cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_a29e9ac5cc5a_南野陽子 秋の名曲の秘話を公開 a29e9ac5cc5a a29e9ac5cc5a 南野陽子 秋の名曲の秘話を公開 oa-jolf 0

南野陽子 秋の名曲の秘話を公開

「ニッポン放送ホリデースペシャル 太田胃散プレゼンツ 南野陽子 今日はナンノ日っ!2018」(10月8日放送)で、南野陽子が2時間の特別放送を行った。

「食欲の秋」にちなんだ『秋グルメ・食べるならどっちナンノ!?』、「女心と秋の空」にちなんだ人肌恋しい季節ならではの『秋ソングコレクション』などナンノ流の秋を紹介した。
さらに楽曲は全てナンノが選曲!秋の定番曲「秋からも、そばにいて」「秋のindication」などのシングル曲から、「金星(ヴィーナス)伝説」といったカップリング曲、「さよならにマティーニは禁物」といったアルバム曲まで、ナンノだからこその選曲に加え、当時の楽曲制作や音楽番組にまつわる秘話もたっぷり紹介した。

他にも、夏に行われた明治座『山内惠介 初座長公演』や大河ドラマ『西郷どん』の裏話、別れの季節に色々と思うこと・感じることなどトークを展開した。

<radikoタイムフリー>
(radikoタイムフリー:放送から1週間で配信終了)
番組名:「ニッポン放送ホリデースペシャル 太田胃散プレゼンツ 南野陽子 今日はナンノ日っ!2018」
放送日:10月8日(月)14時~16時
パーソナリティ:南野陽子

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_88bb2f974072_Wake Up, Girls!田中美海「雨が降るかはニオイでわかる」 88bb2f974072 88bb2f974072 Wake Up, Girls!田中美海「雨が降るかはニオイでわかる」 oa-jolf 0

Wake Up, Girls!田中美海「雨が降るかはニオイでわかる」

10月2日(火)、Webラジオ『Wake Up, Girls!とRun Girls, Run!のオールナイトニッポンi』第54回が配信され、今回パーソナリティを務めるWake Up, Girls!の田中美海が、様々な“自己分析”を展開した。

『Wake Up, Girls!とRun Girls, Run!のオールナイトニッポンi』は、2017年7月31日からサービスがスタートした『オールナイトニッポンi』の中の番組で、声優ユニット「Wake Up, Girls!」と「Run Girls, Run!」のメンバー計10人が週替わりで一人ずつパーソナリティを担当。今回は、Wake Up, Girls!(WUG)から田中美海が登場した。

自身が出演するイベントなどが雨天に見舞われることが多いとされ「雨女」と呼ばれている田中であるが、降雨の察知能力も優れているようで、「いやもう、わたしぐらいになるとね、分かるよもう。家出てニオイとかもで分かるよ(笑)」と語った。

そして、「雲もね、ただの雲じゃない、黒みがかった雲みたいなときは、ほぼ確実に降ったりしてますしね。あと、ニオイとかでわかりません?なんか湿った香りするんですよね、雨降る前って。なんかどんよりとしていて、もうこれはあと1時間以内に降るわ、みたいな感じでわたしは分かったりしますね」と、視覚と嗅覚両面から察知していることを説明した。

そんな田中は自身について、「変わっている」とはあまり思わないとのこと。しかし他人からの指摘は様々あるようで、「『謎だね』ってことは、すっごく言われますね。(WUGの)メンバーにも未だに『謎』って言われるし、『一番最初に会ったときから、みにゃみが一番わかんなかった』とか『怖かった』とかって言われますしね(笑)」と明かす。

これについても指摘があって認識はしているようで、「『人のテリトリーに入ってくるけど自分は入らせないみたいなところがある』って言われたことがあって、『ああ、確かに』みたいな。『距離(感が)近いって思ってたんだけど、実はすごく遠かった』とか(言われる)。そんなつもり全然ないんですけどね(笑)」と無自覚による行動のようだ。

そして「確かにあんまり人に自分のこと話さないですかね… たぶん、それがきっと(この番組を)聞いてくれるみなさんはビックリすると思うんですけど。ホントに本当のこと話さないみたいな(笑) だから『謎』とか『つかみどころない』とか言われがちなのかもしれないですね」と改めて自己分析をしていた。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_65488f1fdeec_ピース 又吉がジョン・レノン「imagine」を語る 65488f1fdeec 65488f1fdeec ピース 又吉がジョン・レノン「imagine」を語る oa-jolf 0

ピース 又吉がジョン・レノン「imagine」を語る

ニッポン放送は、ジョン・レノンの永遠の名作「imagine」のアルティメイト・コレクション」が10月5日(金)にリリースされた直後、そしてジョン・レノンの誕生日の前日にあたる10月8日(月・祝)に同曲を冠にしたニッポン放送のイマジンスタジオでリスナー120人を招待して、特別イベントを開催した。当日はジョン・レノンの大ファンでお笑い芸人で作家の又吉直樹と音楽評論家の萩原健太が出演し、リスナーと共に楽曲試聴、プロモーションビデオ試写を通じて同作品の素晴らしさを再検証した。


存命であれば78歳になるジョン・レノンの誕生日前日の10月8日に、「imagine」の名前がつく世界でたった一つのニッポン放送・イマジンスタジオに抽選で当選したおよそ120名のリスナーが集結し、歴史的名曲の最新版を堪能するイベントが開催された。

出演はピース 又吉直樹と萩原健太、進行は元ニッポン放送アナウンサーの上柳昌彦。ジョン・レノンを彷彿とさせるネタでブレイクした又吉直樹だが「imagine」に出逢ったのは中学生の時に聴いたラジオからだった。イベントで最初に紹介されたレコーディング風景なども合わせた「Jealous Guy」の映像には、「お酒を飲みながら観ていたら泣いていたかもしれない」と感想を述べた。そして「想像してごらん」で始まるネタを思いついたきっかけは、10代の頃に出逢って衝撃を受けたオノ・ヨーコの詩集「グレープフルーツ」だったという。

さらに、ジョンとオノ・ヨーコの関係については「付き合っている女性に影響を受けて、新しい表現を手に入れるのはすごいこと」と語り、「僕も若い頃フォークやロックが好きだったのに、お付き合いした女性がヒップ・ホップ派だったときはすぐにXLサイズのTシャツを買いに行きました」と会場の笑いを誘った。

ジョンの他に太宰治への想いも有名な又吉だが、10月9日に発売される書籍『イマジン ジョン&ヨーコ』の中に、太宰が短編集『十五年間』で書いていた画家・ベックリンの絵画『春の夕べ』の絵葉書が掲載されていることを自ら発見。これは“バケモノのような不思議な生き物が大海の孤島で自分の汚い身体を隠しながら笛を吹いている。自分は気が付いていないが、美しい人魚がうっとりと聴き入っている”という絵画だ。太宰がこのバケモノを「芸術家」にかさねて言及していたことからこの絵画をどうしても見たくなり、ベックリンの画集を古本屋で探してもらって手に入れたという又吉だが、ジョンの写真集にこの絵画を見つけ「太宰もジョンもこのバケモノに自分を重ねていたのではないか」と想いを語った。


会場のリスナーは「imagine」の他、「Jealous Guy」 「it‘s So Hard」「Oh My Love」「How Do You Sleep?」をイマジンスタジオの映像・音響設備で堪能しながら、又吉の奥深いトークと萩原による解説に聴き入り、永遠の名曲「imagine」の魅力を新たにした。また会場では『ジョン・レノン スピリットファンデーション』への寄付も募った。この浄財はアジア・アフリカの子供たちの学校建設支援に使われる。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_900e9e603fb2_菅田将暉、山田孝之お勧めのトレーニングジムに通い始める 900e9e603fb2 900e9e603fb2 菅田将暉、山田孝之お勧めのトレーニングジムに通い始める oa-jolf 0

菅田将暉、山田孝之お勧めのトレーニングジムに通い始める

10月1日(月)深夜、俳優の菅田将暉がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)が放送。菅田が役作りで体を大きくするため、俳優の山田孝之から紹介されたトレーニングジムに通い始めたことを、番組で報告した。

山田から紹介されたジムへ行くと、海外の“凄くマッチョな人”がトレーナーに付き、筋肉や食事の話、筋肉量のチェックをするなど丁寧な指導があり、初日から早速トレーニングを開始したという。

「先週2回行ったんですが、1日に1部位、1筋肉しかやらないんです。1カ所ずつちゃんと追い込んで痛めつけて、痛めつけたところが回復している間に他の筋肉を痛めましょう、ということで。

1日目はずっとベンチプレスをしました。ベンチプレスって、寝そべって胸筋を鍛えるトレーニングなんですけれど、僕はそれを部活の時からやっていたし、映画『あゝ、荒野』(菅田はボクサーを目指す役を演じた)でも増量するためにやっていたんです。でも、今回はぜんぜんやり方が違った。ボクサーの(役作りの)時は、ただひたすら重い物を持ち上げようとしていたんです。最初は40キロから始まって、だんだん筋肉がついてくると80キロぐらいまで持ち上げられたんです。

今回のジムの先生のやり方では、本当に胸の筋肉だけを使ってベンチプレスをしたので、(バーベルの)棒の部分だけでも10回しか上げられなくて。確かに衰えているとはいえ、棒だけだと15キロぐらいですよ? ちゃんとした姿勢でやっただけで『痛い痛い痛いー!』ってなった。」

これまでの筋トレとは違う、本格派なトレーニングに苦戦した様子の菅田は「何でもプロに任せるものやなぁ」と感心していた。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_fd1262058777_「ヒルナンデス!」に間に合わない!?ココリコ遠藤焦る fd1262058777 fd1262058777 「ヒルナンデス!」に間に合わない!?ココリコ遠藤焦る oa-jolf 0

「ヒルナンデス!」に間に合わない!?ココリコ遠藤焦る

10月1日(月)夜放送のラジオ番組「ココリコのオールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送)で、パーソナリティのココリコ・遠藤が、台風24号の影響で名古屋のホテルに缶詰め状態になったと明かした。

昨年「オールナイトニッポン」の放送開始50周年を記念してスタートした「オールナイトニッポンPremium」がさらにパワーアップして今年も登場。番組開始時間が18時となり、放送時間も2時間30分に拡大。プロ野球のオフシーズンとなる10月から2019年3月まで期間限定で、月曜日はココリコの遠藤章造と田中直樹が担当する。

昨年も『オールナイトニッポンPremium』を担当していたココリコの二人。冒頭「久々じゃないですか!?」と切り出した遠藤に、田中が「どれぐらいぶりですか?」と質問。遠藤が「知りません」と回答すると田中は「知りませんという答え、ありますか?」とリアクションし、「なんとなくでも、半年ぶりかな!?とか1年ぶりかなみたいな、大人ですから、そういう返しをした方が良いと思いますよ」とツッコミを入れるなど、ココリコらしい息の合った掛け合いで番組はスタートした。

話題は移り、先日、日本列島を縦断した台風24号の話題へ。9月30日(日)の14時頃は名古屋で生放送の仕事だったと語る遠藤。事前にマネージャーに「台風大丈夫かな?」と聞くと、「全然、“大丈夫っぽい”んで」と返事がありそれを信用して名古屋に向かったという。

本来なら、生放送終わりで東京に戻る予定だったが、その日は台風の影響で新幹線は運休になってしまい、名古屋のホテルで一泊することに。そんな状況から、翌日10月1日(月)の日本テレビ「ヒルナンデス!」(平日11時55分~)の生放送までに東京へ戻れるか不安に陥ったと振り返った。

遠藤:(名古屋で)14時に仕事、終わりました。ちょっと食事してホテルの部屋に戻りました。そこから(台風のせいで)監禁状態です、ずーっと

田中:ホテルでね?

遠藤:はい。で、待てよと。新幹線の運休が確定しています。明日の朝、台風が行ったとて、木が倒れてきている、線路に一杯葉っぱやなんやで清掃やらなんだ、風もまだ強い、時間がまだかかるかもしれない。「ヒルナンデス!」の生放送に間に合わない可能性が出て来たぞ、と

田中:そうか。日曜日、そして月曜日……今日や

遠藤:それでマネージャーに連絡をして「もしもし。明日、新幹線動くよね?」、「いや、全然大丈夫だと思います」……でたでたでた! どの角度、どの目線から言ってるんかな

田中:大丈夫っぽいって?

遠藤:大丈夫っぽいって、“ぽい”使ってる。俺、テレビでずっとNHKをつけて、台風情報と睨み合いやから。ホテルの壁、ガラス、雨風バンバンきて。大丈夫かこれ本当にって。で、寝て起きました。(新幹線の)チケットを見たら(名古屋発)8時42分。順調に行ったら、10時30分前に着きますと。じゃあ、間に合うなと

田中:“ヒルナンデス”は何時入りなの?

遠藤:11時入り。11時30分には前室に皆で集まって、打ち合わせするんで

田中:その時って、皆集まるの?

遠藤:皆集まるね。(ウッチャンナンチャン)南原さんを筆頭に

田中:どんな感じ?南原さん

遠藤:そこ広げる!?(笑)

新幹線は遅延が少し発生するも品川駅に無事に到着。タクシーで日本テレビがある汐留まで向かえば打ち合わせ時刻には間に合いそうだったが、一応マネージャーに連絡したという遠藤。「(タクシーが混んでいたら)もしかしたら、遅れるかもしれないけど、大丈夫かな?」と尋ねると、またしてもマネージャーから「大丈夫だと思います」と返答があり、不安になりつつもタクシー乗り場へ。結局、タクシーが混んでいた為、電車で日本テレビへ向かうも、なんとか打ち合わせ時刻の11時30分にギリギリ間に合ったと明かした。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_9a9e59cb5c93_人気劇作家・根本宗子、雑誌に自分が掲載されず「悔しい」 9a9e59cb5c93 9a9e59cb5c93 人気劇作家・根本宗子、雑誌に自分が掲載されず「悔しい」 oa-jolf 0

人気劇作家・根本宗子、雑誌に自分が掲載されず「悔しい」

10月1日(月)、劇作家の根本宗子と役者兼モデルの長井短(ながい みじか)がパーソナリティを務めるラジオ番組「根本宗子と長井短のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)が放送され、最近イライラした出来事がたくさんあったという根本が、そのエピソードを1つずつ語った。

今週は本業の執筆活動が忙しく、あまり寝る暇がなかったという根本。その影響もあったのか、様々な出来事にイライラしてしまったという。まず語られたのは美容院に行ったときの話で、美容師がアシスタントに小声で指示を出したが伝わらず、次第に声を荒げていったことに対し苦言を呈した。美容師が、お客様に対するサービスの気持ちよりも、アシスタントを怒鳴りたいという自分の気持ちを優先してしまっていることに、根本はストレスを感じたという。

2つ目は焼き肉に行った際、肉と一緒に頼んだはずのご飯がなかなか運ばれてこないことに、イライラしたという話。肉と一緒に食べたいのに、肉だけが先に運ばれてきてご飯が来ないといったことが焼肉店において多くあると嘆く根本は、そうならないよう「ご飯を先にください」と予め店員に告げていたが、それでも運ばれてこなかったそうで、「ご飯なんて、よそうだけなのになんで?」と疑問を投げ掛けた。

3つ目の話は、番組前に行ったというトークイベントの会場が、空調が効きすぎておりとても寒かったという内容。「寒い」と声を上げてイベントの進行を妨げるのも気が引けるため言い出せず、客席はみんな震えながらトークを聴いていたが、それに気づかず対処してくれない係員にイライラしたと語った。

3つものイライラした出来事を、立て続けに語った根本。だがそんな中でも、もっともイライラした出来事として挙げたのが、太田出版より発行されている雑誌『ケトル』最新号(10月12日発売)のオールナイトニッポン特集に自身が載せてもらえなかったこと。長きに渡ってオールナイトニッポンを聴いてきたにも関わらず今回話が来ていないことに「これについては、イライラというより悔しい!」と話す根本は、長井が聞き役に徹する中、いつになく感情のこもった口調で悔しい思いをぶちまけた。

「“オールナイトニッポン大好き特集”っていうのが、今度発売される雑誌『ケトル』でやるのよ。現在オールナイトニッポンのパーソナリティを担当されている方とか、歴代のパーソナリティの方のインタビューが載ってるんだけど、次世代のオールナイトニッポンが大好きな人のインタビューが載っている枠が、朝井リョウさんとCreepy Nutsさんの対談だったのね?それにあたしが選ばれなかったっていうことが、もう悔しい~! でもしょうがないよね、そりゃ朝井リョウさんとCreepy Nutsさんだよなと思ったんだけど。

私も負けないくらい、ずっとオールナイトニッポンが好き! って言い続けているけど、でも呼ばれなかったかぁ……と思って。それがすごく悲しいっていうか、悔しいっていうか。まぁそれは自分に対してだよね。その特集が出るときまでに、(掲載してもらえる)そのラインを自分が満たしてなかったことの悔しさ。それプラス、あたしがこの雑誌に載っていれば良かったなって思っている人が、世の中的にどれぐらいいるんだろうなと思って、“ケトル 根本宗子”でエゴサーチしてみたんだけど、あたし以外にそれを悔しいって感じている人は2人しかいなかったの(笑)

今週一番それで凹んだ。悔しい~! と思って、そのニュースを見ちゃってから、一文字も仕事が進まなかったです……」

いつも落ち着いて話す根本が早口でまくし立てる光景を、心配そうな様子で見守っていたパートナーの長井。最後に1つ楽しかったこととして、ももいろクローバーZの舞台『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』を観に行ったことを挙げた根本だったが、ももいろクローバーZが大好きだという根本は、「自分が舞台の演出を担当できなかったことが、劇作家として悔しい!」と、それについても悔しさを爆発させ、言葉が止まらない根本に長井は、すぐに楽曲を流してCMにいくよう慌ててスタッフに促していた。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_6998f4f99dea_GARNiDELiA中華圏で大ブレイク「僕たちも気付かなかった」 6998f4f99dea 6998f4f99dea GARNiDELiA中華圏で大ブレイク「僕たちも気付かなかった」 oa-jolf 0

GARNiDELiA中華圏で大ブレイク「僕たちも気付かなかった」

10月1日(月)深夜放送のニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』に、音楽ユニットGARNiDELiAの女性ボーカリスト・メイリアとコンポーザー・tokuが出演し、YouTubeに投稿した公式ダンス動画が3700万再生を超える人気となった経緯を明かした。

9月26日(水)にニューアルバム『響喜乱舞』をリリースしたGARNiDELiA。このアルバムでは、ジャケットではメイリアが和装に身を包んでいたり、楽曲内では琴などの東洋楽器を多く使っていたりなど、独特なデジタルダンスミュージックアルバムとなっている。このようなコンセプトになったのには、ネットにアップされた動画が中華圏で大きな話題を呼んだことも大きく関係しているという。

吉田尚記アナウンサー:なんか中国でのGARNiDELiAのブレイクっぷりが半端ではないらしいですね

メイリア:ありがたい話ですね、本当に

吉田:YouTubeのGARNiDELiA公式チャンネルにアップされている「【みうめ・メイリア・217】極楽浄土[Gokuraku Jodo] OFFiCiAL」という動画の再生回数が3700万回、これって何が起きたんですか?

メイリア:私たちも何が起きたのか全然最初は分からなくて(笑)

toku:僕たちも気が付かなかったんです

メイリア:この『極楽浄土』っていう曲は”和”をテーマにした楽曲なんですけど、世界の人たちに向けて発信したものでもあったんですが、ここまで中華圏に刺さるとは思ってなくて……

吉田:別に中国市場向けに作ったわけではなかったんですよね?

toku:全然意識してなかったです

吉田:中国で広まったのはどういうきっかけだったんですか?

メイリア:ネット文化ならではなんですけど、動画を観た中国の有名な踊り手さんがカバーしてくれたりとか、様々な相乗効果でバーン! となって

吉田:『極楽浄土』の動画をアップしたのはいつ頃だったんですか?

メイリア:3年前くらいですね

吉田:それが中国に伝わったのはいつ頃だったんですか?

メイリア:私たちが「やばいことになってる」って伝わって来たのは、アップして1年後ぐらいなので、ここ2年くらいですね

toku:だからそのあたりから急に中国でのイベントが増えて(笑)

自分たちも知らぬ間に中国で動画が広まり、ブレイクしていたと語ったGARNiDELiA。ちなみにその後、中国でいざライブした際、数千人・数万人という想像以上の人が集まったといい、非常に驚いたそうだ。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_fd3edf209ded_’79/10/8 桑名正博「セクシャルバイオレットNo.1」1位 fd3edf209ded fd3edf209ded ’79/10/8 桑名正博「セクシャルバイオレットNo.1」1位 oa-jolf 0

’79/10/8 桑名正博「セクシャルバイオレットNo.1」1位

【大人のMusic Calendar】

RCAビクターの小杉理宇造ディレクターが走り回ってくれて、7月にリリースする桑名正博のシングル盤が、カネボウ化粧品のキャンペーン・ソングに決まった。前年ヒットした、矢沢永吉の「時間よ止まれ」(資生堂)を聴いたときから、ロックミュージシャンにもCMタイアップソングありなのかなあ、とも思っていたが、桑名ともども多少戸惑っていた。

1972年に、ワーナーパイオニアから桑名正博は、「ファニー・カンパニー」というバンドのリードヴォーカルとしてデビューした。ファニカン(ファニー・カンパニー)は、内田裕也らと作った「日本ロックンロール振興会」の後押しもあって、日比谷の野音や渋谷公会堂で、キャロルらとロックンロールフェスティバルなんかをやって、『東のキャロル、西のファニカン』なんて言われたりして日本のロックシーンを疾走したが、2枚のアルバムを残して、74年に解散した。

その後桑名は、しばらくロッカーとして試行錯誤の時期があったが、1975年からソロ活動を開始。76年、RCAから、アルバム『Who are You?』で、デビューさせた。

が、成績はあまり振るわなかった。桑名の歌唱力に惚れ切っていた、小杉ちゃん(小杉理宇造)が、ロックシンガーとしての実力を、よりメジャーな日本の音楽シーンで試すべきだと、時のヒットメーカー筒美京平に引き合わせてくれた。京平さん(筒美京平)は、桑名の声と飾らぬ人柄と容姿に、「桑名くん、いいわね!」と、頭からのめり込んでくれた。


それで、出来たのが、「哀愁トゥナイト」(作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:萩田光雄)である。

松本隆は、京平さんの推薦。松本のことは、「はっぴいえんど」時代から知っていて、作詞家として「木綿のハンカチーフ」などは見事な作品だと思っていたが、まさか、桑名の詞を書いてもらうことになるとは。

京平さんの仮アレンジで出来あがって来た作品を聴いて、「これは、行ける!」と小杉ちゃんと眼を見交わしたのを覚えている。萩田光雄のアレンジも決まって、はじめ戸惑っていた桑名もヴォーカリストとして挑戦的な気分もあいまって、京平さんが眼を細めるほどの表現で歌い切った。最高の日本語のロック作品が生まれたと、いまでも思っている。


やるからには、徹底したいと、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『山猫』のなかに出てくるアラン・ドロンを見て、桑名を貴公子「若き獅子」というイメージにして、再デビューを演出したので、雑誌にも大きく取り上げられて、ラジオでも話題曲としてよく流れるようになった。間違いなく、中ヒットを狙える位置に来た頃のある深夜、内田裕也から電話が掛ってきた。いつもの酔った声で、「おまえは、桑名を芸能界に売ったのか! 日本のロックを殺す気か!」と耳の向こうで叫んでいた。「おれは、哀愁トゥナイトは、ロックだと思うんだよね。裕也さん」と答えたら、電話が切れた。

時間がかかったが、20万枚のほどのヒットになりそうな段階で、77年9月、桑名が大麻で逮捕され、起訴される事件が起きた。懲役2年執行猶予3年という判決。

大阪に帰った桑名。1830年創業の廻船問屋「桑文」を引き継ぐ、桑名興業社長の桑名の父親は、これを契機に音楽業界を引退して、跡継ぎの修業に入ってもらいたい、と言う。

いっぽう、小杉ちゃんや京平さんは、罪は罪、才能は才能と割り切って、世間の晒し者になるという罰も受けたことだし、例え、執行猶予期間とはいえ、もう1度、活動を開始すべきだと言ってくれた。

もう、「これはリベンジだぜ!」と桑名に声をかけたが、ファニカンのロッカー桑名が大阪に戻って来たと、熱いファンが桑名を取り囲んでいる。時間が経つうちに、桑名も、もう1度、表舞台に立ちたい気になってくれたのだが、問題は父親。新地のクラブに呼び出され、「正博をどうする気だ?」と尋問された。「このまま天才シンガー正博さんを、埋ずめ者にしたくはない」と、言いあいになり、「桑名正博を日本一にするなら」という条件で、東京行きを赦してもらった。

「哀愁トゥナイト」から1年後の78年7月に、筒美松本コンビで、「薔薇と海賊」でカンバックさせた。

続けて「サード・レディー」「スコーピオン」と、立てつづけにシングルをリリース。「サード・レディー」が、新しいファンも獲得する中ヒットになって、「桑名正博&Tear Drops」というバンドを組んで、1,000から2,000キャパクラスのライブがやれるようになった。が、桑名の頭のなかには、いつもロッカー桑名正博のイメージがあって、ステージでも、素(す)の自分が出せるオリジナルを歌うことが多くなり、シングル曲が脇に置かれることがよくあった。それを指摘すると、「京平さんの曲には、いつも入りこめるけど、松本の言葉がいつも引っかかるんですわ」と言う。確かに、桑名は名家の出だが、16歳の頃にドロップアウトして、反社会的な視点を持つリズム&ブルースを目指して来た。松本隆は、小学校から大学まで慶應義塾で、青山育ち。彼の書く言葉が、桑名に苦手なことはよくわかる。



カネボウの新商品(口紅)のキャンペーンソングをやることになった。

79年の3月だったが、曲が出来てきた。「セクシャルバイオレットNo.1」。タイトルからして、インパクトが尋常じゃない。曲も詞も行ける。これで、桑名の父親との「日本一の歌手になる」という約束が果たせそうな気がした。

桑名が、「うすい生麻(きあさ)に着替えた女は、くびれたラインが悲しい」という内容のあたまのところを指差して、「寺さん。うすい生麻って、何ですのん? こんな女、声も掛けたくないんやけど…」と言うものだから、確か、東神奈川の丘の上にあった、カネボウ化粧品部の工場に連れて行った。この商品(口紅)を開発しイメージを作った人たちに会わせたかった。クリエーターの彼ら彼女らが「こんな女のひとに使ってもらいたい」と、熱く言う言葉に桑名は、眼を輝かせた。


「セクシャルバイオレットNo.1」は、79年7月21日にリリースされ、10月8日、さだまさしの「関白宣言」を抜いて、オリコンヒットチャート1位になった。

桑名正博『Who are You?』「哀愁トゥナイト」「薔薇と海賊」「サード・レディー」「セクシャルバイオレットNo.1」写真提供:ソニー・ミュージックダイレクト


【著者】寺本幸司(てらもと・ゆきじ): 音楽プロデューサー等。浅川マキ、桑名正博、りりィ、イルカ、下田逸郎、南正人など、多くのアーティストを手がける。桑名正晴の在籍していたファニー・カンパニー、解散後の桑名正晴のプロデュースに関わる。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_db388b46e150_オリラジ中田敦彦が考える、インスタグラムの男女論 db388b46e150 db388b46e150 オリラジ中田敦彦が考える、インスタグラムの男女論 oa-jolf 0

オリラジ中田敦彦が考える、インスタグラムの男女論

毎週水曜日午後6時から放送のニッポン放送「オリエンタルラジオ 中田敦彦のオールナイトニッポンPremium」。2時間半にわたる“本音”トークの中から、allnightnippon.com編集部が厳選した内容を、中田敦彦の“熱い語り”そのままに、毎週お届けする。

「オリエンタルラジオ 中田敦彦のオールナイトニッポンPremium」今週の“中田論” 第1回(10月3日放送分)

僕の「幸福洗脳」(中田がプロデュースするTシャツブランド)のInstagramを見てもらえば分かるんだけど、ムチャクチャ世界観を作り込んでるんですよ。あれはなんなのかってことね。はっきり元ネタを言っちゃうんだけど、fxxkingrabbitsっていうアカウントの人で、「Smoking kills」っていうTシャツを売っているカメラマンさんがいるんですよ。この人、元々ヌードを撮ってたカメラマンさんでTシャツを作り始めたの。それが業界の人が来たりして売れ始めたんですよ。

これなんだろうって思って調べたの。Instagramを見たらむっちゃエロいんですよ。あれ?なんかエロいなって。Smoking killsのパーカーを来てお尻を出してる女の子が映っているわけなんですよ。でもそのSmoking killsを買ったって芸能人は大体男なんすよ。どういうこと? って思って。

Instagramって女性のメディアじゃないですか。基本的には男の居場所がないんですよ。モデルさんがオシャレな服と着こなしとライフスタイルをアピールにアピールをするやつでしょって。渡辺直美とか、水原希子ちゃんとかローラちゃんがすごいんであって。Twitterでフォロワー数の多い男性芸能人でも1位になれないじゃん。

有吉さんとかだってTwitterのフォロワー多いけど、Instagramでは1位じゃないじゃん。これはターゲットの違いなんだよ。Instagramっていうのは女性のオシャレカルチャーのモノなんだよって俺は思い込んでたわけ。だけどそうじゃなかったんだよ。

裏の裏を返せばだよ。よく見てみ。Instagramってオシャレだからってことを言い訳に、みんなちょっと露出高いんすよ。ローラとかもギュンギュンに脱いでる写真をアップしてたりすんのよ。水原希子ちゃんもギュンギュンに露出高いのをやってたりするの。でも「ファッションだよね。エロじゃないんだよね」っていうので本人も載せやすいし、見る側も受け止めやすいわけ。

ところがバカ野郎! 男達はそんなエロを見逃してねえぞって。きっちりエロい目で見させてもらってますっていうのが日本の男達なんです。水原希子ちゃんだろうが、ローラだろうがガッチガチにエロい目で見てるよ。それをフォローしてるよ。

でもね、そんな男達はすっごく二枚目の顔をしています。なんでかっていうと、それはファッショナブルだから。エロを見ていると思われないから。コンビニでエロ本を買おうものならエロい奴なんですよ。

だけどInstagramでローラちゃんをフォローするのはエロい奴ではありません。ここなの!このターゲット! Instagramをほんのりエロい目で見ている行き場のない30〜40代の男子たち。そいつらをターゲットにしたらしっかり届くってことなんですよ。

fxxkingrabbitsのInstagramアカウントのフォロワーって約11万7000人。俺のInstagramのアカウントって22万人いるんだよ。ちょっと待ってくれよって思ったの。だけど違ったね、俺はInstagramに合わせてた。生来の戦略性が裏目に出てたね。

Instagramを初めて数年間、Instagramに立ち向かった。その結果、女性のメディアだと思った。だからよ、だからよ、へつらいながらきたのよ。相方の写真をアップすればいいのかな? 有名人の写真を喜ぶのかな? 違うんだ、違うんだ。その時、若い女の子のYoutuberに言われたの。

「中田さん、インスタをどう考えてるんすか?」って。「わかんねえ、正直わかんねえ」って言ったら「中田さん、なんで奥さんの写真をアップしないんですか?」って言われたわけ。「正直、中田さん夫婦は作戦が逆なんですよ。奥さんが中田さんの写真をあげてるでしょ。あれは逆です。女は女のノロケが嫌いだけど、女は男のノロケが大好きなんですよ。どういうことか分かりますか? 女には男が生来、不倫する生き物っていう恐怖感が本能的にあるから、そうじゃないっていうペガサスみたいな男が好きなんですよ。だから、りゅうちぇるとかヒットしてるでしょ。りゅうちぇるとぺこみたいな。りゅうちぇるがぺこ大好きだから。そういうコイツはもう愛妻家だって男がウケるんですよ。」って。

テレビの中に出ている夫婦はみんな愛妻家なのよ。佐々木健介さんと北斗晶さんもそうでしょ。男がとにかく尻に敷かれてて、愛妻家っていうところだけがテレビの中の女性をターゲットとしたヒットコンテンツなんです。

僕はアップしましたよ。「#今日の妻もかわいい」ってハッシュタグで。アップしたら「いいね!」がバンバン伸びるのよ。更新するわけ。それの写真集を出しませんかって出版社が現れたりしたわけよ。まんまとだよ! さあ来たぞって!

そしたら嫁がブチ切れました… アップするたびに「また、『いいね!』を稼ぐんですね」って言ってきたんですよ。私の夫婦は崩壊しかけましたよ! 冗談じゃない。いいね!は家庭を壊すぞ。俺はすごすごとその写真を消して来たんだ。

女性に合わせてヒットコンテンツを生みたいと思って迎合して、ターゲットをマーケティングして、マーケティングした結果がこれだよ。夫婦崩壊の危機ね。

でもね、俺はまだInstagramを諦めていない。22万人の女性をターゲットにしてもダメだった。Instagramの中では、22万人の女性っていうのは多分少ない。でもInstagramの中の10万人の男性をターゲットにしたほうが強いんだと思ったの。

だからこの「幸福洗脳」はInstagramがちょっとエロいんですよ。エロいんです。でもヌードまではいきません。それはfxxkingrabbitsさんのやり方だと思うんです。ヌードをアートにするやり方だと。

でも僕はね、実は一番エロいと思っているのはヌードではないんです。僕はエロを抑えようと思ってヌードをやめたわけじゃないです。僕にとって一番エロいのがヌードじゃないからなんですよ。僕にとって一番エロいのは、下着がちょっと見えてるぐらいなんです。これを共感する男性は多いと思うよ。だって一番エロくないのが全裸で棒立ちの状態だからね。全裸で棒立ちでこっちを睨みつけてたら、エロいなって思いませんよ。

なんとなく、なんとなく、チラっと見えてるからいいわけなんですよ。これは女性も分かってるとは思いますよ。だけどね、このエロさのレベルもどれぐらい変えられるのかっていうことに僕は非常に興味があって。男っていうのは想像できるんですよ。単純に露出の多さみたいなものを女性は考えてるけど、そんなものは全く男を理解していないものであって。男のエロというのは想像させるんですね。複合的なんですよ。

僕の撮った写真は、街と女性を撮るのが上手なゆーま君ってカメラマンさんに撮影してもらったんですけど、彼は普段すごくオシャレな写真を撮ってます。街でTシャツ1枚だけ着た下着姿の女性が立っているんですよ。そこに「#幸福洗脳」って書いたら初めてエロいんです。なんか・・・脱がされたのかなってなるんですよ。もしくは何かよくわかんない理由で脱げちゃったのかな。これが男のエロを掻き立てるんです。ストーリーなんです。

僕は尻を出ささずにfxxkingrabbitsさんにエロさで勝ちたいと思ってる。Instagramを是非見てください。僕は今、新しい時代のエロ本を作ってるんですよ。かつてはコンビニにこそこそ並んでたよね。でももはやコンビニには並んでないよ。ネットで画像を拾ったり、映像を拾ったり、無料のものを拾っていた時代もあったよ。だけどそんなのバレたら最後なんですよ。

「あっ、エロい動画ダウンロードしてましたね。エロイの保存してましたね」そんなのがバレたら、もう立場がないんです。だから男達はどこにエロを求めているか。Instagramだよ!Instagramはもう女性のオシャレメディアなんかじゃないからな。俺たちからすりゃエロ本なんだぞ。いいか、このエロ本というメディアをナメるんじゃない!

俺は今、Instagramをエロ本にするという革命を起こそうとしてるんだから。ハッシュタグでエロくしようとしてんだぞ。露出せずにだ!みんな見てろよ、俺がInstagramをエロ本として爆発させる日が来るからな。

だから、カメラ撮れますっていう人、モデルになれますっていう人、それもこの番組で募集してます。ただモデルさんっていうのはある程度ビジュアルの良さとかもありますので、「モデルやってますよ」っていう人はアカウントを送っていただきたい。カメラも実績のある人が欲しいです。俺はここに乗ってくれるプロ及びセミプロと仕事がしたい。作りませんか?新しい時代のエロ本。それを契機にTシャツを売るんです。

これはね、半年間の戦争なんすよ。半年間、ニッポン放送で戦争するんすよ。Tシャツをただ売るだけじゃないよ。Instagramで革命を起こしますからね。めちゃくちゃエロいInstagramを作りますから、待っててくださいね。

———

<radikoタイムフリー>
(radikoタイムフリー:放送から1週間で配信終了)
番組名:ニッポン放送「オリエンタルラジオ 中田敦彦のオールナイトニッポンPremium」
放送日:2018年10月3日(水)18時~20時30分(※上記タイムフリーは記事内容の20時台)
パーソナリティ:オリエンタルラジオ 中田敦彦

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_690c2957b895_鮮やかに自分らしく…樹木希林の女優人生 690c2957b895 690c2957b895 鮮やかに自分らしく…樹木希林の女優人生 oa-jolf 0

鮮やかに自分らしく…樹木希林の女優人生

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第494回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

9月15日、国民的女優の樹木希林が75歳で死去しました。全身をがんに侵されながらも生涯現役を貫く姿は、気高く美しく、多くの人を魅了しました。そこで今回は、不世出の大女優・樹木希林を特集します。

希林さん、多くの感動をありがとう!

『わが母の記』は、昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を豪華キャストで描いた親子の絆の物語。幼少期に離れて暮らしていたため母とは距離を置いていた主人公が、自身の幼い頃の記憶と母への思いに向き合いながら、母を理解し、次第に受け入れていく様子を情感たっぷりに紡いだ感動作です。

樹木希林が演じたのは、役所広司扮する小説家・伊上洪作の母、八重。痴呆によって薄れゆく記憶の中で、それでも変わらぬ息子への愛情を持ち続ける姿に、自分の母親と重ね合わせて観る人も多いのではないでしょうか。“日本の母”を数多く演じてきた樹木希林ですが、そのなかでも彼女の名演技が光る1作です。

吉田修一によるベストセラー小説を映画化した犯罪ドラマ『悪人』。九州のとある峠で起きた殺人事件をきっかけに、偶然出会った男女が繰り広げる逃避行と愛の行方を息苦しくなるほどのリアリティで描くと同時に、地方都市の閉塞感や人間関係が希薄になった現代社会を鋭く反映した秀作です。

そんな本作で、容疑者の祖母という難役を演じきった樹木希林。突然のマスコミ攻撃に戸惑いながらも、それでも孫を信じたいという葛藤に揺れ動く祖母の演技が切なく、作品にさらなる深みを与えています。


数々の作品において、その確かな存在感で魅了してきた樹木希林の最新作となるのが『日日是好日』。森下典子による人気エッセイ「日日是好日-『お茶』が教えてくれた15のしあわせ-」を映画化した本作で樹木希林が演じたのは、“タダモノじゃない”と巷で評判の茶道の師匠、武田先生。

茶道を人生になぞらえて語る武田先生の言葉は、女優・樹木希林の生き様と重なる部分が多く、思わずグッとくることも度々。雨の日は雨の音を聴き、雪の日は雪を見て、その季節を生きる。樹木希林という女性は、自分らしく鮮やかに「日日是好日」な人生を全うした人物なのかもしれません。


本作は10月13日の公開に先駆けて、10月6日、7日、8日の3日間、全国の映画館で先行上映を実施中。樹木希林の躍動する演技を是非、お近くの映画館で堪能して下さい。

<作品情報>

わが母の記

DVD&Blu-rayリリース
監督・脚本:原田眞人
原作:井上靖(講談社文庫刊)
出演:役所広司、樹木希林、宮﨑あおい、南果歩、キムラ緑子、真野恵里菜、三國連太郎 ほか

悪人

DVD&Blu-rayリリース
監督:李相日
原作:吉田修一(朝日文庫刊)
出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、柄本明 ほか

日日是好日(にちにちこれこうじつ)

2018年10月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、渋谷シネクイント、イオンシネマほか全国ロードショー
2018年10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)先行上映(一部映画館を除く)
監督・脚本:大森立嗣
原作:森下典子「日日是好日-『お茶』が教えてくれた15のしあわせ-」(新潮文庫刊)
出演:黒木華、樹木希林、多部未華子 ほか
©2018「日日是好日」製作委員会

外部リンク