cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_7ymj44aop3yf_集英社のヒットメーカー・編集者 林士平氏インタビュー 7ymj44aop3yf 7ymj44aop3yf 集英社のヒットメーカー・編集者 林士平氏インタビュー oa-magmix 0

集英社のヒットメーカー・編集者 林士平氏インタビュー

2021年3月2日 17:10 マグミクス

「日本一」のマンガアプリを目指すために

 マンガアプリ「少年ジャンプ+」が、次世代のスター漫画家を発掘することを目的とした新漫画賞「MILLION TAG」を実施し、2021年6月25日から選考過程をYouTubeで配信します。漫画家と編集者がタッグを組んで課題に挑み、優勝者は賞金500万円を手にするほか、「少年ジャンプ+」での連載やコミックスの発売、アニメ制作(1話分相当をYouTube「ジャンプチャンネル」で配信)が確約されるなど、異例づくしです。

 なぜ「MILLION TAG」のような企画が行われることになったのか、また参加予定の編集者たちは企画についてどう考えているのか……? 企画に参加する編集者のひとりで、『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』など多くのヒット作を手掛けた林士平(りん しへい)さんに聞きました。

* * *

──普段は、編集者としてどのような仕事をされているのでしょうか?

林士平(以下、林) 現在は『SPY×FAMILY』(作:遠藤達哉)と『HEART GEAR』(作:タカキツヨシ)という作品を担当しながら『チェンソーマン』(作:藤本タツキ)の第2部に向けた準備をしています。他にも今年開始予定の新規連載作品を数本準備しているのでひたすら電話やメール、LINEなどでネームのやり取りや細かい打ち合わせを重ね続けています。

──かなりお忙しいようですが、その上でさらに「MILLION TAG」に参加した理由は?

林 最近はさまざまなマンガアプリが立ち上がっていますが、そのなかで作家さんに僕らの「ジャンプ+」を選んでもらうために、自分たちがどのように作家に向き合っているのか、どう作家をサポートしているのかを見てもらうことに意味がある……そう考えて参加を決めました。

「ジャンプ+」は今からさらに拡大して日本で一番のマンガアプリを目指そうと思っているのですが、そのためにはより多くの作家さんと作品が必要になります。でも「来てください」と言うだけでは不十分で、作家さんに「まずはここに持っていこうか」と最初に作品を持ち込んでもらえる場所にするためには、僕らも進んで汗をかかなきゃいけないと思うんです。

──日々多くの持ち込み作品に目を通していると思いますが、どのようなポイントに着目しているのでしょうか。

林 難しいですね。編集者によって重視するポイントが「絵が上手い」「ネームが読みやすい」「この台詞はすごい」と、まちまちなんですよ。マンガって、絵が上手くなくてもその人しか作れないキャラや世界観を持っていたら、読んでしまうこともありますし、滅茶苦茶に絵が綺麗なので本を手に取ってもらえる作家さんもいらっしゃいます。

 単純に、僕自身マンガが好きで色々読んでいるので、「この人は何かあるぞ」と思ったらとりあえず声をかけています。漫画家と編集者の出会いにはタイミングや運もあるので、僕自身の心に引っかからなかったとしても、どこかで良さを感じられた人には、何かしらアドバイスをすることもありますね。

漫画家が安心して出演できるよう、編集者が前面に立つ

──「MILLION TAG」では編集者と漫画家が一緒に走りながら優勝を目指すことになりますが、漫画家にとってのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

林 やはり500万円の賞金と知名度でしょう。動画を通じて人が育っていく過程を見ると、ファンになってくださる方がいると思うんです。もちろん最終的にはマンガでファンを増やして行くしかないんですけど、デビューの時点で注目される確率が上がるのは大きなメリットだと思います。

 ただ、肖像権やプライバシーの問題もあると思うので、作家さんは基本的に声や肩越し、手先だけの出演になる予定です。その代わりに自分たち編集者が顔出し出演して、視聴者のご意見を受け止めます。だから作家さんたちには安心して出演して欲しいですし、作家さんたちに余計な心配や不安を抱かせないよう、細心の注意を払ってやっていきたいと思います。

「MILLION TAG」で作家さんにはデビュー作にたどり着いてもらいたいとは思うのですが、勝てなかったとしてもそこで人生が終わるわけではありません。何回でもチャレンジしてもらいたいですし、ここで負けた人が再起していくのも、素敵な物語だと思うんです。

 実際、今は漫画家として活躍されている方に、「実は10年ほど前にお会いしています」と言われて驚いたこともあります(話を聞いてみると、16歳ごろに持ち込みに来ていただいたそうです)。「MILLION TAG」が作家を目指すひとつのきっかけになってくれればいいですね。

──最後に、「MILLION TAG」に興味を持つすべての方へのメッセージをお願いします。

林 マンガが生まれる過程をドキュメンタリー映像として見るのは非常に面白い体験になると思うので、気軽に見て欲しいです。若く、まだヒット作を生み出していない作家さんたちがどう振る舞い、どう苦しんでマンガを描いているか知っていただけると、マンガに対する楽しみ方の幅が広がるのではないかと思います。

 そして、もしできるなら、応援したい作家さんを見つけてあげて欲しいのです。作家はお客さんがいなければぜんぜんご飯が食べられない商売です。作家という生き物は、ほんの少しでも「面白い」と反応してもらえると、凄くやる気を出せるものなのです。彼らがどう考えてマンガを作っているのか、ぜひ見てあげてください。

(ライター 早川清一朗)

外部リンク

cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_zb1w988ylima_ヒット漫画家、実は盗作? 高校時代の後悔が奇跡を! zb1w988ylima zb1w988ylima ヒット漫画家、実は盗作? 高校時代の後悔が奇跡を! oa-magmix 0

ヒット漫画家、実は盗作? 高校時代の後悔が奇跡を!

2021年3月2日 11:10 マグミクス

大ヒット漫画家の秘密とは? 感動と驚きの展開!

 大ヒット漫画家の晴田真帆は、新連載の執筆を前に編集者に手紙を渡します。そこには「これまで私が発表してきたマンガはすべて、私が作ったものではありません」という衝撃の告白が。その真相は10年前、彼女が高校生だった頃の、ある先輩との出会いにさかのぼります……。

 漫画家・川端志季さん(@kwbt_sk)による創作マンガ『大ヒット漫画家の作品が実は盗作だった話』がTwitterで公開されました。本作品は講談社「Kiss」で連載中の『世界で一番早い春』の第1話で、大ヒット漫画家の原点となる、高校時代のマンガ部の先輩との思い出が描かれた物語。意外な展開を迎え、先が気になるラストに、読者からは「素敵」「面白い」「泣いた」「単行本最新巻まで買いました」などの声があがりました。

 作者の川端志季さんに、お話を聞きました。

ーー川端志季さんの漫画家としてのデビューのきっかけを教えて下さい。

 集英社「別冊マーガレット」のマンガスクールにて、『08:05の変顔さん』というマンガでデビューしました。応募規定のページ数が16ページで良かったので、そこにも魅力を感じました!

ーー『大ヒット漫画家の作品が実は盗作だった話』はどのようにして生まれましたか?

 この話、実は高校の先輩が残した設定ノートをもとに作りました。……というのは冗談で。「自分が過去にタイムスリップしたら、どんなマンガを描くかな? 自分以外が描いている好きなマンガの設定をまねするのかな? でも先が見えている作品を作っても自分が楽しめないよなぁ……」みたいな妄想は常々していました。ほんの小さなイメージを毎回話を作るたびにゆっくり膨らませていった感じです。

ーーたくさんの感想が寄せられています。特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

「泣きました」という声を多くいただけたことに驚いています。それほど感情移入して読んでくださっているのかと。うれしいという思いと、読者さんの思いを振り払ってしまわないよう、これからも丁寧に慎重に作品を生み出していきたいと改めて思いました。

ーー講談社「Kiss」で連載中の『世界で一番早い春』について、単行本4巻が発売中です。見どころなどをご紹介いただけますか?

 これまで、いつ起こるかわからないタイムスリップに振り回されていた主人公たちが、謎の核心に迫っていく怒涛の展開が続きます。ジェットコースターで例えると、3巻までで最高到達点へのぼっていって、4巻から一気に結末まで駆け抜けるイメージです。スリルをお楽しみいただけるとうれしいです。

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 雑誌で連載させていただいていると、どうしても宣伝メインになってしまいがちですが、おまけマンガやイラストを描いて、Twitterを通じても読者さんに楽しんでいただきたい気持ちはあります。なかなか実行に移せていないのがもどかしいです!

(マグミクス編集部)

外部リンク

cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_es7eeurl68ot_まる子の父ひろしは働いてる? 収入源が気になるアニメキャラたち es7eeurl68ot es7eeurl68ot まる子の父ひろしは働いてる? 収入源が気になるアニメキャラたち oa-magmix 0

まる子の父ひろしは働いてる? 収入源が気になるアニメキャラたち

2021年3月2日 07:10 マグミクス

キャラの収入源を探ってみると…作品の核がハッキリ見えてくる!

 架空の存在いえども国民的キャラクターともなれば、人格があり、また彼らなりの生活がある、そのように感じてしまうものです。そして、なかにはどのようにして生活を成り立たせているのか判然としないキャラクターもちらほら。タイトルの通り本稿は架空のキャラクターの収入源について思いを巡らす記事です。なんとも無粋で頓狂と思われるかもしれません。また、実際その通りです。しかしながらいざ調べてみると思わぬ発見があったのです……。

●『ちびまる子ちゃん』の父・さくらひろしは働いているのか…?

 さて、いきなりですがアニメ『ちびまる子ちゃん』(原作:さくらももこ)の父ひろしに想いを馳せてみましょう。(人生にはそういう時間もたまには必要です。)

 何色かもよくわからないトレーナーを着込み、夕方ごろ帰ってきては、焼き魚をつつき、赤ら顔でナイター中継に文句を言っている、そんな“さくらひろし”の姿が容易に想像できることでしょう。すると私たちは「あれ? ひろし、働いてなくない?」という決定的な疑問にぶつかります。同じく“国民的ひろし”である『クレヨンしんちゃん』の野原ひろしは家族のため汗水流して働く姿がピックアップして描かれていますが、さくらひろしはそんな勤勉ぶりとは無縁の男として描かれています。Google検索の候補でも「さくらひろし 無職」と出ます。これでは、ひろしがかわいそうです。

 ひろしの名誉のためにもお伝えしなくてはなりませんが、結論から言えばひろしは八百屋さんの主人です。まる子ちゃんの家は八百屋さんなのです。さくらももこ先生のエッセイではたびたびご実家の八百屋さんについて言及されていますが『ちびまる子ちゃん』本編では“実家が八百屋さん”という要素は物語には不要ということで省略されてしまい、結果として「さくらひろし=無職説」すら飛び出す始末となりました。こうしてみるとひろしが一日中トレーナー姿なのも合点がいきますね。

●バカボンのパパの職業は…みんなが疑問に思っていた!

 『天才バカボン』(原作:赤塚不二夫)のパパはどうでしょうか。どう考えても彼が毎月住民税や社会保険料をきっちり収めているとは思えません。なお、これに関しては多くの視聴者が疑問に感じていたらしく、公式サイトがすでに回答を出していました。引用しますと、“定職に就かず「これでいいのだ!」を合い言葉に日々楽しく自由に生きる男”とのこと。逆に清々しいですね。

 さて、「バカボンのパパって植木屋さんでは?」と思われた方も多いかと思います。確かにテレビアニメの第1期では植木屋さんという設定になっていましたが、実はこれ「子供達の教育上によくない」という理由から勝手に付け加えられた設定で、すぐに消失しまったもの。パパは、正々堂々“無職”なのです。

●『美味しんぼ』海原雄山のまめまめしい働きぶり

 美食界のツンデレ帝王、あるいは日本一皿を投げる男、『美味しんぼ』(原作:雁屋哲、マンガ:花咲アキラ)の海原雄山の収入源もやや不透明なところがあります。世界的に知られた芸術家(陶芸、絵画)でありその作品はひとつ200万以上とされるわけですから、莫大な蓄財があってしかるべきではあるのですが、ワイドショー(のような番組)に出演したり、週刊誌にコラムをせっせと寄稿したり、意外にもまめまめしく働いています。(確かに雄山はひとりでいるときは粘土に触ることなく、決まって何か書いてます)。

 あの誇り高き雄山がどうしてこうも働く必要があるのでしょうか。『美味しんぼ』は一見、現実世界に即した作品に思えますが、その実“美味しいもの”で森羅万象の問題を解決していく壮大な美食ファンタジーです。とすると私たちがイメージするよりはるかに美食家の社会的地位が高く、ギャラ単価も雄山のお眼鏡にかなうものであるから、と考えるのが自然でしょう。とはいえ、赤坂の一等地に美食倶楽部なる採算度外視もいいところの会員制料亭を構えているのまた事実。どのみちランニングコストを考えればメディア露出の多いことには納得です。

* * *

 フィクションにあえて現実世界の尺度を持ち込んでみると、その作品世界において何が核となっているのかがより鮮明に浮かびるということが判明しました。(ひろしに想いを馳せた時間は無駄ではありませんでした)。

 なお本稿では際限がなさそうということで『ドラゴンボール』の孫悟空などバトルファンタジー作品の登場人物は候補から外しています。

(片野)

外部リンク

cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_tlh8vcq03g4v_ポケモン人気投票1位デデンネ「知らない」キャラが上位? tlh8vcq03g4v tlh8vcq03g4v ポケモン人気投票1位デデンネ「知らない」キャラが上位? oa-magmix 0

ポケモン人気投票1位デデンネ「知らない」キャラが上位?

2021年3月1日 18:10 マグミクス

2020年と2021年でトップ10総入れ替え! ランキングに何が起こった?

 ゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』(以下、初代)が1996年2月27日に発売されたことを記念して、毎年2月27日は「ポケモンデー(Pokemon Day)」。例年催される「ポケモン人気投票」は、ファンを賑わせるメインコンテンツのひとつです。

『ポケットモンスター』25周年のアニバーサリーを迎える2021年、総票1,187,368票のなかからトップに選ばれたのは「デデンネ」。そこから約1万票以上の差をつけて2位に「チラチーノ」、3位には「ヤミラミ」がランクインしました。

 今回の人気投票は、『ポケットモンスター』にそれほど詳しくない方にとってみれば、あまり見覚えのない「ポケモン」たちが人気を集めているように思われるかもしれません。

 それもそのはず、今年のランキング上位のほとんどは、決して露出度が高いとは言い難い「ポケモン」たちが名を連ねているのです。

 2021年の投票にはTwitterが採用されており、ひとりが何度でも投票しやすいシステムが敷かれていました。個人が特定の「ポケモン」に複数回投票することで、そのファンの愛情がランキング全体に影響を及ぼした背景も考慮せねばなりません。

 それでも、2020年に行われた人気投票「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」と2021年のランキングではトップ10の様相がガラリと変わったこと、バトルの強さに加えルックスにも定評のある「ポケモン」たちが得票数を伸ばしていた2020年と比較すると、人気投票の毛色自体が変わったことは特筆すべきポイントでしょう。

 たとえば1位の「デデンネ」は見た目の”かわいらしさ”とは裏腹に、アニメでの”作画の酷さ”が取り上げられたり、ゲームセンターの店員に「ピカチュウ」の進化系「ライチュウ」と間違われてクレーンゲームの景品に陳列されたり……と、何かと”ネタ要素”の強い話題が集中する「ポケモン」です。

 また、ランキング8位の「マッシブーン」を今回のランキングで初めて見た方は、「ポケモン」らしからぬ姿に衝撃を受けたかもしれません。

 彼の得票には人気実況者の影響もうわさされており、その強調されすぎた筋骨隆々なフォルムはいかにも”SNS受け”しそうな見た目をしていますが……事実、根強いファンもいるため、組織票や”ネタ”で得票数を伸ばしたと断言することはできません。

898種類いる「ポケモン」だからこそ、投票方法ひとつで順位は変わる

 同じ『初代』に登場した電気タイプの「ピカチュウ」よりも「コイル」が人気を集めていることを疑問に持たれた方もいるかもしれません。

 この事情は少し複雑です。

「子供たちが好きそうじゃない『コイル』の順位を上げてやろう」という2008年に起こったネットのいたずらがきっかけで、“悪ノリ”が「ポケモン人気投票」には慣習化されており、「コイル」は人気投票のたびに注目を集める存在になっているのです。

 しかし、”嘘からでた誠”ではありませんが、企画のたび「コイル」に投票しているうちに「コイル」に愛着が湧くようになったファンも現れるようになりました。今となっては、今回の5位という結果が”悪ノリ”なのかどうかすら判別ができなくなっています。

 繰り返しになってしまいますが、今回の結果に対し「今はこんな『ポケモン』もいるのか」と、なった方も少なくないはず。

 知らない「ポケモン」が人気を集めていたり、投票手段によって結果が大きく変わったりすることは『初代』の発売から25周年を迎え、今や898種類も存在する『ポケットモンスター』シリーズだからこそ起こった投票結果とも言えるでしょう。

(ふみくん)

(C)2021 Pokemon. (C)1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.]

外部リンク

cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_9wqfxtc9nxgk_『鬼滅の刃』生殺与奪の他に…日常で使いたい四字熟語10選 9wqfxtc9nxgk 9wqfxtc9nxgk 『鬼滅の刃』生殺与奪の他に…日常で使いたい四字熟語10選 oa-magmix 0

『鬼滅の刃』生殺与奪の他に…日常で使いたい四字熟語10選

2021年3月1日 15:40 マグミクス

『鬼滅』ファンなら日常使いしたい四字熟語 難しいけれど、かっこいい!

『鬼滅の刃 遊郭編』のTVアニメ化決定で、原作を読み直し中という方も多いことでしょう。そんな方に注目していただきたいのが、作品中に登場する数多くの「四字熟語」です。マンガ『鬼滅の刃』(本編+巻末4コマ+解説)では、嘴平伊之助のセリフ「猪突猛進」を筆頭に50個近い四字熟語が登場します。しかし、『鬼滅の刃』が連載された「週刊少年ジャンプ」(集英社)の読者層は、小学生から20代が中心。

 実際に小学校高学年の子供たち30人ほどに、作品中の四字熟語について聞いてみたところ、「意味は分からないけど、かっこいい」という答えがもっとも多く、他に「漢字のほうが強い感じがする」「漢字がいっぱいだと、昔の話っぽい」「(難しい言葉でも)雰囲気は分かる」など。漢字が多くて難しいことが、かえって「強さ」や「かっこよさ」を感じさせているようです。

 この記事では作品中に登場する四字熟語のうち、『鬼滅』ファンとして日々の生活でも使いたくなるもの10選を意味や用例と一緒にご紹介します。

※この記事では、まだアニメ化されていないシーンの記載があります。原作マンガを未読の方はご注意ください。

●「生殺与奪(せいさつよだつ)」

【エピソード】
 第1巻。鬼になった禰豆子を斬らないでくれと土下座して頼む炭治郎に向かって、水柱・冨岡義勇が放った言葉。作品中、最初に登場する四字熟語です。

【意味】
 他人について、生かすか殺すかが自分の思うままになること。

【用例】
 産屋敷耀哉は、鬼舞辻無惨がすべての鬼の生殺与奪の権を握っていることを見破っていました。

●「武運長久(ぶうんちょうきゅう)」

【エピソード】
 第3巻。鬼舞辻無残を倒す薬の研究をする珠世から禰豆子を預るという提案をされ、断った炭治郎に珠世が言った言葉。

【意味】
 戦いや戦場での幸運が終わることなく、いつまでも続くこと。

【用例】
 私たちは、柱をはじめ、鬼殺隊の隊士たちの武運長久を祈らずにはいられません。

●「猪突猛進(ちょとつもうしん)」

【エピソード】
 第3巻。鼓を操る鬼・響凱の屋敷での戦いの最中、猪の皮をかぶった謎の人物(嘴平伊之助)が、この言葉を叫びながら突然、現れました。

【意味】
 イノシシのようにあとさきを考えず、向こう見ずに突き進むこと。

【用例】
 猪突猛進で自由な伊之助と、生真面目で四角四面な炭治郎との会話は、なかなかかみ合いません。

●「融通無碍(ゆうずうむげ)」

【エピソード】
 第3巻の巻末4コマ。真面目すぎることを相談しに来た炭治郎に珠世が血鬼術「惑血 融通無碍の香」を使ったところ、ウ○コ自慢をする残念な炭治郎に……。

【意味】
 ひとつの見方や考え方にとらわれることなく、自由自在にものを見、考え方を変えること。

【用例】
 猪に育てられた伊之助と恋に生きる善逸は、どちらも融通無碍で、炭治郎を驚かせました。

●「生生流転(せいせいるてん)」

【エピソード】
 第5巻。那田蜘蛛山(なたぐもやま)の蜘蛛の鬼との戦いで刀を折られた炭治郎は、回転を増すごとに威力を増す連続技、「水の呼吸 拾ノ型 生々流転」で逆転勝利を狙いました。

【意味】
 世の中のすべての物は、何度でも生まれ変わり、時間とともにいつまでも変化し続けていくという意味。

【用例】
 万物は生生流転しているのだから、俺たちは立ち止まってはいられない。

●「冷酷無情(れいこくむじょう)」

【エピソード】
 第6巻第52話のサブタイトル。無惨は、集めた下弦の鬼たちに対して言いがかりをつけて殺していきます。

【意味】
 思いやりや同情心がなく、むごいことでも平気なさま。

【用例】
 鬼の祖である鬼舞辻無惨は、冷酷無情に下弦の鬼たちを殺していきました。

●「杓子定規(しゃくしじょうぎ)」

【エピソード】
 第14巻。上弦の伍(玉壺)によって閉じ込められていた水の鉢から何とか脱出した霞柱・時透無一郎は、毒によるしびれでもう戦えないと諦めかけた時、お館様こと産屋敷耀哉の「杓子定規にものを考えてはいけないよ」という言葉を思い出し、再び戦いの場に向かいました。

【意味】
 何でもひとつの規則に当てはめて処置しようとすることで、融通のきかないやり方や態度のこと。

【用例】
 善逸、そんな杓子定規なデートだと、女の子は喜ばないぞ。

●「百世不磨(ひゃくせいふま)」

【エピソード】
 第19巻。上弦の壱・黒死牟との戦いで不死川実弥も時透無一郎も歯が立たず、形勢がどんどん悪化する中、ついに最強の男、岩柱の悲鳴嶼行冥が「我ら鬼殺隊は百世不磨」のセリフとともに登場します。

【意味】
 長い年月を経ても、すり減らないことを意味し、永久に消えず残ること、いつまでも消滅しないこと。

【用例】
 謎多き画家、山本愈史郎は珠世を描いた絵によって、百世不磨の名声を得ました。

●「匪石之心(ひせきのこころ)」

【エピソード】
 第20巻173話のサブタイトル。上弦の壱・黒死牟との戦いは柱3人と不死川玄弥の4人がかりでも苦戦を強いられますが、それぞれが死をも覚悟して戦うなかでついに活路が……。

【意味】
 自分の信念を堅く守り、けっして揺らぐことのない心のこと。

【用例】
 匪石之心なくしては、大切な人を守れない!

●「一刀両断(いっとうりょうだん)」

【エピソード】
 上弦の壱・黒死牟は、双子の弟、継国縁壱と60年ぶりに再会。老いてなお全盛期と変わらない速さと威力を誇る縁壱の剣技を前に敗北感に打ちのめされました。

【意味】
 ためらうことなく、すばやく決断すること。

【用例】
 刺身盛りとカニ鍋と天ぷらという、伊之助からの夕食のおかずリクエストは、アオイに一刀両断されてしまいました……。

* * *

 株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「字面・意味がかっこいい『四字熟語』ランキング<座右の銘にも>」(10~30代の男女2678人を対象に2020年11月18日調査実施)によると、1位「百花繚乱(ひゃっかりょうらん)」、2位「花鳥風月(かちょうふうげつ)」、3位「天下無双(てんかむそう)」、4位「疾風迅雷(しっぷうじんらい)」、5位「竜飛鳳舞(りょうひほうぶ)」、という結果になっていました。

 美しさや激しさ、強さを感じさせる四字熟語が上位に入っていますが、『鬼滅』ファンなら、一味違う、四字熟語を使いこなしてみてはいかがでしょう?

※禰豆子の「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記

(山田晃子)

外部リンク

cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_u96undmpbm9x_死後の世界でカフェに来た女性、注文はタピオカドリンク u96undmpbm9x u96undmpbm9x 死後の世界でカフェに来た女性、注文はタピオカドリンク oa-magmix 0

死後の世界でカフェに来た女性、注文はタピオカドリンク

2021年3月1日 11:10 マグミクス

店主との会話で、人生を振り返る…「素敵なお話」

 突然の死を迎えてしまった女性は、死後の世界で船を待っていました。「大丈夫、心残りは何もない」そう思いながら到着した船に乗ろうとしますが、足が動かず、前に進めません。船員から「無理に進むことはない」と言われ、連れられて来たのはコーヒー店でした……。

 古川ちほさん(@_BLEND105_)による創作マンガ『死後の世界のコーヒー店で特殊なドリンクを注文するお話』がTwitterで公開されました。本作品はTwitterやpixivなどで公開中の『稀有の海より』シリーズの1エピソード。生前の世界に未練のある死者が、コーヒー店で自分の人生を振り返る物語に、読者から「ほっこりした」「素敵なお話」「元気が出た」「こんな死後があるといいな」などの声があがりました。

 作者の古川ちほさんに、お話を聞きました。

ーー古川ちほさんがマンガを描き始めたきっかけを教えて下さい。

 幼い頃から絵を描くことが好きで、絵の表現の幅を広げたいと思うようになってからマンガを描くようになりました。本格的に描き始めたのは2017年からです。

ーー『死後の世界のコーヒー店で特殊なドリンクを注文するお話』はどのようにして生まれましたか?

 無意識のなかにある寂しさに気付いたことがきっかけでした。私はよくひとり旅をするのですが、旅先で感じた出来事を誰かと共有したいと思っても、すぐに伝えられないことに孤独を感じることがあります。「ひとりは気楽だけど、どこか心細い」というもどかしさにも似た感情をマンガで表現してみたいと考え、このストーリーができました。

 特殊なドリンク(タピオカドリンク)を登場させたのは、生前の世界の流行が死後の世界では全く通じないあべこべ感を出してみたかったからです。

ーー今回のお話も含まれた『稀有の海より』シリーズは、死後の世界を舞台に、コーヒー店の店主が死者を迎えるという展開ですが、“死後の世界”や店主のキャラクターを描くうえで工夫なさっている点、心がけている点などがあれば教えて下さい。

“死”という表現はデリケートなものでもあるので、暗すぎる内容にならないよう気をつけています。また、冒頭に登場する船乗り場やメインの舞台であるコーヒー店は「自分の人生に区切りをつけ、命の終わりへ旅立つための出発点」となる場所なので、そこには必ず誰かがいて、静かに寄り添うような温もりがあってほしいと思いながら描いています。

 店主であるイトという青年は、人生に未練を残した死者(ホツレ)を迎え入れ、コーヒーでもてなしますが、彼らに対して「こうしろ、ああしろ」というような助言はしません。コーヒーとともに言葉もテーブルに置いていくように話し、その後は夜明けまで彼らを見守ることに徹します。素っ気なく感じる行動かもしれませんが、そこにイト自身の優しさがあるので、表情やしぐさなどの描写で伝えられるよう心がけています。

ーー作品に対する反応で、特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

「自分だったらどうだろう」というような、人生と死について考えるきっかけになったという内容のお声を多く頂戴しています。そんな物語であれたらいいなと思って描いたものなので、そう感じていただけてとてもうれしいです!

 実際に温かい飲み物を用意してお読みくださった方もいらっしゃるようで、なかには「コーヒー屋さんで豆をひく音と香りに包まれながら読みました」というコメントもあり、ご自身で体感するようにこの物語を味わってくださったのかなと想像したら本当にうれしくなりました。ありがたいです!

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 今回ご紹介いただいた『稀有の海より』シリーズは、個人で発行している同人誌で展開している作品なので、今後もそのように活動・発表していく予定です。オムニバス形式のストーリーなので、また機会があれば1話丸々Twitterで公開したいと考えています。

 まだマンガ執筆の経験が浅いため模索を続ける日々ですが、表現したいと思うものがある限り、今後もコツコツと描き続けていきたいです。

(マグミクス編集部)

外部リンク

cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_ipxw6jfjw21k_テレ東を知らない、地方在住の子供たち 哀しいエピソード ipxw6jfjw21k ipxw6jfjw21k テレ東を知らない、地方在住の子供たち 哀しいエピソード oa-magmix 0

テレ東を知らない、地方在住の子供たち 哀しいエピソード

2021年3月1日 07:10 マグミクス

東京には『おはスタ』という夢のような番組があるらしい…

 日本全国、テレビ東京を観ることができると思ったら大間違いです。

 企画力に優れた番組を量産し、今ではバラエティ界を牽引する存在となったテレビ東京(以下、テレ東)。でも、テレ東の話が出るたびに哀しい表情を浮かべる人たちがいます。そう、テレ東が放送されていない地域に住んでいる地方民たちです。天下のテレ東といえどもその系列局は全国にわずか6か所。東北や北陸、および九州の一部地域の人々は「どうやらテレビ東京というものがあるらしい」というぼんやりとした疎外感とともに成長していきます。

 そしてこうした “テレ東圏外”の弊害をもろに引き受けたのが90年代における地方在住の子供たちだったと言えるでしょう。

●“ポケモンショック”が何かもわからず放送中止に…

 1997年に放送が開始されたアニメ『ポケットモンスター』(以下、ポケモン)もテレ東系列です。とはいえ多くの地方局は独自に枠を設けて放送しており、 “テレ東格差”も浮き彫りになることはありませんでした。ところが同年12月に発生したいわゆる“ポケモンショック”において、それは顕在化します。国内のみならず海外メディアでも大きく報道され、ついにはアニメ『シンプソンズ』でネタにされるほど世界的な注目を集めたこの事件。そんな大騒ぎのなか、ただただキョトンとしていたのが地方の小学生でした。なぜなら問題とされたエピソードが彼らの地元ではまだ放送されていなかったのです。

 その背景にあったのは“遅れネット放送”という大人の事情。テレ東圏外において『ポケモン』は1週遅れでの放送となり、当然ながら問題となったエピソードはお蔵入り。結果、何もわからぬまま『ポケモン』は放送中止となりあ然。その後、彼らは聞き得た断片的な情報から「どうやらポリゴンが悪かったらしい」というあらぬ嫌疑をかけたまま大人になっています。

●『おはスタ』の到来と「おーはー」への困惑

 子供向けバラエティ番組『おはスタ』にいたっては完全に未知の領域です。地方の小学生にとって登校前に享受できる娯楽などせいぜい「きょうのわんこ」が限界で「した。そんなときに「東京の方じゃ、朝からアニメやゲームの話ばかりしてる『おはスタ』という番組があるらしい」とのうわさが流れます。「そんな馬鹿な話があるものか」と疑うも、そこから派生した「おーはー」なる、フランクにもほどがある挨拶が全国的に流行。『おはスタ』というガンダーラの存在を確信し、いよいよテレ東への羨望を募らせていくことになりました。

●「コロコロ」は疎外感を共有する装置

 小学生の聖書は「月刊コロコロコミック」(以下、コロコロ/小学館)か『かいけつゾロリ』(著:原ゆたか/ポプラ社)です。ところが90年代後半、聖書「コロコロ」に異変が起こり始めます。マリオ、カービィ、ポケモンなどの人気キャラクターと並んで「怪人ゾナー」と名乗る面妖なキャラがマンガでも実写でも誌面を占拠し、また 「おはガール」や「イマクニ?」なる者がさも最初からいたような顔で「コロコロ」に登場してきたのです。地方小学生たちは「誰だ」「解せぬ」と眉間にしわを寄せるばかり。

 これすなわち『おはスタ』帝国主義の始まりでもありました。(『おはスタ』がテレビ番組版「コロコロ」として企画されたことを知るのはそれよりずっと後のことです)。とはいえ彼らは“全員が平等に知らない”という状況を前向きにとらえ、「コロコロ」で垣間見れる『おはスタ』情報をもとにあれこれ想像を膨らましては楽しみ、疎外感を共有することで不思議な連帯意識をもつに至ったのです。

* * *

 月日は流れ、現在は「TVer」や「Paravi」などの見逃し配信サービスの発達で地方在住者でも簡単にテレ東の番組を視聴することが可能になり、上記のような疎外感は緩和されました。

 テレ東は日本の少年少女たちにとって常に特別な存在です。『おはスタ』を観て成長すれば思い出として、観ずに成長すれば羨望の記憶として、それぞれ違った形で心の中に息づくことになりますし、「イマクニ?」が結局何者だったのかは誰も知らないままです。

(片野)

外部リンク

cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_fprshrovadh9_つらくて怖い、ダークファンタジーアニメ3選 鬱展開も… fprshrovadh9 fprshrovadh9 つらくて怖い、ダークファンタジーアニメ3選 鬱展開も… oa-magmix 0

つらくて怖い、ダークファンタジーアニメ3選 鬱展開も…

2021年2月28日 16:40 マグミクス

なぜ…鬱展開に絶句しつつも目が離せない!

 2021年4月に「別冊少年マガジン」で最終回を迎える、マンガ『進撃の巨人』(著:諫山創/講談社)。名作ダークファンタジーとして10年以上愛されてきた作品とあって、最終回を惜しむ声や展開を予想する声が、すでにネット上にあふれています。これにちなみ、『進撃の巨人』のように「つらくて怖いのに面白い」ダークファンタジー作品を3選ご紹介します。SNSでも「背中がぞわぞわした」「もう許してください」と評判です。

●『結城友奈は勇者である』(2014年10月~放送)

『結城友奈は勇者である』は、『暗殺教室』『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』の岸誠二が総監督を、『アカメが斬る!』の原作・シナリオ監修を務めたタカヒロが企画・原案を手がけた、オリジナルアニメです。香川県が舞台の本作は一見、女子中学生の日常を描いているように見えます。しかし物語が進むにつれ、彼女たちのつらい「お役目」が判明していきます。

 時は神世紀300年。讃州(さんしゅう)中学校に通う結城友奈(ゆうき・ゆうな/CV:照井春佳)は、授業を受けたり皆で帰りにうどんを食べたりと、普通の中学生活を満喫していました。少し変わっているのは、「勇者部」という部活に所属していること。勇者部では、保育施設での人形劇や迷い猫探しなど、人の役に立つさまざまな活動を行っていました。ある日の授業中、急に友奈と親友・東郷美森(とうごう・みもり/CV:三森すずこ)の携帯電話が鳴り出します。画面には「樹海化警報」という見慣れない警告が出ていて――?

 日常生活を送りながら、世界を殺そうと現れる「バーテックス」と戦う友奈たち。変身して「勇者」となり、その力を開放する能力「満開」を武器に戦います。しかしその代償として、隠された能力「散華(さんげ)」が発動し、彼女たちは身体・精神機能の一部を失っていくのです。自分たちが勇者であること、散華という能力があることなど、あまりに多くの情報を知らされず勇者になった友奈たち。じわじわと当たり前の日常を失っていく彼女たちの様子は、時に目を覆いたくなるほど絶望的です。そんななか、友奈たちは本作のテーマである「勇気」をどう発揮していくのか――。第3期の制作も決定している、ダークかつ人気の高い作品です。この作品は、「dアニメストア」「U-NEXT」「バンダイチャンネル」などで見ることができます。

●『GUNSLINGER GIRL』(2003年10月~放送)

『GUNSLINGER GIRL』は、同名マンガ(著:相田裕/アスキー・メディアワークス)を原作としたアニメです。原作は第16回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で優秀賞を受賞していますが、「重度の障害を持った少女を洗脳し戦わせる」という非倫理的な設定に、議論が巻き起こった作品でもあります。

 公益法人「社会福祉公社」は、障害者福祉を掲げているイタリアの組織です。しかしその実態は、障害を持つ少女たちに肉体の改造と「条件付け」という洗脳を行い、暗殺者に育て上げる政府の機関でした。公社の一員であるジョゼッフォ・クローチェ(通称・ジョゼ/CV:木内秀信)はある日、一家惨殺事件の生き残りの少女・ヘンリエッタ(CV:南里侑香)と出会います。自殺を望んでいた彼女を公社に引き取り、担当官となったジョゼ。改造と条件付けを受けたヘンリエッタは、徐々に暗殺者としての腕を磨いていきます。しかしとある作戦に参加したヘンリエッタは、ジョゼの命令に反して発砲してしまい――?

 あまりに残酷な設定に賛否両論が巻き起こった本作。物語は終始淡々と進み、「義体」と呼ばれる少女たちも表情ひとつ変えず暗殺を行います。肉体を改造され、「条件付け」で洗脳され、暗殺を命じられる――。幸せとはほど遠いはずなのに、少女たちはそれぞれに幸せを感じています。「担当官に褒められること」「手足が自由に動くこと」。そのささやかな幸せすら、「条件付け」で感じているだけかもしれないのです。思わず「それでいいの?」と問いかけたくなる、重厚な余韻のある作品です。この作品は、「dアニメストア」「FODプレミアム」「Amazonプライム・ビデオ」などで見ることができます。

●『亜人』(2016年1月~放送)

『亜人』は同名マンガ(著:桜井画門/講談社)を原作としたアニメで、原作は累計発行部数900万部を突破。脚本には『進撃の巨人』を手がけた瀬古浩司氏を迎えています。劇場アニメ化・実写映画化もされており、数々のタイアップも行われた人気の作品です。不死身の新生物「亜人」と、亜人を恐れ捕獲しようとする人間の、日本を巻き込んだ戦いを描いています。

 高校3年生の永井圭(ながい・けい/CV:宮野真守)は、医学部進学を目指す優等生。「立派な人間になる。そのためには必要なものだけを選ぶ」と、日々淡々と勉強していました。ある日、妹の永井慧理子(ながい・えりこ/CV:洲崎綾)お見舞いに行った圭は、帰りにトラックにひかれてしまいます。しかし血だらけの圭は見る間に回復し、不死身の新生物「亜人」だということが判明。捕まると虐待実験されることを知っている圭は、唯一頼れる友人・海斗(かいと/CV:細谷佳正)に助けを求めますが――?

 見た目は同じ人間でありながら、研究対象として実験材料にされてしまう亜人。厚生労働省には亜人を研究する「亜人管理委員会」があり、圭が亜人だと分かった途端にニュースで報道されるなど、設定はかなりリアルです。そのリアルさもあいまって、虐待実験のシーンでは亜人がさまざまな方法で何度も殺され、思わず目を背けたくなります。「亜人だから人間を襲う」というわけではないのに、実験で何度も亜人をなぶり殺したり、「どうせ生き返るから」と殺して捕まえようとしたり……。相手が亜人だというだけで、一気にタガが外れてしまう人間の怖さにも注目です。圭以外の亜人も徐々に登場し、亜人同士の血で血を洗う争いも。視聴の際は、まず物語が加速する第7話までご覧ください。この作品は、「Netflix」「U-NEXT」「バンダイチャンネル」などで見ることができます。

* * *

 それぞれ異なるつらさ・怖さのダークファンタジーを3選ご紹介しました。人間の負の側面を描くからこそ、つい深みに引き込まれてしまうダークファンタジー。見ていて本当につらくなることもありますが、その分心に残るものは大きいかもしれません。

※配信状況は記事掲載時点のものです。

(新美友那)

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

外部リンク

cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_mg70n9sc9dd9_近未来の東京、バーで出会った男女 真相に「切ない…」 mg70n9sc9dd9 mg70n9sc9dd9 近未来の東京、バーで出会った男女 真相に「切ない…」 oa-magmix 0

近未来の東京、バーで出会った男女 真相に「切ない…」

2021年2月27日 11:10 マグミクス

技術が進んだ未来で行われていたのは…不思議な世界

 2045年、東京・光の街区。ここはテクノロジー企業のビルが乱立する技術特区。到着した女性がバーに入ると、マスターから「いつものでよろしいですか?」とたずねられました。彼女は常連客ですが、「何だか今日は変」そう思っているところへ、不思議な男性が近づき……。

 山崎ハルタさん(@harutan044)がTwitterで公開した創作マンガ『夜明けのコギト』。清瀬順さん(@Jun_Kiyose)原作、山崎ハルタさん作画の本作は、技術が進んだ近未来の東京を舞台とした、不思議な世界観の作品です。近未来だからこその展開に、読者からは「素敵」「切ない」「深淵を覗くような物語」「映画を観たような感覚」などの声があがりました。

 作品について、山崎ハルタさんと清瀬順さんにお話を聞きました。

ーー『夜明けのコギト』のお話はどのようにして生まれましたか?

清瀬順さん(以下、清瀬) 山崎ハルタさんの描かれる男性キャラクターの魅力が出る話が良いなと考えていたので、ミステリアスでどこか陰のある人物であるクロノという主人公から考えました。彼がバーで女性と出会って……でも実は単なる出会いではなく、裏の関係性のあるエピソードを、という感じで作っていきました。記憶をめぐる物語は以前から関心があったので、それを盛り込んだ形です。こうしたお話にご興味のある方は「世界五分前仮説」で調べてみると面白いかもしれません。

ーー未来の東京の描写や、登場人物の心理描写が繊細で、作品全体の世界観が素敵です。各場面の作画にあたっては原作の清瀬順さんと話し合いなどをされながら進めていかれたのでしょうか? また、その過程で工夫なさった点や難しかった点などがあれば教えて下さい。

山崎ハルタさん(以下、山崎) 清瀬順さんと世界観などのイメージを共有してから作画作業に入るわけなんですが、打ち合わせの段階からイメージを綿密に伝えていただいたので、自分もすんなりと入り込んで描けました。クールな世界観は元々好きなので。イメージの食い違いがあるといけないので、チェックは割と頻繁にお願いしましたね。ただ自分では絶対に選ばないだろうなというアングルの指定もあったりして(冒頭で女性がバーのドアを開けるところの俯瞰の構図など)、そこは苦労しました。こういう構図は大変なので、自分からあえて描くことはないので(笑)。

ーー作品に対する反応で、特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

清瀬 「不思議と明るい」というご感想が印象に残っています。あとは「自分がもしこの女性の立場だったらどうするか?」という想像をされている方が多かったので、考えたかいがあったなと思いました。

山崎 「世界観が好き」と言っていただけてうれしかったです! 商業で描いている『うちの上司は見た目がいい』はラブコメで世界観が全く違って、表現の幅が広がればいいなと思って描いたので。

ーーシリーズ化もできそうなお話ですが、続編は考えていらっしゃいますか?

清瀬 そうですね、同じ世界観でいくつかエピソードは考えています。次回はもう少し短くても良いかもな……と思っています。

ーー山崎ハルタさんがTwitterで連載中の『うちの上司は見た目がいい』について、単行本3巻が2021年3月4日に発売予定です。見どころなどをご紹介いただけますか?

山崎 『うちの上司は見た目がいい』は、とにかく見た目がいいのにいつも抜けている速水部長と彼をフォローするしっかり者の部下の青山さん、陽気な安西くんと隣人の佐々木さん、営業部の神崎主任とアルバイトの穂坂ちゃんなど、複数の恋愛模様が同時進行で進んでいくオフィスラブコメです。3巻では、さらにそれぞれのカップルの関係が進んで、新しい出会いや、意外な展開もあったり、盛りだくさんの内容になっています。カバーも単行本には珍しくリバーシブルになっていたりと、装丁もとても凝った作りになっています。ぜひお手に取って見ていただきたいです!

(マグミクス編集部)

外部リンク

cat_6_issue_oa-magmix oa-magmix_0_of2hqfze33ev_ポケモン 赤・緑バグ技3選 5分でレベル100の衝撃と背徳感 of2hqfze33ev of2hqfze33ev ポケモン 赤・緑バグ技3選 5分でレベル100の衝撃と背徳感 oa-magmix 0

ポケモン 赤・緑バグ技3選 5分でレベル100の衝撃と背徳感

2021年2月27日 07:10 マグミクス

『ポケモン 赤・緑』初代の多種多様なバグ技

 2021年は「ポケットモンスター」(以下、ポケモン)シリーズの誕生からちょうど25周年にあたります。”ポケモン”と呼ばれる不思議な生き物と触れ合い、ゲットしたポケモンを他のポケモンと戦わせる。「ポケモン」シリーズの中核を成す”ポケモン収集”&”ポケモンバトル”は、1996年2月27日に発売された『ポケットモンスター 赤・緑』(以下、赤・緑)の時点で既に顕在だったように思われます。

 そうした魅力のほか、『赤・緑』と言えば「バグ技」の多さも見逃せないポイントです。幻のポケモン「ミュウ」を出現させる方法に始まり、ポケモンの急速レベルアップや手持ちポケモンのコピーなどなど、有名なものからマイナーなものまで、その種類は判明しているバグ技だけでも実に多種多様。今回は『赤・緑』で確認できたバグ技を3つ取り上げ、ざっくりと内容を振り返ります。

※本稿はバグ技の使用を推奨する意図はございません。バグ技の確認および利用等は自己責任でお願いします。

●一度の戦闘でレベル100に到達

 通常、ポケモンを育成するためにはポケモンバトル(野生・トレーナー)を繰り返し、経験値を貯めて地道に強くなるほかありません。時間と手間を惜しまずつぎ込むからこそ、ポケモンはトレーナーの期待に応えてくれるのです。しかし『赤・緑』には、一度のポケモンバトルで瞬時にレベル100(最大)まで到達できるバグ技が存在しました。

 手順は簡単、なおかつ再現性も高め。具体的には「どうぐ」欄の7番目にカーソルをあわせてセレクトボタンを押し、近くの草むらに入って野生ポケモンと戦闘。あとは所定の手順を踏むだけで、5分と経たないうちにポケモンがレベル100まで急成長します。

 とはいえ、こちらのバグ技を使ったポケモンは内部パラメーターの都合上、通常の手法で育てたポケモンと比べるとやはり弱さが浮き彫りになります。それでもなお、手持ちポケモンが一瞬でレベル100に到達する光景は、ユーザーへ背徳感と共に大きな衝撃を与えました。

●152匹目のポケモン?「けつばん」

『赤・緑』の登場ポケモンは全151匹(ミュウを含む)ですが、とあるバグ技を用いることでポケモン図鑑に「けつばん」という謎のポケモンが登録されます。

 見た目は特定の姿を持たないモザイク状で、常に画面表示のバグをともなう奇怪な存在。ポケモンバトルに使えなくもありませんが、その奇怪な正体を知るものは世界中のどこにもいない……というのは尾ひれのついたうわさ話。実際のところ、けつばんは語源である”欠番”の通り、『赤・緑』のデータ領域を指し示す名称なのです。

 ゆえに図鑑に登録こそされるものの、実態はポケモンではなく単なる不要データ。当初は表立って言及されていませんでしたが、幻のポケモン「ミュウ」を何とかバグ技を使って出現させようと試みるユーザーが増えたことで、相応してけつばんのバグ技も広く認知されるようになりました。

 ちなみに実際のポケモン図鑑152匹目は、『ポケットモンスター 金・銀』に登場する「チコリータ」(草タイプ)。その見た目はけつばんと全く異なり、頭頂部から葉っぱの生えたかわいらしい4足歩行ポケモンです。

●オーキド博士と念願のポケモンバトル

 主人公に最初のパートナーポケモンを託し、その後も何かと旅路を気にかけてくれる「オーキド博士」と言えば、マサラタウンでポケモンの謎解明に励む研究者のひとり。彼は『赤・緑』に加えてテレビアニメ版や後年の作品にもたびたび登場しており、「サトシ」と並んでシリーズを代表するキャラクターとして支持を得ています。

 マサラタウンで研究に勤しむ日々を送っているオーキド博士。ところがどうぐ欄で行うバグ技を利用することにより、本来ならありえない”オーキド博士とのポケモンバトル”が実現しました。

 ポケモンバトル時のオーキド博士は名称が「オーキドせんせい」へと変わり、手持ちポケモンを繰り出して主人公の実力を図ろうと意気込みます。際立っているのはポケモンの強さ。「ケンタロス」(レベル66)や「ウインディ」(レベル68)、さらには「ギャラドス」(レベル70)といった高レベル帯を惜しみなく使用。その実力はポケモン研究の第一人者と呼ぶにふさわしく、四天王およびチャンピオンをかろうじて倒せるレベルならまだしも、遊び半分で挑むと手痛いしっぺ返しをくらってしまいます。

 オーキド博士との対戦イベントはストーリーに組み込む形、もしくはストーリークリア後のオマケとして用意されていた、という説が有力。何らかの理由(データ不足等)でボツとなったため、『赤・緑』で正式実装されることはありませんでしたが、後年の『ポケットモンスター X・Y』にて同等の対戦イベントが日の目を見ることに。こちらではカロス地方のポケモン研究者「プラターヌ博士」と主人公の間でポケモンバトルに親しむ様子が描かれていました。

* * *

 バグ技はユーザーの興味や好奇心を掻き立てる一方、データ破損などのデメリットを伴うセンシティブな一面が大きく目立ちます。

 この側面は今回のお題にも例外なく当てはまりますが、だとしても『赤・緑』が巻き起こした一種のバグ技ブームにおいて、当時のコミュニティ……もといポケモン少年少女から注目を集めたのは事実と言えるのではないでしょうか。

(龍田優貴)

外部リンク