cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_2dc2813e33fd_多部未華子 結婚指輪は大粒ダイヤ!夫のため母と料理特訓も 2dc2813e33fd 2dc2813e33fd 多部未華子 結婚指輪は大粒ダイヤ!夫のため母と料理特訓も oa-jisin 0

多部未華子 結婚指輪は大粒ダイヤ!夫のため母と料理特訓も

2019年12月26日 06:00 女性自身

左手薬指につけた大粒のダイヤを輝かせながら東京・渋谷の街を歩くのは多部未華子(30)だ。10月に40代の写真家・熊田貴樹氏との結婚を発表した多部。

この日、彼女は母親と談笑しながら老舗百貨店へと入っていった。

「多部さんは『この仕事をしていなかったらずっと実家に住んでいた』と語るほど、家族仲がいい。結婚後もお母さんとはよく会っているそうです」(多部の知人)

数十分後に百貨店から出てきた2人。母親が購入した缶詰を数個受け取ると、多部はそのまま帰路についた。

結婚発表後に、本誌の取材に対して「家事については……、どうでしょう。私はそんなに(娘に)料理を作ってもらったことはありません」と苦笑いしていた母。多部はそんな母と“料理特訓”していた。

「多部さんはもともと料理をあまりしなかったのですが、時間があるときは熊田さんに手料理をふるまっているといいます。イカの中に大根おろしを詰めてしょうゆとマヨネーズで食べる簡単レシピなどを教わっているそうです」(前出・知人)

母のサポートを受けた多部の夫婦生活は順風満帆のようだ――。

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_d64d9e637029_新川優愛 ドレスは10万円!結婚パーティでみせた堅実ぶり d64d9e637029 d64d9e637029 新川優愛 ドレスは10万円!結婚パーティでみせた堅実ぶり oa-jisin 0

新川優愛 ドレスは10万円!結婚パーティでみせた堅実ぶり

2019年12月26日 06:00 女性自身

8月にロケバス運転手のAさん(35)との結婚を発表した新川優愛(25)。当初は20年1月に結婚を発表する予定だったが、早めた理由について新川は11月放送の『金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)でこう語っていた。

「おばあちゃんの体調が良くないというのがあって、ちょっとなんですけど発表を前倒しすることによって元気なうちに見せてあげられるのは、最短でどこだろうっていうのがあって」

幼いころに両親が離婚して以降、祖父母に育てられた新川。育ての親への愛情ある気遣いを見せ、称賛の声が集まる新川は恩人や友人にも結婚報告をしていた。

「10月に仕事関係者を中心とした結婚報告パーティを開き、60人ほどが参加していました。両親や新川さんの育ての親であるおばあちゃんは参加していなかったのですが、親族を招く披露宴も別に行うそうです。4月クールのドラマに新川さんを主演で抜擢するという話もあり、撮影が始まる3月までには実施する予定と聞いています」(芸能関係者)

家族思いな新川のパーティはつつましやかなものだったようだ。

「新川さんは白いウエディングドレスを着ていたのですが、10万円ほどのレンタルものだったと聞いています。堅実に育てられた新川さんは『お金よりも心のこもったパーティにしたい』と言っていたそうです」(前出・芸能関係者)

どこまでも真心あふれた新川。末永くお幸せに!

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_d0fce3c67e7f_バカリズムも!“こじらせ芸人”の結婚ラッシュに意外な共通点 d0fce3c67e7f d0fce3c67e7f バカリズムも!“こじらせ芸人”の結婚ラッシュに意外な共通点 oa-jisin 0

バカリズムも!“こじらせ芸人”の結婚ラッシュに意外な共通点

2019年12月25日 20:55 女性自身

2019年も、もう年の瀬。平成から令和となった激動の1年となったが、エンタメ界でもさまざまなニュースが飛び交った。なかでも印象深いのは、“独身こじらせ芸”が目立っていた大物芸人たちの結婚ラッシュだ。


トップバッターだったのは、オードリーの春日俊彰(40)だ。令和を迎えた直後の5月11日の「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で、放送直前に婚姻届を提出したと発表した。続いて、南海キャンディーズの山里亮太(42)も6月3日に結婚。さらに、11月22日にはオードリーの若林正恭(41)もラジオで結婚報告。そして12月24日、バカリズム(44)が元でんぱ組.incの夢眠ねむとの結婚を発表したのだ。


いずれも予想もしていなかった結婚だっただけに、ツイッターでは関連ワードが一日中トレンド入りするなど大賑わいだった。

そんな4人の結婚には、共通点がある。春日は改元直後の5月、山里は“花嫁が幸せになれる”という6月のジューンブライド、若林はいい夫婦の日、バカリズムはクリスマスイブと、何らかの節目や区切りで結婚しているのだ。


女性自身12月3日号で、恋愛ジャーナリストのおおしまりえさんは「芸能人の“駆け込み令和婚”が急増している理由」についてこう解説していた。

「新しい時代を迎えると、人間心理としても『何か新しい変化を起こすべき!』と思うもの。停滞しているカップルにとっては結婚に適したタイミングといえます。たとえば、結婚を先延ばしにしてきた“煮え切らない男性”がいたとします。女性が『いつに結婚するの?』と問い詰めても、相手の気持ちは離れていきがち。しかし『令和になったし』と話せば、相手にも『たしかにひとつの区切りだ』という“納得感”が出てきやすいと思います。もちろん、逆もしかり。男性側が“結婚を先延ばしにしている女性”にプロポーズするうえでも、絶好の時期といえるでしょう」

「令和になったし」「クリスマスだし」などのタイミングは、“納得感”を生む――。2019年怒涛の結婚ラッシュは、時代に大きく後押しされたものだったのかもしれない。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_f4eca6718923_佐藤仁美が酔って語ったのろけ 年下夫のためにレシピ研究も f4eca6718923 f4eca6718923 佐藤仁美が酔って語ったのろけ 年下夫のためにレシピ研究も oa-jisin 0

佐藤仁美が酔って語ったのろけ 年下夫のためにレシピ研究も

2019年12月25日 06:00 女性自身

10月に舞台俳優の細貝圭(35)との結婚を発表した佐藤仁美(40)。バラエティ番組では毒舌キャラで知られる佐藤だが、幸せな新婚生活を送っているようだ。

「佐藤さんは、細貝さんのことを“圭ちゃん”や“圭くん”と呼んでいるそうです。お酒を飲みに行って酔いが回ってくると『帰ったら一人じゃないっていいね』と、のろけていたと聞いています。また食に強いこだわりがある細貝さんのために、佐藤さんは熱心にレシピを研究しています。豆乳キムチ鍋や明太子鍋といったさまざまなアレンジ鍋を作っているそうです」(佐藤をよく知るスタイリスト)

5歳年下夫の体調管理にも励んでいるようだ。

「2人とも大のお酒好きで、『オフの日は自宅でまったり映画見ながら飲むのが幸せ』と語っていました。とはいえ、舞台で活躍する細貝さんは体形キープが欠かせません。そこで佐藤さんは最近、酒太りしないよう糖質の低いお酒を選んであげているそうです」(前出・スタイリスト)

結婚発表時に、佐藤の豪快さの中にある細やかな気配りや優しさに惹かれたとコメントしていた細貝。心優しい“毒舌妻”の素顔に日々癒されていることだろう――。

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_cc44e985b74e_沢尻エリカと宮迫博之は半減…令和CMギャラ暴落組のお値段 cc44e985b74e cc44e985b74e 沢尻エリカと宮迫博之は半減…令和CMギャラ暴落組のお値段 oa-jisin 0

沢尻エリカと宮迫博之は半減…令和CMギャラ暴落組のお値段

2019年12月25日 06:00 女性自身

「上がる人」もいれば、もちろん「下がる人」もいる。その代表格は薬物逮捕の有名人だろう。3月にコカイン使用で逮捕されたピエール瀧(52)。11月にMDMA所持容疑で逮捕された沢尻エリカ被告(33)も半減以下に。

「逮捕前のピエールさんは役者業の評価で3,000万円から1,500万円。沢尻さんは大河ドラマ『麒麟がくる』出演決定で5,000万から一挙に2,000万円まで激減しました」(広告代理店関係者・A氏)

ちなみに、大河で沢尻被告の代役となった川口春奈(24)は、期待値込みで4,000万円から5,000万円に。

19年は吉本興業の騒動が目立った1年でもあった。流行語大賞にノミネートされた「闇営業」問題の中心にいた宮迫博之(49)も田村亮(47)も4,000万円から1,500万円に大幅ダウン。

「宮迫さんは不倫疑惑もまだ記憶に残っている矢先の事件だっただけに、テレビ復帰をしたとしても金額アップは難しいでしょう。亮さんは相方の田村淳さんが新会社を立ち上げ、そこでマネジメント契約することで活動再開する予定だそうです。まずはネットの露出を増やす方針で、元来の好感度も高いことから将来的には宮迫さんよりCM復帰できる可能性は高いと思います」(広告代理店関係者・B氏)

「松本動きます」発言で、闇営業問題の解決を図った松本人志(56)も、CMギャラが1億5,000万円から1億3,000万円に下がっている。これには深いワケが――。

「今回の問題に対し“後輩らの尻拭いする姿勢”がギャラに影響しているようです。『自分たちのギャラは削ってええから他に回して』と松本さんも浜田さんも自らギャラ減額を提示したようです」(広告代理店関係者・C氏)

約1億1,800万円の申告漏れが発覚し、活動休止に追い込まれた徳井義実(44)も前途は厳しい。

「もともと好感度が高く、逮捕された訳でもないのですが、金銭的にルーズだと判明したことで、3,500万円から2,000万円に大幅ダウン。クライアントが尻込みするタレントになってしまいました」(A氏)

同じく「タピオカ店恫喝騒動」で芸能活動自粛中の木下優樹菜(31)も2,000万円から1,000万円に半減。

「“好きなママタレント”の常連だっただけに“事務所総出”の恫喝報道は完全にイメージダウン。率先して起用しようとするスポンサーはまずいないでしょう」(B氏)

お笑いBIG3の一角、ビートたけし(72)も1億5,000万円から2割ダウンの1億2,000万円に。

「クライアントからは“糟糠の妻”との離婚が影響しているようです。たけしさんの全盛期を知らない10代~20代からの支持が低く、今後は低落傾向になるのでは」(C氏)

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_6d5d71a96776_イモトアヤコ 結婚決意の陰にあった“親友”竹内結子の言葉 6d5d71a96776 6d5d71a96776 イモトアヤコ 結婚決意の陰にあった“親友”竹内結子の言葉 oa-jisin 0

イモトアヤコ 結婚決意の陰にあった“親友”竹内結子の言葉

2019年12月25日 06:00 女性自身

11月に9歳年上のテレビディレクター・石崎史郎さん(42)との結婚を発表したイモトアヤコ(33)。

結婚を生発表した『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)ではラブラブな様子を披露していたイモトだが、衝突することもあったようだ。

「12年前に『イッテQ』のオーディションで2人は出会いましたが、第一印象はお互いあまり良くなかったそうです。1年のほとんどを海外ロケでともにしますが、過酷な状況からかケンカすることもたびたびあったといいます。しかし、次第に絆を深めていき、交際に発展していきました」(日本テレビ関係者)

そして、イモトが決意した陰には一足先に結婚した“親友”の存在があったという。

「イモトさんと親交の深い竹内結子さん(39)は、19年2月に事務所の後輩である中林大樹さん(34)と再婚しました。結婚の決め手について竹内さんは“居心地のよさ”とイモトさんに話していたといいます。その話を聞いたイモトさんが、居心地のいい相手を考えたときにまず浮かんだのが石崎さんだったそうです。年末年始の仕事が一段落したところで、竹内さん一家とイモトさん夫妻で結婚報告を兼ねた食事会を開くと聞いています」(前出・日本テレビ関係者)

結婚してもイモトと竹内の友情が揺らぐことはなさそうだ――。

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_cf79f190a691_夫の実家帰りたくない…妻の“帰省ブルー”問題がネットで白熱 cf79f190a691 cf79f190a691 夫の実家帰りたくない…妻の“帰省ブルー”問題がネットで白熱 oa-jisin 0

夫の実家帰りたくない…妻の“帰省ブルー”問題がネットで白熱

2019年12月24日 23:08 女性自身

12月24日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)で、年末年始に義実家へ帰省するストレスを指す“帰省ブルー”が特集された。

番組では、夫の実家に帰省予定の妻4,463名を対象にアンケート調査。そのうち、63.1%が「帰省にストレスや憂うつを感じる」と回答した。

番組では視聴者が感じた“帰省ブルー”の体験談を紹介。なかでも、家族内での仲間外れや嫌味を言われるといった「姑による嫌がらせ」が最も多いという。

具体例として「子どもがうるさい」との理由から、子ども用に柵を設置。他にも妊娠中に帰省すると、「3人目はいらない。息子が(経済的に)可哀そう」と言われた事例などが挙げられた。

ネットでは議論が繰り広げられており、Twitterでは「#帰省ブルー」がトレンド入り。

《義実家に帰省って感覚がまずよくわかんない… 結婚したら別の世帯、別の家族じゃん? 夫の実家で家事させられるのはどうして? 夫は妻の実家で家事してくれるの?? どうしてこんなこと起こるんだろ??》
《本当、なんで夫の実家優先なのか謎。嫁っていう概念が無くなればいい。うちの親だって子供を一生懸命育てたことにかわりないのに、育ててもらった覚えもない、自分の息子に注意もできない親に気を使わなきゃいけない嫁業務。正月料金で給料もらいたい》
《義母や義父、義理の妹弟に何を言われても「はいはい」って感じだけど、夫に自分の気持ちを受けとめてもらえないのが一番のストレスになるわ》

妻が被害者のように扱われるいっぽう、夫側からもこんな声が上がっている。

《俺は自分の実家にはほとんど帰らず、妻の実家にばかり帰省する。 で、やっぱり自分の実家じゃないから気はつかうんだよね……。ただ、俺のキャラのせいで、そうは思われてなさそうだけど。 こういう男性も少なくないと思うが、「帰省ブルー」で女性の辛さばかり強調されるのは残念》
《#帰省ブルー ってあたかも、奥さんが旦那の実家に行くことを指してるけどさ、俺だって奥さんの実家に行くのブルーだよ。ノリが合わないんだよなぁ。ああ、嫌だなぁ。。 #帰省ブルー って 私(妻)はあなたの実家に帰りたくないけど、あなた(夫)は私の実家来いよってスタンスならアンフェア》

番組内では高橋真麻(38)が「諦めの気持ちを持つしかしょうがない」ともコメントしていた。果たして、世の“帰省ブルー”問題は解消されるのだろうか――。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_b3e28a66d022_M-1で際立った上沼恵美子の奔放ぶり CD宣伝や和牛批判まで b3e28a66d022 b3e28a66d022 M-1で際立った上沼恵美子の奔放ぶり CD宣伝や和牛批判まで oa-jisin 0

M-1で際立った上沼恵美子の奔放ぶり CD宣伝や和牛批判まで

2019年12月24日 23:06 女性自身

12月22日に開催された「M-1グランプリ2019」(ABC・テレビ朝日系)。初出場で優勝を果たしたミルクボーイに大きな注目が集まったが、審査員・上沼恵美子(64)も負けず劣らず話題を呼んだ。

昨年開催された「M-1グランプリ2018」の直後、スーパーマラドーナ・武智(41)がインスタライブを配信。その際、とろサーモン・久保田かずのぶ(40)は「自分目線の自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だろわかるだろ、一番右側のな!」と上沼を揶揄。すると武智も「右のオバハンにはみんなうんざりですよ」「更年期障害かって思いますよね」と暴言を吐いた。

すると今年の「M-1」のオープニングで司会の今田耕司(53)から「今年もありがとうございます! 来ていただいて」と声をかけられた上沼は、会場から大きな拍手が送られるなかで「更年期障害を乗り越えまして」とコメント。スタジオが笑いに包まれると、「将来が決まるわけですから、それを私たちが担ってるわけですから」と告白。出演芸人に気を使いながらも「いつも真剣にやってるのに、いらんこと言うなよ!」と画面に向かって啖呵を切った。

さらに歌がモチーフとなったネタを披露したニューヨークの審査後、「たった4分のネタの中で歌だけで、あれだけ引っ張っていくっていうのはすごい」と絶賛。しかし「歌は難しいから……」「あら、こんなところにこんなものが」と、おもむろに自身のCD「時のしおり」を宣伝。「Amazonでずっと1位でございます」「よろしく!」と呼びかけた。

その奔放ぶりにネットでは《自分のCD宣伝しないでほしい》《ちっとも面白くなかったし場がしらけた》といった声が。そのいっぽうで《「審査員という立場にも関わらずCDの宣伝をする大御所」というボケ。大御所であそこまで爪痕残そうとする姿勢は拍手ですね。批判を恐れてない》と感嘆する声も上がっている。

さらにはからし蓮根の審査中に突如、和牛に怒り出した上沼。和牛に対して「このステージは僕のもの、リサイタル! みたいな」「緊張感のない、そういうぞんざいなものを感じました」とコメント。さらに「大御所みたいな出方して」と揶揄。

和牛がチャンピオンになるよう期待してきたと明かし、“敗者復活”で決勝に挑戦した和牛に対して「決勝まで残りくさらんかった! それが腹立つ」と非難。そして「いいぞー! 頑張れー!」とからし蓮根にエールを送った後に「私は寝る!」といい、“上沼劇場”の幕を下ろした。

Twitterでは上沼のコメントに《私情挟み過ぎで見ててあまり良い気しなかったな》《なんで好きな芸人を上げるために和牛を落とす必要があるの?》と否定的な声が上がっている。

いっぽうで、こんな声も上がっている。

《こなれたようにやってる和牛思い出して、何度も出てるだろうけどM1は和牛の庭じゃない、漫才師が目指す最高峰の舞台だって言いたかったのかなって思った。M1リスペクトを感じたよ》
《上手さじゃなく、一生懸命かける熱量が何より大事だと思う》

批判をものともせず自身のスタイルを貫く姿勢に、《上沼無双乱舞》《傍若無人上沼無双》といった声も放送中に上がっていた上沼。「M-1」で審査を務めるたびに注目を集めており、やはり外せない存在なのかもしれない。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_2ae1beea9cd9_息子のヘアカットをした理容師を銃撃 父親が逃走 2ae1beea9cd9 2ae1beea9cd9 息子のヘアカットをした理容師を銃撃 父親が逃走 oa-jisin 0

息子のヘアカットをした理容師を銃撃 父親が逃走

2019年12月24日 12:30 女性自身

米国時間21日の夜、テキサス州ヒューストンで銃撃事件が発生したと米メディアのワシントンポストが報じている。現場は理髪店で撃たれたのは理容師。容疑者はその日、店で散髪してもらった少年の父親だという。

保安官事務所の発表によると事件当日、13歳の少年は父親に連れられてヒューストン郊外の理髪店にやってきた。髪を切ってもらい、何事もなく店を後にしたが、その日の夜に親子は再来店。父親は理容師に息子の髪型について苦情を言い、無料で手直しをさせたという。息子を先に車に乗せた後に父親は理容師と口論を始めたかと思うと銃を三度発砲し、息子を連れて逃走した。

理容師は腹、脚、腕の三カ所を撃たれたが、幸いにも急所を外していたため命に別状はないという。

親子は現在も居場所がわかっておらず、警察による捜査が続いている。容疑者は黒人男性で、ホンダのアコードと見られるグレーの4ドアセダンに乗っていたという。

ハリス郡警察署のワレス・ワイアット刑事は「13歳なら、名乗り出て何があったかを語らなくてはならないと知っているはず。父親も、良い父親になるためには名乗り出て真実を語るべきだ」とコメントした。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_52feef83c2e2_雅子さま「虐待児童ゼロに!」20年前から訴え続けた宿願 52feef83c2e2 52feef83c2e2 雅子さま「虐待児童ゼロに!」20年前から訴え続けた宿願 oa-jisin 0

雅子さま「虐待児童ゼロに!」20年前から訴え続けた宿願

2019年12月24日 06:00 女性自身

天皇陛下の即位に伴う儀式が終了し、2020年に向けて動きだされる雅子さま。その原点は皇太子妃時代から続ける子供たちとの交流にあった。

雅子さまの誕生日に発表された医師団の見解の中に《私的な部分でもご活動の幅を広げていっていただくことが大切だと考えております》との提案があった。

12月4日に皇居の宮中三殿の賢所に参拝され、天皇皇后両陛下は即位に関する一連の儀式を終えられた。'20年は新たな活動を始める年となるのだろうか。精神科医で立教大学教授の香山リカさんはこう捉える。

「令和になり、雅子さまは皇后としてのお立場でしっかりとお務めをなさっています。ただ、医師団の言う『私的な部分』が何かと考えると、皇后の公務だけではなく、雅子さま個人にとってライフワークとなるテーマが必要だということでしょう」

12月9日に発表された誕生日文書にはこのような一節がある。

《プラスチックゴミなど多くの環境問題や、日本国内の貧困や子供の虐待などの問題、また、世界で紛争や内戦が続いていることなどにも心が痛みます》

また1年前、55歳の誕生日に際しての文書にもこのような言及が見られる。

《最近、国内では、子供の虐待や子供の貧困など、困難な状況に置かれている子供たちについてのニュースが増えているように感じており、胸が痛みます》

雅子さまは“子供の虐待”を防ぎたいというお気持ちを繰り返し訴えられているのだ。

'18年3月、東京都目黒区のアパートで当時5歳の船戸結愛ちゃんが虐待を受けて死亡した事件。'19年1月、千葉県野田市で起きた10歳の栗原心愛ちゃんが、父親による虐待で亡くなった事件。

悲惨な虐待事件が相次いで起こる日本の状況に、雅子さまはずっと以前から心を痛められてきた。20年前、36歳の誕生日にも《特に最近は、児童の虐待が急速に増加していると聞きます》と、子供たちを守るために社会全体の取り組みが必要だと訴えられていた。

令和の皇后として歩みだされた今だからこそ、雅子さまは「虐待される児童をゼロにしたい」という宿願を抱かれているのだろう。皇室担当記者が明かす。

「実は、雅子さまは療養に入られる前から、難しい状況にいる子供たちに心を寄せられていました。お忍びで聖路加国際病院の小児病棟を訪問されて重病の子供たちを励まされるなど、多くの児童養護施設をお訪ねになっています」

神奈川県葉山町の「幸保愛児園」には、療養に入られてからもクリスマスカードを送られた。'02年11月に最初の訪問をされた世田谷区内の社会福祉法人「福音寮」も、長年の交流がある児童養護施設のひとつだ。理事長の飯田政人さんに話を聞いた。

「ご訪問後、子供たちは雅子さまのお誕生日に合わせて毎年、将来の夢や思いを手紙にしたためて送ることが恒例になりました。みんな楽しみに書いています。子供たちへの“お返し”として、翌年のバレンタインデーには、雅子さまからお菓子や花が届くようになり、かけがえのない交流が続いています」

雅子さまは、長期ご療養中に入られた後の'06年と'16年にも、「福音寮」を私的なご視察という形で訪問されている。

「前回のご訪問では、10年前に雅子さまにお会いした卒業生たちも『ぜひお会いしたい』と戻ってきて、皆が笑顔で思い出話をいたしました。それぞれに事情があり親と一緒に暮らせない子供たちを、皇后さまは心からずっと応援し続けてくださっているのです。施設を運営している職員らにも励ましのお声がけをいただき、そのお気遣いに感動いたしました」(前出・飯田さん)

療養中も“弱者救済”の信念を貫き、ひそかに活動を続けてきた雅子さま。ベテランの皇室ジャーナリストも期待を寄せる。

「即位関連の行事も終了して、雅子さまにも少し心身の余裕がお生まれになるかもしれません。陛下のご公務にもほとんどご一緒にお出ましになられ、ご体調は快復傾向にあります。私的なご活動を広げられるには今がチャンスなのです」

皇后になられて2年目の本格始動へ! 子供たちの笑顔を守るため、雅子さまは再び立ち上がられる――。

外部リンク