cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_c9r0necukplv_福島県産「宇宙酒」醸造へ一歩 うつくしま夢酵母 c9r0necukplv c9r0necukplv 福島県産「宇宙酒」醸造へ一歩 うつくしま夢酵母 oa-fukushima-minpo 0

福島県産「宇宙酒」醸造へ一歩 うつくしま夢酵母

2021年2月6日 09:50 福島民報

 宇宙に打ち上げた酵母で日本酒「東北復興宇宙酒」を醸造する計画で、県オリジナル酵母「うつくしま夢酵母」の出発式は五日、福島市の杉妻会館で行われた。
 宇宙への打ち上げは一般財団法人ワンアース(茨城県)の事業「東北復興宇宙ミッション2021」で実現する。酵母は県ハイテクプラザ会津若松技術支援センターで凍らせて水分を抜くフリーズドライにした。
 約一グラムの粉末を専用の容器に入れ、五月に米国から打ち上げられる民間の宇宙船に乗せて、国際宇宙ステーション(ISS)に届ける。六月末に帰還後、同センターで培養する。県内の二十三蔵元が十月にも酒造りに取り組み、十一月末以降の販売を目指す。
 出発式では、内堀雅雄知事と有賀義裕県酒造組合会長が長谷川洋一ワンアース代表理事に酵母を引き渡した。内堀知事は「県産日本酒を世界に発信できる壮大で夢のある計画。素晴らしい宇宙酒を醸してほしい」と期待を寄せ、有賀会長は「宇宙に行ったような酔い心地に仕上げたい」と応じた。
 各蔵元の代表者やワンアースの甚野源次郎顧問、伊藤達也県議が同席した。

cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_hbzar16a0il4_生チョコ&サブレ人気 二本松の4酒蔵と洋菓子店コラボ hbzar16a0il4 hbzar16a0il4 生チョコ&サブレ人気 二本松の4酒蔵と洋菓子店コラボ oa-fukushima-minpo 0

生チョコ&サブレ人気 二本松の4酒蔵と洋菓子店コラボ

2021年2月6日 09:45 福島民報

 二本松市内の四酒蔵と洋菓子店がコラボした「日本酒生チョコレート」と「日本酒サブレ」が発売され、人気を集めている。にほんまつDMOと洋菓子店パティスリールコネサンスとの共同開発。

 日本酒生チョコレートは奥の松酒造、大七酒造、人気酒造、檜物屋酒造店のそれぞれの日本酒を溶かし込んだ商品。一合升の中に一口大のチョコレートが八個(一酒蔵当たり二個)入っている。価格は二千三百円(税込み)。日本酒サブレは四酒蔵の酒かすを使用した米粉のサブレ。価格は千三百五十円(税込み)。
 パティスリールコネサンス店頭で販売している。

cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_hy1nnq2dk4mh_「開成プリンセスポテト」できました! 郡山女大付高×柏屋×JA hy1nnq2dk4mh hy1nnq2dk4mh 「開成プリンセスポテト」できました! 郡山女大付高×柏屋×JA oa-fukushima-minpo 0

「開成プリンセスポテト」できました! 郡山女大付高×柏屋×JA

2021年2月6日 09:40 福島民報

 郡山市の郡山女子大付属高は柏屋、JA福島さくらと連携し県産サツマイモ「紅はるか」を使ったお菓子「開成プリンセスポテト」を開発した。しっとりとした食感で、サツマイモの味をより引き立たせるため県産リンゴ「ふじ」を入れた。五個入り七百五十六円(税込み)。五日から市内の柏屋直営店舗などで販売している。
 同校食物科の生徒七人がJAと共同でサツマイモを収穫し、柏屋と企画、開発に取り組んだ。商品開発は「ふくしまの未来を創るFukurum(フクラム)基金」を活用した。

 完成発表会を五日、柏屋で開き、同校の佐々木貞子校長、柏屋の本名善兵衛社長、JA福島さくらの宗形義久郡山地区本部長理事、Fukurumカード推進協議会の中村伸裕委員があいさつした。
 生徒代表の舟橋静さん(三年)は「愛情込めて作った商品をたくさんの人に食べてほしい」とPRした。

cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_hveo09hasrjb_福島県内9人感染 新型コロナ 重症者が過去最多 hveo09hasrjb hveo09hasrjb 福島県内9人感染 新型コロナ 重症者が過去最多 oa-fukushima-minpo 0

福島県内9人感染 新型コロナ 重症者が過去最多

2021年2月6日 09:35 福島民報

 県は県内で九人の新型コロナウイルス感染が確認されたと五日、発表した。九人の陽性は四日に判明した。このうち一人は重症で、県内の重症者は十三人となり、過去最多となった。県が確保している重症者用病床四十二床に対する使用率は31・0%となった。
 重症者十三人を年代別に見ると、五十代一人、六十代七人、七十代と八十代が各二人、九十歳以上が一人となっている。
 県内の感染者は累計千七百六十八人。重症者用を含め県が確保している四百六十九床の病床使用率は36・5%。政府の分科会が示すステージ3(感染急増)の範囲となる「25%以上、50%未満」の中間値(37・5%)を下回った。昨年十二月二十三日時点の37・3%以来、四十三日ぶりに中間値以下となった。
 新たに感染が判明した九人のうち、四人の感染経路が不明だった。県発表の九人の内訳は次の通り。
 ◆5日発表(4日判明分)▼福島市・2人=60代会社員男性、20代会社員男性▼田村市・1人=60代女性▼会津若松市・2人=50代自営業女性、20代病院職員男性▼南会津町・3人=70代無職男性、70代無職女性、30代会社員男性▼いわき市・1人=30代会社員男性

cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_eio0ff37jmrf_広野で栽培のバナナ「綺麗」 「JGAP」取得 eio0ff37jmrf eio0ff37jmrf 広野で栽培のバナナ「綺麗」 「JGAP」取得 oa-fukushima-minpo 0

広野で栽培のバナナ「綺麗」 「JGAP」取得

2021年2月6日 09:30 福島民報

 広野町振興公社は五日、町内の二ツ沼総合公園で栽培しているバナナ「綺麗(きれい)」が国内版の安全認証制度「JGAP」を取得したと発表した。町内のふたば未来学園高の生徒が開発した六次化商品も近く発売予定で、バナナのブランド化による地域活性化を目指す。
 町振興公社によるとバナナのJGAP取得は国内初。農薬不使用などの消費者の安全安心に向けた栽培の取り組みが基準に適合したと認められた。
 ふたば未来学園高の生徒が開発を進めているクッキーやドーナツ、マドレーヌは、二ツ沼総合公園内に三月十一日にオープンする「ひろぼーの休憩所」などで販売予定。六次化商品でJGAP取得をPRし、バナナのブランド化を推進する。
 JGAP取得の記者会見は二ツ沼総合公園で行われた。遠藤智町長と町振興公社の中津弘文社長が認証書を示し「地域のブランドが高まるきっかけになってほしい」と述べた。
 バナナは二ツ沼総合公園などで一本三百円(税込み)で販売している。

cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_wa72l46tggkt_ダンサーの笑顔と元気届けたい ハワイアンズ、8日から動画配信 wa72l46tggkt wa72l46tggkt ダンサーの笑顔と元気届けたい ハワイアンズ、8日から動画配信 oa-fukushima-minpo 0

ダンサーの笑顔と元気届けたい ハワイアンズ、8日から動画配信

2021年2月6日 09:25 福島民報

 いわき市のスパリゾートハワイアンズは八日から、動画配信プロジェクト「ハワイアンズきずなメッセージ2021」を展開する。動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信し、三月十一日までに全ダンサーの思いをリレー形式でつなぐ。
 東日本大震災から十年と、収束の見えない新型コロナウイルスの感染拡大を受け、笑顔と元気を届けたいと企画した。ダンシングチーム「フラガール」とファイヤーナイフダンスチーム「シバオラ」が、それぞれの決意や感謝を伝える。
 十三日から第二弾、二十日から第三弾も予定している。第二弾は「フラガール~虹を~」のアンサンブル、第三弾は「シバオラ」の、自宅で体を動かしながら楽しめる動画を配信する。

cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_ovsywal4vwyf_テークアウトで♪ 新メニュー「コロかつ丼」 御食事処・宮廼 ovsywal4vwyf ovsywal4vwyf テークアウトで♪ 新メニュー「コロかつ丼」 御食事処・宮廼 oa-fukushima-minpo 0

テークアウトで♪ 新メニュー「コロかつ丼」 御食事処・宮廼

2021年2月6日 09:20 福島民報

 会津美里町の御食事処・宮廼に新しいテークアウトメニュー「コロかつ丼」が登場し、町民の話題となっている。
 新型コロナウイルスに勝つとの願いを込め、コロッケとソースカツが白米に載った弁当で、値段もコロナにちなみ税込み567円とした。
 同店の鴻巣誠さんは「大変な時が続くが、コロかつ丼が皆の元気を出すきっかけになればうれしい」と話している。

cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_rnl7nxv2kyhp_平三中2年生チーム最優秀 チャリティー・ムービー・プロジェクト rnl7nxv2kyhp rnl7nxv2kyhp 平三中2年生チーム最優秀 チャリティー・ムービー・プロジェクト oa-fukushima-minpo 0

平三中2年生チーム最優秀 チャリティー・ムービー・プロジェクト

2021年2月6日 09:15 福島民報

 全国の中高生がオリジナル動画を作製し、オンラインで寄付を呼び掛けた「チャリティー・ムービー・プロジェクト」で、いわき市から参加した、平三中二年生チームの作品「みんなで応援!日本クリニクラウン協会!」が最優秀賞に輝いた。三人のメンバーは「協力してくれた方々のおかげ」と喜ぶ。
 メンバーは新妻瑚子さん、若松叶恵さん、草野凜音さん。取り組みは、新型コロナウイルスで苦境に立つ全国のNPO法人を支援する活動の一環で、日本フィランソロピー協会が主催した。放送委員会で指導する亀岡点(ともる)教諭の呼び掛けで、奉仕活動に興味のある生徒が集まったという。
 受賞作はクリニクラウン(臨床道化師)を小児病棟に派遣し子どもの療養環境向上を目指す「日本クリニクラウン協会」の動画。紙人形を使い小さな子どもにも分かりやすい工夫を取り入れた。学校での街頭募金活動も積極的に行い、協力を呼び掛けた。動画では十二万六千円の寄付が集まった。
 一月二十三日にオンラインでそれぞれの協会に寄付金が贈られた後、表彰式が行われ、各賞が発表された。動画の内容だけでなく、寄付促進の広報・PR活動の取り組みが評価された。新妻さんは「初対面から始まった活動を通し、人とのつながりに感謝できる関係にまでなれた」、若松さんは「ボランティア活動の大変さと楽しさを学んだ」、草野さんは「学年を超えての募金などの協力が何よりうれしかった」と話している。
 動画は当面、日本フィランソロピー協会のホームページで見ることができる。

 プロジェクトには平三中の一年生チームも参加し、協賛企業賞「ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ賞」を受けた。一年生チームは五人で協力し、精神障害者の自立支援を行う「多摩草むらの会」の動画「『夢』を考えるみなさんへ」を作製した。

cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_bbqfa3mroea0_福島県コロナ緊急対策期間を延長 病床使用率など考慮し14日まで bbqfa3mroea0 bbqfa3mroea0 福島県コロナ緊急対策期間を延長 病床使用率など考慮し14日まで oa-fukushima-minpo 0

福島県コロナ緊急対策期間を延長 病床使用率など考慮し14日まで

2021年2月5日 09:55 福島民報

 県は四日、県庁で新型コロナウイルス感染症対策本部員会議を開き、感染拡大防止に向けて七日を期限に設定している独自の緊急対策期間の延長を決定した。延長期間は八日から十四日までの一週間。新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づき、全県民への不要不急の外出自粛と、酒類を提供する飲食店に対する午後八時までの営業時間短縮の要請を継続する。
 緊急対策期間は県内の感染者急増を受け、一月十三日に始まった。県内の病床使用率は同十五日に66・5%でピークを迎えたが、同二十八日にステージ4(爆発的感染拡大)の指標「50%以上」を下回り、その後も緩やかに減少している。新規感染者数は二十六日から七日連続で前日の数値を下回るなど一定の落ち着きがみられる。
 ただ、県は重要視している病床使用率が今月三日現在で38・2%と、ステージ3(感染急増)の範囲となる「25%以上、50%未満」の中間値(37・5%)より高い水準にある点を考慮し、一週間の対策継続で状況をさらに改善させるべきと判断した。
 今後、緊急対策期間を十四日で終了するには、日々の新規感染者をできる限り減らし、病床使用率37・5%未満が安定的に続く必要があるとみている。
 継続する緊急対策の外出自粛要請は特措法二四条に基づく協力要請で、特に午後八時以降の徹底を求める。緊急事態宣言対象地域をはじめ、感染拡大地域との不要不急の往来自粛も引き続き呼び掛ける。
 飲食店への営業時間短縮要請も特措法二四条に基づく対応で、午後八時から翌日午前五時までの営業自粛を求める。対象はスナックやパブなどの接待を伴う飲食店、バーなど酒類を提供する飲食店・カラオケ店で、酒類の提供は午後七時までとする。要請に応じた飲食店に対する一日当たり四万円の協力金の支給も継続する。
 内堀雅雄知事は対策本部員会議後の記者会見で「新たな一週間の負担となるが、病床の逼迫(ひっぱく)度合いを安定的な状況まで下げるために理解と協力をお願いする」と述べた。

cat_18_issue_oa-fukushima-minpo oa-fukushima-minpo_0_ko7twj26r9e9_「小学校」売ります 廃校を地域振興に活用してくれる事業者へ ko7twj26r9e9 ko7twj26r9e9 「小学校」売ります 廃校を地域振興に活用してくれる事業者へ oa-fukushima-minpo 0

「小学校」売ります 廃校を地域振興に活用してくれる事業者へ

2021年2月5日 09:52 福島民報

 福島市は廃校となった茂庭小を、地域振興に活用する事業者に売却する。築二十五年と比較的新しく、最低売却価格は一億六千六百万円となっている。
 校舎は鉄筋コンクリート造りの二階建て。体育館を含めた延べ床面積は約二千八百平方メートル、校庭も合わせた敷地面積は約一万三千三百平方メートル。購入希望者には利活用事業計画と希望購入価格を提出してもらい、事業内容などを審査して売却先を決める。
 市によると、すでに数社が関心を寄せているという。今月二十四日には現地で施設見学会を開く。
 茂庭小は二〇一八(平成三十)年三月に廃校となった。市は当初、校舎でIoT(モノのインターネット)技術を利用した魚の養殖事業を計画したが、希望した事業者と正式契約に至らなかった。