cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_5a08ui0ebpub_◆みちょぱと交際の大倉士門、彼女の名前に頼らぬための努力 5a08ui0ebpub 5a08ui0ebpub ◆みちょぱと交際の大倉士門、彼女の名前に頼らぬための努力 oa-newspostseven 0

◆みちょぱと交際の大倉士門、彼女の名前に頼らぬための努力

2021年4月4日 07:04 NEWSポストセブン

 熱愛が報じられ、交際をあっさり認めたみちょぱこと池田美優さんと大倉士門さん。しかし、池田さんがモデルのみならず、お茶の間の人気者になっていくにつれ、大倉さんは悩んだこともあったそうです。

 芸能関係者によると「公にすれば『みちょぱの彼氏』と呼ばれてしまうかもしれない。大倉さんはかつて、雑誌の『好きな男の子モデルアンケート』で1位を獲得したこともあるだけにプライドもあったはず。

 彼は彼女の名前に頼ることなく再ブレイクを果たすために努力してきた」とのこと。今後の大倉さんの活躍にも期待です!

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_gl7g0sjgmlk5_◆コロナ禍で「カラオケ飲み会」に興じる大学生たちの言い分 gl7g0sjgmlk5 gl7g0sjgmlk5 ◆コロナ禍で「カラオケ飲み会」に興じる大学生たちの言い分 oa-newspostseven 0

◆コロナ禍で「カラオケ飲み会」に興じる大学生たちの言い分

2021年4月4日 06:10 NEWSポストセブン

 新型コロナの感染経路としてたびたび報道されるカラオケ店。首都圏に先立ち緊急事態宣言を解除した大阪では、カラオケ店に集まる若者でにぎわっています。

 緊急事態宣言中もカラオケに通っていたという大阪在住の男子学生は「サークルのメンバーや学科のメンバーとの集まりはもっぱらカラオケでした。大学で会えない分、友人と会える貴重な場」とコメント。

 不安はないのか尋ねると「ミナミやキタでは、おじさんたちが飲み屋でマスクせず、飲み食いしています。カラオケと若者を結びつけて『悪』だという風潮はどうかと思います」とコメントしています。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_4qlgs3gpcyiy_「日本一美しいカラダ」奥山かずさ 肉体から放たれる光と艶 4qlgs3gpcyiy 4qlgs3gpcyiy 「日本一美しいカラダ」奥山かずさ 肉体から放たれる光と艶 oa-newspostseven 0

「日本一美しいカラダ」奥山かずさ 肉体から放たれる光と艶

2021年4月3日 19:05 NEWSポストセブン

 これほどグラビアを愛する女優がいるだろうか。奥山かずさはドラマや映画という映像の世界で重要な役を任されるほどの評価を得ても、グラビアという写真の世界でエロスを表現することをやめようとしない。


 今回の撮影でも、初めて相対する写真家とのセッションを心から楽しんでいた。


「日本一美しいカラダ」と称される肉体から放たれる光と艶は、“グラビア求道者”奥山かずさの本領発揮である。


【プロフィール】
奥山かずさ(おくやま・かずさ)/1994年3月10日生まれ、青森県出身。身長164cm、B83・W59・H86。オスカープロモーション所属。2016年に「第1回ミス美しい20代コンテスト」で準グランプリに選出。2018年に『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でパトレン3号/明神つかさ役を演じて人気を博す。4月24日スタートのドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系、土曜23時~)に相沢千夏役でレギュラー出演する。

撮影/桑島智輝

※週刊ポスト2021年4月9日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_1p4spq2vxo62_個人年金保険、iDeCo活用後に検討したい「つみたてNISA」の魅力 1p4spq2vxo62 1p4spq2vxo62 個人年金保険、iDeCo活用後に検討したい「つみたてNISA」の魅力 oa-newspostseven 0

個人年金保険、iDeCo活用後に検討したい「つみたてNISA」の魅力

2021年4月3日 19:05 NEWSポストセブン

 老後資産を増やすための有力な選択肢となるのが、「個人年金保険」「iDeCo」「つみたてNISA」の3つ。個人年金保険、iDeCoを活用してまだ余力があれば、検討したい……という位置づけでもあるのが、つみたてNISAだ。

「金融庁が指定した投資信託やETFなど、およそ200本の商品のなかから投資先を選び、毎月一定金額を積み立てていきます」(ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏)


 対象者に制限はないが、運用期間は最長20年までと決まっていて、投資上限は年間最大40万円までとなっている。

「最大のメリットは運用益に税金がかからないことです。また積み立てたお金はいつでも引き出せて、運用管理費がかからないことも利点です。ただし、個人年金保険やiDeCoと違って、拠出した掛け金への所得控除はありません」(丸山氏)


 つみたてNISA長期運用が基本となり、“複利効果”によって利益が増えていく。毎月1万円ずつ投資して、年5%の利回りが20年間連続して得られれば、元本240万円が満期時には約405万円となる。約165万円の利益はすべて非課税となる。

「もちろん、投資だから元本割れのリスクはあります。ただ、定額の積み立て投資のいいところは、商品が上がった時に買える量が少なくなり、下がった時には多く買えること。高値で掴むことがなく、値上がりした時に恩恵を受けやすい。教育資金や住宅ローン返済が終わった50代から始めてもいいが、なるべく長くやることが、リスク回避につながると考えてください」(丸山氏)


 リスクをコントロールしながら税制優遇ルールを活用すれば、「株価乱高下&定年消滅」時代の強い味方になる。

※週刊ポスト2021年4月9日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_umyr7hmquj2z_“埼玉貧乳説”を覆すG乳グラドル・桜田愛音の芸術的ボディ umyr7hmquj2z umyr7hmquj2z “埼玉貧乳説”を覆すG乳グラドル・桜田愛音の芸術的ボディ oa-newspostseven 0

“埼玉貧乳説”を覆すG乳グラドル・桜田愛音の芸術的ボディ

2021年4月3日 16:05 NEWSポストセブン

 グラビアアイドルの桜田愛音(さくらだ あのん・19才)が、最新イメージDVD『Cherry』(ラインコミュニケーションズ)をリリースした。

 本作では“クラスのマドンナ”に扮し、フレッシュな魅力を振りまく桜田。ナチュラルな髪色とあどけない表情も手伝って、どのシーンもみずみずしく映っている。

 そんななかでも注目すべきは、桜田のボディだろう。身長158cm、B88・W55・H88。スレンダーボディとは裏腹に、ボリュームたっぷりのGカップパストがインパクト抜群。


 赤やベージュ、ブルー、ギンガムチェックなど、どんなに可愛らしい色や柄のビキニを着ても、一番に目に飛び込んでくるのは桜田のバストだ。引き締まった腕やウエストとのコントラストも見事で、あまりのスキのなさに釘付けになってしまう。


 桜田は、2019年にグラビアデビュー。翌年からは『週刊プレイボーイ』や『週刊ヤングジャンプ』などでたびたびグラビアを飾り、注目を集めていた。出身が埼玉県であることから、「“埼玉貧乳説”を覆すGカップグラドル」とも言われている。

 桜の季節に発売された桜田の最新作『Cherry』に、あなたも癒やされてみては?

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_dm8tagcmovxh_天理の193センチ右腕・達孝太は怪物の卵 「高卒メジャー」への階段 dm8tagcmovxh dm8tagcmovxh 天理の193センチ右腕・達孝太は怪物の卵 「高卒メジャー」への階段 oa-newspostseven 0

天理の193センチ右腕・達孝太は怪物の卵 「高卒メジャー」への階段

2021年4月3日 16:05 NEWSポストセブン

 1週間で500球という球数制限が導入された今年のセンバツを象徴する投手が、奈良・天理高校の達孝太だった。

 この193センチ右腕は初戦の宮崎商業戦(3月20日)で161球、2回戦の高崎健康福祉大高崎戦(3月25日)で134球、そして中3日が空いた準々決勝の仙台育英戦(3月29日)で164球を投じていた。

 一定の登板間隔はあり、球数制限に抵触するわけでもなかったが、1試合あたりの球数が多かったことでこのまま投げさせ続けるのかという空気が甲子園を包み込んでいた。

 同じように連投が続いた中京大中京(愛知)の畔柳亨丞(くろやなぎ・きょうすけ)と共に、紫紺の大旗の行方よりもドラフト上位候補ふたりの登板可否に話題が集中していた。


 そして迎えた3月31日の準決勝・東海大相模(神奈川)戦──。

 投げようと思えば投げられた、と達は振り返った。球数制限や前々日に負った左脇腹のケガに関係なく、無理をすれば準決勝のマウンドに上がることも可能だった。

 でも、投げなかった。

「今だけを見るならぜんぜん投げられるんですけど、1日でも長く野球をすることを考えれば、今日は投げるべきじゃない。メジャーリーガーという目標があるので、そこに行くために今無理して故障しても全く意味がない。(先発回避は)監督と相談して決めました」

 中村良二監督も、この日は登板させる気は微塵もなく、その理由を「脇腹は(こじらせると)やっかいで、将来のある選手ですから」と語った。

 メジャーリーガーになる──達からその夢を聞いたのは、2年前の秋だ。高校1年生の大言は、なんとも清々しく、記者の心にも心地よく響いた。

「将来は、メジャーしか考えていません。できれば高校卒業後、すぐに」

 無名の高校1年生が、高卒メジャーの夢を語るとは、時代も大きく変わったと思ったものだ。その日、達は秋季近畿大会の決勝・大阪桐蔭戦に先発。入学以来、公式戦の登板実績はほとんどなく、先発も初めて。192センチ(当時)の達は、高校野球で一時代を築く大阪桐蔭を相手に8回4失点と好投し、天理にとって5年ぶりとなる近畿制覇の立役者となった。


 彼にプロフィールを訊ねて驚いたのは誕生日だった。2004年3月27日。つまりあと数日、誕生が遅れていたら、1学年下となる早生まれだ。高校生ぐらいまでなら、早生まれの子は同級生にあらゆる面で後れを取りがちで、それがスポーツならなおさらだろう。プロ野球の歴史を振り返っても、早生まれの選手が少ないことは周知だ。

“ほぼ中学生3年生”という状態で、マッチ棒のようにひょろひょろの体でも当時、140キロに迫る直球を投げ、加えて手先を起用に使って多種の変化球を投じるところもまた、これから月日(トレーニング)を重ねていけば“怪物”に化けていく無限の可能性が感じられた。

 父・等さん(44)の身長は173センチで、母・るみさん(44)も162センチと、さほど大きくはない。

「私も家内も、父親が大きいんです。孝太の身長は隔世遺伝だと思います(笑)」

 そう等さんは話す。他の子に後れをとらないよう、達が生まれた頃から食事にも気を遣い、カルシウムの摂取を目的に離乳食として煮干しをいったものをすり鉢ですりつぶし、おかゆに混ぜて食べさせたという。

「早生まれの影響が出ないように、家内がそのへんは工夫してやってくれました」

 等さんは大阪産業大附属高校の元高校球児で、卒業後は奈良産業大学に進学。社会人の「ドウシシャ」(軟式野球チーム)でプレーを続け、引退後は社業に従事しながら同チームの監督も6年務めた。

 長男(孝太)が野球を始めるのは自然の流れだったろう。

「小学校、中学校は楽しくのびのびやればいいと思っていました。本人は小学校の卒業文集に夢はメジャーリーガーと書いていましたけど、思いきり投げて、思いっきり走って。私が難しいことを言うことはありませんでした」

◆今は無理をする時じゃない


 中学時代には硬式野球の泉州南堺ボーイズに在籍しながら、等さんと親交のあるPL学園卒の元プロ野球選手・覚前昌也(元近鉄)の主宰する野球教室にも通わせた。その教室には、1歳上に結城海斗という投手がいた。体は達より小さくても、達より速いボールを投げる少年を、達は憧憬の目で眺めていた。そして、結城は中学卒業と同時に、海を渡ることを決心し、カンザスシティ・ロイヤルズと16歳という日本人として史上最年少でマイナー契約を結ぶ。結城と親しかった達は、プロセスは異なれど彼と同じようにアメリカの大地で野球をしたいという夢をより強く抱く。

 しかし、ボーイズでは控え投手に甘んじ、成長痛などもあって、思うようにプレーができなかった。

「中学3年生まで成長痛があって、常に『今は無理する時じゃない』と伝えていました。当時は無名でしたが、私から見ても、可能性がある子だと思っていましたね。私も高校時代には福留孝介がいたPL学園ともやりましたし、近畿大会では智弁和歌山とも戦った。奈良産業大学の後輩には山井大介(中日)がいましたから、プロになるような選手の身体能力みたいなところは私なりにわかっていたつもりです。まず、体が大きい。高い身長によって角度のついたボールが投げられるというのは、投手としてひとつの可能性だし、武器です。体もまだまだひょろひょろでしたから、高校に進学して、体が出来上がってきたら絶対に面白いピッチャーになると思っていました。試合で投げられなくても、後ろ向きな言葉はひとつもかけず、ミスしても怒ることはなかった。『マウンド上でふて腐れた表情をするな』と、マウンドでの表情だけは注意していました」

 今は無理する時じゃない──それは奇しくも、準決勝で敗退後、達が語った言葉である。野球経験者の父のアドバイスを受けて、成長しきっていない肉体で無理を重ねる危険性を達は中学時代から叩き込まれていた。

 それにしても、名門・天理に身を置く高校1年生が、高卒でアメリカに行くという夢を語ることはなかなかできることではない。

「昔から、人と同じことをやりたがらない子で、同年代の子と同じようなことを言うのも嫌がっていましたね。教育方針として、『思ったことは口にしなさい』とは伝えていました。目標にしても、手が届きそうな低い目標ではなく、高く持て、と。低い目標なら、それに準じた努力しかしない。目標が高ければ、結果としてワンランク下のレベルとなっても良い形に落ち着きますから」

 こうした父の指導は、「160キロを目標にしていたら158キロ程度にしか到達しない。だから163キロが目標です」と花巻東時代に話していた大谷翔平(現エンゼルス)の姿に重なる。

◆「ラプソード」の効果


 達は2年前から身長が1センチ伸び、球速もグンとアップした。昨夏には甲子園交流試合でも登板し、天理の大黒柱へと成長を遂げてきた。そんな息子に対し、等さんは投手の投じるボールの回転数や回転軸、変化の幅をトラッキングする機械「ラプソード」を買い与え、達は仲間と共に練習中に使っている。およそ80万円もする機械を高校生に買い与えることもなかなかできることではない。学校関係者や他の選手たちの目も気になるのではないか。

「そうですか? 今はAIの時代ですよね。仕事もAIが活用されますし、高校野球の現場で使うことに抵抗はありません。息子が欲しいというラプソードを、『個人で用意しますので部で活用していただけますか』と話をしたら、中村監督も快く承諾してくださいました。息子だけでなく、チームのみんながレベルアップしてくれたらそれでいいです」


 2回戦の健大高崎戦で最速を更新する148キロを記録し、2安打完封した達は、試合後、決め球に使うフォークボールと、カウントを整える時に使うフォークボールの違いを質問され、こう答えた。

「どちらも握りは同じ。カウントを整えるフォークは、カーブみたいに、上に抜く感じで投げます。イメージとしては(クレイトン・)カーショー(ドジャース)のカーブ。三振をとりにいくフォークは、シュート成分を少なく、落差を落として(著者註・よりストレートに近い軌道で、落差を小さくして)、ストレートに偽装させることを意識しています」

 ふつうの高校生が使わないような言葉を駆使して、変化球の彼なりの極意を口にする様は、「変化球投手」と自認するダルビッシュ有(パドレス)がダブった。


 準々決勝まで3試合で計459球を投じた達だが、登板を回避した準決勝でチームは東海大相模に敗れた。天理の一員として日本一は目指しつつ、甲子園はあくまで通過点だ。

「舞台が甲子園だからといって、自分にとっては普通の公式戦。自分のピッチングが思うようにできなかった。それが感想です」

 まだまだ肉体は成長段階にあり、「球数の多さ=制球面の不安」は露呈したとしても、それは高校3年生になる怪物の卵の“のびしろ”でもある。海の向こうへ続く夢の過程としては、またひとつ進化を遂げられた甲子園ではなかったか。

■取材・文/柳川悠二(ノンフィクションライター)、撮影/杉原照夫

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_dl6st7f3lzr5_「体操服の下の肌着禁止」不可解な校則はなぜつくられるか dl6st7f3lzr5 dl6st7f3lzr5 「体操服の下の肌着禁止」不可解な校則はなぜつくられるか oa-newspostseven 0

「体操服の下の肌着禁止」不可解な校則はなぜつくられるか

2021年4月3日 16:05 NEWSポストセブン

 男子は長髪禁止、女子はポニーテール禁止、下着の色は白、自転車通学時はジャージに限る、など理不尽な校則を体験して大人になった人は多いだろう。

 だが、この「校則」と呼ばれているものはほとんど、生徒手帳に文章で記載された校則に含まれていないことが分かってきた。しかし、なぜかその手の出典不明な「校則」は全国各地の学校ではびこっている。

 ライターの森鷹久氏が、なぜ謎ルールが制定され校則と同じ扱いで守られているのか、背景をさぐった。

 * * *
「体操服の下に肌着を着用してはいけない」など、独自の意味不明な規則がある一部学校の実態が、少し前に話題になった。テレビには取材に応じた当該学校に通う子の親が登場し、その理不尽さを訴え、学校側や教育委員会などに説明を求めたいと話す様子なども放送された。

 こうした問題が発覚すると、まず「悪者探し」が始まるのも常だが、規則を決めたはずの学校、そして教育委員会にその経緯を問うても、返ってくるのは要領を得ない、責任回避のような謝罪めいた言葉ばかり……。その無責任さに腹を立てた視聴者も少なくないだろうが、そこには学校側の知られざる苦悩、混乱があるようだ。

「私の学校にも、テレビや新聞で騒動を知った親御さんから何件か問い合わせが来ました。実はうちでも、体操服の下に肌着を着用してはいけない、という暗黙のルールがあったためです。さらにそのルールが女子生徒にしか課せられておらず、マスコミに知られたらまずいと、校長も教頭も慌てて対応していました」

 副島聡美さん(仮名・20代)は、千葉県内の公立中学校教諭。この騒動が起こるまで「肌着禁止」について、学校の内外から表立って指摘されたことはなく、改めて学校規則を見返してみても、そのような記にも見当たらなかったと話す。

「肌着禁止について、汗をかいたら冷えるからとか、体を鍛えるため、なんて回答をした学校もあるようですが、うちの学校で規則が制定された理由は一切わかりません。いつ誰が決めたのか、全く記録に残っていないんです。先生達が個別にクラス向けの配布プリントで『お願い』をしていたことはあったと思いますが」(副島さん)


 校則や規則ではないが「慣習」のようなものだったらしい。だからといって誰もが納得しているはずもなく、生徒や親から「なぜ」の声が上がらないわけでもなかった。しかし、謎ルールは受け継がれた。

「先生によって回答はまちまちですが、下着が透けて見えると良くないとか、寒さに耐える意味もある、と説明している方(先生)がいたのは知っています。それでも親御さんや生徒から重ねてのクレームが入ったこともなかったはずです。私は正直、ずっと違和感がありました」(副島さん)

 変だったが言い出せなかったという副島さんはまだ20代。自身もまた、幼少期に同様の指導を受けて育っている。副島さんの勤務先にほど近い、同じ千葉県公立中の元教頭・佐藤勇二さん(仮名・60代)は、今更問題になるとは、と若干驚きつつも「慣習」について次のように述べる。

「校則はどの中学だって変わりません、公立ですから。肌着の件のような決まりは、個別の理由によって、その時々の先生方が決めた『方針』のようなもの。決まりではありませんが、要請によって『では、こうしていこう』といった具合で合意した、程度のもの」(佐藤さん)


 実際、佐藤さんがこれまで赴任した中学でも、こうした「方針」……というより「ローカルルール」が多く存在し、ルールが成立する瞬間もみてきたという。

「靴は全員同じで白い指定のズック(靴)、女生徒の靴下は白で一段折る、自転車に乗る場合『一文字』ハンドルでなくてはダメ……なんてのは変だなあと思いつつも、守るよう指導はしていましたね。今でも、中学生が校内で過ごす際は体操服に着替える、なんてもの(ルール)は残っているでしょう」(佐藤さん)

 文言で見ると不可思議なローカルルールだが、それぞれにそれなりの「制定された理由」もあると説明する。

「靴を自由にするとそこに貧富の差が出る、という親御さんからの申し入れですね。自転車は、カマキリ型ハンドルの自転車は素行不良の生徒が乗るもの、とされていたから。体操服に着替えるのは、毎日制服だと洗濯の手間などがあり、親御さんに負担がかかるから。靴下はなんだったかな、ちょっと思い出せない」(佐藤さん)

 一見するとまともにも思える理由が並ぶが、問題は佐藤さんが受けた「要請」の主が誰か、ということだ。

「それはもう親御さんに決まっています。あれはおかしいこれはおかしいと指摘され、話し合いでどうにかなるならいいです。でも、大人数で来られたり、ものすごく何度も何度も、根気強く要請されれば、学校側としても、特例という形で受け入れるしかないでしょう。我々が理解できないにしても、子供は地域で育てるべきだからということで、そうやって方針は決まっていきます」(佐藤さん)

 佐藤さんは言葉を慎重に選んでいるが、保護書からの強い要請、ほとんどクレームのような圧力があるから、不可思議なローカルルールが次々に成立していった、ということだろう。さらに悪いことに、そのような経緯で決定された方針やローカルルールは、時限立法的なものではない。この点については、佐藤さんも流石にバツが悪そうに続ける。

「いってしまえば、うるさい親御さんがいるから、その場凌ぎでルールを作る。その子達だけを特別扱いできないので、学校全体の方針になる。ルールを作った先生達は、ルールができた経緯なんて苦々しい話を後輩にせず、何年かすると移動しますよ。何年後かには、誰がなんのために作ったかわからないルールだけが残って、生徒も先生も困るんです。それがまさに今起こっているんですね。申し訳ない気持ちでいっぱいです」(佐藤さん)

 時代が変わり、教育が変わり、親や子供との関係性も変わっていく中で、過去の教師や親達が生み出した無責任な「置き土産」が今なお残滓として現場に影響を及ぼしているのなら、これほど馬鹿らしいことはない。

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_iaimyc14ww8q_ドン小西氏、弘兼憲史氏らが実践する「人生のダウンサイジング」 iaimyc14ww8q iaimyc14ww8q ドン小西氏、弘兼憲史氏らが実践する「人生のダウンサイジング」 oa-newspostseven 0

ドン小西氏、弘兼憲史氏らが実践する「人生のダウンサイジング」

2021年4月3日 16:05 NEWSポストセブン

 ファッションデザイナーのドン小西氏(70)は現在、仕事のダウンサイジングを実践中だ。一時は200人の従業員を抱えていたが、2018年に4つあった会社を1つにした。

「事務所を構えて人を雇うというのは、50代の頃は頑張れたけど、年齢に応じて背負うものは違ってくる。毎日会社に顔を出して従業員に気を配っていると、人生の最後を飾ろうとする自分としては違うなと思った。

 4つの会社を持って頑張れば年間10億は稼げたと思うよ。しかしもうお金ではないんだよね。そりゃ僕だって一時期は何億稼げるんだろうと思いながら仕事していた頃もあったけど、虚しかったよ。今はとにかく量より質。本当にやりたいと思う仕事だけに専念している」

 会社を1つにしたことで、10枚持ち歩いていたクレジットカードは2枚になったという。

「スリム化したことで会社の経費も5分の1になった。そうなると心にも余裕ができて、税金も“社会貢献だ”と思えるようになってセコい節税もしなくなった。本当にカッコイイ大人は、“足し算”じゃなくて“引き算”なんだよ」

◆連絡先を消去


 ドン小西氏は仕事と同時に、人間関係もダウンサイジングしている。

「アドレス帳の登録も5万人近くあったのを280人ぐらいに厳選した。先日、LINEの連絡先も200件くらい消しました。面白いことに、薄い付き合いの連絡先を消去したら、LINEのスタンプも使わなくなった。スタンプって社交辞令で適当に返事する時に便利なものでしょう。濃い付き合いの人だけに人間関係を厳選したら、スタンプではなく、ちゃんと文章で返すようになったんだよ(笑い)」


 漫画家の弘兼憲史氏(73)は、5年前に著書『弘兼流 60歳からの手ぶら人生』で「弘兼憲史、身辺整理始めました」と宣言した。弘兼氏が語る。

「60歳まで生きてきたら誰しもいろんなものを抱えている。残りの人生を大きな荷物を抱え込んだまま過ごすよりも、手ぶらで身軽に生きたほうがいいと私は思うのです」

 そうして整理するものの中には「人間関係」も含まれると言う。

「この年代になると、友人やその家族が亡くなったり、友人のお子さんが結婚したりと、冠婚葬祭がどんどん増えます。顔が広い人は、そう親しくない人にも時間やお金を消費することになる。60歳からは表面だけの付き合いの友人は減らしたほうがいいでしょう。

 家族関係も同じで、子供たちが成人したら、家族一丸でいる必要はない。今の時代、親が子や孫のためにお金を残す必要もないですし、人生の後半はそうした“家族のしがらみ”を捨てて、迷惑をかけない範囲で自分が生きたいように生きる。必要のないものはどんどん捨てていったほうが身軽で動きやすくなりますし、人生が楽しくなりますよ」


 著書に『明日死んでもいいための44のレッスン』などがある作家の下重暁子氏(84)は、シンプルな生活にこそ、幸せを感じると話す。

「世の中にはものが溢れていて、テレビなどでの評判に惑わされて、何でも欲しくなったりする。だけど、それは本当に自分が欲しいものではないの。世間に動かされて余計なものを増やすことは馬鹿馬鹿しいでしょう。

 人間関係も同じで、私は大切な人とは死ぬまで付き合いたいし、大切と思わない人とは付き合わない。

 自分の好きなもの、大事なもの、好きな人とだけ接して生きていたいと思うのは、それが私の証だからですね。その人の生き方は、持っているものに表われます。年をとればとるほど寂しくなるものだから、本当に大事なものだけを側に置くべきです」

 背負う荷物を減らすと、大切なものが見えてくる。

※週刊ポスト2021年4月9日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_d3x7a9oocbje_よゐこ有野が紹介 コンビニ食材で作る「ペペロンチーノ」旨辛レシピ d3x7a9oocbje d3x7a9oocbje よゐこ有野が紹介 コンビニ食材で作る「ペペロンチーノ」旨辛レシピ oa-newspostseven 0

よゐこ有野が紹介 コンビニ食材で作る「ペペロンチーノ」旨辛レシピ

2021年4月3日 16:05 NEWSポストセブン

 コンビニ食材を使って本格的なイタリアンを作るのが、お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉。コンビニ食材で作る「春キャベツとスモークタンのスープペペロンチーノ」は、コロナ禍の“宅飲み”にピッタリのメニューだ。

 そのレシピに合わせて、おつまみになる「枝豆ペペロン」の作り方も教えてくれた。

「スープペペロンチーノは、ステイホーム中に考案したレシピです。20代の頃に渋谷のイタリア料理店で食べた思い出の料理の味を再現し、スモークタンを加えて僕の好みにしました。ペペロンチーノのベースとなるオイルの作り方も説明しましたが、これを活用したもう一皿が枝豆ペペロンです。枝豆は日本のものですが、ペペロンチーノ風味で食べるとイタリアに魂が連れていかれます(笑い)」(有野)

 2品共通のベースとなるオイルは、フライパンにオリーブ油(大さじ2)、にんにくみじん切り(1片分)、細かくちぎった鷹の爪(2本分)を入れて熱し、にんにくが茶色くなり始めたら火を止めて作る。

 共通のベースオイルを作る時は、フライパンを手前に傾け、油やにんにくなどを1か所に集めると、油に香りがよくうつるという。

【使った食材】

セブン-イレブン 7プレミアム スモークタン(216円)、ローソン「塩味えだまめ」(198円、冷凍)

◆春キャベツとスモークタンのスープペペロンチーノ


【材料】(1人分)

スモークタン……1パック
早ゆでスパゲッティ(3分)……100グラム
キャベツ……大きめの葉1枚
鶏がらスープの素(顆粒)……大さじ1
塩・黒こしょう……少々
しょうゆ……小さじ2

【作り方】

(1)共通ベースオイルをフライパンで作っておく。キャベツはざく切りにする

(2)片手鍋に水400ミリリットルを沸騰させ、鶏がらスープの素を入れてスパゲッティを茹で始める

(3)茹でて2分経過したら、キャベツを入れて、40秒茹でる

(4)共通ベースオイルが入ったフライパンに火をつけ、(3)を汁ごと入れ、塩、黒こしょう、しょうゆで味を調える

(5)最後にスモークタンを入れて20秒混ぜ合わせ、深い皿に盛る


◆枝豆ペペロン


【材料】(1~2人分)

冷凍えだまめ……2袋
塩・黒こしょう……少々
しょうゆ……小さじ2

【作り方】

(1)枝豆は解凍して水気を切る。熱したフライパンに枝豆を入れて強火で炒め、焼き色をつける

(2)共通ベースオイルが入ったフライパンを熱し、(1)を入れて炒め、塩、黒こしょう、しょうゆを入れてさらに炒め、味が馴染んだら火を止める


【プロフィール】
有野晋哉(ありの・しんや)/1972年生まれ、大阪府出身。1990年、濱口優とよゐこを結成。ホテルでコック経験も。毎週木曜21時~YouTube『よゐこチャンネル』を生配信中。

撮影/黒石あみ 取材・文/上田千春

※週刊ポスト2021年4月9日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-newspostseven oa-newspostseven_0_97ik9m0zk4vc_中居正広、芸能界一「物を大事にする」 仕事用バッグは10年以上愛用 97ik9m0zk4vc 97ik9m0zk4vc 中居正広、芸能界一「物を大事にする」 仕事用バッグは10年以上愛用 oa-newspostseven 0

中居正広、芸能界一「物を大事にする」 仕事用バッグは10年以上愛用

2021年4月3日 16:05 NEWSポストセブン

 東京駅の東北新幹線の扉が開くと、黒の帽子にサングラスにマスクと完全防備、ベージュ色のハーフコートに、バッグを2つ引っさげた男性が下車してきた。

 サングラスの奥の目がいささか険しくみえるのは、タレントの中居正広(48才)である。


 東日本大震災から10年が経った3月11日に、MCを務めるTBS系『音楽の日』の収録を宮城セキスイハイムスーパーアリーナで終えて、帰京した瞬間だった。

 右手で持ち肩にかけているグレーの大きいバッグは、中居ファンにはおなじみのルイ・ヴィトンのものだ。

 ある芸能リポーターは「中居さんの物持ちの良さは、ファンの間でも有名です。数年前にヒロミさん(56才)からiPhoneを持たされるまでは、長い間ガラケーを愛用していましたし、19才で買ったセミダブルのベッド、20才で手に入れたテーブルも四半世紀以上使い続けてきています。かつては、愛車のシーマも14年間も乗り続けていらっしゃいました」と話した。


 このバッグは、5年半前の『テレ朝SMAPバラエティ部スマシプ!』で、香取慎吾(44才)と草なぎ剛(46才)を初めて東京ドームでの野球観戦に連れて行き、その直後に持ち物チェックをした時に初披露していた一品。当時「日本では売っていなくて6年前くらいにイタリアで買ったのを、今年デビューさせたの」と明かしていた。5年以上経っても、愛用し続けているわけだ。

「しかも、ヴィトンは一番のお気に入りのブランドで、香取さん草なぎさん、稲垣吾郎さん(47才)の3人がジャニーズ事務所を退所した後の2017年9月には、グッチの洋服とともにプレゼントしたのも、ヴィトンのバッグでした」(前出・芸能リポーター)


 愛着を持つと、周囲の目や流行り廃りは気にせずに、ずっとそれを大事に使い続ける中居。

「長年芸能界でトップを走ってきた人なのに、中身はかなりの庶民派なんです。高級ではない普通のスーパーで食材を買って、自炊されていますしね。ブランド物も多数持っていますが、とっかえひっかえではなく、全て長年大事に使っているようです。

そういえば、交際相手の女性振付師さんとは、10年以上の仲だと言われています。今も交際を継続しているのかは分かりませんが、中居さんの人の良さ、志向を表しています」と続けた。

 基本的にはインドア派だというが、大好きなプロ野球も開幕した今、このバッグを片手に、東京ドーム観戦に通う姿も見られるのかもしれない。

外部リンク