cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_fb92d4463c9b_亡命中国富豪が戦闘継続を宣言、目標は2020年中国共産党滅亡 fb92d4463c9b fb92d4463c9b 亡命中国富豪が戦闘継続を宣言、目標は2020年中国共産党滅亡 oa-newspostseven 0

亡命中国富豪が戦闘継続を宣言、目標は2020年中国共産党滅亡

2019年1月15日 07:00 NEWSポストセブン

 山東省出身の郭文貴氏・元海通証券会長が大富豪となったのは、曽慶紅・元国家副主席の側近で、海外のスパイ工作の責任者だった馬建・元国家安全部副部長とのコネを利用したからだった。個人資産は最大時で約180億元(約3000億円)だったと言われる。ところが2015年、馬氏が汚職で逮捕されたことを事前に察知し、香港経由で米国に逃走した。亡命申請の一方で、汚職に関わり米国に逃亡し国際刑事機構(ICPO)から指名手配を受けている。

 郭氏が米国に逃亡した際、馬氏から得た中国共産党・政府高官のプライベート情報や党政府機関の機密書類も多数携行したと伝えられている。そして、中国最高指導部の1人で、習近平国家主席の腹心である王岐山・中国共産党中央規律検査委書記(政治局常務委員)やその親族の「裏金作り」などを告発した。まさに中国の闇を“知り過ぎた男”である。

 中国共産党との対決姿勢を強めている郭氏が、新たな戦いを宣言する。

「2019年は私の爆料(バオリャオ、暴露)革命が真のパンドラの箱を開ける年となる。

 近日、私は(元米酒席戦略館のスティーブン・)バノン氏とともに、中国の不正を監視する基金を立ち上げることにして、1億ドルを出資した。法治の意識に欠けた中国の盗国賊(ダオグオゼイ、売国奴)どもを、情報を武器に追い詰めていくのだ。

 目標は2020年に中国共産党を滅ぼし、中国を法治的で平和を愛する国家に作り上げることだ。現在のような「詐欺国家」を、これ以上のさばらせておくわけにはいかないではないか。

 私は戦闘を継続する。一切都是剛剛開始(すべてはまだ始まったばかりだ)」


■聞き手/山久辺参一

※SAPIO2019年1・2月号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_b4795c6efe3f_ジャイアン声優・木村昴、たてかべ氏の学食リサイタルを振り返る b4795c6efe3f b4795c6efe3f ジャイアン声優・木村昴、たてかべ氏の学食リサイタルを振り返る oa-newspostseven 0

ジャイアン声優・木村昴、たてかべ氏の学食リサイタルを振り返る

2019年1月15日 07:00 NEWSポストセブン

「男は“目”で恋をして、女は“耳”で恋に落ちる」とは、某英国ジャーナリストの言葉。だが昨今では、“イケボ”(イケてる声)の持ち主のルックスやパフォーマンスにまで注目が集まっている。日本の声優界で熱い視線を浴びる彼らの魅力とは? 『ドラえもん』のジャイアン役としておなじみの木村昴(28才)にインタビューを行った。

──2005年から同役を務め、現在28才ということは…。

 ジャイアンデビューは、ぼくが中学生の時です。審査で「14才です」と言ったら「エェーーッ!?」とどよめきが(笑い)。実はぼく、声優志望だったわけではなくて、“『ドラえもん』のオーディションを受けたと言えば、クラスでモテてヒーローになれるかも”なーんて記念受験のつもりだったんです。


──だが、運命はわからない。

 一次を通過した8人が二次で台本を読みました。まわりは大人ばかりで焦りましたが、声優の作法もわからないので「おぅ、のび太ぁ~」とスタジオを本当に走り回りながらやったんです。実はマイクの前から動いちゃダメだったんですけど、それがウケたみたいで(笑い)。


──当時、新キャストのお披露目は顔ぶれと共に旧キャストとの年齢差も話題になった。

 先代ジャイアンのたてかべ和也さんは当時67才で最年長。いつも気にかけてくださり、高校がたてかべさんの家のすぐ近くだったので、体育祭と文化祭に3年間来てくれました。

 ある日、学食が騒がしいなと思ったら、たてかべさんがなぜかいて、「♪オ~レはジャイア~ン」ってリサイタルをして生徒からの喝采を浴びていたり(笑い)。おかげでめちゃめちゃ鼻が高かったです!


──男性声優のラップバトル企画『ヒプノシスマイク』で、近年はラッパーとしても活躍する。

 ラップの作詞は好良瓶太郎(こうらびんたろう)の名前でやっています。ぼくがコーラが大好きだからと、師匠と慕う現・スネ夫役の関智一さんが名付けてくれました。ぼくの父はドイツ人でオペラ歌手。母も声楽家で、ぼくが屁をこくと「今のはファね」とか言っちゃう絶対音感の持ち主。ぼくも4才からバイオリンを習っていたのですが、練習はきびしいし、嫌で仕方がなくなってしまって。その反発で、音楽とは別の子役として舞台俳優を目指していましたが、DNAなんでしょうね。ジャンルは違えど、こうしてラップの道で自分なりの夢を見つけました。両親はきっとバイオリンを続けてほしかったはずですが「がんばりなさいよ」と応援してくれています。

“リアルジャイアン”の美声は、親心をも動かしたようだ。


──なお、ジャイアン役が決まった時のまわりの反応は、

 喜ぶというよりもビビってました。「マジかよ、お前がジャイアンかよ!」って。

──20才になった時、したことは?

 元祖ジャイアンのたてかべさんと酒を飲みに行きました。


※女性セブン2019年1月17・24日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_4be17877c42c_大江麻理子 メインキャスターの座に就くことで見えた景色 4be17877c42c 4be17877c42c 大江麻理子 メインキャスターの座に就くことで見えた景色 oa-newspostseven 0

大江麻理子 メインキャスターの座に就くことで見えた景色

2019年1月15日 07:00 NEWSポストセブン

 平日夜の経済ニュース番組『WBS(ワールドビジネスサテライト)』(テレビ東京系)のメインキャスターを務める大江麻理子(40)。2013~2014年には米・ニューヨーク支局へ赴任し、帰国後の2014年春にアナウンス部から報道局へ異動して同番組へ出演している。

「支局での経験は礎となっています。世界経済の中心地ではこういう方々に会えるのかと感動する日々で、ダラス連銀やサンフランシスコ連銀の当時の総裁にインタビューができたのはとても刺激的でしたね。ただ支局時代とは米国の状況も変わり、過去の経験に固執しすぎると物事を見誤ってしまう可能性があります。いったんまっさらになって、“知ったつもりになってはいないか”と自分を問い質し、フラットになることも大切だと思っています」


 番組での彼女のコメントや質問は視聴者目線でわかりやすいが、そこもまた「フラット」な感覚と通じている。

「ゼロの状態で経済ニュースに触れて見えてくる本質や核心を視聴者の皆さんにしっかりお伝えしたいので、世の中の肌感覚とずれてしまわないように意識しています。6代目のメインキャスターとなった当初は“私がこれを言うことでどんな影響があるだろう”と思うと怖さで不安が渦巻いて、すごく緊張しました。

 緊張感は変わらずありますが、番組が30周年を迎えた昨年4月から経済ニュースのプロである滝田洋一さんと山川龍雄さんが解説キャスターに加わってくださったのがとにかく心強い! “私はここがどうしても引っかかるのですが、この感覚ってどうなんでしょう”と折に触れておふたりに相談しています」


 アナウンサーとして入社した2001年からの7年間にも『WBS』に携わっていたが、メインキャスターの座に就くことで見えてきた景色があると語る。

「ニュース番組は個ではなく、チームで成り立っているということです。時差の関係で米・トランプ大統領は『WBS』の時間帯に活発に動き、当日の放送内容にピッタリな事柄をツイッターで発信したりするんです。するとフロアディレクターから、すぐに指示が出されて放送に組み込まれます。そんな時に自分で意味や解釈まですべてを処理するとなると大変ですが、隣に解説キャスターやコメンテーターの方々がいらっしゃるので動じずに進行できる。放送に携わる全員が協力してひとつの番組ができているのだと、スタジオの真ん中の席に座ってあらためてよくわかりました」

 そこにはもちろんヘアメイクや衣装など、すべてのスタッフが含まれる。

「オンエア前の21時くらいから(放送が終了する)24時くらいまでは緊張状態が続くので、ずっとアドレナリンが出続けているのか、朝まで眠れなかったりすることもあるんです。それくらい集中しているので、例えば本番の衣装に合わせて靴やアクセサリーはどうしよう、と身だしなみを考える余裕もなくなってしまう。ですが『WBS』ではスタイリストさんがいて、本番前に放送以外のことは何も考えなくていいようにすべて整えてくださるんです」


 だが放送に集中するあまり、思わぬところでうっかりミスをすることも。

「先日、番組冒頭で挨拶をしてCMに入ったら『大江さん、なんか服が毛だらけなんですけど?』と言われまして。本番前に羽織っていた毛布の毛が付いていて、フロアさんにガムテープで急いで取ってもらいました(笑い)」


 先々月には週を跨いで金曜・月曜に同じ衣装で出てしまったとツイッターで明かし、ファンからは「らしい」「らしくない」と感想が寄せられた。

「らしい、だと思います(照れ笑い)。『WBS』のキャスターとしての印象が強いのか、“『モヤさま』(初代アシスタントを務めたバラエティ『モヤモヤさまぁ~ず2』)の色を消そうとしているんじゃないか”というような声もあるのですが、自分では意識をしていなくて、それも含めて私を作ってきたものなので大事にしたいと思っています」

 昨年10月に40歳となった。

「30代最後の日は報道を志すきっかけとなった中国を旅行しました。歴史の舞台・敦煌を訪れ、“自分が毎日伝えているニュースもいつか歴史になるんだな”と感慨深かったです。『WBS』では日々のニュースに加え、世界経済の変調や社会の変革、最先端技術や医療など、私たちが感じた“これからこういう潮流になりそうだよ”“世の中はこうなっているよ”ということを付加価値として提示しています。その挑戦のために私たち『WBS』のスタッフ全員が多方面へアンテナを張り巡らせていなければいけないな、と感じています」

 40代へ突入した現在を「不惑ワクワク!」と形容した大江は、好奇心いっぱいの表情でこの先へ想いを馳せた。

【PROFILE】おおえ・まりこ/1978年生まれ、福岡県出身。2001年にアナウンサーとしてテレビ東京へ入社。『WBS』『出没!アド街ック天国』『モヤモヤさまぁ~ず2』、ポッドキャスト番組『日経ヴェリタス大江麻理子のモヤモヤとーく』などに出演。2013年にニューヨーク支局へ赴任し、『Newsモーニングサテライト』のNYキャスターを務めた。2014年4月から『WBS』(平日23時~)6代目メインキャスター。

●撮影/熊谷貫 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_6e1fcf21bc03_【香山リカ氏書評】「部族」どうしでいがみ合う現代社会 6e1fcf21bc03 6e1fcf21bc03 【香山リカ氏書評】「部族」どうしでいがみ合う現代社会 oa-newspostseven 0

【香山リカ氏書評】「部族」どうしでいがみ合う現代社会

2019年1月15日 07:00 NEWSポストセブン

【書評】『操られる民主主義 デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊するか』/ジェイミー・バートレット・著 秋山勝・訳/草思社/1600円+税


【評者】香山リカ(精神科医)

 本書には、私たちがすでに片足を突っ込んでいる、あまりに恐ろしい近未来が描かれている。まず、著者は「ここ数年、さまざまな情報や理屈を抱えながら、私たちは部族へと後退していった」と言う。これだけを見ると、多くの人は「そんなバカな」と言うかもしれない。

 しかし、ネットによって「共通する不平の意識」を持つ人たちが集まりやすくなり、直観や感情に従って過激な発言をし、ときには行動に移していく。「炎上」と呼ばれるネットの騒動などはこれにあたると考えれば、たしかに私たちは部族化していると言える。著者は、「トランプこそわが部族を救い出すためにやってきたリーダー」と考える人たちが彼を大統領に押し上げたと述べるが、それもその通りだろう。

 そして一方で、AIは着実に進化し、これまで人間が苦労してやってきたことを簡単に正確にやってのける。すると何が起きるか。「モラルと政治に関する大部分の判断を、人間がコンピュータに委ね始める」というのだ。著者はそれを「モラル・シンギュラリティ」と名づける。

 社会の重大な決定はAIにまかせ、人間は不平不満や怒りで結ばれた「部族」どうしがいがみ合い、足を引っ張り合うことになる。人間的なモラルは崩壊するので格差はますます拡大し、誰もそれを是正しようとはしないだろう。もちろん、民主主義などというシステムはすぐに吹っ飛んでしまうことになる。

 本書に書かれていることが本当なら、私たちはこれから悪夢のような時代を迎えることになる。ただ、著者はそれを防ぐための20の処方箋も文末につけてくれる。「個人としての意見を持つ」「集中力を維持する」などそれらはいずれも常識的な提言だが、それをしっかり守ってテクノロジーから社会、政治そして自分を守ることができなければ、あなたの子どもや孫を待つのは血で血を洗う“部族社会”なのだ。少しでも次世代のことを考える人にはなんとしても読んでほしい一冊だ。

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_d616c56ea9c4_若者のクルマ離れ 女性が簡単に運転できることが大きいか d616c56ea9c4 d616c56ea9c4 若者のクルマ離れ 女性が簡単に運転できることが大きいか oa-newspostseven 0

若者のクルマ離れ 女性が簡単に運転できることが大きいか

2019年1月15日 07:00 NEWSポストセブン

 30年間続いた平成もいよいよ終わり。そんな30年間で大きく変わったことのひとつとして「若者のクルマ離れ」を挙げるのは、神戸国際大学経済学部教授の中村智彦氏だ。いったいなぜ若者はクルマに興味を示さなくなったのか。

 * * *
「若者のクルマ離れ」と言われるようになったのはいつ頃からでしょうか。特に若い男性が車に興味を持たなくなったのが、この平成の30年間の変化だと言えます。

 この平成の30年間で、自動車を取り巻く環境は大きく変わりました。こうした変化を引き起こしたのは、「オートマチック車」、「パワーステアリング」、「カーナビ」の3つのようです。

◆オートマチック車の急増


 普通自動車のオートマ車限定免許は、平成3年(1991年)11月1日から始まりました。

 平成22年(2010年)には、オートマ限定免許を取る人がマニュアル車での免許を取る人よりも多くなり、逆転。平成29年に免許を取得した人は約115万人。そのうち、オートマチック車限定免許で取得した人は、約71万人。マニュアル車での免許取得は、約44万人と少数になっています。

 こうしたことを背景に、普通自動車の販売台数でも、昭和60年(1985年)には、マニュアル車51.2%、オートマチック車48.8%とほぼ半数ずつだったのが、平成2年(1990年)になるとマニュアル車27.5%、オートマチック車72.5%と大きく変化。平成12年(2000年)以降は、オートマチック車の割合が90%を超しています。

 オートマチック車の最大の利点は、運転操作が非常に簡単になったことです。マニュアル車では難しかった坂道発進や、信号待ちなどでのエンストなど、運転技術の差が目立っていたのが一気に解消されました。


◆パワステの登場


「いや、それだけじゃないよ。パワステの登場は、運転に力がいらなくなった訳で、女性の自動車運転への進出を大きく促進したはずだ」と、ある自動車メーカーに勤務する男性は言います。

 パワステと言っても、装備されていないクルマを運転した経験は、40歳代以上でないとないでしょう。パワーステアリング装置は、ハンドルを回す力を補助するもの。低速で運転していても、軽く片手でハンドルを回して方向転換できるのは、このパワステのおかげです。それまでは、低速でハンドルを回すのは力作業だったのです。

 パワステが装備されたのは、日本では1970年登場のトヨタ「クラウン」が最初と言われています。当初は高級車用の特別装備だったものが、1980年代に入ると大衆車にも普及し、1990年代になると軽自動車にも標準装備されるようになりました。

◆カーナビの登場


 カーナビが登場したのは1980年代ですが、当時のものは高額だったうえに精度も悪く、なかなか普及しませんでした。ところが、1990年代に入って、GPSが搭載され位置情報の精度が一気に向上したことで、購入する人が増えました。

 さらに1996年には道路の混雑情報をリアルタイムに表示できるVICS61というサービスが開始。そして2002年にはネットに接続する通信機能が搭載されたカーナビが登場。2017年の出荷台数は約581万台に達しており、8割近い乗用車に搭載されていると見られています。

◆オートマ、パワステ、カーナビの3点セットで何が変わったか


 ここまで見てきたように、平成時代で乗用車は大きく変化しました。自動車の運転が、難しいものから簡単なものになったのです。このことは、女性が自分で車を運転することを身近にしたのです。

 平成元年に自動車運転免許を持っていた人は、約6000万人。男女比は、男性が63.0%、女性が37.0%だった。これが平成29年になると、約8000万人。男女比は、男性が54.9%、女性が45.1%となりました。男女ともに50歳代から30歳代の免許保有率は、男女ともに90%を超しています。

◆平成初期のドライブ


 平成の最初の頃、カップルでドライブというと、助手席の彼女も重大な任務を帯びていました。それは、ナビ。大きな地図を膝の上に置き、行先までを運転する彼氏に指示しなくてはならなかったのです。

「そんな急に右折とか言われても、曲がれないよ!」「だって判らなかったんだもの」とケンカになったり、地図帳の上下を進行方向に合わせて、ぐるぐる回す彼女を彼氏がからかったり。運転席の彼氏と、助手席の彼女とは、わいわいがやがや一緒にドライブをしていたという感覚があったものです。

 女性たちからはくだらないと笑われながらも、彼女の前でいい恰好をしようと男性たちは、運転技術を磨いて、首都圏なら箱根路、関西圏なら六甲山など急坂でカーブの多いドライブコースに挑戦していたものです。

 実際、マニュアル車でノンパワステだと、今から考えると結構、運転は難しかったのです。車が好きで、今でも古いマニュアル車に乗っている50歳代後半になるメーカー勤務の男性は、「オートマチック車になってから、運転を楽しむということが少なくなりましたね。安全性が高くなった分、車での遊びの部分がなくなった感じですね」と笑います。

◆若い男性の自動車離れ


 若者の自動車離れと言われていますが、20歳代から30歳代の運転免許保有率は、この10年間でもそう大きな低下はありません。しかし、「全国消費実態調査」(総務省)の年代別自動車普及率の推移をみると、29歳以下の世帯で2009年には59.1%だったものが、2017年には47.9%へと1割以上低下しています。こうした傾向は大都市やその周辺で顕著であり、そうした点では「若者の自動車離れ」ということがいえます。

 ところがおもしろいことに、29歳以下の単身世帯での自動車の普及率をみると、ほかの世代とは逆転しており男性が39.6%なのに対して、女性は56.6%と若い女性の方が自動車を持っていることがわかります。(総務省「全国消費実態調査」乗用車世帯主男女別・年齢階層別普及率/2018年3月末)

 こうしたことから見ると「若い男性のクルマ離れ」が正しい表現だと言えます。

◆平成末期は「ドライブに男はいらない」


「昔のドラマとかを見ていると、よく男の人にクルマを出してもらうなんて話してますよね。私たちは、そういう発想自体がないなぁ」と笑うのは、30歳代前半の女性です。「山道でも、そんなに運転が不安とか思うことはないですね」

 クルマのCMも平成の初期の頃は、男性が女性を誘ってドライブに出かけるというものが多かった。しかし、最近のCMは元気な女性が自ら運転席に座って、運転をする。CMによっては、男性が助手席に座っています。

 平成30年間で、クルマは男性中心の道具だったものが、操作性が改善されることで、女性も利用できるようになりました。

 もちろん、若者のクルマ離れには、20年以上続いた不景気が大きく影を落としていると指摘する声も多くあります。

 ソニー損害保険が2018年11月に行った「2019年 新成人のカーライフ意識調査」によれば、『「若者のクルマ離れ」とは自分自身のことだ』に、「あてはまる」と答えた人が33.6%、「あてはまらない」が35.3%となり、ほぼ同数でした。「すでに持っている」あるいは「購入する予定がある」に加えて「いずれは欲しい」を合わせると半数以上がクルマに興味を持っています。ところが、現実には「クルマを所有する経済的な余裕がない」が61.8%と高い割合を占めています。

 そして、平成が終わる頃になり、クルマは所有するものから、利用するもの、シェアするものへとさらに多く変化する兆しが見えてきました。今、20歳代や30歳代の女性たちが、「パワステとか坂道発進とか何のこと?」と笑うように、あと20年もすれば、「へえ、クルマって自分で買っていたんですか?」と振り返る時代が来るでしょう。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_1c92efcbb4f9_「めまい」で怖いのは脳からくる症状、脳梗塞の可能性も 1c92efcbb4f9 1c92efcbb4f9 「めまい」で怖いのは脳からくる症状、脳梗塞の可能性も oa-newspostseven 0

「めまい」で怖いのは脳からくる症状、脳梗塞の可能性も

2019年1月15日 07:00 NEWSポストセブン

 日常生活で突然めまいが生じて足元がふらつけば、大きな不安に襲われる。だが、くどうちあき脳神経外科クリニック院長の工藤千秋医師は、「ぐるぐると回るようなめまいなら様子見でいい」と指摘する。

「『良性発作性頭位めまい症』は、耳の中にある三半規管の不調によって目の前がぐるぐると回るように感じるめまいです。こうした高齢者に多い『耳からくるめまい』は、頻度こそ多いですが命に差し障るものではなく、慌てて受診する必要はありません」

 耳からくるめまいはめまい全体の7割程度を占めると言われる。緊急性は少ないが、「症状が数日にわたり続く場合は医療機関を受診したほうが良い」(工藤氏)という。

 怖いのは「脳からくる目まい」のケースだ。

「特徴は、『視界が暗くなって、地面に吸い込まれるようなめまい』です。これが起きると、脳の深部にある太い動脈が詰まり始めている可能性が疑われる。

 また、めまいと同時に頭痛や手足のまひ、しびれを感じた場合も、脳に異変が起きている可能性が高い。特に片方の手がしびれたり、ろれつが回らない、言葉が突然出なくなるなどの症状があると、脳梗塞の可能性があるため急いで受診すべきです」(工藤氏)

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_dced87ae0cdc_あなたの街の美人女医 熊本、高知、山梨、北海道、富山編 dced87ae0cdc dced87ae0cdc あなたの街の美人女医 熊本、高知、山梨、北海道、富山編 oa-newspostseven 0

あなたの街の美人女医 熊本、高知、山梨、北海道、富山編

2019年1月15日 07:00 NEWSポストセブン

 優しい笑顔と熱いハートで患者の心と体を癒す「あなたの街の美人女医」。熊本、高知、山梨、富山、北海道で活躍する美人女医を紹介しよう。

※アンケート項目(1)年齢(2)診療科目(3)医師でなかったらなりたい職業(4)趣味(5)好きな食べ物やお酒(6)いい男の3大条件(7)健康や美容のために気をつけていること(8)健康のためのアドバイス(9)病院名(10)メッセージ

【熊本:温(おん)恵理先生】

(1)32歳
(2)美容外科、美容皮膚科
(3)ミュージカル俳優
(4)読書、旅行
(5)冷麺、白ワイン
(6)誠実さ、寛容さ、優しさ
(7)適切な食事と運動、質のいい睡眠を心掛けています
(8)現代はストレス社会なので、身体だけでなく心の健康を保つことも大事です。意識的に自分を癒す時間を作りましょう
(9)湘南美容クリニック熊本院
(10)優しさを忘れずに寄り添います

【高知:安岡恵子先生】

(1)54歳
(2)眼科
(3)客室乗務員
(4)美味しいものを食べること
(5)ニラトン、サバの干物、シャンパン
(6)尊敬できる点がある、謙虚さ、誠実さ
(7)ヨガ。ヨーグルトを食べること
(8)ホットヨガを始めてから15年目。肩こりが軽減して風邪を引かなくなりました
(9)医療法人桜仁会安岡眼科副院長
(10)患者さんの視機能のために最善を尽くすこと

【山梨:水村奈央先生】

(1)33歳
(2)形成外科
(4)家でごろごろすること
(5)エビ、美味しい肉
(6)お父さんみたいに面白くて優しい人
(7)絶対保湿。できるだけ日に焼けない
(8)よく食べて、よく寝て、たまに運動。好きなことを、気の赴くまま好きなだけしてください
(9)山梨大学医学部附属病院形成外科
(10)患者さんの気持ち、望んでいることを考えます

【富山:永田裕子先生】

(2)眼科一般
(3)アナウンサー
(4)ヴァイオリン
(5)チョコレートとワイン
(6)仕事ができる(がんばっている)人、男気がある人、ユーモアのセンスがある人
(7)毎日乳酸菌飲料や発酵食品を摂る。腹8分目を心掛ける。1日5分でもスクワットなどをする。おしゃれや笑顔を忘れない
(8)睡眠をきちんととり、バランスのいい食事をして腹八分目を心掛けて、楽しいことを見つけるといいです
(9)ながた裕子眼科
(10)丁寧な説明で患者様をごきげんに

【北海道:長池陽子先生】

(1)42歳
(2)眼科
(3)探偵
(4)パズル、ゲーム、コンサート鑑賞
(5)ご飯、肉、カクテル
(6)嘘をつかない人、他人の痛みがわかる人、肝心な時に頼れる人
(7)睡眠、食事、紫外線対策、ストレスを溜めない
(8)緑内障は40歳以上から多くなります。高血圧は眼底出血に、糖尿病は網膜症につながるので、定期的な眼科検診が必要です
(10)安心して話しやすい空間を作ります

協力■医師のとも

※週刊ポスト2019年1月11日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_14653950f613_爆笑問題も応援に、片岡鶴太郎展の作品集 14653950f613 14653950f613 爆笑問題も応援に、片岡鶴太郎展の作品集 oa-newspostseven 0

爆笑問題も応援に、片岡鶴太郎展の作品集

2019年1月15日 03:00 NEWSポストセブン

 1月14日まで松屋銀座8階イベントスクエアにて開催した「片岡鶴太郎展-faces-」。オープニングイベントには、鶴太郎の友人代表として爆笑問題・太田光と田中裕二がお祝いに駆け付けた。


 イベントでは、鶴太郎が2019年干支であるイノシシを描き、爆笑問題の2人がその様子を見学。イノシシの絵とともに3人でポーズを取ってみせた。


■撮影/高柳茂

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_a699eb532198_◆深田恭子、スクープ写真 恋人会長が深キョンの愛犬抱く a699eb532198 a699eb532198 ◆深田恭子、スクープ写真 恋人会長が深キョンの愛犬抱く oa-newspostseven 0

◆深田恭子、スクープ写真 恋人会長が深キョンの愛犬抱く

2019年1月14日 19:00 NEWSポストセブン

 深田恭子さんと熱愛が報じられている不動産会社会長の杉本宏之氏。ふたりが深夜のハイヤーに乗り込む姿からは、親密な様子が見えてきました。

 そろってバーを出ると同じハイヤーに乗り込んだふたり。杉本氏の腕には深田さんの愛犬、トイプードルのメロンパンナちゃんが抱きかかえられていました。

 メロンパンナちゃんも気を許しているのか、全くイヤがる様子もありませんでした。その後、ふたりは深田さんの自宅へ向かったそうです。


【キャスター】

●渡邉早紀(わたなべさき)
小学館「NEWSポストセブン」発の動画ニュース『News MagVi』キャスター。早稲田大学に在学中。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_8d447dc98a64_節分で鬼を追い払うのに豆を使う理由と「恵方巻き」トリビア 8d447dc98a64 8d447dc98a64 節分で鬼を追い払うのに豆を使う理由と「恵方巻き」トリビア oa-newspostseven 0

節分で鬼を追い払うのに豆を使う理由と「恵方巻き」トリビア

2019年1月14日 16:00 NEWSポストセブン

 1年を24に区切って表す「二十四節気」は古代中国から伝わった暦からきた言葉。立春から始まり、立夏、立秋、立冬と季節が移ろう。

 日本の伝統文化を伝える『しつらい教室「食和家」』を主宰する、大田サチさんは、「節分とは、季節の節目である立春、立夏、立秋、立冬の前日のことで、四季の終わりの日を示しています。年に4回あり、“せちわかれ”ともいいますが、今では立春の前日だけに節分行事が行われています」と、説明する。

 立春はニュースなどで、「暦の上では春ですが」などと表現されるように、まだまだ寒さが厳しい時期。19日の「雨水」を過ぎると、雪が水へと変わり、少しずつ春が近づいてくる。

 花見といえば、現代では桜が思い浮かぶが、奈良時代の花見といえば中国から伝来したばかりの梅。ちなみに桜になったのは平安時代から。2月下旬には各地で梅まつりが開催される。

 2月のイベントといえば、節分がある。節分で鬼を追い払うのになぜ豆を使うのか。それは、豆は「魔滅(まめ)」に通じ、「魔」の「目」を打ち、退治できるからだ。

 日本での豆まきの風習は室町時代からのものだが、もとをただせば、中国の秦の時代から行われていた、桃の弓や葦の矢で鬼を祓う「追儺(ついな)」や「鬼やらい」という行事からきている。

「寒さによる疫病や災害を鬼にたとえ、立春の前日に、神様が宿る豆を鬼の目に投げつけて退治するようになりました。炒った豆を使うのは、『炒る』が『射る』と同音なので、鬼を退治することになるからという説もあります。

 ちなみに、鬼は鬼門である東北の方角からやってきます。十二支でいえば丑寅の方角にあたるので、鬼は牛の角と虎の牙、虎のパンツを身に着けているのでしょう」(大田さん)

 日本では、季節の変わり目に生じる邪気を追い払う意味で「鬼は外! 福は内!」と言いながら豆をまく。鬼が入ってこないようにすぐにドアを閉めることが大切だ。

 節分でまく炒った大豆のことを福豆と呼ぶ。豆はまくだけでなく、年の数だけ(地域によっては+1粒)食べる風習も。

 また、鬼がにおいを嫌う鰯を焼き、鬼の目を刺す柊の葉を組み合わせた魔除けに柊鰯(ひいらぎいわし)がある。西日本では「節分いわし」といい、食べる習慣もある。


◆「恵方巻き」の全国進出は平成から


 節分の夜、“恵方”を向いて、太巻き寿司を無言で食べると、無病息災で一年が過ごせると、「恵方巻き」を食べるようになって久しい。日本和食卓文化協会代表理事の槻谷順子さんは話す。

「一時はすっかり忘れ去られていた節分が、昨今の恵方巻きブームで復活しています。関西では“まるかぶり寿司”などの名前で、昔から行われていたこの習慣が、全国に広がったのはここ10年くらいのこと。

 旧暦では、節分は大晦日、立春は正月にあたるので、おせち料理を食べてもいいのですが、すでに正月に食べてしまっており、節分にぴったりの食事がなかったところに、恵方巻きがハマったのです」(槻谷さん)

※女性セブン2019年1月17・24日号

外部リンク