退してからの8年半を振り返り「釣りしたり、ゴルフしたり、筋トレしたり、健全な日々を過ごしています。今年64歳です」と笑った。

misonoは12日に「2020.1.11に起きた奇跡…山田親太朗のおかげで島田紳助さんと再会&YouTubeの撮影!?」と題してブログを更新、島田さんの動画を撮影済みであることを明かしていた。

misonoは今月11日に大阪で仕事があり、友人の山田親太朗(33)がいるバーにNosukeとともに合流した。その際に、島田さんも居合わせて動画の撮影が実現した。

島田さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案があり、40分ほどの動画を撮影したという。島田さんからは「ノーカットでアップしてよいから」「俺が怒られるし俺が全責任とるから」と言われたという。

misonoは歌手として活動する一方で、07年からは島田さんが司会を務めていた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサンゴン2」で、おバカタレントとしてブレーク。“ヘキサゴンファミリー”の一員だった。

島田さんは11年8月の引退後は、週刊誌の取材に応じることなどはあったが、動画の公開は引退後初めてとなる。

外部リンク