cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_c155201ef8ac_中古でまねる松山英樹のマレット型パター c155201ef8ac c155201ef8ac 中古でまねる松山英樹のマレット型パター oa-gdonews 0

中古でまねる松山英樹のマレット型パター

2020年2月21日 05:00 GDOニュース

米国男子ツアー「ジェネシス招待」の予選ラウンドをギリギリで通過した松山英樹は、3日目に「64」と今季自己ベストをたたき出し、11位タイへとスコアボードを駆け上がった。この日グリーン上で松山の手に握られていたのは、ブレードタイプのエースパターではなく、マレットタイプのものだった。

使用したのは、スコッティキャメロンの「スペシャルセレクト フローバック F5.5」で、今年からツアーに投入されているプロトタイプ。試合の直前にふいに使用を決めたこのモデルで、「ずっと外れていた」と言う2mほどの距離をしっかり決め、試合後には「マレットタイプの方が直進性があるのかな」とコメントした。

日ごろパターに悩むアマチュアゴルファーには非常に気になる発言だが、松山が使ったモデルは残念ながら市販されていない。マレットタイプでクランクネックという、市販品ではあまり見かけないタイプだが、中古ショップで似たものを探してみよう。

スコッティキャメロン セレクト ファストバック 2 2018 パター」は、松山の使用したモデルにかなり近そうだ。中古ショップではかなりレアだが、見つけられれば3万円台くらいで手に入るだろう。

オデッセイ ミルドコレクション TX パター #6M」と「オデッセイ ストロークラボ パター #6M」はどうだろう。高慣性モーメントのヘッドとクランクネックで、マレットタイプの直進性とピンタイプの構えやすさを両立させている。どちらも1万円前後という、手ごろな価格も魅力的だ。

我々アマチュアがパターを替えても2mの距離が急に入るわけではないが、使いこなすために練習をするだろう。その結果パット数が減れば気分が良い。春のゴルフシーズンに向けて検討してみよう。

外部リンク

cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_01c970f1ae43_キャディ泣かせのメキシコシティ すべてが試される17番 01c970f1ae43 01c970f1ae43 キャディ泣かせのメキシコシティ すべてが試される17番 oa-gdonews 0

キャディ泣かせのメキシコシティ すべてが試される17番

2020年2月20日 18:36 Getty Images

チャプルテペクGC 17番パー3(172yd)

WGCが世界のゴルフコースベスト100に選ばれる当地に舞台を移して4年目。

選手はもちろん、サポートするキャディたちも万全のコンディションで乗り込んできたはずです。メキシコシティの標高は約2250m。富士山の中腹並みの高地です。しかも、アップダウンの激しいコースを歩き続けるわけですから、息が切れるどころか、体調を崩してしまう選手や関係者が毎年少なくありません。

何より大変なのは、距離計算です。

気圧が低く、空気抵抗が少なくなる分、普段よりも飛ぶことは知られていますが、増加の割合に15~18%ほどと幅があるのが注意点。グリーンが硬く、フェアウェイもよく転がるので、選手とキャディは通常の何倍も計算に神経を使います。

練習日のうちに弾道計測器「トラックマン」を使って数値を細かくチェックし、さらに実際にコースを回ってどれだけ距離感をつかんでおけるかが重要になります。

準備段階で頭が痛くなりそうですが、17番(パー3)をピックアップして見ていきましょう。172ydと距離は短く、一見サービスホール。ただ、左の池が絶妙に効いています。

少しでもボールを左に曲げればすぐ池に入る傾斜になっていて、右サイドに逃げれば逃げるほど、右から左の下り傾斜となる2打目は難しくなります。横幅はわずか15ydほど。西よりの風が吹きやすい時期でもあり、左からの風がまた厄介です。

そして、真ん中が高く、手前と奥に向かって下る2段グリーン。高地で最も惑わされる縦の距離感が、やはりカギを握ります。

ボールを捕まえすぎれば池が、少しでも逃げれば難しい寄せが待っています。技術、自信、勇気…。フィニッシュの18番を目前にして、選手たちはティショットの一打ですべてを試されることになります。

1年前は、この地でダスティン・ジョンソンが節目を迎えました。ロリー・マキロイに5打差をつけ、ルーキーイヤーから12シーズン連続Vとなるツアー通算20勝目。永久シード獲得の条件を1つクリアし、WGCのタイトル数でも18勝のタイガー・ウッズに次いで2番目となる6勝目。

着々と偉大なプレーヤーへの道を歩んでいます。新たにどんなドラマが生まれるのか、今から楽しみです。(解説・進藤大典)

外部リンク

cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_c12b5be4ccee_浅井咲希がスターツとスポンサー契約 c12b5be4ccee c12b5be4ccee 浅井咲希がスターツとスポンサー契約 oa-gdonews 0

浅井咲希がスターツとスポンサー契約

2020年2月20日 18:02 GDOニュース

不動産事業を展開する「スターツコーポレーション株式会社」(本社:東京都中央区)は20日(木)、女子プロゴルファーの浅井咲希とスポンサー契約を締結したと発表した。契約は2020年3月1日からとなる。

同社はこれまで国内男子ツアー5勝の高山忠洋や女子ツアー1勝の松森彩夏らと契約し、浅井が10人目の契約プロ。今シーズンから同社のロゴが左袖に入ったウエアを着用する。

浅井は渋野日向子、畑岡奈紗、勝みなみらと同じ“黄金世代”の21歳。2019年「CATレディース」では初日から最終日まで首位を守り切る完全優勝でツアー初Vを飾った。

自身のSNSで「ゴルフ選手はもちろん、陸上や卓球などスポーツ分野で幅広く応援してくださっている会社です!!スポーツ選手がたくさんいるので良い刺激にもなります。会長さんをはじめ、皆さんの期待にこたえられるよう頑張ります」と意気込みをつづった。

外部リンク

cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_ed9625afb7ea_初心者がまっ先に身につけるべき基本のキ ed9625afb7ea ed9625afb7ea 初心者がまっ先に身につけるべき基本のキ oa-gdonews 0

初心者がまっ先に身につけるべき基本のキ

2020年2月20日 17:00 GDOニュース

ゴルフをこれから始めたいという人、クラブを握って間もない人、さらには、ゴルフ歴は長いけれど、スライスから抜け出せない人。そんな人が、まず身につけるべき、絶対に外せない基本があります。

プロレベルに迫りたい人も、レジャーとしてゴルフを楽しみたいという人も、スイングの基本はいっしょです!

アマチュアゴルファーのなんと7割は、スイングの基本を外しています。基本を覚えるチャンスがあれば、もっと末永く楽しめるスポーツなのに…。

自分にはゴルフが向いていないと断念してしまったり、スコアの壁を越えられず興味が薄れてしまう方が多いのは、とても残念です。

今すぐに、悪いスパイラルと決別しましょう!今こそ、自分のゴルフがもっと楽しく、もっと自信が持てるように、ビシッと方向転換してくださいね。

【受講者の悩み】
「球が曲がってしまうことはないのですが、球が上がらず全然飛びません…。レッスンを受けた経験はなく、ラウンドは、これまで3回だけです。まだまだ初心者ですが、これからゴルフを覚えたいと思うので、是非、スイングの基本を知りたいですね」(齋藤さん 初心者、平均スコア130台)

ハーフバックまでにスイングの基本から脱線

弾道を見ると、お悩みの通りで、大きく曲がることはありませんが、ドライバーの打ち出し角度がとても低いですね。

理想は15度くらいですが、齋藤さんの場合、平均で2度くらい。かなりフェースが被って当たっていることが分かります。ヘッドスピード云々よりも、この打ち出し角度を改善するだけで、飛距離のロスがかなり軽減されるはずですよ。

ビデオ分析では、ハーフバックの時点でヘッドが大きく外に上がり、なおかつフェースが被っていることが分かります。多くのアマチュアは、ハーフバックまでにスイングが脱線してしまいがちです。

アドレスから9時の位置(シャフトが地面と並行になる位置)までの、このわずかの間に、基本のレールから脱線してしまうと、その先のスイングでレールに戻すことがとても困難になります。

ハーフバックの基本のレールとは?

ハーフバックまでの基本のレールは、まず、Vゾーンの中をクラブが上がっていくこと。なおかつ、フェースが被ったり、開いたりせずに、アドレス時の胸とフェースの位置関係を保っていることです。こう言うと難しそうに聞こえますが、ドリルで覚えれば、すぐに理解できますよ。

このように、おへそにクラブをつけて、ハーフバックまで上げてみましょう。そうすると、腕を使わず、体の回転、おへその回転だけでクラブを上げていく感覚になるはずです。

これが初心者がまず覚えるべき、スイングの基本。9時まではおヘソでクラブ上げることが、基本のレールに乗せるコツなのです。

9時以降はおへそから離し、フィニッシュは右足つま先立ち

おへそで上げるのは9時まで。それ以降は、腕を使ってトップに向かいます。つまり、9時以降はグリップエンドがおへそから離れていきます。グリップエンドをおへそにつけたドリルをマスターしたら、今度は普通にグリップを握って、ドリルと同じようにテークバックしてみましょう。

初心者の方にもう一つ、必ず実践して欲しいのは、右足つま先立ちのフィニッシュです。

インパクトやフォローでは、あまり意識せず、最後の後付けでも構いません。フィニッシュは必ず、右足つま先立ちで、足の裏を後方に向けて、左足に体重が乗っている形にしてください。これを意識することで、自然に体の回転が整っていきます。

クラブがVゾーンを通り、打ち出し角がアップ!

ハーフバックで基本のレールに乗せることができると、ダウンスイングでは、自然にVゾーンの中を下りてくるようになります。

齋藤さんの場合、悪いクセが染み付いていないので、一気にスイング全体が良い方向に向かうはず。Vゾーン内にクラブが下りて、打ち出し角度が12度にアップしました。

おヘソで上げて、右足つま先立ちフィニッシュ」。初心者の方はもちろん、平均して100を切れないような方も、絶対に外してはいけない基本として、必ず身につけてくださいね。

外部リンク

cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_d4617c78df45_谷原秀人が本間ゴルフとボール契約「結果を出す」 d4617c78df45 d4617c78df45 谷原秀人が本間ゴルフとボール契約「結果を出す」 oa-gdonews 0

谷原秀人が本間ゴルフとボール契約「結果を出す」

2020年2月20日 15:15 GDOニュース

株式会社本間ゴルフは20日、男子プロの谷原秀人とボール使用契約を結んだと発表した。谷原は2014年より同社と用具契約を結んでいる。

2020年シーズンから「本間ゴルフ TW-X ボール」を使用する谷原は「性能面などあらゆる場面でパフォーマンスが良く、実際に試合で使用して、その性能はお墨付きです。結果を出すことで、このボールの性能の高さを実証したい」と話した。

今季、4年ぶりに国内ツアーを主戦場とする41歳。9日まで行われた欧州ツアー「ISPS HANDA ヴィックオープン」では22位だった。新しいボールとともに、16年の国内ツアー「HEIWA・PGM選手権」以来となる優勝を目指す。

外部リンク

cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_aaecec0c8adb_「揚げる」が効果的! ゴルフにも利くポッカポカ食材 aaecec0c8adb aaecec0c8adb 「揚げる」が効果的! ゴルフにも利くポッカポカ食材 oa-gdonews 0

「揚げる」が効果的! ゴルフにも利くポッカポカ食材

2020年2月20日 12:00 GDOニュース

一段と冷え込みが厳しくなる2月。この時期のラウンドは寒さで身体が縮こまり、固まってしまいますよね。

人は寒さを感じると、筋がこわばったり、関節の屈伸がしづらくなったり、内臓に冷えが生じると言われています。今回は鍼灸や薬膳の分野といった東洋医学の観点から「冷え」について解説します。

記事の後半では、身体を温める食材をご紹介します。ラウンド前日や当日の昼食に摂り入れてみてはいかがでしょうか?

冷えの原因・解説

身体の「冷え」は、四肢や体内、全身などさまざまな部位で感じます。「冷え」による主な症状として、手足や体幹の冷え、内臓の不調、身体・関節の痛みやだるさ、生理痛や下痢などが挙げられます。

一般的にこれらの症状に対して、西洋医学では診断がつくことはほとんどありませんが、東洋医学においては治療の対象としています。

東洋医学では、内臓を活動させているものを「気・血・水(き・けつ・すい)」と考え、「冷え」はこれらのバランスが乱れることによって起こるとされています。

具体的には、身体のエネルギーの元となる気が不足している「気虚(ききょ)」、血の流れが滞る「淤血(おけつ)」、水が溜まっている「水毒(すいどく)」などの状態があります。

おすすめの食材

「冷え」の症状を解消するためには、熱性・温性に属する「身体を温める/冷えをとる/血流を促す」作用のある食材。

または「気や血を補う/邪気を散らす/気血の流れを促す」作用のある甘い・辛い食材を中心に選ぶのが良いでしょう。

これらの作用を持つ食材は以下のとおり。

鶏肉、羊肉、鮭、赤貝、えび、まぐろ、にら、青ねぎ、ねぎ、高菜、よもぎ、らっきょう、エシャロット、なたまめ、ししとうがらし、ザーサイ、みりん、酒粕、甘酒、酒、焼酎、ウイスキー、黒砂糖、にんにく、みょうが、わさび、しそ、生姜、からし、こしょう、山椒、唐辛子、八角、シナモン、クミン。

調理法では「揚げる」→「炒める」→「焼く・煮る・蒸す」→「茹でる」→「生食」の順番で温性(体を温める)から涼性(体にこもった熱を冷ます)に変わります。同じ食材でも調理法によって性質が変化します。

また食材選びにおいて、苦いもの・生もの・脂っこいものは控えましょう。身体を冷やしたり、消化・吸収を妨げる作用があります。

体質や身体の状態、部位・症状などを考慮して、選ぶ食材や調理法を工夫します。「冷え」は、長い期間に渡って少しずつ進行していく症状のため、短期間で解消されるということはありません。

特に寒い時期は、身体を冷やす性質の食材を避け、身体を温め、巡りをよくする食材を積極的に摂りましょう。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とことわざにあるように、冷えを感じるからといってキムチ鍋のような熱すぎるもの、辛すぎるものは、汗をかいて体の熱を奪ってしまうので摂り過ぎには注意が必要です。なにごともバランス良く摂取することが大切です。

(協力/ケアくる)

外部リンク

cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_1f86e807db7f_マキロイは参加に消極的な姿勢 新ゴルフツアー構想 1f86e807db7f 1f86e807db7f マキロイは参加に消極的な姿勢 新ゴルフツアー構想 oa-gdonews 0

マキロイは参加に消極的な姿勢 新ゴルフツアー構想

2020年2月20日 09:30 Getty Images

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 事前情報(19日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7355yd(パー71)

世界ランキング1位のロリー・マキロイ(北アイルランド)が19日(水)、2022年以降の発足が構想されている新しいプロゴルフ競技「プレミアゴルフリーグ」への参加に消極的な姿勢を示した。

プレミアゴルフリーグは英国を拠点とする「ワールドゴルフグループ」が今年1月に構想を明らかにした。米ツアーをはじめとする各国主要ツアーとは別に立ち上げ、現在のトップ選手の参加を募る。

世界各国で年間18試合を実施、各大会は参加人数が48人と小さいフィールドで、賞金総額は1000万ドル(約12億円)規模がかかるとされている。

マキロイは「WGCメキシコ選手権」の会場で構想について問われ、「考えれば考えるほど気に入らない」と突き放した。

「プロゴルファーとして僕が大切にしていることのひとつは、自分の行動のすべてに自主性と自由が伴うということ。今週メキシコに来るのを選ばなかった選手もいるのがいい例だ。リーグでプレーしたら、他の選択肢がなくなってしまう」

新リーグは選手に全試合の出場を求めており、現行の他ツアーとの兼務は事実上、困難になる。

マキロイは高額賞金については興味を示さず、ツアーが築いてきた伝統に価値を見出す。一方で「みんなが出て行ってしまう(リーグに参加する)なら僕に選択肢はない」と述べた。

タイガー・ウッズはこれまでに新団体から私的な接触があったことを認め、情報収集を進めているところ。現在の世界ナンバーワン選手による発言の他選手への影響が注目される。

外部リンク

cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_111a2bc225ad_松山英樹はショット復調に自信 クラブ選びも「落ち着いた」 111a2bc225ad 111a2bc225ad 松山英樹はショット復調に自信 クラブ選びも「落ち着いた」 oa-gdonews 0

松山英樹はショット復調に自信 クラブ選びも「落ち着いた」

2020年2月20日 08:30 GDOニュース

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 事前情報(19日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7355yd(パー71)

松山英樹の試合前の事前ラウンドは9ホールで完結した。大会開幕2日前の18日(火)にメキシコに入り、19日(水)にアウトコースをチェック。標高2250m、普段よりもショットの飛距離が伸びる高地での戦いには、過去2回の出場経験を活かす。ビッグトーナメントが続くシーズンに向け、ショットの調子は上々。主要クラブの調整にも自信を見せた。

ロサンゼルスで行われた前週「ジェネシス招待」では薄氷を踏む予選通過から、5位フィニッシュ。優勝争いの緊張感も「多少はありました」という。

「ショットがね、いい兆しですよ。(4月のマスターズまで)あと何試合かですけど、それまでには(優勝争いを)したいです。ガッツリと」と手には好感触が残った。

試行錯誤を重ねてきたクラブ選びも、直近の14本で一段落といったところ。「落ち着きましたね。1W、3W、アイアンは決まった。あとは微妙なところが2、3本。パター、UT、4Iあたりを、マスターズに向けてどう調整していくかという感じ」と4月のメジャー初戦を見据えている。

フロリダで行われていた前身の「WGCキャデラック選手権」が、メキシコに移ってから今年で4回目を迎えた。松山は左手の故障で欠場した2018年大会を除いて3回目の出場。17年は25位、昨年は19位だった。

低地よりもボールが飛ぶコースでの距離判断について「なんとなく、去年やった感じでいいんじゃないか、つかめたかなという感じはありました」という。

「打ち上げ、打ち下ろしでも(伸びる距離の割合は)変わってくる。ロングアイアンと短いクラブとでも」。見た目のフィーリングではなく、キャディとの計算を信じる。

ツアー公式サイトのパワーランキングでは7位に入った。「セカンドショット、アイアンは悪くはないのでティショットとパターの出来次第では、優勝争いができるんじゃないかなと思います」。

初日、2日目はすでに今季優勝を飾っているジャスティン・トーマス、マーク・レイシュマン(オーストラリア)と同組になった。ウィナーズサークルに戻る日を多くの人が待っている。(メキシコ・メキシコシティ/桂川洋一)

外部リンク

cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_d51bf96f782e_メキシコでの勝負へ向け自信をのぞかせるスコット d51bf96f782e d51bf96f782e メキシコでの勝負へ向け自信をのぞかせるスコット oa-gdonews 0

メキシコでの勝負へ向け自信をのぞかせるスコット

2020年2月20日 08:00 GDOニュース

2019年を勝利で締め括り、2020年を勝利でスタートさせたアダム・スコットは、今週の「WGCメキシコ選手権」へ向け、大きく弾みをつけることに成功した。

39歳のスコットはクリスマスの3日前に、地元豪州で開催された「オーストラリアPGA選手権」を2打差で制覇し、ヨーロピアンツアー11勝目を挙げた。

長期間にわたる休暇を取った2013年の「マスターズ」王者は、今年初出場となった先週の米PGAツアー「ジェネシス招待」にて、最終日にフロントナインの2ホールで3打スコアを落としながらもバウンスバックを果たし、この日「70」をマークして後続に2打差をつけ、再び勝者の輪へと戻った。

先週の勝利により自信の度合いを大きく深めたと述べたスコットは、ディフェンディングチャンピオンのダスティン・ジョンソンや世界ナンバーワンのロリー・マキロイなど、スター揃いの72人のフィールドがチャプルテペクGCに集結する今週の大会へ向け、準備を進めている。

「とても満足している」と、公式世界ゴルフランキングで7位にランクアップしたスコットは述べた。「どんな時であれ、勝利は自信につながると思う」。

「僕は昨年末、12月の『オーストラリアPGA選手権』で勝ってそれを感じた。そして、面白いことに、今日練習レンジで多少ボールを打ったのだけど、今日の方が日曜にリビエラの練習レンジでボールを打ったときより、更に自信を深めることができたんだ」。

「勝利により、自分がすべきことに対する自己信頼が少し多く得られるようになるし、今日のボールの打ち方にしても、クラブを振るべくボールの前に立ったときに大きな自信と自己信頼を感じることができたんだ」。

「面白いもので、これには計り知れないところがあって、勝利によりもたらされるものを(勝たずに)得たふりをすることはできないんだ」。

「時として可能なこともあるけれど、とにかく(この勝利は)僕にとって大きな意味があるんだ。確かに僕は常に大会で勝つことを自分のキャリアにおける成功の基としてきたんだ。

「僕のゲームは明らかに良い状態にある。今週、ここでは標高に対してどう対処するのかというのが皆にとっての試練となるし、大部分はどれくらいボールが飛ぶかが問題になり、それを一番上手く把握できた選手が勝つんだ」。

「2日間の練習とゴルフコースでの練習ラウンドだけで完璧に調整するのはとても難しいんだよ」。

「例えば、パンチショットを打つのだってトリッキーだし、今週は幾つかの摩訶不思議なボールを受け入れなければならいと思っている」。

「とは言え、先週感じたのと同じように、全体的には、良い要素が十分あれば、自分のゲームは持ちこたえられると思っている」。

スウェーデンのマーカス・キンハルトは、今週初めて世界ゴルフ選手権でプレーをする。

2019年「ベットフレッド英国マスターズ」王者は、世界最高峰のゴルファーたちと勝負できる機会を享受している。

「今週はとても楽しい1週間になると思う。もちろん、僕は出場権を得た時から、この大会を楽しみにしていた」とキンハルト。

「僕にとって初のWGCだから、これだけの選手のなかでプレーするのは素晴らしいことだし、自分のレベルがどこにあって、自分がどう競えるかを見られるのは良いことだと思う」。

「僕は通常よりも早く日曜にここへ来たので、日曜は歩き回ってこの場所について少し知ることができた」。

「23歳でここに来られたことに満足しているし、それは素敵なことだけど、長期的にはもっと高いところに目標を置いているし、僕は次のレベルに到達し、毎日進歩しようと努力しているんだ」。

「でも、これまでの進み具合には満足しているし、これから先に何があるのかを楽しみにしている」。

外部リンク

cat_3_issue_oa-gdonews oa-gdonews_0_4fcc7e90f71c_新ルール2年目へ 「9割はピンを抜かず」競技委員が1年目を総括 4fcc7e90f71c 4fcc7e90f71c 新ルール2年目へ 「9割はピンを抜かず」競技委員が1年目を総括 oa-gdonews 0

新ルール2年目へ 「9割はピンを抜かず」競技委員が1年目を総括

2020年2月20日 07:00 GDOニュース

2020年の国内シーズンは3月開幕の女子を皮切りにスタート。19年に大きく改訂された新ゴルフ規則も2年目を迎える。

男女ツアーの最前線で対応にあたった競技委員によると、昨年、大きなトピックスになった激動の“新ルール元年”におけるルーリングは、前年に比べて大幅増となったことなどがわかった。関係者の話を元に総括する。

ルーリング件数は前年から大きく増加

2019年において、男女ツアーが集計したルーリング件数(ルールに関して選手が競技委員を要請した回数)は男子が958件、女子は約950件だった。前年比は男子が122%、女子が136%となり、いずれも前年を大きく上回る結果になった。

<男子>

日本ゴルフツアー機構(JGTO)の加納美智雄・チーフ競技委員は、「7月くらいまでは確認が多かったですね。ルールが分かりやすくなったとはいえ、違反をすれば当然ペナルティになる。最初は不安な選手も多かったのでしょう」と振り返る。

レギュラーツアー、下部AbemaTVツアー、予選会(QT)を含めたルーリング総数は1381件で、18年の1043件から338件増加した。

なお、管理している数字は競技委員の立ち合いの元で処理されたルーリング件数のみで、確認程度の事例はカウントしていない。それらを含めると2000件以上に達したという。

<女子>

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の新庄正志・事務局兼競技委員も、「新規則に関わる確認が増えた分、要請の回数が増えたという感覚です」と同じ見解を示した。

なお、JLPGAでは確認程度の事例も含めてルーリング件数にカウント。多かった案件はまとめて「多数」としているため、実数ではなく「約」の表記としている。

多かった新ルール関連の要請は? 定規とハサミが活躍したワケ

<男子>

項目別のルーリングについて、加納氏は感覚として「ヤーデージブックの確認が一番多かったと思う」という。

これは規則4.3aに定める『認められる、禁止される用具の使用』に関わるもので、ヤーデージブックに描かれたグリーンの縮尺が480分の1(5ydで0.9525センチ)以上あってはならないと解釈されている。

また、新ルールではヤーデージブック本体のサイズも制限され、4.25インチ(10.8センチ)×7インチ(17.8センチ)以下に設定。シーズン開幕当初は選手に注意を呼びかけるとともに、スタートテントに定規とハサミを用意して対応にあたったそうだ。

ヤーデージブックにプリントされたグリーンの写真も縮尺に収まっていないと違反になるため、規定をオーバーするものには、上からガムテープを張り付ける緊急措置がなされたという。

<女子>

新庄氏によれば、カート道などの「動かせない障害物」から救済を受ける際に定めるニアレストポイント(ホールに近寄らず、障害を避けてショットが打てる元のボール位置に最も近い地点)に関する要請が多かったという。

新規則では、ドロップしたボールがニアレストポイントから1クラブレングス以内(旧ルールは2クラブ)に収まらなくてはならない規則に変更され、「その確認も含まれていた可能性はあると思います」と推測した。

新ルール1年目の総括 プレースピードに変化も

男女ツアーともに、新ルールの直接的な原因による失格はなかった。

女子ツアーでは、シーズン序盤にボールの捜索時間が5分から3分に変更された“3分ルール”が絡む失格者が出たほか、競技委員が裁定を誤る事例も起きたが、総じて予想していたほどの混乱はなかったとの認識だ。

また、新ルールにより全体的なプレーペースが速くなった変化もあったという。

<男子>

「7月くらいまでは確認で呼ばれることが多かったですが、混乱はありませんでした。国内の開幕戦(4月)を前に、海外や女子ツアーが先に始まっていたことも大きかったと思います。僕たちも学習できましたからね」(加納氏)

「グリーン上で言えば、例えば風などでボールが動いても無罰に変わったことは選手も認識していました。関連したルーリングは10件程度だったと思います。旗竿を挿したままパットを打てる新ルールも含めて、プレーペースは速くなったと思いますね。90%以上の選手は挿したままで打っていましたから」(同)

<女子>

「シーズンの最初は競技委員でも多少の混乱があったことは事実ですが、それ以降は目立った事例はありませんでした。プレーペースで言えば、風が強い日でもグリーン上で(ルーリングのために)プレーを止めることがなくなりましたし、旗竿の新ルールも含めて、早くなった印象です」(新庄氏)

「キャディが選手の後方に立ってはいけない(キャディは選手のプレーの線の球の後方延長線上やその近くに故意に立ってはいけない)ルールに関しては、2件ほど疑わしいとされる事例がありましたが、選手とキャディに聴取した結果、無罰になりました。ヤーデージブックに関する違反もありませんでしたし、思いのほかスムーズに進んだという感覚です」(同)

新規則から一年を経て、今年は小さな改訂が加えられたものの、ほぼ同様のルールで進む見込みだ。

外部リンク