cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_e948c386b391_ロマーリオ氏も永遠の“メッシ、ロナウド論争”に言及 e948c386b391 e948c386b391 ロマーリオ氏も永遠の“メッシ、ロナウド論争”に言及 oa-goal 0

ロマーリオ氏も永遠の“メッシ、ロナウド論争”に言及

2019年3月27日 18:31 (C)Getty Images

元ブラジル代表FWロマーリオ氏は、リオネル・メッシがクリスティアーノ・ロナウドよりも才能に恵まれていると主張した。

2008年から2017年までの10年間にわたり、バロンドールを独占するなど2大スターと名高いメッシとロナウド。これを受け、フットボール界のレジェンドや現役選手、記者などがどちらが優れているかについて様々な論争を繰り広げている。そして今回、ブラジル代表として1994年のワールドカップ制覇に貢献したロマーリオ氏は、『FOXスポーツ・ブラジル』で自身の見解を示した。

「私はメッシを愛している。彼は最高だ。しかし、クリスティアーノ・ロナウドも歴代最高の5選手の中に入っていると言わなければならない。それでも1人を選ばなければならないとすれば、それはメッシだ。彼はより技術的な才能に恵まれているから、クリスティアーノよりもレオを見ていたい」

また、ロナウドについては「彼は疑いようのない才能を持ったとても真面目な男だ。彼は最高の選手になるために働き続けている。彼の進化はハードワークの賜物だと思う」と才能だけではなく、日々の努力によって完成された選手だと話した。

今回のインターナショナルブレイク中に揃って昨夏のワールドカップ以来となる代表復帰を果たしたメッシとロナウド。残念なことに両選手とも代表戦で負傷して離脱してしまったが、これからも世界最高の選手として輝き続けるのだろうか。

外部リンク

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_aca7582bd957_36歳クアリアレッラ、イタリア代表最年長ゴール記録を更新 aca7582bd957 aca7582bd957 36歳クアリアレッラ、イタリア代表最年長ゴール記録を更新 oa-goal 0

36歳クアリアレッラ、イタリア代表最年長ゴール記録を更新

2019年3月27日 18:30 (C)Getty Images

36歳にしてイタリア代表でドッピエッタ(2得点)を記録したFWファビオ・クアリアレッラが喜びを語っている。

イタリアは26日、EURO2020予選第2節でリヒテンシュタインと対戦。先発したクアリアレッラはPKによる2ゴールで6-0の大勝に貢献した。クアリアレッラは「PKキッカーはジョルジーニョと(レオナルド)ボヌッチだった。彼らは僕に譲ってくれたし、感謝したい」とゴール後のセレブレーションの意味を明かしている。

さらに、「僕らはイタリアだし、これを続けていきたい」と話し、このように続けた。

「僕も2得点できたし、素晴らしい夜だった。この夜を忘れない。助けてくれたチームメイトに感謝したい。ファンは拍手をくれたし、最高だった。心が動かされたね。このチャンスをくれた(ロベルト)マンチーニにも感謝したい。36歳だとは感じていないし、身体的にはいい感じだよ。これからもハードワークを続けたい」

なお、クアリアレッラはクリスティアン・パヌッチを抜いてイタリア代表史上最年長での得点者となった。クアリアレッラ自身にとってアッズーリでの2ゴールは、2006年のリトアニア戦以来となっている。

外部リンク

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_ecda066017d5_UEFAが人種差別発覚のモンテネグロを処分へ ecda066017d5 ecda066017d5 UEFAが人種差別発覚のモンテネグロを処分へ oa-goal 0

UEFAが人種差別発覚のモンテネグロを処分へ

2019年3月27日 18:29 (C)Getty Images

欧州サッカー連盟(UEFA)は、人種差別チャントなどが確認されたモンテネグロを非難した。

25日の1-5でモンテネグロがホームでイングランドに敗れたEURO2020予選で、イングランドのラヒーム・スターリングら複数の選手は敵地サポーターからの人種差別チャントの被害を主張。ギャレス・サウスゲート監督も試合終盤に同様のチャントを耳にしたと明かしていた。

一方、モンテネグロのリュビシャ・トゥムバコヴィッチ監督は試合後、自国サポーターからの人種差別的なチャントは聞こえなかったと主張したものの、サポーターの問題は協会やクラブが責任を背負うというスタンスを取るUEFAは、モンテネグロに対して処分を科すことを決めたようだ。

UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は26日、レポーターに対して「これは大惨事だ。我々の懲戒委員会が動いているから、これ以上のことは言えないが、このような人間がいまだに存在していることが信じられない」と言及。

また、イングランドサッカー協会(FA)は「いかなるレベルの試合でもこのような忌まわしい人種差別は受け入れられるものではない。懲戒手続きを決めたUEFAの判断を支持したい」と声明を出している。

この試合では人種差別行為の他に、発煙筒の使用、ピッチへの物の投げ込み、観客による試合進行の妨害など5つの不正行為が発覚している模様。5月16日に行われるUEFAの倫理規律委員会でモンテネグロに対する処分が決定する予定だ。

外部リンク

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_f7d12beb6c56_再び起きた人種差別問題…スターリングが訴え「もう2019年、馬鹿げているよ」 f7d12beb6c56 f7d12beb6c56 再び起きた人種差別問題…スターリングが訴え「もう2019年、馬鹿げているよ」 oa-goal 0

再び起きた人種差別問題…スターリングが訴え「もう2019年、馬鹿げているよ」

2019年3月26日 17:51 Getty Images

イングランド代表FWラヒーム・スターリングが、度重なる人種差別問題にコメントした。

25日にEURO2020予選でモンテネグロ代表と対戦したイングランド。先制を許したが、その後大量5得点を奪い逆転勝ち。先日のチェコ代表戦も5-0と勝利していたイングランドは、1984年以来初めて5ゴール以上を奪って連勝を記録した。

しかしこの一戦で、スターリングらイングランドの選手に対し、人種差別的なチャントが歌われていたようだ。5得点目を挙げた際、スターリングはジェスチャーで反応している。英『スカイスポーツ』のインタビューで自身は「最初は聞こえなかった」としつつ、具体的な対策が必要だと訴えた。

「ダニー(ローズ)が彼らが何をしているのか明かしてくれた。僕は自分の肌の色はわかっている。僕らを動揺させるにはそれ以上のことが必要だと、彼らに見せつけてやりたかった。新しいことを言っているわけではないよ」

「今は2019年であり、これが続いていくのは残念で仕方がない。ゲームに参加させないようにするためには、ファングループ全体を罰する必要がある……もう一度考えさせるために何かが必要だ。もしファンとともに戦えなければ、チームはより難しくなる。そういう人たちには、改めて考えさせなければならない」

所属のマンチェスター・シティでの試合でも、人種差別被害を受けていたスターリング。それでも24歳FWは被害に負けず、人々の認識を変えるために挑戦していくと語った。

「もう2019年だ。馬鹿げているよ。完全に止める何かがあるはず。フットボールの試合では感情的になるものだ。だが、肌の色を揶揄するのは絶対に間違っている。UEFA、あるいは他の組織は人々にもう一度考えさせなければならない」

「要点はこれだ。僕はフットボーラーだから、絶えずそれについて話してほしくない人がいる。だけど同時に、僕らは人々に気づかせなければならない。当事者に気づかせなければならない。僕らができるのはそれだけだ」

外部リンク

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_a4fb5edf8074_ネイマールは今後もPSGでプレーか…父親が口を開く a4fb5edf8074 a4fb5edf8074 ネイマールは今後もPSGでプレーか…父親が口を開く oa-goal 0

ネイマールは今後もPSGでプレーか…父親が口を開く

2019年3月26日 17:17 Getty Images

「退団の可能性高くない。契約延長についても話している」


パリ・サンジェルマン(PSG)から移籍する可能性が常々噂されるFWネイマールだが、同選手の父親がその可能性を否定している。

PSGがまたもチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で敗退したことで、再び騒がしくなりつつあるネイマールの去就。しかしブラジル『UOL Esporte』とのインタビューに応じた父親は、ネイマールがPSGでプレーし続けることを強調し、さらには契約延長する可能性も示唆した。

「退団する可能性は高くない。彼とクラブの契約はあと3年残っている。しかも、その契約を延長することについても話し合っているんだ」

「ネイマールという名は、いつも移籍市場に現れる。だが、それが何かを意味するわけではない。17歳の頃からずっとそうだが、現実では移籍は2回しかしていないんだ。この噂ばかりされ続ける10年間で、移籍はたった2回なんだよ」

外部リンク

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_082f40828aab_グリーズマンがバルセロナ移籍報道に言及「もう毎年のことだけど…」 082f40828aab 082f40828aab グリーズマンがバルセロナ移籍報道に言及「もう毎年のことだけど…」 oa-goal 0

グリーズマンがバルセロナ移籍報道に言及「もう毎年のことだけど…」

2019年3月26日 17:04 Getty Images

バルセロナへの移籍が騒がれる中、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンが報道について言及した。スペイン『as』が伝えている。

2014年にレアル・ソシエダから加入したグリーズマン。これまで公式戦248試合で130ゴールを記録するなど、ディエゴ・シメオネ監督の下でエースに成長。昨季はヨーロッパリーグ決勝でもゴールを挙げ、不動の存在としてチームを支えている。

しかし、フランス代表FWにはこれまで何度も移籍の可能性がささやかれていた。今季開幕前にはバルセロナが違約金満額を提示。当時は選手本人が移籍を断り、アトレティコとクラブ史上最高額の年俸で契約を延長した。だが、先日チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16で敗退したことを受け、再び噂が再燃。フランス紙『レキップ』は、CL敗退に大きなショックを受けているグリーズマン本人が、アトレティコでプレーし続ける気持ちが揺らぎ、バルセロナ移籍を再度検討し始めたと報じている。

そんな中、先日にはグリーズマンの姉が「新たな報道を読むのは面倒」と噂を否定。それに続き、選手本人も移籍を否定している。

「もう慣れているけど、うんざりしてるよ。毎年のことだ。僕はクラブを愛しているし、チームメイトも監督も大好きだ」

「監督とチームメイトが、僕をこれだけ望んでくれることは信じられないほど素晴らしいよ。クラブは僕を留めるために懸命に働いていた。本当に感動したよ。ここにいられて嬉しい」

再燃した退団報道だったが、グリーズマンもアトレティコへの愛は揺るぎないもののようだ。

外部リンク

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_dc3eb9507fb6_泥沼化するサラの移籍金を巡る支払いトラブル…今度はカーディフが移籍の無効を主張 dc3eb9507fb6 dc3eb9507fb6 泥沼化するサラの移籍金を巡る支払いトラブル…今度はカーディフが移籍の無効を主張 oa-goal 0

泥沼化するサラの移籍金を巡る支払いトラブル…今度はカーディフが移籍の無効を主張

2019年3月26日 17:00 Getty Images

カーディフ・シティは、飛行機事故により死去したエミリアーノ・サラとの契約が有効ではないと主張した。

今冬の移籍市場で、ナントからクラブ史上最高額の1500万ポンド(約22億円)と報じられる移籍金でカーディフに加入することが決まっていたサラ。しかし1月21日、フランスからウェールズに渡る際に搭乗した小型機とともに消息不明となり、2月上旬に死亡が確認された。

1人のフットボーラーの命が奪われた悲惨な事故が起きた一方で、カーディフとナントの間には移籍金に関するトラブルが発生。カーディフ側の移籍金の支払いが遅れていることに業を煮やすナントは2月に国際サッカー連盟(FIFA)に対して訴えを起こしていた。

これを受け、FIFAから4月3日までの回答を求められているカーディフは、サラの契約がプレミアリーグ側に承認されなかったために法的な拘束力はなく、無効であるとFIFAに伝える準備をしているようだ。実際、アルゼンチン人FWは修正された契約書にサインできないままこの世を去っている。

移籍予定の選手が死亡するという前代未聞の事態に陥り、移籍金を巡ってカーディフとナントが泥沼化の様相を呈する中、どのような形でこの問題は収束するのだろうか。

外部リンク

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_2774fdb9f0c3_C・ロナウド、代表戦で負傷も軽傷を強調…復帰時期については? 2774fdb9f0c3 2774fdb9f0c3 C・ロナウド、代表戦で負傷も軽傷を強調…復帰時期については? oa-goal 0

C・ロナウド、代表戦で負傷も軽傷を強調…復帰時期については?

2019年3月26日 16:51 Getty Images

「1、2週間もあれば問題ない」


ポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドは、心配される負傷の状態について口を開いた。

25日に行われたEURO2020予選でポルトガルはホームでセルビアを対戦。ロナウドはキャプテンマークを巻いて先発するが、大腿を負傷して30分にそのまま途中交代を余儀なくされた。同選手は交代後もベンチからピッチに向かって指示を出すなど最後まで勝利を目指したが、エースの不在が響き、試合は1-1のドローに終わった。

試合後、22日のウクライナ戦に続いて2試合連続のドローに終わった一戦を受け、「僕たちは比較的良いプレーができ、多くのチャンスを作りだした。ウクライナ戦よりも良かったと思う。ボールがゴールに入りたがらないとき、単純にゴールが生まれないだけだ」とロナウドは試合を振り返った。

また、自身のケガについても言及。「24時間から48時間待たないといけない。でも、僕はケガのことを心配していないし、恐れてもいない。自分の身体のことをよくわかっている。フットボールではこのようなことが起こりうるんだ」

そして、ポルトガル代表FWは復帰時期について「1週間か2週間以内には何の問題もないと思うよ」と予想し、軽傷であることを強調した。

外部リンク

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_bde53fd425c5_レアル・マドリー、ジダンが今夏獲得の目玉に据えるのはムバッペ! bde53fd425c5 bde53fd425c5 レアル・マドリー、ジダンが今夏獲得の目玉に据えるのはムバッペ! oa-goal 0

レアル・マドリー、ジダンが今夏獲得の目玉に据えるのはムバッペ!

2019年3月26日 16:47 Getty Images

『フランス・フットボール』は、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がパリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペを獲得の目玉としていることを報じた。

フランスの権威あるフットボール雑誌によれば、フランス人指揮官が今夏に求めている選手の「ナンバー1」はムバッペであるとのこと。そしてレアル・マドリーが、今後数週間の内に「オペレーション・ムバッペ」に着手することになるとも伝えた。

同紙はまた、レアル・マドリーがムバッペ獲得を実現するために、移籍金として2億8000万ユーロをパリ・サンジェルマンにオファーすることになるとも報道。レアル・マドリーとPSGのムバッペの移籍交渉が「この春、おそらく夏にもわたる大長編小説」になると見込んでいる。

先にレアル・マドリー指揮官の座に復帰したジダン監督は今回、クラブの補強方針に関しても権限を持っているとみられる。昨夏に退団したFWクリスティアーノ・ロナウドの穴埋めが必須とされる状況で、『フランス・フットボール』が報じる通り、ジダン監督の同胞ムバッペがその穴を埋める選手になるのだろうか。

外部リンク

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_55e6dc57f11f_ベシクタシュ会長、香川真司残留を望むも経済的な理由で断念の可能性も 55e6dc57f11f 55e6dc57f11f ベシクタシュ会長、香川真司残留を望むも経済的な理由で断念の可能性も oa-goal 0

ベシクタシュ会長、香川真司残留を望むも経済的な理由で断念の可能性も

2019年3月26日 16:41 AA

「来季は経費を縮小する」


ベシクタシュのフィクレット・オルマン会長は、日本代表MF香川真司の完全移籍に向けてポジティブなメッセージを送った。

今冬の移籍市場でドルトムントからローンでベシクタシュに加入した香川。ここまでリーグ戦6試合に出場して3ゴール1アシストを記録するなど印象的な活躍を残す日本代表MFだが、今シーズンまでの期限付き移籍ということもあり、今夏以降の去就についてさまざまな憶測が飛び交っている。

そんな中、クラブの会長を務めるオルマン氏は、アデム・リャイッチとともに早くからサポーターの心を掴む香川の残留を目指していると明かしたものの、クラブの財政面で問題が生じる可能性があると『beINスポーツ』で明かした。

「リャイッチと香川の契約は終了することになるだろう。重要なことは、我々が彼らのプレーに満足しているということだ。しかし、ベシクタシュは来シーズンの経費を縮小することが事実としてある。私はなぜ補強に資金を使えないのか聞かれるが、現在、我々の通貨はトラブルを抱えている」

また、オルマン会長はプレシーズン中の7月18日から20日までの間、ベシクタシュが日本を訪れる予定だと話している。

外部リンク