cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_01af69813a3d_「ごめん寝」する理由2つ 目撃しやすいシチュエーション 01af69813a3d 01af69813a3d 「ごめん寝」する理由2つ 目撃しやすいシチュエーション oa-inunekonews 0

「ごめん寝」する理由2つ 目撃しやすいシチュエーション

2019年3月27日 11:58 ねこのきもちNEWS

猫が額を床にペタッとつけて、まるで謝っているかのような姿で寝る「ごめん寝」。猫のかわいいポーズとしても人気ですよね♪
でも、なかなか愛猫のごめん寝の姿が見られない……という飼い主さんもいるのでは? 

今回は、ごめん寝をするときの猫の気持ちと、ごめん寝を目撃しやすいシチュエーションについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生に解説してもらいました!

猫がごめん寝をする2つの理由

猫がどうしてごめん寝のような寝姿をするのか、その理由としては以下の2つが考えられています。

①光が眩しくてそれを避けるために顔を隠している 

猫は眼球で光をキャッチする能力がとても強い(タペタムという光を反射する場所が眼球の中に存在する)ため、家の中の蛍光灯や外の日差しがとても眩しく感じられるのです。

また、動体視力が良い猫は、人間がほとんど感じない蛍光灯の点滅がわかるといわれているほどで、この蛍光灯の点滅も眩しく感じられるかもしれません。そのため、ごめん寝の姿で顔を隠して眩しさを避けていると考えられています。

②うつ伏せの体勢のときに眠くなってしまい、そのまま寝てしまった

ただただ眠たくなって、ごめん寝の体勢になって寝てしまうこともあるでしょう。

これらの理由を考えると、ごめん寝をする猫としない猫の違いは、猫の住んでいる家の環境が関わっている可能性もありますし、もちろん猫の個性や個体差にもよるとも考えられますね。

ごめん寝しているときの猫の気持ち

とてもかわいらしいごめん寝の姿ですが、このときの猫の気持ちとしては、もしかしたらこんなことを考えているかもしれません。

「眩しいから電気消してほしいなぁ」
「カーテン閉めてくれないかなぁ」

それは、このごめん寝のポーズを見ても伝わってきますよね。

ごめん寝はどんな瞬間に見ることができる!?

「愛猫のごめん寝の瞬間をなかなか見ることができない!」という飼い主さんもいるかもしれませんが、ポイントがあります。

ごめん寝を目撃しやすいのは、猫が眩しいと感じるような場所だと考えられます。たとえば、蛍光灯の真下や強い日差しの窓際などですね。そして、眠たそうな猫を見つけてください。
でも、猫がもし眩しくてつらそうなら、照明を落とすなどお部屋の環境を工夫してあげてくださいね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
参照/Instagram(@nellnell_cat、@fafa_neko、@iayaccco、@suzu_angel、@shirasu.neko)
取材・文/Honoka

外部リンク

cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_b52234d6f236_1日に何時間眠ってるの!?「睡眠」にまつわる4つのフシギ b52234d6f236 b52234d6f236 1日に何時間眠ってるの!?「睡眠」にまつわる4つのフシギ oa-inunekonews 0

1日に何時間眠ってるの!?「睡眠」にまつわる4つのフシギ

2019年3月27日 11:58 ねこのきもちNEWS

猫は「寝るのがシゴト」といえるくらい、よく寝ているイメージがありますよね!

今回は、そんな猫の「寝る」にまつわる4つのフシギについて、動物看護師の小野寺温先生に聞いてみました♪

フシギ1:子猫がよく眠るのはなぜ?

A.眠っている間に体も心も成長するから。

「体の成長を促す『成長ホルモン』は眠っている間にも分泌されます。また、脳内の情報整理や、新しい神経がつくられるのも睡眠中なので、育ち盛りの子猫には長〜い睡眠時間が必要。1日に20時間ほど眠ります」(小野寺)

フシギ2:猫はずーっと眠っているように見えるけれど、どうなの?

A.実際は、1日に14〜16時間は眠っています。

「狩猟動物だった猫の睡眠時間は、1日の2/3と長めです。これは、狩りや縄張り争いなどに備えて、ふだんは極力エネルギーを蓄えようとするためです。また、人と同様に、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)を繰り返しますが、猫の睡眠のほとんどはレム睡眠深い眠り(ノンレム睡眠)は1回7分、1日分でも60分程度です。その理由は、敵の攻撃にすぐに気づくためですが、襲われる心配のない飼い猫は、野生の猫よりも熟睡する時間が長いようです」(小野寺)

フシギ3:シニア猫がよく眠る理由は?

A.加齢で活動量が減るから。

「早い猫では、7才を過ぎてシニア期に入った頃から睡眠時間が長くなります。これは加齢によって筋力が落ち、活動量が減ってくるから。眠っているというよりは、うとうとしていたり、浅い眠り(レム睡眠)の状態でいることが多いでしょう」(小野寺)

フシギ4:猫は夜行性のはずなのに、家族と夜眠るのはなぜ?

A.飼い主さんが起きている時間にイイコトがあるから。

「たとえ夜行性動物であっても、起きている必要がなければ夜に眠ります。飼い猫の場合、フードをくれたり遊んでくれる飼い主さんが起きているときに、元気いっぱいに動けるほうが都合がよいので、飼い主さんに合わせて眠るのでしょう」(小野寺)

以上、猫の睡眠にまつわる4つのフシギでした!

猫がとろーんと眠っている姿には、癒されている人も多いはず♡
愛猫を起こさないように、そーっと観察してみてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2016年4月号『「寝るのがシゴト」の猫あるあるを解説 とろりん猫のフシギ』(監修:帝京科学大学助教、動物看護師 小野寺温先生)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」にご投稿いただいたものです。※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/Honoka

外部リンク

cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_9279b995bf87_楽しくて嬉しくてたまらない!からの反動も大きいお遊び 9279b995bf87 9279b995bf87 楽しくて嬉しくてたまらない!からの反動も大きいお遊び oa-inunekonews 0

楽しくて嬉しくてたまらない!からの反動も大きいお遊び

2019年3月27日 11:56 ねこのきもちNEWS

登場人物

作者プロフィール

仁子(じんこ)
福井県出身のイラストレーター。
色彩、表情にこだわった物語性のあるイラストを得意とし
雑誌、書籍、雑貨等幅広いジャンルで活動中。

外部リンク

cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_cfd9e7a7e406_まだ会社行かにゃいで!飼い主さんを引き止めるニャンコ cfd9e7a7e406 cfd9e7a7e406 まだ会社行かにゃいで!飼い主さんを引き止めるニャンコ oa-inunekonews 0

まだ会社行かにゃいで!飼い主さんを引き止めるニャンコ

2019年3月27日 11:55 ねこのきもちNEWS

Instagramユーザー@ado6737さんの愛猫・エキゾチックショートヘアのアドちゃん♡


パッチリまんまるお目めがとってもかわいい!(*´∀`)

表情豊かなアドちゃんは、かわいいだけじゃなくて……


キリッッッ(ΦωΦ)


キレッキレのかっこいい表情も見せてくれるんです☆
そんなアドちゃんだけど、遊びに夢中になって必死になっちゃう姿が激かわなんです(人´∀`)

それが、こちらっ♡↓↓


「まだ会社行かにゃいで!!!」


たっちしながら、飼い主さんの洋服を引っ張るアドちゃん。ものスゴい目力と後ろ足で踏ん張る姿が、アドちゃんの気持ちを物語っているよう(ΦωΦ)

このアドちゃんの姿を見たユーザーさんからは、次のようなコメントが寄せられています♫

  • 「もはや猫ちゃんの域を越えたアドちゃん♡♡♡」
  • 「もうすぐ喋りだすと思う~(>ω
  • 「これされたら…休むな♡ 休むよねぇ♡」
  • 「後ろ足の踏ん張り方が! こんなことされたら会社なんて行けない! あー、かわいい♡」
  • 「後ろ足の、踏んばりが最高に可愛い♡♫♫」



こんな訴え方をされたら、会社に行けなくなっちゃう!!
一生懸命飼い主さんを引き止めるアドちゃんの姿が、かわいすぎるのでした♡

参照/Instagram(@ado6737)
文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_f07e36255211_気づいて! 猫が心を開いている人にだけ見せるサイン f07e36255211 f07e36255211 気づいて! 猫が心を開いている人にだけ見せるサイン oa-inunekonews 0

気づいて! 猫が心を開いている人にだけ見せるサイン

2019年3月27日 11:55 ねこのきもちNEWS

警戒心が強いイメージのある猫。でも、心を開いている人に対しては、とってもかわいいしぐさやサインを見せてくれるんです♡

ねこのきもち獣医師相談室の先生が、くわしく解説します!

猫が心を開いているときに見せるしぐさ・サイン

猫は心を開くと、その人に甘えたり要求したり、くつろいだ姿を見せます。愛猫がふだんから見せるかわいらしい行動そのものが、心を開いているしぐさやサインです。

「甘え」「要求」「リラックス」しているときの猫のしぐさ・サインを、具体的に見ていきましょう。

①甘えのしぐさ・サイン

■ ふみふみする

人のお腹や布団などを前足でふみふみするのは、「子猫の頃を思い出している行為」と言われています。猫が甘えたいときや、リラックスしているときにすることが多いよう。

飼い主さんの膝の上やお腹、またはすぐ傍でふみふみするのは、心を許して安心しているからできるのでしょう。

■ 舐める

単独行動を好む猫でも、信頼し心を開いている相手となら毛づくろいしあったり、舐めあったりします。

猫が人を舐めるのも、心を許している相手だけ。顔や首をぺろぺろ舐めることが多いようですが、髪を舐めて毛づくろいをしている気分になっている猫もいるようです。

心を開いてくれている嬉しさがありますが、猫のような被毛がない人にとっては痛いこともありますね。

■ くっついてくる

警戒心の強い猫が身を預けて密着するのは、心を許している人だけ。

膝の上に乗ったり、肩の上に乗って甘えるだけではなく、体に一部(顔やお尻)だけをくっつけてきたり、服の上に乗って、その人のニオイや温もりに包まれて安心している猫もいます。

■ 後をついてくる

猫が人の行く先々につい来るのは、その人の行動を把握して、かまってもらうタイミングを探っているときに見られるしぐさ。心を開いた大好きな人に甘えたくて仕方がない猫の様子です。

■ コロンとお腹を見せる

本来、急所であるお腹を見せるのは嫌がりますが、心を開いた人にはお腹を見せることがあります。

猫同士では遊びに誘っていることが多いようですが、人に対しては「甘えの意味」が強いようです。

お腹を見せながら、くねくねゴロゴロ体を動かしてアピールすることもありますね。

②要求のしぐさ・サイン

■ ニャーと鳴く

元々単独で行動する猫は、鳴き声でコミュニケーションを取ることは、ほぼないと言われています。

しかし、心を開いた人に対しては「自分の願いや気持ちを伝える手段」として鳴くことがあります。

「撫でて」「遊んで」「ごはんちょうだい」など要求がある場合は、上目遣いで訴えるような目を向け、いつもより少し高めの声で鳴いているのではないでしょうか。

■ 邪魔をしてくる

猫は心を開いた人に対して、いろいろ邪魔をしてきます。パソコンで作業をしているとキーボードに乗ってきたり、雑誌や新聞を読んでいると視界を遮ったり。

猫は邪魔をしているつもりはなく、「好きな人にかまってほしい」「振り向いてほしい」と訴えているのです。

邪魔をしないまでも、視界に入ろうとする猫もいます。すぐ傍で、または少し離れた場所で振り向いてくれるのを待っているのかもしれませんね。

■ ジーっと見つめる

猫にとって目を合わせるのは、本来敵意を意味します。しかし、人に対して猫が視線を送るのは、何かをしてほしいと伝えたいことが多いでしょう。

猫の視線を感じたら、それは心を開いているサインといえるかも。なかでも、遊びやフードを期待しているときは、ワクワクして瞳孔が(黒目が)大きくなるうえに目を見開いて輝かせています。

また、目があったときに猫がゆっくり瞬きをするのは、絆が強い人にしか見せない信頼と愛情表現のひとつです。

■ 体や頭をこすりつける

猫が人や家具にスリスリするのは、マーキングや挨拶などいろいろな意味があると考えられていますが、心を開いた人には「遊んで」「ごはんちょうだい」などの気持ちを伝えるためにすることがあります。

スリスリしながら小さい声で鳴いたり、行ったり来たりと何度もスリ寄ってくることもありますね。

③リラックスのしぐさ・サイン

■ 気持ちよさそうに撫でられる

撫でられて気持ちよさそうな様子を見せたら、相手に心を開いているサイン。

眉間や首、顎など、猫自身では毛づくろいできない部分を撫でられると、リラックスして「ニャッ」とうっとりした声が漏れてしまうこともあるようです。

■ お尻を向けて座る

猫がお尻を向けて座るのは、その人に心を開いているから。「この人から嫌なことをされる心配はない」という、安心した気持ちの表れですね。

■ ゴロゴロ喉を鳴らす

猫が喉を「ゴロゴロ」と鳴らす仕組みは明らかではなく、理由もいろいろあるようですが、基本的には安心できる相手と一緒にいるときに出す音です。

心を開いている人の傍では、身も心もゆだねてリラックスできているというサインですね。


上記のように、猫が心を開いている人にだけ見せるしぐさ・サインを、「甘え」「要求」「リラックス」に大きく分けて紹介しました。

ただ、甘えて要求したり、リラックスしながら甘えたりと、いろんなケースも考えられるでしょう。きっと私たちが考えるよりも、猫の気持ちは複雑だと思います。

猫が心を開いていない人に見せるしぐさ・サイン

一方で、猫が心を開いていない人に対しても、わかりやすいサインがあります。心を開いていない人が近くにいると、猫は不安になったり落ち着かなくなるのです。

そのようなとき、猫はあまり姿を見せなくなります。外出する猫は、しばらく家に帰らなくなることも。

■ 不安がっている猫を無理やり触ろうとすると……

そのような猫の様子にかまわず触れようとすると、猫の緊張や不安は大きくなり、しっぽをくるりと後ろ脚の間に巻き込み、耳を倒して体全体を小さく固くしてじっとしています。

隠れる場所や落ち着ける場所を見つけられないと、不安や緊張でウロウロ歩きまわることも。

猫が心を開いていないとわかったら、無理にかまわずに心を開いてくれるまで待ってあげましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/sorami

外部リンク

cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_c2815a9d8dfe_猫風邪から愛猫を守ろう!免疫力を高めるためのポイント c2815a9d8dfe c2815a9d8dfe 猫風邪から愛猫を守ろう!免疫力を高めるためのポイント oa-inunekonews 0

猫風邪から愛猫を守ろう!免疫力を高めるためのポイント

2019年3月26日 14:32 ねこのきもちNEWS

外気の変化が大きい春先は、猫にとってさまざまな病気にかかりやすい季節でもあります。

今回は、そんな春先にかかりやすい病気のなかでもとくに身近なものである『猫風邪』を取り上げ、その予防と対策にとって重要な、免疫力を高めるためのポイントについてご紹介します。

猫風邪ってどんな病気?

猫風邪は、カリシウイルスやヘルペスウイルスなどのウイルスに感染して起こるもので、冬から春への変わり目といったときにかかりやすい感染症のひとつ。人のそれと同じように、発熱や鼻水などといった症状が出たり、結膜炎や口内炎を引き起こしたりすることもあり、重症化すると死に至る場合もあります。

免疫力を高めることが重要なのはなぜ?

猫風邪のような感染症は、鼻やのどの粘膜からウイルスや細菌が侵入することで引き起こされる病気です。感染症にかかると粘膜に炎症が起き、さまざまな症状が現れるため、粘膜のバリア機能を強くしてあげる必要がありますが、そのために有効なのが免疫力を高めることなのです。

まずはワクチン接種をしっかりと!

猫風邪は一度かかると再発しやすい感染症ではありますが、予防のためのワクチンもあります。ワクチン接種により抗体を作ることで重症化を防ぐことができるため、定期的に接種するとともに、体力を落とさないように気をつけてあげましょう。

フードは「総合栄養食」を与えよう!

粘膜を強くするには、亜鉛や各種ビタミンなどの免疫力を高めたり粘膜の機能維持に効果的な栄養素をしっかりととるのがよいとされています。しかし、食事が偏ると別のトラブルを起こす恐れもあるため、毎日与えるフードには栄養バランスが整った「総合栄養食」を選ぶようにしましょう。

ストレスフリーな環境を作ろう!

「ストレスは万病のもと」ともいわれます。免疫力を維持するためにも、愛猫にはなるべくストレスがかからない環境で過ごさせてあげなければなりません。
例えば、トイレはいつも清潔に、気温や湿度は一定に保つなど、猫にとって快適な環境を用意してあげましょう。なお、猫が快適な室温は26~28℃、湿度は50~60%が良いとされていますが、加湿器を利用すると粘膜が乾くのを防ぐこともでき、猫風邪の予防に役立ちますよ。

適度な運動は一石二鳥♪

1日に数分でもよいので、毎日遊んであげましょう。人にとっても運動が大切であるように、猫にとっても適度に運動することは免疫力を高めるために必要なことなのです。大好きな飼い主さんと一緒に遊ぶことは、愛猫のストレス発散にもなりますよ。

愛猫の健康を守れるのは飼い主さんだけです。ここでご紹介したポイントを参考に、猫風邪にも負けない体を作ってあげましょう!

参考/「ねこのきもち」2017年3月号『猫にも花粉症が!?春はとくに気を付けたい粘膜に症状が現れる病気』(監修:王子ペットクリニック院長 重本仁先生)
文/mieux
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_42d313f862e1_「あれ?うまく飲めない〜?」お水を飲むのが下手すぎる♡ 42d313f862e1 42d313f862e1 「あれ?うまく飲めない〜?」お水を飲むのが下手すぎる♡ oa-inunekonews 0

「あれ?うまく飲めない〜?」お水を飲むのが下手すぎる♡

2019年3月26日 14:29 ねこのきもちNEWS

水道のお水を飲もうとしているアメリカンカールミックスのもすくん。

お水が飲みたくてペロペロするも、おひげが邪魔してうまく飲めません(笑)
そんなかわいい姿にキュン♡ 最後まで一生懸命ペロペロしていたもすくんでした♪


参照/Instagram(@itchaman)
文/maitaro

外部リンク

cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_a970b73339dd_目を丸くして雪を見つめるニャンズが可愛すぎ♡ a970b73339dd a970b73339dd 目を丸くして雪を見つめるニャンズが可愛すぎ♡ oa-inunekonews 0

目を丸くして雪を見つめるニャンズが可愛すぎ♡

2019年3月26日 14:20 ねこのきもちNEWS

ニャルソック中(警備中)のネネちゃんとココちゃん。

窓の外には雪が降っているそうで、ひらひらと舞う雪を「これは何だろう?」というように目をまん丸にして見つめているのが可愛いですね。

最後、動画を撮っているところに気づいて素に戻るココちゃんの表情にも注目です!


参照/Instagram(@yuuko.0625)
文/AzusaS

外部リンク

cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_dec51a23f840_片倉家猫ズの「ゴロゴロ」音を分析してみた。 dec51a23f840 dec51a23f840 片倉家猫ズの「ゴロゴロ」音を分析してみた。 oa-inunekonews 0

片倉家猫ズの「ゴロゴロ」音を分析してみた。

2019年3月22日 13:42 ねこのきもちNEWS

金太の「ゴロゴロ」音が聞きたくなる至極の1話。

『ペン太のこと』担当編集S岡です。花粉症の時期はなるべく外出を控え、特に天気の良い休日は家で猫たちとゴロゴロしてます。これはこれで至福のひと時です。もちろん強がりではありません。

「ゴロゴロ」といえば、猫の「ゴロゴロ」音は、猫によって鳴り方が全然違うんですよね。
片倉家の猫ズはどんな音なのか、今回の至極の1話「ゴロゴロ音」で、その全貌が明かされます。

ゴロゴロ音

我が家の上の猫は、はむやんと同じ典型的な「ゴロゴロ」音で、下の猫はまったく「ゴロゴロ」音を鳴らしませんでした。
「この子はゴロゴロ鳴かないんだ」と思っていたのですが、ある日、「撫でて撫でて」と甘えてきたので、首回りをなでて上げると、のどの下あたりでわずかに振動が感じられました。耳をくっつけて聞いてみると「ブーブー」音が! ポン太さんと一緒でちゃんとこの子なりの「ゴロゴロ」音を鳴らしていたのです!
それからはいつも首回りを触って「ブーブー」音を堪能しております。

次回は、久々の登場! ペン太にまつわる至極の1話をお届けします!
絵本『ねこがくれた5571日』(著・片倉真二)は
ただ今、絶賛発売中!
主役は『ペン太のこと』でもおなじみのはむやんです。

©片倉真二/講談社

外部リンク

cat_14_issue_oa-inunekonews oa-inunekonews_0_2ebc5b570923_春に増えやすい猫の病気やトラブル、春ストレスが原因です 2ebc5b570923 2ebc5b570923 春に増えやすい猫の病気やトラブル、春ストレスが原因です oa-inunekonews 0

春に増えやすい猫の病気やトラブル、春ストレスが原因です

2019年3月22日 13:37 ねこのきもちNEWS

春は「気候の変化」や「環境の変化」が原因で、猫が大きなストレスを感じやすい季節です。
この、いわゆる春ストレスを放置していると、猫は病気になったりトラブルを起こしやすくなったりしてしまいます。

今回は春ストレスが具体的にどのような病気やトラブルを引き起こすのかをご紹介いたします。

春ストレスが誘発しやすい病気

引用元:イラスト/キムラみのる
猫は強いストレスがあると不安感から体や心の緊張状態が続きます。そうすると免疫力が落ちたり、内蔵の働きが悪くなったりと、病気につながることがあります。とくに多いのはオシッコのトラブルである突発性膀胱炎です。

突発性膀胱炎

引用元:iStock、Getty Images Plus、ゲッティイメージズ
突発性膀胱炎とは原因が特定できない膀胱炎のことですが、あらゆるストレスが原因だと考えられています。症状は、頻繁にトイレに行くのにオシッコの量が極端に少ない、血尿が出る、粗相をするなど。

猫カゼ

おもに猫ウイルス性鼻気管炎と猫カリシウイルス感染症のこと。これらのウイルスに感染すると、体内にウイルスが潜伏。猫がストレスを感じて免疫力が低下すると再発することも。症状は鼻水やくしゃみなど、人の風邪と似ています。

胃腸障害

ストレスを感じると交感神経が活発に働き、猫の体は緊張した状態になります。その影響から胃腸の働きが悪くなり、食欲不振や嘔吐、下痢や便秘になる猫が。また、多くはありませんが、免疫系に異常が起きて胃腸炎が起きることも。

皮膚炎

猫に外部寄生虫が付き、悪化して皮膚炎になる猫も。春はとくにノミに刺されたときの刺激が原因となるノミ刺咬症や、体質によってはノミの唾液に反応してノミアレルギー性皮膚炎を起こす猫もいます。

心因性脱毛

慢性的なストレスを感じると、猫は気持ちを落ち着かせようと、体の一部をなめ続けることが。心因性脱毛症とは、なめ続けた結果、体の一部が脱毛する症状のこと。おもに脱毛が見られるのは、前足や後ろ足など口の届きやすい場所です。

春ストレスが誘発しやすいトラブル

引用元:イラスト/キムラみのる
春は日照時間が長くなることでノラ猫の発情が誘発され、室内で暮らす猫も落ち着かない傾向に。また、環境に変化があると、強い不安から精神のバランスを崩しがち。このようなストレスが原因でトラブルにつながるケースも。

脱走

引用元:iStock、Getty Images Plus、ゲッティイメージズ
春は、猫によっては外に出られないことにストレスを感じたり、ソワソワと落ち着かなくなることも。そのため、春に脱走する可能性はほかの季節よりかなり高くなるので、飼い主さんは注意が必要です。ちなみに脱走してしまうと以下のようなことが起きる可能性があります。

  • 家に帰れなくなり行方不明に
  • 車道に飛び出して交通事故に
  • ノラ猫とケンカしてケガ
  • ノラ猫と接触して猫エイズなどに感染

尿マーキング

強いストレスを感じると、安心感を得るためにオシッコでニオイ付け(尿マーキング)をする猫がいます。体勢はおしりを上げてスプレーのようにする猫と、排尿時のように座ってする猫も。

不安行動やうつ状態

引用元:iStock、Getty Images Plus、ゲッティイメージズ
慢性的な強いストレスがあると、猫も人でいうところの“不安症”や“うつ”のような状態になることが。その場合じっと部屋の隅にうずくまったり、いつもとは違う様子で鳴き続けたり、不眠になることも。

人への攻撃

ストレスで興奮しているときに、人が体に触れたりすると、猫は攻撃されたと勘違いして突発的に人を攻撃することがあります。また、身を隠しているとき日に人に引っ張り出されると共振とストレスから攻撃に転じてしまう猫も。


猫は変化することがとくに苦手な生き物。そのため、飼い主さんがあらかじめストレスの原因を理解して取り除いてあげることで、上記のような病気やトラブルはグッと避けやすくなります。愛猫の健康のためにも、早めの春ストレス対策ができるといいですね。

参考/「ねこのきもち」2018年3月号『春ストレスに気を付けて』(監修:獣医師、獣医行動診療科認定医。ペット行動カウンセラー 藤井仁美先生)
文/浪坂 一
イラスト/キムラみのる
画像/iStock、Getty Images Plus、ゲッティイメージズ
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
※この記事で使用している画像の一部は2018年3月号「春ストレスに気を付けて」に掲載されているものです。

外部リンク