cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_4ad3d6b4c465_欅坂46・尾関梨香「バク転ができるようになりたい」 2020年の目標を宣言 4ad3d6b4c465 4ad3d6b4c465 欅坂46・尾関梨香「バク転ができるようになりたい」 2020年の目標を宣言 oa-jolf 0

欅坂46・尾関梨香「バク転ができるようになりたい」 2020年の目標を宣言

2020年1月19日 11:40 ニッポン放送 NEWS ONLINE

1月12日(日)深夜、アイドルグループ・欅坂46の尾関梨香がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」が放送され、尾関が2020年挑戦したいことについて語った。


冒頭から、今年の目標として「バク転ができるようになりたい」と宣言した尾関。これはせっかくバク転をやるなら、テレビ番組で放送してほしいと思い、数年前からテレビ番組での事前アンケートで書いてはみるもののこれまで採用されたことがなく、プライベートで習いに行くことにしたと話していた。

現在、バク転を習うことのできる教室を探しているという尾関だが、なぜバク転をしたいのか、その理由について尾関は話した。

「(欅坂46)のメンバーには、小林由依とか運動神経のいいメンバーがいて。そういうメンバーがバク転できました!ってなったら、すごい!さすが!ってなるじゃないですか。

でも私って、多分あんまり運動神経いいって思われていないから、尾関がバク転!?ええっ!?みたいに、ファンの方たちも驚いてくれるかなって。バズるかなって思って。“尾関、バク転成功!”みたいに、翌朝ニュースになるかなって(笑) そうなったらいいなって思ってます。

あとは単純に“バク転習ってます”って言いたい。(欅坂46)のレッスンのあととか、メンバーからご飯行こうよって誘われても、“あ、私今日バク転あるからごめんね”みたいな(笑) めちゃめちゃカッコよくないですか? 私が憧れるのってこういう女性(笑)

本当に挑戦してみたいことですね、これは。2020年上半期ぐらいには、できるようになっていたいですね」

バク転ができるようになることで、自分が憧れる女性に近づきたいと語った尾関。その後の経過については、引き続き番組の中でも報告していくという。

さらにその後のトークでは、メンバーの守屋茜をパートナーに迎えて、コーナー『オノマトねん』を展開。これは、2人でイメージを膨らませてこの世にない“新しいオノマトペ”を考えていくコーナーで、リスナーから送られてきたシチュエーションを元に2人で考えていった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_322f2378eae0_1万人が熱狂! 三代目JSB 山下健二郎の「音楽」「お笑い」「カルチャー」を融合した豪華コラボイベント 322f2378eae0 322f2378eae0 1万人が熱狂! 三代目JSB 山下健二郎の「音楽」「お笑い」「カルチャー」を融合した豪華コラボイベント oa-jolf 0

1万人が熱狂! 三代目JSB 山下健二郎の「音楽」「お笑い」「カルチャー」を融合した豪華コラボイベント

2020年1月18日 23:50 ニッポン放送 NEWS ONLINE

『三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎の ZERO BASE presents
山フェス~山下ベース in 横浜アリーナ 2020』

2020年1月18日(土)に横浜アリーナにて、毎週金曜24時から放送している『三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE』の番組イベント『三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス~山下ベースin横浜アリーナ 2020~』が開催された。


“山フェス”は、山下健二郎が好きなものを集めた一夜限りのフェスで、番組ゆかりのアーティストやお笑い芸人と一緒に、山下健二郎が音楽とお笑い、そしてカルチャーを融合させたステージを提供するイベントで、全国各地から1万人のリスナーが集結した。


オープニングの登場演出のテーマは『海』。前日に釣りの魅力発信に貢献した著名人として2年連続『クール・アングラー・アワード』を受賞したこともあり、「兄弟船」のBGMとともに、ステージ後方から漁師に扮した山下健二郎が船に乗って登場。手元には受賞したばかりのトロフィーが高々と掲げられると、大きな歓声が上がり、詰めかけた観客が総立ちになった。途中は、雷鳴がとどろき、会場を移動している山下のいるステージに落雷が。その瞬間にスモークが立ちはじめ、スモークが晴れると早着替えで海賊の衣装に変身した山下が姿を現した。大きな歓声が上がる中、センター中央に進んだ山下が旗をステージに突き刺し、タイトルコールしたところでイベントがスタート。 「盛り上がってるかい!?」と山下が会場に呼びかけると、大きな歓声が沸き起こった。


“山フェスならでは”のユニークな演出から始まり、早くも会場がヒートアップする中、イベントのトップバッターとしてフレンズが登場。ひろせひろせの「一緒にfishermanやってくれるかい!?」との掛け声でライブがスタート。番組のコーナー『集まれアングラー!』でフレンズの楽曲を使用していることから今回、出演が決まった。「お誘いいただきありがとうございます」と感謝の気持ちを述べつつ、フレンズらしいユーモアのあるライブで会場を盛り上げた。


“山フェス”といえば「音楽とお笑いの融合」ということで、いま飛ぶ鳥を落とす勢いで大ブレイク中のEXITが登場。「どんぐりころころ」をさまざまなアレンジで歌うネタを披露。続けて、山下曰く「共演NG」のコロコロチキチキペッパーズが登場。西野が「ナダルが嫌いな人ー?」と問いかけると、会場からは乾いた拍手がわき起こり、ナダルが憤慨する場面も見られた。

続けてシンガーソングライター・江頭勇哉のライブがスタート。「ラブレター」「魔法をかけて」の2曲を披露し、繊細かつ力強い歌声で会場を魅了した。その後会場に登場した山下の「やっぱ、えがちゃんきたらあの曲聞きたいな」とのリクエストにより、「釣りよかでしょう。のテーマ」を披露することに。江頭が歌い始めた瞬間に、釣りよかでしょう。の3人がステージに登場。3人の持ち込み企画として「釣りよかでしょう。プレゼンツ!キャスティング対決」をやることに。


企画進行を務める東京03・飯塚から「山下チームと釣りよかチームに別れ、ルアーを投げて会場に設置されたパネルを多く倒したチームが勝ち」というルールで対決がスタート。このキャスティング対決は見事、山下チームが逆転勝利をおさめて終了した。

その後は『オールナイトニッポン』のパーソナリティ仲間である三四郎、「M-1グランプリ2019」で準優勝に輝いたかまいたちが登場し、それぞれネタを披露して会場を大いに沸かした。


続けて、山下が“憧れの人”だと語るつるの剛士が登場。PRINCESS PRINCESSの名曲「M」を披露し、「健ちゃん(山下)に『番組に出てくださいよ!』とずっとオファーをもらっていたんだけど、スケジュールが合わなくて。やっと出られました。」と笑顔で語った。 2曲目の「さよならの向う側」を熱唱した後、江頭を呼び込みトークを展開。2人で共同制作した「トモウタ」を披露し、会場をしっとりと包み込んだ。山下がステージに登場し「ゆっくりお話ししたいので、センターステージに移動しましょう」とつるのを誘導。つるのの芸能人生活、子育てなど、さまざまなトークを展開する中で、2人は「ツーリングに行く」「釣りに行く」約束を交わした。


続いては、第2の企画「山フェス杯・争奪!3on3大会」がスタート! バスケのユニフォームに着替えた山下とかまいたちの山下チームが登場。続けて豊元チームとして、東京03・豊元、三四郎・相田、コロコロチキチキペッパーズ ・西野が登場。

デモンストレーションとして山下のドリブルが披露されると、客席からは歓声が沸いた。続けて豊元がドリブルを披露しようとするも、フラフラしてシュートできず、小宮から「アルコール入ってます?」とツッコミが。豊元が「足が痛い」と言い出して退場し、代役として登場したのは、今日のイベントのシークレットゲスト・女子バスケットボールの渡嘉敷来夢選手(JX-ENEOSサンフラワーズ所属)。先日、山下と天皇杯皇后杯の抽選会で共演したのが縁で今回の出演につながった。ゲームがスタートすると、西野と相田が渡嘉敷選手にボールを渡さず仲間割れする事態に。しかし、渡嘉敷が無事にゴールを決めて豊元チーム改め渡嘉敷チームがリード。途中、山下がシュートを決めるも、勝利の栄光は渡嘉敷チームの手にわたった。

山下のバスケ姿に会場の興奮が冷めやらぬ中、山下が天才とあがめる東京03が登場。コント披露後は山下もステージに登場し、トークを展開。角田が「兄弟船」を熱唱する場面も見られた。


イベント後半にはDJ DARUMAが軽快なDJプレイを披露し、会場の雰囲気をガラッと変化させた。リズムに合わせ客席が手を振って盛り上がる中、山下扮する謎の外国人アーティスト、ケージ・ローが来日して、ステージに登場。相田や東京03、EXITらとコラボ曲を熱唱。最後に全員で三代目J SOUL BROTHERSの「Rat-tat-tat 」でラタタダンスを披露。1万人の客席も踊り出し、大盛り上がりの中でステージが終了した。


トリを飾ったのは、前回同様、同じグループのメンバーあるCrazyBoy。2曲を披露して会場を魅了した後、世界大会に出るほどゲーム好きなCrazyBoyと山下による「異例のゲーム対決」が実現。ゲーム対決でひとしきり会場を盛り上げた後は、2人で「Double Play」の健二郎バージョンを熱唱。山下が火曜日のパーソナリティーを務めている日本テレビ「ZIP!」のネタを交えた一曲に、会場も大盛り上がり。

その後は、リリース日は決まっていないという新曲を含む5曲を披露した。

最後は出演者全員を呼び込み、客席も含めて全員で山フェスのために書き下ろされたイベントテーマ曲「ココロノタイヨウ」を会場の1万人と出演者たちが歌い上げ、大きな歓声が上がる中で、2回目のフェスは大盛況のうちに幕を閉じた。

 




イベント概要
■イベントタイトル:
三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎の ZERO BASE presents 山フェス~山下ベース in 横浜アリーナ 2020
■開催日時:2020年1月18日(土)開演 16時30分
■開催場所:横浜アリーナ(神奈川県横浜市港北区新横浜3-10)
■出演者:山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS)
CrazyBoy、つるの剛士、DJ DARUMA、フレンズ、EXIT、かまいたち、コロコロチキチキペッパーズ
三四郎、東京03、本坊元児(ソラシド)、釣りよかでしょう。、江頭勇哉、渡嘉敷来夢

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_a7aef5abc9a3_声優・青山吉能「どうやら私は昭和っぽい?」~知らなかった自分が見えるラジオ a7aef5abc9a3 a7aef5abc9a3 声優・青山吉能「どうやら私は昭和っぽい?」~知らなかった自分が見えるラジオ oa-jolf 0

声優・青山吉能「どうやら私は昭和っぽい?」~知らなかった自分が見えるラジオ

2020年1月18日 11:05 ニッポン放送 NEWS ONLINE

【ニッポン放送「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」アシスタント

青山吉能 インタビュー・後編】

11月2日にスタートしたニッポン放送の番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」(毎週土曜13時〜)の1月のマンスリーアシスタントに、声優の青山吉能さん(23)が就任した。


そんな青山さんに、番組アシスタントの就任の心境を「ニッポン放送NEWS ONLINE」編集長が訊く今回の企画。「ラジオ」への熱い想いが伝わってきた前編に続いて、青山さんの「故郷」への想いが溢れた今回の後編。

そのきっかけは、前編の最後に出た「1月」というキーワードから。

―――― 去年2019年の「1月」は、5日に地元・熊本で、所属していた声優ユニット「Wake Up, Girls!」の凱旋公演がありましたが、あれから1年が経ちましたね。

青山:そうですね、あっという間だったのかな。でも大きく環境が変わりすぎて、それこそ3月8日に解散ライブがあって、もう1月かって! きっと気がついたら解散から1周年になって、どんどん2周年、5周年、10周年となっていくんだなって思うと、時間って平等に流れていくから「恐ろしい!」と思います。やっぱり1年が経ったのであれば、1年が経ったなりの成果が自分の中でも欲しいんです。でも、私の好きな言葉に「報われない努力はあっても、無駄な努力はない」というのがあって。報われない努力って確かにたくさんあるんですよ。オーディションのために一生懸命努力して最高のテープが取れても、落ちるんです。それって報われない努力だけど、その頑張った軌跡は無駄じゃないと思うから。日々、報われない努力っていうのをちゃんと重ねていかないといけないなと思います。

―――― オーディションは、最高の自分を発揮しても、その作品の役に合うかどうかという話もありますからね。

青山:全然、別なんですよね。でもそこで落ちたとしても、見出せた自分の新しい扉って絶対にあるから。そういう1個1個の小さい種をまいて、水やりを忘れずに丁寧に丁寧に生きていけば、いつか花は開くから。そのときまでに、ちゃんと積み重ねておかなきゃいけないですね。


―――― 熊本公演の話もありましたけど、青山さんが出演する熊本県制作のTVアニメ「なつなぐ!」も、1月から放送が始まりましたね。

青山:私もオンエアを楽しみにしているんですけど、本当に「ここまでなまるか!」ってくらい全員なまっているので、オール熊本アニメの良さが出てますね。

―――― 実際に熊本弁を使う醍醐味もありつつ、地元・熊本の作品に自身が出演されているというのは、やってみていかがですか?

青山:うれしいですよ! 実はデビューした最初のころは、熊本に生まれたことを弱みだと思っていたんです。東京に住んでいたらもっといっぱいお仕事をできていたのに、なんで熊本からわざわざ通って、朝早く起きて、夜は遅い飛行機の便で帰るような生活をしないといけないんだって。2年間、熊本に生まれたことを恨んでいたので、まさかこういった形で強みになると思ってなかったし、上京して初めて熊本に生まれたことが強みなんだってわかりました。「なつなぐ!」は、震災復興を掲げたアニメでもあるので、当たり前の日常が当たり前じゃないってこともちゃんと伝えていきたいし、やっぱり忘れないことが復興への第一歩だと思うので、そういう気持ちをこの「なつなぐ!」というアニメを通して感じていただいて、皆さんの中で熊本がずっと胸にあってほしいなと思います。熊本って地震があってかわいそうなところというよりも、お水が美味しくて、辛子蓮根や馬刺しが美味しくて、人情も溢れていてっていう良いところをいっぱい見つけて遊びにきていただいて、どんどん熊本の輪が広がっていったらいいなと思っています。

―――― 同じく1月から放送中のTVアニメ「群れなせ!シートン学園」でも、とても記憶に残るキャラで活躍ですね。

青山:すごく挑戦的な作品で、「もっとやっていいよ」って言われたのは初めてでした。自分の中でもぶっとんだキャラ設定でいったんですけど、「足りない」って言われて。だから、当時できた最大限のクロエ役をお届けできたんじゃないかなと思います。

―――― 天野さんからも認知されている「きかんしゃトーマス」のメインキャラクター・ニアの声も担当していますし、今、幅広く活躍している時期ですよね。いろいろなキャラクターを演じられる役者さんになったなとしみじみと見ていました。

青山:ありがとうございます! もっともっといろいろな子に出会えるように頑張ります。


―――― いろいろなキャラクターを演じるといえば、現在は、朗読劇「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(銀座博品館劇場 1月11~19日)にも出演されていますよね。1月12日と16日には松田美乃里役、19日の千秋楽には森岡市子役で出演されます。朗読といっても役者さん同士のやりとりですから、相手の役者さんが変わるとお芝居は全然変わりますよね。

青山:そうなんです。しかも先輩方がリハーサルと本番で変えてくるんですよ! 去年もいろいろな朗読に出演させていただいたんですけど、「え、リハと違うやん…、そうきたか!」と思って恐ろしいですね。「リハでやりすぎると、本番で本気のお芝居ができないから」って言われて、「マジか!」と思いました。

―――― 自分としても、どのようなカードを出すかが試されますね。

青山:私、けっこうリハで全カードを出しちゃうタイプなので(笑)。でも、そこで絞り出した切り札がまた新しい扉だったりするので、生のお芝居ってこれが楽しいんだなと思って演じていますね。


――――そんな幅広く活躍中の青山さん。ラジオの『ルート930』では、「こんなところを聞いてほしい!」というポイントはありますか?

青山:初回の放送で、(番組構成作家の)正岡さんに「言葉の選び方とかが、どこか昭和っぽいよね」って言われて。知らなかった! 初めて言われました。デビューして6年目ですけど、知らなかった自分っているんだって。畑が違うと、見るところも全然違うんだなと思ったので、私の昔からのファンの方たちも、これを機に知らなかった私の一面を探してみるのもいいですし、初めて知った方は、私はどうやら昭和っぽいらしいので、そこも楽しみにしていただきたいです。

―――― 次回・1月18日の番組のゲストは、大友康平さん、バッファロー吾郎Aさん、家入レオさんが出演しますが……。

青山:ただ生きているだけじゃ絶対に触れ合えない、関わりのない方々にお会いするので、すごいな……。「声優ラジオ」って、みんなが自由にやっているように見えて、「声優ラジオ」っぽさがあったりするんですけど、今回は全然ルールが違うからすごく新鮮ですし、いろいろなことを持ち帰れるといいなと思って、次回も楽しみです。

――――2月1日までのアシスタント、改めて今後の意気込みを教えてください。

青山:すごく小さな目標ですけど、今は「吉能ちゃん」って言われているのを、みんなに「よっぴー」って呼んでもらえるように浸透させたい。「吉能」って言われるのも好きなんですけど、本当に生まれた時から「よっぴー」で、家族みたいに好きな呼び名なんです。あと、私の夢は、「オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティを務めることです。夢はでっかくですから! 大きく出ました。誰かの心に刺さればいいなと思います。よろしくお願いします!


ラジオの楽しさを噛みしめて初回放送を終えたという青山さんは、デビュー当初を振り返りながら、地元・熊本への想いや今後の展望までを熱く語ってくれた。このあと2月1日まで毎週アシスタントを務めるラジオ番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」は、毎週土曜日13時から放送中。彼女の今後の活躍に目も耳も離せない。

 

取材・安田隆也(ニッポン放送NEWS ONLINE 編集長)
構成・赤石真菜

【プロフィール】
青山吉能(あおやまよしの)
5月15日生まれ 熊本県出身 81プロデュース所属
主な出演 「Wake Up, Girls!」七瀬佳乃役 「恋愛暴君」グリ役
「なつなぐ!」千葉いずみ役 「群れなせ!シートン学園」馬縞クロエ役
「きかんしゃトーマス」ニア役 ほか

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_60c736234130_峯岸みなみ、YouTuberデビューも「“坊主”はやらない!」~高橋みなみとAKB48での活動を回顧 60c736234130 60c736234130 峯岸みなみ、YouTuberデビューも「“坊主”はやらない!」~高橋みなみとAKB48での活動を回顧 oa-jolf 0

峯岸みなみ、YouTuberデビューも「“坊主”はやらない!」~高橋みなみとAKB48での活動を回顧

2020年1月18日 10:55 ニッポン放送 NEWS ONLINE

1月11日(土)、高橋みなみと峯岸みなみ(AKB48)がラジオ番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」(ニッポン放送・毎週土曜13時〜)に出演し、以前、峯岸が頭を丸刈りにした事件について語った。


2019年12月に、14年間在籍したAKB48の卒業を発表した峯岸。4月2日に横浜アリーナで行われるラストライブを控え、同じ1期生だった高橋みなみとともに、これまでのグループ内での活動を回顧した。

その中でも印象に残ったエピソードとして、2011年にシングル曲「フライングゲット」で「第53回日本レコード大賞」を獲得したことを挙げた2人。「(全盛期は)さすがに調子に乗っていたな」と振り返った峯岸だが、その翌年にスキャンダルが報じられたことを受けて、「神様は見てますね……」と吐露する場面も。卒業を目前に控えた心境とともに、丸刈り姿で熱愛報道を謝罪した事件について明かした。

天野:自分がいよいよ卒業ということで、どうですか? 1期生ってまだたくさんいるの?

峯岸:私が最後なんですよ! たかみなが卒業して、小嶋陽菜が卒業して……。

天野:まさか最後になるとは思わなかった?

峯岸:いや〜、ここまでいるとも思っていなかったので。「あれ、もう15年も経った?」って……。

天野:途中で1回、坊主になったときが……。

高橋:1クッションはさんで(笑)。

峯岸:逆にあれがあって、また1年目みたいになって。そこから頑張れました。

天野:そこで1回リセットされたんだな(笑)。強くなった!

高橋:“1坊主”ね。

天野:“1坊主”でクリアされたってなんだよそれ(笑)。そんなのあるの?

峯岸:またスタートを切った感じがしちゃって。

天野:アイドルとして初心に戻って、頑張った?

峯岸:そこから数えると、7年くらい経ちましたね。

丸坊主騒動が、これまでのキャリアを見直すきっかけになったという峯岸。


今後の活動としては、元旦に開設したばかりの自身のYouTubeチャンネルで、プライベートの素顔も発信していくとのこと。2013年当時、丸刈りの謝罪動画をYouTubeにアップした峯岸だが、新設したチャンネルでは「坊主はやらない」と断言していた。

radikoタイムフリー

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_ea27dff56e80_潮田玲子も興味津々? 下ネタギャグドラマほか いま注目のネットドラマ ベスト3 ea27dff56e80 ea27dff56e80 潮田玲子も興味津々? 下ネタギャグドラマほか いま注目のネットドラマ ベスト3 oa-jolf 0

潮田玲子も興味津々? 下ネタギャグドラマほか いま注目のネットドラマ ベスト3

2020年1月18日 08:25 ニッポン放送 NEWS ONLINE

ライターでドラマウォッチャーの大山くまおが1月11日、ニッポン放送「潮田玲子 LOVE&MELODY」に出演、「いま注目のネットドラマ」を解説した。


「Netflix (ネットフリックス)」「Hulu(フールー)」「Amazonプライム・ビデオ」などの動画配信サービスでしか観られないネットドラマが人気だが、その中で大山のおススメ作品はこの3つ。

『ザ・クラウン』

「エリザベス女王の半生を描いたドラマ。イギリスの王室の方が実名で出てきます。王室のスキャンダルを歴史と絡めながら描きます」

英国君主、エリザベス2世。政界実力者との確執、王室のロマンス、そして20世紀後半を彩る歴史的事件の影で葛藤する、生身の女王の姿を重厚に描いた大作ドラマ。




『フリーバッグ』

アラサー女性を主人公にした、下ネタもありのドラマ……家族と一緒に見ちゃダメ!?

「主人公を演じるフィービー・ウォーラー=ブリッジが制作、脚本を担当。イギリスでは、ドラマに登場するアイテムが爆発的に売れるほどの大人気。フィービーは天才との呼び声も高く、『007』の新作の脚本にも携わっています」
皮肉屋で性欲は強め、怒りに駆られ悲嘆に暮れる。「フリーバッグ」は、現代のロンドンを生きる1人の女性の心理を描き出す、抱腹絶倒かつ辛辣なドラマである。脚本・主演は劇作家でもあるフィービー・ウォーラー=ブリッジ。差し伸べられる救いの手をことごとく拒絶し、常に虚勢を張りながらも、癒しを求めるタブー知らずの女性フリーバッグを演じる。


『チェルノブイリ』

「チェルノブイリの原発事故を真正面から描いた作品」

2019年(第71回)エミー賞で脚本賞/撮影賞/美術賞/監督賞/シングルカメラ編集賞/オリジナル楽曲賞/作品賞/音響効果賞/録音賞/サポート視覚効果賞、計10の賞を獲得、さらに第77回ゴールデン・グローブ賞も決定している。
1986年4月26日未明、チェルノブイリ原子力発電所で爆発が起こる。未曾有の原発事故の発生に冷戦下の旧ソビエト政府が事態を隠ぺいしようとする中、被害の拡大を少しでも抑えようと必死に戦った英雄たちがいた――。あのとき現場で何が起きていたのか!?



この中でも、ネットドラマ好きの潮田が興味津々なのは、“下ネタギャグドラマ”こと「フリーバッグ」であった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_ea882aa7d602_三四郎・相田、小宮がラジオを病欠した理由に不満「なんなの!?」 ea882aa7d602 ea882aa7d602 三四郎・相田、小宮がラジオを病欠した理由に不満「なんなの!?」 oa-jolf 0

三四郎・相田、小宮がラジオを病欠した理由に不満「なんなの!?」

2020年1月17日 21:50 ニッポン放送 NEWS ONLINE

1月10日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~27時)が放送。相田が、この日の生放送を病欠した小宮の言動についてボヤく場面があった。


冒頭、「違和感気付きました? お聞きの通りですね、小宮がいません」と切り出し、この日の生放送に小宮が不在だと告げた相田。その理由と経緯を説明すると共に小宮の性格について言及した。

「またです。また、休みましたね。ちょいちょい休むんだよな~。風邪とかインフルエンザじゃないんですよ。この時期だったら、そういうのを疑うじゃないですか? でも、歯が痛くて歯医者に行って治療したら、熱が出たって……なんなの!? 本当に(笑)。

小宮はマネージャーに、『来なくていい』って言ってほしいタイプの人間で、よくやるんですよ、あいつは。『熱が出たんで、どうしましょう?』って、聞くのね(笑)。これ、本当によくやるのよ。促すやつを。自分からは言わない。『俺は行きたいんですよ。ただ、熱が39度あるんですよ、どうでしょう?』、『じゃあ、今日はしょうがないから休みます?』って言われるのを待つのよ。『本当に? いいの? でも悪い、行きたいよ。高熱出ても行かせてください』、『いや、本当に周りのスタッフさんにも迷惑かけちゃうんで。うつしたら悪いですし』、『じゃあ、そこまで言うんだったら休みます』みたいな。

2016年の9月と、2018年の7月にも体調不良でラジオを休んでいるのね。2016年は体調が本当に悪かったのかな? 2018年は辛い物を前の番組の収録で食べて、お腹を壊して休んだよ(笑)。理由、弱くない!? この時は1回スタジオに来たんだけど、『あ~……気持ち悪い』みたいになって。『辛い物食べて、ちょっときついな~……』って。“待ち小宮”が発動しまして。それを15分ぐらい引っ張ったから、さすがに(ディレクターが)『本当に体調が悪かったら、帰ってもらった方が……。この後、誰かをブッキングしたり、台本を変えられるので、早めに言ってくれた方が僕らも助かります。どうします?』って。それでも『でもちょっとな~』って“待ち小宮”が継続して。で、ディレクターさんが『じゃあ、休みましょ』って言ったら、『そうっすか? じゃあ~……今回、ちょっとすいません』って(笑)」

その後も「新年1発目は来るでしょ!? 普通」とボヤきが止まらなかった相田。実は、コンビ間で正月休みがあったのは小宮だけだったと明かし、「これ危ないよ。もしかしたら正月休みが抜けられなくて、(来週も)来ないってパターンもあり得るからね」と語り、笑いを誘った。

また途中で、急遽ブッキングされたお笑いコンビ・ラブレターズがゲストで登場。彼らの助けを受け、相田は小宮不在というピンチをしのいだ。

radikoタイムフリー

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_1d3b7a59ad64_声優・青山吉能「ラジオが大好き」 初のアシスタント就任に喜びを明かす 1d3b7a59ad64 1d3b7a59ad64 声優・青山吉能「ラジオが大好き」 初のアシスタント就任に喜びを明かす oa-jolf 0

声優・青山吉能「ラジオが大好き」 初のアシスタント就任に喜びを明かす

2020年1月17日 11:40 ニッポン放送 NEWS ONLINE

【ニッポン放送「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」アシスタント

青山吉能 インタビュー・前編】

11月2日にスタートしたニッポン放送の番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」(毎週土曜13時〜)。クイズに正解したゲストのリクエスト曲がかかるミュージックバトルや、旬なアーティストを迎えて最新の音楽シーンを届ける同番組の1月のマンスリーアシスタントに、声優の青山吉能(23)さんが就任した。


青山さんは、2014年放送のTVアニメ「Wake Up, Girls!」で声優デビュー。同名の声優ユニット「Wake Up, Girls!」のメンバーとしても活動し、Webラジオ「オールナイトニッポンi」(ニッポン放送)のパーソナリティを務めた経験もある。

さらに2017年にはTVアニメ「恋愛暴君」のグリ役でアニメ初主演を果たし、現在放送中のTVアニメ「群れなせ!シートン学園」で馬縞クロエ役、TVアニメ「なつなぐ!」で千葉いずみ役を演じるなど大活躍中である。

そんな青山さんの、番組アシスタント就任の心境は? 目標は?—1月11日、初回の放送を終えたその余韻の残る中、「ニッポン放送 NEWS ONLINE」編集長が、その想いを訊いていった。


―――― 3時間半の生放送は、いかがでしたか?

青山:本当に初めてのことばかりでめちゃくちゃ緊張していたんですけど、天野さんやゲストのみなさんにも助けられ、ただただ楽しい3時間半になったと思います。私がいつもやらせていただいているラジオって、私の話したいことを届けることがすごく多かったので、今回はゲストさんの良さをいかに引き出すかとか、天野さんとの空気感だったりとか、“アシスタントMC”ってどういう立ち位置で話せばいいんだろうっていうのを試行錯誤しました。

―――― かなり楽しかったようですね

青山:すごく楽しかったです! 生放送が始まるまでは、自分の中で反省まみれでこんなに笑顔でしゃべれてないだろうなって思っていたんですよ。いつもは「あれがダメだった、これがダメだった」っていう自己嫌悪タイムがあるんですけど、それを超えるくらい楽しかったので、ラジオの力って偉大だなと思いました。

―――― リスナーが青山さんのことを知って聴いてくれているラジオ番組との違いはありましたか?

青山:ありましたね。私のことも知っていただきたいですが、私よりもゲストさんを知っていただくというのがあったので。今までは自己表現していれば100点満点だったんですけど、自己表現しながらゲストさんを立てるには、どういうバランスがよかったのかと今でも考えます。でも、天野さんがアシスタントの私にも発言する機会をさりげなく与えてくださったりして、すごく助けられました。


―――― パーソナリティの天野ひろゆきさんには、どのような印象を抱きましたか?

青山:とにかく空気の読める方なんだなと思って。私自身、初回ということもあって台本通りに頑張ろうと思っていたんですけど、天野さんはボキャブラリーの豊富さが段違いで。一言一言のコメントも、全部がすごいなと。私ももっと語彙力を鍛えていかないといけないなと思いましたね。

―――― 初回は、勉強しながら放送を進めた感じですか?

青山:そうですね。楽しみながら勉強できたっていうのが自分でもうれしいです。スタッフのみなさんも優しくて、温かい現場だなと思いました。でもそれに甘えずに、自分ももっとスキルアップできるように頑張りたいです!

―――― 私も「オールナイトニッポンi」でお仕事させていただいていましたので、青山さんはラジオの良さがわかっている人だと思っていました。そして、生放送をきちんと進行しつつも、ほかの出演者の懐に飛び込んでいくような、良い関係性づくりができそうだなと、今回の番組のディレクターさんとお話をしていまして、今回アシスタントのお声がけをしたんです。

青山:本当にそう思っていただけるのがうれしいんですよね。ありがたい……。

―――― さまざまなジャンルの著名な方々が出演する番組ということもあるので、爪痕を残せるチャンスではないでしょうか(笑)

青山:そうですね! どうでしょうか、(初回は)爪痕を残せたんだろうか……(笑)


―――― ラジオは好きですか?

青山:もう大好きなんですよ。ラジオが好きで。今回、映像が一切ない3時間半の生放送ということなので、声だけでどれだけ情報をお伝えできるかというのも大事ですし、普段の青山吉能を知らない方が、この3時間半だけでどういう印象を持たれたのかと不安でした。でもそれが私の本質だと思うので、今後もこういった機会がもっともっと増えればいいのになって思いました。

―――― たくさんの人の耳の印象に残っているといいですね。

青山:もっと頑張ります。天下取るぞ!

―――― 今回のマンスリーアシスタントは「1月」ですが、青山さんにとって“1月”は、なにかとメモリアルな月ではないですか?

青山:あら、そうだったかな?(笑)。2014年1月10日は、声優デビューした日なので、そこから早6年です!

―――― 6年が経ってみて、いかがですか?

青山:大きく変わったと思います。デビュー当時の番組をたまに見返すんですけど、トークも声も違うんですよね! 17歳の私って、地元の高校生感がすごくて(笑)。高校生のノリでみんなしゃべっているんですよ(笑)。でもやっぱり、今年で24歳になるんですけど、この世界に入ってラジオというものがもっと好きになって、「話すってどういうことだろう?」とちゃんと考えるようになって6年が経つので、みなさんにも「変わったよね」「いい変化になってるよね」って思っていただけたらうれしいです。


3時間半の生放送の疲れを微塵も見せず、終始笑顔で楽しそうに語ってくれる青山さん。

取材・編集:安田隆也(ニッポン放送NEWS ONLINE 編集長)
構成:赤石真菜

【プロフィール】
青山吉能(あおやまよしの)
5月15日生まれ 熊本県出身 81プロデュース所属
主な出演 「Wake Up, Girls!」七瀬佳乃役 「恋愛暴君」グリ役
「なつなぐ!」千葉いずみ役 「群れなせ!シートン学園」馬縞クロエ役
「きかんしゃトーマス」ニア役 ほか

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_c915216cbf15_私立恵比寿中学メンバーが考察、「グループの中で目立つには?」 c915216cbf15 c915216cbf15 私立恵比寿中学メンバーが考察、「グループの中で目立つには?」 oa-jolf 0

私立恵比寿中学メンバーが考察、「グループの中で目立つには?」

2020年1月16日 23:50 ニッポン放送 NEWS ONLINE

1月8日(水)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、アイドルグループ・私立恵比寿中学の真山りかと柏木ひなたが出演し、アイドルが目立つためにはどうすれば良いか、自身の考えを明かした。


2019年1月19日(日)に開催される『ミューコミプラスpresents スタプラアイドルフェスティバル ?今宵、シンデレラが決まる?』に出演する私立恵比寿中学(通称・エビ中)。同イベントでは、新人アイドルグループの中からシンデレラを観客の投票で1人だけ決めるという企画が行われるが、真山と柏木が“1人だけ選ばれる”というシステムについてどう考えているかを語った。

吉田尚記アナウンサー:今回の企画、1人だけシンデレラを決めるというのは、全員が乗り気ではないと思うんですよ。お2人はどう思ってます?

真山:チャンスだと思います。これだけ世の中にアイドルがたくさんいると、自分が目立てる瞬間なんてないなって思うんです。センターとかに選ばれた子から覚えられていくので、それに選ばれないと、ずっと目立てないんですよね

吉田:なるほど。柏木さんも、「本当はもっと見て欲しいのに」ってもどかしくなることってありますか?

柏木:めちゃめちゃあります(笑)。エビ中の中でもそういうのはあって、誰か1人のメンバーがフィーチャーされる曲ってあるじゃないですか、そういう曲だったとしても自分が一番目立ってやろうって思うタイプなんです。だから、もしも今回の企画で自分が投票の対象だったら、「絶対自分が選ばれる!」って自信持ってやると思う!

吉田:誰が選ばれるか本当にわからないですからね、平等だと思います。お客さんも、誰に投票するか決めずに来て、当日パフォーマンスを見て決めて欲しいですね

また、この日の放送中には柏木が言葉を噛んでしまい、その直後に猛烈なスピードで顔が真っ赤になる場面も……。柏木は恥ずかしいときに、すぐに顔に出てしまうタイプであることも明らかになった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_3bce2fd78170_アニソン界の重鎮・JAMProjectが5人で歌う理由 3bce2fd78170 3bce2fd78170 アニソン界の重鎮・JAMProjectが5人で歌う理由 oa-jolf 0

アニソン界の重鎮・JAMProjectが5人で歌う理由

2020年1月16日 23:40 ニッポン放送 NEWS ONLINE

1月9日(木)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、オリジナルニューアルバム『The Age of Dragon Knights』と、今までの作品を網羅した『20th Anniversary Complete BOX』を1月1日に同時リリースしたアニメソング歌手グループのJAMProjectが出演し、グループの魅力について語った。


影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹という名だたるアニソンシンガーによって結成されたJAM Projectは、2020年で結成20周年を迎える。それぞれが十分すぎるほどの実力と知名度を誇っているJAM Projectだが、それゆえにグループで作品を作るときに力を入れていることがあるという。

吉田尚記アナウンサー:新しいアルバムの『The Age of Dragon Knights』ですけど、聴いてみると神殿に連れ込まれて、後ろの方からすごいコーラスが聴こえるみたいな感じで。基本5人で歌ってるとは思えないパワーを感じますね

影山:コーラスはそれだけで録るのに3日かかった曲とかもあって、今回は特に力を入れましたね(笑)

吉田:コーラスが5人集まったときに、すごいオーラがドッと出てくるのを感じたんですけど、自分たちでも感じてますか?

影山:やっぱり、そこが一番売りでしょうっていう。バラエティに富んだ人たちが入れ替わり立ち代りに歌うのも面白いけど、みんなで一緒になった時の“塊感”というか

奥井:だから、メインボーカルを録るのはそんなに時間かからないんですけど、コーラスには時間をかけるグループですね

遠藤:普通、人がコーラス入れたあとに歌うとやりづらかったりするんですけど、そういうのと戦いながら一緒に作っていくのが楽しいですね

またトーク中には、きただにが「イベントの後に咳をしたら肋骨が折れた」といった話などもあり、デビュー20周年ともなると健康関係の話も多くなるという話題で盛り上がった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jolf oa-jolf_0_59a94e7bf4ff_千葉雄大と白石麻衣が語る、“自分の部屋のこだわり” 59a94e7bf4ff 59a94e7bf4ff 千葉雄大と白石麻衣が語る、“自分の部屋のこだわり” oa-jolf 0

千葉雄大と白石麻衣が語る、“自分の部屋のこだわり”

2020年1月16日 18:00 ニッポン放送 NEWS ONLINE

1月13日(月)、俳優の千葉雄大がパーソナリティを務めるラジオ特番「UR賃貸住宅プレゼンツ 千葉雄大のMY ROOM RADIO」(ニッポン放送・15時~16時)が放送。ゲストには、千葉が主演する映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(2月21日公開)で共演している、乃木坂46 の白石麻衣が登場。部屋のこだわりや、引っ越しのエピソードを二人が語った。


今回の収録が行われたのは、東京都中央区晴海にあるUR賃貸住宅の46階・1LDKの部屋。千葉は「こうやってスタジオじゃなくて、お部屋からお届けするってなかなか新しいですよね」と感想を語りつつ、マンションについては「僕達は普通にエントランスから入ってきたんですけど、すごいアットホームな感じもありつつ、重厚感もあって、本当に素敵だなと思いました。ここからフジテレビが見えるんですけど、なんとフジテレビよりも高いです。フジテレビを見下ろしています! なんかちょっといい気持ちになりますね、身分が高くなったような(笑)」と、都内を一望できる絶景についてテンション高く語った。

番組では、住まいや、生活の中でのこだわりをテーマにトーク。番組中盤ではゲストの白石を招いて、部屋のこだわりや、引っ越しでのエピソードを語った。


千葉:ご自身の部屋のこだわりとかあります?

白石:私は絵をいっぱい飾っています

千葉:えー!

白石:『絵』?(笑)

千葉:あ! 寒い感じになって、30歳のおやじギャグになって……。すみません!(笑) 絵が好きなんですね

白石:リビングにもあったり、トイレとか玄関にも結構置いています

千葉:自分でも描いたりするんですか?

白石:自分ではまったく描かないです!

千葉:どういうテイストの絵が好きなんですか?

白石:ちょっとアーティスティックな感じの絵が好きで

千葉:じゃあ、抽象的な感じの?

白石:はい。人のような絵もあるし、コスメが書かれているようなものもあったり…


千葉:僕は引っ越しをしてまだ慣れていなかった時 、前に住んでいた階の部屋に勘違いして入ろうとして、ドアにずっと鍵を入れて『入らないな、入らいないなー』ってやっちゃって……。結構やってから間違ったことに気付いたんですけど、その部屋に住んでいる人からしたら、めちゃくちゃホラーですよね(笑)

白石:そうですよね!(笑)

千葉:本当に申し訳ないことをしたなぁと

白石:私は、引っ越したらカーテンが短くて長さが足りなくて、朝になると日が入ってきて、失敗したな~っていうことが

千葉:引っ越すとすぐに物を揃えられないから、カーテンとか前の部屋前のものをしばらく使ったりして、ちぐはぐ感がありますよね

白石:そう、リビングとかでもあるんですよね

千葉:あと、僕は台本を捨てられなくて、ずっと今までのものを取っておいてあるんですよ。だいぶたまってきてしまって、大きいダンボール4個分くらいになっちゃって。でも、なんとなく捨てられなくって

白石:私もそういうの、家の中にめちゃくちゃあります。何が入っているんだろう? っていうくらいの物もあって

千葉:それを開けるのも面白そうですけどね

白石:予想だと多分、自分達のCD なんですけど、なかなか開けないんですよね

絵を飾るのが好きで、家にたくさん飾っていると明かした白石。一方の千葉は、学生時代にはユニークな本や雑貨が販売されているヴィレッジヴァンガード風の、おしゃれな部屋にしようと葛藤し、当時好きだったというキリンのアイテムをいくつか収集。ところが模様替えは上手くいかなかったそうで「いろんな(キリンの)アイテムを集めたけど、アジアンテイストというか サブカルというか、本当に統一感のない 感じになっちゃって」と、思ったような部屋にはならなかったと吐露。現在はシンプルに、全部グレーの色でインテリアを統一していると語ると、白石も「シンプルが一番落ち着きますよね」と同調していた。

また、この日は成人の日ということから、千葉が成人式の思い出も回想。当時は読者モデルをやっていたことから、女性から「雑誌見てるよ!」と声をかけられてうれしい思い出もあったそうだが、「けっこうキメて行って、コムデギャルソンのスーツを着て行っちゃったりして。パーマをかけて……ちょっと痛かったよね」と自虐交じりに語り、笑いを誘った。

外部リンク