cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_v4azjoazjgic_都丸紗也華&亜華梨、昔はリコーダーで喧嘩「叩かれて意識が…」 v4azjoazjgic v4azjoazjgic 都丸紗也華&亜華梨、昔はリコーダーで喧嘩「叩かれて意識が…」 oa-flash 0

都丸紗也華&亜華梨、昔はリコーダーで喧嘩「叩かれて意識が…」

2020年7月22日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

“群馬が生んだミラクルシスターズ” 都丸紗也華・亜華梨姉妹が、本誌で初共演を果たした。

紗也華(以下・紗)「メイクしていたときは雨だったのに、撮影が始まったら晴れたね!」

亜華梨(以下・亜)「まさか、姉妹でグラビアを撮る日が来るとは思わなかった。2人での撮影は初めてだし、雑誌に載るなんて信じられない」

紗「実際、お姉ちゃんと一緒にやってみてどうだった?」

亜「お姉ちゃんの水着姿を見ることが不思議で、ある意味、刺激的だったかも(笑)」

紗「家では、いつも裸じゃん(笑)。お風呂上がりは暑くて、いつもスッポンポンだから、見慣れてるでしょ?」

亜「家では、リラックスしてる姿しか見ないけど、今日は雰囲気が違った! スイッチ入ってるというか、キリッとした仕事モードのお姉ちゃんを見た気がする。『あ、こうやってお仕事してるんだな』って。ちょっと尊敬しちゃった!」

紗「もっと言って(笑)」

亜「芸能活動を始めて、最初はグラビアは無理だと思っていたけど、お姉ちゃんが出るグラビアを見て、興味が出たというか。お仕事的にも先輩だから、憧れる部分もあったり。ふだん、こんなこと言わないから恥ずかしいよ(笑)」

紗「照れてかわいい(笑)。年は離れているけど、妹というより “友達” って感覚なんだよなぁ。小さいときは、よく喧嘩もしたけど、今は仲よしだし」

亜「小さいときの5歳差って、何をやっても勝てなくて。リコーダー片手にお姉ちゃんと戦ったりしたよね(笑)。いま考えたら笑い話だけど……。かなり激しい喧嘩だった(笑)」

紗「リコーダーで叩かれたときは、意識が飛ぶっていうか(笑)。今だから言えるけど、じつは、お兄ちゃんが亜華ちゃんばかりかわいがっていたから、ヤキモチ焼いてたんだよね」

亜「そういうのも、小さいときはわからなかった。私も大人になったのかも(笑)。今日の撮影で、違う意味でも大人になった気がする。でも、やっぱり緊張しちゃった。先輩としてアドバイスがあれば欲しいな」

紗「まだ写真に慣れてないと思うけど、水着になっても堂々としてるから、まずは写真に慣れることから始めたらいいと思うよ。私も最初は何もできなかったけど、それと比べたら本当に堂々としていて誇らしかった。私は5年くらいかかったけど(笑)」

亜「お姉ちゃんにも、そんな時期があったんだ……。今日もらったアドバイスを、ちゃんと次に生かせるよう頑張るね」

紗「亜華ちゃんなら大丈夫。次、また一緒に撮影するとしたら何かしたいことある?」

亜「一緒もいいけど、ひとりでも出てみたいな(笑)。食べることが好きだから、海外の美味しいもの、食べたい!」

紗「それって、撮影っていうより旅行じゃん(笑)。でも、久しぶりにバーベキューしたいな。最近ずっと家でひきこもり生活だったから、大自然の中でキャンプしたい!」

亜「え! それってお仕事なの?(笑)。でも、楽しそうだから花火もしようね!」

とまるさやか
23歳 1996年9月26日生まれ 群馬県出身 T157・B88(F)W60H84 グラビアを中心に女優、モデルなど多方面で活躍。2020年1月に発売され、最大露出に挑戦した写真集『MeeTomaru』(光文社刊)がヒットして話題に。連続ドラマ『ほぼ日の怪談。』に出演決定(テレビ神奈川・8月26日23時放送開始、dTVチャンネル・ひかりTVは8月22日配信開始)そのほか最新情報は、公式ツイッター(@tmr_syk_)と公式Iインスタグラム(@tmrsyk)にて

とまるあかり
18歳 2001年11月20日生まれ 群馬県出身 T157・B80(D)W62H85 アイドルグループ「Shibu3 project」ブルークラスのメンバーとして2020年3月まで活動。そのほか最新情報は、公式ツイッター(@tmr_akr_)と公式インスタグラム(@tmr_akr_in)にて

写真・Takeo Dec.
スタイリスト・KAN
ヘアメイク・田村直子、佐藤ありさ(GiGGLE)

(週刊FLASH 2020年7月28日・8月4日号)

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_k3mzygm2ut0r_河北麻友子「1人が無理」トイレもスタッフと行って会話しながら k3mzygm2ut0r k3mzygm2ut0r 河北麻友子「1人が無理」トイレもスタッフと行って会話しながら oa-flash 0

河北麻友子「1人が無理」トイレもスタッフと行って会話しながら

2020年7月22日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 河北麻友子が、7月19日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、極度の寂しがり屋だと明かした。

 河北は「すごい寂しがり屋でどこにも1人で行けないです」と、コンビニも1人で行けないという。コンビニには両親と行くか、「1人なら行かないです!」と語った。

 河北は「トイレも1人で行けないです」と明かし、「自宅は開けっ放しです」と告白。テレビ局の場合は「スタイリストさんと一緒に行ってます」と語り、「私がお手洗いをしながら基本的にしゃべってます」と個室で会話しているという。

 
 さらに、お風呂も「さーっと終わらせます」といい、食事を1人で食べに行くことについては「ごはんなんて、もう信じられない」とびっくり。

 上田晋也が「1人焼肉とか行く人いるじゃん、1人カラオケとか…」と話すと、河北は「オーマイゴッド」と顔をしかめた。

 上田が「彼氏は『たまには1人にしてくれ』ってなる」と指摘すると、河北は「ごまかしごまかし、お願い~って」と頼むことを明かしていた。

 一方で、河北は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では出川哲朗らと世界各地でロケを展開。全身タイツなども着て「一皮も二皮もむけちゃいました」と明かしていた。

 出川の人柄については「意外と彼、ちゃんとしてました」とコメント。出川から学んだことについて「私たちは笑われてるんじゃなくて、笑わせてあげてるんだよ」とアドバイスされたことを明かした。

 ニューヨーク生まれのお嬢様である河北。庶民にはない個性を発揮している。

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_v1joxg2n1caj_五島勉さん死去『ノストラダムスの大予言』外れたことをどう思っていた? v1joxg2n1caj v1joxg2n1caj 五島勉さん死去『ノストラダムスの大予言』外れたことをどう思っていた? oa-flash 0

五島勉さん死去『ノストラダムスの大予言』外れたことをどう思っていた?

2020年7月22日 18:42 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 6月16日、誤嚥性肺炎のため死去した作家の五島勉さん(享年90)。「1999年7月に人類が滅亡する」とした『ノストラダムスの大予言』(1973年)は250万部の大ベストセラーとなり、社会現象を巻き起こした。

 本誌が五島さんを取材したのは、10年前の2010年4月。「ベストセラー作家のその後を追う」という特集記事のためだった。当時「取材はすべて断っている」とのことだったが、「ゆかりのある光文社だし、久しぶりに行ってみようか」とのことでインタビューが実現した。

――五島さんは光文社『女性自身』の記者だったそうですね。

「はい。創刊から13年間ほど、1960年代から1970年代にかけてですね。音羽(光文社の所在地)には久しぶりに来たけど、ずいぶん変わったね。

 私はもともと『トップ屋』なんですよ。それでスカウトされたような形でね。安保闘争の取材をしたり、皇太子妃の美智子さんを追いかけたり、ずいぶんやりました。宮内庁に大目玉を食らったこともありますよ。

 あの頃『女性自身』は大いに売れてね、会社も儲かったんです。会社が儲かると労働争議になりました。何冊か雑誌が出ないことがあったりね。そんなこともあり、会社がイヤになった人が何人かいて、飛び出した人が作ったのが祥伝社(『ノストラダムス~』の出版元)です。

 そこでいくつかプランを出したうちの一つが『ノストラダムス』です」

――その『ノストラダムス』が大ベストセラーに。どんな反響でしたか?

「すごかったですね。本は売れましたが、そのぶんバッシングもすごかったですよ。仕事ができないほどでした。こうまで言われて、やはり私の書いたことは間違いだったんじゃないか、ノストラダムスの予言は間違いなんじゃないか、そういう猜疑心も生まれて、ずいぶんと悩んだものです。

 しかし、いくら調べ直しても、やはりノストラダムスが嘘をついたとは思えなかったんです」

――しかし、社会不安を煽ることにはなってしまった。

「その点については、申し訳ない気持ちは大いにあります。ただし、私があの本で一番書きたかったこと、それは最終章の『残された望み』という部分です。これは警告なんですね。ノストラダムスの予言とは、聖書に書かれている預言を具体的に書いたものです。こういった大きなことが起きるから気をつけなさいと。

 だから私は最終章で警告し、備えさえできていれば大丈夫だと、しっかり書いているんです。

 しかしマスコミはその部分は取り上げてくれない。1999年7月に人類が滅亡すると、そこしか言わないんですね。私としては、とにかく人類が助かってほしい、みんな穏やかに暮らしていければいいと、そう思って書いたのです」

――1999年7月、実際には何も起きなかったわけですが。

「そうですね。しかし2001年9月11日には、同時多発テロという大事件が起き、世界は大きく変わってしまった。ノストラダムスが予言を書いたのは1555年ですから、これは誤差の範囲と考えていいのではないかと思います。実際にあの9・11のことをもとにノストラダムスの予言を見返していくと、辻褄の合う部分が多く出てきます。

――五島さんは『ノストラダムス』以降も次々と著作を出していますね。

「最近は弥勒の研究をしています。人間には予知能力があるんです。ノストラダムスだけではなくて。私にも、あなたにもありますよ。その能力は発現していないだけで、脳の研究が進めばもっと明らかになるのではないかと思います。私もね、人生は残り少ないですから、できることは今のうちに、と思っているんですよ」

――下世話な話ですが、印税はかなりの額になったんじゃないですか?

「『ノストラダムス』はシリーズ合わせて600万部売れたそうですから。とはいっても、私に実感はないんですよ。印税といっても新書ですから、大したものではないです。なんとか都内に戸建ての家を建てられたくらいです(笑)。

 今は大きな事件が次々と起きる大変な時代です。しかしそんなときでも人類に希望はある。常にそういう思いでやってきましたし、これからも書いていくつもりです」

 五島氏は当時80歳。最初は自宅でのインタビューを提案したが、わざわざ練馬の自宅から電車で来社した。かつて「サソリの勉」の異名を取った大先輩記者からは「週刊誌も今は大変でしょう。頑張ってください」と励ましの言葉をいただいた。もの柔らかな話しぶりと、穏やかな表情が印象的だった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_guu3wm7jjf65_山里亮太、岡村隆史に「しずちゃんが結婚相手として狙ってた」 guu3wm7jjf65 guu3wm7jjf65 山里亮太、岡村隆史に「しずちゃんが結婚相手として狙ってた」 oa-flash 0

山里亮太、岡村隆史に「しずちゃんが結婚相手として狙ってた」

2020年7月22日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 南海キャンディーズ・山里亮太が、7月19日放送の『おかべろ』(関西テレビ)で、岡村隆史に結婚のよさを語った。

 蒼井優と結婚した山里は、岡村に「頑張って俺の背中を追いかけてきてください!」と豪語。岡村は「ハイ!」と敬礼した。

 山里は結婚したことで、テレビの仕事だけでなくCM契約も増え、「結婚ってすごい」と語り、岡村を驚かせた。

 岡村は山里との関係について「相方(矢部浩之)と山ちゃんの方が仕事が密やからというのがあって、相方のもんみたい。俺はどっちかというと “しずちゃん派”」とコメント。

 山里は「岡村さんが気づいてるかわからないですけど、しずちゃん、ちょっと岡村さんを(男性として)狙ってたんです」と告白。

 山里によると、しずちゃんは岡村を結婚相手として意識し、「結婚会見でここ(肩)に岡村さん乗せたい」とまで言っていたという。

 その話に岡村は「しずちゃんって茨木西高の後輩やねん」と、同じ高校だった縁があるという。だが「だから何でなん? って」と首をかしげた。

 この話にNON STYLEの石田明は「(しずちゃんが)山ちゃんじゃなくて、岡村さんに(蒼井を先に)紹介せえへんのや、ということですよね?」と確認。それを認めた岡村に、石田は「めちゃめちゃ今、かっこ悪いですね」とツッコミを入れていた。

 先に結婚した山里を「先生」と呼んで話に聞き入った岡村。よき伴侶にめぐり会ってもらいたい。

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_in98x6p8vy7v_片岡礼子、女優も家事も全力投球で脳出血に「独り善がりだった」 in98x6p8vy7v in98x6p8vy7v 片岡礼子、女優も家事も全力投球で脳出血に「独り善がりだった」 oa-flash 0

片岡礼子、女優も家事も全力投球で脳出血に「独り善がりだった」

2020年7月22日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 女優・片岡礼子(48)は、和装で現われた。涼やかな象牙色の地に、紺の縦縞の浴衣。琉球紅型の帯は、実家から持たされたものだ。

「沖縄料理屋さんですからね。いつも撮影が終わると、『がじゅまる』でひとりの時間を作るんです。大恋愛をしたり、人を殺めたりする “誰々さん” の役から、自分に戻る場所。取っておきのお店ですけど、今回だけは特別です」

 片岡と店とのつき合いは、20年以上。名入りの陶製ボトルは常連だけの特注品で、片岡は決まって泡盛「菊之露」を注ぎ足している。初訪問は、映画の現場で親しくなった、沖縄出身の照明技師に連れられて。

「3人の子供ができて、家族でも来たり、映画の打ち上げで使ったり、サラリーマンの人と仲よくなって一緒に飲んだり……。片岡礼子の人生の、いろんな場面で登場してきた店なの」

 絶えず、映画ファンを唸らせる芝居を見せてきた。

「役には、いつも覚悟して挑んでいます。自分を追い込んでいくんですよ。でも、監督の顔を見ていてわかる。このままだと、はねられるって。そこで、ウンともがいて最後、自分の中にスイッチを探すんです。やれると思ったときほど、ダメですね」

 まるで禅問答だ。しかし、片岡の演技にふれれば、この言葉はストンと腑に落ちる。

 学生時代、1993年の橋口亮輔監督の『二十才の微熱』で映画デビューを飾ると、翌年には『愛の新世界』(高橋伴明監督)で、鈴木砂羽とともにヘアヌードも辞さぬ熱演を見せた。

 続く『KAMIKAZE TAXI』(原田眞人監督、1995年)、『チンピラ』(青山真治監督、1996年)、『鬼火』(望月六郎監督、1997年)などでも快演を披露。母親役が似合う年齢になったいまも、「慣れたりわかっちゃうのはダメ」と、日々新たな自分を役に見出そうとしている。

「2019年の『楽園』では、佐藤浩市さんとの濡れ場がありました。『玉砕か成就か』という、作品の成否を左右する場面で、土壇場まで怖かった。瀬々敬久監督の力で進むのみでした」

 佐藤扮する善次郎は、限界集落にUターンし、つまはじきにされる。片岡は、彼を慕いながらも見守るほかないシングルマザー・久子を演じた。ひなびた温泉で瞬時見せる、一糸纏わぬ姿。久子の唇を求めつつ、善次郎は泣き崩れる……。

「私、自分の出番が終わっても居残って、浩市さんの芝居を見学してたんです。ロケ地の山里の、さらに奥にある墓場での撮影でした。先祖の墓に落書きされた、ペンキを消すシーン。見ていたら胸が痛くて、悔しくなってくるほどでした(笑)」

 また同じ年には、ドラマでも新境地を拓いた。ヒット作『あなたの番です』(日本テレビ系)で、子供欲しさに狂気の振舞いにいたる主婦・児嶋佳世役が、視聴者の心胆を寒からしめたのだ。

「大切なのは、撮影現場の熱。自分に懸けてくれているんだもの、『いい形でフィルムに焼きついてくれれば』と祈って演じています。でも、デビューしたてのころは、怖いもの知らずでしたよ」

 片岡は愛媛県の港町、松前町で生まれ、中学までは人見知りが強かったという。そんな少女が女優に憧れたのは、「ジャッキー(・チェン)と出会ったから」と、拍子抜けするくらいシンプルだ。

「最初はテレビで観た『酔拳』(ユエン・ウーピン監督、1979年)。友達同士で初めて映画館に行ったのも『五福星』(サモ・ハン・キンポー監督、1984年)。夢は、『ジャッキーのお嫁さんになりたい』でした」

 その夢は、「いつか共演したい」へと変わっていった。

「私が嫉妬する女優は、ジャッキーと共演した後藤久美子さん・山本未來さんだけです(笑)。

 初めて主演した『ハッシュ!』(橋口亮輔監督、2001年)でカンヌに行ったとき、ジャッキーも来てたんですよ。パーティをすると聞きつけ、なんとか潜り込めないか探りを入れたら、地中海での船上パーティ。逃げられました(笑)」

 おっちょこちょいの県民性を指していう「伊予の駆け出し」さながら、そう笑わせるが、片岡にとってつらい時期でもあった。日増しに頭痛がひどくなっていくのだ。

「肩に力が入りすぎていたんです。27歳で初めての出産を経験し、日中は家事をこなし、家族が寝静まった夜中に台詞を覚え、睡眠時間を削りまくっていました。出産後に始まった頭痛も、市販薬で抑えたつもりでいました」

 2002年1月、片岡は脳出血で倒れ、一時生死の境をさまよう。『ハッシュ!』でブルーリボン賞主演女優賞、並びにキネマ旬報主演女優賞をダブル受賞し、いよいよという矢先だった。

「それまで、インタビューなどで『命差し出して仕事してる』ってよく言ってました。命の大事さを本当に知らないから、そんなこと言えてたんですね」

 奇跡的に手術が成功し、自宅でリハビリのあと、愛媛県内の離島に転居。約2年を静養に充てた。農作業に明け暮れ、癒やされていった。

「そこで、人生でいちばん充実した日々を過ごせたのかもしれません。家族もいて、自分ひとりの体じゃないのに、私はなんて独り善がりだったんだろう……」

 ふと涙ぐんだ。濡れた瞳は時間の波に揺れていた。女優には、自分を見つめる場所がある。

かたおかれいこ
1971年生まれ 愛媛県出身 大学進学を機に上京し、篠山紀信撮影の「週刊朝日」の表紙モデルを務めて注目される。1997年の『鬼火』で第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞、2001年の『ハッシュ!』でブルーリボン賞主演女優賞、並びにキネマ旬報主演女優賞を受賞。映画『とんかつDJアゲ太郎』(二宮健監督)公開が控える

【SHOP DATA/がじゅまる】
・住所/東京都目黒区自由が丘1-12-2 新英ビル2・3F
・営業時間/18:00~LAST
・休み/日曜

(週刊FLASH 2020年7月21日号)

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_gm4wq6ha6auo_EXIT兼近、永野・ジョイマン高木が髪をピンクにして「困る」 gm4wq6ha6auo gm4wq6ha6auo EXIT兼近、永野・ジョイマン高木が髪をピンクにして「困る」 oa-flash 0

EXIT兼近、永野・ジョイマン高木が髪をピンクにして「困る」

2020年7月22日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 EXITの兼近大樹が、7月19日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で「自分に憧れる先輩芸人」について語った。

 兼近が困っているのが、ピン芸人の永野とジョイマン・高木晋哉。2人とも兼近に憧れて髪色をピンクにしており、兼近は「そこそこベテランなんだし、後輩に憧れている場合じゃない」と指摘。

 兼近は、SNSでファンからの「兼近さんに憧れている人がいます」というツイートを見て、永野のピンク髪に気づいたという。

 だが、永野は3月12日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の企画で髪をレッドゴールドに染め、その色が抜けて、現在のピンク色になった様子。

 いっぽう高木は、7月5日のツイッターで「美容院に行ってきました。EXITの兼近みたいにして下さいと丁寧に伝えたんです」と本当に兼近に憧れていることを表明している。

 大ブレイク中のEXITの言動が芸能界に大きな影響を与えている。

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_b6ep4ka1f0p4_娘は『さんま御殿』で人気…マリアン「敏腕マネージャー」になる b6ep4ka1f0p4 b6ep4ka1f0p4 娘は『さんま御殿』で人気…マリアン「敏腕マネージャー」になる oa-flash 0

娘は『さんま御殿』で人気…マリアン「敏腕マネージャー」になる

2020年7月22日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

『超踊る!さんま御殿 』(日本テレビ系)や『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、美貌とタメ口トークで話題のモデルでインスタグラマー・Ami(25)。彼女は、1980~1990年代にドラマやバラエティで大活躍したマリアン(58)の愛娘だ。母娘揃っての取材。まずは、マリアンに話を聞いた。

「私は、モデルをしていた18歳のころ、ショーで着る予定の服を隠されたり、いろいろといじめられた。『Amiには、そんな思いはさせたくない』と思って、娘のマネージャーをやっているの。一緒に服やポーズを相談したり、Amiのインスタグラムの写真は、私が全部撮ってます」

 コロコロ笑って話すマリアンは、昔と変わらない。

「毎朝、ベリーダンスをやってる。先生は、YouTubeね(笑)。昔からお風呂とアロマオイルが好きで、オイルの波動効果まで勉強したの。Amiにも『ママ、お風呂入れて』って頼まれる。今日もアロマオイル入りのお風呂に入ってきたから、顔がスッキリでしょ」

 マリアンは、1987年に日本人実業家と結婚。1998年に離婚し、女手ひとつで3人の子供を育ててきた。長女は、すでに結婚。長男は、外資系のIT企業に勤める。次女のAmiは、顔も話し方も、母親にそっくりだ。

「『似てる』って言われるのは嬉しい。声も顔もしぐさも同じで、よけいにかわいい(笑)」

 目を細めるマリアンを、娘・Amiは尊敬のまなざしで見つめる。

「ママは、Amiの考えてることはなんでもわかるし、悩んでることは5分で解決してくれる(笑)。仕事に一緒に来てくれると安心するし、誰よりも頼りになるの」

 子供も成長したところで、マリアンの新しい恋愛は?

「これからは、一緒に趣味や食事を楽しめるパートナーが欲しいね。子供にご飯をたくさん作ったから、もう男性に何かをしてあげたいとは思わないかな(笑)」(マリアン)

まりあん
1962年2月18日生まれ フランス・パリ出身 1980年、資生堂のキャンペーンガールとしてデビュー。その後、ドラマ『俺はご先祖さま』に出演のほか、バラエティなどで活躍。現在はタレント業のかたわら、Amiのマネージャーを務める。今後は母娘でバラエティ番組に出演予定

あみ
1995年3月1日生まれ 東京都出身 幼少期よりハワイと日本を行き来して育つ。モデルとして原宿スタイルコレクションなどに出演。ウェブのブランドショップAIMIEを手がける。最新情報はインスタグラム(@amyypatton)にて

(週刊FLASH 2020年7月21日号)

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_09w78v72np94_キンコン西野、梶原の失踪事件を語る「レギュラー番組8本終了」 09w78v72np94 09w78v72np94 キンコン西野、梶原の失踪事件を語る「レギュラー番組8本終了」 oa-flash 0

キンコン西野、梶原の失踪事件を語る「レギュラー番組8本終了」

2020年7月21日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 キングコングの西野亮廣が、7月18日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)で、梶原雄太が失踪した過去を語った。

「コンビで一番スベッた瞬間」を聞かれ、西野が「(梶原が)失踪したとき」と答えた。

 2003年に失踪した梶原について、西野は「経験ないまま(世間に)出たので、いろんなところで結果が出せなくて、ストレスが溜まって溜まって」と理由を明かす。

 その影響で「レギュラー番組が1日で8〜9本なくなった」という。

 失踪しながらも梶原は結婚して、バイクの中型免許を取り、「ボウリング場ですごいスコアを出した」と人生を謳歌。

 そうして休養した梶原から「謝りたい」と連絡があり、西野は「雰囲気をよくしようと思って、全裸になってギターを抱えて待ち構えてたんです」と回想。

 だが、このボケに梶原は「完全に西野の頭がおかしくなった」と思い、「怖すぎるでしょ」と困惑していたという。西野は「結局、黙ってパンツはいて。『全然ハマってないな』って思って、ギター置いて。この間が40分ぐらいスベりました」と苦笑した。

 波乱万丈の年月を経て、キングコングはそれぞれYouTuberとして自由に活動している。

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_bfzoqo44bgpy_最年少タイトルの藤井聡太棋聖「名勝負10番」に人間ドラマ bfzoqo44bgpy bfzoqo44bgpy 最年少タイトルの藤井聡太棋聖「名勝負10番」に人間ドラマ oa-flash 0

最年少タイトルの藤井聡太棋聖「名勝負10番」に人間ドラマ

2020年7月21日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

写真:2020年7月16日の棋聖戦(代表撮影)

「まだ、天井が見えない」
 藤井聡太棋聖(18)の強さについて、渡辺明二冠(36)は、こう表現する。史上最年少でのタイトル獲得を果たし、最年少での二冠獲得すら視野に入った藤井棋聖の進化は、いったいどこまで続くのか。

 将棋界の師弟関係を追ったノンフィクション『師弟』(光文社刊)の著者であるカメラマン・野澤亘伸氏は、その過程が三段階に分かれると話す。

「デビューからの連勝劇、初黒星までが『黎明期』。トップ棋士たちとの対戦が増えた『成長期』と続きます。そして今年、異次元の『第三形態期』に入ったといえます」

 7月19日に18歳になったばかりの藤井棋聖の成長ぶりは、“天才だらけ” といわれる棋界の人間の常識をも超える域に達しつつあるという。

「中学生のころの藤井棋聖は、序盤や中盤で経験値の差が出ることがありましたが、終盤で取り返すという展開が多かった。しかし、現在はどの局面をとってもとてつもなく強い。渡辺三冠をして、『天井が見えない』と言わしめたのは、空恐ろしさすら感じます」

 名人位を史上最年少の21歳で獲得した谷川浩司九段(58)も、かつて本誌の取材に、こう答えている。

「藤井棋聖はこの半年ほどで、急な勝負の流れを緩やかに戻す “ギアチェンジ” を身につけた。これは、羽生(善治九段)さんが10代後半のころでも、持っていなかった力です。

 いまの将棋界は、渡辺二冠、豊島将之竜王・名人(30)、永瀬二冠の “三強時代” です。そこに藤井棋聖が、どう割って入るのか。将棋の内容を見ていると、楽しみですね」

 以下では、ここで紹介するのは、野澤氏が選んだ「名勝負10番」だ。最年少での二冠獲得となれば、“藤井一強” 時代の到来が近づく。

●新人王戦(2017年3月10日)VS.大橋貴洸四段
 観戦記者たちの多くは、大橋貴洸六段(27)に負け、“藤井初黒星” を予想したという。

「対局は、藤井棋聖が大橋六段のミスを誘い、大逆転。“絶対に諦めない” という、藤井棋聖の持ち味が表われた一局でした」(野澤氏・以下同)

写真・朝日新聞

●上州YAMADAチャレンジ杯2回戦(2017年6月7日)VS.阪口悟五段
 終盤、藤井棋聖は激しく膝を叩いた。

「ミスをして、勝勢から一気に敗勢になったんです。しかし、土壇場で阪口悟六段(41)が痛恨の敗着。それを藤井棋聖は逃さず、勝利しました。対局後、2人ともぐったりしていましたね」


●竜王戦決勝トーナメント1回戦(2017年6月26日)VS.増田康宏四段
“東の天才” と呼ばれる増田康宏六段(22)に勝利し、藤井棋聖は、公式戦29連勝の新記録を樹立。

「のちに増田六段に話を聞くと、『(報道陣に囲まれて)正直、うざかった。でも、自分が唯一食らいついていかなければならない相手です』と、藤井棋聖に闘志を燃やしていました」


●竜王戦決勝トーナメント2回戦(2017年7月2日)VS.佐々木勇気五段
 端整な顔立ちで女性人気が高い、佐々木勇気七段(25)。だがこの日の顔は、殺気に満ちていた。

「対局前、藤井棋聖は神経質な表情をしていて、雰囲気が違っていました」。藤井棋聖は敗北し、連勝記録は29でストップした。


●朝日杯準決勝(2018年2月17日)VS.羽生善治竜王
 棋界のレジェンド、羽生善治九段(49)との公式戦初対局だったが、落ち着き払っていたという藤井棋聖。

「対局は、藤井棋聖の勝利。終局後の大盤解説で、羽生九段は負けた棋士とは思えない淡々とした口調で話していました。しかし、最後まで藤井棋聖の強さを口にすることはありませんでした」。羽生九段の闘志にも火をつけた。


●竜王戦決勝トーナメント3回戦(2019年7月5日)VS.久保利明九段
 華麗な駒捌きで知られる久保利明九段(44)だが……。

「別名は、“粘りのアーティスト”。藤井棋聖は、久保九段の追い上げを振り切り、深夜に及ぶ激戦を制した。ある棋士は、『これぞ人間の将棋!』という称賛の声を上げていました」


●王将戦挑戦者決定戦(2019年11月19日)VS.広瀬章人竜王
 終盤まで藤井棋聖が優勢、王将位挑戦者まであと一歩だった一局。

「控室が、『あれ!?』とどよめいたそうです。持ち時間を使い切り、1分将棋となっていた藤井棋聖が、まさかの悪手を指したのです。“棋界一空気を読まない男” 広瀬八段(33)は、チャンスを逃しませんでした」

 天才も、時には誤る。

●王位戦挑戦者決定戦(2020年6月23日)VS.永瀬拓矢二冠
 永瀬拓矢二冠(27)は、6月4日の棋聖戦挑戦者決定戦でも、藤井棋聖に敗れている。

「永瀬二冠は対局後の会見で、『力負け。追いつけるように勉強したい』と言いました。タイトル保持者が、年下で段位も低い棋士に、こう言えるのはすごいことです。永瀬二冠の謙虚さですね」

●棋聖戦第2局(2020年6月28日)VS.渡辺明棋聖
“現役最強” の一角、渡辺明二冠との一戦。「その渡辺二冠が、藤井棋聖に連敗するとは思いませんでした。藤井棋聖の58手め3一銀は、AIが6億手以上を計算して最善手としたのに、23分で指した。最後、渡辺二冠が負けを悟り、敵陣に角を打って投了の形を作りました。トップ棋士をここまで追い込む強さに脱帽しました」


●王位戦第1局(2020年7月1日、2日) VS.木村一基王位
 強靱な受け、勝負を捨てない棋風から、“千駄ヶ谷の受け師” の異名を取る木村一基王位(47)との一戦。

「藤井棋聖の鋭い攻めを、プロたちが唸る妙手でかわし続けていました。藤井棋聖が対局を制しましたが、少しでもミスをすれば、勝敗は入れ替わっていたでしょう」。七番勝負の行方やいかに。

※対戦相手の段位・肩書は、対局当時(渡辺二冠を除く)

写真・野沢亘伸

(増刊FLASH DIAMOND 2020年8月20日号)

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_8tst5klnk2nq_せいや、掃除に来てくれてた女性に拒否され「洗濯物マシマシ」 8tst5klnk2nq 8tst5klnk2nq せいや、掃除に来てくれてた女性に拒否され「洗濯物マシマシ」 oa-flash 0

せいや、掃除に来てくれてた女性に拒否され「洗濯物マシマシ」

2020年7月20日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 霜降り明星のせいやが、7月17日放送の『霜降り明星のオールナイトニッポンZERO』(ニッポン放送)で、「Zoom騒動」の影響を語った。

 霜降りが、2017年に『ABCお笑いグランプリ』で優勝した際のクリスタルの像と、YouTubeのコミュニティ登録者10万人突破で贈られた銀の盾がなくなったという。

 粗品はせいやに「マジでお前やろ。お前か、家を掃除してくれている女の子がパクったか」と指摘。

 せいやは「掃除に来てくれてた女の子はそんなことせえへんし、Zoomチンチン以降来なくなった」と告白。

 そのため「洗濯物が溜まっている」と明かし、その大きさをラーメン二郎に例えて「マシマシのもやしぐらい」と語っていた。

 過去にも複数の女性の影を暴露されていたせいや。3月20日放送の『爆笑問題のシンパイ賞』(テレビ朝日系)では、YouTubeチャンネル『しもふりチューブ』の作家が「せいやに複数の女性の影があって心配。家に行くと女性がいる形跡がたくさんある」と暴露。

 しかも、それをあえて隠さず、ほかの女性にモテる男アピールをして「いつか女性問題を起こしそう」と不安がった。

 洗濯物も畳めず、部屋の掃除もできないせいやは、「掃除してくれる女性は確かにいる」と認める。

 追究されると「お掃除をしてくれる友達みたいな。やましいことじゃない。お金も払っているし」と反応。

 その女性には彼氏がいて「『そういうのじゃないです』ってフラれた」と明かしていた。

 前回のラジオで、真剣に恋愛することを誓っているせいや。過去の女性関係も「掃除」してクリーンな恋をしてもらいたい。

外部リンク