cat_17_issue_oa-natgeomagjp oa-natgeomagjp_0_11e87a20045a_戦中戦後の日本を米国人記者はこう見ていた:ナショジオが見た日本の百年 11e87a20045a 11e87a20045a 戦中戦後の日本を米国人記者はこう見ていた:ナショジオが見た日本の百年 oa-natgeomagjp 0

戦中戦後の日本を米国人記者はこう見ていた:ナショジオが見た日本の百年

 大戦の前後、日本は敵国であった米国の記者にどのように見られていたのだろうか。

 1888年に創刊したナショナル ジオグラフィック誌は、創刊当初から日本の素朴な人々やすぐれた文化、美しい自然について数多く紹介していた。

 たとえば戦前、1933年3月号に掲載された特集「長い歴史をもつ若い国(Japan, Child of the World’s Old Age)」には、上の写真とともにこんな具合に記されている。

日本人女性の和服には自然の趣が感じられる。乙女が美しい着物や髪飾りで着飾った姿には、感嘆の声を上げずにはいられない。しかし、詩人たちは女性を称賛する以上に、美しい景色や自然の造形美を詩に詠んできた。雲や霞、曙や夕暮れの輝きが生き生きと詠われる。西洋とは異なり、日本の文学、美術、言語に、自然を擬人化した表現はめったに見られない。それでも、日本人はあらゆる自然に何者かが宿って、美しい山々には神々がすむと考える

1933年3月号「長い歴史をもつ若い国(Japan, Child of the World’s Old Age)」


 ところが太平洋戦争が始まると、その内容は一変する。


 日米開戦の翌年1942年8月号に掲載された「知られざる日本(Unknown Japan)」を見てみよう。著者は1930年代に5年間日本に滞在したことがあるウィラード・プライスという人物で、ナショジオだけでなく米自然史博物館に寄稿したり、子供向けの小説を書いたりしていた。

 プライスは当時、米国のためのスパイ活動を行っていたとも言われており、敵国である日本人の心性を辛らつな言葉で分析している。



日本を知る努力をしても無駄だと考えるべきではない。日本人を知る努力が、日本との戦争を1日でも早く終わらせ、平和を達成することにつながるはずだ。

 日本人の強みの一つは、人命軽視である。日本人は国のために死ぬことに価値を見いだす。彼らは子供の頃から、個人の存在はさほど重要でないと教えられ、集団行動を好み、チームワークに優れている。日本には支配者などいず、集団のルールがすべてだ。



 日本人のもう一つの強みは、良心の欠如である。彼らは「日本を発展させるものは何でも正しい」という道徳律に縛られている。国家と天皇は神聖であり、あらゆる善悪の基準を超越する。日本の行く手を阻むような国際協定なら破棄するだろう。しかし、日本人同士となると、付き合いは誠実なものだ。この国では家の玄関に鍵をかけずとも、泥棒が入ることはまれだ。だが、諸外国の権利など気にもとめない。

 私たちの最大の脅威は、こうした誤りに導かれた日本人の熱烈な忠誠心だ。日本人の狂信性や能力を過少評価したり、逆に過大評価したりすることには気を付けなければならない。



 日本の弱点の一つは、敵を過小評価していることである。日本は米国の経済力を認識しているが、その豊かさがかえって米国の発展への活力を奪っていると思い込んでいる。日本人には、上からの命令に盲従するという弱点もある。慎重で、こと細かな事前の計画によって成功してきた日本は、その計画を覆す事態が発生した時には、狼狽してしまう

1942年8月号「知られざる日本(Unknown Japan)」


「愚か」「人命軽視」「良心の欠如」と言いたい放題だが、こうしたいかにも敵国に対するまなざしは、終戦とともに落ち着いていく。

 次に紹介するのは、1946年6月号の特集「古い太陽が沈む日本(Sunset in the East)」。執筆したのは、米沿海警備隊のトップとして戦後1年間日本に駐留したブレア・A・ウォリザーだ。彼は終戦直後に日本にやってきた時の様子を、驚きをもって描いている。


連合国軍の艦隊が1945年9月に日本各地の港に錨を下ろしたとき、日本人も日本という国も多くは謎に包まれていた。不意打ちを受けないように警戒しながら、私たちは上陸地点の丘や岩場を調べた。流血の惨事にならずに上陸地を見つけ、爆撃や身投げする日本人の「バンザイ」の叫び声に悩まされずにすんだことを、私たちは感謝した。初めて上陸し、通りをジープで進んだときは、しっかりヘルメットをかぶり、武器を携帯した。何が起きるか、まったく予想がつかなかったのだ。しかし私たちが目にしたのは、おびえた笑みを浮かべるいくつもの顔だった。貧しい身なりの年寄りや内気な少女、歓声を上げて挨拶をしてくれる子供たちだ。



 ある日、少女が恥ずかしげに近づいてきて、ミカンを1つ差し出した。日本人の報復行為を恐れる恐怖心は、その瞬間、ほとんど消えた。これがほとんどの米国人が初めて出合った、驚くべき日本なのだ。「敵を憎んではいけない」という天皇の命令が絶対的に守られていた。しかし、この従順な日本人の特性こそが、同時に日本の民主化を複雑なものにする。

 国の力を盲目的に信じていた日本人は、米国の巨大な力によって、それが覆されるのを目の当たりにした。そこで日本人が出した結論は純真にも、米国のやり方のほうが優れているに違いないというものだった。それゆえに日本人は米国の占領支配を受け入れ、米国の意思に従い、より良い方法を学び、自らを順応させる努力を惜しまない。民主主義は目的に近づくための手段ではなく、それ自体が目的とされた。



 日本人の協力的な姿勢は米軍関係者の任務を容易にした。かつて残忍だと教えられていた米兵がそのイメージとは対照的だったために、進駐軍は友達、あるいは解放者として日本人に受け入れられたのだろう。その事情を物語るのが、「シガレット」「チョコレート」「シャボン」の3つの言葉だ。貧しい身なりの日本人が、米兵からタバコ1箱(米軍内では6セント)を66セント~2ドル相当の日本円で買う光景は、米国人には理解できなかった。敗戦で大打撃を受けたにもかかわらず、多くの日本人が比較的裕福そうなのも不可解だった。



 日本のある新聞が「日本における民主主義」という題で懸賞文を募集した。優勝者の文章には民主主義をむやみと美化する言葉があふれていた。しかし、このコンテストが提起するのは、今の日本が抱える最も深刻な問題の一つなのだ。駐留軍は日本人に民主主義を約束した。日本人は民主主義が良いものだと確信したし、自分たちのものにしたいと思っている。しかし、日本人にとって民主主義とはいったい何だろう?

 学校は民主主義を教えたがり、子供たちは勉強したいと願うが、教科書もなければ情報も限られている。それでも彼らは、民主主義は良い結果をもたらすと信じている。ある中等学校の校長は言った。「私たちは平和を愛する国民になりたい。必要な法律ができ、何をすべきかを教えられれば、私たちは自由や平等、国としてのまとまりを手にするのです」



 日本では今、古い太陽が沈み、新しい太陽が民主主義とともに昇ろうとしている。それは近代的な顔をした民主主義で、この国に定着するには、きっとビタミン剤を服用する時のように処方箋が必要なのだろう

1946年6月号「古い太陽が沈む日本(Sunset in the East)」


 ここに記されていることは、あくまで当時の米国人記者が見た一方的な視線であり、事実とは異なる記述もあるだろう。しかし、元新聞記者だったウォリザーは、戦後1年もたっていないタイミングですでに、民主主義という枠組みだけを日本に移植することに違和感を覚えていたようだ。「米国の意思に従い、従順に受け入れた民主主義」を、私たちは今、自分たちのものにできたのだろうか。

※ナショナル ジオグラフィック日本版によるLINE NEWS向けスペシャルコンテンツです。

外部リンク