cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_d40c05540178_参院選で菅vs二階vs麻生が激突 安倍自民怨恨の人間関係 d40c05540178 d40c05540178 参院選で菅vs二階vs麻生が激突 安倍自民怨恨の人間関係 oa-newspostseven 0

参院選で菅vs二階vs麻生が激突 安倍自民怨恨の人間関係

2019年4月2日 07:00 NEWSポストセブン

 夏の参院選は自民党の大苦戦が予想されている。選挙分析に定評がある政治ジャーナリスト・野上忠興氏は、自民党幹部たちは「20議席減」の“大敗”を覚悟していると読む。

「自民党は6年前の参院選で大量当選(65議席)した議員たちが改選を迎えるため、今回は大幅に議席を減らすのは確実。甘利明選対委員長は、『目標は自公で安定多数』と語っているが、それは自民党が20議席減の大敗で40議席台しか取れなくても達成可能な数字です」

 だが、議席を20も減らせば、選挙の指揮を執る二階俊博・幹事長の引責辞任論が浮上するのは避けられない。参院選後の内閣改造・党人事は「幹事長ポスト争奪戦」が焦点になる。

“影の総理”として官邸を仕切る菅義偉・官房長官は次は幹事長を希望するとみられており、岸田文雄・政調会長も幹事長就任が悲願だ。麻生太郎・副総理も自分の派閥から後釜の幹事長を出そうと虎視眈々と狙っている。


 しかし、二階氏は選挙に負けても幹事長の座を譲る気はない。二階氏が大阪で菅氏、福岡で麻生氏との代理戦争を仕掛けたのは、「地方選で2人を敗北させ、参院選後の“二階降ろし”を防ぐための戦術」(自民党ベテラン)と見られている。

 幹事長の座を脅かすもうひとりの政敵、岸田氏にも参院選で露骨に“ケンカ”を吹っかけた。岸田氏の地元・広島選挙区(改選2)には岸田派現職がいるにもかかわらず、二階氏は「2議席独占は可能だ」と自民党から2人目の候補を公認した。自民党候補同士の“骨肉の争い”を強いられる岸田派議員は「うちの派閥に刺客を送ってきた」とカンカンだ。

 そればかりか、二階氏は旧民主党の細野豪志氏(衆院静岡5区)、鷲尾英一郎氏(衆院新潟2区)をスカウトして党内の批判を浴びながら、参院選ではさらに旧民主党の元議員3人を二階派から比例代表に出馬させるという野党人材を利用した派閥拡大戦略に走っている。

「政治家は当選すれば正義。二階さんは派閥の勢力拡大で幹事長留任の足場を固めながら、静岡と新潟の野党陣営の要だった細野と鷲尾を引き抜いて野党の参院選準備を混乱させようとしている」(二階派議員)


 まさに自分の立場を守るために、党内紛争の十字路で敵にも味方の自民党にも鉄砲を撃ちかけている。不気味なのは、安倍晋三首相がそんな二階氏の“ケンカ上等”に高みの見物で、事態収拾に動かないことだ。

「総理は菅官房長官の力が突出するのを警戒しており、実力者たちが互いに足を引っ張り合うのはむしろ都合がいいと考えている」(安倍側近官僚)

 そうなると対立の連鎖は参院選の先、来年の東京都知事選へと続いていく。

 都知事選は小池百合子・都知事が二階氏の「全面支援」で再選をめざしているのに対し、小池氏と五輪の主導権争いをしてきた森喜朗・元首相―麻生副総理の文教族ラインは橋本聖子氏ら対立候補を擁立する構え。そこに菅氏とパイプが太い橋下徹氏が出馬すれば、それこそ二階vs麻生vs菅の三つ巴の大混戦に発展する。

 新元号で最初の国政選挙を3か月後に控え、日本政治は安定の時代から群雄相食む時代に突入する。

※週刊ポスト2019年4月12日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_e9305ddef40e_津軽三味線女子 和楽器ならでのグルーヴ感でポップス奏でる e9305ddef40e e9305ddef40e 津軽三味線女子 和楽器ならでのグルーヴ感でポップス奏でる oa-newspostseven 0

津軽三味線女子 和楽器ならでのグルーヴ感でポップス奏でる

2019年4月2日 07:00 NEWSポストセブン

 日本の伝統音楽を継承する旗手たちには、若く麗しき女性も多い。津軽三味線を弾き「伝統芸能ポップアーティスト」として活躍する川嶋志乃舞さん(24)が三味線の魅力を語る。

 * * *
 3歳から佐々木光儀流で津軽三味線を続けてきましたが、昔からジャズや渋谷系の音楽も好きなんです。同時に大学で純邦楽を専門的に学んだことで、日本の伝統文化を後世に伝えていきたいという気持ちが芽生えました。

 温故知新という言葉を胸に、和楽器ならではのグルーヴ感で唯一無二のポップスを奏でています。


 演奏が上手な和楽器奏者はすごく美意識が洗練されていて、「楽器が上手いと美人になる」という法則がある気がします(笑い)。私も日々腕を磨いて「アーティスト」として美人になれるよう努力します。

●かわしま・しのぶ/1994年、茨城県生まれ。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。これまで全国大会で4度優勝。「伝統芸能ポップアーティスト」として音楽活動を展開。みとの魅力宣伝部長、笠間特別観光大使を務める。

■取材・文/曹宇鉉(HEW)、撮影/榎本壯三

※週刊ポスト2019年4月12日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_8a003494506e_猫のがん原因に飼い主のたばこも、5~6才以降は発症率高まる 8a003494506e 8a003494506e 猫のがん原因に飼い主のたばこも、5~6才以降は発症率高まる oa-newspostseven 0

猫のがん原因に飼い主のたばこも、5~6才以降は発症率高まる

2019年4月2日 07:00 NEWSポストセブン

 たばこの煙にさらされた猫や犬は、がんの発症リスクが高くなる――。2015年、イギリス・グラスゴー大学の獣医学者らが、受動喫煙によるペットの健康被害についての研究結果を発表した。それによると、飼い主の喫煙本数が1日10本以下でも、たばこの煙に触れている猫の血液中のニコチンレベルは、非喫煙家庭の猫に比べて明らかに高かったという。

 もちろん、がんの原因はたばこの煙だけではない。近年、ペットの高齢化が進んでいるが、その分“ペットのがん”も増えていると、白金高輪動物病院・中央アニマルクリニック顧問の獣医師・佐藤貴紀さんは言う。

 そもそもがんとは、突然変異を起こした細胞(がん細胞)が増殖し、体に悪影響を及ぼす病気のこと。がん細胞が増殖しすぎると体の組織や臓器が機能しなくなり、最終的に死に至る。

「がんが発生する部位は、人間と同じでほぼ全身。5~6才(人間の年齢で換算すると36~40才)以降、急激に発症率が高まることもわかっています」(佐藤さん・以下同)

 がんに侵されていても、初期は症状がわかりづらく、発見が遅れることも多いという。

「皮膚がんや乳腺腫瘍の場合、しこりで気づくこともあります。しこり=がんではありませんが、しこりを見つけたらなるべく早く動物病院を受診してください」

 動揺してしまうだろうが、まずは落ち着くことが大切。そして「がんの進行具合」「年齢に応じた治療法の相談」「治療費」などを整理しよう。判断が遅くなるほど、がんは進行する。医師から要点を聞いたら、なるべく早く今後について決断すること。

 治療法は主に、【1】手術【2】抗がん剤治療【3】放射線治療の3つ。それぞれの治療法のメリット・デメリットは次の通り。

【1】手術

 すべてのがん病巣を取り除き、他の部位への転移もなければ完全治癒できるため、がん治療として最も効果が期待できる。一方で、麻酔のリスクと免疫力低下による二次的な障害が懸念される。

【2】抗がん剤治療

 麻酔などのリスクを伴わず病気の治癒が見込めるが、体への負担が大きく、耐えられないこともある。

【3】放射線治療

 手術で切除できない部分のがんにも効果があり、諦めなければいけなかったがんにもアプローチできる。しかし、全身麻酔が必要になることがほとんどで、治療回数も月2回程度と、体力面・経済面の負担が大きい。

 がんの治療は、主にこれら3つの治療法を、進行度や体力などを考慮しながら組み合わせて行う。

 また獣医学も日々進歩しており、治療の選択肢は増えているという。では、がんを防ぐにはどうしたらいいのか?

「乳腺腫瘍に関しては、避妊手術を受けることでできにくくはなりますが、現段階でがんを100%予防する方法はありません」

 がんの治療には、早期発見・早期治療が大事となる。そのためにも、日々の健康状態のチェックや定期的な健康診断、そして猫と同じ空間でたばこは吸わないなどの配慮を忘れてはいけない。

 愛猫の健康を守れるのは飼い主しかいないのだから。

※女性セブン2019年4月11日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_30f54fc0e620_森昌子に密着 コント誕生秘話と「引退は一人で決めました」 30f54fc0e620 30f54fc0e620 森昌子に密着 コント誕生秘話と「引退は一人で決めました」 oa-newspostseven 0

森昌子に密着 コント誕生秘話と「引退は一人で決めました」

2019年4月2日 07:00 NEWSポストセブン

 演歌歌手・森昌子(60)。いかなる心境の変化が芸能界からの引退という決断に至らしめたのか──。

「細谷小学校2年、ま~ちゃんです!」。3月11日、地元・宇都宮公演の幕が上がると、ピンクのつなぎを身にまとい、赤いランドセルを背負った“少女”がズカズカと登場。大声でたどたどしく挨拶すると、会場は爆笑の渦に。約50分間に及ぶコントが始まった。

 1971年、13歳で『スター誕生!』(日本テレビ系)の初代グランドチャンピオンに輝き、翌年『せんせい』でレコードデビュー。山口百恵、桜田淳子と「花の中3トリオ」と呼ばれ、歌謡界を席巻。『NHK紅白歌合戦』に当時最年少の15歳で初出場を果たし、27歳で司会兼トリも務めた森昌子のステージは、4年前から激変していた。

「何かがプッツンしたんでしょう。頭の血管が何本か切れちゃったのかもしれませんね(笑い)。初めてあの姿で出ていった時、お客さんは『どうしちゃったんだろう?』ってポカーンとしていました。それでも気にせずやり続けていたら、定着していったんです」

 べらんめえ口調でまくしたて、八代亜紀などの歌マネも取り入れるコントは、どのように生まれたのか。

「芸能活動を休んでいた20年間、ファンの方同士が集まって昔の雑誌などを見て、当時を懐かしんでくれていたそうです。復帰後も笑顔で温かく迎えていただきました。そんな皆さんにどうしたら楽しんでもらえるか日夜考えていたら、スタッフに『普段の昌子さんが一番面白い』と言われて。その言葉がヒントになって始まったんです」


 とはいえ、新境地に至るまでは苦難の連続だった。1986年に結婚を機に引退するも、2005年に離婚。3人の男の子を抱え、生きていくために翌年現役復帰したが、厳しい現実が待ち受けていた。

「主婦の時は子守唄すら歌わなかったので、声がまったく出ませんでした。復帰後、テレビで歌うと『昔の森昌子と違うね』という声が間接的に耳に入ってきて、悔しいし、情けなかった。ほぼ毎日必死にボイストレーニングを続け、初めてカラオケボックスにも行きました。自分の映像を見ながら歌うのは不思議な経験でしたね(笑い)」

 追い打ちをかけるように2007年から更年期障害に苦しみ、2009年には子宮筋腫と子宮頸がんが見つかり、翌年子宮全摘出手術に踏み切った。暗闇の谷底に突き落とされたような日々だった。

「でも、病気を乗り越えたことで、死生観が変わりました。人間いつか必ず死ぬのだから、笑って過ごした方が得だなと。笑顔でいれば周りも幸せになると気づきました。子供たちが仕事をするようになり、肩の荷が下りて気持ちが楽になったのかもしれませんね」


 長男はONE OK ROCKのTaka、三男はMY FIRST STORYのHiroとして、それぞれロックバンドのボーカリストとなって日本武道館を満員にする人気を誇る。近年、森自身のステージに2人のファンが増えているという。

「年配のお客さんが多い中で、若い女の子が団扇に“Takaママ”“Hiroママ”と書いて声援を送ってくれます。本当に嬉しいことです」

 還暦を迎えた昨年10月、引退を決断。周囲には突然のように見えるが、森の心には秘められた思いがあった。

「40歳を過ぎた頃から、早く60歳になりたいと考えていました。実際になってみると、子供も巣立ったし、自分の肩の力が抜けて、これから新しい人生が始まる予感がした。引退はすべて一人で決めました。スタッフに止められましたが、一度こうと決めたら変えない。見た目と違って、頑固なんです」


 現在、年末まで全国120か所超に及ぶツアーの真っ最中だ。往年のヒット曲から最新曲までを歌い上げる姿には、絶望と喜びを経験した者だけが持つ人生の深みが滲み出る。

「体はすごく疲れますが、お客さんに拍手をいただくとスーッと浄化されて、まるで魔法を掛けられたようになります。『優等生ぶって歌っていた昔と全然違うね』と褒められると嬉しい。残り9か月、今まで支えて下さったファンの方々のために、全身全霊を込めて、目の前にあるコンサートを駆け抜けていく。今はそれしか頭にありません」

●もり・まさこ/1958年10月13日生まれ、栃木県出身。1971年『スター誕生!』(日本テレビ系)初代グランドチャンピオン。1972年7月『せんせい』でデビュー。1983年、『越冬つばめ』で日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。1985年の『NHK紅白歌合戦』では、美空ひばり以来史上2人目となる紅組司会とトリを兼任。1986年に結婚のため引退、2006年に復帰。近年も精力的に新曲を発表、昨年10月よりスタートした「森昌子(祝)還暦コンサート」は12月まで全国120か所以上でツアー中。

撮影■佐藤敏和 取材・文■岡野誠

※週刊ポスト2019年4月12日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_cb293cb5ba39_レモンサワー市場が過熱 ハイボール客をめぐる駆け引きも cb293cb5ba39 cb293cb5ba39 レモンサワー市場が過熱 ハイボール客をめぐる駆け引きも oa-newspostseven 0

レモンサワー市場が過熱 ハイボール客をめぐる駆け引きも

2019年4月2日 07:00 NEWSポストセブン

 近年、若者を中心に人気のレモンサワー。居酒屋でもレモン果実を贅沢に使った“進化系レモンサワー”を名物にする店が増えている。一方、市販の缶チューハイ市場でもレモンサワーを強化する動きが活発で、「ポストハイボール」への期待が高まっているが、果たしてその勢いはどこまで続くのか──。経済ジャーナリストの河野圭祐氏がレポートする。

 * * *
 4月2日、サッポロビールから新しいレモンサワー、「レモン・ザ・リッチ」(3種類)が発売される。同社からは「キレートレモンサワー」という商品も出ているが、若年世代を中心にレモンサワー人気が高まっていることから、さらに需要を取り込もうというわけだ。サッポロの高島英也社長はこう語っている。

「外食市場でレモンサワーが本当にブームです。最大の理由は食中酒になること。いろいろなものを食べながら、レモンサワーだったらスッとイケる。また、缶チューハイでもレモンフレーバーは人気で、(スーパーなどで)やっぱり皆さん手に取られています」

 サッポロのニュースリリースには、〈外食業界では「ポストハイボールはレモンサワー」と言われ、さらにこだわり系、濃いレモン系などの「進化系レモンサワー」にトレンドはシフトしており、家庭用でも「進化系レモンサワー」の需要を創出する〉とある。

「レモン・ザ・リッチ」のこだわりは、レモン果汁にレモンの果皮、レモンオイル、レモンパルプを加えた果汁を使用したことにあるという。開発したのは、飲料メーカーのポッカサッポロフード&ビバレッジ。2013年にポッカとサッポロ飲料が経営統合して誕生した会社だが、ポッカといえば、代名詞にもなっている「ポッカレモン」がある。

「そこで我々にしかできないことをやろうということで、ポッカサッポロが持っているレモンの特徴的なノウハウを、この缶商品に詰め込みトライしてみました」(高島社長)


 3種類の「レモン・ザ・リッチ」はすべてアルコール分は5%で、「濃い味ドライレモン」「濃い味レモン」「濃い味ビターレモン」。3種類のレモンサワーといえば昨年5月、日本コカ・コーラが九州エリア限定で出した、「檸檬堂」の「定番レモン」(アルコール度数5%)、「塩レモン」(同7%)、「はちみつレモン」(同3%)が思い出される。

「私も『檸檬堂』の商品は飲んでみましたが、缶のパッケージデザインがカッコいいし、かわいい。将来、どう全国展開に持っていくのか、興味があります」

 昨年、高島氏はこう語っていたが、もともと日本コカ・コーラは広告宣伝やマーケティングの巧みさで定評がある。「檸檬堂」の出荷数量は計画比の2倍とも言われ、今年1月にはアルコールプロジェクト統括部も発足。

 さらに2月には、やはり九州限定ながら「檸檬堂」の4つ目の商品となる「鬼レモン」(アルコール度数9%)も投入している。いつ九州以外のエリアにも展開を広げるのか、気になるところだ。

 一方、伸長を続ける缶チューハイ市場で、「氷結」擁するキリンビールに対し、「-196℃ストロングゼロ」を主力にキリンと2強を形成するサントリースピリッツも、レモンサワー市場を深掘りしている。

「-196℃ストロングゼロ」も3種類あり、「ダブルレモン」は、果実の浸漬酒と果汁をダブルで使用し、アルコール度数高めの飲みごたえと、しっかりとしたレモンの果実感が特長だ。

 また、「ビターレモン」は、ほろ苦さを引き出したレモンピール(果皮)浸漬酒とレモンまるごとの浸漬酒を使用し、レモン果皮本来のほろ苦さが楽しめる、甘くないすっきりとした味わいが特長。「瞬間レモン」は、たっぷりの浸漬酒(ダブルレモン比1.2倍)に果汁を加え、ガス圧を強めに設定し、1口目から瞬時に広がる果実の香味と爽快な炭酸の刺激が特長、というのがサントリー側の説明だ。


 さらに昨年2月、「こだわり酒場のレモンサワーの素」という濃縮タイプの瓶商品を売り出したところ、想定以上にヒット。これを受けて今年は、3月5日から缶商品で「こだわり酒場のレモンサワー」(アルコール度数は7%)も投入した。レモンをまるごと漬け込んだ浸漬酒と、複数の原料酒をブレンドし、レモンの味わいとお酒の旨みがしっかり感じられる中味が特長だとしている。

「初動としては好調なスタートを切っており、お客様の評判も上々。缶には手軽さ、瓶には自分好みの濃さでお楽しみいただけるなど、それぞれのメリットがある。レモンチューハイとレモンサワーは、特に違いはないと考えており、商品特性に応じて商品のネーミングとして使い分けています。

 当社も多くのレモンフレーバーチューハイを発売しており、商品間の多少のカニバリはあるかもしれませんが、お客様がレモンサワーに求める価値は多様化しており、それぞれのニーズにあった商品を投入することで、市場はさらに活性化できると考えています」(サントリーホールディングス広報部)

「こだわり酒場のレモンサワー」についてのエクステンション(味わいやアルコール度数の多様化)も「様々な可能性を検討している」(同)というから、販売が拡大すればあり得そうだ。

 レモンサワー市場はここ数年大きく伸長し、昨年は家庭用市場で1割強、業務用市場で約2割、前年比で伸長した推定されるが、サントリーでは「ただし、ハイボールはブームではなく、定番の飲み方として定着していると考えており、レモンサワーをポストハイボールとは捉えていない」(同)と言う。

 この点はハイボール王国のサントリーと、レモンサワーにポストハイボールを期待するサッポロとでは、思惑に温度差がある。

 今年、レモンサワー商品の強化に乗り出したサントリーとサッポロ、新商品を追加したコカ・コーラ陣営と話題が増える中、レモンサワー市場の陣取り合戦は、さらにヒートアップしそうだ。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_9a7834c0d4c9_見るも無残な姿になりがち…ほうれん草の正しい茹で方とは 9a7834c0d4c9 9a7834c0d4c9 見るも無残な姿になりがち…ほうれん草の正しい茹で方とは oa-newspostseven 0

見るも無残な姿になりがち…ほうれん草の正しい茹で方とは

2019年4月1日 16:00 NEWSポストセブン

 ばぁばこと、現役最高齢94才の日本料理研究家鈴木登紀子さん。栄養豊富なほうれん草の正しい調理の仕方とは? 次の世代に正しく伝えたい、ほうれん草の調理方法を聞いた。

 * * *
 ひと雨ごとに春が加速し、風が軽やかになる季節、スーパーの野菜売り場も春爛漫。元気な春野菜を見ると、つい買いすぎてしまいますわね。

 本来の旬は真冬ですが、今では一年中出回っているほうれん草も、まだまだやわらかくてお買い得。みなさんも「ほうれん草のおひたし」はよくお作りになるかもしれません。

 ただ、ほうれん草をゆがいて、しょうゆと削りぶしをかけただけでは「おひたし」にならないのよ。おだしに浸してはじめて“おひたし”と名乗ることができるのです。それから、そもそも肝心なのが、ほうれん草のゆで方です。

 根を落として、1把丸ごと熱湯に入れて沸騰するまで待ち、ざるにジャーッと空ける…なんてことはゆめゆめなさらないように。そんなことをしたら、お湯の温度が急激に下がり、ふたたび煮立ちを待つ間にほうれん草はクタクタ、どんどんアクが出て、見るも無残な姿になります。

 青菜はすべからず、シャキシャキとした歯ざわりが身上です。

 ほうれん草は2株ずつ小分けにし、塩をひとつまみ落とした熱湯に、ほうれん草を根元から入れます。煮立ってきたら菜箸で裏返し、次に煮立ったところで冷水にとってアクを除きます。

 しっかりと水気を絞り、ひと口で食べられる長さに切り揃えます。そしておだしに浸します。あるいは、黒ごまを擂ってほうれん草にまぶした「ごまよごし」もおすすめです。質のよいごまを用意なさると、味わいも格上げします。

 春の日、ごまを擂り鉢でスリスリとあたる平和な時間がばぁばは好き。よい香りを放ちながら、ごまがなじむ音を楽しむのも乙なものです。


◆ほうれん草の茹で方


【1】ほうれん草1把(約200g)は、水洗いをして包丁で根の先端を切り、十文字の切り込みを入れる。

【2】鍋にたっぷりの湯を沸かして塩少量を加え、ほうれん草を2株(茎が細ければ3株)ずつ根元から入れて、一度返してすぐに冷水に放す。

【3】水の中で振り洗いをし、水気をよく絞る。残りの株も同様にゆでる。

◆ほうれん草のおひたし


【1】バットにだし汁1カップ、酒大さじ2分の1、薄口しょうゆ大さじ1と2分の1、塩少量を入れる。

【2】2~3cmの長さに切ったほうれん草を浸し、冷蔵庫で30分ほど冷やす。

【3】器に盛り、糸がき(焼きのりをちぎったものでも可)をたっぷりとのせる。

◆ほうれん草のごまよごし


【1】2~3cmの長さに切ったほうれん草にしょうゆ小さじ1を振り、さっと混ぜて絞っておく。

【2】すり鉢でよく擂った黒ごま大さじ3、砂糖大さじ1と2分の1、酒大さじ2分の1、しょうゆ小さじ2を合わせ、ほうれん草を加えて和える。

撮影/近藤篤

※女性セブン2019年4月11日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_540f3f57122f_馬券売り場や地下鉄で ロックな目撃情報多かった内田裕也さん 540f3f57122f 540f3f57122f 馬券売り場や地下鉄で ロックな目撃情報多かった内田裕也さん oa-newspostseven 0

馬券売り場や地下鉄で ロックな目撃情報多かった内田裕也さん

2019年4月1日 16:00 NEWSポストセブン

 3月17日に肺炎のため亡くなったロック歌手の内田裕也さん(享年79)。ロック界の大物として、近寄りがたい雰囲気を醸し出していた一方で、ネット上では愛される存在でもあった。

 今回の訃報についても、ネット上では世代を超えてたくさんの反応があった。

「内田裕也さんの様な破天荒な人はもう出てこないだろうな」

「嘘だろ内田裕也さん亡くなったのか…。 希林さんとあっちでロックに過ごしてるんかな今頃」

 などと、多くのネットユーザーたちが、内田さんの死を悼んでいる。また、

「選挙に出た時の『パワートゥーザピーポ〜』はロックだった。ロックンローラーなんてそれでいいんだよ」

「内田裕也さんの政見放送すごいな。 映画のワンシーンみたい」

 と、1991年に出馬した東京都知事選の政見放送に関する声も多かった。内田さんは6分弱の政見放送の中で、ジョン・レノンの『Power to the People』と、頭脳警察の『コミック雑誌なんかいらない!』を歌い、さらには英語で主張を述べており、そのあまりにも“ロック”な姿が伝説となっているのだ。

 そんな内田さんだが、ネット上ではさまざまな目撃情報が投稿されている。その一部を紹介すると…。

「内田裕也…ずいぶん昔に三軒茶屋に住んでいた頃、太子堂にあったセブンイレブンで目撃した。新聞買って店員にサンキューって言ってた。R.I.P」

「実際に内田裕也さんと何度も銀座の場外馬券で目撃、しかも地下鉄乗ってたのが印象」

「内田裕也氏は銀座のWINSで数度馬券買っているのを目撃して、あのままなんだな!と認識したことがある」

「内田裕也、赤坂の虎屋の前でテレビのまんまのいでたちで杖かざしてタクシー呼び止めてたよ、、軽く感動した」

「10年ほど前、仕事帰りで地下鉄に乗ったら自分の隣に内田裕也さんがあのまんまの格好で立ってて超ビックリした事がある」

 コンビニで新聞を買っていたり、場外馬券場で馬券を買っていたり、地下鉄に乗っていたりと、ロック界の大物でも、ごくごく普通な生活を送っていたようだ。


 また、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏もツイッターに、

「内田裕也の自宅近くに事務所借りてるが、タクシーを待っていたら突然彼が割り込んで堂々と手を挙げる。高齢というのもあるが、『こりゃ譲らんといかん』と思わせる妙な敬意を抱く気持ちと清々しい傍若無人さがあった。あとコンビニで店員が1000円札で釣りを出したら『5000円札はないのか!』とキレてた」

 と、自身の目撃談を投稿。ちょっと古い話だが、『週刊ポスト』2011年6月3日号では、プロインタビュアーの吉田豪氏が、

「僕の知ってる人妻が裕也さんにナンパされたんですよ。モデルをやってた子で美人なんですけど、青山を歩いてたら、裕也さんが声をかけてきて。『彼女、乗ってかない』っていって、声がする方向を見たら、裕也さんで、タクシーに乗ってたんですよね(笑)。自分の車じゃねえんだって。タクシーの相乗りですよ、ただの(笑)。いいですよね、この自由な感じは」

 と、とっておきの内田裕也伝説を明かしている。いずれも、どこかユーモラスで人間臭いエピソードばかりなのだ。

 エキセントリックな言動も多く、一見するとちょっと怖そうだが、私生活では親しみやすい一面を持っていた内田さん。自然とにじみ出てくるそういった部分が、最後まで多くの人に愛され続けた理由なのかもしれない。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_8798a0ea2ab7_のどの渇き、しびれ、肩こり、かゆみ 各症状が示す重病の兆候 8798a0ea2ab7 8798a0ea2ab7 のどの渇き、しびれ、肩こり、かゆみ 各症状が示す重病の兆候 oa-newspostseven 0

のどの渇き、しびれ、肩こり、かゆみ 各症状が示す重病の兆候

2019年4月1日 16:00 NEWSポストセブン

 なんとなく感じている体の不調が、実は大きな病気の兆候だったということも珍しくない。そういった兆候を知っていれば、早い段階で病院に行き、適切な処置を受け、根治する可能性も高まるはず。そこで、大きな病気の可能性がある症状を紹介する。

■のどの異常な渇き


考えられる病気→糖尿病

「高血糖になると多尿により、体から水分が失われてしまう。その結果、脱水症状になりのどが渇く」(医療ジャーナリストの市川純子さん)

■体のしびれ


考えられる病気→糖尿病、脳梗塞、がん

「手や口のまわりの片側がしびれるのは脳梗塞の可能性が。のどの渇きに加えて足の裏が強くしびれるのは、糖尿病の兆候」(福島医科大学会津医療センターの総合診療医・山中克郎さん)

「急にしびれる、しびれが原因で動作に支障が出るなどが、診断を受けるかどうかの分かれ目」(洛和会丸太町病院救急・総合診療科部長の上田剛士さん)

■肩こり


考えられる病気→狭心症

「左肩のこりに加え、奥歯の痛みやのどの締め付けなど、あごまわりの違和感が兆候であることが多い」(小倉記念病院循環器内科主任部長の安藤献児さん)

■体のかゆみ


考えられる病気→糖尿病、腎機能の低下

「皮膚が乾燥しやすくなり、かゆみに過敏になることがある」(市川さん)

■体のむくみ


考えられる病気→心不全、腎不全、肝硬変、深部静脈血栓症

「臓器の機能が低下すると全身に水がたまり、むくみやすくなる。脚が急にむくんだ時も要注意。深部静脈血栓症の可能性があり、放置すると肺塞栓になる恐れも」(山中さん)

■顔のほてり


考えられる病気→脳出血

「更年期の症状である“ホットフラッシュ”と似ているが、ほてりに加えて血圧が大きく上昇したら注意が必要」(安藤さん)

■吐き気


考えられる病気→胆石

「更年期の症状だと思って10年放置した結果、胃に激痛が走って緊急搬送された経験が」(市川さん)


※女性セブン2019年4月11日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_4f220214ea06_大阪、福岡、島根知事選の見所 二階vs菅・“麻生包囲網”等 4f220214ea06 4f220214ea06 大阪、福岡、島根知事選の見所 二階vs菅・“麻生包囲網”等 oa-newspostseven 0

大阪、福岡、島根知事選の見所 二階vs菅・“麻生包囲網”等

2019年4月1日 16:00 NEWSポストセブン

“大阪の陣”“福岡の乱”“島根の変”──統一地方選(前半は4月7日、後半は4月21日投開票)の中でも、とくに「勝敗が中央政界に直結する」(自民党選対幹部)と見られているのが、大阪、福岡、島根での3つの知事選だ。

 万博を控えた大阪市長選と府知事選のクロス選挙は、大阪維新の会と自民党大阪府連が激突。大阪の選挙で維新にやられっぱなしの自民党は二階俊博・幹事長が自ら陣頭指揮を執る。

「わかっているよ。バカヤロ~」

 告示日の3月21日、大阪で街頭演説に立った二階氏は、予定時間を過ぎて演説を止めようとしたスタッフをそう叱責して「ワケのわからん人を大阪の代表にしてはダメだ」と維新を批判するなど並々ならぬ力の入れ方だった。


「維新のバックに“影の総理”と呼ばれる実力者、菅義偉・官房長官がいることは党内周知のこと。二階氏にすれば、勝って維新を弱体化させ、中央では菅さんの力を削ごうとしている」(前出・自民党幹部)

 二階vs菅の代理戦争と化しているという指摘である。


「これは造反だ」

 福岡県知事選でそう苛立ちを露わにしたのが麻生太郎・副総理だ。麻生氏は県連の反対を押し切って知事選に新人候補を擁立、安倍首相に「推薦をもらえないなら副総理を辞める」と談判して自民党推薦を取り付けたとされる。

 ところが、選挙戦では二階派議員が現職知事を応援して麻生vs二階の代理戦争となっているうえ、古賀誠・元幹事長、山崎拓・元副総裁という福岡出身の自民党大物OBたちが現職支持に回って“麻生包囲網”が敷かれた。

「安倍晋三ですら(2012年総裁選で)3番と言われ、1番になった。すべてのマスコミの調査が間違っていた。それが選挙だ」

 窮地の麻生氏は現職優位の報道にそう反論しているが、結果次第では党内の批判が噴出して副総理の座も危うくなりかねない。

 島根県知事選も、選挙後に中央の政局に深刻な影響が出る。島根は「竹下王国」と呼ばれ、故・竹下登元首相が築いた地盤を実弟の竹下亘・前総務会長が継いだ。

 だが、今回の知事選ではその竹下氏が擁立した候補を不服として、竹下系県議18人のうち14人が「地元のことはわれわれが決める」と別の候補を担ぎ出し、「地方議員の反乱」で竹下王国は崩壊の危機にある。

 そのことが竹下派に衝撃を与え、派閥分裂を呼び込む可能性が出てきたのだ。同派若手議員がこう心配する。

「竹下会長は知事候補を擁立した後、食道がんで入院し、派閥の運営は幹部の集団指導体制で行なっている。島根で負ければ会長の求心力は下がり、そのうえ入院が長期化すれば後継者問題が浮上する。派閥分裂という事態だけは避けてほしい」

 竹下派には会長代行の茂木敏充・経済再生相、安倍側近の加藤勝信・総務会長、竹下氏が「将来の総裁候補に育てる」と肩入れする小渕優子氏という3人の後継者候補がいる。跡目争いが激化すれば、ポスト安倍をにらんで派閥拡大路線をとる他派が介入して自民党大乱の引き金になる。

 統一地方選で各地に上がった自民党内の紛争の火の手は、夏の参院選とその後の“政変”を見据えたいわば前哨戦で、これから本番を迎える。

※週刊ポスト2019年4月12日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_bf71a19bea6c_◆佳子さま「姉の結婚延期へのコメント」が波紋…… bf71a19bea6c bf71a19bea6c ◆佳子さま「姉の結婚延期へのコメント」が波紋…… oa-newspostseven 0

◆佳子さま「姉の結婚延期へのコメント」が波紋……

2019年4月1日 16:00 NEWSポストセブン

 佳子さまが公表された文書が波紋を広げています。その内容は《結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています》というもの。

 眞子さまの結婚について現時点では「納采の儀は行えない」と明言された秋篠宮さま。佳子さまはそれに対して真っ向から反対される立場を明らかにした形となりました。

 新元号が発表されますが、結婚問題については進展がないようです。

【キャスター】
●渡邉早紀(わたなべさき)

外部リンク