cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_1iyi9nemaqzoy_堀北真希 母はパートで3人育て…抱え続けた一家離散の過去 1iyi9nemaqzoy 1iyi9nemaqzoy 堀北真希 母はパートで3人育て…抱え続けた一家離散の過去 oa-jisin 0

堀北真希 母はパートで3人育て…抱え続けた一家離散の過去

2017年3月7日 00:16 女性自身

≪この度、これまでやってまいりましたお仕事から離れることを決意致しました。現在私は母になり、愛する家族と幸せな日々を送っています。このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたいと思います≫

3月1日に芸能界引退を発表した堀北真希(28)。女優として残した最後のメッセージは、家族への思いを強く表したものだった。一昨年8月に山本耕史(40)と電撃結婚し、昨年末に第一子を出産した堀北の、突然の“引退宣言”。その決断の裏には何があったのか。

家族を大事に思う気持ちが強かった堀北だが、その家庭環境について実家周辺を取材進めると、意外な事実が明らかになった。堀北が家族とともに住んでいたのは東京郊外の住宅街にポツンと建つ木造アパート。一家を知る近所の住民はこう明かす。

「最初は母親と娘3人で住んでいました。堀北さんは長女で下に妹が2人。お母さんは離婚してここに引っ越してきたようで『大変ですね』なんて世間話をしていたんです。堀北さんが小学生ぐらいのころで、下の妹さんは幼稚園児だったかな。お母さんはスーパーのパートで3人を育てていました。ところがその後、復縁したのかわかりませんが、父親らしき人も一緒に住み始めたんです。父親は昼も夜も働いて、ほとんど家にいませんでした」

しばらく両親と3姉妹の5人暮らしが続いたが、ある日突然、家族はバラバラになってしまったという。

「堀北さんが中学校に上がるころ、お父さんが2番目と3番目の娘を連れて出て行ってしまったんです。堀北さんは大のママっ子でしたが、彼女が母親の愛情を独占することでしだいに姉妹関係がぎくしゃくしていったそうです。だんだん父親と妹たち、そして母親と彼女間に溝ができていったたようで……。もともと不仲だった両親が再び別れるきっかけを作ってしまったと堀北さんは当時から後悔していたようです」(別の近所の住民)

そんなさなか、02年にデビュー。04年の高校1年のとき女優としてブレークした。デビュー後も母子は支え合っていたが、近所の商店主は姉妹間に起きた出来事についてこう語る。

「すぐ下の妹さんが、堀北さんが売れっ子になってから『私の女優の姉よ』とSNSで写真を出したことがあったんです。堀北さんは注意したそうですが、妹は『いいじゃない、お姉ちゃんは有名人なんだから』と反発。姉妹の間でちょっとした諍いになったようです」

もともと家族がふたつになったときに、堀北は自分だけが母親と暮らせていることに対して、妹たちに“負い目”を感じていたのかもしれない。

「堀北さんからすれば『自分が芸能界に入ったせいで、家族がいままで以上にバラバラになってしまった』と自分を責めるようになっていたのではないでしょうか」(前出・商店主)

姉妹の不仲から始まって、自らの芸能活動が“家族離散”の決定的な原因を作ってしまった。それはいつしか彼女のトラウマとなっていった。前出の親族は明かす。

「真希ちゃんは、子供は4人ほしいと言っていました。たくさんの子供と一緒に家庭の中で過ごしていくことが自分の夢でもあり、幸せなんだと。そのために仕事はスッパリやめて、専業主婦として家庭をしっかり守ると決心したのでは……」

家族離散の悲しみを自分の子供には絶対に味わわせさせたくない――。その思いが、“電撃引退”につながったようだ。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_1jelgz8bfhso2_櫻井翔 熱愛発覚のテレ朝アナと「3年は結婚しない」ワケ 1jelgz8bfhso2 1jelgz8bfhso2 櫻井翔 熱愛発覚のテレ朝アナと「3年は結婚しない」ワケ oa-jisin 0

櫻井翔 熱愛発覚のテレ朝アナと「3年は結婚しない」ワケ

2017年3月7日 00:13 女性自身

テレビ朝日の小川彩佳アナ(32)との交際が発覚した、嵐の櫻井翔(35)。気になるのは、2人が“結婚”する可能性。だが周辺を取材すると、複数の関係者がこう断言した。

「櫻井くんは、“3年は結婚しない”という決意を固めていると聞いている――」

まず語るのは、嵐関連の仕事にも関わってきた広告代理店関係者。

「櫻井くんは、“20年の東京五輪でキャスターを務めるまでは、何よりも仕事が最優先”と周囲に話しています。彼は、五輪取材に強いこだわりがあるんです。これまで、08年の北京五輪から5大会連続でキャスターを務め、取材活動を重ねてきました。東京五輪はキャスターとしての集大成になる。それまでの3年間、仕事に影響を与える“結婚”の二文字は封印する強い気持ちがあるんです」

もうひとつ、意外にも政界関係者から同様の声が届いた。語るのは、内閣官房関係者。昨年の都知事選に出馬が取りざたされた“櫻井パパ”こと元総務事務次官の櫻井俊さん(63)が、結婚への“鍵”を握っているというのだ。

「都知事選は固辞しましたが、櫻井パパには“最後の目標”があるんです。それは『自分を育ててくれた故郷の群馬に恩返しをしたい』ということ。じつは、19年に行われる群馬知事選への出馬を考えているんです。現知事の後継候補としての出馬になると思います」

役人時代に総務省内で櫻井パパを引き立てた菅義偉官房長官にも、その意向はすでに伝えてあるという。

「知事選に出馬する際に、息子の翔くんが“チャラい芸能人”と結婚していたら決してプラスにはなりません。その点、小川アナなら相手としては申し分ない。櫻井さんは、翔くんの結婚相手について“彼の人生だからね。彼のしたいようにすればいい”とずっと言ってきました。ただ好きなワインを飲みながら、“やっぱり、しっかりした人のほうが嬉しいけどね”と漏らしたこともあります。知事選に出るとなると、結婚は選挙の後にというのが、口には出さない本音でしょう。翔くんは、お父さんがこれまで自分を犠牲にして応援してきてくれたことをわかっていますから、無理に結婚を急ぐことはないはずです」

小川アナは現在32歳。3年後には35歳になる。結婚適齢期としてはギリギリだ。石の上にも3年、となるか――。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_rhog88yz05er_親だけの婚活パーティに潜入!親目線の"結婚の決め手"は? rhog88yz05er rhog88yz05er 親だけの婚活パーティに潜入!親目線の"結婚の決め手"は? oa-jisin 0

親だけの婚活パーティに潜入!親目線の"結婚の決め手"は?

2017年3月7日 00:09 女性自身

 2月の週末、都内のホテルの宴会場の受付に、長蛇の列ができていた。列に並んでいるのは50代から70代の男女。この行列は、日本初の結婚相談所「マリックス」(東京都新宿区)が2カ月に1度催す「親おや交流会」の受付けを待つ参加者たち。同社代表の升村要さんがこう説明する。

「親おや交流会とは、独身者の親たちだけが参加する交流会です。その目的は“子どもの婚活”。いまは結婚が難しい時代。親同士が自身の子どもの情報を交換し合い、会が終わったらお子さんに『この人はどう?』と、提示する。そこまでが親の“お仕事”。あとはお子さんが自分で判断し動くんです。この交流会は全国で年間20回近く開催しており、今日は138回目。約160名が参加されます」

 今回本誌は、当日行われた「親おや交流会」に潜入することに成功。受付け開始30分前にして、半数以上の参加者が会場前に集合してきた。交流会の参加費用は1万6,000円。初回の参加者は、登録料が別途2,000円かかる。ほどなくして、受付けを終えた参加者は、期待と不安の表情を浮かべながら、配られた資料に目を通している様子。

「この資料には、参加者の子どもたちのプロフィールのようなものが記載されているんです。交流会が始まるまでに資料から相手の年齢や条件を確認し、子に紹介したい人を10人ほどに絞っていきます」(升村さん)

 会場での座席番号と、子どもの年齢、婚歴、血液型から、最終学歴、職業、身長、体重、趣味、そして長所が記載されている。名前や連絡先は、書かれていない。会場入りした親たちは、真剣にそれをチェックしているのが見て取れる。

 資料に目を通すこと40分弱、いよいよ交流会がスタート。最初の40分は、息子を持つ親が、資料でチェックした娘を持つ親の席へと向かい、情報交換を行う。親同士の話が進むと、子どもの写真つきの自己紹介書を交換する。名前や連絡先は、この自己紹介書に載っている。

 次の40分間は、娘を持つ親が、目星をつけた息子さんの親の席へ移動する番だ。医師や公務員の息子の親には何人もの親が集まっているようだが……。

「条件により男性のほうが明暗の分かれる傾向があります。娘さんの親は、お嫁に出した後のことも心配でしょう。近くに置きたい気持ちもあるので、転勤の有無なども考えているようです」(升村さん)

 しかし、35歳の娘の父親は、本誌記者に力強くこう語った。

「結婚すれば、親同士の付き合いも当然あるわけで。職業ももちろん大事ですが、やっぱり親同士の話が盛り上がらないと、送り出しづらいですよね、親子の性格は似るって言うし(笑)。隣の人とは趣味も一緒でさっきからずっと話しこんじゃって……この人が男の子の親だったら決めちゃってもよかったんだけどなあ(笑)」

 親同士が自己紹介書を交換したあとは、実際に会うかどうかを子どもたちが決める。先方に会う気がない場合は、2週間以内に先方に自己紹介書を返却する決まりになっている。会場では「自己紹介書が足りない!」とコピー機を借りる親も。盛況のうちに交流会は終了した−−。

 升村さんは、“親婚活”が活発に行われている状況をこう見ている。

「テレビなどで有識者が、『親が婚活してだらしない』『ふがいない』とおっしゃいますが、まったく違います。日本という国は、家庭の縁談で結婚が決まるのが普通でした。親の世代はお見合い結婚が一般です。生涯未婚率が30年前は50人に1人でしたが、いまでは男性は5人に1人です。お見合い文化もなくなりつつあるいま、待っていても縁談がやってこないのではと心配して、活動をはじめるわけです」

 仲人も少なくなった現代、「代理仲人」の役目が、親としての“最後の仕事”になりつつある!?

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_qxzf3a28ak4l_闘争心と乙女心が交錯する草間彌生の"3つの時代" qxzf3a28ak4l qxzf3a28ak4l 闘争心と乙女心が交錯する草間彌生の"3つの時代" oa-jisin 0

闘争心と乙女心が交錯する草間彌生の"3つの時代"

2017年3月7日 00:05 女性自身

“水玉の女王”として知られ、世界中で高い評価を受けてきた前衛芸術家・草間彌生の70年にわたる芸術活動の全容が紹介される展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」がついに開幕(国立新美術館にて5月22日まで)。2月21日に開催された内覧会は拍手と歓声に両手を振って応える草間に、報道陣たちから「カワイイ!」と声が上がった。

「草間さんは心がとてもピュアで、乙女のようにあどけないところもある方ですから(笑)」

 そう語るのは、展覧会の監修を担当した同美術館副館長・南雄介氏。草間との出会いは25年前に遡るが、チャーミングな人柄に加え、大きく見開いた目の印象は当時と変わらないという。

「講演会をしていただいたことがあるんですが、昔のヌードパフォーマンスの写真を見せながら、『本当にキレイだったのよ』っておっしゃるなど、とても楽しいお話でした(笑)。いつまでも乙女チックな気持ちを持ち続けていらっしゃる方ですね」

 東京では13年ぶりとなる展覧会は、彼女の創作の軌跡をたどる。その3つの軌跡を南氏が解説してくれた。

【1】創作活動初期

 松本の旧家に生まれ、幼少のころから絵を描くことが好きだったが、封建的な考えを持つ母から絵描きになることを強く反対された草間。幻覚や幻聴に悩まされながらも絵画の勉強を続け、’52年に最初の個展を開く。

「京都で日本画を学び、動植物、天体などモチーフは多岐にわたります。10歳のころに描いた母の肖像画には、その後生涯のテーマとなる水玉がすでに見られます」

【2】ニューヨーク時代

 美術界の師弟関係などの因習や女性であることの偏見から逃れたい一心で、28歳のときに渡米。

「無限の網目で空間を埋め尽くす『ネット・ペインティング』(無限の網)で、ミニマル・アートの先駆けとして評価され、布を用いた柔らかい彫刻『ソフト・スカルプチュア』、『ハプニング』と称される屋外でのヌード・デモや乱交をテーマにしたパフォーマンスを披露。ベトナム戦争に対する愛と平和のメッセージを発信するなど、時代の先端を走りました」

【3】東京時代

 心身の不調を訴えるようになった草間は、’73年に帰国。東京で入院生活を送りながらコラージュや版画を数多く制作する。アメリカ生活で公私ともに支え合う存在だった美術家ジョゼフ・コーネルや実父の死が当時の作風に大きな影響を与えたとも。

「小説や詩などの執筆も始め、それまで造形芸術で表現してきたテーマが言葉を伴うことで観客のイメージを喚起しやすくなったと言えます。’89年にニューヨークで回顧展が開催されたのをきっかけに、世界的に草間芸術の再評価が始まり、現代の現代アートの世界的巨匠としての地位を確立させます」

 また、展覧会では軌跡をたどると同時に、’09年から取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」から厳選した132点を一挙に日本初公開。

「草間さんの作品の魅力は、ものすごく大胆なところです。斬新で独創性に富み、社会通念とか美術の世界の約束事みたいなのを軽々と超えてしまう。アウトサイダーとして孤独に歩みながらも、常に現代アートの先駆であり続けています。『200歳まで生きても描きたいものが途切れない』とよくおっしゃいますが、その創作意欲たるや、人生の全てを芸術に捧げていると言ってもけっして過言でないでしょうね」(南氏)

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_1k1zkx9ch47za_"ラ・ラ・ランド"舞台裏 さらに楽しめる"裏・ラ・ランド" 1k1zkx9ch47za 1k1zkx9ch47za "ラ・ラ・ランド"舞台裏 さらに楽しめる"裏・ラ・ランド" oa-jisin 0

"ラ・ラ・ランド"舞台裏 さらに楽しめる"裏・ラ・ランド"

2017年3月6日 23:58 女性自身

いよいよ日本でも封切られたミュージカル映画『LA LA LAND』。すでに184の映画賞を獲得(2月24日時点)。110の映画賞を取った映画『タイタニック』(’97年)の記録をすでに超えている。
 
『セッション』(’14年)で注目されたデイミアン・チャゼル監督が今回描いたのは、エマ・ストーン演じる女優の卵、ミアとライアン・ゴズリング演じるジャズピアニスト・セバスチャンの切ない恋。夢を追いかける男女が出会って恋に落ちるという普遍的な物語を、ハリウッド黄金期のミュージカルや恋愛映画のオマージュを盛り込み、ロマンチックなミュージカル仕立てで表現している。
 
結果、往年の映画ファンはかつて夢中になった名作の数々に思いをはせ、若い観客は従来とは違う、進化形のミュージカル映画として楽しめる。実写ミュージカル映画はヒットしないといわれていた、現在のハリウッドの常識を覆し、世界中を魅了中。そんな『LA LA LAND』はどうやって製作されていったのか。舞台裏話をお届けします!
 
【6分間ノーカットで撮影された名シーン】
 
パーティを抜け出した主人公たちが、夕暮れどきのロサンゼルスの街並みを背景に、歌い踊って心を通わせる、最高にロマンチックなシーン。撮影では、2人は傾斜がある場所でのパフォーマンスに苦労したものの、6分間ノーカットのミュージカルを見事演じきった。
 
【ヒロイン役の本命はエマ・ワトソンだった】
 
エマ・ストーン演じるミア。当初は『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンが第一候補だったが、エマは、ディズニー映画『美女と野獣』出演のため降りたといわれる。また、セバスチャン役もマイルズ・テラーのはずが、主演作の大コケや提示された400万ドルのギャラに不満で600万ドルを要求したなどの理由で起用が見送りになったとか。ちなみに、ライアン・ゴズリングは『美女と野獣』の野獣役を断って本作に出演したという。
 
【米国ではジョニデよりブラピより、ライアン!】
 
セバスチャン役のライアン・ゴズリング。ここ数年、アメリカのテレビドラマで憧れのスターとして登場する数が多いのは、ジョニデでもブラピでもなく、圧倒的にライアン!卓越した演技力とほどよく鍛えられた体が魅力。本作では、撮影前は弾けなかったピアノを3カ月間の猛特訓で習得。演奏シーンは吹き替えなしですべてライアンが行っている。
 
【冒頭の迫力満点ミュージカルシーンは実写!】
 
冒頭から観客の心をわしづかみにするのは、渋滞の路上でたくさんの人が歌い踊るミュージカルシーン。これはロサンゼルス南部にある高速道路ジャッジ・ハリー・プレガーソン・インターチェンジ(105号線と110号線の交差点)を閉鎖して撮影されたもの。約100人のダンサーたちは3カ月間のリハーサルで入念にポジションを確認。本番では、40度の暑さのなか車を足場にして踊るという難しいパフォーマンスを成功させた!

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_s4umcjv01w6o_小倉優子 ゲス不倫夫と離婚 関係修復ならず s4umcjv01w6o s4umcjv01w6o 小倉優子 ゲス不倫夫と離婚 関係修復ならず oa-jisin 0

小倉優子 ゲス不倫夫と離婚 関係修復ならず

2017年3月6日 23:53 女性自身

タレントの小倉優子(33)が夫でヘアメークアーティストの菊地勲氏(46)と離婚していたことが5日、分かった。菊地氏の不倫発覚から7カ月での決断。2児の親権は小倉が持ち、慰謝料は発生していないという。

事の発端は昨年8月。小倉が第2子を妊娠中に、菊地氏が小倉の所属事務所の後輩と不倫していることが一部週刊誌で報じられた。当時、小倉は本誌の直撃取材に応じ、「離婚の方向へは進んでません。私自身も反省する点があったと思うんです」とコメントしていたが、夫婦関係を修復するにはあまりにも大きな亀裂が入ってしまったようだ。

菊池氏はSMAPなど大物芸能人を担当した経歴のある人気ヘアメークアーティスト。2人は3年間の交際を経て’11年10月に結婚。翌年6月に第1子の長男が誕生し、’16年11月には次男を出産している。

小倉は結婚してから芸能活動を控えていたが、この日、26日放送予定の日テレ系『行列のできる法律相談所』の収録に参加し、仕事復帰。ブログでは「子育てとの両立を楽しみながら一生懸命頑張りたいと思います!」と再スタートの決意を綴っている。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_rhrop5lnnqye_高橋一生ヌードで急浮上!意外に多い"BCG跡萌え"女子とは rhrop5lnnqye rhrop5lnnqye 高橋一生ヌードで急浮上!意外に多い"BCG跡萌え"女子とは oa-jisin 0

高橋一生ヌードで急浮上!意外に多い"BCG跡萌え"女子とは

2017年3月6日 23:44 女性自身

3月1日発売の「an・an」(マガジンハウス刊)で初のヌードグラビアに挑戦した高橋一生(36)。その一糸まとわぬ官能的な姿に女子たちが大興奮!浮き出る血管、脇腹のほくろ、腕毛などなど、いろんなフェチたちを騒がせている。

そんななか、意外なところに注目している女子たちがいた。それは高橋の二の腕にあった“BCG跡”だ。

BCGとは、結核の予防接種。9本の針がついたスタンプを2カ所、二の腕に押し付けて接種することから“はんこ注射”とも呼ばれている。接種後に跡が残ることもあるのだが、ネット上ではこんな声が上がっていた。

《やば…高橋一生の凄い萌えを届けてくれてる…全BCG萌えに告ぐ…BCGの跡です…》
《高橋一生目的で真っ先に購入したan・anだけど美人とキスしたり美人と裸で抱き合ってる写真よりも一番キュンときたのは彼の腕に残るBCG跡だった》
《例の高橋一生さんのヌードグラビア…腕にBCGがあって最高だっていうのが超話題のトレンドになってませんか?!!》

実は、このようにBCG跡に萌える女性が意外と多いのだという。今回のヌードグラビアを見た30代“BCG跡萌え”女子はこう語る。

「BCGって、幼いころみんなやってるじゃないですか。つまり、“過去の生活臭”があるんですよね。だから生活感のないようなイケメンが服を脱いだとき、左腕に“あの跡”があるとギャップを感じてキュンとなるんです。『ああ、彼もお母さんに連れられて行ったのかな』とか妄想を掻き立てられて……。ただ、BCG跡に萌えるのはイケメンに限りますけど」

世の中にはいろんなフェチがあるものだが、高橋もまさか自分のBCG跡がセクシーだと言われるとは思いもしなかったことだろう。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_ts1ym5wom7n9_青山テルマ トイレでぼっち飯…辛かった大学時代を明かす ts1ym5wom7n9 ts1ym5wom7n9 青山テルマ トイレでぼっち飯…辛かった大学時代を明かす oa-jisin 0

青山テルマ トイレでぼっち飯…辛かった大学時代を明かす

2017年3月6日 23:38 女性自身

歌手の青山テルマ(29)が3月1日放送の「モシモノふたり」(フジテレビ系)に出演し、意外すぎる大学時代を告白した。
 
青山といえば、08年発売のシングル「そばにいるね」で一世を風靡。しかし、デビュー当初は極貧生活を送っていたという。
 
「荻窪駅のドア閉めたらビル全体が揺れるくらいのボロいアパートに住んでた。お母さんと1LDKの築何年やろうってぐらいの」
 
そして、07年にメジャーデビューしてからわずか3カ月。「そばにいるね」の大ヒットでいきなり有名人になった当時19歳の彼女は、突然の変化に困惑したことを明かした。
 
「現実と起こってることが全然イコールじゃなかった。起きたら世界が変わった」
 
天真爛漫で自由奔放なイメージの彼女だが、大学時代の“壮絶過去”をこう振り返った。
 
「大学の時もみんな学食でごはん食べるやん。けど、隠し撮りがすごかったから。トイレで1人でおにぎり食べてた。トイレが1番落ち着いた。友達も2人しかできへんかった」
 
しかし木下優樹菜(29)や清水翔太(28)など芸能人の友人と付き合ううちに「もっと自分をさらけだしてもいいんだ!」と思えるようになったという。
 
同番組では、私生活でも仲が良いという宮川大輔(44)と共演。彼を終始困惑させるほど“テルマワールド”を炸裂させていた。
 
デビューから10年経った現在、彼女はようやく自分らしさを取り戻せたようだ――。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_1hrjr2dxnr2hw_ラモス瑠偉のリハビリ奮闘 頑張りすぎて歩けなくなるほど 1hrjr2dxnr2hw 1hrjr2dxnr2hw ラモス瑠偉のリハビリ奮闘 頑張りすぎて歩けなくなるほど oa-jisin 0

ラモス瑠偉のリハビリ奮闘 頑張りすぎて歩けなくなるほど

2017年3月3日 18:01 女性自身

「この1~2週間、すごい回復ぶり。病院の先生も驚いてたよ」

昨年12月29日に脳梗塞で倒れてから2カ月。待望の退院を果たした2月14日、詰めかけた記者たちにそう語ったのはラモス瑠偉(60)。横には、一昨年11月に再婚したばかりの俊子夫人(39)の姿も。ラモスはサッカー選手としての“現役復帰”まで口にし、回復ぶりをアピールした。

だが、それから1週間以上が過ぎた2月22日。本誌が目撃したラモスは夫人に手を引かれて、ヨタヨタと歩いていた。見るからに、片足を引きずっている。退院時に口にした「回復」は本当なのか――。

翌日も、夫人は献身的に夫に付き添っていた。昼12時過ぎ、ラモスは前日のように夫人に支えられながら停まっている車に乗り込むと病院へ。途中、先に車を降りた夫人は、満面の笑みでラモスの乗る車に手を振っていた。ラモスのリハビリ訓練が終わるのを外で待っているのだろう。

だが、夫人がずっと付き添ってなければならないほど、状態は悪いのだろうか。リハビリに向かうラモスに声をかけると、以前と変わらぬ笑顔で応じてくれた。

――もう普通に出歩いているんですか?

「いや、してないです。昨日が初めて。リハビリに車で送ってもらってね。毎日やってるけど、まだ治ってないです」

そう言いつつ、表情に悲壮感は感じられない。ラモスの事務所関係者に話を聞くと、謎が解けた。

「ラモスはリハビリでも、メチャクチャ頑張ってしまうんです。限界までやる。だから頑張った翌日は、筋肉が張って、歩けないほど痛みが出ることがあって(苦笑)。ハードなトレーニングに挑んでいくところは、現役時代と変わらないですね」

俊子夫人の深い愛に支えられた“闘将”ラモス。回復も早そうだ。

外部リンク

cat_1_issue_oa-jisin oa-jisin_0_1ji1o46ri8zsn_要潤 高級住宅地に建てていた“1億3千万円”イクメン御殿 1ji1o46ri8zsn 1ji1o46ri8zsn 要潤 高級住宅地に建てていた“1億3千万円”イクメン御殿 oa-jisin 0

要潤 高級住宅地に建てていた“1億3千万円”イクメン御殿

2017年3月3日 17:43 女性自身

「近くに緑道があるのですが、そこでお子さんを遊ばせているのをよく見かけますね」

そう話すのは、要潤(36)が住む、東京・世田谷区内の自宅近くの住人だ。ちびっ子だけでなく、母親たちまでもとりこにした『仮面ライダーアギト』でブレークしてから15年。

「要さんほどの人気俳優なのに、マスコミが気付いてないのが不思議ですが……。じつは都内の高級住宅地に、“億超え”の自宅を建てているんですよ」(要の知人)

要が、121平方メートルの土地に建つ自宅を購入したのは14年8月のこと。角度のついた屋根が印象的な、スタイリッシュな一軒家は木造2階建て。近所の不動産業者によれば、「土地と建物あわせて1億3千万円」という豪邸だ。

「要さんは14年4月に、元タレントで美容関連会社社長のA子さんと結婚しました。その年の12月に第一子が生まれていますから、子供が生まれるのにそなえて、広い家を買って移り住んだということでしょう」(スポーツ紙記者)

その後、15年12月には第2子も誕生。自宅の周辺では、そんな要の“イクメン”ぶりが噂になっていた。

「休日には、犬を散歩しているのをよく見かけますよ。子供さんと散歩する姿も見ます。ジャージ姿に帽子を深くかぶっているんですが、背が高くてスラッとしているので、目立つんです」(別の近所住人)

要の仕事ぶりは「順調」そのもの。ドラマ出演にくわえ、コンスタントにCMも入っており、収入は安定している。

「現場に遅れてきたことも一度もないですし、台本もすべてインプットしてくる完璧主義者。後輩のセリフにまで目を通し、アドバイスをしてあげる性格で、撮影現場での信頼は大きいですよ。ただ、女性ファンが多い彼にとって、“パパ”のイメージが強くなるのは諸刃の剣。だからインタビューなどでは、家族の話はNGにしています」

ますます仕事への情熱が燃え上がりそうだ。

外部リンク