cat_18_issue_oa-kobenext oa-kobenext_0_ba203bca041e_無名から無敵へ、公立校・明石商野球部のサクセスストーリー ba203bca041e ba203bca041e 無名から無敵へ、公立校・明石商野球部のサクセスストーリー oa-kobenext 0

無名から無敵へ、公立校・明石商野球部のサクセスストーリー

2019年8月29日 10:00 神戸新聞NEXT

この夏、新鋭の公立校が甲子園を沸かせた。
兵庫代表の明石商業高校。

2度目の夏の甲子園出場ながら、初戦で前々回の優勝校、花咲徳栄(埼玉)を下し、準々決勝では甲子園準優勝3度の八戸学院光星(青森)を撃破。

盗塁、エンドラン、スクイズと多彩な仕掛けで強豪に競り勝ち、春のセンバツ大会に続くベスト4進出を果たした。
準決勝では優勝した履正社(大阪)に完敗を喫したが、その快進撃は多くの高校野球ファンを魅了した。

地元兵庫では「明商=メイショウ」の愛称で親しまれる商業高校は、かつて県内でも無名の公立校に過ぎなかった。

"愛され高校"の意外な過去


1953年創立の明石市唯一の市立校。野球部は長く目立った戦績を残せず、夏の兵庫大会での4強入りは、1963年の1度のみ。
大抵は2、3回戦止まりで、ベスト16にすらほとんど届かなかった。一介の公立校だった十数年前まで、明石商に本気で甲子園出場を考える者などいなかった。

目標が見えない野球部と同様、学校自体も方向性が定まらなかった。
商業高校として設立され、実務を中心とする専門教育に取り組んできたが、平成以降、進学志向が強まる中、近隣の県立普通校に比べ、就職重視の市立商業校の存在感は薄かった。

意欲のある生徒からは敬遠され、学校の雰囲気は低下。一部の生徒は授業を抜け出し、制服姿で学校近くの商業施設をたむろした。
問題行動も目立ち、市民から眉をひそめられ、中途退学する者も少なくなかった。

当時を知る市の関係者はこう漏らす。

「市立高校にもかかわらず、市民の評判は良くなかった。明石商には行かせたくないと考える保護者は多かった」

学校の誇りを取り戻すために


明石商を管理、運営する明石市は頭を悩ませていた。
折しも少子化の影響が懸念され、高校は公立、私学を問わず、生徒を集めるための特色づくりに躍起になっていた。

乗り遅れた高校は淘汰の対象となり、他校との統合や存続そのものが危ぶまれる。
「明石商を取り巻く状況は厳しい。新たな発展が必要ではないか」。

市議会でも明石商の将来が不安視される中、明石市が打開策として目を向けたのが「スポーツ」だった。

中でも一般にも人気が高い「野球」による立て直しに焦点を絞った。「高校野球で結果を残し、学校の誇りを取り戻せないか」。市役所内にそうした機運が高まった。

明石は古くから野球とゆかりが深いまちだ。
戦前の1933年には旧制明石中(現明石高)が夏の甲子園大会準決勝で中京商(現中京大中京高)と延長25回の死闘を演じた。

4時間55分の激戦の末、悲運のサヨナラ負けを喫した「明石」の名前は一躍全国にとどろき、史上最長試合として今も語り継がれる。
夏の甲子園後には毎年、全国高校軟式野球選手権が明石トーカロ球場で開かれ、「軟式野球の聖地」「もう一つの甲子園」としても知られる。

明石商の将来について議論を重ねた市は市議会でこう表明した。

「野球を通じて明石商を向上させ、地域を活性化していく」

それが2005年のことだった。

前例のない"強化手法"とは


明石市は明石商野球部の強化に本腰を入れる。まず取り組んだのが、指導者の招聘。その手法が実に斬新だった。
野球指導経験者を外部から公募し、市職員として採用する--。地方自治体による高校野球指導者の募集は全国的にも初めて。前例のない「野球指導専門職員」は募集段階から話題を集めた。

その独自性でマスコミにも取り上げられ、全国から中学校以上の野球部で監督経験のある社会人7人が受験。
その中の1人が現在、チームを率いる狭間善徳氏だった。

狭間氏は地元の明石南高校出身。
日体大を経て高知・明徳義塾高校のコーチを就き、明徳義塾中学の監督も務めた。

全国大会で4度の中学日本一に輝いた実績を持ち、「新生・明商」の指揮官としては打ってつけの人材だった。
採用選考に携わった市職員は「実績に加え、しっかりとした考えを持っていた」と振り返る。

2006年にコーチとして明石商に赴任し、翌07年秋に監督就任。
明徳義塾で名将・馬淵史郎監督の薫陶を受けた狭間監督はチームを根底からたたき直した。

指導は、練習用のユニホームやスパイクを整頓するところから始まった。

姿勢は厳しく、時には部室の中の道具が全て外に出されていたこともあった。下級生だけだったグラウンド整備を全員で担うようになり、監督が練習前、1人で草むしりをしていることもあった。

練習内容も一変した。
10分ほどだった練習前のアップは、キャッチボールまで2時間を使うこともあった。全員の動きがそろうまで、ダイヤモンドを何周もランニングした。

厳しい改革はほどなく実を結ぶ。
2000年以降、2回戦が最高戦績だった秋の兵庫県大会で、監督就任直後の07年にベスト8進出を果たす。実に24年ぶりの躍進だった。

自然と集まりだした「有力選手」たち


翌08年はさらなる快進撃を演じ、夏はノーシードから逆転勝ちを重ねて西兵庫大会でベスト4入り。
半世紀を越える部の歴史で、たった1度しかたどり着けなかった準決勝の舞台に、狭間監督は就任わずか1年で引き上げた。

懐疑的だった周囲にインパクトを与えるには十分な結果だった。

兵庫の高校球界は群雄割拠と称される。
東の報徳学園、西の東洋大姫路が名門私学として君臨し、中心部の神戸市には育英、滝川第二の伝統校や平成以降にのし上がってきた神港学園、神戸国際大付の私学勢が甲子園出場をうかがう。

社、姫路工、市尼崎の公立勢も実力を備え、新鋭が割って入るのは容易ではない。
有望な中学生は県内の強豪校だけでなく、県外にもチャンスを求め、選手の争奪戦は激しい。

戦力では私学に劣る明石商は「弱者の戦法」を貫いた。
徹底して守備を鍛えてミスをなくし、無駄な失点を防いだ。攻撃は、打つだけでなく四球や敵失で出塁をもぎ取り、走者が出ればバントで堅実に進める。

投手を中心に守り抜き、少ないチャンスを確実に生かす。豊富な練習量で当たり前のことを当たり前に実行できるようになれば、多少の戦力差であれば、簡単には負けない。
甲子園には届かずとも、地道な戦いで上位進出を重ねるに連れ、有力選手が一人、また一人と明石商の門をたたくようになった。

プロ注目右腕の登場。優勝候補への名乗り


時を同じくして、明石商は学区を拡大。これまで明石市内とその周辺に限られていた通学区域を県内全域に広げた。
当初は推薦入学が対象だったが、市外からの入部は選手層の厚みにつながり、野球部にとっては追い風になった。

今季のプロ野球西武のドラフト1位、松本航が明石商に入学したのは2012年のことだ。
中学時代から注目されていた本格派右腕の入部は、明石商が強豪として認められた証しでもあった。

140キロを超えるプロ注目の右腕を看板に私学とも互角に渡り合い、夏の大会前は優勝候補として名前が挙がるほどに。
松本は3年生夏の5回戦で1試合20奪三振の快投。準々決勝で同じ公立校の社に競り負け、松本が在籍した3年間で甲子園出場はかなわなかったが、県内に鳴りを響かせるともに、悲願達成への潮目となった。

松本が卒業した翌年の2015年、明石商は大きく飛躍する。
秋の兵庫県大会決勝で名門・報徳学園を撃破。過去何度も苦杯を喫してきた兵庫の雄を下し、甲子園につながる夏、秋の大会で初めて県のトップに立った。

県1位の自信を引っ提げ、32年ぶりに出場した近畿大会では堂々の4強入りを決め、翌春、創部初のセンバツ大会出場を果たした。
苦節を経て甲子園をつかんだ狭間監督は言った。

「弱かったチームが粘れるようになってきた。選手が頼もしくなってきた」

歓喜の街。その中心に「明石商」


市と一体となってスタートした改革から10年。無名の公立校は鮮やかな変貌を遂げ、明石のまちは歓喜に沸いた。

2016年のセンバツ初出場から今夏で4度の甲子園出場。
その間、兵庫県内では史上初の4季連続県大会制覇、公式戦28連勝の記録も打ち立てた。

わずか10年余りで、群雄割拠の兵庫球界で無敵の強さを身につけた明石商。
一介の公立校を常勝チームに生まれ変わらせたその実績は狭間監督の手腕に尽きる。

監督が就任間もない、まだ無名だった頃のOBは今も学校に足を運び、グラウンドの観覧席のひび割れや、破れたネットの補修を買って出ている。
厳しいながらも愛情があった狭間監督の指導。「今があるのは野球部と監督のおかげ」と、そのOBは感謝の言葉を紡ぐ。

夏の甲子園の準決勝で涙をのんだ翌日、引退する3年生を集めて狭間監督は最後にこう声を掛けた。

「頑張ったことを次へ生かさないと意味ないぞ。悩んだらいつでも帰ってこい。そういう場所があることを胸に羽ばたいていけ」

歯に衣着せぬ言葉と派手なガッツポーズ。
徹底した分析に裏打ちされた緻密な戦略。
そして、教え子たちへの情熱。

高校野球の原点を思い出させる、明石商と狭間監督の改革は、甲子園の頂点に立つ日までまだまだ続く。

【編・神戸新聞運動部】
この記事は神戸新聞社によるLINE NEWS向け特別企画記事です。

外部リンク

cat_18_issue_oa-kobenext oa-kobenext_0_e25ee1990fcd_J1神戸、ベルギー代表DF獲得へ 昨季までバルサ在籍 e25ee1990fcd e25ee1990fcd J1神戸、ベルギー代表DF獲得へ 昨季までバルサ在籍 oa-kobenext 0

J1神戸、ベルギー代表DF獲得へ 昨季までバルサ在籍

2019年7月25日 18:09 神戸新聞NEXT

 サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸が、昨季までバルセロナに在籍したベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(33)の獲得に迫っていることが24日、分かった。同日夜、神戸市内のホテルであった神戸とバルセロナ(スペイン)が対戦する国際親善試合「楽天カップ」の歓迎会でクラブ関係者が明らかにした。

 フェルマーレンはアヤックス(オランダ)やアーセナル(イングランド)などを経て2014年にバルセロナに加入。ベルギー代表では昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会で過去最高の3位躍進に貢献した。

 クラブ関係者によると、すでに来日し、24日夜に神戸市内のホテルで交渉の席についているという。

 正式に加入が決まれば、神戸の外国籍選手は計9人となり、バルセロナの所属経験がある選手もイニエスタ、ビジャらに続き4人目となる。

 神戸とバルセロナの親善試合は27日午後6時からノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)である。

外部リンク

cat_18_issue_oa-kobenext oa-kobenext_0_dce6f74dffe6_飛び込み・寺内健が練習公開「先陣切って五輪決める」 dce6f74dffe6 dce6f74dffe6 飛び込み・寺内健が練習公開「先陣切って五輪決める」 oa-kobenext 0

飛び込み・寺内健が練習公開「先陣切って五輪決める」

2019年6月12日 16:27 神戸新聞NEXT

 2020年東京大会で6度目の五輪出場を目指す飛び込み男子の寺内健(38)=ミキハウス、兵庫県宝塚市出身=が10日、活動拠点のJSS宝塚(同市)で練習を公開した。来月の世界選手権の結果次第で、全競技を通じ東京五輪日本代表内定第1号になる可能性があり「先陣を切ってオリンピックを決めたい」と誓った。

 2月から肩を痛めており、板を踏む練習を本格的に再開したばかりだが、世界選手権に向け「5本の指に入る自信はある」と話す。五輪では3メートル板飛び込みとシンクロ板飛び込みでメダルを見据え「どちらにも100パーセントの力を注ぐ」と決意を示した。

 4月の日本室内選手権男子高飛び込みで史上最年少優勝を果たした宝塚市立高司中1年の玉井陸斗(JSS宝塚)には「26歳下のライバルに大きな刺激を受けている。僕の経験も伝えたい」と笑みを見せた。(藤村有希子)

外部リンク

cat_18_issue_oa-kobenext oa-kobenext_0_4d8cb1b0c721_J1神戸、ポドルスキの復帰めど未定 母国・独で静養中 4d8cb1b0c721 4d8cb1b0c721 J1神戸、ポドルスキの復帰めど未定 母国・独で静養中 oa-kobenext 0

J1神戸、ポドルスキの復帰めど未定 母国・独で静養中

2019年6月12日 16:17 神戸新聞NEXT

 体調不良で母国ドイツに帰国したJ1神戸のポドルスキについて、復帰の見通しが立っていないことが11日、分かった。当初は同日の練習からチームに合流する予定だったが、三浦スポーツダイレクター(SD)は「へんとう炎でまだドイツにいる」と明かした。

 ポドルスキは5月15日の一般公開練習後、高熱により離脱。同26日の湘南戦で復帰し、1アシストを記録したが、再びチームを離れていた。三浦SDによると、手術を受けず、ドイツの自宅で静養しているといい「一日でも早く戻ってきてほしい」と回復を願った。(有島弘記)

外部リンク