cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_emgh5lclahca_坂上忍に二枚舌との批判殺到!ゆきぽよと闇営業問題で逆発言 emgh5lclahca emgh5lclahca 坂上忍に二枚舌との批判殺到!ゆきぽよと闇営業問題で逆発言 oa-jisin 0

坂上忍に二枚舌との批判殺到!ゆきぽよと闇営業問題で逆発言

2021年1月25日 22:29 女性自身

「バイキングMORE」(フジテレビ系)でMCを務める坂上忍(53)が1月25日、ゆきぽよこと木村有希(24)を番組で擁護した。しかしその発言に対して、「二枚舌だ」と厳しい声が相次いでいる。

ゆきぽよは親しい間柄にあった男性が19年5月、彼女の自宅でコカインを使用。男性が逮捕されただけでなく、彼女自身も尿検査を受けていたと「週刊文春」によって報じられた。Instagramで彼女は謝罪し、《今後は、過去の未熟な自分を見つめ直し、責任ある社会人となるよう日々頑張っていきたいと思いますので今後とも応援よろしくお願いいたします》とつづった。

すると「バイキングMORE」で坂上は「若気の至りといったらそれまでですけど、これ逮捕でしょ」「せっかくゆきぽよちゃん絶好調だと思うんですけどね」と発言。しかし、こう続けた。

「ただ事実なんだったらちゃんと潔く謝ったら、その後どんないばらの道が待ち受けていようと、あとは頑張るしかないわけで、それ以上、批判する対象ではないと僕は思っているんだけど」
「何年前のことまで責められるの?」

そんな坂上だが19年7月、同番組で吉本興業の闇営業問題について取り上げた際にこう語っている。

「相手の素性が分かってないのに、ノーギャラっていうのは僕らの感覚では“ない”わけですよ」
「大事なのは、たまたま悪い人たちに当たっちゃったんだっていう意識はやめた方がいい。調べなきゃいけない」

■不倫問題でも、人によって扱いが違う

ゆきぽよも吉本の闇営業も“反社会的な人物との関わりがあった”ということが問題とされている。しかしゆきぽよについては「あとは頑張るしかない」といいながらも、吉本の闇営業問題については「たまたま悪い人たちに当たっちゃったんだっていう意識はやめた方がいい」とまで指摘していた坂上。そんな彼に対して、ネットではこんな声が上がっている。

《毎回自分都合の話がよくでるMCですね》
《ある意味印象操作だよね。それをおおっぴらにやるってどうなの》
《宮迫さんらが許されなくて、ゆきぽよが若気の至りで許されるなら、Wスタンダードそのものですよね》
《相手によって言う事変えすぎなんだよね》

坂上は前進番組の「バイキング」で16年1月、不倫騒動を起こしたベッキー(36)の擁護派が芸能界に多いことに触れ「身内だからこそ、安易に擁護すべきじゃない!」とコメント。

いっぽう19年5月、お笑いタレント・千原せいじ(51)の不倫が発覚した当時、「ぶっちゃけモテないわけないと思う」などと発言。そして最後まで千原を批判することなくコーナーを進行し、「せいじくんのお人柄が伺えるようなニュースでした」と結んでいた。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_cmhcsdkr6aqi_槇原敬之「もう薬しない」更生支える恋人とお揃いマスクデート cmhcsdkr6aqi cmhcsdkr6aqi 槇原敬之「もう薬しない」更生支える恋人とお揃いマスクデート oa-jisin 0

槇原敬之「もう薬しない」更生支える恋人とお揃いマスクデート

2021年1月25日 16:00 女性自身

都内の繁華街近くの地下駐車場に駐車した一台の車。黒で統一したシックな装いで助手席から現れたのは槇原敬之(51)。続いて運転席からはオレンジのパーカにベージュのコートをまとったおそろいのマスクをつけた男性が。この日は2人で買い物にきたようだ。

本誌が2人を目撃したのは1月下旬。槇原が“裁き”を受けてから約5カ月がたっていた。

「槇原さんは昨年2月、'18年4月に自宅で覚せい剤と危険ドラッグを所持していた覚醒剤取締法違反容疑などで逮捕。'99年に続き、2度目です。7月に行われた公判では、ファンや関係者に謝罪し、パートナーの男性と生活していることも公表。『今は薬を使わなくても十分幸せだと感じている』と明かして傍聴席を驚かせていました」(スポーツ紙記者)

裁判で懲役2年、執行猶予3年の判決を受け、贖罪生活を過ごす槇原に記者が「お元気そうで何よりです」と声をかけると、笑いながらこう答えた。

「はい、おかげさまでとっても元気です」

記者が次の質問を続けようとすると、隣にいた男性が「すみません、それ以上は……」とすかさず制止する。


その男性こそが、槇原が公判で明かしたパートナー男性のAさんだった。

「Aさんと槇原さんはSNSで知り合い、'18年の春ごろから交際を開始したといいます。逮捕前から同居していた都内の豪邸で今も2人で生活しているそうです」(槇原の知人)

■2度の逮捕にあった元パートナーの存在

恋人と幸せな日々を過ごす槇原だが、そこまでの道のりは平たんではなかった。

「2度の逮捕に関わっていたのが、元パートナーのBさんです。Bさんは薬物の入手先といわれており、1度目の逮捕後に破局するもすぐに復縁。昨年の逮捕も、'18年3月に当時、同居していたBさんが覚せい剤所持で逮捕されたことがきっかけでした」(前出・スポーツ紙記者)

元パートナーと薬物に“依存”していた槇原だが、“本業”を封印して再起に励んでいるようだ。


「昨年はデビュー30周年を祝うツアーを予定していましたが、すべて白紙に。早期の音楽活動再開を希望するファンも多いですが、槇原さんはしばらく“人間活動”に専念するそうです。公判中も同居する自宅の手入れをするなど献身的に支えたAさんを“絶対に悲しませたくない”という思いでいるといいます」(前出・槇原の知人)

最後に記者が槇原に「もう二度と薬物はやりませんよね?」と尋ねると、槇原はこう断言した。

「ええ、もうしません」

その隣でAさんが“どんなとき”も支えていくことだろう――。

「女性自身」2021年2月9日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_36khbfs2l1x8_香取慎吾のSNSとの付き合い方。ステイホームで何を変えた? 36khbfs2l1x8 36khbfs2l1x8 香取慎吾のSNSとの付き合い方。ステイホームで何を変えた? oa-jisin 0

香取慎吾のSNSとの付き合い方。ステイホームで何を変えた?

2021年1月25日 06:00 女性自身

(写真:篠山紀信)

「最初は“炎上”とか怖いイメージもありましたが、始めてみたら温かい言葉をいただいて、SNSに支えてもらってこの3年間やってきたといっても過言ではないくらい」

そう話すのは、SNSでの誹謗中傷をテーマにしたドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』(テレビ東京系・月曜22時〜。1月25日スタート)で主演を務める香取慎吾(43)。3年前、新たな船出とともにSNSを始めた。

「ただ、去年のステイホーム中はSNSとの付き合い方がわからなくなって。何を発信したらいいのか? 発信しないほうがいいのか? と考える中、ちょっとずつ更新してみたらコメントが返ってきて、『つらい』というメッセージも含めてみんなの声を聞けたときに、“僕は一人じゃないんだ”と感じて助けられました」

最近は楽しいだけではなく問題も増えてきているそう。

「アノニマス(匿名)なSNSには変な力があるのか、ほかでは言葉にしないような心の声をぶつけたりする。僕は、実際に会ったりメディアを通じて言葉を発したときに人が不快だと思うことは言わないように生きてきたつもりで、SNSも同じ思いでやっています。……が、時々『テレビだったら絶対言わないな』と思うことを打ち込んでいることもあるので、投稿するボタンを押す前に必ず確認します」

また、自分の心をどう守っていくかも大事だという。

「僕は“知りたすぎない”ようにしています。知らなければ怖くないから。でもエゴサーチはすっごいする(笑)。たとえば『セットが見切れてる』という書き込みを見つけたら、すぐスタッフに連絡して次の週から見切れないようにしたり、昔からネットの意見は参考にさせてもらってます。入り込みすぎないように、ちょっと離れた目線も持ってSNSと付き合っていけたらと思います」

「女性自身」2021年2月2日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_06v7ykmxuttv_結婚発表から1日で「離婚も」発言 ワタナベマホトに批判殺到 06v7ykmxuttv 06v7ykmxuttv 結婚発表から1日で「離婚も」発言 ワタナベマホトに批判殺到 oa-jisin 0

結婚発表から1日で「離婚も」発言 ワタナベマホトに批判殺到

2021年1月23日 20:30 女性自身

1月21日、今泉佑唯(22)との結婚を発表した人気YouTuber・ワタナベマホト(28)。だがわずか1日後の22日、所属事務所から契約解除されたのだ。2人の新たな門出に祝福が広がっていたが、一転して物議を醸している。

所属事務所は公式サイトで、「インターネット上で発信された情報につきまして本人に確認しましたところ、概ね内容を認めました」と報告。これまでも生活指導を行なってきたが「許されない問題行為をとった」とし、度重なる問題行為を理由に契約解除に至ったという。またマホトは同日、警察へ事情説明と相談で出向したとも伝えられている。

新婚で幸せ絶頂のはずだが、いったい何があったのだろうか。

「結婚発表のあった夜、YouTuberのコレコレさん(31)が配信でマホトさんについて暴露。マホトさんは15歳のファンの少女に、わいせつな写真を撮って送るように要求していたのです。さらに口止めするため、学生証の画像を送るようにも指示したといいます。

またマホトさんは、途中から交際相手がいることを少女に告白。ですが、『俺はロリコンだから今の彼女では興奮しない』『画像要求は浮気ではない』などと話していたそうです。その交際相手とは、今泉さんだったようです……」(スポーツ紙記者)

コレコレの動画によると、今泉は現在妊娠5カ月。マホトが少女とやりとりをしていたのは、昨年11月から今年1月にかけてだという。不祥事が表沙汰になったマホトだが、その後も不誠実な態度をとっていたという。

「エスカレートする要求に耐えられなくなった少女は、友人に相談。友人がSNSを通じてマホトさんに連絡したそうです。ところが話が外に漏れたことでマホトさんは逆上し、『弁護士を用意した』などと少女を恫喝したのです。

コレコレさんの配信には少女も電話で登場し、思いを語っています。警察に行くと親に知られてしまうことを恐れて、コレコレさんを頼ったようです。

そんななかコレコレさんの配信終了後、少女のもとにマホトさんから連絡が入ったそうです。『警察に行かないで』などと懇願し、『けじめとして引退します』や『離婚も考えています』などとメッセージを送っていたことが明るみになりました」(前出・スポーツ紙記者)

今泉は結婚報告のなかで、「彼と一緒に過ごしていく中で信念を持ち、真摯にお仕事と向き合う姿に惹かれました」とつづっていた。そして「どんなときも優しく包み込んでくれる彼とこの先もずっと一緒にいたい」とも願っていた。

そんな今泉の思いを蔑ろにするようなマホトの言動に、批判が殺到している。

《マホトまじで最低すぎる、ずーみんが可哀想すぎ、ずーみんには幸せになって欲しいけど、マホトが夫で本当に大丈夫か? 先行き不安じゃない!?》
《ずーみん可哀想すぎる 妊娠して結婚発表したのに、もうマホトから離婚を考えてるとか言われてるの 今泉佑唯を応援してたファンの気持ちも考えるとつらすぎる》
《マホトに離婚を決める権利はない》

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_dgbpf1w56lz8_コロナ禍の東京を撮り続けた写真家が語る緊急事態宣言 dgbpf1w56lz8 dgbpf1w56lz8 コロナ禍の東京を撮り続けた写真家が語る緊急事態宣言 oa-jisin 0

コロナ禍の東京を撮り続けた写真家が語る緊急事態宣言

2021年1月23日 11:00 女性自身

1月2日の明治神宮、初詣のようす(撮影:初沢亜利)


「今のこの東京を撮らなければ、という使命感で撮影してきました。だから被写体となっている、街の人々に対して批判的感情は一切ありません」

そう語るのは、写真集『東京、コロナ禍。』を昨年発表した初沢亜利さん。前回の緊急事態宣言下のような静けさは街になく、若者の気の緩みを批判する声も多いが、街を見つめ続けた初沢さんの視点は違った。

「今どういうふうに生活するのが正解なのか。それは後になってみないとわからないことですよね。街の中では、生活を守っていかなければならない人々が当然そこかしこに存在しているだけなのだと感じます。問われているのは、命と命を天秤にかけた問題だと思うんです。決して命と経済ではない、と」


一年を通して街に変化があったかと尋ねると。

「そう簡単に変わるものではないんだなというのが実感。春は街中が静まり返っていたけれど、夏や秋にはいつもどおりの人出で。科学的根拠よりも同調圧力のほうが、人々の意識や行動に影響力があるんだと感じましたね」

緊急事態宣言が非日常そのものだった第1波と異なり、慣れも出てきた現在。宣言発令の効果にも疑問が生まれる今こそ、感染拡大防止に政府の手腕が試されているのではないだろうか。

「女性自身」2021年2月2日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_0vfl2k55bs55_菅首相 応援したのに…河合議員有罪に言及もまるで他人事と非難 0vfl2k55bs55 0vfl2k55bs55 菅首相 応援したのに…河合議員有罪に言及もまるで他人事と非難 oa-jisin 0

菅首相 応援したのに…河合議員有罪に言及もまるで他人事と非難

2021年1月23日 11:00 女性自身

「行政の長として、個別事件の裁判所の判断について、所感を申し上げるべきではない」
「国民から疑念を抱かれないように襟を正して、活動していく。このことが大事だと思います」

1月21日、こう話したのは菅義偉首相(72)。同日、公職選挙法違反の罪に問われた参院議員の河井案里被告(47)が懲役1年4ヵ月、執行猶予5年の有罪判決を受けた。冒頭のコメントは、同件について語ったものだった。

河井被告の逮捕に対して、「所感を申し上げるべきではない」「襟を正して、活動していくことが大事」という菅首相。まるで他人事のようだが、そもそも河井被告を熱心に応援していた張本人である。

さかのぼること19年6月11日。河井被告はFacebookで、菅首相との対談記事が完成したことを報告。2人が“広島と日本の未来を熱く語る”という同記事には「河井あんりさんに日本の未来を託そう」「河井あんりさんに、自民党、そして日本の未来を託そうではありませんか!」との文言も。また当時首相だった安倍晋三議員(66)、そして二階俊博自民党幹事長(81)の写真も掲載されている。

さらに菅首相は同年6月22日、広島市内で行われた河井被告の応援演説にも参加。河井被告の夫であり、同じく公職選挙法違反の罪に問われている克之被告(57)は同日、ブログに「これまで広島では見たことがない大観衆」が集まっていたと報告していた。「河井あんりを激励する会」の写真も紹介しており、そこには菅首相と思しき人物が大勢の聴衆の前で話しているシーンも。

そして同年7月15日と16日、菅首相は2日連続で河井被告の応援演説を行っている。その際に、菅首相は好物のパンケーキを河井被告と堪能したようだ。同月19日、あるパンケーキ店のブログにはこんな記事が投稿されている。

「菅官房長官と河井あんりさんがご来店されました!」
「美味しいとコメントして下さっていたとの事!」

記事には、菅首相と河井被告が笑顔で肩を並べる写真もアップされていた。

■総裁になったら責任をもって対応していきたい

菅首相の応援もあり同月、河井被告は見事参院選で当選。しかし、その11ヵ月後となる20年6月に克之被告とともに逮捕。すると同年8月、夫妻の初公判についてコメントを求められた菅首相は「差し控えたい」と発言した。

そのいっぽう同年9月、自民党総裁選に立候補した菅首相は同件についてこう話している。

「私がもし総裁になったら、責任をもって対応していきたい」

にもかかわらず、今回の「所感を申し上げるべきではない」そして「襟を正して、活動していくことが大事」発言。ネットでは非難が相次いでいる。

《一切反省もなく、何の説明にもなっていない常套句を吐く》
《あなたは他人事でコメントできませんよ》
《菅さんが応援してるなら、河井候補に投票しようと考えた人はたくさんいたんじゃないのかな》
《他人事で済ませて良い訳がない》

また河井被告は事件を機に離党したものの、失職していない。そのため《まだ議員辞めず報酬貰うのは、コロナ禍で苦しむ国民は理解出来ない》《議員として何もしていないのに議員報酬は支払われている》と議員報酬への不満も上がっている。

後手後手のコロナ対応で支持率も低下している菅首相が“正すべき襟”は一つではなさそうだ。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_ioxj6bzr3qhe_石田純一 10人会食をYouTubeで謝罪も…4000もの低評価殺到 ioxj6bzr3qhe ioxj6bzr3qhe 石田純一 10人会食をYouTubeで謝罪も…4000もの低評価殺到 oa-jisin 0

石田純一 10人会食をYouTubeで謝罪も…4000もの低評価殺到

2021年1月22日 20:03 女性自身

1月21日発売の「週刊新潮」で「焼き肉店での10人会食」が報じられた石田純一(67)。同日にYouTubeチャンネル「じゅんちゃんねる」で弁明したものの、厳しい指摘が相次いでいる。

配信で「10人会食」当日を回想した石田。プロデューサーらと3名で食事をしたところ、その飲食店で偶然居合わせた知人2組と一時的に合流。そうして「10人会食」になったと説明した。また石田は「不愉快な思いをさせてしまって、申し訳ありませんでした」と謝罪している。

昨年4月、新型コロナウイルスの感染が発覚した石田。退院後の5月、本誌の取材に対し「一時は死をも覚悟するほどだった」と回想した。

しかし本誌は同月末、彼が会食後に夜な夜な千鳥足で歩いているところを目撃。さらに8月には「週刊女性PRIME」によって美女を“お持ち帰りした”とも報じられている。

そして今回の「10人会食」。YouTubeのコメント欄を見ると、厳しい声がつづられている。

《日本の為に必死に頑張ってくれている医療従事者の皆様の事を考えてください》
《貴方が罹患した時にお世話になった看護師の事考えて下さい》

また配信は2回にわたって行われており、再生回数は合わせて23,150。そのうち低評価は4,015だ(1月22日 15:35分現在)。

動画のタイトルは「週刊新潮の記事について包み隠さずお話します」。臆さず話したものの、信用を取り戻すには時間がかかりそうだ。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_yq6kiuhyo6e3_綾瀬はるか 殺人犯役好演にあった祖母直伝の“ルーティーン” yq6kiuhyo6e3 yq6kiuhyo6e3 綾瀬はるか 殺人犯役好演にあった祖母直伝の“ルーティーン” oa-jisin 0

綾瀬はるか 殺人犯役好演にあった祖母直伝の“ルーティーン”

2021年1月22日 15:50 女性自身

「ただ男性を演じるだけでなく、殺人鬼という設定。最初は高橋さんに助けてもらいながら試行錯誤してやっていました」

1月10日、綾瀬はるか(35)は、主演ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系)の制作発表会見で演じる役の難しさについて語った。

同ドラマは綾瀬演じる女性刑事が、高橋一生(40)演じる殺人犯と魂が入れ替わるというストーリーである。1月17日に放送された第1話の平均視聴率は16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録と、好調なスタートを切った。

「綾瀬さんは、昔から緊張しやすいタイプで、とくに撮影に入るといろいろなことが気になり、心配しすぎてしまうそうです」(芸能関係者)


そんな綾瀬にとって、心を落ち着かせるための習慣が掃除なのだという。『日経WOMAN』'21年2月号で、彼女はこう明かしていた。

《夜中に突然始めることも(笑)。断捨離も魂のさびを取ることでもあるし、掃除はやっぱり運気を上げてくれる気がします》

実は掃除に力を入れるようになったのは、祖母の影響があるようだ。彼女が昨春、実家に帰省した際に緊急事態宣言が発令され、久しぶりに家族と生活を共にする機会があった。そのとき目撃したのが、94歳になる祖母が70年前から1日も欠かしたことがないというルーティーンだったのだ。

綾瀬はインタビューで、実家での発見について語っている。

《朝起きて顔を洗って、ストレッチをしながらメイクをして、トイレ掃除、リビングの水ぶき、お庭の掃き掃除をして……。(中略)ルーティーンがある人って、軸がしっかりしていてブレない気がします》(『Lee』’21年2月号)


それから綾瀬も毎朝トイレ掃除を習慣にすることになったという。’10年の大ヒット曲『トイレの神様』は歌手・植村花菜(38)が、トイレ掃除の大切さを教えてくれた祖母との思い出を歌った曲だが、綾瀬も祖母から多くのことを学んできたようだ。

「戦後60年を記念したTBSの特番で、当時20歳だった綾瀬さんは、太平洋戦争の体験談を聞きました。『戦争なんか起こさんように、女性がしっかりせなダメなんよ』という祖母の言葉に胸を打たれ彼女は、世界平和を心から願い、テレビ出演などを通じてメッセージを発信し続けているのです」(前出・芸能関係者)

『Lee』のインタビューでは、“悪い精神状態は部屋の汚さに表れる”とも語っている綾瀬。いまも緊急事態宣言下で“トイレの神様”修業に励んでいるというが、その成果を生かして見事、難しい役を演じ切ることはできるのだろうか。 

「女性自身」2021年2月2日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_5gnk1giqtcu2_「80年代W浅野」の斬新さ“女性の幸せ観”塗り替えた2人 5gnk1giqtcu2 5gnk1giqtcu2 「80年代W浅野」の斬新さ“女性の幸せ観”塗り替えた2人 oa-jisin 0

「80年代W浅野」の斬新さ“女性の幸せ観”塗り替えた2人

2021年1月22日 11:00 女性自身

連続ドラマ最終回の伊豆高原ロケに密着した当時の写真。2人はアツ~いキスを披露(撮影:本誌写真部)


育った場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代にはやったドラマや歌の話。同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

「『抱きしめたい!』は、いわゆる“トレンディドラマ”の草分け的な存在といえます。それまでは松田聖子さんや小泉今日子さんを代表とする、あまり背が高くなく、セミロングやショートカットの似合う、かわいい服を着たアイドルが人気でした。いっぽうのダブル浅野はすらっと背が高く、ロングヘアで、ラルフローレンなどのブランドものをカジュアルに着こなしており、対照的。とくに浅野温子さんがワンレンをかきあげるしぐさは“カッコイイ女性”の象徴となりました」

こう語るのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(53)。『抱きしめたい!』は、’88年夏にフジテレビ系のナショナル木曜劇場の枠で放映されたドラマだ。

スタイリストとして自立しているキャリアウーマン・麻子(浅野温子)と、幼稚園時代からの腐れ縁で、麻子に甘え、ときには麻子のボーイフレンドも誘惑する自由な専業主婦・夏子(浅野ゆう子)の2人の主人公が、バブル景気に沸く都会的なライフスタイルのなかで織りなすラブコメディ。

平均視聴率は18.5%で、当時の『女性自身』でも《「抱きしめたい!」ダブル浅野 気になるファッション・カタログ あの服はここで買える!》《3週連続 浅野温子大研究》という特集記事が組まれているほどの社会現象となり、連続ドラマ放送後も、スペシャル版が4作も放送された。

こうした現象には、社会的背景があるのだという。

「’86年に男女雇用機会均等法が施行されましたが、本格的に企業に導入されたのは’90年代半ば以降。当時の女性は、まだ一生稼げる仕事に就くことは難しく、25~26歳で肩たたきにあい、寿退社。男性が家長で、女性は専業主婦になるのが当たり前でした」

女性が幸せに生きるためには“いい男を捕まえる”こと以外に、ほぼ選択肢のない時代だったからこそ“3高(=高身長、高学歴、高収入)”なる言葉も流行した。

「デートは“連れていってもらう”もの。男性にリードされ、レストランではおごってもらい、ドライブでは助手席でナビをするのが普通で、『トイレに行きたいって、男性の前では言えないから、我慢していた』という女性もたくさんいました。“奥ゆかしさ”を求められていたんですね」

そんな女性を解放したのが、ダブル浅野なのだという。

「『抱きしめたい!』のなかでダブル浅野は、男性にこびることなく、ハイヒールを履かず、ぺたんこ靴でアクティブに動き回る。不倫や浮気など、女性が男性を振り回す恋愛の描き方も新しかった。黙っていてもモテる2人が自己主張する姿が“私も、ああなりたい”と支持を集めたのでしょう」

伝統的な日本家屋や団地住まいだった当時の女性たちにとって、ダブル浅野が見せた世界は、おしゃれなマンションで自由に暮らし、女性だけでカフェバーに出かける、キラキラしたシティライフを疑似体験できる場でもあった。

「さまざまな制約のある王女が、街に飛び出し、出会ったイケメン記者をリードして、バイクに乗ったりやりたかったことを実現していく映画『ローマの休日』(’53年)を彷彿させます」

ダブル浅野が提示したのは“自己主張できる女性はカッコイイ”という、当時の日本ではまだ新しい価値観だった。

「女性自身」2021年2月2日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_yb083hvag2yb_天皇陛下と雅子さま ワクチン優先接種を受けられないご意向か yb083hvag2yb yb083hvag2yb 天皇陛下と雅子さま ワクチン優先接種を受けられないご意向か oa-jisin 0

天皇陛下と雅子さま ワクチン優先接種を受けられないご意向か

2021年1月22日 11:00 女性自身

(C)JMPA


新年一般参賀の中止に続き、歌会始の儀も3月に延期――。皇室のご活動にも大きな影響を及ぼしている、新型コロナウイルスの急速な感染拡大。

ただ、皇室担当記者によれば、今年は両陛下にとって“ご多忙な1年”になる可能性が高いという。

「天皇皇后両陛下が地方を訪問される『四大行幸啓』は、昨年すべて延期となりましたが、今年は開催される予定なのです。さらに東京五輪が開催されれば、両陛下が開会式に出席されることになります。しばらくはオンラインでのお務めが中心になりますが、ワクチン接種が進むなど感染が収束していけば、今年中に両陛下が地方に足を運ばれる可能性もあります」

鍵となるワクチン接種だが、菅首相は1月13日の会見でも「できる限り2月下旬までには接種開始できるよう、各自治体において会場の設定などの準備に入っている」と述べている。

ただ、当面は供給量が限られるため、政府は医療従事者(約400万人)、65歳以上の高齢者(約3千600万人)、基礎疾患のある人(約820万人)の順で接種を進める方針だ。

皇室の方々は、優先的に接種を受けられるのだろうか? 宮内庁関係者はこう語る。

「両陛下が、国民より優先してワクチン接種を受けられることはないでしょう。接種の時期は、国民と同じ基準で進められることになります。皇族方では、上皇ご夫妻をはじめ、ご高齢の方や疾患をお持ちの方だけが優先接種の対象になると思われます」

実は'09年に新型インフルエンザが流行した際にも“天皇陛下や皇族方は優先して接種を”との声もあったが、皇室の方々は国民と同じ基準を守られた。

前立腺がんの治療中だった上皇陛下は優先的に接種を受けられたが、当時75歳だった美智子さまは接種を先送りされたのだ。ワクチン接種は国民を先に――。そのお考えは、両陛下にも引き継がれているという。

「今回も、天皇陛下と雅子さまは医療従事者や高齢者ら約5千万人のへ接種が完了するまで、ご自身への接種を待たれることになるでしょう」(前出・宮内庁関係者)

雅子さまは新年のビデオメッセージでも、陛下のお言葉に続き、こう述べられていた。

「今年が、皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします。また、この冬は、早くから各地で厳しい寒さや大雪に見舞われています。どうぞ皆様くれぐれもお体を大切にお過ごしいただきますように」

皇室行事の中止や延期が続いても、雅子さまが国民への“慈愛”を忘れることはない――。

「女性自身」2021年2月2日号 掲載

外部リンク