cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_bx92h689gakb_木村拓哉に“護られたい”!ananでワイルド&セクシーな魅力放つ bx92h689gakb bx92h689gakb 木村拓哉に“護られたい”!ananでワイルド&セクシーな魅力放つ oa-natalie-eiga 0

木村拓哉に“護られたい”!ananでワイルド&セクシーな魅力放つ

2020年4月6日 00:00 映画ナタリー

木村拓哉がanan4月15日発売号の表紙とグラビアに登場する。

2018年に放送された主演ドラマの続編「BG~身辺警護人~」の放送開始を控える木村。同作でボディガードを演じていることから、グラビアは「護られたい男」をテーマに撮影された。ワイルドでセクシーな木村の魅力が存分に引き出されている。

ロングインタビューではドラマの撮影現場の様子や、見どころを木村が紹介。2020年2月に行われた初めてのソロライブの話など、「観てくださる人を楽しませたい」と常に考える彼の真摯な思いも明かされる。さらに本号の「高めよう!免疫力。」特集に合わせ、独自の免疫力の高め方にも言及している。

そのほか本誌には、初エッセイ集「できることならスティードで」を3月に発売した加藤シゲアキ(NEWS)、ミュージカル「ニュージーズ」で主演を務める京本大我(SixTONES)、ドラマ「年下彼氏」に出演するなにわ男子の面々が登場する。

なお「BG~身辺警護人~」は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い撮影スケジュールに影響が出ていることから、放送開始が延期となった。開始日が決まり次第公式サイトなどで発表される。

外部リンク

cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_87r19jjdiq91_ポン・ジュノが描くモンスターパニック「グエムル 漢江の怪物」初Blu-ray化 87r19jjdiq91 87r19jjdiq91 ポン・ジュノが描くモンスターパニック「グエムル 漢江の怪物」初Blu-ray化 oa-natalie-eiga 0

ポン・ジュノが描くモンスターパニック「グエムル 漢江の怪物」初Blu-ray化

2020年4月5日 21:30 映画ナタリー

ポン・ジュノの監督作「グエムル 漢江の怪物」が国内初Blu-ray化。7月3日に発売される。

「パラサイト 半地下の家族」で第92回アカデミー賞の作品賞に輝き、世界的に注目を集めているポン・ジュノ。彼が2006年に発表した「グエムル 漢江の怪物」は、川から突如出現した巨大な怪物が引き起こす恐怖を描いたモンスターパニックだ。河川敷で売店を営むパク一家が、さらわれてしまった長男の愛娘・ヒョンソを救うべく怪物に立ち向かっていく。

主演は「パラサイト 半地下の家族」と同じくソン・ガンホ。そのほか「火山高」のピョン・ヒボン、「殺人の追憶」のパク・ヘイル、「リンダリンダリンダ」のペ・ドゥナ、「冬の小鳥」のコ・アソンがキャストに名を連ねている。

商品は特典DVDとの2枚組に。怪物のデザインやアニメーションなど造形の制作過程に迫るメイキングに加え、ストーリーボードや撮影風景などおよそ270分の特典映像を観ることができる。またポン・ジュノとキャスト陣によるオーディオコメンタリーも用意された。封入特典は劇場公開時の縮尺版プレスリリースとなる。

(c)2006Chungeorahn Film.All ights reserved.

外部リンク

cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_2155ndin74la_UPLINK京都「見逃した映画特集」で113本超上映、オープニング企画が続々決定 2155ndin74la 2155ndin74la UPLINK京都「見逃した映画特集」で113本超上映、オープニング企画が続々決定 oa-natalie-eiga 0

UPLINK京都「見逃した映画特集」で113本超上映、オープニング企画が続々決定

2020年4月5日 19:40 映画ナタリー

4月16日にオープンする京都・烏丸御池の映画館、UPLINK京都のオープニング企画が決定。「見逃した映画特集 in KYOTO」が4月17日から5月28日まで行われる。

「見逃した映画特集 in KYOTO」では“今観るべき”映画113本を一挙紹介。アレハンドロ・ホドロフスキーの新作「ホドロフスキーのサイコマジック」の公開記念に「エンドレス・ポエトリー」など過去作を上映するほか、現代アメリカ映画選集で「アメリカン・スリープオーバー」「グリーンブック」、LGBTQ映画選集で「Girl/ガール」「君の名前で僕を呼んで」などが上映される。また「息もできない」「古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」「タレンタイム~優しい歌」などアジア各地域の作品や、「愛がなんだ」「寝ても覚めても」といった邦画、さらに近日発表予定のシークレット作品もラインナップに含まれる。上映スケジュールは劇場公式サイトやフライヤーで確認を。

さらにオープニング特集では「京マチ子映画祭」も4月17日より実施。オープニング作品としてカトリーヌ・ドヌーヴ主演作「アンティークの祝祭」をはじめ、「衝動―世界で唯一のダンサオーラ」「コロンバス」「れいわ一揆」「クリシャ」の公開も予定されている。

また商業施設・新風館の1階ポップアップスペースでは4月16日から30日に、UPLINK京都のギャラリーと連動した写真展「アニエスベー:写真家、アーティストとカーディガンプレッション / …des photographes…des artistes et le cardigan pression」の開催も。アニエスベーを代表するアイテムの1つ、カーディガンプレッションの誕生40周年を記念し、1986年に開催された写真展の新たなコレクションとして、デヴィッド・リンチやオマー・ビクター・ディオプら写真家やアーティストによる作品が展示される。

※「古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」の古は牛偏に古が正式表記
※新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けてUPLINK京都のオープンは延期となりました。イベントも含む最新の情報は公式サイトをご確認ください

見逃した映画特集 in KYOTO

2020年4月17日(金)~5月28日(木)京都府 UPLINK京都
料金:一般 1300円 / シニア(60歳以上)1200円 / ユース(19~22歳)1100円 / アンダー18(16~18歳)1000円 / ジュニア(15歳以下)800円 / UPLINK会員 1000円 / ユース会員 900円

アレハンドロ・ホドロフスキー監督特集

「サンタ・サングレ 聖なる血」
「ホドロフスキーの虹泥棒」
「ホドロフスキーのDUNE」
「リアリティのダンス」
「エンドレス・ポエトリー」

現代アメリカ映画選集

「アメリカン・スリープオーバー」
「アンビリーバブル・トゥルース」
「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」
「グリーンブック」
「シンプルメン」
「スプリング・ブレイカーズ」
「トラスト・ミー」
「ネッド・ライフル」
「パターソン」
「フェイ・グリム」
「ブラック・クランズマン」
「フランシス・ハ」
「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」
「ヘレディタリー/継承」
「ヘンリー・フール」
「ラッキー」

LGBTQ映画選集

「Girl/ガール」
「君の名前で僕を呼んで」
「キャロル」
「氷上の王、ジョン・カリー」
「ムーンライト」

社会派ドキュメンタリー選集

「主戦場」
「真珠のボタン」
「すべての政府は嘘をつく」
「光のノスタルジア」
「ゆきゆきて、神軍」
「ヨーゼフ・ボイスは挑発する」

現代アジア映画選集

「息もできない」
「オアシス」
「古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」
「台北ストーリー」
「立ち去った女」
「タレンタイム~優しい歌」
「バーニング 劇場版」
「バジュランギおじさんと、小さな迷子」
「ペパーミント・キャンディー」

現代日本映画選集

「愛がなんだ」
「阿吽」
「アンダー・ユア・ベッド」
「ヴィニルと烏」
「オーバー・フェンス」
「きみの鳥はうたえる」
「この空の花 長岡花火物語」
「素敵なダイナマイトスキャンダル」
「そこのみにて光輝く」
「ナイトクルージング」
「21世紀の女の子」
「寝ても覚めても」
「ハッピーアワー」
「宮本から君へ」
「メランコリック」
「大和(カリフォルニア)」
「嵐電」
「リベリアの白い血」
「若さと馬鹿さ」
「うなぎ」

ライフスタイルドキュメンタリー選集

「サウナのあるところ」
「シーモアさんと、大人のための人生入門」
「ジョージア、ワインが生まれたところ」
「人生フルーツ」
「聖者たちの食卓」
「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」
「ワイン・コーリング」

ロウ・イエ監督特集

「ふたりの人魚」
「スプリング・フィーバー」
「パリ、ただよう花」
「二重生活」
「ブラインド・マッサージ」

アートドキュメンタリー

「We Margiela マルジェラと私たち」
「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」
「デヴィッド・リンチ:アートライフ」
「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」
「マックイーン:モードの反逆児」

カンヌ国際映画祭パルムドール選集

「愛、アムール」
「アデル、ブルーは熱い色」
「アンダーグラウンド」
「ザ・スクエア 思いやりの聖域」
「楢山節考」
「ビリディアナ」
「ブンミおじさんの森」
「万引き家族」(英語字幕)
「わたしは、ダニエル・ブレイク」

グザヴィエ・ドラン監督特集

「わたしはロランス」
「トム・アット・ザ・ファーム」
「Mommy/マミー」
「エレファント・ソング」
「たかが世界の終わり」

現代ヨーロッパ映画選集

「エヴォリューション」
「顔たち、ところどころ」
「CLIMAX クライマックス」
「幸福なラザロ」
「COLD WAR あの歌、2つの心」
「サーミの血」
「存在のない子供たち」
「ボーダー 二つの世界」
「わたしの名前は…」

現代中東映画選集

「オマールの壁」
「ガザの美容室」
「パラダイス・ナウ」
「ラジオ・コバニ」
「ラッカは静かに虐殺されている」

鳥肌立つ音響体験映画

「ストップ・メイキング・センス」
「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」
「ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」
「ラスト・ワルツ」
「ラ・ラ・ランド」

外部リンク

cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_0u4je911xp9q_トリュフォー「ある映画の物語」再刊、撮影日記やシナリオで創作の秘密に迫る 0u4je911xp9q 0u4je911xp9q トリュフォー「ある映画の物語」再刊、撮影日記やシナリオで創作の秘密に迫る oa-natalie-eiga 0

トリュフォー「ある映画の物語」再刊、撮影日記やシナリオで創作の秘密に迫る

2020年4月5日 17:45 映画ナタリー

フランソワ・トリュフォーの著作「ある映画の物語」が文庫となって、4月6日に再刊される。

「大人は判ってくれない」「突然炎のごとく」「終電車」などで知られ、ヌーヴェルヴァーグを代表する監督の1人であるトリュフォー。本書ではディストピアSF「華氏451」の撮影日記、映画作りの混乱する現場を描いた「映画に愛をこめて アメリカの夜」のシナリオを通してトリュフォーの創作の秘密が明かされる。俳優のわがままや技術上のトラブルなど、スケジュールに追い立てられる日々が多彩なエピソードで彩られた。翻訳は映画評論家の山田宏一。

文庫 ある映画の物語

草思社 2020年4月6日(月)発売
価格:税込1760円

外部リンク

cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_0yab6079fog0_高畑勲×近藤喜文「赤毛のアン」HD版が4月6日スタート、宮崎駿や富野由悠季も参加 0yab6079fog0 0yab6079fog0 高畑勲×近藤喜文「赤毛のアン」HD版が4月6日スタート、宮崎駿や富野由悠季も参加 oa-natalie-eiga 0

高畑勲×近藤喜文「赤毛のアン」HD版が4月6日スタート、宮崎駿や富野由悠季も参加

2020年4月5日 13:05 映画ナタリー

高畑勲が演出を手がけたテレビアニメ「赤毛のアン」のHD版が、4月6日にTOKYO MXで放送スタートする。

1979年にフジテレビ系で初放送された本作は、ルーシー・モード・モンゴメリによる児童文学をアニメ化した作品。19世紀も終わりに近付いたカナダのプリンスエドワード島を舞台に、孤児院からやってきた女の子アンの成長を描く。

「耳をすませば」の監督として知られる近藤喜文がキャラクターデザインと作画監督を担当。また宮崎駿が場面設定と画面構成、富野由悠季がとみの喜幸の名義で絵コンテを手がけた。キャストには山田栄子、槐柳二、北原文枝、高島雅羅、井上和彦が名を連ねている。

全50話の「赤毛のアン」は毎週月曜日の19時から2話ずつオンエア。なおTOKYO MXでHD版が放送されるのは初めてとなる。

赤毛のアン【HD】

TOKYO MX 2020年4月6日(月)スタート 毎週月曜 19:00~20:00

(c)NIPPON ANIMATION CO., LTD. “Anne of Green Gables”TM AGGLA

外部リンク

cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_whh9wtwgdxac_「菅田将暉のオールナイトニッポン」から生まれたオリジナルパジャマの受注販売が決定 whh9wtwgdxac whh9wtwgdxac 「菅田将暉のオールナイトニッポン」から生まれたオリジナルパジャマの受注販売が決定 oa-natalie-eiga 0

「菅田将暉のオールナイトニッポン」から生まれたオリジナルパジャマの受注販売が決定

2020年4月5日 12:25 映画ナタリー

菅田将暉がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」のオフィシャルパジャマが完成。完全受注生産で販売される。

これは番組内のコーナー「東京ダースーコレクション」の番外編として、2019年11月にスタートしたパジャマプロジェクトから生まれたもの。深夜放送ということで、番組を聴く際の“ユニフォーム”として“目が覚めるようなパジャマ”をコンセプトに、リスナーから案を募り制作を進めてきた。

注文は4月6日25時に販売サイトで受付スタート。申し込み期限はコンビニ払いが4月11日18時、カード払いが4月14日23時59分までとなる。6月25日より順次発送開始の予定だ。完全受注生産のため、期間内に申し込めば購入できる。サイズはS・M・L・XLの4種類、販売価格は税込8900円。

なおパジャマの模様は、菅田が以前から「流行らせる」と提言してきたミサンガ柄に。ミサンガには「SUDA」「RADIO」「ALLNIGHT」などの文字がプリントされている。

外部リンク

cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_0mnzfi1xobi6_「クレヨンしんちゃん」特集したケトル発売、表紙イラストは久野遥子描き下ろし 0mnzfi1xobi6 0mnzfi1xobi6 「クレヨンしんちゃん」特集したケトル発売、表紙イラストは久野遥子描き下ろし oa-natalie-eiga 0

「クレヨンしんちゃん」特集したケトル発売、表紙イラストは久野遥子描き下ろし

2020年4月5日 12:00 映画ナタリー

「クレヨンしんちゃん」を特集した雑誌ケトルが4月15日に発売される。

毎号カルチャーを独自の切り口でワンテーマに絞って特集するケトル。今号には近日公開予定の最新作「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」の紹介はもちろん、監督を務める京極尚彦のロングインタビュー、野原しんのすけ役の小林由美子とぶりぶりざえもん役の神谷浩史による対談、メインアニメーターの末吉裕一郎とポスタービジュアルとコンセプトデザインを担った久野遥子による対談が掲載された。表紙イラストは、久野の描き下ろしとなる。

そのほかシンエイ動画への潜入レポや原作コミック担当編集者のインタビュー、原作名言集も。ケトル編集部は「今年で30周年を迎える『クレヨンしんちゃん』の魅力を、映画だけでなく、原作コミックス、アニメシリーズも含め、さまざまな角度から取り上げました。初めて触れる人も、長年のファンの人も、楽しんでいただければ幸いです」とコメントしている。

外部リンク

cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_2srdbs7kqvd0_日経電子版の連載「ネット興亡記」ドラマ化、主演・藤森慎吾が初の新聞記者役 2srdbs7kqvd0 2srdbs7kqvd0 日経電子版の連載「ネット興亡記」ドラマ化、主演・藤森慎吾が初の新聞記者役 oa-natalie-eiga 0

日経電子版の連載「ネット興亡記」ドラマ化、主演・藤森慎吾が初の新聞記者役

2020年4月5日 04:00 映画ナタリー

日本経済新聞の電子版で連載されていた「ネット興亡記」が、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)主演でドラマ化決定。Paraviオリジナルドラマとして4月29日より独占配信される。

1990年代、日本で本格的にインターネットが普及されるとともに次々と現れたIT起業家たちの知られざる挑戦や苦悩を描いた「ネット興亡記」。日経電子版の人気企画として注目を集め、2018年7月に一度連載を終了したが、その後も外伝や完結編などが掲載され、全52回の長期連載企画となった。

ドラマでは、その中から厳選した回を映像化する。連載企画の担当記者・杉山役の藤森はドラマ初主演、そして初の新聞記者役に挑戦。「日経新聞の記者さんって聞いてお堅い感じなのだろうな~、と思っていましたが、実際にご本人にお会いした時とても柔和で笑顔が素敵な方だったので、あまりカッチリしなくてもいいのかなぁ~と思いました。でも、取材に関しては誰にも負けない情熱を持っている。そんな男を演じてみようと思いました」と役作りについて語っている。また原作者の杉本貴司は「撮影現場ではバラエティー番組などで僕たちがよく知る『チャラ男』とはひと味違う藤森さんがいました。乞うご期待です!」と期待をのぞかせた。

「ネット興亡記」はParaviで4月29日より毎週水曜に1話ずつ、全5話にわたって独占配信。監督を吉見拓真、脚本を横幕智裕が担当する。

Paravi オリジナルドラマ「ネット興亡記」

Paravi 2020年4月29日(水・祝)スタート 毎週水曜配信
※全5回

藤森慎吾 コメント

オファーを受けた感想

主演です!というマネージャーの言葉からすぐさまドッキリ企画の何かだ、と思いました。現実にあって良かったです。ありがたい。本当に。。

役作りについて

日経新聞の記者さんって聞いてお堅い感じなのだろうな~、と思っていましたが、実際にご本人にお会いした時とても柔和で笑顔が素敵な方だったので、あまりカッチリしなくてもいいのかなぁ~と思いました。でも、取材に関しては誰にも負けない情熱を持っている。そんな男を演じてみようと思いました。

見どころ

スマホ、インターネット、当たり前にそれは存在しているけれど、それがどうやって日本に持ち込まれ、普及していったかはほとんどの人が知らない。決して当たり前ではなかった当時の男たちの壮絶な戦いを刮目せよ!

杉本貴司 コメント

インターネット産業の創世記を彩る起業家たちの物語。そこには知られざる苦難や葛藤がありました。彼らはそれをどう乗り越えてきたのか。経営者は孤独ですが、彼らには必ず志をともにする仲間や先達がいました。あたかも幕末の志士たちが志をたたかわせて、新しい時代を目指したように。日経電子版「ネット興亡記」ではそんな物語を描いてきました。
そして、主人公の杉山記者を演じる藤森慎吾さん。撮影現場ではバラエティー番組などで僕たちがよく知る「チャラ男」とはひと味違う藤森さんがいました。乞うご期待です!

鈴木宏昭(チーフプロデューサー)コメント

「ネット興亡記」の魅力は、インターネット創世記に新しいビジネスに挑戦した起業家たちの物語を、人を視点に生き生きと描いていることです。思わず「へえ、知らなかった」というエピソードが散りばめられ、私たちが使っているヤフーやLINE、メルカリなどが登場した裏側に、開発にかけた熱い思いや起業家たちの意外な交流が存在していたことを知ることができます。今回のドラマ化では、起業家本人の証言も交えながら、記事とは違う新しい「ネット興亡記」をお届けします。

(c)「ネット興亡記」製作委員会

外部リンク

cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_b6dodpfcd30q_志賀勝が78歳で死去、野性爆弾くっきー!追悼「リスペクト以外のなにものでもない」 b6dodpfcd30q b6dodpfcd30q 志賀勝が78歳で死去、野性爆弾くっきー!追悼「リスペクト以外のなにものでもない」 oa-natalie-eiga 0

志賀勝が78歳で死去、野性爆弾くっきー!追悼「リスペクト以外のなにものでもない」

2020年4月4日 20:06 映画ナタリー

志賀勝が4月3日20時14分に78歳で死去した。業務提携していた制作会社ウォークオンが4月4日に発表した。

ウォークオンによると、かねてから闘病中だった志賀は、拡張型心筋症のため京都・京都大学医学部附属病院で息を引き取った。通夜は4月6日19時、告別式は7日10時より京都・セレマ天神川ホールで執り行われる。

志賀は1960年代より時代劇やヤクザ映画など多数の作品に参加し、強面の風貌を生かしたヤクザや殺し屋などの役で強烈な印象を残した。主な出演作に「仁義なき戦い」シリーズや「借王(シャッキング)」シリーズがある。東映所属の大部屋俳優を中心に結成されたピラニア軍団の一員として注目を集めたほか、歌手としても精力的に活動した。

訃報に際し、ウォークオン代表取締役社長である映画監督・谷口仁則は「仁義なきやビーバップ、松田優作さんとの数々の作品での台詞かアドリブかわからない独特の言い回しが大好きでした。野性爆弾のくっきーと僕が好きすぎて仕事のオファーしたのが最初の出会いでした。今までありがとうございました」と自身のTwitterにつづった。

くっきー!(野性爆弾)も「ビーバップハイスクールでガキの頃、強烈な印象を受けて以来、圧倒的に虜になりました。芸人になり初めてお会いさせてもろた時も強烈にカッコいい漢でした」「モノマネをさせてもらってましたがリスペクト以外のなにものでもないです」と追悼のコメントを寄せている。

くっきー!(野性爆弾)コメント

ビーバップハイスクールでガキの頃、強烈な印象を受けて以来、圧倒的に虜になりました。芸人になり初めてお会いさせてもろた時も強烈にカッコいい漢でした。新大阪に財布も持たずチケットだけで黄色の上下のスエットで現れたときは流石だと心の中で拍手したものです。仕事終わり飲みの席にご一緒させてもらった時は帰り際、飲み放題で余った焼酎を水筒に入れ帰っていく姿はどこか男くさく可愛くてとても愛すべき方でした。モノマネをさせてもらってましたがリスペクト以外のなにものでもないです。天国にいてはるか地獄にいてはるかわかりませんが僕が行く時は水筒に焼酎を入れてご挨拶にいかせてもらいます。そんときはまた芝居、歌の話をきかせてください。めちゃくちゃ素敵な漢 志賀 勝 様。おつかれさまでした。

cat_27_issue_oa-natalie-eiga oa-natalie-eiga_0_as3hfholejd7_世界がエイリアンに制圧される、「囚われた国家」大混乱の冒頭映像が公開 as3hfholejd7 as3hfholejd7 世界がエイリアンに制圧される、「囚われた国家」大混乱の冒頭映像が公開 oa-natalie-eiga 0

世界がエイリアンに制圧される、「囚われた国家」大混乱の冒頭映像が公開

2020年4月4日 17:00 映画ナタリー

近未来SFサスペンス「囚われた国家」の冒頭映像が、YouTubeで公開された。

「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」のルパート・ワイアットが監督した本作は、地球外生命体による侵略から9年後、2027年の米シカゴを舞台としたもの。ルールを犯した者は地球外に追放されるという“囚われた国家”で、密かに結成されたレジスタンスが“統治者”と呼ばれるエイリアンとの戦いに身を投じていく。

このたび公開された冒頭映像は、「シカゴも含め完全に包囲されました」「議会は休戦の条件をすべて受け入れた模様です」「東京、ジャカルタ、ローマも同様の状況とのこと」といったニュース音声からスタート。そして刑事とその家族がある目的で車を走らせるさまが映し出される。トンネルに入ったところでエイリアンと遭遇し、恐怖で硬直する様子も捉えられた。

また同時に、本作の場面写真も到着。ジョン・グッドマン演じるシカゴ警察特捜司令官マリガン、ベン・ダニエルズ演じるレジスタンスメンバー・ダニエルの姿が収められている。

「囚われた国家」は全国のイオンシネマなどで上映中。なお新型コロナウイルス感染拡大予防のため、臨時休業や営業時間の変更を行っている劇場もあるため、注意してほしい。


(c)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

外部リンク